おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました

カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類

以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。

  • 消費者金融
  • 銀行
  • 信販会社

銀行もカードローンを発行しているため、カードローン会社に含まれます。

なお信販系のカードローンは、クレジットカードのキャッシング枠で貸付を行うこともありますが、カード会社によっては専用のカードを発行する場合もあります。

信販会社によって貸付形態が若干異なることには、注意しておきましょう。

また、消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法、信販会社は割賦販売法と、それぞれ業務に適用される法律が異なります。

貸金業者の一種である消費者金融はその名の通り「貸金」、つまり融資そのものが事業ですし、銀行も個人融資を主な事業の1つとしています。

一方割賦販売法が適用される信販会社では、割賦販売(いわゆる分割払いによる販売)を主な事業としており、融資はメインの事業ではありません。

そのため、カードローンを発行している会社では、信販会社よりも消費者金融や銀行のほうがカードローンに特化しており、いろいろな特徴を持ったカードローンを取り扱っています。

カードローン選びにで悩んだ場合は、まずは消費者金融か銀行の取り扱うカードローンを中心に検討するといいでしょう。

関連記事をチェック!

109view

信販会社とは?定義と特徴を紹介

「信販系のクレジットカード」という言葉を聞いて「信販系ってなに?「他のカードとどう違うの?」と考えたことがある人も多いのではないでしょうか? 私たちが、クレジットカードを使用する場面では、信販系も他...

銀行カードローンは審査が厳しい

では、上述した3種類のカードローンの中でどのカードローンがもっとも審査が厳しいかと言われたら、これは間違いなく銀行カードローンとなります。

銀行は社会の公器であり、いいかげんな融資を行うわけにはいかないため、必然的に審査基準も消費者金融のカードローンや信販会社のカードローンより、若干高めに設定されているのです。

審査が厳しいと聞くと、銀行カードローンはイマイチなのかと思われてしまうかもしれませんが、銀行カードローンには審査が厳しいことを差し引いても十分なメリットがあります。

まず、銀行カードローンで融資の際に適用される上限金利は、他の2つのカードローンと比較しても低めに設定されているケースが多くなっています。

金利は返済負担にダイレクトに関わってくる要素なので、低ければ低いほどありがたいことは間違いありません。

そして、「カードローン」と聞くとあまりよくないイメージを持たれるかたもおられるかもしれませんが、銀行は融資を行う機関としてはゆるぎない安心感・安定感・信頼感を有しています。

カードローンを利用する人は、銀行が持つそういった印象をもとにして安心して借り入れできるでしょうし、そういったイメージは借り入れを行っていることが周囲にバレてしまった場合にも影響してきます。

消費者金融だと、眉をひそめられてしまうような場合もあるかもしれませんが、銀行カードローンであれば、あからさまな非難の目を向けられることはあまりないのではないでしょうか。

銀行によっては、キャッシュカードにカードローンの機能を追加できる場合もあるので、そもそもカードローンを利用していることが周囲にバレにくいというのも人によってはありがたいですね。

なお、融資を受けることを検討しているすべての人にきちんと理解しておいていただきたいのは、真っ当な会社であれば「無審査」で融資を行うということはありえません。

銀行カードローンの審査が厳しいと聞くと、そもそも審査なしで融資を受けられるようなところを探してしまいがちです。

そして「無審査で融資!」「激甘審査!」というような謳い文句を掲げている業者にからめとられてしまうことになるのですが、そういった謳い文句を掲げているところはほぼ闇金です。

審査の厳しさから逃れたいという一心で、闇金を利用してしまうというような本末転倒なことにはならないようにしてくださいね。

比較的審査の甘いカードローン会社は消費者金融

カードローンを取り扱っている会社として3種類の会社を挙げましたが、世間的にカードローンを取り扱っている会社の代表と言えば、やはり消費者金融となるでしょう。

消費者金融はカードローンを事業の中心としているところが多く、テレビCM、広告による宣伝も積極的に行っています。

そのため知名度も高く、カードローンのことを考える際には最初に消費者金融を連想する人が多いでしょう。

そんな消費者金融が取り扱うカードローンは、比較的審査が甘いことが特徴です。

先ほど、「銀行カードローンは審査が厳しい」ということに触れさせていただきましたが、消費者金融は逆に審査が甘めです。

そのため、審査に通過することを最優先に考えるような場合には、3つのカードローンの中では消費者金融のカードローンを選ぶべきだと言えます。

また、融資スピードの早さも消費者金融のカードローンの特徴と言えるでしょう。

特に大手消費者金融は、無人契約機によってすべての手続きを一気に行うことができる環境を整えています。

銀行カードローンや信販会社のカードローンではカード発行に時間がかかり、申し込んだその日のうちに借り入れることができないということも多いのですが、消費者金融の多くは即日融資に対応してくれています。

金利は銀行カードローンよりも高くなっていますが、その分多少リスクがあっても柔軟に審査をしてくれるという特徴があります。

関連記事をチェック!

41view

非公開: (統合)今すぐ今日中にお金を借りたい

今日中にお金を借りたい、そんなときにカードローンを味方に付ける秘訣を解説します。 なお、記事の後半では、審査に通らない人が闇金以外でお金を借りる方法について述べます。 この記事はこんな方におすすめ...

消費者金融には大手と中小がある

金利は銀行カードローンと比べると高めですが、大手を中心に契約から30日間は無利息で利用できるなどのキャンペーンを行っているところもあります。

大手だとなかなか審査が通らないというかたは、中小の消費者金融という選択肢もありますよ。

関連記事をチェック!

31view

非公開: 即日キャッシングが可能なカードローン

お金を借りたいとなったら今すぐ借りたいと思うのが人情ですよね。 即日キャッシングができるカードローンはどこなのでしょうか。 急にお金が必要でも手続きが面倒だとか、どこに申し込めば良いのか分からない...

