キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

バンクイックの返済方法についてまとめてみました!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

三菱UFJ銀行が取り扱うカードローン「バンクイック」は人気・知名度共に高いため、利用を検討しているという人も多いと思います。

しかしいざバンクイックからお金を借りた場合、どのように返済したらいいのかなど、返済についての不安が付いて回る可能性も否定できません。

そこで今回は、バンクイックの返済方法やそれぞれの返済方法の注意点について説明していきたいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介する記事は、こんな人におすすめの内容となっております。

  • バンクイックの利用を検討している方
  • バンクイックの返済方法を知りたい方

返済方法は以下の3つの中から選択

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」での返済方法は、以下の3つの方法の中から選択することができます。

  • 口座引き落とし
  • ATM
  • インターネットバンキング

アコムなどの消費者金融系カードローンの場合、返済はATMで行うことが多いです。

しかし、銀行系カードローンのバンクイックでは、三菱UFJ銀行の口座から引き落とすことで返済することも可能となっています。

これが銀行系カードローンを利用するメリットの1つであり、返済がしやすくなっています。

では、それぞれの返済方法についての詳細をこれから解説していきます。

口座引き落としによる返済

口座引き落としによる返済では、三菱UFJ銀行の普通預金口座からの引き落としで支払いを行うことが可能です。

口座にお金を入れておけば自動的に返済を行うことができるので、非常に楽で便利な返済方法と言えるでしょう。

ただし、返済用口座として指定できるのはカードローン利用者本人名義の口座でなければなりませんので、家族名義などの口座を指定することはできません。

ATMを利用しての返済

ATMから返済を行う方法では口座引き落としとは異なり、自分で返済を行うための手続きを踏まなければなりません。

しかしながら、支払い日が決まっていないためお金に余裕のあるタイミングで返済を行うことが可能です。

提携しているコンビニATM等からも返済可能なので、利便性は非常に高いと言えます。

インターネットバンキングでの返済

インターネットバンキングから振り込みで返済を行う場合、マイページにログインすれば手続きを行うことができるので、「いつでもどこでも」返済を行うことが可能なのは大きなメリットです。

振込にかかる振込手数料が無料なのも、返済期間が長引きそうな場合には嬉しいポイントですね。

関連記事をチェック!

バンクイックマイページで出来る事、ログインできないときの対処法

三菱UFJ銀行が取り扱うカードローン「バンクイック」では、利用者に対してオンライン上にマイページを設けています。 マイページにログインすることで色々と便利な手続きが行えますが、そもそもマイページ...

口座引き落としを利用する際の注意点

それでは、それぞれの返済方法に関する注意点を説明していきましょう。

まずは、口座引き落としを利用して返済を行う場合です。

あらかじめ手続きを行っておく必要が

口座引き落としで返済を行う場合には、あらかじめ専用の手続きを行っておく必要があります。

「自動支払依頼書」と呼ばれる書類に必要事項を記入・捺印の上で、第二リテールアカウント支店まで郵送することで、口座引き落としで返済を行うための登録が完了します。

ただし、自動支払依頼書が第二リテールアカウント支店に到着してから実際に登録されるまでには、1週間程度が必要となります。

その間に支払期日を迎えてしまうことありますが、その場合はATMでの返済やインターネットバンキングからの返済によって、支払いを行う必要があります。

支払い期日までに口座引き落としの処理が完了しているかどうかが微妙な場合には、バンクイックの専用コールセンターに問い合わせてみたほうがいいかもしれません。

なお、当然のことですが三菱UFJ銀行の銀行口座がなくては口座引き落としによって自動支払いされません。

まだ三菱UFJ銀行に口座を持っていない人は、口座開設してから手続きするようにしましょう。

返済日当日の19時までに要入金

口座にお金を入れる場合には、返済日当日の19時までに入金を終わらせておく必要があります。

これは、引き落としがかかる時間が19時までとなっているためであり、19時以降に口座に入金しても引き落としはされません。

万が一19時までに入金が間に合わなかった場合には、その回の返済はATMで返済しなければならないため、できるだけ早めに口座にお金を充当しておくことを心がけましょう。

ATMを利用する際の注意点

続いて、ATMから返済を行う場合の注意点です。

利用できるATMが決まっている

バンクイックの返済に利用できるATMは、三菱UFJ銀行のATMと提携ATM(セブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATM)だけです。

他の金融機関のATMや、提携していないATMは利用できないので注意しておきましょう。

利用可能時間については、いずれのATMでも毎日0時10分~23時50分(ATMによって利用可能時間は異なります)の間は返済が可能ですが、毎週月曜日の1時~5時と毎月第2土曜日の21時~翌朝7時はシステムメンテナンスのため、返済ができません。

