バンクイックの増額手続きはどのように行えばいいの?~増枠するうえでの注意点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンは非常に便利なのでお金に困った時についつい利用してしまいますが、借り入れを行いすぎると気になるのが利用限度額です。

利用限度額が気になる場合には増額手続きを行っておくと安全ですが、増額手続きはそんな簡単に行えるのでしょうか。

今回は三菱UFJ銀行が取り扱っているカードローン、バンクイックでの増額手続きの方法やその際の注意点に関して詳しく説明していこうと思います。

この記事はこんな方におすすめ

今回ご紹介するのは、次のような人に役立つ内容となっていますので参考にしてください。

  • バンクイックの増額申請の方法を知りたい人
  • 増額審査がどのようなものか知りたい人
  • どれくらいの金額を増額できるのか把握しておきたい人

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

増額手続きは専用ダイヤルで行う

バンクイックの増額手続きは電話にて行います。

三菱UFJ銀行カードローン「第二リテールアカウント支店専用ダイヤル(0120-76-5919)」あてに電話を掛けて、利用限度額の増額を希望している旨を伝えましょう。

受付時間は平日の9時~21時、土日祝日は9時~17時となっていますが回線が混み合っていることも多いので、時間には余裕を持って電話を掛けるようにするといいでしょう。

オンラインでの手続きとは異なりオペレーターの人とのやり取りを行いながらの手続きとなるので、分からないことがあってもすぐに対応してくれるのは、利用者からしても有り難いですね。

また借入額を幾らにするかも事前に考えておきましょう。

専用会員ページからも可能

バンクイックの増額申請は、電話の他にサイトの会員ページからも手続きが可能です。 ただし会員ページから増額申請の手続きができるのは、バンクイックから増額案内があった人のみです。 案内がない時は、電話から手続きをしましょう。

増額申請の際に注意しておきたいこと

バンクイックの増額手続きは、電話を掛けて増額希望を伝えたらすぐに完了するというわけではありません。

バンクイックの増額手続きでは、以下に示すようなことに注意しておく必要があります。

増額の際には再度審査が必要となる

まずは、増額の際には新規申込時と同様に審査が必要となるということです。

増額希望の際に審査が必要ないのであれば、新規申込時には確実に審査に通りそうな利用限度額で希望を出したうえで、無事審査に通過した後で利用限度額の増額申請を行うというようなことが成立することになってしまいますからね。

そのため、新規申込時と同様に「審査落ち」となる可能性があることは知っておく必要があります。

「増額をしておけば急な資金需要にも耐えられるだろう」と考えていた場合は、その当てが外れてしまう可能性もあるので注意しておきましょう。

書類の提出が必要になることも

審査を行うにあたっては、申し込み者の現状の確認が必要となります。

電話口での口頭確認だけで済む場合もありますが、場合によっては本人確認書類や収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。

新規申込時とは違う会社に勤めている場合などは社員証や保険証などの提出が必要になりますし、増額を希望する金額によっては源泉徴収票や給与明細等を提出しなければなりません。

書類を提出しなければならない条件に該当しそうな場合には、あらかじめ必要書類を準備してから増額申請得手続きを行うといいかも知れませんね。

関連記事をチェック!

6565view

お金を借りるときには源泉徴収票は必ず必要?

お金を借りるときには様々な書類が必要になります。 本人確認書類はお金を借りる時には必ず必要です。 そして次に必要になることが多い書類として源泉徴収票が挙げられます。 源泉徴収票は必ず必要なものな...

審査には多少時間が掛かる

新規申込時の審査スピードには定評のあるバンクイックですが、増額審査の際には多少時間が必要になることが多いです。

新規で申し込みを行う人は緊急でお金を必要としている人が多いであろうことも加味して、新規申込時の審査は迅速に行うようにしているというような背景もあるのでしょう。

そのため、バンクイックで増額申請を行うことを検討する際には、申請してすぐに審査結果が出るということを期待していてはいけません。

バンクイックの増額時の審査では、審査結果が分かるまで2営業日以上は掛かるのが普通なので、「緊急でお金が必要だから」という理由で増額申請を行ったとしても、必要なタイミングまでにお金が調達できない可能性があります。

今後お金が必要になるであろうことがあらかじめ分かっているのであれば、できるだけ早めに増額申請を行っておくか、バンクイックを利用する以外の方法でお金を調達することを考えておいた方がいいでしょう。

利用停止や減額の可能性もある

増額申請をしても他社での借入額が大きくて返済能力が下がったと判断されると、利用停止となったり、利用限度額を減らされたりするケースもあります。 増額審査は個人信用情報を照会するので、そこで延滞情報や他社での借入れ状況を見られてしまうのです。 もし他社からまとまった金額の借入れを最近したことがある場合には、バンクイックでの増額審査をする時は気を付けなければいけません。

審査落ちの時に考えられる理由は?