非公開: 即日キャッシングが可能なカードローン

カードローンは審査基準や貸付条件で選ぼう

非常にたくさん種類のあるカードローンですが、カードローンを選ぶときはどういった点に気を付ければ良いのでしょうか。

まず大前提として、自分自身が利用条件を満たせているカードローンを選ばなければなりません。

「申し込み時の年齢が20歳以上60歳以下」というカードローンに対して、61歳の人が利用を検討しても意味がありませんからね。

また、自分が500万円の融資を受けたいという場合に、最大融資限度額が300万円のカードローンを検討しても意味がありません。

他のところで200万円借りられればいいかもしれませんが、それなら最初から1社で500万円の融資が受けられるところを探すべきでしょう。

自分自身が申し込める・申し込んで意味があるカードローンをいくつか絞れたら、あとはそこから貸付条件を吟味していきましょう。

200万円の融資を受ける場合A社なら8.5%~12.0%の金利、B社なら7.0%~10.0%の金利、C社なら8.0%の金利が適用されるなら、おそらくB社かC社から融資を受けるのがお得になるでしょう。

このように、自分にとってもっとも有利な条件で融資を受けられるところを考えていき、そのカードローンに申し込むようにすれば最適な形で融資が受けられるはずですよ。

申込属性や年収によって選ぶ方法もある

複数のカードローンを比較検討する場合には、自身の属性や年収をベースにして検討する方法も考えられます。

カードローンの審査難易度はざっくりと、銀行カードローン>信販会社のカードローン>消費者金融カードローンとなっています。

そのため、属性や年収等に自信があってできるだけ有利な条件で借り入れたいという人は、審査は厳しいものの総じて低金利である銀行カードローンを利用するのが、理にかなっています。

一方、属性や年収に自信がなくとにかく審査に通過することを最優先で考えたいという場合には、銀行カードローンよりも金利が高いことが多いものの、審査難易度の緩い消費者金融を選ぶべきでしょう。

信販会社のカードローンは、銀行や消費者金融と比較するとこれと言った特徴がないことが多いですが、2つのカードローンの中間的な特徴を持ったカードローンを利用したい場合にはちょうどいいですね。

審査に通らなければカードローンで借りられない

審査に関する話がいくつか続けて出てきましたので、ここでカードローンにおける審査について、簡単に話をまとめておきましょう。

大前提として、カードローンを利用するためには審査に通らなければなりません。

審査において重要となるのは「属性」と「信用情報」と呼ばれる要素であり、これらの要素がどちらもカードローン会社の基準をクリアしていれば、審査に通過することが可能となります。

パートやアルバイトなどであまり収入がない人は、属性面に不安を抱えていることになりますし、過去に何らかのローンで返済を遅延してしまったことがあるような人は、信用情報に問題を抱えていることになります。

特に信用情報は相手の信用力を測るためのものであり、担保も保証人もなしで融資を行うカードローンにとって、信用力がどれだけ重要であるかは想像に難くないでしょう。

そのため、審査に通る自信がない人は3つのカードローンの中で、消費者金融のカードローンに申し込むことをオススメします。

ローンには成約率(申し込みを行った人に対して審査を通過した人の割合)があり、その成約率が銀行カードローンと比較すると消費者金融のカードローンのほうが高くなっているからです(信販会社のカードローンもどちらかと言えば高め)。

消費者金融のカードローンを利用して継続的に返済を行っていくことで、クレジットヒストリーを育てて信用力を高めることにもなるので、審査に不安がある人は消費者金融のカードローンを中心に考えるようにしましょう。

金融機関によって審査基準が異なる

審査を行うからには、どのような人は審査に通してどのような人は審査落ちとするかに関する、「審査基準」がなければなりません。

それぞれの金融機関では独自に審査基準を定めていますが、その審査基準が公開されることはないため、審査基準に応じた対策を取るといったようなことはできません。

ただし、カードローンによって重視する項目が異なるため、結果として審査に通りやすいカードローンや通りにくいカードローンが出てくることになります。

また、たとえば同じ「銀行カードローン」のくくりに含まれるカードローンでも、AのカードローンとBのカードローンでは審査基準が異なります。

そのため、仮にAのカードローンの審査に落ちたとしてもBのカードローンの審査には通るということが起きえますし、逆もまた然りです。

ですので、1つのカードローンの審査に落ちてしまったからと言って、それと同じくくりのカードローンへの申し込みを諦める必要性は一切ありません。

関連記事をチェック!

33view

【即日融資可】安心安全なカードローン会社

お金が足りない…けどカードローンてなんか怖い。 お金をどうしても工面する必要なったとき、カードローンを利用したいと思っても、カードローンが本当に安全,安心なのか、不安になりますよね。 ...

【即日融資可】安心安全なカードローン会社

カードローン会社を利用目的で選ぶことも大事

カードローンを利用する場合、「お金を借りること」自体が目的では決してなく、借り入れたお金を利用して何かしらを行うのが目的なはずです。

そして、借り入れを行った後は必ず返済を行わなければなりません。

そこで、借り入れた資金の使用使途や返済に着目してカードローン会社を選ぶことも、1つ重要な判断基準となるでしょう。

カードローンは、資金使途が自由となっているのが1つの特徴ですが、それでも大半のカードローンでは借り入れたお金は「事業性資金
」としては利用できないようになっています。

そのため、カードローンで借り入れたお金を事業性資金として利用したい場合には、あらかじめ資金使途をきちんと確認して事業性資金としても利用できるカードローンを選ばなければなりません。

また、返済をすぐに終えられるのか長期になりそうかでも、選ぶべきカードローンは変わります。

一般的には金利が低いカードローンを利用するほうが返済負担を減らせるので、適用金利が低い銀行カードローンが重宝されがちです。

しかし大手消費者金融の中には、「初回利用者に限り一定期間無利息で利用可能」というサービスを取り扱っているところがあるのです。

一定期間はたいてい30日間となっているので、借り入れてから30日間で完済(もしくはそれに近い金額を返済)できるのであれば、銀行カードローンよりも消費者金融を利用したほうがお得となります。

カードローン選びに際の考慮しなければならないことは非常に多いですが、お金に関わることなのでしっかりと吟味していきたいですね。

金利は低いほど良い

金利は一年間でどれだけの利息が発生するかを示す数値なので、金利が低ければ低いほど少ない利息で利用することができ、最終的な総返済額も少なくなります。

50万円を借入して毎月2万円ずつ返済する場合、年率18.0%と年率15.0%ではどの程度総返済額が変わるのか、消費者金融アコムの返済シミュレーションを利用して計算してみます。

  • 年率18.0%:63万1,374円
  • 年率15.0%:60万3,248円

この条件の場合は総返済額に3万円の差が生まれることが分かりました。

先ほど説明した通り、銀行カードローンは消費者金融や信販会社カードローンよりも低金利で利用することができるので、銀行カードローンを最初に検討すれば支出を抑えて利用することができます。

ただし、借入金額と期間によってはそこまで利息に差が生じないという場合もあります。

こちらのページでは自分の借入金額、金利、毎月の返済額、返済回数から総返済金額を計算することができますので、カードローンを利用する前に利用してみてください。

借入希望金額がいくらなのか限度額を確認しよう

カードローンで借り入れできる金額は審査の際に決定されますが、それとは別に、カードローンごとの借入限度額が決められています。

例えばアコムでは800万円が上限となっているため、どれほど属性が良い人であっても、これよりも高額の限度額が与えられることはないのです。

限度額は300万円よりも大きいカードローンが多いですが、中には限度額が50万円や100万円のカードローンも存在しますので、高額を借り入れたいと思っているかたは、カードローンの限度額もしっかり確認しましょう。

