おまとめローンには常陽銀行のフリーローン!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

複数の金融機関から借り入れがあると、毎月の返済が苦しくなります。

返済のことが頭から離れなくなると、ゆとりのある生活というのは難しいでしょう。

毎月の返済額を減らす手段のひとつとして、おまとめローンの活用があります。

常陽銀行のフリーローンは、おまとめローンとしても利用可能で、低金利が魅力の商品です。

この記事はこんな人におすすめ

この記事は次のような人にメリットがある情報を多く紹介しています。

  • 常陽銀行のおまとめローンの利用を考えている人
  • 常陽銀行フリーローンの申し込み方法が知りたい人
  • ローン審査に通るポイントが気になる人
執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

常陽銀行で借金をおまとめしたい


常陽銀行を利用して複数の借入をまとめたい人におすすめの利用方法を紹介します。

常陽銀行にはおまとめローン専用がありませんが、おまとめができるので安心してください。

常陽銀行におまとめローンはない

常陽銀行はおまとめローン専用の商品を取り扱っていません。

しかし、フリーローンで他社借入を1本にまとめられるので、常陽銀行でも実質おまとめローンに対応しています。

この後、常陽銀行のフリーローンについて詳しく見ていきましょう。

常陽銀行はフリーローンをおまとめローンとして使える

常陽銀行フリーローンは、事業資金をのぞいた、さまざまな場面で活用できる商品で、融資金額は1万円~500万円(1万円単位)なのでおまとめローンの利用もできます。

また、返済期間は6か月以上10年以内に設定されているため、毎月の返済額を抑えてゆとりがある無理がない返済が可能です。

おまとめローンに使える常陽銀行フリーローン


フリーローンを利用する前に申し込みの基準を知っておきましょう。

ローンを利用するにあたって融資金額や金利なども重要なポイントです。

続いては、常陽銀行が提供する2つのフリーローンについて、それぞれの申込基準や借入条件などを紹介していきます。

また、審査に必要な期間の目安や融資スピードについても解説します。

金利が低い「常陽フリーローン」

「常陽フリーローン」は、他の銀行と比べて非常に低金利で借りられるフリーローンです。

長期の返済もでき、常陽銀行でおまとめおすすめのローン商品です。

しかし、借り換えの場合は対象のローンに制限があるので注意が必要です。

では、「常陽フリーローン」の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満で、最終返済時71歳未満の方
  • 勤務先または居住地が常陽銀行営業地盤内にある方
  • 安定・継続した収入の見込める者(年金受給者も含む)
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • 団体信用生命保険の加入が認められる方
資金使途自由(ただし、事業性資金は除く)

※消費者金融借入(貸金専業者借入)の借り換えは対象外
融資金額1万円以上500万円以内(1万円単位)
融資期間6ヶ月以上10年以内
融資利率変動金利:4.975%~11.95%
返済方法元利均等返済(借入金額の50%以内でボーナス月増額返済が可能)
担保・保証人不要
保証会社常陽信用保証株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
団体信用生命保険指定の団体信用生命保険へ加入(保険料は銀行が負担)

女性のための「フリーパレット」

女性のためのフリーローン「フリーパレット」は女性専用の商品で、基本的に女性行員が相談や手続きに応じます。

審査スピードにも特化しているので、急いで融資を受けたい女性におすすめです。

なお、常陽フリーローンと同様にフリーパレットも借り換え対象となるローンに制限があるので注意が必要です。

では、「フリーパレット」の申込基準や借入条件を見ていきましょう。

利用対象者
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満で、最終返済時71歳未満、かつ安定収入が見込める女性の方
  • 勤務地または居住地が常陽銀行営業地盤内にある方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自由(ただし、事業性資金、投機性資金、消費者金融専門業からの借入金決済資金等は除く)
融資金額10万円以上200万円以内(5万円単位)
融資期間6ヶ月以上7年以内(1ヶ月単位)
融資利率固定金利:9.8%
返済方法毎月5千円以上100千円以内で、5千円単位の元利均等返済

