100万円を借り換えローンで借りる方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

100万円を借り換える方法

今やカードローンを持っている人も多い時代でありますが、そのカードローンにおいて100万円を借りているという人も多いはずです。

私も一時期は3社合計で100万円のカードローンを持っていましたし、クレジットカードのキャッシング枠を含めるとそれ以上の金額を借りられる状態がありました。

また、人によっては1社のカードローンで100万円となっているということもあり、意外と多くの人が100万円の借金をカードローンでしています。

特に以前の私のように複数の会社にカードローンを持っていて、その合計が100万円であるという場合には借り換えローンを借りることによって金利負担の軽減につながりますし、有利に返済していくことが可能となります。

ですが、一口に借り換えローンといっても多くのところで借りることができますのでどこで借りるといいのかということがわからないという人もいます。

借り換えローンには主に「消費者金融のおまとめローン」「銀行のカードローン」「銀行のフリーローン」の3種類があり、それぞれ異なる商品性から選んで借り換えることができます。

関連記事をチェック!

422view

借金の借り換え審査に通過するための基本情報はコレ

はっきり言って借金の借り換え審査は厳しいです。 カードローン審査よりも深く厳しく調査されるために、審査時間が長くなり、必然的に、融資実行までにも長い時間がかかってしまいます。 審査時間が長くなる主...

借金100万円は年収300万円以上の人

カードローンの借金が100万円あるという人は、年収が300万円以上の人であるといえます。

というのも、消費者金融などの貸金業者から借入することができる金額は貸金業法の総量規制で上限が決められており、年収の1/3までが借りることができる上限となります。

また、総量規制の対象とはならない銀行からの借入も自主規制によって年収の1/3までが上限となっていることもありますので、銀行からの借入もおよその目安は総量規制と同じ年収の1/3となります。

ですので、カードローンで100万円の借金をすることができる人というのは年収が300万円以上の人であり、年収が300万円未満の人は総量規制などの関係で最近では借りることができなくなっています。

関連記事をチェック!

5714view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

借り換えする時の注意点

借り換えローンは多くのメリットがあり、借りることができれば同じ金額の借入額であっても有利に返済していくことができます。

しかし、借り換えローンを契約する際の借入内容や条件によっては多くあるメリットの一部をなくしてしまう可能性もあります。

その代表的なものが毎月の返済額を軽くし過ぎたことによって完済までの総返済額が借り換え前よりも多くなってしまうということです。

借り換えを消費者金融のおまとめローンや銀行のフリーローンで行う場合には「返済期間」というものを契約時に定め、それに応じた返済額で毎月返済していくことになります。

当然のことながら返済期間を長くすればそれだけ分割して返済していくことができますので毎月の返済額は少なくなります。

ですが、金利は借入している期間中はずっと支払っていかなくてはなりませんので、低くなった金利でも支払う期間が長くなるとその分は多くなってしまいます。

あくまでも借入金額と金利、返済期間のバランスによって変わりますのですべてがそうなるとはいえませんが、借り換えすることによって前よりも多く返済しなくてはならないこともありますので注意が必要です。

関連記事をチェック!

268view

カードローンの借り換えをする前に相談するべきところ

借金の返済って本当につらいですよね。とくに複数から借りている場合は借金の一本化や借り換えがいいのではないかと思ってしまいます。 しかし自己判断は必ずしも正解とは言えない部分があります。間違った借り換...

借り換えローンのメリット

借り換えローンを借りる際の注意点についてを先に紹介しましたが、借り換えローンにはどのようなメリットがあるのかということについても紹介していきます。

借り換えローンのメリットは、

  • 金利が低くなる
  • 毎月の返済額が少なくなる
  • 完済までの総返済額が少なくなる
  • 返済期間が短くなる
  • 毎月の返済額が統一される
  • 管理がしやすくなる

ということが挙げられます。

これほど多くのメリットがあるローンはそう多くはありませんので、これらのメリットは十分に活かしたうえで借りることが望ましいといえます。

上限金利は法律で決められている

借り換えローンのメリットである「金利が低くなる」ということにも関係しますが、ローンの金利は「利息制限法」によって上限金利が決められています。

利息制限法で決められている上限金利は、

  • 元本10万円未満・・・20%
  • 元本10万円以上10万円未満・・・18%
  • 元本100万円以上・・・15%

というように決められており、同じ100万円を借りる場合でも複数社合計で借りているよりも1社だけで借りている方が金利は低くなります。

関連記事をチェック!