なお、カードローンごとに設定されている借入限度額上限の金額(アコムの場合は800万円)を初回申し込み時に実際に借りるのは、非常に難しいことです。

消費者金融や信販会社のカードローンは総量規制の対象となっているので、自身の年収が自然と壁になって上限金額まで届かないというケースがあります。

また、総量規制の対象外である銀行カードローンであっても上限金額を借り入れるのは実際のところほぼ無理で、自身の年収の1/3程度におさまってしまうケースが大半です。

と言うのも、それぞれのカードローンで設定されている利用限度額の上限金額というのは、いわば「お得意様」用の金額だからです。

そのカードローンを継続的に利用しており利用実績も申し分なく、属性・信用情報共に何の問題もない人に対して適用される可能性のある金額なんですね。

そのため初回申し込み時には、借り入れたい金額よりもかなり大きな金額が上限となっているカードローンを選んで申し込む必要があることに、注意しておきましょう。

関連記事をチェック!

888view

借金限度額いっぱいでも借りれる?【限度額以上の借入】

カードローンは限度額に余裕がある間は、ATMから自由にお金を引き出すことができるので、自分のキャッシュカードのような感覚でキャッシングをすることができてしまいます。 しかし、あまりにも無計画に使...

必要な書類は身分証明書類だけで良いのか

カードローンの申し込み時には、身分証明書と収入証明書の2種類の書類が必要です。

しかし、金額によっては収入証明書が必要なく身分証明書の提出だけでOKなので、より手軽に申し込みをすることができます。

書類の準備を楽にしたい人にとっては、収入証明書原則不要額もカードローンを選ぶうえで大事な要素となるでしょう。

このページではカードローンの金利、限度額、審査時間、収入証明書原則不要額を紹介していますので、重視する部分をチェックしてみてください。

関連記事をチェック!

827view

免許証だけで借りれるカードローンで借りる

身分証のみで借りれるカードローンを紹介します。 レイク ALSAで借りる ネットで完結。最短即日融資が可能 はじめての方向け。電話で3分相談実施中。 (新規の方)全額30日間...

免許証だけで借りれるカードローンで借りる

銀行カードローンは保証会社の審査が必要

銀行カードローンが他のカードローンと比べて低金利で融資を行うことが可能な背景には、保証会社の存在があります。

保証会社とは、ローン申し込み時の審査を代行したり、利用者からの返済が滞った場合に申し込み者の代わりに銀行に返済を行ったりするような会社です。

カードローンは、担保・保証人なしで融資を行っている関係上、有担保ローンと比べると金融機関のリスクが高いローンとなっています。

その高いリスクを、金利を高めに設定することでマネジメントしているのですが、銀行カードローンの場合は保証会社が存在しているので、他のカードローンよりも多少リスクが低くなっています。

そのため、カードローンの金利も他のところより多少低めに設定することができるんですね。

ただし保証会社は、カードローン利用者の返済が滞った際には利用者に代わって返済を行わなければならない立場なので、申し込み者への融資可否を判断する目は厳しくならざるをえません。

その結果、保証会社が審査を行う銀行カードローンは、他のカードローンと比べて審査基準が少々厳しめになっているのです。

系列会社の保証会社ならメリットが大きい?

銀行カードローンの保証会社を務めているのは、信販会社や消費者金融などが多いですが、それぞれの銀行の系列会社やグループ会社が保証会社となっていることが多いです。

たとえばメガバンクが取り扱うカードローンだと、三菱UFJ銀行のカードローンである「バンクイック」では、同じく三菱グループのアコムが保証会社を務めています。

また、三井住友銀行カードローンでは、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社となっています。

このように、同じグループの会社が保証会社を務めている銀行カードローンは、実は狙い目だと言えます。

申し込み者を審査に通して融資を行うことは、グループ全体の利益につながるため、融資の審査に通してもらえる確率が多少なりとも上がると考えられるからです。

ただし、アコムやSMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融なので、過去にこれらで融資を受けたことがあるという人もいるでしょう。

その際に返済を滞納したことがあるような場合は、その情報はそれぞれの企業できちんと保管されており審査の際に参照されるため、過去の返済滞納が原因で審査落ちになってしまいます。

消費者金融が保証会社を務めている銀行カードローンに申し込む場合には、その消費者金融で過去に問題のある取引を行っていないかどうかを、きちんと確認しておいたほうがいいでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンでは低金利で融資を受けられると聞くと、まとまった資金の融資を受けたいと考えている人は、銀行カードローンを利用したいと考えるはずです。

そういった人にとってさらに都合のいいことは、銀行カードローンは総量規制対象外の融資だということです。

総量規制とは、貸金業法の中で制定されている規制であり、「貸金業者は申し込み者の年収の3分の1を超える金額の融資は行えない」という内容になっています。

そのため貸金業者である消費者金融では、たとえば年収480万円の人に対しては、その消費者金融自体の最高融資限度額が300万円だったとしても、480万円×1/3=160万円までしか融資を行えないのです。

しかし銀行に対しては銀行法が適用されるため、貸金業法の中で制定されている総量規制は銀行カードローンに対しては何の影響も及ぼしません。

融資のことをなまじ知ってしまうと、「総量規制にひっかからないかな…」ということが気になってしまいますが、銀行カードローンを利用する限りはそのような心配はないということですね。

ただし近年、銀行カードローンの過剰融資に対して世間からの批判が強くなってきていることを受けて、銀行は「総量規制の範囲内で融資を行うことを心がける」という自主規制を打ち出しています。

そのため、以前よりは高額な融資を受けにくくなっているということは、知っておいたほうがいいでしょう。

低金利が魅力の銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融や信販系カードローンと比べて最も低金利で利用することができます。

消費者金融のほとんどが18%の金利を支払わなければならないのに対し、銀行カードローンであれば14%台の金利で利用することができます。

中には、1.4%という超低金利のカードローンも存在するぐらいです。

関連記事をチェック!

59view

1番低金利の銀行系・消費者金融カードローンでお金を借りたい

カードローンでお金を借りるなら、できるだけ金利が安いところで借りたい、と誰しも考えるはず。 先日金融のプロであるあるAFP認定者などがカードローン会社を一覧にしたこともあり、本日はそちらを参考にしな...

