キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

借金を一本化する際の罠!?詐欺に引っかからないためには?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借り入れ件数が多くなると返済負担が重くなり、さらに追加借入が必要となって、ますます返済負担が重くなる悪循環に陥ることがあります。

こんな時、毎月の返済額を減らして、負担を軽くする「借金の一本化」は魅力的です。

しかし、「一本化詐欺」というものがありますので、甘い話には注意が必要です。

執筆者の情報
名前: 芦田春馬(39歳)
職歴: 銀行と消費者金融,計15年勤務
この記事はこんな人におすすめ

この記事は次のような人におすすめの記事となっています。

  • 複数の金融機関から借金をしている人
  • 毎月の返済が苦しいと感じている人
  • 今よりもよい条件で借り変えを検討している人

おまとめローンとして利用できるのは?

借金の一本化を装った詐欺について説明する前に、「借金の一本化」とは本来はどのような融資なのかを確認しておきましょう。

借金の一本化とは、「複数社から借りている借金を、一社にまとめてしまう」ための借り換えのことです。

借金の一本化は特殊なローンであり、取り扱っていない銀行も多くあります。

なお、借金の一本化に使える借入には、次のものがあります。

  • おまとめローン
  • カードローン
  • フリーローン

おまとめローンは最も有名で、一本化専用の融資となります。

借り入れ金額も大きく、借金の一本化に適していますが、取り扱っている銀行や消費者金融が少ないことがデメリットでしょう。

おまとめローン以外にも、資金使途が自由なカードローンや、フリーローンを利用するという方法もあります。

ただし、全てのカードローンやフリーローンが利用できるわけではなく、金融機関によっては、他社からの借り換え資金としての使用を禁止していることもあります。

なお、一本化に使えるローンとして、おまとめローンは消費者金融が、カードローンやフリーローンは銀行が販売しています。

それぞれの特徴を説明しますので、自分に合った商品を探すための参考にしてください。

消費者金融が提供しているおまとめローン

おまとめローンは、借金の一本化だけに使える目的ローンで、生活費などには利用できないので気を付けましょう。

消費者金融は総量規制の対象であるため、年収の3分の1を超える融資はできません。

しかし、総量規制には例外があり、おまとめローンは「消費者に一方的に有利」であることから年収の3分の1以上でも融資が可能です。

また、利息制限法によって、100万円を超えるローンは金利15.0%未満と定められています。

例えば、金利18.0%で借りている50万円と60万円の借金を、110万円にまとめると金利が低くなるため返済が楽になります。

ただし、消費者金融のおまとめローンで一本化できるのは、消費者金融や信販会社からの借金だけです。

銀行からの借入はまとめられないので注意しましょう。

次で詳しく説明する銀行カードローンですが、消費者金融でもカードローンの販売はしています。

消費者金融のカードローンは審査が早いことなどを売りにしていますが、金利の低さでは銀行カードローンに劣ります。

審査が多少遅くても余裕をもって申し込めば、銀行カードローンでも対応できるでしょう。

少しでも金利が低い方が返済に有利ですので、銀行カードローンの利用をおすすめします。

銀行系のフリーローンやカードローン

一方でフリーローンやカードローンは銀行が販売している商品で、一本化だけでなく生活費や旅行などさまざまな目的に利用できます。

また、フリーローンは借りた後は返済するだけとなりますが、カードローンは限度額までなら何度でも追加でお金を借りられるという違いがあります。

カードローンの方が便利だと思うかもしれませんが、同じ金額を同じ銀行から借りる場合、フリーローンの方が金利が低く設定されています。

追加融資はできませんが、利息分の支払いを少なくするという点においてはフリーローンの方が優れています。

おまとめローン詐欺とは?

銀行や消費者金融で借り入れできる「おまとめローン」を悪用した、「おまとめローン詐欺」がありますので注意が必要です。

負担を減らすつもりが、逆に大きな負担を抱えることになりかねません。

おまとめローン詐欺が、どんなものかを確認してひっかからないように備えましょう。

おまとめローン詐欺業者の手口とは?

おまとめローン詐欺というのは、「借金の一本化がしたい」と思っている人に対して、実際には融資を行ず、融資の見返りや条件として手数料をだまし取るというものです。

実際に行われている詐欺の実例については、金融庁のホームページで紹介されています。

一部を取り上げながら、どのような詐欺の手口があるのか見ていきましょう。

<事例①>
ダイレクトメールで勧誘をしてきた業者に借り入れ申込したが、「金融庁から貸付停止命令が出されており解除手数料が必要」と言われ、振り込みしたが融資が実行されない。
 <事例②>
融資勧誘の電話をしてきた業者に借入申込したが、「融資条件として保険が必要」と言われ、保険料を振り込みしたが融資が実行されない。
 <事例③>
インターネット検索で見つけた業者に借入申込したが、「貸付限度額の上限であり、事前に保証料が必要」と言われ、保証料を振り込んだが融資が実行されない。
 <事例④>
携帯サイトで見つけた業者に借入申込したが、「新規顧客は金利の先払いが必要」と言われ、お金を振り込んだが融資が実行されない。

いずれの例においても、名目は変わりますが、「融資前」に、先にお金を要求しているのが特徴です。

先にお金を払わせて融資を行わず、手数料などをだまし取るのが一般的な詐欺の手口で、「振り込め詐欺」に近いとも言えるでしょう。

銀行や消費者金融は、借入前に審査のための手数料や、保証料、保険料などを請求することはありません。

費用が必要となった場合も、通常は「融資実行時」に同時で受け取り、融資前に先に受け取るということはありません。

さらに、詐欺を行う業者は、ダイレクトメールなどで勧誘してきた「実態の不透明」な金融機関であることも特徴です。

店舗が確認できない業者は十分に警戒すべきでしょう。

関連記事をチェック!