では、増額希望の審査に落ちてしまう理由としてはどのようなことが考えられるでしょうか。

バンクイックの利用実績がよくない

まず考えられるのは、バンクイックの利用実績があまりよくないということです。

バンクイックに増額希望を認めてもらうためには、バンクイックにとって「上客」である必要があります。

そのため、これまでのバンクイックの利用状況がイマイチだと増額審査に通らない可能性が高いと言えるでしょう。

借り入れを行ったはいいものの、返済期日に何度も遅延しているような人に対して増額が認められる可能性は低いと言えます。

また、バンクイックと契約を結んではいるものの、ほとんど借り入れ実績がないような人も、「増額を行う必要があるのか?」ととらえられてしまって審査落ちになる可能性は高いでしょう。

今後バンクイックでの増額申請を検討している人は、こまめにバンクイックを利用しつつ、返済もきっちり行っていく必要があります。

他社借り入れ等で問題を起こしている

バンクイックでの利用・返済実績がキッチリしていたとしても、他社借り入れで問題を起こしているような場合は当然審査落ちの対象となります。

さすがに他社の借り入れ実績がイマイチだから審査に悪影響を及ぼすということはありませんが、返済実績になると話は変わってきます。

カードローン等の返済遅れに関してはすべて信用情報機関に登録されますから、審査の際に信用情報機関に登録されている情報をチェックされて「他社で返済遅れアリ」ということがバレてしまえば、増額審査に通過する見込みは限りなく低くなるでしょう。

融資を行う会社はすべて信用情報機関に加盟している以上、ひとつの会社に対する返済遅れはすべての会社に筒抜けになっているということを、念頭に置いておかなければなりませんよ。

関連記事をチェック!

329view

滞納するとカードローン増額ができないって本当?

カードローンを利用していて「限度額が少ない」と、感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 もう少し利用できる枠を増やしたい、限度額を増額できないかと考える人も多いと思います。 カードローンの...

前回審査時より収入が減っている

最後に考えられるのは、前回審査を行った時よりも収入が減っているということです。

転職や失業の他に退職したなど雇用状況が変わることもるでしょう。

収入は属性を構成する要素のひとつであり利用限度額を決定するために非常に大きな影響力を持つため、収入が前回審査時よりも下がっていると、「継続的な返済能力」という観点から増額が認められない可能性があります。

また、収入が減っているという事実が三菱UFJ銀行に伝わってしまった場合、現状よりも利用限度額を減額されてしまうことすらあり得ます。

増額を希望しているような背景があるとはいえ、収入や信用情報が前回審査時よりも悪くなっている状況で増額申請を行うのは、かなりリスクのある行為だと考えるべきです。

そのような状況でお金を調達するためには、バンクイックに増額を申請するという方法以外でお金を調達する方法を検討した方がいいかも知れませんよ。

ローンの利用実績が少ない

一般的に増額ができるのは、利用後6か月経ってからと言われています。 利用者が本当に信用できる人か、実績を見たうえで判断するためです。 バンクイックを利用し始めてすぐでは、なかなか判断ができにくいので増額審査に通ることは難しいと言えます。 利用して半年をめどに、利用限度額を増やすことを考えた方がいいでしょう。

申し込んだのが転職後すぐ

増額申請をしたのが転職して間もないと、勤続年数が短いので安定した収入があるとは言い切れません。 したがって転職してすぐよりも少なくとも3か月~6か月以上の勤続年数は欲しいところです。

他社ローンに申し込んだばかり

バンクイックの増額申請前に、他社のローンに申し込んだ場合も増額審査に落ちる理由のひとつです。 消費者金融会社など貸金業者では年収の3分の1までしか借りることができません。 しかし、銀行も総量規制委に準じた規制を設けているので、他社での借入額が大きいとバンクイックの限度枠をオーバーしてしまうこともあります。 他社で幾らの借入れをしているのかしっかりと把握してから申し込みましょう。

