クレジットカードのキャッシング機能ランキング!利率や特典徹底比較!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードは便利な存在ですが、特にキャッシング機能付きの場合は、ショッピングだけでなく、お金を借りたいと思ったときにもすぐに現金を用意できる有り難い存在です。

そんなキャッシング機能付きクレジットカードの、キャッシングの利率や限度額などについて徹底解説していきます。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務
この記事はこんなひとにおすすめ
  • キャッシング機能付きクレジットカードのおすすめ知りたい人
  • クレジットカードのキャッシングの利用を検討している人
  • キャッシング機能の基礎知識がつけたい人

キャッシング機能付きクレジットカードの選び方

クレジットカードを契約するときに、どのようなポイントに重点を置いているのかは人によって違いますよね。

もしキャッシング機能付きを選択する場合は、下記の4つのポイントをチェックしましょう。

  • 金利が高すぎないか
  • 利用限度額が少なすぎないか
  • 返済金額の調整はできるか
  • ATM手数料がなるべくかからない方法にできるか

キャッシングを利用する場合は、ショッピング利用と違って利用額に対して金利が発生するため、できるだけ金利が低いところを選びましょう。 金利が高いとその分支払わなければいけない利息額が増えるので、適用金利が低くて便利にキャッシングできるクレジットカードがおすすめです。

また、キャッシングの利用限度額が極端に少ないと不便さを感じる場合もあるでしょう。 利用限度額は審査によって決定されるため、必ずしも希望金額で利用できるわけではありませんが、カード会社がクレジットカードに設定する利用限度額の範囲を確認することが大切です。

クレジットカードに申し込む前に、キャッシング返済額の調整が自分で簡単にできるか否かもあらかじめ見るべきです。

返済方法については、翌月一括返済のみというカード会社も中には存在します。

キャッシングを翌月一括返済できれば理想的ですが、できない人が多数派だと思います。

そのため、返済方法をリボ払いにでき、可能であれば毎月の返済金額を自分で決められるカード会社を選ぶと返済しやすくなるでしょう。

また、毎回のことなので、ATM手数料がなるべくかからないカード会社を選ぶこともキャッシング機能付きのクレジットカードを選択するポイントのひとつです。

キャッシング付きクレジットカードおすすめランキングTOP6

クレジットカードのキャッシング機能を利用する上で、特におすすめのクレジットカードランキングTOP7を紹介していきます。

ランクが高いクレジットカードは、それだけキャッシング機能が便利で多くの人から評価されています。 人気があるキャッシング機能付きクレジットカードを契約するのもひとつの選択肢です。 それでは、ランキングを順番にチェックしていきましょう。

TOP1:イオンカード

イオンカードは、全国のイオンで買い物額に応じてポイントが貯まるため、持っているという人も多いのではないでしょうか。

イオンカードのキャッシング機能について見ていきましょう。

イオンカード
キャッシングサービスの金利7.8%~18.0%
キャッシングサービスの限度額300万円まで
返済金額の調整
ATM手数料
  • イオン銀行ATM0円
  • 提携ATM 1万以下108円 1万円超216円

イオンカードのキャッシング利用時の金利は、下限金利がその他のクレジットカードに比べるとかなり低く設定されているため、高額のキャッシング利用時に他カードに比べると低金利で利用できます。

また、イオン銀行であればATM手数料無料で利用できるためお得です。

TOP2:エポスカード

エポスカードは、マルイを利用する人にとってお得に買い物などで利用できることで有名なカードです。

キャッシング機能での特徴を見ていきましょう。

エポスカード
キャッシングサービスの金利18.0%
キャッシングサービスの限度額50万円まで
返済金額の調整
ATM手数料ATM0円提携

キャッシング利用時の金利は高いですが、初めてのキャッシング利用時に限り30日間無利息というクレジットカードでは珍しいサービスが利用できます。

そのため、キャッシングを利用したことがない人が初めて利用する場合にも向いているカードと言えるかもしれません。

また、借りるときも返すときもATM手数料が無料になることも、キャッシングをする上でうれしいポイントです。

関連記事をチェック!

317view

エポスカードは他社借入があると審査が通らない?

エポスカードなどのクレジットカードは申し込み時に他社借入があると審査に通らないことがあるのでしょうか。それにエポスカードの他社借入蘭に銀行カードローンなど銀行融資は含めるのでしょうか。 申込フォ...