騙されないで!闇金による詐欺の手口【被害者続出】

闇金といえば、取立ての厳しい違法な高利貸しですが、今や闇金による詐欺も横行している世の中です。 どんな詐欺の手口があり、どんな人が狙われやすいのでしょう? 闇金の詐欺の手口に騙されない対策...

借金を一本化したい心理を利用されている

借金の一本化をしたいと思う人の多くは、現在の返済負担が重く、資金繰りに苦しんでいる人でしょう。

少しでも早く一本化しなければ返済できなくなると、焦っていることが多く気持ちに余裕がありません。

しかし、銀行や消費者金融のおまとめローンは、通常のカードローンに比べると審査にとおりにくいため、審査にとおらない人も多いでしょう。

また、借金の一本化を知らない人もいます。

どちらにしても、心理的な弱味に付け込んでいるため、詐欺に引っかかりやすくなっています。

メールや電話での勧誘は注意が必要!

おまとめローンの詐欺を行っている業者は、電話で本当に存在しそうな金融機関名を名乗ったり、ダイレクトメールで金利が低いなどの魅力的な言葉を並べて勧誘してきます。

今までに取引のない金融機関からの電話や、あまりにも魅力的すぎる内容のメールには十分に注意しましょう。

本当に信頼できる金融機関ならば、一度電話を切ってから情報を集めた上で申し込めばよいでしょう。

おいしい言葉につられず、疑ってかかることが重要です。

やはり、CMなどでお馴染みの大手消費者金融や、メガバンクや地方銀行などの間違いなく健全な営業をしている業者を利用することをおすすめします。

おまとめローン詐欺では何を請求される?

詐欺に引っかからないためには、詐欺の手口を熟知しておくことが重要です。

ここでは詐欺を行っている業者がどのような名目でお金を請求してくるのかを紹介します。

「私は大丈夫」と思わずにしっかりと確認して下さい。

貸付停止命令の解除手数料

最初に紹介するのは、「貸付停止命令の解除手数料」です。

金融庁から貸付停止命令が出ているから、命令を解除するために手数料が必要だとお金を請求してきます。

本当に貸付停止命令があるかわからなくても、金融庁などと聞くと本当のことだと信じてしまうでしょう。

しかし、金融庁のホームページで明記されている通り、金融庁は個人の貸付には全く関与しません。

金融庁という言葉が出た時点で警戒するようにしましょう。

融資前の保証料

融資をする前に保証料が必要と切り出してくるのも、よくある詐欺の手口です。

銀行カードローンの商品紹介ページを確認してみればわかりますが、保証料は金利に含まれています。

したがって、保証料が必要であったとしても融資前に請求してくることはありません。

融資するための保険料

次の手口は、保険に加入しなければ融資ができないとういものです。

保険や保証と言われた時点で詐欺を疑った方がよいでしょう。

本当の保険であれば、契約内容などをしっかりと確認し、契約書に押印した上での請求となるはずです。

借入期間によって発生する利息

まだ融資をする前に、利息の前払いを要求してくる手口もあります。

一般的な金融機関では、毎月の返済日に1か月分の利息と元金の返済を行います。

先に利息だけを請求されるケースはまずないので、利息を請求されたら十分に警戒すべきでしょう。

その他にもある手数料や料金

保証料や保険料の他にも、信用情報登録料や書類を作成する費用などそれらしい費用を請求されるケースがあります。

さまざまな名目でお金を請求してきますが、融資前に請求された時点でおかしいと考えることが重要です。

詐欺にあった時の対処法

詐欺にあったと気づいた時点で、振込先の金融機関に電話するなどして連絡しましょう。

もし、口座にお金が残っている場合には、振り込んだお金が戻ってくる可能性があります。

時間が経過するほど、お金が戻ってくる可能性は低くなりますので、できるだけ早く連絡することが重要です。

また、警察に相談して被害届を出しておくのが良いでしょう。

しかし、犯人が捕まる可能性はかなり低いと思われます。

こういった詐欺の犯人は、振込詐欺と同様に実態を掴まれないように計画的に活動しています。

ダマされた費用は戻ってこない!

