消費者金融アコムを一括返済する方法とメリット

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

大手消費者金融であるアコムでお金を借りていても、返済途中で臨時収入やボーナスで一括返済したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

一度リボ払いの契約をしてしまうと借金を完済するまでずっとリボ払いにするのはイヤだな、せっかくお金があるのに利息が高くて早く返済したいよ、という人のためにアコムの一括返済方法やメリットについてご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

アコムは一括返済できるの?

アコムからの借入が比較的少額であれば返済期間もそれほど長くなることはありませんね。

しかし借入金額が50万円となってしまうと、アコムの最低支払金額で返済していくと借金を完済できるまで5年もかかってしまいます。

5年の間には何が起きるかわかりません。

しかも消費者金融の標準金利は年18.0%でアコムも同じです。

大型定期預金を銀行に預けてもほとんど利息がつかないのに、年18.0%も利息を払うのはもったいないですよね。

アコムの一括返済はいつでもすることができます。

一括返済しても何も気にすることなく、また必要な書類も手続きも必要ありませんので、お金に余裕があるときは一括返済しても全く問題ありません。

一括返済してしまうと次にお金が必要になったときに貸してくれないのではないか、という心配も必要ありませんよ。

関連記事をチェック!

594view

アコムの返済方法、返済額【分割払いもマスター】

返済日は3パターン アコムには、返済期日が異なる3つの分割返済があります。 35日ごとの分割返済 毎月指定期日の分割返済 口座振替を利用する分割返済 これらの分割返済は、契...

関連記事をチェック!

329view

消費者金融一括返済はメリットばかり?全額返済の注意点はないの?

消費者金融のキャッシングでお金を借りて一括返済する人はなかなかいませんよね。普通はリボ払いになるのではないでしょうか。 リボ払いは確かに経済面でラクに返済できますが、返済期間が長期間となりやすくまた...

一括返済する際の利息は?

一括返済する際の利息は前回支払った日の翌日から、全額返済するまでの日数分だけ日割りで計算されます。

電卓があれば自分でも計算できますので簡単です。

◆一括返済額=借入残高x0.18/365日x日数分

例えば借入残高が30万円で、前回支払ってから10日で一括返済する場合は次の計算式になりますね。

・一括返済額=30万円x0.18/365×10
これを計算すれば利息は1,479円ですから、借入残高の30万円と合計して30万1,479円を返済すれば良いです。

関連記事をチェック!

59view

アコムの借入をボーナス払いで利息軽減

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 ボーナス払いのメリット 住宅ローンや自動車ローン返済してくために、毎月の返済だけで...

一括返済する日にちがずれると金額も変わる

一括返済しようと思っても、その日にたまたま他の用事ができてしまって全額返済することができなかった場合は、返済するまでの日にちが変わってきますので利息額も変化してしまいます。

確実に一括返済の金額を知りたいのであれば、アコムのカードローンデスクへ電話してオペレーターに確認するのが確実です。返済できる日にちを言えば計算してくれます。

その際になぜ一括返済するのかオペレーターによっては理由を聞かれる可能性もあります。

そのときには「とりあえず一括返済しますが、お金が必要になったらまたよろしくお願いします」とだけ言っておけばOKです。

なおアコムのカードローンデスクの電話番号や営業時間は次の通りです。

◆電話番号:0120-629-215
◆営業時間:9時から18時まで(平日のみ)

勤めている人なら昼休み時間に電話をかけるとか、休憩時間に電話をかけて確認すれば良いでしょう。

アコム会員サイトでも一括返済額は確認できる

アコムのカードローンデスクに電話する時間がなかったというときは、アコムの会員サイトへログインし借入残高を確認すれば、その時点での一括返済額を調べることができます。

ただし前項でご説明したように、明日一括返済するのに今日借入残高を確認しても利息額は今日時点での計算です。

ある程度目安をつけることはできたとしても、確実に一括返済額を調べるには今日一括返済するという日にアコム会員サイトへログインし、借入残高を確認するようにすれば万全ですね。

関連記事をチェック!

652view

アコムの残高を確認する方法は?残高と返済金額の関係も紹介

アコムのカードローンは、利用残高で月々の返済金額が異なります。 計画的に返済を行うためにも、残高を把握することは重要なことですし、いつでも借入ができてしまうアコムの借入残高を定期的に確認しておくこと...

