絶対ためになる大手消費者金融おすすめ比較ランキング決定版!

お金を借りるなら大手消費者金融と決めていても、結局どこが一番いいのかわからないと思っている人も多いのではないでしょうか。

大手消費者金融を比較検討する上でどこがおすすめなのか、おすすめポイントは何なのか筆者独自の調査でランキングでまとめてみました。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

大手消費者金融で比較する必要がない項目

大手消費者金融に借入申込みする際で比較する必要のない項目がいくつかあります。

それは大手消費者金融ではスタンダード的になっている項目や、多少差があっても一般サラリーマンやパート主婦、アルバイト学生などが借りる場合はあまり関係がないからです。

そんなことわかっているよ、という人は読み飛ばしても構いませんので次項からご覧ください。

一応念のために確認しておきたい、という人は順を追ってご説明しますのでご覧になってください。

・借入申込み条件
・借入申込み方法
・借入金利
・借入申込みから借入できるまでの時間
・無人契約機の有無
・最大融資金額

以上6項目は大手消費者金融で比較する必要のない項目です。

どこに申し込めば早く借りることができるのか、金利は安い所はどこなのか、申込みから借入まで時間はどのくらいかかるのかなど、大手消費者金融の基本とも言える部分は比べても差がありません。

それぞれ項目ごとに簡単にご説明します。

借入申込み条件

大手消費者金融の借入申込み条件はそれぞれの公式サイトに書いてある通り、以下の条件をすべて満たさなければなりません。

・年齢満20歳以上69歳以下
・安定した収入がある人で返済能力がある人
・雇用形態に関係なくパート収入やアルバイト収入OK
・自営業者も申込み可能

自営業者以外、以上3つの条件を満たさなければ、いくら大手消費者金融に申し込んだところで申込み条件を満たしていませんので審査に通ることはありません。

大手消費者金融は雇用形態に関係なく、継続的に安定した収入があることが大前提です。正社員でなければ借りれないことはありません。

契約社員や派遣社員でも申込み条件を満たしますし、パート社員やアルバイト社員だとしても安定した収入を継続的に得ているなら全く問題がありません。

よって収入のない専業主婦は申し込んでも即審査落ちの対象となります。専業主婦でも借りることができる配偶者貸付は大手消費者金融では扱っていません。

年金生活者でもパートやアルバイトなど仕事をしていることが条件です。

年金受給額だけで生活をしている人も申込み条件を満たしていませんので大手消費者金融では借りることができません。

申込み方法

大手消費者金融借入申込み方法は消費者金融店頭窓口まで出かける必要がありません。

パソコンやスマホ、携帯から申し込むことができますので、自宅にいても外出先でもインターネットに接続できる環境にあればどこからでも申込み可能です。

借入金利

大手消費者金融からお金を借りるならできるだけ金利の安いところが良いと思うのは当然ですよね。

しかし借入金利はほとんど横並びです。もう少し詳しくご説明すれば大手消費者金融の借入金利は次の通りです。

①プロミス:年17.8%
②アコム:年18.0%
②アイフル:年18.0%
②SMBCモビット:年18.0%
②ノーローン:年18.0%

以上のようにプロミスを除いて他の大手消費者金融の借入金利は軒並み年18.0%です。プロミスの金利は安いじゃないか、と思ったところでわずか0.2ポイントの差です。

0.2ポイントの金利の差が利息とどのような関係があるのか計算してみました。なお1カ月は30日として計算してありますのでご了承ください。

◆10万円を借りた場合
・年17.8%:利息1,463円
・年18.0%:利息1,479円(差額16円)

◆30万円を借りた場合
・年17.8%:利息4,389円
・年18.0%:利息4,438円(差額49円)

◆50万円を借りた場合
・年17.8%:利息7,315円
・年18.0%:利息7,397円(差額82円)

借りる金額が大きくなるほど金利の差は利息の差となって顕著に現れてきますが、大手消費者金融の平均貸付金が約50万円であることを考えると、利息面では比較するほどの差が出ないのです。

関連記事をチェック!

消費者金融一覧 金利を安く借りるには?

消費者金融は金利が高い、というイメージがあったりしませんか? 昔はグレーゾーン金利と呼ばれる、法律でぎりぎり罰せられないというくらいの高い金利をとっている所も多く、とても金利が高いこともありまし...

関連記事をチェック!

