借金を一本化する際の罠!?詐欺に引っかからないためには?

借り入れ件数が多くなると返済負担が重くなり、さらに追加借入が必要となって、ますます返済負担が重くなる悪循環に陥ることがあります。

こんな時、返済額を下げる「借金の一本化」は魅力的です。

しかし、「一本化詐欺」がありますので、注意が必要です。

執筆者の情報
名前: 芦田春馬
年齢:39歳
性別:男性
職歴: 平成13年に都市銀行に就職。その後、ノンバンクに転職

おまとめローンの種類

借金の一本化を装った詐欺について説明する前に、本来的な「借金の一本化」のための融資を確認しておきましょう。

借金の一本化とは、言葉の通り、「複数の既存借り入れを、一本の借り入れでまとめてしまう」ための、既存借入の借り換えのことです。

借金の一本化に使える借り入れは特殊であり、取り扱っていない銀行も多くあります。

借金の一本化に使える借入には、以下のようなものがあります。

  • おまとめローン
  • カードローン
  • フリーローン

それぞれ、銀行や消費者金融で借り入れできる融資です。

おまとめローンというのは、「最も代表的な、借金の一本化」のための借り入れです。

おまとめローンは一本化専用の融資ですので、借り入れ金額も大きく、借金の一本化に適していますが、取り扱っている銀行や消費者金融は多くありません。

その他の一本化のための融資として、資金使途が自由なカードローンや、フリーローンといったものを利用する方法もあります。

カードローンや、フリーローンも、全て利用できる分けではなく、金融機関によっては、「他社からの借り換え資金としての使用を禁止」していることもあります。

借金の一本化のための借入は、大きく分けて上記の3種類となります。

関連記事をチェック!

おまとめローンとは

おまとめローンとはローンの仕組みを理解することが重要です。今回ご説明するのは複数借金を抱えている人に有効な方法、おまとめローンの概要です。 誤った選択をしてしまうと逆効果となってしまいます。使い...

おまとめローン詐欺とは?

銀行や、消費者金融で借り入れできる「おまとめローン」を悪用した、「おまとめローン詐欺」がありますので注意が必要です。

おまとめローン詐欺が、どんなものかを確認しましょう。

どんな詐欺があるの?

おまとめローン詐欺というのは、「借金の一本化がしたい」と思っている方に対して、実際には融資を行わないにも関わらず、融資の見返りや、条件として、手数料をだまし取るというものです。

実際に行われている詐欺の方法については、金融庁のホームページに事例が掲載されていますので、そちらの一部を、以下にご紹介します。

<事例①>
ダイレクトメールで勧誘をしてきた業者に借り入れ申込したが、「金融庁から貸付停止命令が出されており解除手数料が必要」と言われ、振り込みしたが融資が実行されない。
 <事例②>
融資勧誘の電話をしてきた業者に借入申込したが、「融資条件として保険が必要」と言われ、保険料を振り込みしたが融資が実行されない。
 <事例③>
インターネット検索で見つけた業者に借入申込したが、「貸付限度額の上限であり、事前に保証料が必要」と言われ、保証料を振り込んだが融資が実行されない。
 <事例④>
携帯サイトで見つけた業者に借入申込したが、「新規顧客は金利の先払いが必要」と言われ、お金を振り込んだが融資が実行されない。

いずれの例においても、名目は変わりますが、「融資前」に、先にお金を要求しているのが特徴です。

お金を払わせたうえで、その後は融資を行わず、手数料などをだまし取る詐欺なのです。

詐欺の手口は、「振り込め詐欺」に近いとも言えるでしょう。

前述の銀行や、消費者金融で借入できる一本化融資(おまとめローンなど)では、借入時の利息は必要ですが、借入前に、審査のための手数料や、保証料、保険料などを請求することはありません。

費用が必要となった場合も、通常は「融資実行時」に同時で受け取り、融資前に先に受け取るということはありません。

さらに、詐欺を行う業者は、ダイレクトメールなどで勧誘してきた「実態の不透明」な先であることが特徴となっています。

店舗で実際に営業していることが確認できない業者には注意が必要です。

関連記事をチェック!

騙されないで!闇金による詐欺の手口【被害者続出】

闇金といえば、取立ての厳しい違法な高利貸しですが、今や闇金による詐欺も横行している世の中です。 どんな詐欺の手口があり、どんな人が狙われやすいのでしょう? 闇金の詐欺の手口に騙されない対策...