仮に犯人が捕まったとしても、振り込んだお金が戻ってくる可能性はほとんどありません。

犯人が既に使ってしまっていたり、発見されないように隠している可能性が高いからです。

もし、多少の金額が見つかったとしても、被害者が多ければ戻ってくる金額は極めて少なくなります。

残念ながらお金が戻ってくることを期待しない方がよいでしょう。

巧妙化する手口

詐欺の手口が広まってくると、詐欺を行っている業者もさまざまな対応を考えるようになります。

銀行のATMの回りには振り込め詐欺に注意するポスターなどが貼ってありますから、他の手段を検討するのは当然のことでしょう。

お金を受けとるために玄関まで来るケースや、現金を郵送させるなど多用化しています。

詐欺の手口は振込だけだと思い込んでいると、知らぬ間に騙されてしまいます。

詐欺にあわないためには?

借金の一本化詐欺にあってしまうと、騙されたお金を取り戻すことは困難です。

騙されてからでは遅いので、日頃から詐欺にあわないように心がけておくことが重要ですです。

勧誘してくる業者に注意

ダイレクトメールや、電話で融資を勧誘してくる業者には注意が必要です。

銀行や大手の消費者金融は、CMなどの広範囲な宣伝は行いますが、おまとめローンのような商品の勧誘を、個別にダイレクトメールや電話で行うようなことはほとんどありません。

さらに、低金利での借り換えや、返済額が大幅に下がる、銀行の審査に落ちた人でも借り入れできるなど、「甘い言葉」で勧誘してくる業者には注意が必要です。

融資前に金銭を支払うのは危険

銀行や、消費者金融の融資において、事前に金銭の支払いを求めるということはありません。

例えば、銀行の住宅ローンなどでは、印紙代や、保証料が必要になりますが、融資の実行と同時に必要な費用も徴求します。

融資条件として先に金銭を支払わせるということはありません。

融資前にお金を請求された場合には詐欺の可能性を疑い、十分に警戒する必要があります。

審査がある信頼できる金融機関を利用する

借り入れする前に、安心できる金融機関かどうかを確認すべきです。

確実なのは、銀行や大手の消費者金融など信頼のできる金融機関から借り入れすることでしょう。

「聞いたことがない」、「知らないところ」から借り入れするのは危険ですので、甘い言葉に誘われて飛び付くことは避けましょう。

借入を申し込む前に、インターネットから借入先の情報や評判などを調べたり、貸金業者としての登録が行われているかの確認を行ってください。


関連記事をチェック!

日本貸金業協会一覧と悪徳業者の検索の仕方

お金を借りようとしている業者が正規金融業者が悪質金融業者か、を見極める方法の1つとして『金融庁に貸金業者に登録がされているか』を調べることができます。 しかし、ここに登録されていたら、安心できる...

返済額の支払いが難しいなら債務整理も

銀行や消費者金融の審査に通過できないとなると、多少危険な業者かもしれないと思いつつも利用に踏み切ってしまうかもしれません。

どうしても返済できない場合には、債務整理を検討することもおすすめです。

借りたお金は返すことが基本ですが、債務整理は国が認めている制度です。

借金問題のせいで人生を台無しにするよりも、与えられた権利を使うことを考えましょう。

無料相談を受け付けている弁護士事務所などもあります。

借金を誰かに打ち明けることは、どこか後ろめたさがあるでしょう。

しかし、返済のことが頭から離れない日々を送るよりも、専門家に打ち明けて解決へと進むことをおすすめします。


関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

借金の一本化に関してよくある質問

ここからは、借金の一本化についてよくある疑問や質問について解決していきます。

Q.旦那の借金の残高を考えると住宅ローンの審査が心配です。何かいい方法はありませんか?

住宅ローンの審査では借金の残高よりも、収入に対して返済額がどれくらいの割合になるかが重要です。

おまとめローンを使って返済額を減らすことを検討してもよいでしょう。

Q.三井住友銀行カードローンを利用していますが、クレジットカードの審査は厳しくなりませんか?

無担保での借入はクレジットカードの審査に影響が出てしまいます。

銀行カードローンも無担保ですから、審査が厳しくなると考えられます。

Q.住宅ローン借り変えと一緒に今あるマイカーローンも一本化できますか?

一本化できます。

Q.夫の収入が下がってしまったのですが、おまとめローンの返済額は変わりますか?

収入が変わっても返済額は変わりません。

Q.借金を一本化するときの返済利率は収入によって変わってきますか?

返済利率は審査によって決まります。

審査基準には収入も含まれると考えられるので、収入で変わると考えられます。

Q.カードの月々のリボ払いはおまとめローンで対応できますか?

ショッピング枠を消費者金融のおまとめローンでまとめることはできません。

銀行のフリーローンやカードローンを使いましょう。

Q.おまとめローンを利用した妹が車を買うというのですが、ローンの審査は通りますか?

借入残高と収入次第でしょう。

まとめ

借金の一本化によって返済負担を軽減したいと思っている人は、「おまとめローン詐欺」に合わないように注意してください。

おまとめローン詐欺は、多重債務に苦しんでいる人の心理に付け込んで、金銭を騙し取る詐欺です。

返済がつらいと甘い言葉につられそうになりますが、融資前に金銭を要求する業者、実態の不透明な業者から借入するのは危険です。

銀行や、大手消費者金融を優先的に利用することをおすすめします。

もし審査に通過できない場合は、債務整理を検討した方が良いでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談