信販会社は金利に大きな差がある

信販会社とは、簡単に言えばクレジットカードを発行している会社と思ってもらうと分かりやすいでしょう。

クレジットカードには借り入れを行うキャッシング機能がついていますが、信販会社はそれとは別に専用のカードローンも発行しています。

消費者金融カードローンの融資スピードや銀行カードローンの低金利のような大きな特徴はありませんが、中には低金利で利用可能なカードローンも存在します。

信販会社のカードローンは、3種類のカードローンの中でもっともひとくくりにするのが難しいカードローンであり、それぞれのカードローンが異なった特徴を持っています。

そのため、カードローンを選ぶ際に重要な要素の1つとなる金利に関してもかなりバラつきがあるので、1つ1つ慎重に比較していく必要があるでしょう。

結婚式(ブライダル)ローンも金利に差がある

「結婚式がもうすぐなのにお金が足りない・・・」

そんな時はカードローンを利用するのも一つの手ですが、結婚式の費用なら他のローンでまかなうことも可能です。

銀行が取り扱っている目的ローンでは、資金使途に結婚式関連の費用が含まれていることが多いですし、もっとストレートに結婚式費用として利用できるブライダルローンを取り扱っているところもたくさんあります。

また、ブライダルローンについて言えば銀行だけでなくノンバンクで取り扱っているところも多いので、非常にたくさんの選択肢から選ぶことができるでしょう。

一生に一度の結婚式で後悔しないように、結婚式の費用をローンで支払うことも考えてみましょう。

審査に通る人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

関連記事をチェック!

72view

非公開: (統合)今すぐお金を借りるには即日融資の消費者金融へ

今すぐお金を借りたい!でもどこに申し込んで良いのか分からない。 焦れば焦るほど、どこで借りて良いのか分からなくなってしまうものです。 いくら即日お金を借りることができたとしても、業者選びは必要です...

非公開: (統合)今すぐお金を借りるには即日融資の消費者金融へ

地方銀行カードローンは低金利で狙い目か?

銀行カードローンを取り扱っているのは全国展開しているような銀行だけではありません。

各都道府県に本店を構える地方銀行でもカードローンを発行しており、これまでに紹介してきたカードローン同様に申し込むことができます。

全国展開している銀行のカードローンと地方銀行のカードローンを比較した場合、利便性では大手の銀行カードローンに軍配が上がるケースが大半です。

しかし、地方銀行のカードローンには、その銀行と取引を行っている場合には金利を優遇してくれるようなところも多数あります。

普段使用している銀行のカードローンであり金利優遇を受けられるようなメリットがあれば、地方銀行のカードローンを検討先に加えてもいいかもしれませんね。

ビジネスローンは総量規制対象外

カードローンは原則として資金使途自由ですが、事業性資金や投機資金として利用することは認められていません。

そのため、事業用の資金を借り入れたい個人事業主や自営業者のかたは、ビジネスローンを利用しましょう。

審査の時間もカードローンに引けを取りませんし、限度額は通常よりも高めに設定されているものも多いので、事業性資金を借り入れるにはうってつけです。

なお、事業性資金を借り入れる場合、年収の3分の1を超える金額になる場合も多々あると思いますが、「個人事業者に対する貸付け」は総量規制の「例外」として処理されます。

そのため、たとえ消費者金融が取り扱うビジネスローンを利用する場合でも、総量規制を気にせずに借り入れることが可能です。

カードローン会社に関するQ&A

さまざまなカードローン会社について説明してまいりました。

しかし、カードローンを利用するにあたって、カードローン会社への理解を深めただけでは不十分です。

カードローン会社やカードローン会社と関わる他業者、返済や審査などについても、知識を深める必要があります。

カードローンにまつわるよくある疑問と答えをまとめましたので、ぜひカードローンを申し込む前にご覧ください。

Q1:保証会社はどこまで申込者について調べますか?戸籍なども調べますか?

銀行カードローンに申し込むと、銀行から依頼を受けた保証会社が審査を実施します。

保証会社は、ローン申込者が申告した内容個人信用情報、申し込み金額によっては収入証明書の3つの情報から審査を進めていきます。

そのため、ローン申込者の戸籍謄本を取り寄せたり、提出されていない書類を勝手に閲覧したりすることはありません。

かつてよりは慎重審査を実施するとはいえ、戸籍謄本までチェックすることはありませんので、過度に不安になる必要はありませんよ。

関連記事をチェック!

view

銀行系カードローンの審査は保証会社が同じだと落ちる?

銀行カードローンは保証会社が必ずついています。また保証会社はひとつの銀行カードローンだけを保証しているわけではありません。 銀行カードローンと保証会社の関係はなかなか微妙ですが、審査に通るために...

Q2:カードローン会社が、クレジットカードのショッピング枠の利用状況などについて調べることはありますか?

消費者金融カードローンを利用する場合は、総量規制が適用されますので、同じく総量規制の対象であるクレジットカードのキャッシング枠の利用について調べられます。

しかし、クレジットカードのショッピング枠については、総量規制の対象ではありませんので、利用状況が調査されることはありません。

ただし、ショッピング利用の支払いが滞納すると、個人信用情報機関に滞納記録が登録されますので、消費者金融カードローンの審査に影響を及ぼします。

普段からクレジットカードで買い物をする人は、利用額よりも、「毎月、遅れずに支払っているか」という点に注意して、利用するようにしてくださいね。

Q3:債権回収会社って何ですか?

カードローンの返済に遅れると、カードローン会社から何度か督促状や督促の電話が届きます。

それでも支払わずに放置すると、お金を返してほしいと請求する権利(=債権)がカードローン会社から債権回収会社に移り、債権回収会社が「お金を早く返済するように」と請求するようになります。

もし、あなたの自宅に債権回収会社から封書が届いているなら、債権が債権回収会社に移ったこと、つまり、滞納問題が深刻化していることを意味しているのです。

1、2ヶ月の間に、差し押さえの予告や裁判通知が郵送され、給与や預金、不動産などの差し押さえが実施されます。

早めに封書に記載されている電話番号に電話をかけ、どのように返済すれば良いか、分割はできるのかと、相談するようにしてください。

関連記事をチェック!

24view

借金返済滞納で本当に給与が差し押さえられるの?

借金返済が滞納すると給与を差し押さえられるという話を聞いたことがあっても、本当にそのようなことになれば収入がなくなることになります。 そのため、給与が差し押さえられたら、どうやって生活をするのかとい...

借金返済滞納で本当に給与が差し押さえられるの?

Q4:銀行ローンを滞納したことがあるのですが、消費者金融の審査に響きますか?