エポスカードは他社借入があると審査が通らない?

TOP3:セゾンカード

セゾンカードはポイントの有効期限がないことや、ステータスの高いアメリカン・エキスプレスカードが利用できる特徴があります。

また、西友で指定日に5%OFF、イトーヨーカドー、セブンイレブンでもポイントが貯まるサービスが利用できます。

キャッシングでの特徴も見てみましょう。

セゾンカード
キャッシングサービスの金利12.0%~18.0%
キャッシングサービスの限度額300万円まで
返済金額の調整
ATM手数料
  • 提携ATM1万以下108円
  • 1万円超216円

セゾンカードのキャッシングの限度額が高く、金利は下限金利が他社と比べると比較的低めになっています。

また、キャッシングした後に翌月1回払いがきついと思う場合は、キャッシングを利用した後からでもリボ払いに変更できます。

関連記事をチェック!

252view

セゾンカードのキャッシング利用方法を徹底解説!~専業主婦でも利用ができる?~

専業主婦の人でキャッシングカードを作ることができるのか、心配になる人もいるかもしれません。 そこで、今回はクレディセゾンが発行する、セゾンカードについてみていきます。 クレジットカードの特徴として...

TOP4:楽天カード

楽天カードは、年会費が無料でポイント還元率が高いことが特徴のクレジットカードです。 楽天グループで楽天カードを利用するとより還元率がアップし、頻繁にキャンペーンが実施されるため、とてもお得に利用できます。 それでは、楽天カードのキャッシングの特徴をチェックしていきましょう。

楽天カード
キャッシングサービスの金利18.0%
キャッシングサービスの限度額90万円まで
返済金額の調整
ATM手数料
  • 提携ATM1万以下108円
  • 1万円超216円

適用金利が他社より高く、一律なのが楽天カードのキャッシングの特徴です。 キャッシングの限度額も90万円までと比較的少額なので、大きな金額の利用には向きません。 セゾンカードと同様に、支払いが難しい場合は後からリボ払いに変更できるので、返済の柔軟性が高いk十がポイントです。 楽天グループでショッピング枠の利用が多く、補助的にキャッシング枠を使いたい人にとって楽天カードはとても便利なクレジットカードだと言えます。

TOP5:アコム ACマスターカード

消費者金融の大手であるアコムが発行するアコム ACマスターカードは、年会費無料で審査の内容によっては即日発行されるクレジットカードです。 一般的なクレジットカードの特典がアコムACマスターカードにはないことに気を付けましょう。 例えば、利用額に応じたポイント付与や旅行中の事故補償などの特典はありませんが、キャッシング枠が大きい特徴があります。

アコム ACマスターカード
キャッシングサービスの金利3.0%~18.0%
キャッシングサービスの限度額800万円まで
返済金額の調整
ATM手数料
  • アコムATM 0円
  • 提携ATM1万以下108円
  • 1万円超216円

アコムACマスターカードのショッピング枠の限度額は300万円までで、キャッシング枠と合わせた利用限度額は800万円までになっています。 他社と比較すると大きな金額が設定されていますが、審査によって利用限度額が決定されるので必ずしも上限額の利用ができるわけではありません。 支払いが原則リボ払いに限られるので、他社と比較すると手数料が多くかかる可能性があるため、計画的に利用する必要があります。

TOP6:ライフカード

ライフカードは初期費用が完全無料のクレジットカードで、誕生月に高いポイント還元率が適用されることで人気を集めています。 通常の3倍のポイントがついて非常にお得なので、誕生月だけライフカードを活用する人も多いです。 キャッシングの利用についての情報も見ていきましょう。

ライフカード
キャッシングサービスの金利15.0%~18.0%
キャッシングサービスの限度額200万円まで
返済金額の調整
ATM手数料
  • 提携ATM1万以下108円
  • 1万円超216円

一般的なライフカードのキャッシングの金利設定は、利用残高が100万円未満だと18.0%、100万円以上だと15.0%になります。 他社と比較してもそれほど金利も高くなく、利用限度額も多すぎないため、不自由なくキャッシング利用ができるクレジットカードだと言えます。 なお、ライフカードはカードの種類によってキャッシングの適用金利が異なるので、他のカードの金利をチェックしておきましょう。

