キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

審査不安な人必見!作りやすいカードローン

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

作りやすいカードローンと一言で言っても様々な意味があります。

  • 安心して申し込める
  • 申込手続きが簡単
  • すぐに借入できる
  • etc・・・

このページでは作りやすいカードローンはどこなのか、そもそもそんなものはあるのかを解説します。

審査に通る人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<

審査で重要なのは申込者の属性と信用力

カードローンの審査を受けるときには、申込者が審査に通るかどうかは、申込者の収入や過去の返済実績などが影響をあたえます。

このような、審査で重要になる要素を属性と信用力と呼ばれています。

どちらもローンに詳しくなければ、詳しい内容を知らない人もいるようです。

そこで、属性と信用力とはどのようなものか、審査になぜ影響をあたえるのか、詳しく確認していきましょう。

属性によって難易度は変わる

カードローン審査で重要とされる属性とは、申込者の職業や年収など審査に影響をあたえる個人情報を指します。

職業や年収以外にも、勤続年数や家族構成、保険の加入状況など属性と呼ばれる情報は様々です。

カードローンを取扱う大手消費者金融や銀行は、属性に当たる情報を全て数値化します。

そして、数値化した属性の合計値が一定以下である場合には、他の要素がよくても審査落ちとなりやすいです。

このような審査方法をスコアリング審査と呼びます。

したがって、カードローンの審査に通るためには、属性の内容を改善してスコアリングの内容を向上させることが重要です。

ちなみに、スコアリングの点数は金融機関ごとに異なるため、同じ属性でも違う金融機関であれば審査に通る可能性はあります。

信用力は信用情報機関に照会

審査で大切な信用力は、現在の借入金額や過去に借金の滞納を行っていないかなどのローンの利用実績を指します。

信用力は属性と違って自分で確認することは難しいですが、個人信用情報機関に情報開示で確認が可能です。

クレジットカードやカードローンの利用情報は、金融機関を通して個人信用情報機関に登録されますが、日本では3つの個人信用情報機関が管理を行っています。

個人信用情報機関主な加盟会社情報開示方法
CICクレジットカード会社スマホ、パソコン、郵送、窓口
JICC消費者金融スマホ、郵送、窓口
KSC銀行郵送のみ

個人信用情報ごとに請求方法が変わりますが、全ての会社で個人信用情報の開示を行うことができます。

CICやJICCであれば、インターネットから個人信用情報の開示を行えるため、公式ホームページを確認してください。

銀行と消費者金融で審査に差がある?

カードローンの申込みをするときに、銀行と消費者金融のどちらに申込みをするか考えますが、審査の難易度に差があるとネットで言われています。

銀行のカードローンは審査が難しいや、消費者金融のカードローンは審査が甘いなど、真偽のほどが気になります。

そこで、銀行と消費者金融で審査に差があるのか確認していきましょう。

銀行も消費者金融も審査基準は変わらない

インターネットで検索をすると、審査に通りやすいカードローンの紹介を行っているサイトを目にしますが、銀行や消費者金融によって審査基準が大きく変わることはありません。

したがって、属性や信用能力が低くても審査に通るような金融機関は、銀行や消費者金融にかかわらず基本的には存在しません。

ただし、大手消費者金融やメガバンク、ネット銀行が導入しているスコアリング審査は、中小消費者金融や地方銀行は導入していないことがあります。

このことから、中小消費者金融や地方銀行は独自の審査となりやすく、他のカードローンと比較して審査に通りやすいこともあるのです。

銀行カードローンの審査は保証会社が行う

消費者金融のカードローンの審査は、消費者金融自身が行っていますが、銀行のカードローンは審査の実施を保証会社に委託していることあります。

複数の銀行カードローンに申込みを行うときには、同じ保証会社の場合結果も同じになることがあるため、ある程度は確認しておくとよいでしょう。

代表的な銀行の保証会社を紹介していきます。

銀行名保証会社名
三菱UFJ銀行アコム株式会社
三井住友銀行SMBCコンシューマーファイナンス
新生銀行新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行オリエントコーポレーション
オリックス銀行オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社
楽天銀行楽天KC

保証会社の多くは、アコムやプロミスといった消費者金融が行っているため、重複している会社も幾つか見られます。

また、オリックス銀行は特別に保証会社が2社あるため、片方で審査に落ちたとしてももう1社で通れば、カードローンの利用が可能です。

審査にかかる時間には差がある

銀行と消費者金融のカードローンの違いを比べるときに、審査にかかる時間を比較されやすいです。

消費者金融のカードローンは、審査にかかる時間が非常に短いことが売りで、アコムやアイフルなどの大手消費者金融は、最短30分で審査を完了してもらえます。

対して、銀行カードローンは審査に必要な時間が消費者金融よりも長く、最短でも申込みから1~2日必要であるため、消費者金融ほどのスピード感はありません。

一昔前までは、メガバンクを中心に即日で審査完了をしていましたが、2017年に反社会勢力防止目的で、警視庁のデータベースへの照会が必須となったため、審査期間が1日以上必要となりました。