深夜帯にATMを利用する場合には、特に注意しておく必要があるでしょう。

なお、イオン銀行では三菱UFJ銀行のATMと提携していますのでカードローンの返済を三菱UFJ銀行のATMから行うことができます。

しかし、バンクイック利用時にはイオン銀行と提携していませんので、バンクイックの返済をイオン銀行ATMで行うことはできません。

ATM利用手数料

銀行系カードローンの場合、自行のATM利用時には手数料無料としている銀行は多いのですが、提携ATM利用時には手数料が発生することが一般的です。

バンクイックは提携ATMの数こそ銀行系カードローンの中では少ない方なのですが、自行ATM利用時はもちろん、提携ATMの利用手数料も無料としています。

また、時間外利用手数料も無料としていますので、ATMを利用することによって手数料が発生することはありません。

提携ATM利用時の手数料は1取引につき100円~200円が一般的ですので、これがかからないだけでも負担はかなり軽減されます。

小銭が使えるのは三菱UFJ銀行ATMのみ

三菱UFJ銀行のATMであれば平日8時45分~18時までは硬貨による返済が可能です(一部の無人ATMを除きます)。

しかし、提携ATMでは硬貨の取扱いがないため、硬貨による返済を行うこともできません。

硬貨で返済を行いたい場合には、平日の指定時間内に三菱UFJ銀行のATMを利用しなければならないことを覚えておきましょう。

返済指定日の14日より前に返済すると臨時返済になる

ATMからの返済は余裕がある時に返済できることがメリットなのですが、指定日までの日数には注意が必要です。

というのも、余裕があるからといって返済指定日の14日より前に返済をした場合、それは通常の返済ではなく臨時返済として取り扱われるからです。

つまり、自分では通常の返済をしたと思っていても、実際には臨時で返済したことになることで返済指定日には通常返済が必要になるということです。

すでに返済しているからと指定日までに返済をしなければ延滞となりますので、指定日までの日数には十分に注意しましょう。

インターネットバンキングの注意点

最後に、インターネットバンキングから返済を行う場合の注意点について見ていきましょう。

返済額の入金は15時までに

インターネットバンキングは三菱UFJダイレクトを利用してバンクイックの返済をする方法であり、振込扱いとなります。

そのため、口座引き落としの場合には「返済日当日の19時まで」というタイムリミットがありましたが、インターネットバンキングから返済を行う場合には、「返済日当日の15時まで」というタイムリミットがあります。

15時以降の入金となってしまうと、入金が翌営業日扱いになり返済指定日に間に合わなくなってしまいます。

インターネットができる環境さえあればどこからでも返済を行うことができますが、時間にだけは気を付けておく必要があります。

金額が足りないと臨時返済扱いとなる

バンクイックでは、借入利率や借入残高によって毎回の最小返済金額が決まっています。

そのため、インターネットバンキングで返済を行う場合には最小返済金額以上のお金を振り込む必要があります。

もしも、最小返済金額に満たない金額での振り込みとなると、それは約定返済ではなく臨時返済扱いとなるため、あらためて最小返済金額以上の金額を返済しなければならなくなります。

例えば最小返済金額が5,000円でインターネットバンキングから3,000円を振り込んだとすると、次回2,000円振り込むことで合計で5,000円となり約定返済が完了するかと言われると、そうはなりません。

前回の3,000円も今回の2,000円も共に臨時返済扱いとなり、それらとは別に「1回の振り込みで5,000円以上」の返済が必要となります。

臨時返済を行いたい場合はかまいませんが、約定返済を行いたい場合にはこの点に注意しておかないと、延滞となってしまう可能性があります。

関連記事をチェック!

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎...

関連記事をチェック!

約定返済とは

約定返済とは一体何なのかご存知でしょうか。カードローンなど金融機関からお金を借りる契約を結ぶ際に必ず書いてある用語です。 なんとなく借金を毎月返済している人も多いことでしょう。しかし返済の方法を...

