信用金庫が行う法人融資の審査基準は数字より内面

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

融資審査を行なう際、決算内容は融資可否の大きな判断材料となります。

しかし、信用金庫は数字以上に顧客の内面に目を向けて審査を行ないます。

様々な審査項目の中で、信用金庫は何を重視して審査するのでしょうか。

執筆者の情報
名前:山本馬元(30歳)
職歴:平成21年より信用金庫勤務

申込条件は他金融機関と同じ

融資を申し込むためには申込条件を満たすことが必須です。

申込条件の例として、「反社会的勢力またはその関係の者ではないこと」、「過去に返済において遅延がないこと」などが挙げられます。

この中で特に重要な項目を説明していきます。

まずは申込条件を満たすことが融資を受ける第一歩です。

関連記事をチェック!

301view

信用金庫とは

「信用金庫と銀行ってどう違うの?」 こう聞かれてすぐさま正解を口にできる人は多くはないでしょう。 この両者の業務内容にはほとんど違いは見られないため、信用金庫も銀行の1つだと思っている人は...

窓口へ行く前に納税は必ず行うこと

申込条件の中で特に重要な項目として、「税金に滞納が無いこと」というものがあります。

もし税金に滞納があれば、間違いなく申込を行うことはできなくなってしまいます。

それどころか、金融機関からの心証が非常に悪くなってしまいます。

税金を滞納するということは、融資の返済も遅れる可能性が高いという風に思われてしまいます。

その様に思われてしまったら、滞納を解消したとしても金融機関の心証を改善することは難しいでしょう。

税金は払わなければいけないものであるため、どうせ払うなら滞納しないうちに払ってしまいましょう。

延滞金も追加で支払うとなったら尚更良いことはありません。

税金滞納で赤い紙が届いた!差し押さえを回避するには

創業3期未満でも融資は受けられる

申込条件に「3期以上の決算を行っていること」という項目があります。

会社員と違い、法人は一年ごとに売上や収益のばらつきがあり、安定しないものです。

そのため、3期分の内容を比較して審査を行ないます。

しかし、創業して間もない場合は3期分の比較ができません。

そんな状態でも、もし、既に決算を2回終えていれば、以下の方法で融資を申し込むことができる場合があります。

1期目、2期目は既に決算書が出来上がっているので問題ありませんが、3期目においては、2期目の決算後から現在までの試算表(月ごとの決算資料)を添付することで3期目を補うことができます。

3期分の決算がある状態より情報が不足しており不利ではありますが、可能性はゼロではありません。

2期分の決算書と試算表を持参し相談してみるとよいでしょう。

借り換えは審査が甘い

借り換えの審査では、過去の返済実績に重点をおいて審議します。

借り換えを行うということは、現在、融資を返済中という状況です。

既存融資における返済において遅延が無ければ、今後の融資においても延滞が発生する可能性は低いと判断されます。

もし決算書や試算表の内容が多少悪かったとしても、返済実績を考慮して審査を通すことはよくあります。

延滞の有無は、人間性が伺えます。

延滞が有れば、いい加減で管理ができないという印象を持たれてしまいます。

逆に、延滞が無ければ、真面目でしっかりと管理ができると判断されます。

新規融資にせよ借り換え融資にせよ、延滞は無いに越したことはありません。

真面目に返済することが信用力の形成に繋がります。

関連記事をチェック!

156view

信用金庫と他金融機関の借り換え商品を分析

執筆者の情報 名前:山本馬元(30歳) 職歴:平成21年より信用金庫勤務 借り換えで借金が増える場合がある? 借り換えは複数のローンをまとめることにより、毎...

関連記事をチェック!

1398view

信用金庫カードローン融資審査基準と注意すべきポイント

執筆者の情報 名前:山本馬元(30歳) 職歴:平成21年より信用金庫勤務 今回は信用金庫カードローンを申し込む際の審査基準と、馬太郎が実際に信用金庫カードローンに申し込んだ時の様...

絶対条件は満たさなければいけない

絶対条件は、信用金庫に限らず全ての金融機関が共通して求めている条件です。

なので、他の金融機関で申し込むにしても、これらの条件は満たしている必要があります。

絶対条件は以下の内容になります。

①満20歳以上である者

②安定継続した収入がある者

③仮差押、差押、競売、破産、民事再生等の申立がない者

④税金の延滞がない者

⑤信用を失墜していない者

⑥制限行為能力者ではない者

⑦反社会的勢力ではない者

⑧日本国籍を有する、または永住者および特別永住者

いくつもの細かな条件に分かれていますが、これらは融資を受ける際、当たり前に満たしていなければいけないことで、難しい内容では無いといえます。

これらの条件が問題なくクリアできている状態は、社会的立場・信用がある、ともいえます。

絶対条件も信用金庫は緩い場合がある

上記の中で、②・④・⑤においては、条件を満たしていなくても融資審査に通る可能性が僅かながらある項目です。

②においては、収入以外に資産(借入金額以上の預金や不動産等)を所有していれば、それらを加味して融資審査を通す場合があります。

④においては、滞納している税金を全額支払い、延滞がないことを確認できれば、融資審査を通す場合があります。

⑤においては、借入の延滞がある場合のみです。

④と同様に、延滞を解消し、その事実が確認できれば、融資審査を通す場合があります。

ただし、代位弁済など金融事故となってしまっていた場合は融資審査に通ることは難しいです。

信用金庫では様々な事情を考慮して融資審査を行ってくれますが、税金の滞納や借入の延滞も無いに越したことはありません。

延滞は必ず解消してから申し込め

絶対条件の中で、延滞は特に注意しましょう。

借入を申し込む段階で、既に借入の延滞があることは良いことではありません。

しかし、延滞を解消することで少しでも良い状態にすることができます。

もし、申し込みの段階で延滞をしていることが発覚したら(どの道、融資審査の段階で必ず発覚してしまう)、金融機関からの心証が非常に悪くなってしまいます。

また、悪くなった心証を元に戻すことも非常に難しくなってしまいます。

お金を貸す側としても、既に借入で延滞をしている者にお金を貸したいとは思わないでしょう。

延滞をしてしまっても、僅かではありますが金融機関の心証を良くする方法をお伝えします。

延滞を解消することは大前提ですが、その事実を正直に伝えることです。

もし延滞を解消したとしても、延滞していた履歴は融資審査の際に必ず発覚します。

ならば、先にその事実を伝えた上で申し込むと良いのです。

悪いことも隠さず伝えるということは、その人の誠意が伝わりますし、心証も良くなります。

誠意ある行動は評価してくれるでしょう。

関連記事をチェック!

1398view

信用金庫カードローン融資審査基準と注意すべきポイント

執筆者の情報 名前:山本馬元(30歳) 職歴:平成21年より信用金庫勤務 今回は信用金庫カードローンを申し込む際の審査基準と、馬太郎が実際に信用金庫カードローンに申し込んだ時の様...

原則、会員となる必要がある

信用金庫は組合組織であるため、借入をする為には信用金庫の会員になる必要があります。

会員になる為には、信用金庫に出資をしなければいけませんが、会員になることで様々な恩恵を受けることができます。

会員になる為の資格、費用等を理解しておきましょう。

会員になるには会員資格を満たせ

信用金庫の会員になるためには、以下の会員資格のうち1つ以上満たしている必要があります。

  • 信用金庫の地区内に住所又は居住を有する者
  • 信用金庫の地区内に事業所を有する者
  • 信用金庫の地区内において労働に従事する者
  • 前3号に掲げる者に準ずる者として内閣府令で定める者

つまり、信用金庫の地区外の方々は会員になることができません。

地域に密着した信用金庫ならではの会員資格といえるでしょう。

会員になるには一度だけ費用が必要

会員になるためには信用金庫に出資をする必要があると記載しましたが、いくら出資をすれば会員になることができるのでしょうか?