消費者金融の標準金利であるアコムの金利と返済額

消費者金融の標準金利は上限で年18.0%、アコムの金利も上限金利は年18.0%と同じです。しかし金利がいくら、と説明してあっても具体的に利息がいくらになるのかすぐにはわかりませんよね。 それにア...

申し込んでから借入できるまでの時間

大手消費者金融の公式サイトから申込み、WEBフォームに必要事項を記入し審査開始から審査に通って借りれるまでの時間は、どこの大手消費者金融も最短で60分です。

審査システムがコンピューターによる自動審査を導入しているため、各社とも審査時間にそれほど変わりはないのです。

SMBCモビットは10秒簡易審査と超スピードですが、その後の在籍確認や契約手続き時間を含めると結局最短でも60分程度かかってしまいます。

審査の内容によって借入までの時間は違ってきますが、早く借りたい、今すぐ借りたいと思ったところで1時間はかかってしまうと認識しておきましょう。

無人契約機の有無

大手消費者金融はどこも無人契約機を所有しており、各地方都市にでも最低1台くらいは設置してあります。

したがって無人契約機があるかどうか、で比較しても意味がありません。

設置台数の多さから考えると、アコム、プロミス、アイフルが断トツで多いです。設置台数から見ればやや有利かなという感じです。

SMBCモビットは自社の無人契約機と三井住友銀行カードローンの無人契約機の両方を利用することができ、ノーローンはレイクの無人契約機を利用できるため、申込み手続きを無人契約機で行おうと思っても不便さは感じないでしょう。

関連記事をチェック!

無人契約機の借入れなら最短で60分

急にお金が必要になっても無人契約機なら最短で60分でお金を借入れすることが可能です。もちろん土日祝日もOKです。 無人契約機はその名の通りATMをちょっと大きくしたくらいの装置を通してカードロー...

最大融資金額

大手消費者金融から借りる場合に最大融資金額を比較しても全く意味がありません。

なぜなら消費者金融の貸付は総量規制対象貸付であって、年収の1/3以上は法律によって借りることができないからです。

①アコム:800万円
①SMBCモビット:800万円
③プロミス:500万円
③アイフル:800万円
⑤ノーローン:300万円

例えば最大融資金額が一番少ないノーローンで300万円を借りようと思ったら、少なくとも年収は900万円以上なければなりません。

他社借入がある場合やクレジットカードでキャッシングしている場合は、総量規制枠が減ってしまうためもっと年収が必要となります。

平均的なサラリーマンの年収が400万円から450万円であること、パート主婦やアルバイト学生などでも借りれることなど考えても、大手消費者金融の最高貸付金額を借りることは不可能ですよね。

関連記事をチェック!

貸金業法とは~過剰貸付の禁止・総量規制・年収3分の1以上の借入~

政府は、消費者金融などのノンバンク業者からの過剰な借入れを防止するために、貸金業者の業務を規制した貸金業法の全面改正を平成18年12月に国会にて前回一致で可決成立させ、平成22年6月18日に改正貸金業...

関連記事をチェック!

パートでも借りれるカードローンと借り方のコツ

パートだからといってそれだけで断るカードローン会社はありませんが、審査が通るにはいくつかの条件があります。 パートタイマーがローンを借りられる条件とスムーズに審査を通すコツを教えます。 パート...

審査結果判明までの時間を比較する

大手消費者金融で違いが出てくるのは審査結果がわかるまでの時間です。借入を申し込んだら審査に通るのか通らないのか早く知りたいですよね。

それではランキング形式でご紹介しましょう。

①SMBCモビット:10秒簡易審査
②ノーローン:最短20分
③アコム:最短30分
③プロミス:最短30分
③アイフル:最短30分

SMBCモビットの10秒簡易審査が利用でき、他の大手消費者金融と比べ物にならないくらい超スピードですが、それにはウラがあります。

ノーローン以下の大手消費者金融は在籍確認を含めての時間で、SMBCモビットは信用情報機関だけの仮審査だからです。

しかし仮審査に通らなければ在籍確認が行われることはありませんので、間違いなくきちんと仕事しているという人にとっては、SMBCモビットの審査時間は非常に魅力に感じることでしょう。

とりあえず信用情報上問題がないかどうか、仮審査だけでも借りれる可能性があるか知りたいという場合はSMBCモビットは強力ですね。

関連記事をチェック!

カードローン借入時の仮審査と本審査の違い

ローンの審査には仮審査と本審査という2つの審査が存在します。 本審査と仮審査はどのように異なり、また、仮審査にはどのような特徴があるのでしょうか? 執筆者の情報 名前:手塚 ...