※ボーナス返済の併用は不可
担保・保証人不要
保証会社株式会社セディナ

フリーパレットは常陽フリーローンと比較して、返済期間が短く、融資金額も低い点などが特徴です。

他社借入の総額が200万円を超える人や7年を超える期間で返済をしたい人は常陽フリーローンの利用をおすすめします。

金利もフリーパレットの方が高いので、利用前によく検討してローン商品を選びましょう。

常陽銀行フリーローンの金利

次に、常陽銀行フリーローンの金利について詳しく見ていきます。

先に紹介した常陽フリーローンとフリーパレットの金利についてですがは、常陽フリーローンは3段階の金利の中から審査に応じて決定されますので、審査結果が来ないことには詳細な返済額がわかりません。

一方、フリーパレットは固定金利ですので、申し込みの時点で返済額がわかりますので返済計画がたてやすいのが特徴です。

金利優遇制度を賢く利用すればお得に借りられるので、具体的な方法も併せて紹介します。

金利は申込商品によって異なる


多くの銀行のフリーローンは、非常に幅広い金利が設定されており、審査によって適用される金利が決定します。

常陽銀行の「常陽フリーローン」も同様であり、変動金利で4.975%・8.5%・11.95%となります。

一方の「フリーパレット」は、固定金利9.8%が適用されます。

上記の金利はあくまでも基準金利ですので、取引内容によって優遇サービスを受けることができます。

優遇制度についてはこれから詳しく説明しますので参考にしてください。

金利優遇制度でさらにお得に借りる

常陽銀行の普通預金口座を開設した人が自動で加入できるポイントクラブを利用すると金利優遇制度を受けられます。

ポイントは、給与振込やクレジットカード(JOYOCARDPlus)を契約するなど、常陽銀行との取引が多いほど貯まります。

取引ポイントに応じて、常陽フリーローンの金利が最大1.0%お得になります。

フリーパレットは、給与振込(毎月5万円以上)を常陽銀行に指定すると金利が優遇され、8.0%で借りられます。

金利優遇サービスのほかにも、獲得したポイントに応じてATM手数料無料などの特典があるので常陽銀行を利用する人におすすめのサービスです。

金利優遇のためにポイントを獲得する方法

ポイント獲得の対象ポイント数
給与振込もしくは年金自動受取50
クレジットカード「JOYO CARD Plus」かVisaデビットカード「JOYO CARD Debit」 の契約50
「JOYO CARD Plus」か「JOYO CARD Debit」の年間利用金額が20万円以上40
公共料金(NTT・電気・ガス・水道・NHK)の自動支払を2項目以上10
「積立式定期預金」「積立外貨預金」「積立投資信託」「財形預金」「貸金庫」「セーフティバッグ」を利用すること各10
アクセスジェイ契約10
「住宅ローン(リフォームローン含)」「アパートローン」の利用各50
「マイカーローン」「教育ローン」「フリーローン」「ブライダルローン」「フリーパレット」「医療介護ローン」「ベストカード」の利用各30
資産に関する取引「普通預金口座残高10万円以上」「定期預金口座残高10万円以上」「投資信託残高10万円以上」「公共債残高10万円以上」「外貨預金残高10万円以上」各10
上記の残高合計500万円以上50
1,000万円以上100
2,000万円以上200
3,000万円以上300

給与振り込みや年金の受け取りなどさまざまな取引でポイントを獲得できます。

獲得ポイントが50~90ポイントで0.4%、100ポイント以上で0.8%の金利が差し引かれます。

常陽フリーローンを4.175%で利用できる可能性があるのでとてもお得です。

給与受取とクレジットカードの契約で100ポイントを獲得できるので、0.8%の金利差引きを受けるのは難しくありません。

なお、併せて資金使途を確認できる資料を提出すると1.0%の金利引き下げにより3.975%での利用が可能となります。(2019年5月30日現在)
常陽銀行とは

常陽フリーローンの申し込み方法

金利分をお得に利用できる方法がある常陽銀行フリーローンの申し込みの流れを紹介します。

最初に申し込み条件について詳しく見た後に、実際の申し込み方法を説明します。

流れを押さえておけば、簡単に常陽フリーローンを利用できるのでチェックしておきましょう。

申し込み条件


常陽フリーローンを利用できるのは、満20歳以上65歳未満で最終返済時71歳未満の人で、同じ職場に1年以上勤務しているか、または同じ事業を3年以上営業していることが条件です。