最初の利用限度額は少額がほとんど

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供しているカードローンであり、最高で500万円まで借りることができるだけでなく銀行ならではの低金利で借りることができます。

また、銀行では珍しい自動契約機の「テレビ窓口」をATMコーナーなどに設置していますので、窓口が営業をしていない平日の時間帯や休日であっても、申し込みからカードの発行までをすることができますので非常に人気があります。

しかし、バンクイックにおいて最高融資額である500万円という金額は、新規で申し込みをした時からいきなり借りることができる金額ではなく、最初は少額の利用限度額からスタートすることがほとんどです。

これは幾ら年収が高くて信用が高いという人であっても少額からの契約となり、最初から利用限度額が100万円を超えることはほとんどありません。

このような中で利用中にもっと利用限度額が多ければと思う人は多いですし、利用限度額を高額にしてより低金利に借りたいと思っています。

ですので、ここではバンクイックにおいて、利用限度額を増やすためにはどのようにすればいいのかということについて紹介し、そのうえで注意しなければならないことも合わせて紹介していきます。

増額していくことで最高額を借りられる

バンクイックにおいて最高融資額である500万円という、金額はどのようにして借りることができるようになるのかと言いますと、それは増額をしていくことで借りられるようになります。

先ほどもお話ししましたように新規で申し込みをした時には少額、つまり10万円~50万円というような金額でしか借りることができません。

その後は利用をし続けていって利用限度額を増額していくことで最終的に500万円という利用限度額になります。

また、増額も50万円であったものを500万円にするというような、急激な増やし方ではなく、10万円や50万円といったように少しずつ増やしていくことになりますので複数回増額しなければなりません。

基本的に事業性以外の自由な資金に使うことができるカードローンですので、短期間の間に高額な利用限度額で貸付を行うことは公共性の高い銀行においては特にありません。

増額する際は自主規制に注意

バンクイックに限らず銀行のカードローンにおいて増額をする場合には「自主規制」に注意しなければなりません。

というのも、銀行に適用されている「銀行法」には消費者金融などの貸金業者に、適用されている貸金業法の総量規制のように法的に貸付上限を定めているものはありません。

ですので、銀行は利用者の年収に関係なく貸付することができるということであり、総量規制で定めているような「年収の1/3」を超える貸付を行っても罰せられることはありません。

しかし、銀行は公共性が高い機関で社会的責任が大きいですので何の規制もないというわけにも行きませんし、規制されている貸金業者からも反発されています。

このことから銀行では「自主規制」という独自のルールを、それぞれの銀行が定めることで貸付の上限などを定めることとしています。

各銀行によって規制している内容が異なりますので、規制の内容によって貸付上限が違う金額となるということに注意しなければならないということになります。

自主規制は強化されている

貸金業法によって総量規制が定められてから貸金業者全体の貸付残高は伸び悩んでいます。

しかし、銀行全体はカードローン事業を拡大させたことによって順調に増加しており、このことが国会や貸金業者から批判される結果となりました。

このことが原因で2017年4月から自主規制が強化されることになり、バンクイックを提供している三菱UFJ銀行も規制の強化をしています。

三菱UFJ銀行の自主規制強化の内容は、

  • 融資上限の引下げ
  • 収入証明書類を求める基準を「300万円超」から「50万円超」
  • 早朝などの時間帯にカードローンのテレビCMを流さない

というように規制を強化しています。

これまでの自主規制における融資上限については公表されていませんが、規制の強化によってこれまでよりも低い融資上限になったことは間違いなく、上限を超えない融資をするために収入証明書類の基準も下げています。