審査可能時間で比較する

大手消費者金融はそれぞれ受付時間を設けており、当日のうちにお金を借りたいという場合にいつまでに申し込めば良いのか気になりますね。

ランキング形式でご紹介しましょう。

①アコム:9時から20時まで(土日祝日OK)
①プロミス:9時から20時まで(土日祝日OK)
①アイフル:9時から20時まで(土日祝日OK)
①SMBCモビット:9時から20時まで(土日祝日OK)
⑤ノーローン:9時から20時まで(年末年始はNG)

申込み方法は既にご説明のように、パソコンやスマホなどから24時間365日申し込むことができます。

しかし申し込んだその日のうちに即日借入したいという場合は受付時間までに申し込まなければなりません。

大手消費者金融各社とも時間的には変わりはありませんが、ノーローンがわずかに年末年始は受付できない、つまり審査できないためランキング的には若干低くなってしまいます。

なお審査回答時間はノーローンが20時30分までとなっているのに対して、他の大手消費者金融は21時までなら審査結果を連絡してもらえます。

ただし審査内容や当日の申込み状況によっては翌日に回される可能性もありますので、即日借入が希望であれば受付時間ギリギリに申し込むのではなく、時間に余裕を持つようにしたいですね。

関連記事をチェック!

消費者金融の営業時間!即日融資可能な時間帯一覧

どうしてもその日のうちに融資を受けなくてはいけないとき、最短最速の方法として思いつくのが銀行や大手消費者金融のカードローンです。 ですが、大手消費者金融で申し込みをすれば、いつでも即日融資が可能...

無利息サービス期間で比較する

大手消費者金融の魅力は無利息サービスと言っても過言ではありません。

初回会員限定の一回だけのサービスですが、お金を借りて30日以内に返済する予定がある、長くても2カ月以内に返済する予定があるというのであれば、銀行カードローンよりも安い金利で借りることができるのです。

ちなみに30日で返済すれば金利は0%、2カ月で返済すれば金利は13.5%となるため、銀行カードローンで借りるより安い場合が多いのです。

しかし無利息サービスはいつが起算日になるのか大手消費者金融によって違うのです。

無駄なく無利息サービスをまるまる受けるためにはどこに申し込んだら良いのか考えどころですよ。

①アコム:30日間無利息
①プロミス:30日間無利息
①アイフル:30日間無利息
④ノーローン:7日間無利息
⑤SMBCモビット:無利息サービスなし

大手3社と言われているアコム、プロミス、アイフルは30日間無利息ですが、ノーローンは無利息期間が7日しかありません。

またSMBCモビットは無利息サービスがありませんので、計画的に30日以内や2カ月以内に返済する予定のある人は損をしてしまいますね。

ノーローンの7日間無利息サービスはちょっと短いのではないか、と考える人も多いかもしれません。ノーローンの無利息期間が短いにはそれなりの理由があります。後でご紹介しましょう。

無利息となる起算日はいつ?

実は無利息期間となる起算日が大手消費者金融によって違いがあるのです。借主にとって有利になるように、これもランキング形式でご紹介します。

①プロミス:初回借入日の翌日から30日間
①ノーローン:初回借入日の翌日から7日間
③アコム:会員となった翌日から30日間
③アイフル:会員となった翌日から30日間