また、前年度年収が200万円以上の継続した安定収入がある人に限られます。

常陽銀行の営業地域内に勤務地か居住地がある人でなければ申込みできません。

さらに、常陽信用保証(株)もしくは(株)オリエントコーポレーションの保証と団体信用生命保険の加入が必須条件です。

金利の低さが魅力の常陽フリーローンですが、申し込み条件を前もってよく確認しておきましょう。

月々の返済方法は元利均等返済で、毎月返済か毎月返済とボーナス月増額返済の2種類から選択できます。

返済金額は常陽銀行のホームページで簡単にシミュレーションできるので、一度利用して返済計画を立てることをおすすめします。

関連記事をチェック!

1696view

銀行や消費者金融でお金を借りる時に必要な書類は?

最近はカードローンの利用者が増加して定番化したので、お金は短時間で簡単に借り入れできると思っている人も少なくないでしょう。 しかし、金融機関から借り入れるときは、面倒な作業が多いのが一般的です。 ...

申し込みに必要な書類


フリーローンに申し込むために必要となる書類は、以下の4つです。

  • 本人確認書類
  • 前年の年収が確認できる書類
  • 使いみちを確認できる資料
  • 印鑑

本人確認書類は、運転免許証および健康保険証が基本ですが手元にない人は、健康保険証と住民票が必要になります。

前年の年収が確認できる書類は、給与所得者の場合、源泉徴収票または公的証明書のいずれかが必要です。

個人事業主は、公的所得証明書または納税証明書(その2)を用意しましょう。

資金使途が借り換えの場合は、使い道を確認できる書類として、借り換え対象ローンの返済予定表がいるので忘れないように準備してください。

また、通帳などの返済履行状況が確認できるものも必要です。

源泉徴収票のすべて!見方や発行時期、再発行方法等を網羅

インターネットで申し込み可能

常陽銀行の店舗で直接申し込みもできますが、インターネットを利用するといつでも操作できるのでとても便利です。

そこで今回はインターネットで常陽フリーローンを申し込む流れを紹介します。

  • スマホやパソコンから基本情報を入力して申し込み
  • メールで仮審査の結果報告
  • 店舗に来店して正式審査・契約
  • 指定口座に融資金が振り込まれる

仮審査の結果は最短即日に連絡がくるので、スピーディに対応してもらえるのが常陽フリーローンの特徴です。

正式申し込みは、店舗に直接来店して行い担当者と直接顔合わせできるので、インターネットの情報では分からない疑問点や不安なことはこのときに聞きましょう。

契約が完了すると実行日に融資が行われますが、必要な場合は実行後に直接連絡をもらうようにするか口座にお金が振り込まれているか確認することをおすすめします。

常陽フリーローンの返済方法

常陽フリーローンの返済方法は、月々の返済額が変わらない元利均等返済です。

先に説明したとおり、毎月返済か毎月返済とボーナス月増額返済の2種類から選択できます。

ボーナス増額返済は借り入れ金額の50%以内などの条件が定められているので注意しましょう。

返済は指定口座から口座引き落としで実行されます。

支払い忘れを防げますが、口座にお金がないと引き落としができませんので、返済日前に返済額分のお金が口座にあるか確認しておきましょう。

常陽銀行フリーローンの審査について

申し込み方法を紹介したので、続いては常陽フリーローンの審査についての情報を紹介します。

審査が厳しいと言われていますが、融資までのスピード感は他の銀行と比較しても素早い対応です。

常陽銀行のフリーローン審査は厳しい

常陽銀行のフリーローン審査は厳しいと言われており、一般的に金利が高いほど審査に通る可能性が高いですが、常陽銀行のフリーローンは低金利なローン商品なのでその分審査通過が難しいのでしょう。

