懸賞でお金を稼ぐことはできる?ネット懸賞の当たるコツ

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

懸賞と聞くとハガキを送って応募するというイメージが強い人も多いでしょう。

そて、そんな懸賞で実はお金を作る方法があるのです。

そこで、今回は懸賞を利用してお金を作る方法をまとめてみました。

おすすめはネット懸賞

普通の懸賞ですと応募に当たって切手を購入し、ハガキをポストに投函しなければいけません。

しかし最近ではインターネット上で応募できる懸賞が増加してきています。

なので家にいながらお金をかけず即座に応募することができます。

さて肝心の懸賞でお金を稼ぐ方法はどういったものかといいますと、それは当選したものをヤフオクやメルカリなどで転売するという手法です。

ネット懸賞で当たったものは購入するために代金を支払っていないので、転売できればそのまま利益になります。

またネット懸賞ではハガキを送って応募するものよりも景品の種類が多かったり、当選者の数が多く設定されていたりと応募者にとっては嬉しい傾向が強いように感じます。

ですので懸賞を利用してお金を稼ごうと考えているのでしたら、ネット懸賞に応募するのがいいのではないでしょうか。

ネット懸賞の始め方

懸賞サイトから欲しい景品が当たる懸賞を見つけて、応募していくことになります。

ほとんどの懸賞では応募するにあたっては、コメントの記入や簡単な作業を行う必要があるので注意が必要ですね。

また応募するにあたって次の様に住所の記入が求められることがほとんどです。

ですが、個人情報の流出が怖いからと言って嘘の情報を記入することは絶対に避けましょう。

なぜなら懸賞に当選した場合、その登録した住所に景品が配送されることになるからですね。

なので仮に当選しても、嘘の住所を記載していれば景品を受け取ることが不可能になってしまいます。

住所の登録を求められた際には、記入の間違などには十分注意しましょう。

ただ、何度も懸賞に申し込むと住所をチマチマ入力することが面倒になってきます。

そうした人は面倒を省くために、メモ帳や一括で入力できるツールを利用してはどうでしょうか。

おすすめの懸賞サイト

ネット懸賞の中には個人情報を狙った悪徳サイトもないとは言い切れません。

安全のためにも、懸賞サイトは有名企業が運営しているものや大手とされるサイトだけを利用するのがいいでしょう。

初めてネット懸賞に応募するという人は以下のサイトから懸賞生活を開始してはどうでしょうか。

・チャンスイット
・懸賞生活
・Tremii

他にもフルーツメールや懸賞にゃんダフルと言ったサイトがネット上でオススメの懸賞サイトとして紹介されていることがあります。

ですがチャンスイットなどと比べると申込みの手順が面倒だったり、懸賞ページに何もなかったりするのでオススメはできません。

懸賞サイトの特徴

懸賞サイトはポータルサイト的な要素が強く、様々な案件の懸賞を確認することができます。

ですから景品として現金や金券が設定されているものもあれば、家電や車が景品とされていることもあります。

自分がいま欲しいと思っている商品を見つける事ができたりするのですね。

またチャンスイットや懸賞生活では、会員登録をしなくても懸賞に応募することができます。

なので、面倒くさい登録作業をせずとも利用できることもおすすめのポイントとなりますね。

ただチャンスイットなどでも会員登録を行えば、新しい懸賞が追加されたことを知らせてくれる便利な機能を利用することができますよ。

実際、今回紹介した懸賞サイトに応募してみました。

仮に当選すれば少なくない金額が手に入りそうです。

サイト名 景品 応募にかかった時間 当選人数 ヤフオクでの売値 結果
チャンスイット PS4 7分 1名 25,000円前後 落選
懸賞生活 旅行券3万円分  4分  1名  落選
Tremii デジカメ 6分 1名 10,000円前後 落選

ネット懸賞のコツ

さてネット懸賞の始め方を確認してきました。

しかし登録しても当選しなければ一円にもなりません、時間の無駄です。

時間や労力を無駄にしないためにも懸賞に当選しなければなりません。

そこで、ここからはネット懸賞に当選するためのコツを紹介していこうと思います。

そのコツとしては以下のものがあげることができます。
・アンケートやコメント欄があればしっかりと答える
・ライバルが少なそうな懸賞を選んでみる
・数多くの検証に申し込んでみる

アンケートやコメント欄

懸賞を申し込む際にはアンケートやコメント欄への回答が求められることがあります。

ここで「よかった」とか「すごかった」といった非常に単純な回答でもいいのですが、企業側としてはそうしたコメントを受け取っても反応に困ってしまいます。

やはり企業側としても、自分たちにとって有益といえる情報をくれる人を当選させたくなりますよね。

ですからその企業の製品を利用してみての感想や要望を事細かに記入すれば、コメント欄などに何も記入しなかったり内容が薄い人よりも当選する可能性がグッと高まるでしょう。

