キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

無利息でお金を借りる方法は2通り!消費者金融の無利息サービスを比較することが重要

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お金を借りるときに気になるのが「金利」です。

金利は高ければ高いほど返済時に発生する利息が増えるため、できるだけ低い金利、極論を言えば無金利でお金を借りたいというのが多くの人の願望でしょう。

そこで今回は、無金利でお金を借りることは本当に可能かどうかについて説明していきます。

無利息でお金を借りる方法は2通り


結論から申し上げておくと、無金利でお金を借りることは可能です。

しかしそれは、非常に限定的な条件に限られます。

無金利でお金を借りることができる限られた方法について、以下で説明していきます。

関連記事をチェック!

17view

金利とはなに?利息とは違うのかわかりやすく解説

金利や利息の仕組みなんて知らなくても、別に生活には何の支障もないという人もいるでしょう。 しかし、近年は若年層のカードローン利用者が増加していますし、いずれマイカー購入やマイホーム購入といった、...

消費者金融の無利息期間を利用

まずは、消費者金融の無利息期間を利用するという方法です。

大手消費者金融では、主に初回利用者を対象とした無利息サービスを取り扱っているため、そのサービスを利用することと無金利でお金を借りることが可能となります。

ただし、ほとんどの無利息サービスは初回利用者を対象としているので、これまでに消費者金融を利用したことがあるという人は、今までに自分が利用したことがない消費者金融を選ばなければなりません。

また、消費者金融業者はたくさん存在しているものの、このサービスを取り扱っているのは基本的に大手が中心なため、属性等の観点から大手消費者金融が利用できない人にとっては無利息期間の利用は難しいかもしれません。

関連記事をチェック!

60view

30日間無利息サービスのカードローンでお得に借りる

金融機関からお金を借りると利息が発生しますが、利息は返済負担を重くする大きな要因です。 しかしカードローンの中には、無利息サービスが利用できるものもあり、うまく活用すれば返済負担をグッと抑えられ...

公的な制度を利用

消費者金融の無利息期間を利用する以外の方法では、後はほぼ公的な制度を利用するしかなくなってしまいます。

例えば、社会福祉協議会が窓口となって取り扱っている「生活福祉資金貸付制度」では、連帯保証人を立てることができれば無金利で借り入れを行うことが可能です(連帯保証人が立てられない場合は1.5%の金利)。

ただし、生活福祉資金貸付制度は誰でも利用できるというものではなく、「低所得者世帯」「高齢者世帯」などの条件を満たさなければ利用できません。

ただ単に、「無金利でお金が借りたいなぁ」と思って借りられるような制度ではないことには注意が必要です。

関連記事をチェック!

910view

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

一生懸命働いているのにもかかわらず低収入のために、銀行カードローンや消費者金融で借りられない人がいます。生活費で足りない部分はとりあえずお金を借りて解決しようと考えるのが普通ですね。 しかし低収...

関連記事をチェック!

459view

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法と借りれない原因や対処法

今得ている収入では、どうしても生活していくことができない。 しかし、今の状態では金融機関に融資を申し込んでも、審査に通る見込みがないでしょう。 そんな時に利用検討してもらいたいのが、生活福祉金貸付...

無利息期間には色々なパターンが

では、現実的に利用可能である「消費者金融の無利息期間」について少し掘り下げて説明していきましょう。

実は無利息期間には幾つかのパターンがあるため、利用するときには自分がもっとも利用しやすそうだと感じる無利息期間を取り扱っている業者を選ぶ必要があります。

消費者金融30日無金利キャッシング比較

大手カードローン会社の中には、「30日間無利息キャンペーン」を行っているところがあり、はじめて利用する人にとってカードローンを利用するハードルを低くしています。

カードローンを利用したことがない人にとって、やはり「金利」は恐ろしいものというイメージがあるため、そのイメージを一掃しカードローンの便利さを理解してもらうという狙いがあります。

では、消費者金融で30日間無利息キャンペーンを行っているところと、その詳細について紹介します。

消費者金融名無利息期間利用条件
アイフル契約日の翌日から30日間・アイフルをはじめて利用する人
・無担保キャッシングを利用する人
アコム契約日の翌日から30日間・アコムをはじめて利用する人
・「35日ごと」の返済期間で契約した場合
プロミス初回借入日の翌日から30日間・プロミスをはじめて利用する人
・Web明細を利用する人
・メールアドレスを登録した人

アイフルとアコムは「契約日の翌日」から無利息期間が始まるのに対し、プロミスでは「初回借入日」が起算日となっている点が異なります。

利用条件は、いずれも「はじめて利用する人」が対象となっており、他は各消費者金融によって条件が定められています。

ポイントを使って無利息にすることも可能

プロミスではもちろん、「初回30日間無利息」の無利息サービスも取り扱っていますが、その他にもプロミス独自のポイントをためて消費することで利用できる無利息サービスがあるのです。