後ほど、審査に通るためのポイントを紹介するので、ぜひチェックしてください。

使いみちは正しく記載を

フリーローンの利用申込書に記載する資金の使い道は、正しい内容を書くことが大切です。

虚偽の使用用途を記入しても審査の過程で嘘がバレます。

きちんと申告しなければ審査に落ちる原因になりかねないので、資金使途は正直に記入しましょう。

審査から融資までのスピード

「常陽フリーローン」に関しては、審査や融資までの期間について公表していないので、どれくらいの期間で審査結果の連絡や融資されるかはわかりません。

ただし、フリーパレットは申し込みから最短即日で審査結果を回答する公表しています。

フリーローンの審査結果を最短即日で連絡する銀行は少ないので、この商品に関して言えば審査スピードが早いです。

また、審査結果が早く出ると契約手続きにスムーズに入れるため、融資までのスピードが早くなります。

常陽フリーローンに関する審査・融資期間の詳細な情報を知りたい人は、常陽銀行に問い合わせてから申し込みましょう。

常陽銀行のフリーローンは非常に低金利ですが、条件が良くても審査に通らなければ借り換えできません。

審査の通りやすさでローンを選ぶ人が多いですが、常陽銀行の2つのフリーローンの審査は厳しいです。

先に説明した通り、審査の厳しさは金利である程度の判断ができます。

金利は銀行の収益だけでなく、保証会社への保証料が含まれています。

保証会社は、保証料が高いほどリスクがある人を保証するので、保証料が多くなるほど金利も高くなる仕組みです。

常陽銀行のフリーローンは非常に低金利なので、保証料分が少なく、審査に通りにくいと言えます。

審査に通るためのポイント


審査が厳しい常陽銀行の2つのフリーローンを借りるためには、申し込み前から信用を高くする必要があります。

審査に通るために信用を高くする方法は、以下の2つが効果的です。

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

しかし、いくら信用を高くしたとしても、申し込みの仕方に問題があると融資を断られる可能性があります。

よって、申し込みをする際には以下の2つも注意しなければなりません。

  • 申し込みの内容を正確に記入する
  • 返済計画をしっかりと立てる

では、審査に通るための4つのポイントを、さらに詳しく解説していきます。

他のローンを延滞なく返済する

ローンを複数契約しているとそれぞれの返済日を管理しきれず延滞する人がいますが、延滞してしまえば個人信用用情報機関に払い忘れた事実が登録されて信用情報に傷が付きます。

ローンの審査において信用情報に延滞の記録があると、返済能力が低いと判断されます。

返済能力はローンを借りるうえで非常に重要なので、既存のローンは延滞なく返済することが大切です。

関連記事をチェック!

3850view

信用情報機関に反映されるタイミングと活用術

借り入れにおいて重要なポイントとなるのが信用情報です。 言い換えれば、信用情報に対する理解が深ければ深いほど、審査を有利に運べます。 これからその信用情報が更新されるタイミングとその活用術を解...

少額のローンは完済する

審査は、完済実績や信用情報を重視します。

したがって、おまとめローンの契約前に完済できる少額の借入は完済しましょう。

信用は、借り入れたお金を毎月きちんと返済することで少しずつ積み上げるものです。

信用力を向上させるのに効果的なのは過去のローンを完済した実績を作ることで、少額のローンでも完済実績として記録されます。

常陽銀行のフリーローンは消費者金融専門業者からの借入は対象外なので、消費者金融などから少額で借りたお金は完済してから申し込みましょう。

借入の総額や件数が減ると信用が高くなるので、審査に通る可能性を上げられます。

申し込みの内容を正確に記入する

常陽銀行のフリーローンの申込書には正確な内容を記入しましょう。

審査が厳しいローンに通るために、年収などを実際とは異なる内容にして申し込む人がいますが申し込み内容に偽りがあると融資を断られます。

先に紹介しましたが、常陽銀行のフリーローンはインターネットで申し込みできます。

ですが、インターネットは入力から送信までを自分一人で行うので、入力ミスに気付かずに間違った内容で申し込みをする危険性があります。

入力ミスでも融資を断られる原因になるので、何度も確認して正確な内容で送信しましょう。

返済計画をしっかりと立てる

借入金額や件数が大きくなってしまった借金を整理するためにおまとめローンを契約するのですから、綿密に返済計画を立ててしっかりローンを完済しましょう。

常陽銀行のフリーローンは低金利なので借り換え対象のローンとの金利差が大きく、返済期間を最長に設定しても総返済額は借り換え前より多くなることはほとんどありません。

しかし、返済期間を長くするとその分金利の発生期間が長くなり、借り換えのメリットが薄れます。

毎月の返済額は借り換え前と同等か少ない金額に設定し、短期間で返済することが望ましいです。

関連記事をチェック!