アコムの借入を一括返済する方法

アコムの返済方法はアコムATMや三菱UFJ銀行ATM、コンビニATMやアコム店頭窓口など借主の都合に合わせた様々な返済方法があります。

もちろんアコムの借入を一括返済する場合でも、通常のアコムの借入返済と方法は変わりません。

ただしアコム店頭窓口以外で返済する場合は、コンビニATMだと1,000円未満の金額を返済することができません。

なぜならお釣りが出ないからです。

どうしてもATMから返済したいという場合は、アコムATMや三菱UFJ銀行ATMを利用すれば良いですね。

一括返済する金額に1,000円未満の端数があってもきちんとお釣りが出てきます。

関連記事をチェック!

883view

借金の一括返済をしてもカードローンの利息は戻らない

ローンと一括返済は、密接な関係にあります。 しかもその関係はとても繊細で微妙です。 ローンの種類によっては利息が戻る場合もあるし、またはカードローンのように利息が戻らないこともあり、利息の戻りを期...

アコムでは無利息残高がある

アコムの借入を一括返済したいと思っても、近くにアコムATMがない、三菱UFJ銀行ATMもないという場合はコンビニATMから返済するしかありませんね。

銀行窓口で振込によって一括返済する方法もありますが、銀行の窓口営業時間が15時で閉まってしまうため、会社勤めだとなかなか銀行まで行くことができません。

それに振込手数料が800円程度かかってしまいもったいないですね。

そうなるとコンビニATMから一括返済しようかとなるわけですが、コンビニATMから一括返済する場合はやはりATM手数料がかかってしまいます。

・1万円以下:110円
・1万円超:220円

コンビニATMから一括返済する場合は、返済する金額とコンビニ手数料を合計した金額を入金してくださいね。

偶然にもコンビニATM手数料を合計したら端数がなくなったのであればラッキーです。しかしどうしても端数が出てしまう場合が多いですね。

アコムでは借入残高が1,000円未満は無利息残高と言って、利息がかかることなく、また返済しなくても返済滞納とならないように特別な管理をしてくれます。

そこで次回アコムから借入する予定があるという場合は1,000円未満の残高を残しておく方法もありますね。

無利息残高は次回アコムから借入したときに精算される仕組みです。

関連記事をチェック!

4340view

アコムの借入&返済!百円、千円単位が可能なATM

全国どこに住んでいる人でも利用できるアコム。 借入や返済に利用できるATMも多く、数あるカードローンの中でも利便性の高さはトップクラスです。 アコムの借入&返済は最低いくらから可能なのか、また、手...

アコム一括返済するメリット

アコムを一括返済するメリットと言ったら、来月からはアコムへの返済をしなくても済むことですね。

アコムの返済を続けて行く限り、利息の負担は避けることはできません。

一括返済してしまえば当初の予定よりも早く借金完済できますから、無駄な利息を支払う必要がなくなります。

関連記事をチェック!

329view

消費者金融一括返済はメリットばかり?全額返済の注意点はないの?

消費者金融のキャッシングでお金を借りて一括返済する人はなかなかいませんよね。普通はリボ払いになるのではないでしょうか。 リボ払いは確かに経済面でラクに返済できますが、返済期間が長期間となりやすくまた...

アコムを一括返済しても契約は残る

銀行からの借入を行うためにアコム一括返済するという人も多いのではないでしょうか。

銀行から融資を受ける場合は消費者金融の借金はないに越したことはありません。

しかしアコム一括返済して借入残高がゼロになっても、それでアコムと縁が切れたわけではありません。

単に借入残高が0円となっただけで、ローンカードが残っている限りいつでもアコムから借入ができてしまいます。

銀行は返済能力を重要視する傾向にあり、たとえアコムの借金を一括返済したとしても、いつまた借金が増えてしまうとも限らないわけです。

関連記事をチェック!

2923view

消費者金融を完済後解約すると信用情報はいつ消える?

消費者金融を利用すると、「信用情報機関」にその利用情報が記録されます。 この点は多くの人がご存知かと思います。 では、信用情報機関に記録された情報は、消費者金融を解約をするとどうなるのでしょうか?...