少しでも早く借入を行いたい人は、消費者金融でカードローンの審査を行うことをおすすめします。

カードローン審査通りやすくする5つのコツ

金融機関によってカードローンの審査の通りやすさは、そこまで大きく変わらないため、審査に通りやすいカードローン会社を探すことはおすすめできません。

しかし、カードローンの審査に通りやすくするためのコツは幾つかあります。

そこで、カードローンの審査を通りやすくするコツを5つ紹介していきます。

①安定した収入

カードローンの審査に通るためには、申込者の属性をよくすることが大切ですが、特に安定した収入があると判断されると、属性をよくできます。

安定した収入として判断されるポイントとして、収入よりも職業を重要視されます。

例えば、デイトレーダーや自営業の場合、景気や申込者の健康状態で収入が変動するため、安定した収入があるとは判断されにくいです。

逆に公務員や大企業の会社員の場合、簡単に会社がつぶれる可能性が低いため、安定した収入があると判断されます。

もしも、自営業など安定した収入と判断されにくい職業の場合は、大企業のアルバイトを行うと属性をよくすることができます。

②申込み情報は正確に書くこと

基本的なことですが、審査に通るために申込み情報に間違いがないか確認することが大切です。

記入内容の間違いが年収や職業など、属性や信用能力を左右する内容の場合、わざと虚偽の内容を記入したのではないかと、金融機関から思われてしまいます。

内容によっては金融機関から確認の連絡があり、訂正を求められるだけで済むこともありますが、最悪の場合には、記入ミスが判明した時点で審査落ちとされるケースもあります。

年収や職業、他社からの借入金額、住居の情報などは審査に大きく影響をあたえるため、正確に記入するようにしてください。

③希望借入額は少額に

審査に通過するためには、カードローンの希望借入額を少額にすることも大切です。

せっかくカードローンを利用するのであれば、限度額を高額にしていざという事態に備えたいですが、限度額を高くすればするほど審査に通りにくくなりますので注意をしましょう。

限度額は利用状況や返済状況がよければ、カードローン契約後にも増額することが可能です。

カードローンの審査に通るためにも、最初の希望借入額は少額に設定することが大切です。

④勤続年数

属性を確認するときに勤続年数も重要な項目ですが、基本的にはながければ長いほど審査に通過しやすいです。

逆に新入社員や転職したてで勤続年数が短いときは、他の属性がよくても審査落ちをする可能性が高いです。

申込時点で勤続年数が半年未満の場合には、最低6か月、できれば1年以上は勤続してから申込みをしてください。

⑤在籍確認

カードローンの審査は書類審査や、個人信用情報の確認以外にも在籍確認と呼ばれる審査が行われます。

多くの金融機関では、カードローン申込者の勤務先に電話連絡を行って、申込者が実際に勤務を行っているかの確認をします。

申込者が電話に直接出られないとしても、電話受付者が「(申込者)はただいま不在です」など、勤務が確認できれば問題ありません。

申込日が会社の休日で、会社に電話連絡ができないなどの状態にならないように気をつけてください。

審査落ちの原因となる5つの理由

審査に通るためのコツを紹介してきましたが、逆に審査落ちをしてしまう原因も幾つかあります。

ここでは、審査落ちの原因としてあげられやすい、代表的な5つの理由を解説します。

①収入が安定していないとき

審査に通るコツでも紹介しましたが、安定した収入があるかどうかは審査に通るためのポイントと言えます。

無職はもちろんカードローンの利用が難しいですが、年金受給者の人も審査に通りにくいことがあります。

フリーターやパートでも構わないので、会社や起業に勤める方が審査に通りやすくなるので検討してみてください。

また、新たに勤務を始める場合には、勤続年数を1年以上で申込むことも併せて気をつけてください。

②虚偽の申し込みは絶対にNG

審査に通りやすくするためや借入希望額を高額にするために、実際の年収よりも高額の噓の記入をする人がいますが、金融機関にバレたときに確実に審査落ちをするため行わないでください。