プロミスでは、「オンライン上の会員ページに届くメールを開封することで1ポイント」のように、決まった手続きを行うことでポイントをためることが可能です。

そのポイントは、ATM手数料無料などの特典と交換することができるのですが、その交換対象の中に「7日間・15日間・30日間」の無利息サービスがあるのです。

定期的に7日間の無利息サービスを利用したり、ポイントをためて一気に30日間の無利息サービスを利用したりというように、利用者それぞれにとってもっとも適した無利息期間を選ぶことができるのが大きなメリットとなっています。

関連記事をチェック!

15view

プロミスの30日間無利息とは?

お金を借り入れると利息が発生するということは、多くのかたがご存知だと思います。 しかし金融期間によっては無利息期間を設けているところもあるため、その期間をうまく利用できればお得に借り入れが行える場合...

1週間の短時間だけど完済すれば何度でも使える

ノーローンで取り扱われている無利息サービスは、他の無利息サービスとは一線を画す内容となっています。

ノーローンの無利息サービスでは無利息期間は1週間しかありませんが、その借り入れを完済し終えたら、翌月また改めて1週間の無利息期間を利用することができるのです。

繰り返し利用できる無利息期間というのは他に余り例がなく、定期的に消費者金融のお世話になりたい人にとっては、一番便利に利用できる無利息サービスかもしれません。

関連記事をチェック!

25view

ノーローンのメリットとデメリットを徹底解説!

ノーローンは便利でお得な消費者金融で、多くの利用者から支持されています。 しかし、これから申し込む場合には、利点と欠点を把握して利用したいですよね? そこで、ノーローンのメリットデメリットを紹介し...

おすすめは無利息融資を選べるレイクALSA

レイクALSAには、「30日間無利息」と、「5万円まで180日間無利息」の、選べる2つの無利息期間が設けられています。

【30日間無利息】

借入金額の全額に対して30日間無利息で利用できます。

30日以内に返済可能な場合に向いているサービスです。

【5万円までなら180日間無利息】

借入金額が1万円~200万円のうち、5万円までが180日間無利息となり、5万円を超える部分については通常の利息が発生します。

5万円以下の利用で180日以内に返済可能であれば、無利息で利用できます。

ただし、2つのサービスを併用することはできませんので注意しましょう。

もし、どちらの無利息サービスを利用すればいいのか迷ったら、公式サイトの「どっちがおトク?シミュレーション」で借入金額をクリックすると、よりお得な無利息サービスを選んでもらえます。

利用条件は以下の通りです。

対象者レイクALSAをはじめて契約した人
無利息開始日契約日の翌日から
無利息期間中の返済あり
借入限度額1万円~200万円
無利息期間終了後の金利30日間無利息:4.5%~18.0%/180日間無利息:12.0%~18.0%

初回30日間無利息

アイフル、アコム、プロミスと同様に、レイクALSAでも30日間無利息キャンペーンが行われています。

30日間と言うと約1か月ですが、1か月の間無利息で利用できればその期間に大抵の人は給料日を迎えるでしょうから、ムリなく返済を行うことができるでしょう。

非常に使い勝手のいい無利息サービスとなっています。

関連記事をチェック!

49view

レイクALSAの借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はレイク ALSAについて説明したいと思います。 ▲当サイトで1番人気はやっぱり▲ レイクALSAについて ※レイクALSA公式WEBサイトより引用 2...

初回180日間無利息

レイクALSAでは「180日間無利息サービス」を提供し、他の消費者金融の無利息キャンペーンと差別化を図っています。

この無利息サービスは、「限度額200万円以下の場合、借り入れた金額のうち5万円までは180日間が無利息になる」というものです。

「飲み会でお金が少し足りない!」「今月は出費が多くて大変!」というときなどに5万円以内の借入をしても、180日以内に返済すれば利息が発生することがありません。

無利息が適用される金額は低いものの、無利息期間自体は約半年にもなるため、借入金額が5万円以下の場合には非常に重宝する無利息サービスと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

23view

レイクALSAは2つの無利息期間のどちらを選べばいい?

どんな融資サービスでも、融資を受ければ利息を上乗せして返済しなければならないのは当然のことです。 しかしレイクALSAであれば、5万円を半年間の間無利息で借りられるという話がありますが、これは本...