2998view

借り入れ審査に通る基準とは【銀行融資審査員が語る】

借り入れにおける「属性」とは 借入において、属性とは、申込者の年収、勤務先、勤続年数、家族状況などの本人を取り巻く状況のような意味で使われます。 例えば、審査に通りやすいとされる公務員がローンに申...

常陽銀行フリーローンでおまとめするメリット

常陽銀行フリーローンでおまとめするメリットを紹介します。

今回紹介するのは次の4つです。

  • 金利が低い
  • 返済計画にゆとりがでる
  • 土日でもスタッフに相談できる
  • 無担保で借りることができる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

金利が低い

冒頭から説明している通り、常陽銀行のフリーローンは金利が低いことが特徴であり、他社のフリーローンと比較しても低さは群を抜いています。

その分審査通過が難しいですが、金利が低いと総返済額が少なく済むので、利用者にとって大きなメリットです。

返済計画にゆとりがでる

常陽フリーローンの返済期間は最長10年なので、ゆとりがある返済計画を立てられます。

期間が長いほど毎月の返済額が少なく済むので、返済に時間はかかりますが家計に大きな負担をかけずに返済できるのがポイントです。

土日でもスタッフに相談できる

銀行は基本的に平日しか開いていませんが、常陽銀行はローン相談窓口を開いていますので土日にスタッフに相談できるチャンスがあります。

このローン相談会は毎週実施されているわけではなく、店舗によって営業日が異なります。

常陽銀行のホームページから確認できますが、予約をするとスムーズに相談できるので希望の店舗に一度電話で連絡してみましょう。

借入に関する不安や疑問を解消できる良い機会なので、週末の休みを利用してじっくり相談することをおすすめします。

無担保で借りることができる

無担保で借りられるのが常陽銀行のフリーローンのメリットのひとつです。

他社のローンでは不動産などを担保にすることがありますが、常陽銀行フリーローンは常陽信用保証株式会社や株式会社オリエントコーポレーションが保証するため担保が必要ありませんし、保証料は金利に含まれていますので別途支払う必要もありません。