一括返済したら契約解除をする

銀行の審査を有利に進めるためにも、アコムの借金を一括返済したら一緒に契約解除の手続きもしてしまいましょう。

契約解除を行えばローンカードはもう使えません。契約解除したことは信用情報にも載りますので銀行の審査にも有利に働くでしょう。

なお契約解除を行ってもアコムから借入た履歴は契約解除から5年間信用情報機関に残ります。

将来住宅ローンや自動車ローンなど銀行から大型融資を受ける場合は、事前に準備しておくことですね。

5年経過していたら消費者金融で借りていた履歴は一切消えていますので審査で心配することもなくなりますよ。

契約解除後に再度アコムに申し込む場合は新規申し込みと同じです。審査によっては借入できないことも考えておきましょう。

関連記事をチェック!

2166view

借金完済後にやるべきこととは~返済が終わったら確認~

借金完済したらもうアナタは自由です。 借金返済のために汗水たらして努力した結果が報われたのですから好きなことができますね。 しかし借金完済したら気が抜けてしまって何もすることがなくなった、と言う人...

アコムで完済証明はもらえるのか

完済をしたときの証拠となる証明を完済証明と呼びますが、これは借金を完済したときに自動でもらえるものではありません。

アコムでも完済証明を発行してくれるのですが、こちらから完済証明書の発行を申込みしなければいけません。

アコムで完済証明を発行する方法と、完済証明が必要な理由を具体的に紹介してきます。

完済証明を発行するには

完済証明をアコムで発行する方法は、大きく分けて2種類あります。

ひとつは電話で連絡を行い発行してもらう方法で、もうひとつは直接店頭に出向き発行してもらう方法です。

電話で発行の手続をすすめると、申込みは気軽に行えますが受け取りが郵送となるため、手に入るまで時間が掛かります。

店頭で直接申込みをした場合は、その場で完済証明書を受け取ることができるためすぐに手に入れたい人にはおすすめです。

完済証明は残高をゼロにしなければならない

完済証明をもらうための条件は、借金を完済する必要があります。

一見すると、完済するというのは当たり前のように感じますが、返済の方法によっては支払が終わっていても完済にはなっていない可能性があります。

ATMで返済を行っている人は、返済の最小単位が1,000円となっています。

したがって、支払を完了しても1,000円未満は残高がある可能性がでてきます。

この端数として残った返済金は「無利息残高」と呼ばれ、利息が掛からないためアコムから返済を求められず放置しても問題ありません。

ただし、完済証明を発行してもらうためには、無利息残高を含めて全額返済をする必要があります。

無利息残高まで完済するには、インターネットから返済を行うかm電話連絡をして専用の振込口座を案内してもらうことで行うことができます。

完済証明はなぜ必要なのか

完済証明の発行手順を紹介していきましたが、そもそも完済証明が必要となるのはどのような場面なのでしょうか。

まず考えられるのは、住宅ローンやマイカーローンなど、大型の目的ローンを申し込む場合です。

ローンを申し込む前に借金を全て完済しているという証明を出すことで、金融機関に安心してもらうことができるため、ローンの審査にいい影響を与える可能性があります。

大型の目的論を申込するほかにも、家族や親族に借金をしていたのが発覚したときに、現在は借入れがないという証明を提示するケースがあるかも知れません。

また、返済完了についてトラブルが起こった場合に、完済証明があれば回避する手段として利用できます。

余りないケースですが、借金を完済したと思ったのに返済の催促が来てしまったときに、証明書として提示することで追加の支払を確実に免れます。

また、おまとめローンなどで借金をまとめる場合も、完済証明書が必要になることがあります。

おまとめローンで間違いなく、借金を完済しているのか金融機関が確認するために提出が必要なときもあるのです。

トラブルを未然に防ぐためにも、借金の完済が完了したときに完済証明を発行してもらうことがおすすめです。

アコムの借金の完済と住宅ローンの関係とは

住宅ローンを申し込むときに、アコムからの借入れがあるとどのような影響があるのでしょうか。

また、借入れを完済しているとどのようなメリットがあるのでしょうか。

住宅ローンとアコムの借金についての関係性について解説していきます。

借金を完済すると住宅ローンで有利

借金を完済すると、状況によっては住宅ローンで有利に働く可能性があります。

住宅ローンの審査までにアコムのキャッシングを完済していると、ローンの返済能力を持っていると判断されて審査を受けるときに有利です。