銀行カードローンで滞納すると、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に滞納情報が登録されます。

消費者金融カードローンに申し込むと、大抵はJICCとCICの2ヶ所から個人信用情報を照会しますので、KSCに滞納などの審査に悪影響を及ぼす情報が登録されていても、本来ならば審査に影響を与えないはずですよね?

しかし、JICCとCIC、KSCは「CRIN」と呼ばれるネットワークを通じて情報を共有していますので、KSCに登録されている延滞情報も、CICやJICCからチェックできてしまいます。

そのため、銀行ローンの滞納が、消費者金融の審査に響いてしまうこともあるのです。

関連記事をチェック!

666view

信用情報機関はCRINやFINEで情報共有している

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 審査に落ちるということは自分...

Q5:給与差し押さえ中に転職したら、新しい職場からの給与も差し押さえられますか?

カードローンの返済を滞納し、債権回収会社に債権が移ると、給与を差し押さえられることがあります。

裁判所から出される給与差し押さえの命令は「○○社から受け取る××の給料」だけが対象になりますので、給与差し押さえ中に転職するならば、新しい職場から受け取る給与は差し押さえの対象とはなりません

しかし、債権回収会社が債務者の新しい職場がどこかを突き止めると、裁判所に「△△社から受け取る××の給料」を差し押さえることを要請し、要求が受理されると、新しい職場からの給与も差し押さえの対象となります。

債権回収会社は取り立てのプロですので、たとえ転職しても、取り立てから逃げられるとは思わない方が良いでしょう。

Q6:職場にカードローン会社から電話がかかってくることはありますか?

できれば、カードローン会社は職場に電話をかけないで欲しいですよね。

しかし、申し込み時の審査では、大抵の場合において、申込者の勤務先に電話をかけて在籍確認を実施します。

また、返済を滞納し、なおかつ、カードローン会社や債権回収会社から携帯電話に電話がかかってきたときに応対しないと、非常手段として、勤務先に電話がかかってくることがあります。

場合によっては、勤務先に「利用限度額を増額しませんか?」「こんなローン商品がありますよ」といった営業の電話がかかってくることもあるでしょう。

在籍確認の電話は回避することが難しいですが、督促の電話は返済を滞納しなければ回避できますし、営業の電話は最初にカードローン会社に「営業の電話は絶対にお断りです」と伝えておくことで回避できます

カードローン会社からの電話を避けたい人は、滞納と営業に注意してくださいね。

大手消費者金融一覧

では、最後に各カードローン会社を一覧にして紹介しましょう。

まずは大手消費者金融からです。

カードローン名実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
アコム3.0%~18.0%
800万円
最短30分
50万円
アイフル3.0~18.0%
800万円
最短30分
50万円
プロミス4.5~17.8%
500万円
最短即日
50万円
SMBCモビット3.0%~18.0%
800万円
最短30分
必要
プロミスレディース4.5~17.8%
500万円
最短即日
50万円
レイクALSA4.5~18.0%
500万円
最短即日
50万円

※全てのカードローンにおいて申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

関連記事をチェック!

741view

馬太郎がアコムを申し込みした

むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わって夕食を食べ終わった19時過ぎ、アコムの無人契約機「むじんくん」へ向かいます。 むじ...


関連記事をチェック!

46view

非公開: 【馬太郎が】新生銀行カードローンレイクで借りてみた

皆さんこんにちは、馬太郎です。今回は「レ・レ・レイク」でお馴染みのレイクALSAに融資の申し込みをしてみました。 申込みが完了するとオペレーターから電話がかかってきました。電話口は、20代くらいの女...

中小消費者金融一覧

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
キャネット15.0~20.0%
300万円
最短即日
50万円
エイワ17.9507~19.9436%
50万円

スカイオフィス15.0~20.0%
50万円

フクホー7.3~18.0%
200万円
1~2週間
必要
AZ株式会社7.0%~20.0%
1000万円

必要
しんわ7.0%~18.0%
300万円

50万円未満
キャレント7.8%~18.0%
500万円

必要
中央リテール10.95%~13.0%
500万円

必要
キャッシングアロー15.00%~19.94%
200万円

必要

大手銀行カードローン一覧

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
4.6~14.6%
500万円
1週間から10日程度
100万円
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%
800万円
1週間から10日程度
みずほ銀行カードローン※年2.0~14.0%
800万円

みずほ銀行カードローン
みずほMy Wing
※年2.0~14.0%
200万円

りそな銀行カードローン
「りそなカードローン」
3.5~12.475%
800万円
1週間から10日程度
300万円
じぶん銀行カードローン
「じぶんローン」
2.4~17.5%
最大800万円
1週間から10日程度
セブン銀行カードローン15%
50万円
1週間から10日程度
収入証明書原則不要
横浜銀行カードローン1.9%~14.6%
1000万円
1週間から10日程度
50万円超
東京スター銀行カードローン
「スターカードローン」
4.5%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
300万円
オリックス銀行カードローン1.7~17.8%
最高800万円
1週間から10日程度
ジャパンネット銀行カードローン2.5~18.0%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
楽天銀行スーパーローン
「楽天銀行スーパーローン」
1.9~14.5%
800万円
1週間から10日程度
住信sbiネット銀行カードローン
「ミスターカードローン」
1.89~7.99%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
ソニー銀行カードローン2.5~13.8%
800万円
1週間から10日程度
300万円
イオン銀行カードローン
「カードローンBIG」
3.8~13.8%
800万円
1週間から10日程度
300万円
大和ネクスト銀行カードローン
「フリーローン」
4.9~9.5%
500万円
1週間から10日程度
200万

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

信販系カードローン一覧

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
JCBファーストローン5.8~17.8%
500万円

オリコ
「CREST」
4.5~18.0%
500万円
最短25分
50万円
東日本信販18.0~20.0%
50万円

関東信販13.98~19.98%
99万円

ポケットカード
「Fマネーカード」
4.4~17.8%
500万円

三井住友カード ゴールドローン3.5~9.8%
700万円

セゾン
「MONEY CARD」
15.0%
100万円
1~2日
セゾン
「MONEY CARD GOLD」
6.47~8.47%
300万円
1~2日
セゾンファンデックス
「VIPカードローン」
6.5~17.8%
500万円

50万円
オリックス・クレジット株式会社
「VIPカードローン」
3.0~16.8%
800万円
最短1時間
三菱UFJニコス
「ローンカード」
6.0~17.6%
500万円

50万円
セディナ
「フォーライフ」
18.0%
200万円
最短30分

ブライダルローン一覧

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
プランネル
「フリーローン100」
15.0~20.0%
100万円