950view

借金の借り換えとは?メリット、デメリット

借金を借金で返す。 この自分で自分の首を絞めるだけの方法で、借金返済に追われている人も多いことでしょう。 しかし、この方法で借金を完済できた話は聞いたことがありません。 そこでおすすめしたいのが...

関連記事をチェック!

1983view

自動車ローンは借り換えできる?メリットはあるの?

銀行のマイカーローン申し込みをして審査に通らずに、やむを得ずディーラーローンを利用している人や、たまたま金利の高い時期に借りてしまったという人の中には、低い金利のマイカーローンに借り換えを検討している...

メリットのある借り換えローンを選ぶ

借り換えローンは今現在借金があるという場合で、その借金を別のローンで借りたうえで今の借金を完済してしまうローンのことです。

いわば「借り直し」のように、今の借入している条件をより良い条件で借りることによって有利に返済をしていくことができます。

ですが、一口に借り換えローンといっても提供しているところも多くありますし、大きく分けると「消費者金融のおまとめローン」「銀行のカードローン」「銀行のフリーローン(多目的ローン)」の3種類に分かれます。

これらのローンは提供しているところが違うということもありますが、その商品性や借り入れ条件などは大きく異なり、これらの中のどれを選ぶのかということが重要です。

選び方を間違ってしまえば悪い条件で借り換えしなければならないこともあります。

また、借り換えするうえでは注意しなければならないことがあり、間違った借り方をしてしまえばせっかくのメリットがなくなってしまう可能性もあります。

借り換えローンのメリット

借り換えローンには多くのメリットがあり、借りることができれば有利に返済していくことはできます。

では、借り換えローンを借りることで得られるメリットにはどのようなものがあるのかということを紹介していきます。

  • 金利が低くなる
  • 毎月の返済額が少なくなる
  • 完済までの総返済額が少なくなる
  • 返済期間が短くなる
  • 毎月の返済日が統一される
  • 管理がしやすくなる

というメリットが挙げられます。

これだけのメリットがありますので、借り換えすることによってお得に返済をしていくことができます。

関連記事をチェック!

1983view

自動車ローンは借り換えできる?メリットはあるの?

銀行のマイカーローン申し込みをして審査に通らずに、やむを得ずディーラーローンを利用している人や、たまたま金利の高い時期に借りてしまったという人の中には、低い金利のマイカーローンに借り換えを検討している...

借り換えローンを借りるときの注意点

冒頭でもお話ししましたように、借り換えローンを借りる場合にはその借り方、つまり返済の仕方を間違って借りてしまうとメリットがなくなってしまう危険性があります。

借り換えローンを借りる人の多くがやってしまうことは、毎月の返済額を少なくし過ぎたために総返済額が借り換え前よりも多くなってしまうということです。

もちろん毎月の返済額を減らすということを重視することは間違いではありませんが、単純に減らしたいからという考えだけでそのようなことをしているのであれば間違いになってしまいます。

同じ返済額において、金利が低くなったことによる毎月返済の減少に加え、返済額を減らすことだけを考えて返済期間を長くしてしまえばそれだけ金利を負担する期間が長くなってしまいます。

金利は借入の残高に対してかかるものですので、借入の元金部分が減りにくくしてしまえばせっかく金利が低くなったのにそのメリットを活かすことができません。

ですので、借り換えローンを借りる場合には毎月の返済額と返済期間に注意しなければなりません。

関連記事をチェック!

268view

カードローンの借り換えをする前に相談するべきところ

借金の返済って本当につらいですよね。とくに複数から借りている場合は借金の一本化や借り換えがいいのではないかと思ってしまいます。 しかし自己判断は必ずしも正解とは言えない部分があります。間違った借り換...