ただし、何回も借入れを繰り返していたり、返済を滞納してしまったりすると審査時に完済していたとしても有利に働かないです。

完済前に住宅ローンの申込みは難しい

住宅ローンの申込み前に借入れを完済していないと、審査ではデメリットとなってしまい、金融機関によってはアコムの借入れがあるだけで審査に落ちてしまうこともあります。

住宅ローンは、30年以上の長期間にわたって分割の返済をする高額な商品です。

もし最初の2~3年で返済を滞納してしまい、全額支払えなくなってしまうという事態を金融機関は避けたいです。

したがって、審査も必然的に慎重になることが多く、借金癖がついていたり、他社からの借金との同時返済をされたりなどを避けることが多くなっています。

また、住宅ローンを利用するのであれば、アコムのキャッシングは完済だけでなく、解約の手続までしておくことが無難です。

完済だけで、キャッシュカードを使える状況で残してしまうと、住宅ローンの審査時に、「この人は追加でまた借入れを行うな」と判断されてしまいます。

住宅ローンの申込み前に、アコムの借入れを完済したのであれば、同時に解約の手続をしておくことがおすすめです。

キャッシング情報はごまかせない

これまで住宅ローン前に、アコムのキャッシングの完済や解約をおすすめしてきましたが、正直手続には時間や手間が掛かるため面倒である面もあります。

中には、申込みの段階で書類に記入しないで、ごまかすことはできないかと考える人もいるかも知れません。

しかし、完済や解約の情報は、住宅ローンの審査時に確実にバレてしまうため絶対に行わないでください。

完済や解約の情報は、逐一個人信用情報機関に個人信用情報として送られて保存されます。

そして、この情報はどの金融機関も信用情報機関と提携しており、審査のときには毎回提供してもらっています。

したがって、申込時に借入金はなしと記入していたとしても、個人信用情報を見られてバレてしまうのです。

書類に間違った情報を書いてしまうと、審査にかなり悪影響を与えてしまいます。

住宅ローンの申込み前に、しっかり準備を整えて書類の内容にうその記述をしないように気をつけてください。

アコムは完済後に解約した方がよいのか

アコムのキャッシングは、完済後に解約をすることもできます。

解約と聞くと追加で借りたくなっても借りることもできないなど、デメリットの部分を感じますが、解約をしたときのメリットも多く存在しているのです。

解約のメリットの紹介以外にも、解約の具体的な方法も紹介していきます。

解約をするメリットとは

アコムのキャッシングを解約するメリットは、借入れの情報を個人信用情報から消すことができることです。

借金を完済して状態で新たに借入れをせずに、長期間借入れが0円で続いたとしても個人信用情報では与信ありという状態になります。

与信ありとは、いつでもキャッシングでお金を借りることができるということを示します。

つまり、アコムとの取引が今も続いていることです。

与信ありと判断されてしまうと、先ほど説明した住宅ローンやマイカーローンなどで不利になってしまうため、利用を検討している人は早めに解約することがおすすめです。

また、解約をせずにいつでも借りられる状態にしておくと、再び借入れを行ってしまう可能性が残ってしまいます。

初回の借入時は、抵抗があり必要以上の借入れをしないことが多いですが、2度目以降は借入れに慣れてしまい、高額なキャッシングをしてしまい返済に困る可能性も高いです。

住宅ローン申込み以外にも解約のメリットがあります。

解約方法は来店か電話

解約の手続はアコムの有人窓口に直接来店するか、アコムに電話をすることで行えます。

もしも、無利息残高がある場合は、どちらの手段でも解約手続前に支払をすることができるように手続を行ってくれます。

ただし、電話で手続をする場合は、無利息残高の支払と解約手続を別に行うため、2回電話を掛けなければなりません。

有人窓口に行くと残高の支払、解約の申込み同時に行えます。

時間に余裕がある人は、一度に手続ができるため有人窓口で解約をすすめる方が手間を省けます。

また、窓口での手続にも電話での手続にも、特別な準備物は必要ありません。

ただし、窓口での手続は本人確認書類の提示が求められるため、運転免許証などを携帯することを忘れずに持っていくようにしてください。

解約にはデメリットもある

解約にはメリットも多いですが、デメリットとなる点も幾つかあります。

代表的なものは、追加の借入れを行いにくいということです。

借入れの予定がなかったとしても、冠婚葬祭や急なトラブルが起こってしまったときに追加の借入れが必要となるときはでてきます。

解約をしてしまうと、このような場面で即座に借入れを行うことができません。