JACCS
「プレシャンテ」
6.5%
500万円
最短即日
楽天銀行
「目的型ブライダルローン」
7.0%
300万円

千葉銀行
「ちばぎんブライダルローン」
5.0~5.2%
500万円
最短即日
原則不要
常陽銀行
「ブライダルローン」
5.475%
300万円

北陸銀行
「ブライダルローン」
5.925~8.2%
300万円

地方銀行カードローン一覧

北海道、東北地方

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
北洋銀行カードローン
「スーパーアルカ」
1.95%~14.7%
1000万円
1週間から10日程度
500万円
北海道銀行カードローン
「ラピッド」
1.9%~14.95%
800万円
1週間から10日程度
500万円
青森銀行カードローン
「Aキャッシング」
2.4%~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
審査による
青森銀行カードローン
「あおたす」
4.8~14.5%
500万円

みちのく銀行カードローン
「トモカ」
4.9%~14.0%
500万円
1週間から10日程度
300万円
秋田銀行カードローン
「あきぎんスマートネクスト」
5.8%~14.8%
500万円
1週間から10日程度
100万円
北都銀行カードローン
「スーパーアシスト」
6.5%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
岩手銀行カードローン
「エルパス」
3.5%~14.6%
800万円
1週間から10日程度
500万円
東北銀行カードローン
「inos」
4.8%~14.0%
500万円
1週間から10日程度
300万円
北日本銀行カードローン
「ASUMO」
4.5%~14.8%
500万円
1週間から10日程度
100万円
北日本銀行カードローン
「スーパークイカ」
3.0~14.8%
500万円
1週間から10日程度
310万円
荘内銀行カードローン
「ドリームコンシェル」
4.5%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
必要
荘内銀行カードローン
「べんリッチプラス」
5.0~14.6%
500万円

100万円
荘内銀行カードローン
「カードローンweb」
3.5~14.6%
500万円

山形銀行カードローン4.5%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
500万円
きらやか銀行カードローン
「Do it 500」
4.8%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
300万円
七十七銀行カードローン
「77スマートネクスト」
4.9%~14.8%
500万円
1週間から10日程度
100万円
七十七銀行カードローン
「77カードローン」
11.0%
300万円

七十七銀行カードローン
「77ミニカードローン」
13.5%
30万円

仙台銀行カードローン
「スーパーカードローンエクセレント」
3.5%~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
東邦銀行カードローン
「TOHOスマートネクスト」
4.8%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
100万円
東邦銀行カードローン
「メインサービスカードローン」
11.2%
200万円
1週間から10日程度
福島銀行カードローン
「フリーライフ」
4.8%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
300万円
福島銀行カードローン
「イーベ」
6.5~14.6%
300万円

110万円
福島銀行カードローン
「ニューイーベ」
3.8~13.8%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
福島銀行カードローン
「グラン・フリー」
3.8~13.8%
1000万円

300万円
大東銀行カードローン
「スマートポケット」
4.5%~14.0%
500万円
1週間から10日程度
200万円

関東地方

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
群馬銀行カードローン
「ナイスサポートカード」
2.8%~14.5%
800万円
1週間から10日程度
500万円
東和銀行カードローン
「とんとん」
3.9%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
300万円
足利銀行カードローン
モシカ」
5.8%~14.8%
500万円
1週間から10日程度
500万円
栃木銀行カードローン
「とちぎんスマートネクスト」
4.0%~14.8%
500万円
1週間から10日程度
100万円
常陽銀行カードローン
「キャッシュピット」
2.5%~14.8%
800万円
1週間から10日程度
500万円
筑波銀行カードローン
「ポケットカードローン」
14.6%
200万円
1週間から10日程度
200万円
筑波銀行カードローン
「つくばカードローンIMA☆(いまほし)」
4.8~14.6%
500万円
1週間から10日程度
(不要))
武蔵野銀行カードローン
「むさしのスマートネクスト」
6.0%~14.8%
300万円
1週間から10日程度
100万円
武蔵野銀行カードローン
「シグナス」
5.0~10.0%
500万円
1週間から10日程度
千葉銀行カードローン
「クイックパワー<アドバンス>」
4.3%~14.8%
500万円
1週間から10日程度
500万円
千葉興業銀行カードローン
「リリーフ」
4.5%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
100万円
京葉銀行カードローン
「そっけつくん」
5.0%~14.0%
300万円
1週間から10日程度
100万円
東京都民銀行カードローン
「Webカードローン」
4.0%~14.0%
500万円
1週間から10日程度
300万円
 東京都民銀行カードローン
「パーソナルカードローン」
9.8%
100万円
1週間から10日程度
(必要)
東日本銀行カードローン
「ゆあポケットⅡ」
2.9%~14.5%
500万円
1週間から10日程度
300万円
八千代銀行カードローン
「プラスユーネクスト」
3.4%~14.8%
300万円
1週間から10日程度
100万円
八千代銀行カードローン
「プラスユーカードローン」
11.0%
50万円

神奈川銀行カードローン
「マイサポート」
7.3%~11.3%
100万円
1週間から10日程度
100万円

中部地方

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
第四銀行カードローン
「解決スピーディー」
4.0%~14.8%
500万円
1週間から10日程度
500万円
北越銀行カードローン
「カードローンべんリーナ365」
3.0%~14.6%
800万円
1週間から10日程度
300万円
北越銀行カードローン
「ホクギンカードローン『プラスエル』」
6.0~9.8%
300万円
1週間から10日程度
(必須)
大光銀行カードローン
「LUXZO」
3.8%~14.0%
800万円
1週間から10日程度
300万円
大光銀行カードローン
「たいこうカードローンEX」
12.0%
300万円

山梨中央銀行カードローン
「waku waku エブリ」
5.0%~13.5%
300万円
1週間から10日程度
40万円
八十二銀行カードローン
「はちにのかん太くんカード」
5.5%~14.5%
500万円
1週間から10日程度
500万円
 八十二銀行カードローン
「カードローン〈ニューマイティー®〉」
6.475~13.575%
300万円
1週間から10日程度
(必要)
長野銀行カードローン
「リベロ」
5.5%~14.5%
500万円
1週間から10日程度
300万円
長野銀行カードローン
「ユニティ」
12.2%
50万円
1週間から10日程度
北陸銀行カードローン
「スーパーNOW」
6.8%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
500万円
北陸銀行カードローン
「カードローン クイックマン」
11.95~14.95%
500万円
1週間から10日程度
富山銀行カードローン
「スピード王MAX」
4.5%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
500万円
富山第一銀行カードローン
「ファーストカード」
7.5%~9.5%
300万円
1週間から10日程度
50万円
富山第一銀行カードローン
「カーディナル」
8.0~10.5%
300万円