返済総額が多くなってしまう契約の例

先ほどの毎月返済額を少なくし過ぎたために総返済額が増えてしまう契約の例を紹介していきます。

まず、借り換えするカードローンは借入残高200万円、金利15%、毎月返済額36,000円とします。

このカードローンを毎月の返済だけで完済したとすると、返済期間は8年(96回)となり総返済額は3,435,863円となります。

これを金利13%の借り換えローンで借り換える場合の返済期間に応じた毎月の返済額と総返済額を比べてみましょう。

返済期間毎月返済額総返済額差 額
7年(84回)36,383円3,056,235円-379,628円
8年(96回)33,614円3,226,954円‐208,909円
9年(108回)31,507円3,402,698円‐33,165円
10年(120回)29,862円3,583,353円147,490円

このように、返済期間を10年とした場合には毎月の返済額は6,138円も少なくなりますが、それまで8年で完済できていたものを2年伸ばすことによって総返済額が147,490円も多くなってしまいます。

ですので、単に毎月の返済額だけを重視することで逆にメリットをなくしてしまうということがわかります。

関連記事をチェック!

950view

借金の借り換えとは?メリット、デメリット

借金を借金で返す。 この自分で自分の首を絞めるだけの方法で、借金返済に追われている人も多いことでしょう。 しかし、この方法で借金を完済できた話は聞いたことがありません。 そこでおすすめしたいのが...

消費者金融で借り換えする

ここから100万円を借り換えする場合の方法として消費者金融と銀行に分けて紹介していきます。

まずは消費者金融で借り換えする場合には専用の「おまとめローン」を借りることになります。

この借り換えローンは総量規制の例外にあたる「利用者に一方的に有利となる借入」という条件に該当することで借りることができるローンです。

このおまとめローンは一部の消費者金融でしか提供していないローンであり、大手消費者金融としては「モビット」では提供していません。

その他の大手消費者金融である「アコム」「アイフル」「プロミス」では提供しておりますが、それぞれが提供するおまとめローンの内容は違います。

また、中堅の消費者金融でもおまとめローンを提供しているところがあり、借入金額が100万円であればほとんどのところで借りることができます。

おまとめローン一覧

実際にそれぞれの消費者金融で提供しているおまとめローンを一覧にしましたので消費者金融で借り換えをする場合の参考にしてください。

消費者金融名融資額金 利返済期間
アイフル1万円~800万円
  • かりかえMAX
    12.0%~17.5%
  • おまとめMAX
    12.0%~15.0%
最長10年
アコム1万円~300万円7.7%~18.0%最長13年7ヶ月
プロミス300万円まで6.3%~17.8%最長10年
ダイレクトワン1万円~300万円4.9%~20.0%最長10年
フクホー5万円~200万円7.3%~20.0%最長10年
アロー200万円まで15.00%~19.94%最長15年
ライフティ300万円まで8.0%~18.0%最長10年

銀行ローンで借り換えする

消費者金融のおまとめローンを紹介したところで次は銀行のローンで借り換えする方法を紹介していきます。

銀行のローンでは消費者金融のような借り換え専用のローンというのはほとんどなく、通常借りることができるカードローンやフリーローンを借り換えローンとして利用します。

カードローンやフリーローンは基本的に事業性以外の資金であれば自由に利用することができるローンですので、当然借り換えであっても借りることができます。

しかし、借り換え専用ローンでないことから申込時には借り換えを目的としているということをきちんと伝えることが必要となります。

ここで借り換えであるということを伝えなければ今借りているものの追加として判断されてしまい、審査で不利になってしまう可能性があります。

銀行のローンで借り換えをする場合には必ずそのことを銀行に伝えるということを忘れてはなりません。

関連記事をチェック!

1096view

銀行系カードローンで借り換えする際の審査基準【専用ローン】

カードローンには銀行や信用金庫や信用組合などの金融機関が発行している銀行系のカードローンと、消費者金融やクレジット会社が出している貸金業者のカードローンがあります。 それぞれ特徴がありますが、金利面...