金額は5千円以上であれば、会員になることができます。

上限は、個人の場合は5万円、法人の場合は10万円が目安となっています。

費用は、積立のように毎月必要というわけではなく、申込時のみとなります。

つまり、1度だけ信用金庫に5千円以上の出資をすれば、信用金庫の会員となり、借入をすることができるようになります。

ただし、別の信用金庫で借入をする場合は、その信用金庫の会員になる必要があるので注意が必要です。

1つのデメリットと多くのメリット

会員になると借入ができること以外にも多くのメリットがあります。

しかし、その前にデメリットから理解しておきましょう。

会員になるデメリットは、信用金庫に出資した資金を現金化したい場合、時間がかかってしまうという点です。

例えば5千円の出資をすると、金5千円と記載された出資証券が発行されます(近年はペーパーレス化されている信用金庫も有り)。

出資証券を解約する場合、預金のようにその場で解約して現金にすることができず、新たに同額の出資をしてくれる者を見つけて初めて現金化することができます。

勿論、探すのは信用金庫職員ですが、1日、2日では見つからないのが現状です。

場合によっては数か月以上かかることもあります。

また金額が大きいと、その額を持ってくれる者を探すことが難しくなります。

例えば、「1万円出資して」と「5万円出資して」では、後者はなかなか契約に至らないでしょう。

つまり、大きな額の出資を持つと、資金化する場合に長期間待たなければいけなくなる可能性が高くなってしまいます。

以上が出資を持つデメリットです。

メリットは信用金庫で借入をすることができる点と、信用金庫の経営状況によって配当金を得られる点、融資審査に有利となる点です。

配当金は、所有している出資の1~2%前後をつける信用金庫が多いです。

信用金庫の会員であると信用金庫職員からの心証が良くなり、融資審査においても僅かではありますが良くみてくれます。

信用金庫と取引を続ける上で、会員になっておいて損はないといえるでしょう。

信用金庫で口座開設すると全国規模のメリットがある

信用金庫との取引条件を満たせ

信用金庫は組合組織であるため、融資は会員にのみ行なうことができます。

融資を受けるためには会員になることが必須条件ということです。

必須条件を満たした上で、信用金庫からの心証を良くする方法があるので、有利な状態にして融資の申し込みを行いましょう。

関連記事をチェック!

131view

銀行と信用金庫は根本的に大きな違いがある

銀行と信用金庫は共に長い歴史がありますが、銀行と信用金庫は何が違うのでしょうか? そして、何故、銀行と信用金庫が必要なのでしょうか? 組織形態、経営方針、利便性など様々な角度から分析していきましょ...

まずは信用金庫の会員になろう

融資を受けるためには会員になる必要があると記載しましたが、会員になる手続きは、とても簡易的です。

会員になるためには信用金庫に出資をする必要があります。

出資する金額は5千円以上で、所有できる目安は個人であれば5万円ほど、法人であれば10万円ほどが上限となります(信用金庫により多少の違い有り)。

申込は信用金庫窓口もしくは渉外担当者に訪問を依頼することでできます。

融資取引を含め、信用金庫と永く取引を行うのであれば会員になって損はありません。

関連記事をチェック!

301view

信用金庫とは

「信用金庫と銀行ってどう違うの?」 こう聞かれてすぐさま正解を口にできる人は多くはないでしょう。 この両者の業務内容にはほとんど違いは見られないため、信用金庫も銀行の1つだと思っている人は...

信用金庫をメインに取引しよう

融資を有利に進める方法として、信用金庫とメインに取引を行うことです。

勿論、融資を受ける信用金庫との取引です。

融資の申込の際、信用金庫では取引状況の確認を行います。

その際に、普通預金や定期預金・定期積金・公共料金の引き落としなど様々な取引を行っていると心証は良くなります。

信用金庫の根本には「相互扶助」があります。

お互いを助け合うという意味であり、メインに取引をしてくれているなら、信用金庫も顧客の要望に応えれるよう最善を尽くしてくれるでしょう。

日頃から様々な取引を行っていると、このような場面で役に立ちます。

職員と顔見知りになろう

融資を受ける条件や有利になる条件を列記しましたが、融資に関する受付や話し合いをするのは人と人です。

信用金庫には融資の部署があります。

そして、営業店の中で融資の部署と直結している者は、内勤役席(店舗の運営等を総合的に管理している者)以上と支店長です。

これらの者と面識を持っておくと、融資を受ける際もスムーズに進む場合があります。

信用金庫も融資を行なうからには相手のことをよく知らなければいけません。

決算書などの数値を見ることも大切ですが、最終的には代表者の考えや意思を尊重します。

信用金庫の職員は2~3年程で転勤があり入れ替わりが激しいですが、取引の情報や顧客の人間性は次の担当者へ引き継がれていきます。

頻繁に職員は変わっていきますが、職員との繋がりも大切にしましょう。

関連記事をチェック!

17view

非公開: (統合)信用金庫の借入条件を知っておけば心証が良くなる

信用金庫で借入を行う為には、いくつかの条件を満たす必要があります。 必ず満たさなければいけない条件と、満たしていることで心証を良くできる条件がありますが、どちらも満たしベストな状態で融資審査に臨みま...

融資実行までの流れと重視される点

まずは一般的な融資の流れを理解しましょう。

融資の基本となる部分は金融機関による違いはありません。

一連の流れで特に重要となる部分は融資審査ですが、そこを優位に進めるポイントを説明します。

申込から融資実行までの基本的な手順

融資の申込から実行までの基本的な手順は以下の通りとなります。

申込⇒審査⇒実行

融資を受ける場合、この手順は必ず踏まなければいけません。

これらの各手順で、申込においては事前申込(仮申込)があったり、審査においては事前審査や本審査がある場合もあります。

商品によって、有るものと無いものがあるので一概には言えませんが、基本的な手順だけは把握しておきましょう。

関連記事をチェック!

295view

銀行からお金を借りる方法と返済までの流れ【1番簡単に借りるには】

まとまったお金を借りようと思ったときに、まず思い浮かぶのは銀行でしょう。 低金利で信頼度が高いことが実証済みですから、たいていのかたが銀行での借り入れを最初に検討するのではないでしょうか? しかし...

面談を重視する

融資を受ける為には融資審査に通らなければいけません。

融資審査では、申込金額や申込期間と顧客属性(個人であれば年収や勤続年数等、法人であれば決算内容や事業の状況等)を照らし合わせ、総合的に融資の可否を検証します。

この様に数字上で審査できるもの定量面と言います。

一方、申込人の人柄や意欲など、数字では評価できないものを定性面と言います。

勿論どちらも同じくらい重要ですが、信用金庫は定性面をより重視しています。

例えば、申込において顧客の姿勢が非協力的であったり、横暴な態度をとっていると、定性面の評価が下がってしまいます。

定量面は年月が経てば新しい数字となり、過去の数字は、あまり重要ではなくなります。

ですが、定性面は年月が経っても引き継がれていきます。

融資という長期の取引を行う上で、定性面は良いに越したことはないので、日頃から誠意ある対応を心掛けましょう。

関連記事をチェック!

404view

銀行融資の面接で気をつけることは?面談時の服装にも注意

経営者が銀行で事業融資を受けるときは、必ず担当者との面談があります。 カードローンの申込がインターネットでできる時代に、なぜ面談が必要なのでしょうか。 事業融資は個人ローンとは違う側面をも...

関連記事をチェック!

68view

銀行融資借入の交渉術

銀行から融資を受ける際、リスケを依頼する際には銀行と交渉を行わなければなりません。 銀行と交渉というと難しいイメージをお持ちかもしれませんが、交渉にはいくつかポイントがあります。 銀行員が...

融資を申し込む前に必要書類を確認

融資を申し込む場合、融資に関連する書類が必要となります。

例えば、これまでの業況を確認する決算書や、資金使途(資金の使い道)の根拠となる書類など様々な種類があります。

中には専門的な書類もあるので、一度に全てを準備することは難しいですが、1つでも2つでも準備ができていれば手続きはスムーズになります。

必要書類を把握し、事前に準備できるものは準備してしまいましょう。

必ず必要な書類は漏れなく準備

必要書類には必ず準備するものと、必要に応じて準備するものがあります。

必要に応じて準備するものは、業種や業況によって変化するため、信用金庫の判断を仰ぎましょう。

必ず準備するものは、決算書や資金使途確認書類ですが、これらは確実に漏れなく準備しましょう。

これらの書類が揃わないと、目的にあった融資商品の提案ができないため、相談も進めることができなくなります。

融資相談は、資金が必要となった経緯から話していきます。

資金使途確認書類(見積書等)にて、何にいくら必要なのかを確認します。

次に、融資を受けるにあたり、事業の業況を確認します。

そこでは決算書や試算表が必要となります。

融資相談は流れが決まっているため、それに付随した資料を準備するとよいでしょう。

難しく考える必要はなく、もし自分が他人にお金を貸す場合、何を知りたいかと考えれば必要書類が見えてきます。

以下に、必ず必要となる書類を列記します。

  • 決算書3期分(個人事業主であれば申告書)
  • 試算表(決算もしくは申告後、半年以上経過している場合)
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書(法人の場合、代表者の印鑑証明書も必要)
  • 納税証明書
  • 実印
  • 資金使途確認書

 

関連記事をチェック!