北國銀行カードローン
「DAY SMART」
3.0%~9.5%
700万円
1週間から10日程度
300万円
福井銀行カードローン5.9%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
300万円
福邦銀行カードローン
「ベスパ」
5.4%~11.8%
1000万円
1週間から10日程度
200万円
福邦銀行カードローン
「なんでもザウルス」
14.6%
200万円
1週間から10日程度
不要
静岡銀行カードローン
「セレカ」
4.0%~14.5%
300万円
1週間から10日程度
300万円
スルガ銀行カードローン
「リザーブドプラン」
3.9%~14.9%
800万円
1週間から10日程度
500万円
清水銀行カードローン
「しみずピアカードローン」
2.8%~9.8%
1,000万円
1週間から10日程度
300万円
清水銀行カードローン
「しみずスピードカードローン」
14.90%
100万円
1週間から10日程度
清水銀行カードローン
「しみずアシストカードローン」
11.0%
50万円
1週間から10日程度
 静岡中央銀行カードローン
「プレオカード」
6.0~14.5%
300万円
1週間から10日程度
200万円
 静岡中央銀行カードローン
「しずちゅうCSカードローン」
3.5~14.6%
800万円

300万円
大垣共立銀行カードローン
「ザ・マキシマム」
4.5%~12.0%
1,000万円
1週間から10日程度
200万円
大垣共立銀行カードローン
「マキシマム・ミニ」
9.8%
50万円最短
1週間から10日程度
十六銀行カードローン
「Q-LOAN」
4.6%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
300万円
十六銀行カードローン
「カードローン「With」」
5.9~10.9%
500万円
1週間から10日程度
不要
 愛知銀行カードローン
「リブレ」
4.9~13.5%
500万円
1週間から10日程度
200万円
 愛知銀行カードローン
「カードローン「愛」」
13.0%
50万円

 愛知銀行カードローン
「愛銀ポケットローン“ユー”」
10.5%
200万円

 名古屋銀行カードローン
「新ミニマム」
5.5~10.5%
200万円
1週間から10日程度
 名古屋銀行カードローン
「カードローンs」
2.9~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
 中京銀行カードローン
「C-style」
1.9~14.5%
500万円
1週間から10日程度
500万円
 中京銀行カードローン
「カードローン“ハイステージ”」
7.5%
300万円

三重銀行カードローン
「みえぎんカードローン」
4.5%~14.3%
500万円
1週間から10日程度
200万円
百五銀行カードローン
「百五マイカードDREAM」
4.8%~14.7%
500万円
1週間から10日程度
100万円
 第三銀行カードローン
「SUN」
4.8~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
500万円
 第三銀行カードローン
「エグゼクティブOne」
4.4~8.6%
500万円

 第三銀行カードローン
「PRECIOUS ONE」
3.8~7.8%
1000万円
1週間から10日程度
300万円

近畿地方

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
滋賀銀行カードローン
「サットキャッシュ」
4.8%~14.9%
500万円
1週間から10日程度
300万円
京都銀行カードローン
「京銀カードローンワイド」
3.975%~11.975%
500万円
1週間から10日程度
100万円未満
近畿大阪銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475%
200万円
1週間から10日程度
70万円
近畿大阪銀行カードローン
「近畿大阪プレミアムカードローン」
3.5~12.475%
800万円
1週間から10日程度
300万円
池田泉州銀行カードローン
「パッとサッと」
14.0%
30万円
1週間から10日程度
10万円
池田泉州銀行カードローン
「池田泉州SMBCモビットキャッシング」
14.7%
300万円

100万円
池田泉州銀行カードローン
「カードローン(キャッシュカード一体型)」
14.5%
300万円
1週間から10日程度
不要
 関西アーバン銀行カードローン
「アーバンカードローン」
4.0~14.4%
500万円
1週間から10日程度
500万円
 大正銀行カードローン
「大正カードローン」
3.0~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
南都銀行カードローン
「E-PACK」
9.0%~14.0%
300万円
1週間から10日程度
20万円
南都銀行カードローン
「キャッシュクイック」
14.95%
300万円
1週間から10日程度
不要
 紀陽銀行カードローン3.8%~14.9%
800万円
1週間から10日程度
100万円

中国地方

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
但馬銀行カードローン
「スピードポケットプラス」
2.9%~14.5%
800万円、300万円
1週間から10日程度
300万円
みなと銀行カードローン
「Qポートネオ」
4.5~14.0%
800万円
1週間から10日程度
300万円
鳥取銀行カードローン
「らくだスーパーカードローン」
4.0%~14.5%
500万円
1週間から10日程度
300万円
山陰合同銀行カードローン
「Duoカードローン」
4.0%~12.0%
500万円
1週間から10日程度
300万円
山陰合同銀行カードローン
「キャッシュバンクネオ」
8.0~14.5%
500万円
1週間から10日程度
100万円
島根銀行カードローン
「ウェブdeCan」
4.0~14.5%
300万円

島根銀行カードローン14.5%
50万円

島根銀行カードローン
「しまぎんピスカカードローン」
14.5%
50万円

中国銀行カードローン
「コ・レ・カ」
5.5%~14.5%
500万円
1週間から10日程度
100万円
中国銀行カードローン
「i-コ・レ・カ」
14.5%
100万円

中国銀行カードローン
「カードローンミニ」
8.5~10.0%
50万円

トマト銀行カードローン
「Q-Li(キューリ)」
3.0~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
トマト銀行カードローン
「トマト・カードローンMAX」
5.5~12.5%
500万円

トマト銀行カードローン
「トマト・はなまるポケットカードローン300」
9.0~14.5%
300万円

トマト銀行カードローン
「トマト・カードローンスピード王」
12.0~14.5%
300万円

広島銀行カードローン
「ひろぎんスパーカードローンVIP」
3.0%~14.0%
1,000万円
1週間から10日程度
200万円
広島銀行カードローン
「マイライフプラス」
3.475~13.975%
500万円

300万円
広島銀行カードローン
「ハローローンワイド」
12.0~14.6%
500万円

もみじ銀行カードローン
「マイカードプレミアム」
2.8~11.2%
500万円

もみじ銀行カードローン
「マイカードもみじ君」
4.5~14.5%
300万円
1週間から10日程度
200万円
もみじ銀行カードローン
「ミニカードローン」
10.5%
50万円