無利息サービスを使用するために気をつけたいこと

色々な無利息期間があることがわかりましたが、そのような無利息期間を利用するときに注意しておきたいポイントを幾つか挙げていきましょう。

即日借りないと無利息期間が無駄になる

もっとも注意しておきたいのは、無利息期間がスタートするのが「初回利用日」なのか「初回契約日」なのかということです。

契約したその日に利用すれば初回利用日も初回契約日も同じ日になりますが、一般的には初回利用日が後に来ることになります。

そのため、「初回契約日から30日間無利息」よりも「初回利用日から30日間無利息」は、無利息期間を有効活用できる可能性が高いと言えるでしょう。

取りあえず契約をしておくか、と考えているような場合には「初回利用日から30日間無利息」の無利息サービスを選ばなければ、無利息期間の大半を利用できないということになりかねないため注意が必要です。

期間中でも返済はしなければならない

初回30日間無利息の無利息サービスを利用している場合は、大抵その期間中に1回目の返済期日が訪れます。

この返済期日は、「無利息期間中だし返済が多少遅れても大丈夫だろう」と甘く考えられがちですが、決してそんなことはありません。

この返済期日を守らずに返済を遅延してしまうと、その瞬間にペナルティとして残っている無利息期間がすべてなくなってしまうからです。

どのような返済においても返済期日を守ることは基本ですが、無利息サービスを利用している場合は特に注意したいと言えるでしょう。

公的な制度を利用して無金利でお金を借りる方法

無金利でお金を借りる方法は、消費者金融だけではありません。

低所得者、高齢者、障害者などが安定した生活を送れるように、「生活福祉資金貸付制度」言う制度が設けられ、都道府県の社会福祉協議会が貸付・相談・支援を行っています。

貸付の対象となる人は次のいずれかに該当する人です。

  • 資金を他から借りることが困難な「低所得者世帯」
  • 障害者手帳の交付を受けている人がいる「障害者世帯」
  • 65歳以上の高齢者がいる「高齢者世帯」

具体的には、次の4つの公的な制度を利用してお金を借りることができますので、検討してみてはいかがでしょうか。

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 不動産担保型生活資金
  • 緊急小口資金

総合支援資金

失業などによって生活に困窮している人が、生活を立て直して経済的に自立できるように、社会福祉協議会とハローワークからの支援を受けながら、生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費などの借入をすることができる制度です。

資金の種類利用限度額返済期限使用目的
生活支援費月20万円まで(単身世帯は月15万円以内)10年生活再建までの間に必要な生活費
住宅入居費40万円まで10年敷金、礼金などの住宅賃貸契約を結ぶために必要な費用
一時生活再建費60万円まで10年就職・転職のための技能習得、債務整理のための費用など、生活再建するために一時的に必要な費用で、かつ日常生活費で賄えない費用

これらの貸付にかかる利息は、連帯保証人がいる場合は無金利、連帯保証人がいない場合は年1.5%です。

なお、総合支援資金を申込むためには、ハローワークへの求職申し込みと職業相談を行っていることが条件となりますので、まずはハローワークで求職登録を行う必要があります。

手続き窓口は市区町村の社会福祉協議会となります。

福祉資金

生業を営むために必要な経費、病気の療養にかかる経費、住宅の増改築・補修などに必要な経費、福祉用具などの購入にかかる経費、介護サービス・障害者サービスを受けるための経費などの資金を借り入れることができます。

  • 利用限度額:580万円以内
  • 金利:保証人ありの場合無金利、保証人なしの場合年1.5%
  • 返済期間:20年

不動産担保型生活資金

低所得の高齢者世帯、又は要介護の高齢者世帯が、自宅を担保にして借入が行える制度です。

資金の種類借入限度額金利返済期間使用目的
不動産担保型生活資金・土地評価額の70%程度
・月30万円以内
・年3%又は長期プライムレートのいずれか低い方契約終了後3か月以内低所得の高齢者世帯が、一定の住居用不動産を担保にして生活資金を借り入れる
要保護世帯向け不動産担保型生活資金・土地及び建物評価額の70%程度(マンションの場合は50%)
・生活保護費の1.5倍以内
・年3%又は長期プライムレートのいずれか低い方契約終了後3か月以内要保護の高齢者世帯が、一定の居住用不動産を担保にして生活資金を買い入れる

緊急小口資金

災害にあった場合など、緊急かつ一時的に生計の維持が困難になった場合の費用を借り入れることができます。

  • 利用限度額:10万円以内
  • 金利:無金利(保証人がいなくても)
  • 返済期限:12か月

関連記事をチェック!

287view

緊急的な貸付は債務整理しても借りれる?~緊急小口資金貸付制度を活用~

緊急的な生活資金を貸付している公的機関をご存知でしょうか。借りれるのは少額ですがイザというときは役に立ちます。 債務整理などで金融事故を登録されてしまうと最低でも5年間はお金を借りることができま...