107view

非公開: 個人事業主が銀行融資を借入する際の必要書類とは

個人で事業をしていると、設備投資や人件費、運転資金などで大きな資金が必要になることがあり、そんな時は銀行融資を活用することも検討する機会があるでしょう。 そのときの申込内容によって、様々な書類を準備...

関連記事をチェック!

254view

お金を借りる際の身分証明書とは

銀行や消費者金融などでお金を借りる場合は本人確認書類として身分証明書を提出しなければなりません。 しかし身分証とは一体どの様な書類なのでしょうか。カードローンでお金を借りたいけれども身分証として何を...

必要に応じて準備する書類

必要に応じて準備する書類は、ケースバイケースとなるので一概には言えませんが、以下の書類が考えられます。

  • 許認可証
  • 賃貸借契約書
  • 工事明細書

許認可証は特定の事業を行う場合の証明書です。

保健所・警察署・都道府県等に届け出ることにより発行され、事業の許可がなされます。

無許可で事業を行うことは違法であるため、該当する業種の場合は許認可証の確認が必要となります。

賃貸借契約書は事業所を賃貸で借りている場合に必要となります。

契約書の場所で事業が行われているかを確認することができます。

工事明細は土木業や建築業等において必要となる書類で、現在以降の工事状況を把握するための資料となります。

現在、いくらの契約の工事が何件あり、工事代金がいつ頃入金になるのかが記載されています。

工事代金の入金は、今後の資金繰りに大きく影響するため、特に重要な書類といえます。

上記以外にも業種によって必要なものは他にもありますが、信用金庫の担当者と面談の上、書類を揃えていきましょう。

必ず必要な書類が揃っていれば先に手続きを進めることができ、必要に応じて準備する書類は追って提出するのでも問題ありません。

まずは、融資の話を進めていくことが重要です。

関連記事をチェック!

598view

銀行や消費者金融でお金を借りる時に必要な書類は?

最近はカードローンの利用者が増加して定番化したので、お金は短時間で簡単に借入できると思っている方も少なくないでしょう。 しかし、金融機関から借入する際は、面倒な作業が多いのが一般的です。 ...

これを準備すると高感度が上がる書類

上記の必要書類を準備して持参することじたいが高感度を上げますが、中でも委任状で信用金庫職員が取りに行くことができる書類を準備しておくと、更に高感度が上がります。

納税証明書になりますが、顧客から委任状の提出を受ければ、信用金庫職員が税務署に行き発行をすることができます。

しかし、納税証明書の発行の為に税務署へ行くことは時間も費用(移動費)もかかってしまいます。

顧客側で事前に準備してくれたら、これらの手間を省くことができますし、手続きに協力的と判断してくれるでしょう。

借入に必要な納税証明書の種類は?

書類の有効期限の確認を忘れずに

公的書類には有効期限があります。

信用金庫によって違いはありますが、一般的に3ヶ月以内もしくは6ヶ月以内としています。

上記の書類の中では「商業登記簿謄本」・「印鑑証明書」・「納税証明書」・「許認可証」・「賃貸借契約書」が該当します。

公的書類の下部(複数ページある場合は最終ページ下部)に日付が出ています。

この日付は発行された日付であるため、この日から有効期限を計算しましょう。

公的書類の内容も時間が経てば変わってくる場合があります。

そのため、有効期限を決めて取り扱っています。

もし、有効期限が近い書類の場合は信用金庫に相談しましょう。

事業融資は実行までに、ある程度の日にちが必要であり、その間に有効期限が切れてしまったら改めて準備しなければいけないため、二度手間になってしまいます。

事前に確認することで手続きをスムーズにしましょう。

信用金庫で口座開設すると全国規模のメリットがある

近年の融資は保証人不要の場合がある

従来は法人のみの財務内容で融資が難しい案件でも保証人を徴求することで融資を行ってきました。

しかし、近年の融資は、保証人に頼らずに債務者単体での規模・資力から審査を行なうように変わってきました。

法人であれば法人単体、個人事業主であれば事業主単体となります。

そのことで、事業規模に見合った融資を行ない、過剰融資を防ぐことが実現できます。

ですが、必ず債務者単体で審査を行ない保証人は不要というわけではなく、従来通り保証人が必要となるケースも、まだまだ多くあります。

「保証人」に関する信用金庫の見解を理解していきましょう。

関連記事をチェック!

475view

日本政策金融公庫は保証人なしで借りられる?

政府が出資する日本政策金融公庫は、個人から法人までを対象に幅広い融資事業を展開しています。 お金を借りるとなったときに気になるのは保証人が必要かどうかということでしょう。 ネット上では日本政策金融...

保証人不要は第三者がなる場合である

保証人を極力徴求しないで融資を行なう方針となりましたが、全てのケースにおいて保証人不要ということではありません。

不要となる保証人は、第三者に対してです。

保証人となるのは、法人であれば役員まで、個人事業主であれば事業主の家族までというように、債務者と近い関係の者に限定されます。

従来は、全く事業に関係していない知人や遠い親戚も保証人となっていたケースがありました。

もし、業績が悪化し事業を続けられなくなると、次に支払い義務が発生する関係者は保証人です。

保証人は支払い義務があるものの、返済能力が無く自己破産をせざるを得ない状態になった事例も多くありました。

これらのことを踏まえ、近年、保証人を守る法律が施行されました。

関連記事をチェック!

411view

信用保証協会の連帯保証人とは?

信用保証協会を利用する場合、連帯保証人を求められることがありますが、金融機関の融資の連帯保証人と同じく、債務者が返済不能の場合は代わりに返済しなければなりません。 そんな信用保証協会の連帯保証人につ...

保証人を守る法律ができた

保証人の生活を守るため、平成26年2月に「経営者保証に関するガイドライン」という法律が施行されました。

簡単に説明すると、債務者が返済不能となった場合、保証人はその時の資産を上限とし、それ以上の支払い義務が発生しないという内容です。

従来は、保証人の資産に関係なく返済をせまられていたものが、保証人の生活を尊重する方針に変わりました。

保証人となる場合、保証債務に関する約定書(契約書)について説明があります。

専門用語が繋がった説明文で理解し辛いですが、内容は上記の通りです。

関連記事をチェック!

288view

借金の保証人と連帯保証人の違いとは

借金の保証人にだけはなるな。よく聞く話です。他人の借金を肩代わりしなければならない、そのくらいの知識は持っていますよね。 しかし保証人には連帯保証人という存在があります。さて保証人と連帯保証に何がど...

法人が保証人不要の融資を受ける条件

法人が保証人不要で融資を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

①法人と個人の資産に一体性が無い

②財務基盤が堅固である

③適時適切な情報開示を行っている

①については、法人と経営者との間に資金の貸付等の資金流出が無いかという項目です。

法人から経営者へ資金の貸付があると、もし法人が債務手続きとなった場合に清算しなければいけません。

法人と個人の資産は別々のものになっていなければいけません。

②については、業績が堅調で十分なキャッシュフロー(利益)を確保している状態であるかという項目です。

もし、キャッシュフローが不足している場合、赤字となっている可能性があります。

また、赤字から経営を立て直すために経営者の資産を導入している可能性が高く、法人と経営者の資産が一体となっていることになります。

②においては、法人のキャッシュフローのみで賄われている必要があります。

③については、金融機関に対して決算書や試算表等を定期的に開示しているかという項目です。

金融機関からの正当な依頼には応えるようにしましょう。

以上の項目が満たされていると、保証人不要で法人融資を受けられることになります。

関連記事をチェック!

865view

銀行融資は保証人なしでも受けられるの?