心理を利用されている

借金の一本化をしたいと思う方の多くは、現在の返済負担が重く、資金繰りに苦しんでいる方が少なくありません。

一刻も早く、なんとか借金の一本化を図りたいと思って、焦っていることが多いのです。

しかし、銀行や、消費者金融のおまとめローンは、通常のカードローンに比べると、審査に通りにくいと言われています。

そのため、銀行や、消費者金融で審査に通らなかった方や、そもそも、どこで借金を一本化して良いか解らなかった方の「困って・焦っている状況」に付け込んでいるのです。

詐欺にあった時の対処法

被害にあったことが判明した場合は、まず、警察に相談して被害届を出しておくのが良いでしょう。

しかし、犯人が捕まる可能性は、かなり低いと思われます。

こういった詐欺の犯人は、振込詐欺と同様に、組織的・用意周到に犯行しているうえ、電話や、ダイレクトメールを活用しており、実態も掴みにくいものとなっています。

そして、仮に犯人が捕まったとしても、騙されたお金が戻ってくる可能性は、ほとんどありません。

捕まった犯人が既に使ってしまっていたり、どこか解らないように隠してしまっていると回収できません。

被害者が多いと、多少の金額が見つかったとしても、戻ってくる金額は極めて低いものとなってしまいます。

詐欺にあわないためには?

借金の一本化詐欺にあってしまうと、その後、騙されたお金を取り戻すことは困難です。

そのため、詐欺にあわないように心がけておくことが、何よりも大切です。

勧誘してくる業者に注意

ダイレクトメールや、電話で融資を勧誘してくる業者には注意が必要です。

少なくとも、銀行や、大手の消費者金融では、CMなどの広範囲な宣伝は行いますが、おまとめローンのような商品の勧誘を、個別にダイレクトメールや、電話で行うようなことはしません。

さらに、低金利での借り換えや、返済額が大幅に下がる、銀行の審査に落ちた人でも借り入れできるなど、「甘い言葉」で勧誘してくる業者には、注意が必要です。

融資前に金銭を支払うのは危険

銀行や、消費者金融の融資において、事前に金銭の支払いを求めるということはありません。

例えば、銀行の住宅ローンなどでは、印紙代や、保証料が必要になりますが、融資の実行と同時に、必要な費用も徴求します。

融資を行う前に、融資条件として先に金銭を支払わせるということはありません。

こういった要求をしてきたら、非常に危険です。

詐欺の可能性を疑い、注意する必要があります。

信頼できる先を利用する

借り入れするにあたっては、営業実態のはっきりとした、安心できる金融機関を使用するべきです。

具体的に言えば、銀行や、大手の消費者金融から借り入れするのが望ましいでしょう。

「聞いたことがない」、「知らない」ところから借り入れするのは危険ですので、避けた方が良いです。

少なくとも、事前にインターネットから、借入先の情報や、評判などを調べたり、貸金業者としての登録が行われているかの確認を行っておくべきです。

関連記事をチェック!

日本貸金業協会一覧と悪徳業者の検索の仕方

お金を借りようとしている業者が正規金融業者が悪質金融業者か、を見極める方法の1つとして『貸金業者に登録がされているか』があります。 ここに登録されていたら、安心できる金融業者、と思ったら...

審査に通過しないなら債務整理も

それでも銀行や、消費者金融の審査に通過できないとなると、多少危険な業者でも頼ってしまいたくなります。

銀行や、消費者金融の審査に通過できないという方の場合、債務整理も視野に入れて検討されてみるのが良いでしょう。

そうすれば、「何としてでも、おまとめローンの審査に通過しないといけない」と思わなくても良くなり、「無理な借入」をしなくて良くなります。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

まとめ

借金の一本化によって返済負担を軽減したいと思っている方は、「おまとめローン詐欺」に合わないように注意してください。

おまとめローン詐欺は、多重債務に苦しんでいる方の心理に付け込んで、金銭を騙し取る詐欺です。

融資前に金銭を要求する業者、実態の不透明な業者に相談するのは注意が必要です。

大手の銀行や、消費者金融の審査に通過できないなら、債務整理を含めて検討し、無理な一本化は避けた方が良いでしょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【携帯キャッシュバック復活?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 最近、すっかり見かけなくなった携帯・スマホのキャッシュバックに関する情報も・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・