常陽銀行フリーローンでおまとめするデメリット

続いては、常陽銀行フリーローンを利用しておまとめするデメリットを見ていきましょう。

今回紹介するのは次の3つです。

  • 消費者金融の借入はおまとめできない
  • 審査が厳しく減額の可能性がある
  • 追加借入ができない

順番に詳しく解説するので、メリットだけでなくデメリットもしっかり押さえましょう。

消費者金融の借入はおまとめできない

常陽銀行のフリーローンは消費者金融の借入が対象外なので、1本化できないため注意が必要です。

消費者金融の返済に困っている人は、他社のローンを利用するなどの対応を取りましょう。

他の銀行やショッピングの分割払いなどはおまとめの対象となりますので、まとめたい借入の種類を確認してから常陽銀行のフリーローンに申し込むことをおすすめします。

審査が厳しく減額の可能性がある

フリーローンは事業性資金以外であればさまざまな資金に利用できますが、中には資金使途や申込対象者を限定するフリーローンがあります。

ですので、申し込み対象の基準や借入の条件などをしっかりと確認しておかなくてはなりません。

また、資金使途がフリーローンの借入対象でも、必ずしも申し込み金額で借りられるわけではありません。

フリーローンの審査はカードローンなどと比べると厳しく、審査の結果次第で借入金額は減額されます。

フリーローンは返済に集中できるメリットがありますが、これらのことに注意して利用しなくてはなりません。

追加借入ができない

常陽銀行に限らず、他社借入をおまとめしたローンは基本的に追加借入ができませんので、おまとめ対象の借入総額をカードローンのように反復になります。

まとめたローンをきちんと完済してから、新しい借り入れ契約を結びましょう。

生活を圧迫させないためにも、計画的な利用をおすすめします。

常陽銀行フリーローンの評判


利用を考えるフリーローンはどのような商品か、他の銀行の商品と何が違うかなどを調べるために、口コミの情報を調べる人が多いです。

そこで、常陽銀行のフリーローンの口コミを紹介します。以下に、実際にあった口コミの内容をまとめたのでチェックしてみましょう。

  • 普段から常陽銀行を利用しているため、通常金利よりも低く借りられた
  • ボーナス返済可能で、毎月余裕を持って返済できた
  • 低金利で借りることができた

常陽銀行のフリーローンに対する口コミは、主に金利面で非常に高く評価する人が多いです。

しかし、審査や融資までのスピードや申し込みのしやすさに対しては低評価とする人もいます。

総合的な評価は、まずまずで金利を重視する人にぴったりな商品であると言えます。

常陽銀行カードローンでおまとめは可能?

常陽銀行はカードローンも取り扱っていますが、他社借入をおまとめできるのでしょうか。

常陽銀行のキャッシュピットと常陽ベストカードの2つを利用して、借入の1本化ができるか否か解説します。

キャッシュピット

キャッシュピットでローンをまとめることは資金使途上問題ありませんが、実際の利用はあまりおすすめしません。

なぜなら、そもそもおまとめを目的とした商品ではないため申込書におまとめ利用をすることを記載する欄がありません。

したがって、既存借入の金額や件数を加味した審査となるため、金額によっては審査に落ちる可能性が高いのです。

加えて、年収の3分の1以上の借入を自粛する銀行が多いので、キャッシュピットの申し込み額が多いと審査に通過できないケースが考えられます。

資金使途を書く欄があればそれに応じた審査がされますが、キャッシュピットを利用しておまとめするのは現実的に考えて難しいと言えます。

少しの金額であれば利用できる可能性があるので、今回説明したことを踏まえて利用するローンを考えることをおすすめします。

後ほど、年収の3分の1以上の借入を禁止する総量規制について詳しく説明するので、ぜひチェックしてください。

利用対象者
  • 契約時年齢が20歳以上75歳未満の人
  • 安定した収入が継続的にある人
  • アコム株式会社の保証を受けられる人
  • 茨城県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都に居住または勤務する人
資金使途自由(投機資金・事業資金は除く)
限度額300万円以内
契約期間3年ごとに更新
借入利率2.5~14.8%
担保・保証人不要

常陽ベストカード

常陽ベストカードについてもキャッシュピットと同様の理由で、資金使途上おまとめはできますが現実に利用するのはおすすめできません。

常陽ベストカードの融資形態は当座貸越なので、少額の金額を短期間で借り入れるのに適しています。

よって常陽ベストカードは、返済期間が長く借入金額が大きいおまとめローンの利用には不向きです。

利用対象者
  • 申込時年齢が満20歳以上60歳未満の人
  • 勤務地か居住地が常陽銀行の営業地盤内であること
  • 常陽信用保証株式会社の保証が受けられる人
  • 過去に不渡や事故などがないこと
資金使途自由(事業資金は除く)
限度額10~500万円以内
契約期間1年ごとに更新
借入利率5.975~11.5%
担保・保証人不要

ちなみに、常陽ベストカードは審査時に利用限度額が設定されて、その枠内で自由に借入ができます。

資金が必要な時にATMで簡単に手続きができるので、利便性が高いカードローンです。

常陽銀行で個人ローンを乗り換えするなら

資金使途が自由なキャッシュピットや常陽ベストカードはおまとめローンに適していませんが、目的明確であれば常陽銀行の個人ローンを利用して乗り換えができます。

今回は、マイカーローンと住宅ローンについて見ていきましょう。

マイカーローン

既存の借入が車やオートバイの購入資金などであれば、常陽銀行のマイカーローンを利用しておまとめができます。

下取り車のローン残高も対象に含まれるので、該当するローンをまとめたいと考える人にぴったりのローンです。

常陽銀行のマイカーローンの詳細を簡単にまとめたので、確認しておきましょう。

利用対象者
  • 申込時年齢が満20歳以上70歳未満の人
  • 安定した収入がある人
  • 常陽信用保証株式会社または株式会社セディナの保証が受けられる人
  • 勤務地か居住地が常陽銀行の営業地盤内であること
資金使途車やオートバイの購入資金など
他行自動車ローンや買替時の下取り車のローン残高を含む借り換え
限度額10~1,000万円以内
契約期間6か月~10年以内(6か月単位)
借入利率4.975%
担保・保証人不要