事細かに感想を書くといっても難しいと感じる人もいるでしょう。

そうした人は商品などを使ってみてどう感じたのかをコメントの頭で一言で説明し、その後にそう感じた理由を記入していけばすぐに書き上げることができるはずです。

ライバルが少なそうなものを選ぶ

懸賞の当選確率を少しでも上げたいのでしたら、応募する人が少なそうな物を狙ってみてはどうでしょうか。

人気家電や車が景品となっている懸賞ですと応募する人の数が多くても不思議ではありません。

当選者数は最初から決まっているので、応募者数が増えれば増えるほど当選する確率は下がることになります。

ですから少しでも当選する可能性を高めたいのでしたら、他の人が応募しないと感じられる懸賞に手を出してみるのがいいでしょう。

また、次の懸賞のように当選者が大量に設定されているものに応募してみるのもいいかもしれませんね。

ただし、最初は懸賞の人気を判断をするのことが難しく感じられることもあります。

そうした時には自分が欲しいと思えるものか、売ったらお金になりそうと感じるモノに申し込んでみるのがいいでしょう。

応募する懸賞の数を増やす

懸賞の当選確率を手っ取り早く上げたいのでしたら応募する懸賞の数を増やすのが一番確実です。

そもそも応募しなければそもそも当選することもありません。

ですから、当選する可能性を増やしたいのでしたらとにかく応募するのもいいでしょう。

そのために毎日一回は懸賞に応募するとなどと何らかのルールを決めて、応募することが習慣になるまで続けるのもいいかもしれませんね。

ただし、先ほども触れましたが懸賞の中にはコメントの記入等が必要なものもあります。

なので単純に応募数で勝負するのでしたらそうしたコメント記入がないものだけを狙っていく事になるでしょう。

snsを使って簡単に応募できる懸賞もある

ネット懸賞の中にはsnsの公式アカウントをフォローし、「イイね」や特定のハッシュタグを付けてコメントやリツートするだけで参加できるものもあります。

snsを利用した懸賞は普通のネット懸賞と異なり、事前に住所などを登録する必要が無かったりするので手間があまりかかりません。

またsnsに慣れている人でしたら普通のネット懸賞に応募するよりも敷居が低く感じられるのではないでしょうか。

実際、次のような形で行われているのをみると時間をかけずに簡単にできそうですよね。

ただ、簡単に応募できるなら商品もショボイものしかないと思う人もいるかもしれません。

実際のところはJALの旅行券やアマゾンギフト券5000円分など普通のネット懸賞と負けず劣らずのラインナップが揃っています。

なのでsnsを利用した懸賞に応募することは決して悪手とはいえませんね。

手に入る景品 応募に必要な時間 当選人数 ヤフオクでの売値
PlayStation4など  1分  1人 20,000~25,000円

応募者全員プレゼントを利用する

懸賞の中には応募者全員にプレゼントを行うものもあったりします。

ただし、こうした応募者全員が景品をもらえるものはクローズド案件とされていることがほとんどです。

クローズド案件とは特定の商品を購入したり、保険の一括をした人のみが申し込めるものとなっています。

つまり申し込むには少なくない何らかの代償が必要となってきます。

実際、下記の画像では「こしひかり」をもらうためには保険の一括審査が必要となっています。

ですから応募の条件とされていた商品やサービスが本当に必要としていた人でしたら、そのついでに獲得した景品を売れば利益になるかもしれません。

逆に必要としていない人がわざわざ条件を満たして景品を手に入れても、赤字になる危険性があります。

こうなってしまうと景品で稼ぐという趣旨から外れてしまいます。

ですから応募者全員がもらえるという案件に申し込む際には以上のことに注意を払う必要があると言えますね。

ただし、不要な商品やサービスを利用して申し込んだクローズド案件でもお金になるものがあったりします。

三井住友VISAカードがソシャゲとのコラボカードを発行した際に、特典として封入されたシリアルコードが以下のように高値で取引されました。

懸賞品を売ってお金を作る

当選した景品を売ってお金にすることを考えているのでしたら、おそらくメルカリやヤフーオークションで売ることになると思います。

懸賞で当たった景品は非売品ということも珍しくないので、その景品がどうしても欲しいという人は少し高値でも購入してくれることがあります。

また自分にとって不要なモノが当選して場合でも、それをヤフオクなどで売れば少額かもしれませんがお小遣いを獲得することができるはずです。

懸賞で当選したものの転売は違法?