カードローンでは金利が低くなりにくい

銀行カードローンで100万円を借り換える場合には金利が思うよりも低くならないことがあります。

というのも、カードローンの金利は利用限度額に応じて適用されることがほとんどでありますので、銀行カードローンでは少額の分類となる100万円では金利が低くなりにくくなってしまいます。

一般的な利用限度額に応じた金利は100万円未満は一律で最高金利が適用されます。

100万円を超える場合には少し金利は低くなりますが、それでも最高金利よりも低いというだけですので13%~14%となることも多いです。

それでも18%程度のカードローンを借り換えるには十分な効果を期待することができますが、銀行が表示している最低金利での借入はできませんので注意が必要です。

フリーローンは一律金利も多い

フリーローンの金利は借入金額に応じて適用されるというよりも、一律金利での適用としている銀行も多いです。

また、一律でなくても借入額ではなく信用の程度に応じた金利としているところもありますので100万円の借り換えであればフリーローンの方がカードローンよりも低金利となることがあります。

また、取引内容によって金利を引き下げる制度を行っている銀行もありますので、適用される金利はさらに低くなることもあります。

関連記事をチェック!

112view

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がいいものであり...

即日はおまとめローンとカードローン

借り換えローンには主に3種類があるとお話ししましたが、そのすべてで即日融資ができるというわけではありません。

即日融資が可能な借り換えローンは消費者金融のおまとめローンと消費者金融のカードローンです。

ですが、即日融資は可能というだけであり、必ずしもできるというわけではありませんので注意が必要です。

中には「即日審査」というような表記をしているところもありますが、即日審査の場合には申し込み後すぐに審査はするが即日での融資については翌日以降ということもあります。

最近ではインターネットによる申し込みも可能であり、即日審査は休日などでも審査はできるという意味となります。

即日融資を希望する人の中には休日に借りたいという人も多いですので、即日融資と即日審査は違うということに注意が必要です。

また、消費者金融のカードローンで借り換えをする場合は、総量規制にも注意が必要となります。

借り換えローン即日融資の注意点

借り換えローンで即日融資を希望する場合、そのほとんどは余裕がない状態での申し込みとなることが多いです。

余裕がない状態で、先ほどのように「即日審査」という表記を見ると「その日の内に借りられる」と思ってしまう人もいるかもしれませんし、借入条件をよく見ないまま契約してしまうこともあります。

どのローンもそうなのですが、借入条件は提供しているところによって大きな違いがあります。

ただ単に借りられればいいというような余裕のない状態で借りてしまえば、金利によるメリットがそれほど得られない内容で契約していることもあります。

また、毎月の返済額を少なくし過ぎることで借り換え前よりも総返済額が多くなってしまうこともあり、そのような計算も余裕がなければすることができません。

急ぎすぎるがあまり借り換えローンのメリットを活かすことができないこともありますのでいくら即日融資を希望している場合でも借入条件などの確認はきちんと行うようにしなければなりません。

借りるところで申し込み方法は違う

借り換えローンを借りるためには申し込みをしなければ何も始まりませんが、申し込みの仕方はそれぞれのところで違います。

最近ではインターネットによる申し込みも受付しているところもありますので、一昔のように店舗に行くことでしか申し込みすることができないというわけではありません。

また、申し込みをしてから借りられるまでの期間は数日かかってしまうものでしたが、その日の内に借りられるようにできることもあります。

このような即日融資で借り換えローンを借りるために特定の方法で申し込みをする場合もありますので、まずは申し込み方法の確認をする必要があります。

大手消費者金融の申し込み方法

大手消費者金融が提供するおまとめローンの申し込み方法について紹介していきます。

まず「アコム」の場合には専用のフリーコールに連絡をし、そこで担当者から申し込みに必要な書類や事前手続きの説明を受けます。

そのうえで店頭窓口や自動契約機(むじんくん)へ行って申し込みをします。

次に「アイフル」の場合にはインターネットで申し込みをし、審査に通ることができれば郵送や店頭窓口で契約手続きをします。

最後に「プロミス」の場合にはインターネットでの申し込みはすることができず、自動契約機または店頭窓口で申し込みをします。

このように、それぞれによって申し込みの方法は違うということがわかります。

銀行ローンの申し込み方法

まず銀行のカードローンを借り換えローンとする場合の申し込み方法ですが、最近ではインターネットで契約までを行うことができる銀行も多くあります。

また、この場合にはすでに持っているキャッシュカードでカードローンを借りることができることもありますので、契約手続きが完了するとすぐに借りることができます。

フリーローンで借り換えをするという場合にもインターネットによって申し込みすることができますが、契約手続きともなれば来店または郵送などによって行わなければならないとこがほとんどです。

このように、どちらも申し込みはインターネットで行うことができますので申し込みはしやすくなっています。

関連記事をチェック!

