消費者金融一括返済はメリットばかり?全額返済の注意点はないの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

消費者金融のキャッシングでお金を借りて一括返済する人はなかなかいませんよね。普通はリボ払いになるのではないでしょうか。

リボ払いは確かに経済面でラクに返済できますが、返済期間が長期間となりやすくまた返済途中に追加借入してしまうリスクもあります。

お金に余裕があるときは思い切って一括返済し借金を完済したいですね。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

一括返済とは?

一括返済とは消費者金融やクレジットカードのキャッシングで借りた借入残金を一括で返済することを言います。

契約では返済方法がリボ払いであったとしても、利息と借入元金を合計した金額を支払うことで借金をなくすことができます。

もちろん利息は日割り計算ですから損はありません。

また一括返済するのに手続きは何も必要ありません。事前に金融機関に対して連絡する必要もないのです。

臨時収入やボーナスなどお金に余裕があるときは、一括返済すればその後借金を支払う必要がなくなります。

だらだら支払っていると返済期間が長くなり金利負担も増えるしもったいないですよね。

それに返済途中でも追加借入ができるためつい借入してしまう人も多いのではないでしょうか。

一括返済したとしても消費者金融やクレジットカード会社との契約が終わったわけではありませので、急にお金が必要になったとしてもカード自体使うことができます。

銀行やコンビニATMから申し込む必要もなければ審査を受けることもなく借りれますので、たとえ一括返済したとしても不便な点はないでしょう。

一括返済の金利計算方法は?

カードローンでお金を借りていると返済途中で追加借入をしてしまいますよね。

では一括返済となると利息計算はどうなるのか不安に感じるかもしれません。

最初に30万円借りて今まで12回支払って残金が23万円になって・・・、そういえば途中で3万円くらい借りたことがあるな、などと考えると利息計算はどうするの?となってしまいますよね。

しかし返済途中で追加借入したとしても一括返済の金利は何も複雑な計算をする必要はありません。

金利の計算式はご存じでしょうか?

  • 利息額=元金(借入残高)x金利/365日x利用日数

以上の計算式で金利計算することができますよね。

一括返済する場合でもこの計算式をそのまま代用することができるのです。

計算式にある用語を分かりやすく解説します。

元金(借入残高)

前回支払ったときの残高です。

ATMから返済すれば明細書が出てきますね。その明細書に書いてある「お借入残高」のことです。

金利

借入金利のことです。

大手消費者金融だと100万円未満は年18.0%、100万円以上だと年15.0%くらいになっているのではないでしょうか。

計算する場合は年18.0%なら「0.18」と小数点化すると計算しやすいですよ。

365日

1日あたりの利息を計算するために365日、つまり1年で割ります。

一括返済する年がうるう年の場合は366日計算しますが、金融機関によってはうるう年は関係なく365日計算するところもありますので公式サイトで確認してみましょう。

利用日数

利息は日割り計算となるため、一括返済するためには前回支払った期日の翌日から、一括返済するまでの日にちのことです。

前回支払った期日の翌日が利用日数の起算日となることにご注意ください。

以上の計算によって求められた金額が利息となるわけですが、1円未満の端数が出た場合は四捨五入ではなく「切り捨て」計算しましょう。

一括返済の利息計算具体例

仮に前回支払ったときの借入残高が55万円だったとしましょう。

◆条件:借入金利は年18.0%、うるう年計算ではなく365日計算とし、前回支払ってから10日後に一括返済するとします。

利息計算式は次の計算式でしたね。

  • 利息額=元金(借入残高)x金利/365日x利用日数

以上の式に数字を当てはめていけば次のような計算式になります。

利息額=55万円x0.18/365日x10日

これを電卓で計算すれば利息は2,712円です。一括返済するには元金55万円と利息2,712円を支払えば良いのです。

リボ払いを続けていけば、借入残高が55万円だと毎月1万7,000円ずつ約60回返済しなければなりません。

本来であれば元金分と利息分を含めた約99万円を支払わなければならなかったのに、一括返済によって55万2,712円を入金するだけで借金がなくなるのです。

関連記事をチェック!

2478view

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」を真...