バンクイックの返済期日

バンクイックには「35日ごとに返済」と「希望の毎月指定日に返済」があり、利用者がどちらかを選択することができます。

それぞれによって返済期日は異なりますので、自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

なお、申し込み時に返済期日を指定しない場合はすべて「35日ごとの返済」となります。

また、口座引き落としの場合は「35日ごとの返済」は指定できませんので、必ず「希望の指定日に返済」となります。

35日ごとに返済

35日ごとの返済は、その名のとおり返済期日が35日ごとに到来します。

まず、初回借入時では「借入した翌日から数えて35日以内」に返済し、それ以降は「直近の返済の翌日から数えて35日以内」に返済します。

場合によってはひと月に返済期日が到来しないこともありますので、延滞しないようにしっかりと管理しなくてはなありません。

また、返済期日は三菱UFJ銀行が3営業日前にメールで知らせてくれますので、メールのチェックも忘れずに行いましょう。

希望の毎月指定日に返済

希望の毎月指定日に返済を選択した場合、月の返済日を自分で指定することになります。

例えば、指定日を5日とした場合、毎月5日(休日の場合は翌営業日)が返済期日となります。

給料日後など、自分の都合に合わせて返済日を設定できますので、返済忘れや返済するお金がないということが起きにくく、返済しやすい方法だといえます。

なお、返済期日を途中で変更することもできますので、変更したい場合は第二リテールアカウント支店専用ダイヤルに連絡しましょう。

通常と違う返済をしたい場合

カードローンは、通常返済をしていくだけでも確実に残高を減らしていくことができます。

しかし、通常返済だけでは少しずつしか残高が減っていかず、返済が長期になってしまいます。

そこで、通常の返済以外にも臨時返済を行うことで早く残高を減らすことができます。

ここでは、臨時返済をしたい場合の方法を解説していきます。

一括返済したい場合

一度借入金を精算したい人や、バンクイックを解約したい人は一括返済することで残高を0円にすることができます。

一括返済をするためには、まず返済日当日に必要な金額(借入残高と利息・遅延損害金の合計額)を確認する必要があります。

というのも、利息は日割りで計算されますので、日にちが違うと利息の金額も変わるからです。

利息金額が変われば当然、一括返済に必要な金額も変わります。

そのため、一括返済を検討した日にある程度必要となる金額を確認し、返済日当日にもう一度確認して金額を確定する必要があります。

一括返済に必要な金額が確定したら、その金額をATMまたは振込で返済します。

なお、一括返済に必要な金額はバンクイックの会員ページまたは第二リテールアカウント支店専用ダイヤルで確認できます。

また、振込で返済する場合の振込先は利用者によって異なり、こちらに関しても会員ページまたは第二リテールアカウント支店専用ダイヤルで確認できます。

関連記事をチェック!

バンクイックでは解約すると完済証明書をもらえる?

カードローンは完済すると解約することができ、解約する際には解約証明書を発行してもらえる場合が多いです。 自分が利用しているカードローンも、完済して解約する際には解約証明書がもらえるかどうかという...

返済額を増額したい場合

バンクイックの毎月返済額は「最小返済額以上」となっています。

従って、最小返済額以上であればいくらでも返済が可能となっています。

ATMやインターネットバンキングからの返済で返済額を増額したい場合、通常と同じ操作で返済額を増やすだけでいつもより多く返済できます。

しかし、口座ふき落ちしでの返済の場合、返済額は借入残高に応じた金額となります。

そのため、通常よりも多く返済したい場合は、ATMやインターネットバンキングから臨時返済するようにしましょう。

返済方法を変更したい場合

バンクイックでは申し込み時に選択した返済方法を、途中で変更することもできます。

返済方法の変更を希望する場合は、第二リテールアカウント支店専用ダイヤルに電話しましょう。

なお、ATMまたはインターネットバンキングでの返済から口座引き落としでの返済に変更する場合は、別途「自動支払依頼書」の提出も必要となります。

バンクイックの返済額

バンクイックを返済していく上で、毎月の返済額がわからなければ延滞を招く恐れがあります。

延滞をしてしまうとバンクイックとの取引だけでなく、他のローンなどにも悪影響が出てしまいますので、しっかりと返済額を確認しておくことが大事です。

毎月の最小返済額が金利や借入残高によって変わる

バンクイックでは毎月、最小返済額を返済するだけで良いです。

最低1,000円から返済可能としていますが、最小返済額は金利(年利)や借入残高によって変わりますので、必ずしも1,000円ずつ返済していけば良いとは限りません。

実際に、金利と借入残高によって最小返済額がどのようになるのかを見ていきましょう。

借入残高最小返済額
金利8.1%超金利8.1%以下
10万円以下2,000円1,000円
10万円超~20万円以下4,000円2,000円
20万円超~30万円以下6,000円3,000円
30万円超~40万円以下8,000円4,000円
40万円超~50万円以下10,000円5,000円
50万円超借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加