1096view

銀行系カードローンで借り換えする際の審査基準【専用ローン】

カードローンには銀行や信用金庫や信用組合などの金融機関が発行している銀行系のカードローンと、消費者金融やクレジット会社が出している貸金業者のカードローンがあります。 それぞれ特徴がありますが、金利面...

借り換えローン申し込みの流れ

申し込み方法について紹介したところで今度は申し込みから借入、返済までの流れを紹介していきたいと思います。

借り換えローンは借り換えるローンを完済してしまわないとなりませんので、それも含めたうえでの流れとなります。

一般的な借り換えローンの流れは以下のようになっております。

相談・申し込み → 審査 → 契約 → 実行 → 対象ローンの完済 → 返済

消費者金融のおまとめローンの場合には契約を実行した後に消費者金融が契約者に代わって借り換えするローンの借入先に振込みをします。

また、銀行のフリーローンの場合にはきちんと完済したのかという証明書類(カードローンの解約書類)を提出しなければならないこともあります。

どちらも借入金をきちんと借り換えのために利用させるために振込みや書類の提出をさせますので、これらを拒否することはできません。

銀行カードローンは完済した証明が不要

銀行カードローンで借り換えした場合には消費者金融のおまとめローンやフリーローンのように完済を証明する必要は基本的にありません。

ほとんどの場合には契約者が自分で完済することになりますので、人によっては完済せずに別の資金として利用してしまうこともあります。

ですが、このようなことをしてしまえば単に借入金の総額が増えてしまうだけであり、その後の返済を考えるといいことではありません。

むしろ自分の首を自分で締めてしまうことになってしまいますので、証明が必要ないからといって借り換え対象のローンを完済しないということはしないようにしましょう。

関連記事をチェック!

741view

完済証明書をプロミスからもらうメリットとは

プロミスの返済を最終まで終えたらそこで完済になるのですが、実は残高が数百円あることがあります。 1,000円未満には利息は発生しませんが、そのまま残しておいても問題はないのか気になる人もいるでしょう...

関連記事をチェック!

411view

バンクイックでは解約すると完済証明書をもらえる?

カードローンは完済すると解約ができ、解約するときには解約証明書を発行してもらえる場合が多いです。 しかし、解約証明書が発行されないケースもあるため、自分が利用しているカードローンも、完済して解約する...

金融機関選びが第一歩!!

借金の借り換えを検討するために、最初にやらなくてはいけないのは金融機関選びです。

現在の借入と比較して、有利な条件が期待できる金融機関選ぶことの大切さや、その際に重視すべきポイントについてご説明いたします。

金利を低下させることが重要

カードローンなどの比較的金利の高い借入を行っている場合、最初に考えたいのは金利を低下させることです。

金利を低下させることが如何に重要であるかを具体例でご説明いたします。

前提として、残高100万円のカードローンを保有していて、金利が15%、毎月1.5万円を返済していることとします。

この場合、年間の支払利息は15万円(100万円×15%)となりますが、年間の返済額は18万円(1.5万円×12ヶ月)ですので、元金の返済は3万円しかできていないことになります。

このままでは、完済までに数十年かかることとなってしまいます。

しかし、借り換えによって、金利が5%に低下すると、年間の金利は5万円(100万円×5%)となりますので、同額の返済を継続することで、元金返済は13万円行えることになります。

これであれば、7年程度での完済が可能となります(実際には、元金の減少に伴って金利は低下していきますので、更に期間が短くなります)。

カードローンをご利用されている方は、借り換えによる金利の低下を目標にされてみてはいかがでしょうか。

関連記事をチェック!

136view

金利とはなに?利息とは違うのかわかりやすく解説

金利や利息の仕組みなんて知らなくても、別に生活には何の支障もないという人もいるでしょう。 しかし、近年は若年層のカードローン利用者が増加していますし、いずれマイカー購入やマイホーム購入といった、高額...