低金利でお金を借りる 方法


無金利でお金を借りることに関する説明はこれですべてですが、「返済負担を減らしたい」がために無金利でお金を借りたいというのであれば、「低金利でお金を借りる」ということも次点での選択肢となるでしょう。

低金利でお金を借りる方法であれば無金利でお金を借りる方法よりも選択肢は多くなりますので、低金利でお金を借りる方法についても説明していきましょう。

銀行カードローンを利用

無金利でお金を借りたい場合には、無利息サービスを利用するために消費者金融を利用するのが大原則でしたが、低金利でお金を借りたいというのであれば消費者金融ではなく銀行カードローンを優先することになります。

それぞれの銀行カードローンで適用金利は異なりますが、どれも総じて低めの金利設定になっているため、消費者金融を利用するよりも低金利で借り入れを行える可能性は高くなっています。

消費者金融よりも審査が厳しめに行われることが多いため、人によっては利用できない可能性もありますが、属性や信用情報に問題がないのであれば銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

関連記事をチェック!

28view

1番低金利の銀行系・消費者金融カードローンでお金を借りたい

カードローンでお金を借りるなら、できるだけ金利が安いところで借りたい、と誰しも考えるはず。 先日カードローン会社を一覧にしたこともあり、本日はそちらを参考にしながら金利の安いカードローンを紹介しよう...

フリーローンを利用

「お金を借りる」と言うとどうしてもカードローンのことを考えてしまいがちですが、資金使途自由のお金を借り入れられるローンとしては、カードローン以外にフリーローンもあります。

フリーローンはカードローンと違い、限度額の範囲内で自由に借り入れ・返済を行えるといった柔軟性がない代わりに、適用金利が総じて低くなっています。

柔軟性よりも金利の低さを重視したいという場合には、フリーローンの利用を検討してみるのも1つの手段かもしれませんね。

関連記事をチェック!

106view

カードローンとフリーローンの違いやメリット・デメリット

生活費が足りないときに、「ちょっとお金を借りたい」ということはないでしょうか?このときに利用するローンとして、カードローンとフリーローン(多目的ローン)があります。 「カードローンはよく聞くけど、フ...

知人から借り入れるという選択肢も

金融機関から借り入れる場合はあらかじめ金利がどれくらいで~と定められていますが、金融機関ではなく知人からお金を借り入れる場合には、双方の話合いで金利を決定することができます。

知人同士とはいえ、お金の貸し借りである以上は無金利で行うわけにはいきませんが、それでも金融機関で借りるよりずっと有利な金利設定にしてもらうことも可能性があります。

知人から借りるというのは、金融機関で借り入れを行う場合とは異なり色々なしがらみがあるものですが、後腐れなくお金の貸し借りができそうな相手がいるのであれば、知人から借りるという選択肢も現実味を帯びてきます。

もちろん知人同士だからと言って、返済が遅れる・返済を行わないのはいけません。

関連記事をチェック!

1469view

友達から上手にお金を借りる方法と言い訳【200人に聞いた】

友達からお金を借りる場合は、業者から借りる以上に細心の注意を払わなければなりません。 業者は仕事として割り切ることができますが、友達は業者ではありません。 ヘタをすると友人関係にひびが入り...

無金利でお金を借りれる手段は少ない

説明してきましたように、無金利でお金を借りることができる主な手段は、①消費者金融の無利息サービスを利用する②公的な制度を利用する、のいずれかになります。

1つは公的な制度でもう1つは限定的な条件を満たさなければならないものだけに、無金利でお金を借りるということがいかに難しいかについておわかりいただけたのではないでしょうか。

そもそも、金利とそこから発生する利子は融資をしているものの利益に直結するものに他ならないので、無金利(無利子)で融資を行うということは、採算度外視で事業を行っているのと全く同じなのです。

真っ当な民間企業であれば、当然そのような事業は行えません。

せいぜい消費者金融の無利息期間のような、新規顧客取り込みキャンペーン的な要素を持ったものが関の山でしょう。

そのため、「無金利でお金を借りたい」というのは多くの人にとって夢物語のまま終わってしまうのです。

まとめ

以上、無金利でお金を借りることは可能かということや、その場合の注意点を中心に説明を行ってきました。

基本的には、特別な条件を満たさない限りは無金利でお金を借りることはできません。

「無金利でお金を借りれたらなぁ」と考えるのは自由ですがそんなうまい話は早々ないので、消費者金融の無利息期間を利用するという方法が利用できないのであれば、「低金利でお金を借りれたらなぁ」程度にとどめておくようにしましょうね。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談