このように、最低1,000円から返済可能としていますが、金利が8.1%超の場合は最低2,000円からの返済となります。

ただし、最小返済額だけで返済をしていると、残高が減るスピードは非常に遅くなります。

例えば、10万円を金利14.6%で借りた場合、30日間で1,200円の利息が発生します。

この金利と残高の最小返済額は2,000円ですので、元金へ充当されるのは800円だけです。

これでは気の遠くなるほど長い期間返済していかなくてはなりませんので、最小返済額以上に返済していきたいものです。

100万円の返済額シミュレーション

バンクイックを計画的に返済していくためには、借入前に何年で完済したいのかを考え、そのためには毎月いくら返済すればよいかを確認しておく必要があります。

バンクイックには公式の返済シミュレーションがありますので、こちらを利用すれば簡単に返済額などを確認できます。

ここでは100万円をバンクイックで借り、返済期間を5年~10年にした時の返済額をシミュレーションしましたので、返済計画を立てる際の参考にしてください。

なお、金利は14.6%でシミュレーションしております。

返済期間(回数)毎月の返済額返済総額
5年(60回)23,580円1,414,797円
6年(72回)20,928円1,506,804円
7年(84回)19,073円1,602,052円
8年(96回)17,714円1,700,582円
9年(108回)16,686円1,802,146円
10年(120回)15,889円1,906,657円

100万円を10年で完済した場合、支払う利息は90万円にもなります。

毎月の負担は少なくて良いのですが、借りた金額と同じくらい利息を支払うことになりますので、できるだけ利息負担を軽くできるような金額で返済していくことをおすすめします。

バンクイックの返済方法に関するQ&A

ここまで、バンクイックの返済方法について解説してきました。

しかし、まだまだわからないことがある人のために、特に質問が多い問題にお答えしていきたいと思います。

①三菱UFJ銀行以外からの銀行振込でバンクイックに返済できる?

三菱UFJ銀行以外の金融機関から振込でバンクイックへ返済することは可能です。

この場合、先に振込先を確認する必要があり、返済期日の15時までに振込されるように手続きしましょう。

なお、三菱UFJ銀行のインターネットバンキング以外からの返済となりますので、振込には所定の手数料(利用者負担)がかかります。

②今月ピンチ!利息分だけの返済でも大丈夫?

バンクイックは、最小返済額以上の返済をしなくてはなりません。

今月の返済ができないからといって、最小返済額よりも少ない金額を返済しても、それは臨時返済となります。

つまり、このままでは通常の返済で延滞となりますので、必ず最小返済額以上の金額で返済するようにしましょう。

なお、平成25年3月25日以降に契約し、金利が8.1%以下の場合は最小返済額を減額することができます。

③利用残高をできるだけ早く減らしたい!賢い返済方法は?

最小返済額だけでは思うように残高は減っていきません。

そこで検討したいのが、毎月の返済額の増額や臨時返済です。

毎月の返済額を増額することで、それだけ元金に充当される金額は多くなります。

また、臨時返済した金額はすべて元金に充当されますので、返済した分だけ残高を減らすことができます。

これらを併用することが理想なのですが、どちらか一方でも効果はありますので状況に合わせて返済していくようにしましょう。

④給与振込口座を引き落とし口座に指定するのにデメリットはある?

給与が振込まれる口座を返済口座として利用することで、より確実に返済していくことができます。

しかし、バンクイックを任意整理する場合、三菱UFJ銀行は口座を凍結して相殺することができます。

給与口座であれば少なからず残高はあるはずですので、それがバンクイックの返済に充てられてしまいます。

正常に利用している分には問題ないのですが、任意整理をする際はあらかじめ対策する必要があります。

⑤ローンカードなしでATM返済できる?

ローンカード(バンクイックカード)がない場合、ATMからは返済することができません。

ローンカードが手元にない場合は、ローンカードを取りに行ってATMで返済しましょう。

紛失などでローンカードがない場合は再発行手続きをして、期日までにカードが手元に届かなければインターネットバンキングや他金融機関からの振込で返済するようにしましょう。

⑥バンクイックの口座番号がわからない時はどうすればいい?

バンクイックの口座番号がわからない場合の確認方法は、バンクイックカードを見ることです。

バンクイックカードに記載されている数字が口座番号ですので、会員ページへのログインなどの際に入力しましょう。

また、会員ページへのログインには暗証番号も必要となりますので、こちらも正確に入力しましょう。

なお、口座番号と暗証番号を正確に入力しているのにログインができない場合は別の問題が発生している可能性がありますので、第二リテールアカウント専用ダイヤルに電話して確認しましょう。

まとめ

バンクイックの返済方法や、それぞれの返済方法の注意点についての説明を行ってきました。

返済方法は複数あるため、生活リズムや周囲にあるATMの種類・仕事の都合などを考慮に入れた上で、自分に適した返済方法を選べるのは利用者にとってありがたいポイントです。

それぞれの返済方法における注意点をしっかり覚えておきつつ、つつがなく返済を行っていき返済トラブル等を起こさないようにしてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談