銀行での借り換えがお勧め

優先すべき先として、銀行系のカードローンや、おまとめローンがお勧めです。

総じて、銀行系のローンのほうが、消費者金融からの借入に比べて、金利が低く、借入条件は良くなる傾向があります。

例えば、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」で適用される可能性がある最も高い金利は14.6%ですが、アコム(三菱UFJ銀行系列の消費者金融)の場合、18%となります。

また、バンクイックの最低金利は1.8%ですが、アコムの場合は3.0%となりますので、それぞれ、バンクイックの方が条件は良いということになります。

また、インターネット専業銀行である住信SBIネット銀行の「MRカードローン」では、最も低くて0.99%の金利が適用されます(但し、審査に加えて、証券口座の登録など所定の条件を満たすことが必要)ので、かなり有利な条件が期待できます。

銀行系での借り換えの場合、審査が厳しくなる可能性はありますが、借入条件のメリットを考えれば是非利用したいところです。

まずは、銀行系への借り換えを目標として、取り組むのがお勧めです。

関連記事をチェック!

1096view

銀行系カードローンで借り換えする際の審査基準【専用ローン】

カードローンには銀行や信用金庫や信用組合などの金融機関が発行している銀行系のカードローンと、消費者金融やクレジット会社が出している貸金業者のカードローンがあります。 それぞれ特徴がありますが、金利面...

事前準備をしっかり

借り換えのために金融機関に相談する前に事前準備をしっかりと行っておきましょう。

準備次第で、金融機関に与える印象は大きく違ってしまいます。

準備すべき主なポイントは以下の2点です。

①現在の借入状況を整理(残高、件数、返済額など)

②現在の借入を延滞せずに支払う

借り換えを目的として、銀行に相談するにあたっては、現在の借入残高や、返済状況がポイントとなります。

相談される側の金融機関としても、正確な状況が解らなくては審査できません。

一旦、申込で借入状況を申告した後になって、申告から漏れてしまっていた借入が判明すると、残念な結果となる可能性が高くなります。

銀行としては、虚偽の申告がされたと受け取ることとなりますし、そもそも現在の借入状況が把握できていないような「どんぶり勘定」な方に融資したくないと思われてしまいます。

また、金融機関は既存借入に対して延滞している方(または延滞歴のある方)に対しては、原則新規融資を行いません。

延滞歴のある方への融資はリスクが高いと判断され、銀行は敬遠します。

そのため、借り換えを希望しているなら、絶対に既存借入を延滞、入金遅れしないようにしましょう。

関連記事をチェック!

422view

借金の借り換え審査に通過するための基本情報はコレ

はっきり言って借金の借り換え審査は厳しいです。 カードローン審査よりも深く厳しく調査されるために、審査時間が長くなり、必然的に、融資実行までにも長い時間がかかってしまいます。 審査時間が長くなる主...

審査方法を理解しておく!!

借入を申し込んだ場合に、どのような審査がされるのかを理解しておく必要があります。

審査方法や、基準を理解しておくことで、少しでも審査を通過する可能性を高めましょう。

申込内容を調査される

借入申込を行うには、申込書を記入します(インターネット上では必要欄への入力など)。

そのなかで、既存借入の状況と、就業状況の2点が調査されることとなります。

既存借入は、個人信用情報という信用調査会社が提供する情報をもとに、確認されます。

個人信用情報では、個人の借入残高、件数、借入時期や、延滞などの事故情報の有無などまで判明してしまいます。

そのため、申込書に嘘を記載(借入残高を少なく記載するなど)すると、簡単にばれてしまいますし、嘘をついた方への審査は厳しくなってしまいます。

就業状況の調査としては、申込書に記載した勤務先への在籍確認が行われます。

実際に勤務先に電話が掛けられ、取次を依頼されます。

そこで、電話にでることで、実際にその勤務先で働いているということを確認されるのです。

当然ですが、こちらも嘘はいけません。

コンピュータによるスコアリング

次にその他の情報によるスコアリングが行われます。

スコアリングとは、各種情報を点数化することで、自動的に融資審査を行うものです。

詳細なポイントは開示されませんが、例えば、年収が500万円以上であれば何点、勤続年数が3年以上なら何点と、それぞれに点数を付けていき、合計点数が基準を超えると審査を通過することとなります。

そのなかで、特に重要視されるポイントは、年収、勤続年数(長いほど良い)、年齢、お住まい(持ち家、賃貸など)、家族構成などです。

借り換えの場合は、既存借入の残高と、件数も評価されることとなります。

関連記事をチェック!