キャッシングローン一括返済のやり方

消費者金融屋クレジットのキャッシングローン一括返済の手順は4ステップで完了します。手続き方法を簡単にご説明しましょう。

①一括返済できる日にちを決める

利息額は利用日数によって変化するため、当初の予定よりも早く返済できる場合は利息は少なくなり、当初の返済予定よりも伸びる場合は利息額が増えます。

確実に一括返済できる日にちを決めましょう。

ただし計画的に一括返済日を決める必要はありません。

今日返済できるな、と思えば利息計算を行って元金を合計した金額を入金すれば良いのです。

それでもお金を用意しなければならない準備がある場合は、事前にお金を銀行口座から引き出すなどある程度日にちを決めておくとスムーズに手続きできることでしょう。

②返済額を計算する

一括返済できる日にちがわかったら返済額を計算しましょう。

前項でご説明した計算式を使っても構いません。

しかし計算間違いをして1円足りなかった、となるのだけは避けたいですよね。

確実な返済金額を知りたい場合は、消費者金融やクレジットカード会社の会員サイトにログインして「本日残高」を見れば良いです。

それか金融機関のカードローンセンターへ電話して返済額がいくらになるのか聞いても構いません。

③返済方法を決める

消費者金融やクレジットカードの返済方法が口座振替でもATM払いでも、一括返済する場合は振込によって行うのが一般的です。

コンビニATMは1,000円未満の端数を扱うことができません。

消費者金融によっては消費者金融自社が設置するATMから返済すれば「お釣り」をもらうこともできますが、確実に1円単位まで一括返済するなら、銀行口座窓口で振込するか、インターネットバンキングを利用して振り込むようにしましょう。

振込先情報は会員サイトで確認するか、金融機関のカードローンセンターへ電話してオペレーターから教えてもらいましょう。

④一括返済する

後は返済額を一括返済すればそれで終了です。

振込手数料は自分で負担しなければなりませんので返済額から差し引いてはいけません。

お金を振り込んだら来月からは返済する必要がなくなります。

関連記事をチェック!

131view

消費者金融アコムを一括返済する方法とメリット

大手消費者金融であるアコムでお金を借りていても、返済途中で臨時収入やボーナスで一括返済したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 一度リボ払いの契約をしてしまうと借金を完済するまでずっとリボ払...

キャッシングローン一括返済のメリット

借金を一括返済するメリットはなんといっても来月から借金返済がなくなることです。

借金を支払うために用意していたお金は自由に使うことができますので、貯金しても良いですし欲しいものがあったら買うのも良いでしょう。

借金がないということは精神的に豊かになり、心も落ち着きますので会社の同僚がミスしたことも笑って許せる余裕ができます。

もちろん一括返済したわけですから、リボ払いのまま支払いを続けていくよりは経済的にはかなり負担がかかりません。

消費者金融屋クレジットカードのキャッシングの金利は年18.0%で、銀行の定期預金の金利が年0.1%から0.2%であることを考えてみても、借金を一括返済したことによって金利負担がなくなったことは大変大きいですね。

消費者金融での一括返済の注意点は?

消費者金融でお金を借りている人はATM返済に慣れているせいか、一括返済する場合でもATMで返済しようと考える人が多いですね。

しかしATM返済ではお釣りが出ないことがあるため、1,000円未満の端数を切り上げて返済しなければなりません。

当然ながら消費者金融側では多く返済されたことに気がつきますので、お釣りを返金してくれますが、どこの銀行口座に振り込むのか電話連絡がかかってくるでしょう。

電話がかかってくるタイミングによっては家族がいる場合や勤務中という場合もありますよね。

今まで家族バレしないようにしていたのに、一括返済することによって家族バレしたのでは苦労が水の泡です。

一括返済によって消費者金融と縁が切れたと思ったのに、再び消費者金融から連絡がくるのはイヤと感じるのであればインターネットバンキングを利用して返済するのが良い方法です。

一括返済だけでは解約にならない

消費者金融の一括返済の注意点としてよくありがちなのが、借金を全額返済すれば解約になるだろうと考えてしまうことです。

冒頭でもご説明してある通り、一括返済したからといってもカードが使えなくなったわけではありません。単に借入残高が0円になったに過ぎないのです。

もし住宅ローンや自動車ローンなど大型ローンを組む予定がある場合は、なるべく消費者金融の借入は無いに越したことはありません。

一括返済しても解約とならない以上、いつでも借り入れできる状態にあるのは審査に大きく影響を与えてしまいますので、必要に応じて解約手続きを行いましょう。

解約してしまえばカードは利用することができません。はさみを細かく入れてゴミと一緒に処分しましょう。

関連記事をチェック!