上限の目安は「年収の1/3」

自主規制の内容は三菱UFJ銀行のように公表している銀行もありますが、内容を公表していない銀行も多くあります。

ですので、実際にどのような規制内容となっているのかということは分かりません。

しかし自主規制の強化をするに当たって、みずほ銀行が融資上限を「年収の1/3」としましたのでおよその目安はみずほ銀行や総量規制のような金額が上限となります。

飽くまでも推測ではありますが、銀行などは足並みを揃える傾向がありますので、総量規制で定めている上限に準じている可能性は非常に高いです。

増額の審査は新規よりも厳しい

増額の審査においても基本となる「信用」が重要であるということをお話ししましたが、これ以外にも利用実績や返済実績というのも重要となります。

利用実績はバンクイックの利用頻度や借入残高のことであり、返済実績はどのように返済をしてきたのかという履歴のことです。

銀行としてはやはりよく利用してくれて利息を支払ってくれる人に程多く貸したいものですし、返済をきちんとしている人にも多く貸したいものです。

ですので、あまり利用していない(利用限度額まで余裕がある)人や度々延滞をしているという人は増額において不利になります。

逆に常に利用限度額いっぱいまで利用している人も審査では不利となりますので、適度に利用をしていてかつ返済をきちんとしてくれる人でなければ増額はしにくくなるということです。

このように増額を申し込んだ場合には基本となる信用だけでなく、利用実績や返済実績においても十分な実績がなければならないために、増額は新規の時よりも審査が厳しくなってしまう要因となります。

銀行から増額案内をされることもある

利用限度額を増やすための方法は、何も自分から申し込みをすることでしか、増額することができないというわけではありません

借入をしてから適度な利用をしていて、返済もきちんとしているというような状況を続けていると、三菱UFJ銀行の方から増額することができるという案内をされることがあります。

増額の案内はメールや電話での連絡が多いです。

バンクイックでは利用中に一定の間隔で審査を行っており、この審査において増額できるだけの基準を満たしているようであれば増額を案内しています。

この案内が届いたことで増額をするという場合にも申し込みをすることで増額することができますが、この場合も審査は必ず受けることになります。

しかし、増額の案内が届いているという場合には、あらかじめ事前の審査を三菱UFJ銀行で行っていますので、よほど転職などによって年収が減っているなどの属性が変更になっていない限り審査は通ります。

厳しいと言われる増額の審査でも、銀行の方から案内が届いた場合には高い確率で利用限度額を増やすことができますので、増額は案内をされてから確実にするという方法も採ることができます。

しかし、増額の案内はいつどのタイミングで来るのかは分かりませんので自分が必要な時に増額できるというわけではありません。

利用限度額は最高幾らまで?

まずは、バンクイックの利用限度額について簡単に触れておきましょう。

バンクイックの利用限度額は「10万円以上500万円以内(10万円単位)」となっているため、最大で500万円までの借り入れを行えることが分かります。

今の限度額が100万円未満のような少額であれば、「もっと大きな利用限度額にしてほしい…」と思うのも自然なことかも知れませんね。

利用限度額で適用金利が決定される

また、バンクイックの利用限度額は適用金利にも大きな影響を持ちます。

というのも、バンクイックの適用金利は利用限度額によってある程度決定されているからであり、利用限度額と適用金利の関係は以下の表のようになっています。

利用限度額適用金利
10万円以上100万円以下13.6%~14.6%
100万円超200万円以下10.6%~13.6%
200万円超300万円以下7.6%~10.6%
300万円超400万円以下6.1%~7.6%
400万円超500万円以下1.8%~6.1%

この表から分かる通り、利用限度額が大きくなるほど適用金利は下がっていく傾向にあるため、利用限度額が大きいほどより有利な条件で借り入れを行うことが可能になっているのです。

関連記事をチェック!

129view

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がいいものであり...

年収で限度額が決まるわけではない

ただ、カードローンについてある程度知識のある方の場合だと、「どうせ俺の年収だったら大きめの限度額は無理だしな…」と最初から諦めてしまうかも知れません。

確かに消費者金融などを利用する場合には総量規制の影響で、「自身の年収の3分の1まで」しか借り入れを行うことができないため、申し込む前から利用限度額の上限があらかじめ分かってしまいます。

しかしバンクイックは銀行カードローンであり総量規制に影響されないので、自分が思っているよりも大きな限度額設定になることも十分あり得るのです。

もちろん年収は利用限度額を決定する際に重要な「属性」の要素のひとつであるため、余りに低すぎると利用限度額の決定にも影響を及ぼすというのは間違いありません。

しかし、利用限度額が年収のみで決まるわけではないので、最初から諦める必要はありませんよ。

増額申請を行う時の注意点

では最後に、利用限度額の増額申請を行う時の注意点を考えていきましょう。

審査落ちになる可能性も十分ある

先ほど増額申請時にも審査があるという話をお伝えしましたが、それは裏を返せば「必ずしも増額が認められるわけではない」ということを意味します。

お金が足りない時に、バンクイックの利用限度額を増額してもらって乗り切ろうと考えていた場合には、もしかするとそのもくろみが失敗に終わる可能性もあるかもしれないということを念頭に置いておかなければなりませんよ。