なお、WEB申込み(FAX・郵送含む)の場合は、条件に応じて1.75%までの金利優遇が可能です。(2019年5月現在)

住宅ローン

住宅にかかわるローンであれば、常陽銀行の住宅ローンを利用した借り換えができます。

住宅の場合は、最終返済時の年齢に条件設定がされているのでよく確認して申込しましょう。

そのほか、住宅ローンであるため担保として原則建物・土地に第1順位の抵当権を設定するなど他のローンと違う点があるので、詳細をよく見ておきましょう。

利用対象者
  • 勤務地か居住地が常陽銀行の営業地盤内であること
  • 満20歳以上66歳未満で最終返済時が満80歳未満の人
  • 返済に見合う年収がある人
  • 団体信用生命保険に加入できる人
  • 原則常陽信用保証株式会社の保証が受けられる人
資金使途住宅新築、住宅用土地、または土地付住宅の購入、マンション購入、借り換え
限度額5,000万円以内
契約期間35年から借り換え対象の返済経過期間を差し引いた期間
借入利率2.475~3.150%
担保・保証人原則建物・土地に第1順位の抵当権を設定

なお、勤務先・担保物件・資産状況によって金利引き下げが可能で、最大0.575%での利用ができます。(2019年5月現在)

茨城ローン対決:常陽銀行vs筑波銀行

常陽銀行と筑波銀行の2行は茨城県で特に力を持つ銀行です。

そこで、それぞれのフリーローンの基本スペックを比較した表を作成したのでぜひ参考にしてください。

 常陽銀行筑波銀行
商品名常陽フリーローン<つくば>フリーローン
資金使途自由(事業性資金は除く)自由(事業性資金は除く)
融資金額1万以上500万円以内10万以上1,000万円以内
利率変動金利4.975~11.95%固定金利4.5~14.6%
融資期間6か月以上10年以内6か月以上10年以内
返済方法元利均等返済元利均等分割払い
担保・保証人不要(保証会社の保証)不要(保証会社の保証)