銀行からお金を借りるとき、「保証人が必要」と思い込んで、断念している人もいるのではないでしょうか。 しかし、結論からいうと、個人が銀行からお金を借りるほとんどの場合、保証人は必要ありませんので、...

関連記事をチェック!

148view

無担保・無保証の銀行融資は可能?

中小企業の経営者が銀行融資を受けるには、連帯保証人や担保が必ず必要となると思っている方は少なくないでしょう。 銀行融資と一口に言っても様々なものがあり、確かに担保や連帯保証人を求められるケースも...

信用金庫は開業の融資に積極的

近年は銀行も開業の融資に積極的ですが、信用金庫も負けてはいません。

信用金庫には、これまで培ってきた様々な実績があります。

業種も多種多様ですが、それに対応できる実績や経験が信用金庫にはあります。

開業ノウハウを学べる

信用金庫は地域密着の金融機関で、地域の発展を第一としています。

地域が発展するには、新たな事業の設立、既存事業の規模拡大が重要となります。

その為、信用金庫は昔から開業の融資に積極的です。

開業のノウハウも沢山ありますが、信用金庫ならではの地域性を踏まえた相談を受けることができます。

信用金庫は永年、地域に密着して事業を行っている為、より詳しい地域性を知っています。

事業を行う上で地域性を知ることは非常に重要なことです。

その地域には、どの様な世帯が多いか、これから開業する事業は需要があるか、同業者は多いかなど、様々な情報を持っています。

これらの情報は、年に1回、市町村のホームページに載っている情報を元に、最新の内容で更新されています。

そこに信用金庫が知る地域性も加わる為、より正確な情報とノウハウを学ぶことができます。

関連記事をチェック!

73view

信用組合は信用金庫より更に地域密着の金融機関

金融機関は銀行をはじめ、信用金庫や信用組合など、様々な組織があります。 しかし、信用組合とはどんな金融機関なのか、信用金庫との違いは何かなど、信用組合についてよく分かっていないという人が多いようです...

親身なアドバイスを受けれる

上記で記載した通り、信用金庫は地域の発展を第一としています。

その為、開業の融資においては特に親身なアドバイスを受けることができます。

金融機関では、「融資は実行してからが大事」と言われています。

融資は実行してから数年から数十年の返済が続く為、その間に様々な変化が予想されます。

事業状況が計画していたよりも更に上向きになった、事業規模を拡大できたという良い変化であれば良いですが、逆に、計画していた目標を達成できなかった、同業者が増えて煽りを受けたなど悪い変化もあります。

そこでよく用いられる分析に「SWOT分析」というものがあります。

これは、企業における「強み」・「弱み」・「機会」・「脅威」を分析するものです。

人も同じですが企業においても良い点と悪い点があります。

中でも「弱み」と「脅威」について正確な分析をする必要があります。

「弱み」については経営者がよく理解していると思いますが、「脅威」については信用金庫の情報が役に立ちます。

「脅威」とは、外部から受ける影響のことですが、その地域で同業者の新規参入状況や撤退状況等が該当します。

これらの情報においても、地域密着の信用金庫は沢山の情報を持っています。

関連記事をチェック!

186view

信用金庫が行う法人融資の審査基準は数字より内面

融資審査を行なう際、決算内容は融資可否の大きな判断材料となります。 しかし、信用金庫は数字以上に顧客の内面に目を向けて審査を行ないます。 様々な審査項目の中で、信用金庫は何を重視して審査するのでし...

外部の機関とも繋がりがある

開業を考える上で重要となるのは、事業の将来を考えることです。

そこで必要となる資料が、事業計画書です。

事業計画書とは、未来の売上や収益を予想する書類です。

事業によって、例えば不動産賃貸業の様に初めから安定した収益が出る業種があれば、飲食業の様に徐々に収益が出る業種もあります。

また、事業計画書では収益が上がることだけではなく、逆に収益が下がる可能性についても考える必要があります。

業種や地域性による傾向というものもありますが、より多くの企業を診てきた者と計画書を作成したいものです。

その様な機関が都道府県や市町村にあります。

信用金庫は、これらの機関とも強い繋がりがあります。

信用金庫からの紹介を受けることもできますし、信用金庫へ相談する前に、これらの機関へ相談するのも良いでしょう。

関連記事をチェック!

284view

非公開: (統合)起業でお金を借りる!開業で資金調達する方法

今は出資金1円でも会社をつくれるため、起業を検討している人は多いでしょう。 ただし、会社経営は起業してからどのようにお金を調達するかが重要になります。 資金調達には銀行融資や、出資など様々な方法が...

関連記事をチェック!

1398view

信用金庫カードローン融資審査基準と注意すべきポイント

執筆者の情報 名前:山本馬元(30歳) 職歴:平成21年より信用金庫勤務 今回は信用金庫カードローンを申し込む際の審査基準と、馬太郎が実際に信用金庫カードローンに申し込んだ時の様...

創業には創業融資を利用すると良い

信用金庫には様々な目的に応じた融資商品があります。

商品によって資金使途(お金の使い道)や借入上限額・金利等も大きく異なります。

勿論、創業の為の融資商品もあります。

創業には様々な経費もかかりますが、極力抑えられるものは抑えておきたいものです。

融資商品においては、目的に合わないものを利用してしまうと無駄な経費(利息)をかけてしまうことになります。

信用金庫職員は、様々な融資商品の中からベストなものを勧めてくれると思いますが、その様に様々な商品があるということを覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

4view

創業融資を低金利で利用したい!おすすめの金融機関はどこ?

事業を開始するときに、創業するための資金を集めことに苦労する人も多いようです。 しかし、事業が軌道に乗るまでは、ある程度まとまった金額が必要になります。 また、事業が軌道に乗るまでは、できる限り利...

資金使途事由のローンは避けよ

信用金庫では資金使途が事由なカードローンやフリーローン(以下、カードローン等)といった商品があります。

カードローン等の資金使途は消費資金(生活資金やレジャー資金等)に限定されているものが殆どですが、中には事業資金に利用することができるものもあります。

カードローン等は申込方法がとても簡易的で、数日で融資を受けることができます。

事業資金に利用できる商品であれば、そのまま創業資金として利用しても問題ありません。

しかし、利率が非常に高いことがデメリットです。

一般的な事業資金は1%前後から2%前後の利率となっているのに対し、カードローン等は3%前後から14%前後の利率となっています。

また、一番低い3%前後で融資を受けるためには、それなりの属性(年収・勤続年数・資産等)がなければ難しく、殆どの場合が10%を前後する高い利率での利用となってしまいます。

一つの方法ではありますが、非常にデメリットが大きいので、時間がかかっても低利な創業資金専用の融資を利用しましょう。

関連記事をチェック!

270view

信用金庫だから受けられるフリーローン審査のメリットを分析

お金の使い道が自由なフリーローンは、銀行・信用金庫・消費者金融など様々な金融機関で取り扱っています。 借入可能額や金利など、各金融機関によって商品内容に違いはありますが、お金を借りるには融資審査...

自己資金があっても融資を受けるべき

もし創業の資金があった場合、自己資金で創業するので借入する必要は無いと思われがちですが、それは自らリスクを担ぐような行為です。

確かに借入をしなければ利息を払う必要が無く、経費の節約になります。

しかし、それは事業が全て順調に進んだ場合です。

創業には様々なリスクが想定されます。

時には売上が伸びなかったり、利益が出ないこともあるかもしれません。

その様な時に自己資金が全く無ければ、どこかから資金を借りるか、最悪の場合は事業を継続できなくなってしまいます。

また、資金を借りようにも、事業がうまくいっていない状態では借りれないことも考えられます。

せっかく創業をするなら、万が一のことを考えて自己資金は温存しておく方が賢明といえます。

創業においては何事においても最悪のシナリオを考えておくことが重要です。

関連記事をチェック!

76view

失敗しない銀行融資のタイミング

銀行からお金を借りようと思ったときに誰しも必ずお金を借りることができるわけではありません。 銀行から融資を受けられるかどうかは申込を行うタイミングも非常に重要です。 銀行から融資を受けやす...