起算日が大きく分かれましたね。初回借入日の翌日からなのか会員となった翌日からなのか。

会員となった翌日から30日間となると、審査に通って遅くとも翌日にお金を借りなければ30日間まるまる利息とはならないのです。

とりあえず会員になっておけば良い、そんなに急いで借りる必要がないなど、借りるまでに10日や20日かかってしまうと無利息期間はその分だけ減ってしまいます。

それに対してプロミスとノーローンは、会員になっても借入するまでカウントされませんので、無利息サービス期間を無駄なく利用することができるのです。

急にお金が必要になったときに苦労しないように、とりあえず申し込んでおくことができるのですね。

そして初めて借入を行ってから30日間、7日間無利息とすることができますので絶対的にお得です。

無利息サービスは1回だけとは限らない

前項で無利息サービスは初回会員限定の1回だけのサービスとご紹介しておきながら、無利息サービスは1回だけとは限らないとは不思議な話だ、と思った人もいるでしょう。

利用の方法や大手消費者金融のポイント導入によって、何度でも無利息期間を設定することができる大手消費者金融があるのです。

①ノーローン:一括返済すれば何度でも無利息
②プロミス:ポイント無利息期間と交換して何度でも無利息
③アコム:1回だけのサービス
④アイフル:1回だけのサービス

ノーローンは当月のうちにお金を借りて当月中に返済すれば、たとえ翌月にお金を借りたとしても7日間無利息サービスを受けることができるのです。

例えば給料日25日だとしましょう。給料前の20日になるとどうしても3万円足りなくなるという場合は、親や友人にお金を貸してくれと頼むのもイヤですよね。

しかしノーローンを利用すれば、給料が入ったらすぐに返済することでもちろん利息はかかりません。しかし一括返済してしまうと翌月も3万円足りなくなってしまう可能性が高いですね。

そのような場合でもノーローンから借入して給料が入ってすぐに返済すれば同じように利息がかからないのです。

上手に利用することによってほとんど永遠に無利息でお金を借りることができるのですから、これ以上便利なことはありませんね。

またプロミスはメール登録を行いプロミスからの返済日お知らせや、キャンペーンのお知らせ、会員サイトにログインする、収入証明書を提出するなどによってポイントをもらえるのです。

貯まったポイントは無利息期間と交換することや、コンビニATM手数料と交換することもできるのです。

上手にポイントを貯めることができれば、およそ6カ月程度で1週間の無利息期間と交換することが可能です。

関連記事をチェック!

プロミスの30日間無利息とは?

ご存知の方が多いと思いますが、お金を借入すると利息がかかりますよね?しかし、金融会社によっては、無利息期間を設けている会社もあります。 今回は、プロミスの無利息期間について紹介します。 無利息...

関連記事をチェック!

無利息キャッシングに違いがあることご存知ですか?

無利息キャッシングを導入しているのは消費者金融業者や銀行などのカードローンです。一定期間利息がかからずお得です。 しかし無利息サービスの内容には業者によって多少異なる部分があります。それを知らな...

手数料無料のインターネット返済で比較する

大手消費者金融で利用する人は提携銀行やコンビニATMで返済する人が多いのではないでしょうか。

大手消費者金融が指定する提携銀行、及び大手消費者金融自社のATMを利用することで手数料を無料とすることができます。

しかし仕事が忙しくATMまで行くことができないことや、ついうっかりしてATM返済するのを忘れていた、という場合困ってしまいますよね。

返済期日に遅れると延滞金が加算され、しかも大手消費者金融からの信用も失ってしまいます。

返済していないことに気がつく時間が真夜中だった、となるとわざわざコンビニまで出かけるのは面倒だとなってしまうことでしょう。

そんなときに便利なのがインターネットバンキングを利用したインターネット返済です。

インターネットによる返済は手数料が無料で24時間365日いつでも返済手続きができるのです。返済期日に遅れたと気がついても24時を回っていなければまだ間に合います。

そこでインターネット返済できるかどうかランキング形式でご紹介します。

①プロミス:手数料無料
①アコム:手数料無料
③ノーローン:手数料自己負担
④アイフル:対応なし
④SMBCモビット:対応なし

やはり手数料無料とするプロミスとアコムがランキング的には上位表示ですね。なぜなら手数料が無料だからです。それに土日に関係なく24時間365日返済できるというのも評価が高いですね。

ノーローンはインターネット返済できるとしても、あくまでもインターネットバンキングによって会員が手数料を負担して返済する方法となりますので、銀行休業日は返済することができません。

アイフルとSMBCモビットはインターネットバンキングでも返済することができませんので評価が低いです。

手数料が無料になる提携ATMで比較する

コンビニATM手数料はどこの大手消費者金融でもかかってしまいますが、毎月のように手数料を支払っていたのでは年間トータルすると数千円にもなってしまいますね。

そこで手数料無料となる提携ATMの数で比較してランキング表示してみたいと思います。

①プロミス:三井住友銀行ATMとプロミスATM
②アコム:アコムATM
②SMBC モビット:三井住友銀行ATM
②ノーローン:レイクATM
②アイフル:アイフルATM