年収や他社からの借入金額は自分で記入した書類以外に、個人信用情報からも確認されます。

したがって、虚偽の申告をしたとしてもバレてしまう可能性が高いです。

審査に通るために虚偽の申告をして、逆に審査落ちをしてしまっては本末転倒であるため、絶対に行わないでください。

③携帯料金や機器代金の支払い滞納をしている場合

カードローンの審査では、過去のクレジットカードやカードローンの利用実績を確認されますが、同時に携帯電話の支払状況も確認されます。

特に携帯電話の機器代金を分割で支払をする場合には、保証会社が支払の間に入っているため、信用情報に返済実績や滞納歴が残ってしまいます。

したがって、携帯料金の滞納を行ってしまった場合には、カードローンやクレジットカードの滞納と同じように、一定期間申込まで期間を空けましょう。

④複数申し込みを行った場合

複数社に同時にカードローンの申込を行うと、お金によほど困っていると金融機関に判断されるため、審査に非常に不利となります。

カードローンは複数社に申込みを行うことや、審査落ち後に再度申込みを行うことを特に規制されていません。

しかし、申込を行った情報は全て、個人信用情報として半年間記録され続けます。

したがって、金融機関は審査時点で申込者が、複数社にカードローンの申込を行っていることが分かります。

会社によっては申込みブラックと判断することもあるため、同時申込みや連続した申込みはやめましょう。

⑤信用情報にキズがついている

カードローンやクレジットカードの滞納をしたり、債務整理や代位弁済を行ったりすることを、信用情報にキズがついた状態と呼ばれます。

内容にもよりますが、信用情報にキズがついた状態では審査に通ることは難しく、キズが消えるまで待つことが必要です。

しかし、信用情報のキズが消えるまで最短でも1年、最長では10年間もかかるため、滞納や債務整理は行わないように気をつけてください。

作りやすいおすすめのカードローンはここ

主にカードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンがありますが、作りやすいカードローンという観点では消費者金融カードローンの方がそれに当てはまります。

消費者金融の中で作りやすいカードローン、銀行カードローンの中で作りやすいカードローンがありますので今からそれを紹介します。

おすすめの消費者金融カードローン

消費者金融のカードローンは審査が早く、申込み方法もネットや無人契約機から行える会社が多いため、気軽に申込みや契約ができます。

ここでは、おすすめの消費者金融のカードローンを幾つか紹介していきます。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

co_cf_promise_logo

金利(年率)対象年齢最高限度額
4.5%~17.8%満20歳~満69歳500万円

プロミスは大手消費者金融として数多くの融資を行っています。

大手ならではの豊富な審査のノウハウを持っていますので正確な審査を行うことができます。

正確と聞くと厳しく審査されるように思えるかも知れませんが、ノウハウのない会社と違い、勤務年数や雇用形態だけで審査を落とされることなく、単純な属性以外の部分もしっかり考慮してくれるということです。

プロミスは無人契約機やWEB完結※サービスも用意していますので、そういった意味でも作りやすいカードローンなのではないでしょうか。

特に、スマホのアプリをダウンロードすることで、申込や契約はもちろんのこと、ATMでの借入もカードなしで行うことが可能です。

スマホで簡単にカードローンを利用したい人にはおすすめです。

※対象金融機関は200行以上

SMBCモビット

320×50

金利(年率)対象年齢最高限度額
3.0%~18.0%満20歳~満69歳800万円

三井住友銀行グループのSMBCモビットも、安定した収入があればアルバイトでも借入可能となっているなど、作りやすいカードローンです。

金利が高いとその分審査難易度が下がる傾向がありますので、年率18.0%の金利からは余り審査が厳しくないと推測できます。

限度額はプロミスよりも高い800万円までの融資を受けることが可能ですので、高額の借入を希望している方にも作りやすいカードローンだと思います。

SMBCモビットにも無人契約機が用意されているので気軽にカードを発行することができます。

おすすめの銀行カードローン

銀行カードローンの魅力は何と言っても金利の低さです。同じ金額を借りたとしても金利が低いため、総返済額が数十万円単位で変わることもあります。

そこで、銀行カードローンの中でも比較的作りやすいと言われている商品を紹介します。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
金利(年率)対象年齢最高限度額
1.8%~14.6%満20歳~満65歳500万円

銀行カードローンでは保証会社による審査が行われるので、保証会社をどこが務めているかが非常に重要になります。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証会社は、消費者金融であるアコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)が務めています。

そのため、アコムに近い基準で審査が行われており、信販系や自社で保証を行っている銀行カードローンよりも作りやすいカードローンです。

また、銀行カードローンとしては非常に珍しく無人契約機でのカード発行が可能ですので、急に必要となった場合でも対応してくれるのが心強いでしょう。

関連記事をチェック!

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」について説明したいと思います。 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」について ※三菱UFJ銀行公...