事業資金の借入に繋げることができる

創業資金の融資を受け、事業が順調にいく場合があれば、そうでない場合もあります。

事業の立ち上げを支援した信用金庫は、今後、事業が良い時も悪い時も、よきパートナーとして協力をしてくれるでしょう。

創業後に改めて融資を受ける場合、創業時から付き合いがある場合と、そうではない場合では信用金庫の対応も違います。

他金融機関で創業融資を受けたのなら、まずは、その金融機関で融資の相談を受けてくれとなるでしょう。

その点、創業から付き合いがあれば、しっかりと支援してくれるはずです。

信用金庫は創業後のアフターフォローや支援もしっかりとしてくれる金融機関といえるでしょう。

関連記事をチェック!

51view

銀行融資を受けやすくするための借入目的

借入目的が融資の受けやすさに影響すると言うと、「なぜ?」と思われる方も多いでしょう。 借入目的ってそんなに重要なのって思われますよね。実は、とても重要なのです。 借入目的が融資にどう影響す...

定期積金は事業を助ける

利息が全くといっていいほど付かない今日、預金である定期積金をする意味や必要性はあるのでしょうか?

たとえ利息が殆ど付かないとしても、融資においては定期積金が重要になります。

どの様な点でメリットがあるのでしょうか?

税金の支払いは定期積金で

法人の場合、年に1回、法人税や消費税・所得税など様々な種類の税金を支払わなければいけません。

支払う時期が決まっているので、支払いの計画は立てやすいと言えます。

毎年決まった時期に支払いがあるなら、その時期に満期となるように毎月積立を行えば良いのです。

毎月積み立てても、一括で払っても同じことと思われがちですが、定期積金をすることにより毎月の収支から確実に税金支払い資金を除くことができます。

お金は持っていると使ってしまうのが人間の心理です。

積立をすることにより、確実にお金を貯めることができます。

また、万が一、税金支払いの時期に業績が悪化していたとしても税金の支払いで悩むことはありません。

因みに事業資金において、税金の滞納があると融資は確実に受けることができません。

税金が支払えず、新規の融資も受けることができなくなると事業はどんどん悪化していくことは目に見えているので、税金は確実に払えるようにしておきましょう。

関連記事をチェック!

1004view

税金の滞納があれば銀行融資は受けられないの?

納税は国民の義務。 これは個人であっても企業であっても同じです。 しかし、全ての企業が毎年キッチリとすべての税金を納めているわけではないのが実情です。 特に中小企業や個人事業主など、会社規模が小...

金利の減免になる

商品によっては取引状況により金利の減免を受けることができるものもあります。

また、定期積金を含む様々な取引(普通預金・定期預金・財形貯蓄預金・保険等)を行っていると、メイン取引先となり、そのことが融資審査においてプラスの要素となります。

より多くの取引を行い優位な状態で臨みましょう。

信用金庫は金利がお得

融資の必要書類は漏れなく

融資の申込では、様々な書類が必要となります。

漏れなく確実に準備したいところですが、商品によって必要書類もばらばらで何を準備すれば良いのか分からなくなってしまいます。

なので、最低限必要となる書類だけでも抑えておきましょう。

必要書類の見られるポイントとは

申込の段階で必須となる「本人確認」・「所得確認」・「資金使途確認」について補足していきます。

「本人確認」は、個人の場合、顔写真付きの公的証明書もしくは顔写真が無い公的証明書2種類が必要とされています。

顔写真付きの公的証明書は、「運転免許証」・「パスポート」・「住民基本台帳」等が挙げられます。

顔写真が無い公的証明書は、「(国民)健康保険証」・「印鑑証明書」・「年金手帳」等が挙げられます。

法人の場合、「商業登記簿謄本」となります。

「収入確認書類」は、個人の場合、「源泉徴収票」・「確定申告書」が挙げられます。

法人の場合、「決算書」となります。

金融機関により異なりますが、「確定申告書」と「決算書」は直近3期分を準備しておくとよいでしょう。

また、決算から半年以上が経過していれば「試算表」も準備しておくと良いでしょう。

試算表とは、決算から現在までの収支状況や資産状況を記載された、いわば月単位の決算書のような書類です。

以上、これらの書類は最低限準備してから相談に行くようにしましょう。

関連記事をチェック!

102view

銀行の融資審査を通るための決算書とは?

企業が資金調達をするために銀行に相談をすることは、経営を円滑にするためには必要なことです。 そこで、銀行から上手に資金援助を受けるために、審査がスムーズに行われるよう常にしておかなければいけませ...

確定申告書は正確に

確定申告書は年に1回、税務署へ1年間の事業状況(収支や資産状況等)を申告する書類です。

確定申告書には「青色申告書」と「白色申告書」があり、書類により控除額や書類内容(貸借対照表の有無等)が異なります。

確定申告書の作成を会計士に依頼することもできますが、費用が発生するので自分で作成することも可能です。

そこで注意しなければいけないのが、確定申告書に間違いがないかです。

特に多くある間違いとして、合計金額の相違です。

税務署でも確認しているはずですが、合計金額が相違したまま税務署の判子が押されていることもあります。

しかし、金融機関では合計金額が相違している場合、訂正し正確な書類にしなければいけません。

申込の時に相違が発覚したら、そこから訂正しなければいけないので、融資の話がストップしてしまいます。

なので、確定申告書の内容は正確な状態にして持参するように心掛けましょう。

関連記事をチェック!

681view

個人事業主の確定申告時の借入金返済の処理

個人事業主は毎年確定申告を行い、前年の所得を申告しなければなりません。 個人事業主の方の中には、借入金の処理について悩んでいる人が多いのではないでしょうか? よくある間違いとして、借入金の返済を費...

信用金庫の融資は保証協会が主流

信用金庫が事業資金の融資をする場合、外部の機関である保証協会を利用するケースが主流です。

保証協会を利用するメリットは、どの様なものがあるでしょうか?

保証協会を利用する理由は保全

保証協会は名前の通り、融資した融資金の保証をする機関であり保証人の代わりとなる存在です。

万が一、債務者が返済不能となった場合、代位弁済という手続きを行うことで融資金の残債は保証協会から金融機関へ払われます(商品によっては全額ではなく8割までのものもある)。

債務者は保証人を依頼しなくていいメリットがあります(その代わり保証料の支払いがある)。

信用金庫は債務者が返済不能となった場合、融資金の残債を回収することができるメリットがあります。

保証協会は債務者が返済不能とならない限り保証料が全額利益となるメリットがあります。

このことにより、信用金庫は債務の保全ができる為、低利で融資を行なうことができますし、顧客も低利で融資を受けることができます。

保証協会を利用することで、それぞれにメリットがあると言えるでしょう。

関連記事をチェック!

94view

非公開: (統合)銀行で利用できる信用保証協会の保証付融資とは

企業や個人事業主が銀行から事業資金の性融資を受ける場合、その大半が信用保証協会の保証付き融資になります。 もちろん、不動産担保融資や信用貸しとなるプロパー融資などもありますが、手軽さからいえば信用保...

関連記事をチェック!

717view

信用保証協会の審査に落ちた!その理由と対処法!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 金融の円滑化を目的とする公的機関 中小企業や個人事業主が銀行から融資を受けるのはなかなか厳しい...

信用金庫は保証協会に融通が利く

保証協会を利用する場合、信用金庫の融資審査に加え、保証協会の融資審査もあります。

保証協会も債務を保証する立場であるので融資審査は厳しいですが、信用金庫との繋がりも強い為、ケースバイケースではありますが多少の融通が利くこともあります。

たとえ赤字であっても、債務超過であっても、将来性を加味して融資審査を通す場合もあります。

まずは信用金庫に相談してから方針を固めていきましょう。

関連記事をチェック!

1462view

しんきん保証基金の審査を通過するために知っておくべきこと

融資を受ける場合、必ず融資審査があります。融資商品には金融機関独自の商品であるプロパー融資と、保証会社の保証がついている保証付き融資があります。 しんきん保証基金も保証会社の一つであるため、しん...

関連記事をチェック!

17view

信用金庫からプロパー融資を受けるメリットと、受けやすくする方法

プロパー融資は金融機関が100%責任を持って融資する商品です。 万が一、返済不能となった場合、回収できなくなることもあるので、それなりのリスクがあります。 そんな商品のメリットと利用しやす...