属性等が改善されてから申し込む

増額時の審査に通るかどうかは、属性・信用情報・バンクイックの利用実績次第ですが、審査に通る勝算なしに増額申請を行うのは無謀だと言えます。

極端な話、初回申し込みを行って利用限度額100万円で契約を行った翌日に150万円への増額申請を行ったところで、審査に通るわけがありませんよね。

増額申請を認めてもらうためには、契約時と比べて属性なり信用情報なりが改善している必要があると言えます。

また、それらに改善が見られずともバンクイックで定期的に借り入れ・返済を行ってバンクイックに「お得意様」と認めてもらうことで、増額申請が認められる可能性は少なからずあるでしょう。

とにかく、何かしらのプラス材料がない状態で増額申請をするのは自殺行為にも等しいという認識が必要です。

向こうからの打診を待つのもありかも

増額申請を行うのが「必要に駆られて」なのであれば悠長に待っていることはできませんが、「いざというときに備えて増額しておいた方が安心だから」という程度の理由なのであれば、自分から増額申請を行うのは少し待ってみてもいいかも知れません。

バンクイックは、定期的に利用者の属性・信用情報・利用実績などをチェックしつつ、(バンクイックにとって)優良であると判断された利用者に対してはバンクイック側から増額の打診を行うこともあります。

このような形で打診をもらうことができればほぼ100%増額時の審査は通過できるので、審査に通過するかどうかとおびえる心配はありませんし、属性等の改善に気を配る必要もありません。

クレジットカードのアップグレードでは、こちらから希望するよりもクレジットカード会社からのインビテーションを待つ方が確実だと言われていますが、カードローンの増額でも同じようなことが当てはまりそうです。

もちろん待っていれば誰にでも増額の打診が来るというわけではないので、自分から申請することも考慮に入れつつ打診が来たらラッキー、程度に思っておくのがいいかも知れませんね。

関連記事をチェック!

329view

滞納するとカードローン増額ができないって本当?

カードローンを利用していて「限度額が少ない」と、感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 もう少し利用できる枠を増やしたい、限度額を増額できないかと考える人も多いと思います。 カードローンの...

Q&A

バンクイックを利用している人で、借り入れがん度額を増やしたい人が気になるポイントをQ&A形式でまとめてみました。

急いでいる場合は審査を優先してくれる?
急にお金が必要だからと言って優先的に審査をすすめてくれることはないでしょう。 バンクイックの増額審査の結果が通知されるのは、大体翌日から3日後と言われています。 増額をするに当たって、バンクイックの利用実績やバンクイックからの増額案内の有無、基本情報の変更点がないかどうかで審査に掛かる時間も変わってきます。
増額審査の時に在籍確認はある?
申込時に申告した勤務先が変更になった場合や、雇用形態、収入に大きな変化が生じたと考えられる時に在籍確認が行われるようです。
急ぎでお金が必要な場合は?
バンクイックの増額をして借入れをするには、増額申請をしてから2~3日後に借り入れが可能な場合が多いです。 またバンクイックなど銀行系の金融機関は審査結果が出るのに最多に翌日となっているので、他の方法を考えてみるといいかも知れません。 今日明日など急いでいる時は、最短即日で借入れができる、消費者金融のカードローンの利用を検討してみてはどうでしょうか。

まとめ

以上、バンクイックでの増額手続きの方法やその際の注意点に関しての説明を行ってきました。

手続き自体は専用ダイヤルに電話を掛ければOKなので、非常に分かりやすいと思います。

ただし、申し込み者の状況によっては審査落ちになってしまう(もしくは現状よりも減額されてしまう)可能性もあるということは、説明してきた通りです。

急な資金需要に対応するために「バンクイックの増額」という手段を当てにしておくことは構わないとは思いますが、万が一審査落ちになってしまった時のことも考えて、代替手段も並行して検討しておくとより安全だと思いますよ。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談