ライフカードの種類適用金利
ライフゴールドカード13.505%
学生専用カード15.0%

キャッシング比較:利率

クレジットカードのキャッシングを利用する場合、金利がいくらなのかが気になるポイントだと思います。

そこで、主なクレジットカード会社の金利を見ていきましょう。

主なクレジットカードのキャッシング金利

カードローンに比べて、クレジットカードのキャッシングサービスの金利は大体同じようなものになっています。

カードローンと比較すると、消費者金融並みの高い金利設定であることが分かります。

クレジットカードキャッシングサービスの金利
三井住友カード
(一般カード)
15.0%~18.0%
イオンカード7.8%~18.0%
楽天カード18.0%
セゾンカード12.0%~18.0%
オリコカード15.0%~18.0%
エポスカード18.0%
ジャックスカード18.0%
ニコスカード14.94%~17.94%
ライフカード15.0%~18.0%
ファミマTカード14.95%~17.95%

高額キャッシングなら消費者金融の方がお得

消費者金融は下限金利が低いため、高額の借入になると低金利も期待できます。

キャッシング額に合わせて利用会社を選択するのも賢い方法です。 代表的な消費者金融のキャッシングの利率は以下のとおりです。

消費者金融金 利
アイフル年3.0%~18.0%
プロミス年4.5%~17.8%
アコム年3.0%~18.0%
SMBCモビット年3.0%~18.0%

キャッシング比較:限度額

クレジットカードのキャッシングサービスの限度額は、各社ともそれほど高くはありません。

しかし、クレジットカードの利用年数が長くなると、キャッシングの限度額も上がる可能性はあります。

ただし、金利が高いので高額の借入よりは少額利用におすすめです。

クレジットカードキャッシングサービスの限度額
三井住友カード
(一般カード)
5~300万円まで
イオンカード300万円まで
楽天カード1~90万円まで
セゾンカード1~300万円まで
オリコカード10~100万円まで
エポスカード1万円~50万円まで
ジャックスカード10~50万円まで
ニコスカード1~50万円まで
ライフカード1~200万円まで
ファミマTカード150万円まで

キャッシング比較:発行会社別の審査基準

クレジットカードは、カード発行会社が違うと審査基準もサービス内容にも違いがあります。

おおまかに分けると、銀行系、信販系、流通系、メーカー系の4系統のクレジットカードがあります。

それぞれのカードの審査やサービスの特徴を見ていきましょう。

銀行系のクレジットカードは審査が厳しい!

銀行系のクレジットカードには、銀行の子会社が発行していたり、銀行とカード会社が共同で発行していたりとさまざまな発行形態があります。

例えば、三井住友VISAカードは三井住友銀行の子会社の三井住友カードが発行する老舗のクレジットカードです。

銀行系のクレジットカードの特徴は、他の消費者金融と比べて審査が厳しいことでしょう。

その代わり、セキュリティ面と信頼性が抜群で、特に海外旅行保険がしっかりしていることから、海外で利用するのに特におすすめのカードです。

ただし、他のカードと違ってポイントなどの還元率が低く、ポイント目的で利用する場合は他系統のカードが優れていると言えます。

信販系のクレジットカードは種類が豊富!

信販系のクレジットカードとは、その名前の通り信販会社が発行しているクレジットカードです。

代表的な信販系クレジットカードには、ジャックスカード、ライフカード、オリコカード、JCBカードなどがあります。

信販会社として老舗だった日本信販は、現在三菱UFJニコスと社名を変更して、銀行系のクレジットカードになっています。

信販会社はクレジットカードがない時代から培ってきた、信用販売のノウハウをクレジットカードにもうまく利用して、クレジット業界で大きく成長しました。

そのため、割賦販売における信頼度は高く、カード発行のスピードも速いメリットがあります。

また、選択できるカードの種類もたくさんあるため、自分に合ったカードをじっくり選べます。

ただし、銀行系に次いで審査はそれなりに厳しいものになっています。

銀行系のカードよりも審査に通過する可能性があるからといって安易に申し込むのではなく、しっかり対策をすることをおすすめします。

流通系のクレジットカードは審査に通りやすい?