信用金庫からプロパー融資を受けるメリットと、受けやすくする方法

融資における保証人は今の時代も必要

保証協会を利用する場合、保証協会が保証人の代わりとなるので第三者の保証人は必要ありません。

しかし、法人融資やプロパー融資は、保証人が必要となる場合があります。

保証人になる手続きについても理解を深めましょう。

保証人になる為の調書がある

保証人になる者は、資産と負債の状況、債務者との関係性などを開示する必要があります。

保証人になる為の基準は設けられていませんが、保証人とは、万が一債務者が返済不能となった時に残りの債務を返済していける資力があることを前提としています。

しかし、実務上は、そこまで資力のある者が必ず居るとは限りません。

なので、資力がある保証人が居ないから借入を諦める必要はありません。

関連記事をチェック!

673view

法人借入・法人融資の基礎知識

法人ならどの法人でも借入できる? 一口に法人といっても日本には法律上様々な法人が存在します。銀行などから借り入れができる法人はどのような法人でしょうか? 株式会社や有限会社の借入 一般的...

更新手続きは職員が出向くことも

借入の種類によっては、定期的に約定書(契約書)を更新するものもあります。

例えば、短期の借入である手形貸付や割引手形は、契約当初に「限定根保証約定書」を取り交わします。

この約定書は5年毎、または債務者や保証人の変更があった際に更新を行います。

その際、債務者は勿論のこと、保証人においても署名・捺印が必要となります。

保証人も日中は勤めに出ていたり、金融機関の営業時間内に来店することが難しいこともあります。

そんな場合は、信用金庫職員が家まで出向いてくれることもあります。

面談の時間帯は要相談となりますが、柔軟に対応してくれる点も信用金庫を利用するメリットと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

86view

銀行融資の契約には種類がある!貸出し形態ごとの特徴

一口に銀行融資と言っても、その融資手段の貸出形態にはさまざまな種類があり、どの融資手段を選ぶかによって、返済方法や金利などの借入条件は全く違ってきます。 よって、銀行融資を検討する際には、どのような...

融資の面談では、ここを見られている

信用金庫職員と面談する際、どんな点を見られているのでしょう?

勿論、決算書や確定申告書といった数字の部分も詳しく見られますが、面談の印象という点にも重点を置いて見られています。

どの様に影響するのでしょうか?

印象・態度・姿勢を重視

信用金庫は地域密着の金融機関で、人に寄り添った金融サービスの提供をモットーとしています。

その為、信頼関係という点を大切にしています。

信頼関係は、人と人との繋がりから構築されていきます。

例えば、不足の資料があり準備を依頼したにも関わらず一向に連絡が無かったり準備をしていないということはマイナスになります。

他にも何度か電話等で連絡をしているにも関わらず返事をしないということもマイナスになってしまいます。

逆に、これらのことに誠意を持って対応すれば、信頼関係は築かれていくでしょう。

信頼関係を重視する信用金庫と良い関係性を築き、再び融資が必要となった時に活かしましょう。

決算内容が印象で覆されることもある

融資審査において不変なものは、数字です。

決算書や確定申告書の数字は変えることはできません。

ですが、赤字だから融資を受けられない、債務超過だから融資を受けられないということではありません。

赤字でも債務超過でも企業は事業を続けることができます。

企業が事業を続けられなくなるのは、資金が回らなくなった時です。

つまり、人間で言うところの血液が循環しなくなった時です。

赤字や債務超過は、経営努力により解消できる可能性はあります。

信用金庫は、その可能性を重視します。

もし業績が悪化しているなら、再生計画書や改善計画書を作成し誠意を持って相談することで、も前向きな検討につながる場合もあるので、厳しい状況の時こそ誠意ある対応をしましょう。

関連記事をチェック!

104view

銀行融資の実現にはプレゼンが大きくモノを言う

「銀行は中小企業や零細企業に冷たい・・・」 そう感じている経営者は少なくないでしょう。 「融資が通れば必ず収益は回復して、事業を立て直す自信はあるのに・・・」、「業績は順調で追加融資が通れ...

関連記事をチェック!

250view

赤字決算・債務超過でも銀行から融資を受ける方法

言うまでもなく、企業にとって銀行からの借り入れが出来るということはとても大切です。 どうしても取引先への交渉力が弱くなってしまう中小企業など、取引先からの回収サイトが長かったり、設備投資が必要に...

信用金庫の融資審査は甘い

信用金庫は銀行に比べて融資審査が甘いと言えます。

単に甘いというわけではなく、誠意ある顧客に対して真剣に向き合ってくれるということです。

信用金庫が重視する点について理解しましょう。

関連記事をチェック!

344view

信用金庫カードローンの審査は甘いのか徹底分析

執筆者の情報 名前:山本馬元(30歳) 職歴:平成21年より信用金庫勤務 信用金庫は銀行や消費者金融よりも甘い? 信用金庫では、銀行や消費者金融と同じようにカードローンを取...

数値も重要だが未来を大切にする

上記で説明したことと重複しますが、現状が厳しくても未来のある計画や熱意があれば、融資審査にも通る場合もあります。

もし赤字や債務超過の場合、このままの現状が続けば、いずれ事業は続けられなくなります。

ですが、それを覆すことができるほどの計画や見込みがあるなら話は別です。

その為には、より実現可能な計画が必要です。

その計画を立てる為には、専門家に内容を見てもらう必要があります。

都道府県や市町村にある部署に赴き相談してみましょう。

その計画書を持参し信用金庫に相談へ行くことは非常に効果的です。

何故なら、信用金庫へ相談する前に、自分で経営を立て直す行動を起こしているからです。

信用金庫の担当者にもよりますが、とても前向きな行動と言えるでしょう。

外部保証が無理ならプロパー融資で

事業資金の場合、保証協会を利用するケースが主流ですが、その保証協会の審査が通らなかった場合、プロパー融資を検討してみましょう。

プロパー融資は外部からの保証がないので、金融機関もある程度のリスクを負います。

リスクを負ってまで融資を行なってもらう為には、ある程度の信頼関係や実績が必要です。

また、もし信頼関係や実績が無かったとしても誠意ある行動で将来を見据えて融資してくれる場合もあります。

プロパー融資の検討を依頼してみましょう。

関連記事をチェック!

108view

プロパー融資とは

会社や個人事業主が銀行から商売のお金を借りる事業資金融資には、プロパー融資と保証協会付融資の2種類の融資があります。 「銀行からプロパー融資を借りられるようになったら1人前だ」などという言葉を聞いた...

関連記事をチェック!

91view

信用金庫の審査に借入状況は影響するか?

借入を申し込む場合、融資審査が必ず行なわれます。 融資審査を通過することが融資を受けるための第一歩と言えます。 融資審査では年収や勤続年数、現在の借入状況など様々な情報を調査していきます。...

準備をしてから融資の相談をせよ

融資を受ける場合には、様々な書類を準備する場合があります。

お互いスムーズに手続きを進め、迅速に融資実行をしたいものです。

その為には事前準備が重要です。

事前準備によるメリットも理解しましょう。

関連記事をチェック!

239view

事業資金融資の審査基準と仕組み

会社や事業に必要なお金を借りたい時には、銀行は事業資金の融資を行ってくれます。 しかし、事業資金は、審査を通過しないと借りることができません。 個人のローンとは異なり、事業資金は銀行員が詳...

必須書類持参で印象アップ

必要書類には必須のものと、融資商品によっては必要となるものがあります。

初めに相談へ行く時は、必須書類を持参するようにしましょう。

必須書類は融資を申込む段階で必要な物で、本人確認や顧客属性を把握する為に使われます。

どんな資金を借りるにせよ、「本人確認」・「所得確認」・「資金使途確認」は必ず行われます。

本人確認は、個人であれば運転免許証やパスポート、法人であれば商業登記簿謄本が必要となります。

所得確認は、個人であれば源泉徴収票、法人であれば決算書が必要となります。

資金使途確認は、設備を購入する場合に限り見積書が必要となります。

融資を受ける場合、これらの書類をしっかりと準備してから臨みましょう。

関連記事をチェック!

63view

銀行融資の必須書類!借入金一覧表の作り方を徹底解説

銀行から事業資金融資を受ける際には、銀行から「借入金一覧表」の提出を求められることがあります。 借入金一覧表と突然言われても、どのように作成すればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか...