1996view

借金完済後にやるべきこととは~返済が終わったら確認~

借金完済したらもうアナタは自由です。 借金返済のために汗水たらして努力した結果が報われたのですから好きなことができますね。 しかし借金完済したら気が抜けてしまって何もすることがなくなった、と言う人...

消費者金融の契約によっては一括返済できないこともある

普通のカードローン契約なら一括返済できないということはありませんが、証書貸付など毎月の返済額や最終返済日について変更することができない旨の契約条項が書いてある場合もあるようです。

債権者である消費者金融の承諾を得なければ一括返済できない、となっている可能性もありますので、契約書をよく確認するか一括返済する前に消費者金融に対して一括返済したい旨を連絡しておくことをおすすめします。

過払い金がある場合は先に請求してから一括返済する

貸金業法が改正になり現在の金利水準になったのは2010年6月のことですが、大手消費者金融では2006年半ばに金利を引き下げています。

一括返済する借金の刈り入れ時期が2006年以前であれば、利息の払いすぎの可能性もあるため借金の一括返済をする前にまずは過払い金請求してから一括返済すると二度手間になりません。

もちろん一括返済してからでも過払い金請求することはできますが、余計にお金を支払わなければならないというのは釈然としませんよね。

借入時期が2000年以前であればほぼ確実に過払い金が発生していますので、もしかしたら借金を一括返済しなくても過払い金で穴埋めできる可能性もあるのです。

インターネット情報を参考にして過払い金請求は個人でできなくもありません。しかし計算方法が面倒、消費者金融に連絡するのも面倒だという場合もあるでしょう。

その場合は弁護士や司法書士と言った法律の専門家に依頼するのが良い方法です。

解約後の申し込みは新規扱いになる

これといった理由なく解約してしまった後で、どうしてもお金が足りなくなったという場合は今までの利用実績はなくなります。

つい最近まで使っていたのだから審査は免除してくれるのではないか、利用限度額も10階通りの金額を提示してくれるのではないかという期待はできません。

解約してしまったら新規扱いになってしまいますので、場合によっては審査に通らないということもあるかもしれません。

借金一括返済が厳しいなら分割で随時返済

借金返済はさっさと済ませてしまいたい、けれどもなかなか返済できないのが借金です。

お金を借りて返済しシミュレーションしてみると返済期間が5年もある。60回も返済しなければならないのかと思うと急に体が重くなった感じがしますよね。

そこでおすすめしたいのが随時返済です。通常の支払いとは別に支払う方法で、任意返済とも言われています。

ちょっとでもお金に余裕があるときに5,000円だけ随時入金する、臨時収入が入ったら1万円だけ随時入金するというように、自分で財布と相談し分割返済に回すことで借金が返済回数を少なくすることが可能です。

ボーナスが入った、けれども住宅ローンの支払いがあるし生活費としてもとっておきたい。今借りている消費者金融の借金を一括返済するのは苦しいというなら随時返済による分割入金をやってみましょう。

随時返済ですから毎月一定額でなくても構いません。

関連記事をチェック!

1112view

借入の返済方法の種類

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入返済方法とは 銀行などから融資を受けるときに、その融資の返済方法についてあらかじめ契約書におい...