いらない景品を転売してお金を作ろうと考えている人の中には、もしかしてこれって違法じゃない?と不安に感じている人もいるかもしれません。

懸賞の景品の転売とは少し違うのですが、有名アーティストチケットを転売することで大きな利益を得たことで条例に引っかかり逮捕されたニュースがあったりしました。

こうしたニュースを耳にしますと、懸賞の景品をネットなどで売って大丈夫なのかと心配になるのは当然なことでしょう。

こうした疑問や心配に対しての答えとしては懸賞や当選した景品にもとから転売を禁止する事が明言されていなければ、暗黙の了解ということで今のところ特に問題なく売ることができるそうです。

逆に禁止されているのにかかわらず転売行為を行った場合ですと、規約違反ということで景品を返品する事が求められるケースがあるそうです。

懸賞でお金を稼ぐまでの流れ

懸賞でそのままお金が当選することもありますが、大半は商品が当たりますので、換金が必要となります。

そのため懸賞でお金を稼ぐには、まず懸賞に応募して商品を当て、当選商品を換金するという2段階の作業が必要となります。

懸賞に応募して商品を当てる

懸賞でお金を稼ぐ第一歩は、懸賞に応募して商品を当てることです。

とにかく応募すれば当選商品が多くなることは確かですが、より短時間で高額商品を当てるためには工夫が必要です。

商品は複数の商品から選べる場合もありますから、なるべく応募が少なく、かつ高額で転売できる商品を見極めることが大切です。

また商品の中にはすぐに転売できなかったり、転売禁止の商品もあります。

このような商品に応募しないことも大切です。

当てた商品を換金する

当てた商品は、オークションサイトやフリマサイト等に出品しましょう。

出品するにおいては、その商品の相場を予め調べておき、適正な価格で値付けを行う必要があります。

また商品によっては、利用規約により出品できない場合もあります。

その場合は買取専門店や金券ショップ等、他の換金方法を検討することになります。

携帯・スマホでお金を即日稼ぐ!金策にオススメ副業とは?詐欺にも注意

お金や金券が当たる場合もある

商品の割合としては大きくはありませんが、お金や商品券、プリペイドカード等が当たる場合もあります。

当選人数が多い場合もあり、大きく稼ぐことは難しいかもしれません。

しかし換金性が高く、使いやすい商品であることは確かです。

どのような商品を狙うか

懸賞でお金を稼ぐためには、ご自身で使うための商品を当てることとは違った視点が必要です。

この点について、解説していきます。

換金しやすい商品が一番

なんといっても商品券等の金券が一番です。

サイズが小さく、換金しやすいことが魅力です。

さらに現金ならば、換金そのものが不要です。

但し応募者も多くなる傾向にありますので、当選確率は高いとはいえません。

高価な商品を狙う

懸賞商品の中には、デジタルカメラやノートパソコンなど、高価な商品もあります。

当選人数が少なく設定されていることから応募が控えられる場合もあるため、当たる可能性もあります。

転売先の方に送ることも考慮の上、応募すると良いでしょう。

意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

転売する際の需要を見極めて応募する

景品の中には、その商品のニーズは高いけれども、欲しい人は限られるといったものもあります。

例えばアニメやゲームなど趣味性の高い商品や、化粧品など使う人の好みがあるもの、乳幼児関連用品など使う年齢層が限られているもの等があります。

予めオークションサイト等で、関連する商品の人気度を調べてから応募しましょう。

ご自身の好き嫌いにはこだわらない

ここまで説明の通り、懸賞でお金を稼ぐためには、「当たりやすく、換金がしやすい」商品を選ぶことが第一です。

ご自身で使う商品ではありませんから、好き嫌いにこだわるべきではありません。

懸賞でお金を稼ぐための注意点

懸賞でお金を稼ぐためには、いくつか注意点があります。

高額懸賞が当選した場合等の場合は、所得税がかかる場合があります。

また当選しても転売が難しい商品もありますから、応募の際によく確認することが必要です。

所得税がかかる場合がある

高額懸賞が当選した場合、一時所得となり所得税の課税対象となります。

但し当選したものの価値が50万円相当以下であれば、非課税枠の範囲内ですので課税されません。

また懸賞で当選したものの価値が年間で50万円を超えた場合は、確定申告が必要となります。

車などはすぐに売れない場合もある

当選品の中には、すぐに転売できないよう制限がかけられている場合もあります。

例えば自動車の場合、車の名義を懸賞を実施した企業のままの状態で引き渡す場合があります。

この場合、応募の時点で「1年間転売禁止」等とあらかじめ明記されており、名義変更はその後に行われます。

他人名義の車は転売できませんから、転売禁止期間は売れません。

またその間の税金等も、あなたの負担となります。

チケットなど、転売禁止の商品に注意

当選品の中には、転売禁止の商品があります。

代表的なものには、コンサートのチケット等があげられます。

このような商品を転売した場合、主催者の権限により退場させられる場合もあります。

また旅行の当選など、当選の権利を他人に譲渡できない商品も転売できません。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談