378view

借り入れ審査で重要な属性

融資の審査の際に個人信用情報の他に最も重要視される審査項目は属性です。 一口に属性と言いますが、属性とはどのようなもので、審査の際にそれぞれどのような目線でみられるのでしょうか? ...

審査に通過するためのポイント

借換ローンで審査に通過するために最も大事なのは、個人信用情報です。

借換ローンというのは、新規で貸し出す金融機関にとっても比較的リスクの高い融資となります。

審査方法がいい加減だと、他の金融機関の不良債権を、押し付けられてしまう危険性があるためです。

そのため、金融機関も通常の新規貸出より、慎重に判断することとなります。

そして、審査において、最も不良債権化(将来の延滞)する可能性が高い方として、個人信用情報に問題がある方があげられます。

ここで、延滞などの履歴がある方は、ほぼ審査に通らなくなるため、注意しておく必要があります。

また、同様に審査では、借入件数が多い方も敬遠されてしまいます。
借入件数の多い方(カードローンで3件超)は、借入に対する依存が強く、現時点で借換によって債務を整理しても、将来的に新たな借入を増やすものと判断されてしまいます。

そして、その後、多重債務者となって返済に支障が出る可能性が高いと考えられてしまうのです。

もし、未使用のカードローンを持っていたり、小額の残高で、整理が可能なものがあれば、件数を減少させておくことも大切です。

関連記事をチェック!

1718view

住宅ローン借り換え審査に通る人通らない人

住宅ローンは金利の変動によっては、借り換えを行うことで、利息を低く抑えることもできます。 このような、住宅ローンの借り換えを行う時に気になることに、借り換えの審査に通るかどうかがあります。 そこで...

返済額を減少させる借換は危険!!

借り換えでご注意いただきたいこととして、「返済額を下げ過ぎない」ということがあります。

仮に、カードローンで3件の利用(合計残高100万円/金利12%)があり、それぞれ月額1万円(計3万円)の返済をおこなっているとします。

これを1件のカードローンにまとめた結果(金利は同じ)、月額1万円の返済になったと仮定します。

金利は変わらないのに、借り換え前と借り換え後で、毎月の返済額が2万円減少することとなりますので、かなり楽になったような気がしてしまいます。

しかし、金利が12%ですので、1月あたりの利息支払額が1万円ということなります。

借り換え前は、元金に対して2万円充当(3万円-1万円)していますが、借り換え後は利息の支払いしか出来なくなります。

つまり、借り換えによって元金が減少しなくなりますので、完済できなくなってしまい、永遠に金利を払い続けていかなくてはいけなくなります。

そして、元金が減らなくなることで、利息を含めた総支払額は増加してしまいます。

関連記事をチェック!

3566view

消費者金融の上手な借金返済にはコツがある!確実に減らす方法

借金を減らすには何かコツがあるのか、と返済しながら考えている人は多いのではないでしょうか。現実的に考えましょう。 1回でも借金してしまうとなかなか完済出来ないのが借金です。お金は魔力を持っており、今...

関連記事をチェック!

118view

借金を一本化する際の罠!?詐欺に引っかからないためには?

借り入れ件数が多くなると返済負担が重くなり、さらに追加借入が必要となって、ますます返済負担が重くなる悪循環に陥ることがあります。 こんな時、毎月の返済額を減らして、負担を軽くする「借金の一本化」は魅...

まとめ

100万円を借り換える方法は消費者金融のおまとめローンや銀行のカードローン・フリーローンというようにさまざまな方法で借り換えることができます。

しかし、借り換えローンは審査の厳しいローンでありますので、単純にメリットが多いからという軽い気持ちで申し込みをしても通らないことも多いです。

審査に通らなければ当然借り換えることができませんので、延滞がないというように信用を高めたうえで申し込みしなければなりません。

関連記事をチェック!

305view

借り換えローン年収に対して限度額はどれくらい?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借り換えローンの審査は厳しい 銀行や消費者金融などからお金を借りる場合には必ず審査を受けます。...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)