地方銀行のカードローン

地方銀行のカードローンは、申込者が地方銀行の対応している地域に在住している必要があるなど、制限が幾つかあります。

しかし、地方銀行のカードローンの審査は、大手消費者金融と差別化をするため、審査基準が異なることがあります。

このことから、メガバンクやネット銀行のカードローンの審査に通らなくても、地方銀行のカードローンなら審査に通ったという人もいます。

また、大手の銀行にはないサービスやキャンペーンを行っていることも多く、金利をお得に利用したり、キャンペーンでプレゼントを受取ったりできることも地方銀行のカードローンの魅力です。

ブラックでも作れるかもしれないカードローン

作りやすいカードローンを探している人は、自分がカードローンを作りにくい立場にあると感じているかと思います。

その理由は人によって様々だと思いますが、中には過去の金融歴が原因という人もいます。

そこで、ここからは過去に返済が滞った経験のある人や自己破産や個人再生などの債務整理を行った人、いわゆる「金融ブラック」と言われる人でも作れるかもしれないカードローンを紹介します。

フクホー

header_logo

金利(年率)対象年齢最高限度額
7.3%~20.0%満20歳以上200万円

関連記事をチェック!

フクホー「フリーキャッシング」の借入方法、返済方法~疑問を徹底解決~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はフクホー「フリーキャッシング」について説明したいと思います。 フクホー「フリーキャッシング」について ※フクホー公式WEBサイトより引用 ...

ブラックの人は新たなカードローンは、基本的に契約できないとよく言われています。

実際ブラック状態になってしまうと借り入れをすることは非常に難しいのですが、大阪の消費者金融フクホーは利用者から債務整理を行っていても借入することができたという口コミが投稿されています。

もちろん審査が行われますので、必ずカードローンを作れるわけではありませんが、フクホーならブラックの方でも作れる可能性があります。

もしも、ブラックで申込をするときには、申込み時点でブラックであることを説明しておくと審査をスムーズに行いやすいです。

ブラックに関するQ&A

ブラック状態になったら永遠にそのままなの?

皆さんの過去の金融履歴は個人信用情報として記録されているのですが、これは情報によって一定期間が経過すれば自動的に消滅するようになっています。

そのため、一度ブラック状態となっても永遠にそのままというわけではなく、CICでは延滞情報や債務整理(自己破産や個人再生)の情報は5年が経過すれば消えますので、時間がたてばブラック状態は解消されます。

ブラックでも借りられるカードローンはある?

ブラックでも必ず借りられるカードローンというのは存在しませんが、紹介したフクホーのようにブラック状態でも審査に通ったという口コミが寄せられているカードローンは存在します。

フクホーの他にはスペースやキャネットなどがそうです。

詳しくはこちらをご覧ください。→借り入れしやすい消費者金融

もちろんこれは飽くまでも個人の口コミですが、かなり詳しく話を聞かれたという感想もあり、申込者の状況をくみ取った審査を行ってくれるようです。

全く借り入れしたことがないのに審査に通らないのはなぜ?

借り入れなんか一度もしたことないからブラックになっているはずないのに審査に通らないという方がたまにいらっしゃいます。

一般的に言われるブラックの他にも、30歳を超えているにも関わらず一切金融履歴がない方もスーパーホワイトと呼ばれ、自己破産の経験者なのではないかと疑われ、審査に通らないことがあるのです。

他には意外と知られていませんが携帯電話の分割購入代金などの支払いも信用情報に記録されますので、返済が滞っていると審査への影響があります。

申込ブラックって何?

カードローンやクレジットカードは申込をしただけで信用情報に記録が残ります。

そのため、短期間で余りに多くの申込を行うと、それだけお金に困っている人であると考えられて審査に通りにくくなります。

これを一般的に申込ブラックと呼び、カードローンの申込では金融機関から警戒されてしまうのです。

これらの申し込み情報は信用情報に6か月間記録されるので、もし既にこの情報になっていると思う人は6か月間待ってから新規の申込を行いましょう。

ブラックかどうか不安ですが、どうやって確かめたらいい?

ブラック状態になっていないか心配な人は、自分の信用情報を開示してみましょう。

信用情報は金融機関が調べる以外にも個人で確認することが可能です。

自分の信用情報を見て、不安に思っている点に問題がないかをチェックしてから申込を行うとよいでしょう。

信用情報の開示方法はこちらのページをご覧ください。→【馬三郎が】信用情報開示の手段を調べてみました

まとめ

今回は作りやすいカードローンを紹介しました。

カードローンを利用したことがない人は、申込むだけでも不安な気持ちになると思いますので、このページを読んで、疑問や不安を解決してからカードローンを利用してもらいたいと思います。

審査に落ちたときは、審査に通るためのコツや審査落ちの特徴を参考にしてみてください。

関連記事をチェック!

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になるでしょう。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローン...


関連記事をチェック!

借入審査に落ちた時に考えられる理由全て

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられ...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    1

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談