急な出費に対応ができるほどの貯金ができてから解約をすると、解約のデメリットを防ぐことができるため自分の懐事情と合わせて解約を検討するとよいでしょう。

アコムは完済後も信用情報が残るのか

完済や解約の目的に個人信用情報から、キャッシングの情報を消すことであることも多いです。

しかし、完済や解約の手続を行ったとしても、その場でキャッシングの情報が消えるわけではありません。

なぜ、キャッシングの情報が残ってしまうのか、個人信用情報の仕組みとどんなキャッシングの情報が記録されるのかを解説していきます。

完済後5年は信用情報が残る

キャッシングの契約や完済の情報、アコムのキャッシング解約の情報は一般的に5年間保管されます。

ただし、信用情報機関が日本には3社あり、会社によって個人信用情報の取扱いが異なるため、保存期間が5年未満のこともあるようです。

また、完済や解約の保存期間は、完済や解約をした日からスタートして5年間となります。

さらに、契約をした情報はキャッシングの契約をした日ではなく、解約をした日から5年間が保管期間となります。

つまり、キャッシングの解約を行わなければ、アコムとキャッシングの契約をした個人信用情報はいつまでも消えません。

借金滞納の信用情報は計算が違う

借入れの完済や解約の情報以外にも、返済の滞納についても個人信用情報に記録が残ります。

返済の滞納は、新たなローンの申込みや他社のカードローン契約の審査時に悪影響を及ぼします。

したがって、個人信用情報に返済の滞納の情報が残っている内は、新たなローンの審査を申し込むことは避けた方がよいです。

また、滞納の情報は完済や解約の情報と違い、情報の保管期間が借金滞納の解消が始まってから5年間であることが多いです。

したがって、キャッシングの完済の情報が残っていたとしても、滞納の情報は既に消えているというケースもあります。

しかし、長期滞納となると話が変わってきて、保存期間のスタートがキャッシングを完済してからになります。

長期滞納は、一般的にブラックリストに載るともいわれ、新たなローン契約を大手金融機関から結ぶことはほぼできません。

2か月(61日)以上の滞納を長期滞納と呼ばれ、私生活に影響がでるため避けるようにしましょう。

アコムを完済後に再び借入れすることは得か

アコムの完済後に、再び借入れをしなければならない場面もでてくると思います。

このような場面で、アコムから再び借入れをすることは他社に乗り換えるよりもお得なのか確認をしていきましょう。

完済後に金利の引下げを交渉することもできる

キャッシングを乗り換えずにアコムで再び借入れをするメリットは、金利の引下げの交渉ができることにあります。

滞納もなく順調に完済をするとキャッシングの完済直後若しくは、しばらくしてから借り入れ上限金額の増額のお知らせが来ます。

このタイミングに同時に金利の引下げを提案すると成功しやすく、最初の金利よりもお得に借入れができるかも知れません。

金利の引下げの交渉ができることは、長期間アコムでキャッシングを行っている場合に限りのメリットです。

解約していても再申込みができる

もしも、アコムのキャッシングの解約をしてしまったとしても、再申込みをして審査にとおれば再び借入れを行うこともできます。

さらに、申込みの際にもう一度金利の設定があるため、最初の審査よりも低い金利で借入れができるケースもあります。

しかし、30日間金利0円サービスは、初めてアコムを利用した人限定なので、再申込みのときには利用できないため注意が必要です。

アコムの借入れが完済しているか確認する方法とは

これまでの解説で、自分が借入れを完済しているか気になっていると思います。

借入れを完済しているかどうかの確認は、様々な手段で確認することができます。

完済の確認方法について、種類や方法など詳しく解説していきます。

完済の確認は来店がおすすめ

完済の確認は、返済手段と同じ手続で確認することができます。

  • アコムのATMから確認
  • 銀行のATMから確認
  • インターネットから確認
  • 電話で確認
  • アコムの有人窓口で確認

上記のどれでも完済しているか確認ができます。

しかし、アコムのATMや銀行のATMでも完済の確認を行えますが、無利息残高があった場合にはその場で返済はできません。

続けて無利息残高の支払を行いたい場合や、完済証明を発行したい場合は、アコムの有人窓口で確認を行うことで全ての作業を連続して行えます。

有人窓口の確認はホームページより行うことができるので、利用しやすい場所にある場合は作業の効率がよいため窓口での確認がおすすめです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談