流通系のクレジットカードとは、コンビニ、百貨店、スーパー、専門店など、主に実店舗がある企業が発行しているものです。

具体的に例を挙げると、イオンカード、エポスカード、セブンカードなどです。

店頭などで、クレジットカードの入会キャンペーンをよく見かけると思います。

流通系のカードは、店舗の利用者にクレジットカードの入会をしてもらうことによって、実店舗の利用が増えるメリットがあるため、他のクレジットカードの系統と比較すると審査に通りやすいと言われています。

また、カード利用額に応じたポイントなどの還元率も高いのが特徴で、年会費が無料というカードも多く、自分がよく利用するお店のカードを作るのが一番メリットのある利用方法でしょう。

メーカー系のクレジットカードは種類が豊富!

メーカー系のクレジットカードとは、自動車メーカーや航空会社、家電メーカーや石油メーカーが発行しているカードのことです。

カードを利用することでポイントやマイルが貯まるなどのサービスが充実していて、それぞれの還元率も高くなっているため、よく使うメーカーのカードを持っているとかなりお得にサービスを利用できます。

クレジットカード会社からすると利用者に自社のクレジットカードに入会してもらうことによって、利用する頻度を高くするという目的があるため、比較的審査には通りやすいと言われています。

関連記事をチェック!

58view

柔軟審査を行ってくれるのはどんなクレジットカード?

クレジットカードを発行するためには必ず審査を受けなければなりませんが、審査に通過できるかどうか自信がない人の場合は、できるだけ柔軟に審査を行ってくれそうなクレジットカードを選ぶ必要があります。 しか...

キャッシング機能付きクレジットカードの基礎知識

クレジットカードに付けられるキャッシング機能は、いざというときにお金を借りられる便利な機能です。

具体的にどのようなメリットがあるのか、またキャッシング機能の注意点について見ていきましょう。

1:クレジットカードのキャッシング機能ってなに?

クレジットカードは、商品を購入するときに使用する人がおおいのでは無いでしょうか。

クレジットカードには通常は買物に利用するショッピング枠とは別に、お金を借りられるキャッシング枠を設定できます。

クレジットカードにキャッシング枠を追加することで、カードローンなどと同じようにお金が足りないときにATMなどで簡単に現金をキャッシングできます。

ただし、キャッシング機能を付けるためにはショッピング枠とは別に審査が必要になります。

キャッシング機能を付けることによって総量規制の対象になるため、カード発行会社が銀行である場合を除いて年収の3分の1以上の借入ができません。

そのため、収入がない専業主婦はクレジットカードにキャッシング機能を付けられないとするカード会社がほとんどです。

また、既にカードローンなどでの借入が多い場合や、返済の延滞を何度もしている人は審査に通らない可能性があります。

そこで、キャッシング枠を申し込む前に、自分の借入状況を今一度見直しをしましょう。

借入件数があまりにも多い場合は、完済できるものがないか確認して返済することをおすすめします。 お金に余裕があるときは積極的に繰上返済などを利用して、できるだけ借入残高を減らす工夫をしましょう。 返済を延滞しているならきちんとお金を支払ってから、クレジットカードのキャッシング機能の利用申し込みをしてください。

関連記事をチェック!

300view

Visa(ビザ)クレジットカードでお金を借りる

この記事はこんな人におすすめ この記事は以下のような人におすすめの記事です。 クレジットカードのキャッシングについて知りたい人 カードローンとの違いを知りたい人 キャッシングとショッ...

2:キャッシング機能のメリットは?

キャッシング機能を利用するためには審査がありますが、1度審査に通過すると限度額範囲内であれば何度でも借りたり返したりの反復利用ができます。

そのため、すぐに現金が必要な場合でもATMなどで簡単に現金を借りられます。

また、カードの種類にもよりますが海外旅行で現金が必要になった場合に、海外の提携ATMで現地通貨を引き出し、帰国してから返済する方法の利用もできます。

キャッシング機能は、海外でクレジットカード払いができない場面で役に立つ便利な利用方法と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

615view

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に...

3:キャッシング機能の注意点とは?

キャッシング機能は非常に便利な機能ですが、注意すべき点が2つあります。

  • キャッシングの利息は高い!
  • キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれる

クレジットカードをショッピングに利用する場合と、キャッシングする場合では気を付けるポイントが全く違います。

そこで、クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合に、注意する点について見ていきましょう。

2つの注意点をしっかり押さえれば、キャッシング機能を安心して最大限にいかした利用ができます。

キャッシングの利息は高い!

クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合の一番の注意点は、必ず金利が発生することです。

クレジットカードのキャッシング機能は、他のものより適用金利が高めに設定されているため、1~2万円の借入であればそれほど金利がかかりませんが、高額の借入になると支払利息もそれに伴って高額になってしまいます。

すぐに返済できる目途が立っている場合は別ですが、完済までに時間がかかってしまう場合は支払利息を計算の上、借入することをおすすめします。

高額で短期の借入であれば、キャッシングのメリットを生かした利用ができます。

キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれる

クレジットカードは、利用者に応じて利用限度額が設定されています。

通常、ショッピング枠とキャッシング枠は別々に限度額が設定されています。

例えば、ショッピング枠の利用限度額が50万円、キャッシング枠が20万円だとすると、合計で70万円分利用できると考える人がいますが、それは間違いですので気を付けてください。

クレジットカード利用においてとても間違えやすいポイントですが、キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれている形で設定されています。

そのため先ほどの例で説明すると、ショッピング枠で40万円利用した場合、キャッシング利用可能枠は10万円になってしまいます。

逆にショッピング枠を10万円しか利用しなかった場合でも、キャッシング枠は増えずに当初から設定されている20万円となります。

ショッピング枠もキャッシング枠も、クレジットカードの利用年数が増えると限度額が増える場合もあります。

したがって、カードが更新されたら、それぞれの利用限度額をチェックしておくことをおすすめします。

4:キャッシングカードの作り方は?

便利にキャッシングができるクレジットカードの作り方は、申し込む会社によって多少異なりますが、大まかには以下の流れで作成できます。

  • 窓口やネットなどでキャッシングの利用申込をする
  • 申告した情報をもとに審査が実施される
  • 正式な契約手続きをする
  • キャッシングカードが発行される

クレジットカードに付帯したキャッシング枠を利用する場合は、クレジットカードの申込時に希望額を申告します。 すでに発行されたクレジットカードにキャッシング枠がついているケースもありますが、付いていなければカードのサポートセンターなどに連絡をするとキャッシング利用についての案内が受けられます。

5:利息を抑えるお得な返済方法は?

利息を押さえてお得にキャッシングの利用額を返済するには、無利息サービスや繰上返済を利用するのがおすすめです。 利用会社によりますが、初回利用日や契約日など指定の日から一定期間の無利息サービスを実施するところがあります。 無利息期間中に返済すれば、利息額の支払いをせずに元金だけの返済になるので非常にお得です。 金利が高く、借入期間が長いキャッシングほど総返済額が大きくなります。 そのため、お金がある時に決められた返済額以上の支払いをすると利息の発生額が抑えられます。 月々の返済額を上げると利息分を節約できるので、できるだけ早くお金を返すことを意識して返済するとお得にキャッシングを利用できます。

6:クレジットカードでキャッシングできない理由とは?

クレジットカードのキャッシングが利用できない理由として、考えられるのは次の4つです。

  • 借入総額が総量規制に近い金額になっている
  • 信用状況が悪化している
  • 返済を延滞している
  • キャッシング枠が付いていない

他社からの借入額が増加して、すでに総量規制を超えている場合はキャッシングできません。 総借入額が年収の3分の1以上になると、基本的には新しい借入ができないので返済を進めて借入残高を減らしましょう。 他社利用を含めて、返済状況が悪いと信用力が低下してキャッシングができないことがあります。 日ごろから返済期日を守って利用しなければ、いざというときにキャッシングができないので注意が必要です。 クレジットカードやキャッシングの利用額などをきちんと支払っていなければ、クレジットカードでキャッシングできません。 返済を延滞中の場合は、利用会社に連絡をして請求額を支払ってからキャッシングを利用しましょう。 そもそも、クレジットカードにキャッシング枠が付与されていないケースもあります。 申込をしたつもりになっている場合も考えられので、会員ホームページや利用会社に問い合わせて確認することをおすすめします。

まとめ

クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合、カードローンに比べると金利が高いため、高額の借入には不向きだと言えるでしょう。

しかし、クレジットカードをキャッシング機能しか利用しない人は少ないのではないでしょうか。

そのため、キャッシング機能だけではなく、クレジットカード本来のサービス面やポイント還元率など、キャッシング以外での利用価値もよく検討した上で申し込みすることをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談