相談するには経緯を具体的に

融資の相談をする場合、まずは「何の為に、何に、幾ら、いつまでに必要」かを明確にする必要があります。

設備を購入する場合は、上記で記載した通り「見積書」があると良いでしょう。

見積書には融資に必要な情報が沢山載っていますし、融資審査に必要となる書類となります。

相談へ行く前の段階では何を準備すればよいか分からないと思いますが、「何の為に、何に、幾ら、いつまでに必要」かを明確にできる書類を準備すれば、面談での印象は良くなるでしょう。

融資は実行されてから数年から数十年単位の付き合いとなります。

そこまで先の話になると、予想や想像といった話になってしまいますが、それでも計画は立てておいた方が良いでしょう。

関連記事をチェック!

51view

銀行融資を受けやすくするための借入目的

借入目的が融資の受けやすさに影響すると言うと、「なぜ?」と思われる方も多いでしょう。 借入目的ってそんなに重要なのって思われますよね。実は、とても重要なのです。 借入目的が融資にどう影響す...

預金・融資取引も審査に加味される

融資審査では決算の数字以外に、信用金庫との取引状況も加味されます。

融資の申込を受けたら、まずは取引状況を確認されます。

様々な取引を行っているに越したことはありませんし、メインに利用していれば好印象です。

審査においても、これらの取引状況はプラスの材料となります。

関連記事をチェック!

239view

事業資金融資の審査基準と仕組み

会社や事業に必要なお金を借りたい時には、銀行は事業資金の融資を行ってくれます。 しかし、事業資金は、審査を通過しないと借りることができません。 個人のローンとは異なり、事業資金は銀行員が詳...

取引状況が心証を良くする

融資審査を行なう際、申込書に取引状況を記載する場合があります。

取引項目は多いに越したことはありません。

例えば、事業に関連する資金の収支に口座を利用していたり、定期預金や定期積金の取引があったり、融資の取引があったりということが挙げられます。

これらの項目に共通していることは、「どれだけメインに利用しているか」ということです。

信用金庫は非常に情に厚く、メインに利用してくれてる顧客に対しては一層のサービスを行ってくれることでしょう。

関連記事をチェック!

17view

非公開: (統合)信用金庫の借入条件を知っておけば心証が良くなる

信用金庫で借入を行う為には、いくつかの条件を満たす必要があります。 必ず満たさなければいけない条件と、満たしていることで心証を良くできる条件がありますが、どちらも満たしベストな状態で融資審査に臨みま...

員外貸出なら700万円まで融資可能

借入をする場合、原則、会員にならなければいけないと記載しましたが、会員ではなくても700万円までは借入をすることができます。

これを「員外貸出」といいます。

700万円はトータルの借入額で計算されるため、総借入額が700万円以上となる場合は会員にならなければいけません。

員外貸出は印象が良くない

員外貸出で700万円までは融資を受けることができますが、信用金庫職員からの印象は良くないといえます。

借入は会員のみ行う事ができるという「原則」があるからです。

信用金庫は相互扶助という「お互いを助け合う関係」が根本にあります。

交換条件ではありませんが、融資をする代わりに会員となってもらうことは、お互いの希望に副えている状態といえます。

どちらかというと、審査が通りづらい

会員であるか否かが審査に大きな影響があるわけではないですが、会員の方が心証は良くなります。

融資の申込書には、信用金庫の会員であるか否かを記載する欄があります。

会員であれば、それだけ信用金庫と深く繋がりがあると取れます。

融資申込と同時であっても、会員になった方が様々な面で良いといえるでしょう。

関連記事をチェック!

186view

信用金庫が行う法人融資の審査基準は数字より内面

融資審査を行なう際、決算内容は融資可否の大きな判断材料となります。 しかし、信用金庫は数字以上に顧客の内面に目を向けて審査を行ないます。 様々な審査項目の中で、信用金庫は何を重視して審査するのでし...

決算が悪くても申込できる

金融機関は融資審査を行なうにあたり、まずは決算内容を確認します。

売上・利益・資産と負債のバランスなどが主なチェックポイントとなります。

これらの項目を含め、決算内容は良いに越したことはありませんが、信用金庫の融資審査は決算が悪くても企業の内面を見て融資審査を行ないます。

様々なケースがありますが、信用金庫ならではの見方を知っておきましょう。

関連記事をチェック!

241view

決算書の資産項目に貸付金!?これって問題ある?

借入申込を行う際には、銀行から決算書の提出を求められます。そのため、銀行員にネガティブな印象をもたれない決算書であることが望まれます。資産項目に「貸付金」が計上されている企業の方、要注意です。 ...

赤字でも融資をする

よく勘違いされるのは、赤字決算だと融資を受けることができないということです。

確かに赤字は良いことではありません。

特に銀行の融資審査では赤字の場合、たしかに融資を受けることは厳しいです。

一方、信用金庫は赤字という事実を踏まえて経営者の姿勢や思いを聞き取ります。

赤字にも様々な原因があります。

毎年赤字である場合もありますし、一時的な赤字という場合もあります。

一時的な赤字で、今後は黒字となる可能性が見出せれば融資審査を通す場合もあります。

その場合でも、これまでの取引状況が審査に影響してきます。

信用金庫に対して様々な取引を行い誠意ある対応をしてくれる顧客と、その逆の顧客がいたとしたら、後者は不利になることは言うまでもありません。

信用金庫は日頃の信頼関係を重視し、企業の業況が下向きになっているときこそ力になってくれる金融機関といえます。

関連記事をチェック!

250view

赤字決算・債務超過でも銀行から融資を受ける方法

言うまでもなく、企業にとって銀行からの借り入れが出来るということはとても大切です。 どうしても取引先への交渉力が弱くなってしまう中小企業など、取引先からの回収サイトが長かったり、設備投資が必要に...

債務超過はマイナスポイント

決算における赤字については、赤字の原因や取引状況等によって融資審査が通る場合があると記載しましたが、債務超過の場合は厳しい状況となります。

債務超過とは資産より債務が多い状況です。

簡単に言うと、資産を全て売却したとしても負債が残ってしまい返済できない状態のことです。

現段階でその様な状態なら、追加で行った融資に関しても返済される見込みは低いということになってしまいます。

債務超過は一時的に起こることではないため、融資審査において大きなマイナスポイントとなってしまいます。

関連記事をチェック!

94view

債務超過とは?原因や対策、債務不履行との違いを徹底解説

「債務超過の企業はお金を借りることができない」そのように耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか? 実際のところ、債務超過の企業はお金を借りることが難しくなります。 しかし、日本の中小企業の...

債務超過とは?原因や対策、債務不履行との違いを徹底解説

債務超過なら改善計画書を準備せよ

確率は低いですが、債務超過であっても融資を受けられる場合があります。

債務超過である事実は簡単に変えることはできませんが、改善計画書を作成することで融資を受けられる可能性がでてきます。

改善計画書とは、今後の収支計画を作成し、将来の決算内容を計画することです。

債務超過の解消方法は利益を出すことです。

つまり1円でも多く黒字にすることで、債務超過は解消されていきます。

例えば1000万円の債務超過であった場合、毎年300万円の黒字を出せば4年間で債務超過は解消されることになります。

言葉で言うのは簡単ですが、債務超過を解消するということは非常に大変なことです。

実現可能な綿密な計画書の作成が必要です。

改善計画書の作成は中小企業診断士の資格を持った者や県・市町村の企業支援を行っている課に相談するとよいでしょう。

債務超過であっても、改善計画書に沿って話を進める場合もあります。

関連記事をチェック!

54view

非公開: (統合)信用金庫から事業融資を受ける条件と流れ

事業を行う中で、設備の導入や資金繰りの安定の為に融資を必要とする場合があります。 融資金の調達は、できるだけ早くスムーズに行いたいものです。 以下の内容を把握し、無駄なくスムーズに融資を受けましょ...

借入れには条件があるの?