筑波銀行の方が融資金額は大きいですが、金利的なメリットを考えると常陽銀行が上回っています。

どちらもおまとめローンとしての利用ができますが、より総支払額を抑えられるのは常陽銀行のフリーローンです。

複数借入の総額が500万円以下なら、常陽フリーローンが使いやすくておすすめです。

おまとめローンの賢い選び方

おまとめローンを賢く利用するための選び方を紹介します。

  • 複数の借入をおまとめする目的
  • ローンの種類で選ぶ
  • 金融機関で選ぶ

以上の3つについて詳しく見ていきます。

複数の借入をおまとめする目的

複数の会社から借りたお金を、ひとつの借金にまとめるのがおまとめローンです。

おまとめローンを利用すると金利や返済期間が変わり、既存借入の金利より低いと支払金額を押さえられて総返済総額も小さくできます。

利息は「利息制限法」で、100万円を超える融資の金利は15.0%以内と定められています。

そのため、ひとつひとつの借入金額が小さく、金利の高い消費者金融からの借り入れを一本化できれば、金利を低くできる可能性があります。

また、返済期間を長く設定すると月々の返済額を抑えられるのがおまとめローンの特徴です。

ただし、返済期間が長くなると利息の発生期間が長くなるため、場合によってはおまとめローンの方が利息の総支払額が多くなる可能性があるので注意しましょう。

ローンの種類で選ぶ

おまとめローンでは、借り換えする目的で契約する商品を選んだ方がよいでしょう。

おまとめローンはフリーローンを利用することが多く、金利が高くなりやすいのですが、常陽銀行はその中でも特に金利が低いのでメリットが大きいのが特徴です。

一般的に金利が高いフリーローンですが、取り扱う銀行が多いので審査さえ通れば好きなところで契約ができます。

他に、目的別ローンを利用しておまとめする方法もあります。

先に説明しましたが、マイカーローンや住宅ローンをうまく使えば、フリーローンよりも低金利でおまとめができます。

例えば、車のクレジット2件はマイカーローンにて、既存住宅ローンとリフォームローンなら住宅ローンでおまとめするとよいでしょう。

金融機関で選ぶ

金融機関に含まれるのは銀行だけでなく、消費者金融なども含まれます。

銀行のおまとめローンは審査が厳しいですが低い金利で借り入れができるのが特徴です。

一方、消費者金融の場合は金利が高くなりやすいですが、独自の基準で審査をするため借入契約を結びやすいという違いがあります。

おまとめローンと総量規制

貸金業者を規制するために導入された総量規制ですが、おまとめローンとの関係について紹介します。

先に総量規制について分かりやすく解説した後、常陽銀行のフリーローンは対象になるか否かを見ていきましょう。

総量規制とは

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者に対しての規制で、借金から消費者を守るために年収の3分の1以上の貸し付けを原則禁止するものです。

2010年6月18日に施行され、多重債務者の増加を防止するために導入されました。

おまとめローンは総量規制の対象外

すべてのローンが総量規制によって制限されるわけではなく、ローンの種類などによっていくつか対象外のものがあります。

おまとめローンは利用者が一方的に有利になる借り換えなので、総量規制の例外として扱われます。

常陽銀行フリーローンも総量規制の対象外

もちろん、常陽銀行フリーローンも総量規制の対象外で、理論上は年収の3分の1以上を超える借入ができます。

しかし、実際はリスク回避の観点から基準を超える貸し付けを自粛する銀行がほとんどです。

総量規制の対象外だから多く借り入れできるわけではなく、当然ながら返済能力に応じた借入でないと審査に通るのが難しいでしょう。

Q&A:常陽銀行おまとめローンの質問と答え

最後に、常陽銀行おまとめローンによくある質問と答えを紹介します。

今回は、次の7つを紹介するので、常陽銀行のフリーローンの利用を検討する人はチェックしておきましょう。

車ローンやクレジットカードショッピングのリボ払いもおまとめできる?
常陽銀行のフリーローンの資金使途は自由なので、車ローンやクレジットカードショッピングのリボ払いなどもおまとめできます。利用するときは、利率や期間などを比較してメリットがある方を選択しましょう。
ベストカードのキャッシング分を利率の低いフリーローンに乗り換えはできる?
常陽銀行内での借り換えはできません。ベストカードのキャッシング分を別のローンで借り換えたい場合は、他社商品を利用しましょう。
他の借金の遅延や異動歴の審査への影響は?
他の借金の遅延や異動歴は審査によくない影響を与えます。決められた返済日は必ず守りましょう。
申込書に嘘を書いたらバレる?
申込書に虚偽の内容を記入すると、審査の過程でバレます。嘘をついて申告するのはとても悪質な行為なので、審査結果に大きな影響を与えます。申込書にはすべて正確な情報を記入するようにしましょう。
フリーローンの明細書は家に送られてくる?
WEB通知状サービスのアクセスジェイを利用すると、フリーローンの明細書は家に送られてきません。ネットから簡単に明細書を確認できるので利便性が高いサービスです。窓口やネットから申し込みができ、利用手数料はかからないので利用をおすすめします。
常陽フリ―ローンは振込用紙を使って窓口で返済できる?
振込用紙を使わなくても口座から引き落としがされるので、わざわざ窓口で返済する必要はありません。振込処理を利用すると利用手数料が発生することもあるので、返済日にお金を口座に忘れずにいれましょう。
通帳記入したらローンの支払いはばれる?
毎月同日に指定口座から一定の返済金額が引き落とされるので、通帳記入するとローンの支払いが分かります。通帳の履歴が返済した証拠にもなりますが、どうしても気になる人は通帳記入をせずにインターネットバンキングだけを利用するなど工夫をしましょう。

まとめ

常陽銀行のフリーローンは、融資限度額が最大500万円で年6.975%という低金利なのでおまとめローンの利用に適した商品です。

常陽銀行で口座開設してポイントクラブを賢く利用できれば、おまとめローンの通常金利から最大0.8%差し引かれます。

給与振込の利用だけでも金利が差し引かれるので、非常にメリットがあるサービスのひとつです。

常陽銀行と取引がある人は、常陽フリーローンの利用を検討してはいかがでしょうか。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談