一括返済で利息を減額する

消費者金融の返済額は100万円未満なら5年、30万円以下なら3年で返済できるように計算されています。

しかし返済途中で追加借入をしてしまうと、借金を完済できるのは追加借入してから3年または5年となってしまいます。

追加借入の都度返済期間がリセットされるわけですから、借金を一括返済しない限りいつまでも返済し続けることになります。

つまりリボ払いは追加借入をしている間は返済期間が定まっていません。いつになったら借金を完済できるのか見通しを立てることができないのです。

しかし一括返済さえしてしまえばそのときは多少生活が苦しくなったとしても借金から逃れることができます。

例えばアコムから30万円を借り入れした場合の毎月の返済額は借入残高の4.2%以上ですので、毎月1万3,000円(1,000円未満切り上げ)です。

借金を全て完済するまでは29回払いとなり、借金の支払い総額は37万993円です。しかし途中で一括返済することができれば利息額を抑えることが可能です。

アコムへ6カ月支払った場合の借入残高は24万7,047円です。この時点で一括返済をすれば利息だけで4万5,946円も減額することができるのです。

12カ月目での残金18万9,145円を一括返済してしまえば、2万5,835円の利息を減額することができるのです。

一括返済する時期が早いほど負担しなければならない利息を減額することができますので、生活にゆとりがある場合は臨時収入が入ったら一括返済することを考えてみませんか。

残金に端数があるとお釣りが出ない

大手消費者金融になると返済はATMを利用することが多いですよね。しかしコンビニATMは1,000円単位でしか入金できません。

よって消費者金融の借入残高に端数がある場合は全額返済する金額ピッタリ、というわけにはいかない場合もあります。

その場合は端数を切り上げて1,000円単位で入金しておきましょう。そうすればお釣りがあった場合でも消費者金融から連絡が来てお釣りを銀行口座に入金してもらうことができます。

もちろん振込手数料はかかりませんので心配は要りません。

また消費者金融によっては1,000円未満の残高は無利息残高と言って、利息もかからなければ請求もされない、特別な扱いを受けることもできます。

しかし全額返済したいと思っているのにいくらも利息残高だからといって借金が残るのはイヤですよね。

やはりしっかり全額返済したいと考えているなら端数分を切り上げて入金するのが良いでしょう。

関連記事をチェック!

339view

カードローンの借入で端数が残ったらどうするの?

カードローン借入で端数が残ったらどうするのか気になりますよね。コンビニATMでは1,000円単位でしか入金できません。 毎月きちんと返済して借金が減るのは良いのですが、利息は1円単位で計算されますか...

全額返済しても契約は残る

消費者金融の借金を全額返済すれば「借金完済」とはなりますが、借入残高が0円になっただけで契約自体はそのまま残ってしまう場合が一般的です。

これはカードローン契約によく見られる現象です。カードローン契約は極度額貸付契約であるため借金を全額返済しても契約自体までなくなったわけではありません。

利用限度額が残っていればいつでも借りれる状態になっているため、クレジットカードの申し込みや銀行からの大型融資を受ける場合は審査に不利になってしまう場合があります。

消費者金融からの借入を行わないのであれば、契約解除の手続きを行いましょう。契約解除を行えばローンカードをATMに挿入しても借りることはできません。

もちろん信用情報機関にも契約解除した情報が載りますので、各種ローンの審査で不利になることはありません。

過払い金請求の機会を失う可能性

過払い金請求は時効が10年と言われていますが、それは借金を完済してから10年のことでお金を借りてから10年ではありません。

まして継続して消費者金融に借金を支払っているのであれば時効はないのと同じです。

借りている借金に過払い利息がある場合は、借金を全額返済してしまうのはそれだけお金を用意しなければならないわけですからもったいないですね。

借金を完済してからでも過払い金請求はできますが、できることなら借金を完済する前に過払い金があるかどうか調べておきましょう。

基本的に2000年頃から継続してお金を借りていれば過払い金が発生しているはずです。

もっと前からお金を借りていれば借金完済する必要はなくなり、なおかつ払いすぎた利息が戻ってくる可能性があります。

消費者金融の契約が古い場合は金銭問題に詳しい弁護士や司法書士と言った法律の専門家に相談してから借金完済を行うのも良い方法です。

再度借入する場合は新規になる

消費者金融に契約解除申出た後に再度借入する場合、審査において有利になることはありません。

新規借入申込者と同じ扱いを受けますので、必ずしも審査に通るとは限らない場合もあります。利用限度額も前回と同じというわけにはいきません。

契約を解除するかどうかよく考えてから行いましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談