信用金庫の特徴は地域活性化のための金融機関だということです。

銀行と違って信用金庫は、営業できるエリアが定められています。

また、信用金庫の借入れ条件として、基本的には会員になることです。

なお、会員になるためには、ふたつの条件を満たす必要があいます。

ひとつ目の条件は「住まい」「勤務地」「営業所」のいずれかが信用金庫の営業エリア内にあることです。

そして、ふたつ目の条件は、個人又は「従業員300人以内であること」「資本金が9億円以下であること」の条件を満たしている中小企業であることです。

ただし、個人事業主は「従業員300人以下」だけが条件となっています。

会員になるための条件は、このふたつの条件を満たしていれば特に難しくはありません。

信用金庫が地域の中小企業の支援に特化しているのは、これらのことが法律で定めてあるからです。

ただし、実際に会員になるためには、出資金が必要となります。

会員になるための出資金は信用金庫ごとに異なり、5,000円~10,000円が必要になりますので、取引を希望する信用金庫に問い合わせて確認するとよいでしょう。

なお、700万円以下の少額融資の場合は、会員でなくても利用できます。

信用金庫を個人が利用する場合は、住宅ローン以外は会員になる必要はなく銀行と同じように利用できます。

会員となることに抵抗がある人でも、信用金庫からの借入れはそれほど意識せず利用できます。

関連記事をチェック!

301view

信用金庫とは

「信用金庫と銀行ってどう違うの?」 こう聞かれてすぐさま正解を口にできる人は多くはないでしょう。 この両者の業務内容にはほとんど違いは見られないため、信用金庫も銀行の1つだと思っている人は...

会員はすぐにやめられる?

信用金庫から借りた事業資金を完済したなど、何らかの理由で会員をやめたいと考えることもあるでしょう。

若しくは、単純に出資した資金を返してほしいということも、あるかも知れません。

しかし、出資した資金はすぐに返ってきませんので注意をしましょう。

信用金庫の会員から脱退する方法はふたつあり、ひとつ目は「自由脱退」です。

信用金庫に対して脱退請求をする方法で、誰かに自分が出資した持分を全部譲渡(買い取ってもらい)して脱退することになります。

すぐに譲渡する相手が見つかれば、出資した資金は全額戻ってきます。

しかし、譲渡する相手が見つからなくても、ずっと脱退できないわけではありませんので安心してください。

譲渡する相手が見つからない場合は、信用金庫が譲り受けることで脱退が完了します。

ただし、信用金庫が譲り受けられるのは、脱退請求した日から6か月以上経過した後の事業年度末(総会などの承認が必要)になりますので注意をしましょう。

脱退の申込みをする時期によっては、かなり時間がかかるため注意が必要です。

ふたつ目は、「法定脱退」です。

信用金庫の営業区外に転居する、会員が死亡する、破産手続を開始するなどのケースが該当します。

法定脱退の場合は、出資金が戻ってくるのは脱退した年度の翌事業年度となっています。

なお、信用金庫からの借入金の返済が終わっていない状態で法定脱退となっても、少額融資などは気にする必要がありません。

なお、会員資格をなくしたときには、基本的には一括返済をして法定脱退となります。

ただし、窓口に相談をすることによって、融通を利かせてくれることもあります。

金融庁の方針は信用金庫の根本と同じ

従来までの金融庁の方針は、業績の良い企業に資金供給(融資)をせよというものでした。

しかし近年では、企業の業況が下向きになっているときこそ融資を行ない、業況を良くして欲しいという方針になりました。

金融機関は金融庁の方針に沿って事業を行っています。

金融庁の方針は、これまでの方針とは180度間逆な内容となりました。

勿論、どんな企業に対しても融資をしてくれというわけではなく、企業の強みや弱み将来性などを加味した上で融資を行なう判断をしてほしいというものです。

表面には現れない企業の内面の部分を評価してほしいということは、信用金庫が昔から行っていたことです。

これを事業性評価といいますが、今後は信用金庫の強みが活かされる時代に入ってきているともいえます。

関連記事をチェック!

621view

低金利で事業資金借入!信金、銀行、公庫の違い【個人事業主や企業の融資制度】

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 この記事はこんなひとにおすすめ 「今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。 ...

条件変更していても融資を受けられる

融資を受けている途中で返済が厳しくなった場合、返済額の軽減等を行うことができますが、このことを条件変更といいます。

条件変更は1年、2年という期間を区切って行われますが、期間が終了しても改めて条件変更を行い、当初の返済にはなかなか戻せない状況になる企業が大多数です。

そんな場合、新規で融資を行なうことはほぼ不可能でした。

しかし、その考えは過去のものとなりました。

金融庁の方針が、決算の数字だけではなく企業の内面を評価することに重点を置いたため、条件変更を行っていても将来立て直すことができると見込まれた場合、融資を行なうことが可能となりました。

とは言え、金融庁からの支援や保証があるわけではないので、信用金庫も慎重に入念に吟味しなければいけないことは従来と変わりありません。

関連記事をチェック!

673view

法人借入・法人融資の基礎知識

法人ならどの法人でも借入できる? 一口に法人といっても日本には法律上様々な法人が存在します。銀行などから借り入れができる法人はどのような法人でしょうか? 株式会社や有限会社の借入 一般的...

事業性評価とは

事業性評価とは、事業の強みや弱みを元に将来性を評価することです。

評価方法はSWOT分析(スウォット分析)という方法で行われます。

SWOTの内容はS(強み)、W(弱み)、O(機会)、T(脅威)であり、良い点と悪い点を把握した上で将来性を分析していきます。

まずは自身の事業内容を再確認することが重要です。

実は昔から事業性評価は行われていた

機械化が進む今日においても、信用金庫は顧客と面談し話し合うことを重視してきました。

その背景には、地域に密着した経営方針が関係していると考えられます。

特に融資においては、顧客の悩みに耳を傾け、親身に解決の方法を一緒に考えるということを行ってきました。

金融庁の方針である事業性評価と同じことを信用金庫は昔から行っており、それが信用金庫の体質となっております。

数字ではなくSWOT分析のように内面を分析することを得意とする信用金庫は、事業の支援においても的確なアドバイスを行うことができる金融機関といえるでしょう。

関連記事をチェック!

448view

運転資金を銀行融資で調達するには

会社を経営していく上で必ず必要となってくるのが事業資金。 日本の企業数の約90%を占めると言われている中小企業に限って言えば、金融機関からの事業資金融資を受けずに経営を継続しているところはごく一...

信用金庫ってどんな金融機関?

信用金庫の主な業務内容は、銀行とほとんど変わりません。

銀行と同じように、お金を預かってくれますし、フリーローンなどの金融商品を販売しているためお金を借りることもできます。

このように違いが余りないように感じてしまうため、呼び方が違うだけではないかと思う人もいるかも知れません。

そもそも、銀行は銀行法を遵守しなければならないのに対して、信用金庫は信用金庫法という全く別の法律に従って営業しています。

また、銀行は利益を追求して営業していますが、信用金庫は地域活性化に重点を置いて活動している団体で営利を求めいていません。

信用金庫は地域活性化のための活動などよく実施しており、地域密着型の金融機関といえるでしょう。

また、信用金庫は比較的に金利が、低いことが魅力的といえます。

銀行と比べて圧倒的に信用金庫の金利が低いというわけではありませんが、金融機関を比較するときに信用金庫は見落としてしまうことがありますので注意が必要です。

なお、信用金庫ごとに金利が異なるため、住んでいる地域にある信用金庫の窓口やホームページなどで事前に確認することをおすすめします。

関連記事をチェック!

131view

銀行と信用金庫は根本的に大きな違いがある

銀行と信用金庫は共に長い歴史がありますが、銀行と信用金庫は何が違うのでしょうか? そして、何故、銀行と信用金庫が必要なのでしょうか? 組織形態、経営方針、利便性など様々な角度から分析していきましょ...

まとめ

融資は型にはまったものはなく、1件1件異なるものです。

十人十色という言葉があるように、企業も1社1社異なります。

信用金庫は、企業の特徴を見極め、何が必要なのかということを分析する能力が高いといえます。

更に、顧客に寄り添った柔軟な対応を心掛けている信用金庫は、とても頼れる存在ではないでしょうか。

困った時こそ力になってくれる金融機関といえます。

信用金庫の根本には「相互扶助」という言葉があります。

相互扶助とは、お互いを助け合うという意味です。

信用金庫をよく利用すれば、いざ自分が困った時に信用金庫は助けてくれるでしょう。

関連記事をチェック!

30view

信用金庫法から読み取れる経営方針

信用金庫は、業務を行う上で信用金庫法という法律を遵守しなければいけません。 信用金庫ならではの決まりごとや、経営方針があります。 普段、耳にすることのない信用金庫法について理解を深めましょう。 ...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談