SMBCモビットは自社ATMがありません。手数料無料でATMから返済するには三井住友銀行ATMを利用しなくてはなりません。

評価が高いのはプロミスですね。自社ATMと三井住友銀行ATMの両方が使えるため、どちらで借入や返済をしても手数料が無料です。

振込キャッシングの便利さで比較する

振込キャッシングはお金を借りるのにATMを利用することなく、自分の銀行口座に振り込ませてお金を借りる方法です。

自分の銀行口座からキャッシュカードを使って現金を引き出せば借入完了です。

万が一知っている人に操作しているところを見られたとしても、銀行キャッシュカードを使っていることからお金を借りていると思われる心配がありません。

しかし振込キャッシングは締め切り時間があり、締め切り時間が過ぎてしまうと翌日振込、翌銀行営業日振込となってしまうため、今日中にお金を借りることができない場合も出てきます。

しかし大手消費者金融によっては初めての借入でも便利になるように時間設定しているところ、指定した銀行口座を持っていればお得になるサービスを提供しているところがあります。

振込キャッシングの利便性でランキングしてみましょう。

①アコム
・平日14時までに申込み完了させれば15時までに振込
・三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行に口座があれば平日18時までの申込完了で19時までに振込
・楽天銀行に口座があれば平日20時までの申込み完了で21時までに振込

②プロミス
・平日14時までに申込み完了させれば15時までに振込
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行に口座があれば平日20時までの申込み完了で21時までに振込

③ノーローン
・平日12時30分までの申込み完了で当日中に振込
・楽天銀行に口座があれば平日17時までの申込み完了で当日中に振込

④SMBCモビット
・平日14時までに申込み完了させれば15時までに振込

④アイフル
・平日14時までに申込み完了させれば15時までに振込

ノーローンを除いて、平日14時までに申込みを完了させれば当日中に自分の銀行口座にお金を振り込ませることが可能です。

しかし時間を過ぎた場合振込キャッシングでお金を借りることができません。

評価が高いのはアコムですね。

ゆうちょ銀行の口座を持っている人は多いのではないでしょうか。

振込先をゆうちょ銀行とすれば、平日18時の申込み完了によって19時までに振り込んでくれるのは助かりますね。

それに楽天銀行に口座があれば平日20時までに時間が延長されますので、さらに便利よく借りることができるでしょう。

関連記事をチェック!

消費者金融のATMは手数料無料でとってもお得!

消費者金融でお金を借りる場合皆さんはどこのATMを利用していますか。近くて早くて便利なコンビニATMからお金を借りている人も多いことでしょうね。 しかしコンビニATMはお金を借りるごと、お金を返...

家族バレしない申込み方法で比較

大手消費者金融から借りていることを内緒にしたい、家族バレは絶対したくないという場合は業者の選定が大切です。

ランキング形式でご紹介します。

①SMBCモビット
・WEB完結申込で本人確認、職場への電話一切なしで借入可能で郵送物がない
・条件として三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行に口座があること
・勤務している会社が社会保険または組合保険に加入していること

②プロミス
・WEB完結申込でカードレスで借入可能、自宅への郵送物がない
・本人確認の電話、在籍確認の電話はある

③アコム
・WEB完結での申込み不可

④アイフル
・WEB完結での申込み不可

④ノーローン
・WEB完結での申込み不可

家族バレしてしまうのは自宅宛に契約書やカードが郵送されてくるタイミングですね。絶対に家族バレしない会社バレしないのはSMBCモビットしかありません。

プロミスのWEB完結も自宅への郵送物がないカードレスでの借入が可能です。

なおアコムやアイフル、ノーローンで自宅へ郵送物がないようにするためには無人契約機から契約書を取り出すことや、カードを発行させることによって実現可能です。

関連記事をチェック!

家族にバレないキャッシング【バレるパターンを学習しよう】

カードローンでのキャッシングを決意したら、即刻動きたいですよね。でも、同居している家族に知られたくない場合、どうすれば良いのでしょうか。 カードローン自体はやむをえなくても、余計な心配をかけたく...

おすすめなのはプロミス

総合的な判断で大手消費者金融の中でおすすめなのはプロミスです。

金利もわずかながらに安いですし、獲得ポイントをコンビニATM手数料と交換することや無利息期間と交換することが可能です。

カードレスでの申込みができること、三井住友銀行またはジャパンネット銀行にあれば初めての借入申込みでも、平日20時までの申込み完了で当日中に借入できるのはかなり評価が高いですね。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】プロミスに申し込んでみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回、私はとある事情でお金が必要となりカードローンを利用することにしました。 そこで、特徴的なテレビCMでおなじみの消費者金融プロミスに申し込んでみましたの...

関連記事をチェック!

【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるとい...

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談