山口銀行カードローン
「マイカードやまぐち君」
8.5%~14.5%
300万円
1週間から10日程度
100万円
山口銀行カードローン
「マイカード プレミアム」
4.2~11.2%
500万円
1週間から10日程度
山口銀行カードローン
「ミニカードローン」
10.5%
50万円
1週間から10日程度
不要
西京銀行カードローン
「さいきょうファーストカードローン」
9.0~14.8%
500万円

西京銀行カードローン
「かなえるカードローン」
14.8%
300万円

50万円
西京銀行カードローン
「チョットポケット」
9.8~14.78%
300万円

西京銀行カードローン
「さいきょうゲットカードローン」
5.5~12.5%
500万円
1週間から10日程度
100万円

四国地方

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
阿波銀行カードローン
「スマートネクスト」
4.7%~14.8%
500万円
1週間から10日程度
500万円
阿波銀行カードローン
「パワーアップカードローン」
14.4%
50万円

阿波銀行カードローン
「あわぎんカードローンエース」
13.3%
100万円

徳島銀行カードローン
「SaSaっとカードローン」
7.5~11.5%
500万円

300万円
徳島銀行カードローン
「カードローンパートナー」
11.5~12.0%
200万円

徳島銀行カードローン
「とくぎんカードローン・サポート」
4.8~14.5%
500万円

300万円
百十四銀行カードローン
「114ニューカードローン」
5.0%~12.0%
500万円
1週間から10日程度
100万円
香川銀行カードローン
「PaPaっとCard」
5.5~14.6%
500万円
1週間から10日程度
300万円
伊予銀行カードローン
「新スピードカードローン」
4.5%~14.5%
500万円
1週間から10日程度
500万円
伊予銀行カードローン
「ほっとカードローン」
13.0%
50万円

伊予銀行カードローン
「さっとカードローン」
14.0%
50万円

愛媛銀行カードローン
「ひめぎんクイックカードローン」
4.4~14.6%
800万円
1週間から10日程度
500万円
愛媛銀行カードローン
「ひめぎんスマートカードローン」
12.8~14.8%
300万円

愛媛銀行カードローン
「円姫」
7.5~13.5%
500万円

愛媛銀行カードローン
「ひめぎんカードローンサポート」
5.0~14.6%
500万円

300万円
四国銀行カードローン
「4’s」
4.0%~14.6%
800万円
1週間から10日程度
500万円
高知銀行カードローン
「こうぎんカードローン・サポート」
4.0~14.6%
800万円
1週間から10日程度
500万円
高知銀行カードローン
「こうぎん女性専用カードローン ビビット・Smile」
7.8%
50万円

高知銀行カードローン
「こうぎんセレクトローン ZEYO」
4.5~14.5%
1000万円

300万円

九州地方

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
福岡銀行カードローン3.0%~14.5%
1,000万円
1週間から10日程度
300万円
北九州銀行カードローン
「マイカード きたきゅう君」
8.5%~14.5%
300万円
1週間から10日程度
100万円
北九州銀行カードローン
「マイカードプレミアム」
4.2~11.2%
500万円
1週間から10日程度
北九州銀行カードローン
「ミニカードローン」
10.5%
50万円
1週間から10日程度
筑邦銀行カードローン
「エクセルカードローン」
5.0~11.8%
500万円
1週間から10日程度
100万円
筑邦銀行カードローン
「ミニカードローン」
13.0%
100万円

筑邦銀行カードローン
「Myポケットカードローン」
14.6%
90万円

西日本シティ銀行カードローン
「クイック30」
14.95%
50万円
1週間から10日程度
50万円
西日本シティ銀行カードローン
「キャッシュエース」
13.0~14.95%
300万円

西日本シティ銀行カードローン
「キレイのトビラ」
11.0~12.95%
300万円

西日本シティ銀行カードローン
「V-CLASS」
7.1%
500万円

西日本シティ銀行カードローン
「NCB EZ教育カードローン」
4.8%
500万円

福岡中央銀行カードローン
「快速ポケットローン」
7.5~14.5%
300万円

福岡中央銀行カードローン
「The Prime」
3.0~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
佐賀銀行カードローン
「スマートSabio」
6.8%~14.6%
500万円
1週間から10日程度
100万円
佐賀銀行カードローン
「Neoca」
5.8~7.0%
500万円

佐賀銀行カードローン
「カードローンクイックワン Super」
9.0%
50万円

佐賀銀行カードローン
「おきがるポケットカードローン」
14.6%
200万円

佐賀銀行カードローン
「フリーカードローン」
11.9~14.6%
200万円

佐賀共栄銀行カードローン
「スピード王MAX」
12.0~14.5%
300万円

佐賀共栄銀行カードローン
「カードローンえびす」
7.0~14.5%
200万円

佐賀共栄銀行カードローン
「カードローンプレミアム」
6.0%
200万円

佐賀共栄銀行カードローン
「SSカードローン」
13.3%
300万円

佐賀共栄銀行カードローン
「スーパーカードローン」
14.5%
300万円

十八銀行カードローン2.0%~14.6%
800万円
1週間から10日程度
800万円
親和銀行カードローン3.0%~14.5%
1,000万円
1週間から10日程度
300万円
長崎銀行カードローン
「プレミアA(エース)」
2.8~14.95%
800万円

500万円
長崎銀行カードローン
「V CLASS」
7.1~11.1%
300万円

肥後銀行カードローン
「WEBカードローン」
4.5%~14.0%
500万円
1週間から10日程度
500万円
肥後銀行カードローン
「Back Up」
12.5~14.0%
100万円
1週間から10日程度
50万円
肥後銀行カードローン
「BEST ASSIST」
7.15%
300万円
1週間から10日程度
(必要)
熊本銀行カードローン3.0~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
大分銀行カードローン
「ハッピーカードローン」
5.0%~14.5%
500万円
1週間から10日程度
500万円
大分銀行カードローン
「スピーディ」
14.6%
90万円

大分銀行カードローン
「安心プラスサービス」
13.4%
50万円

豊和銀行カードローン
「ほうわSmartカードローン」
4.5~14.0%
500万円
1週間から10日程度
500万円
豊和銀行カードローン
「ほうわHighClassカードローン」
3.5~4.0%
1000万円

豊和銀行カードローン
「カードローンプラス」
6.5~13.5%
300万円

宮崎銀行カードローン
「おまかせくん」
6.0%~14.5%
500万円
1週間から10日程度
500万円
宮崎銀行カードローン
「SaKuLa」
11.4~14.6%
200万円

宮崎太陽銀行カードローン
「使い上手」
7.0~14.6%
500万円

300万円
宮崎太陽銀行カードローン
「キャッシュフル」
7.0~14.6%
500万円

110万円
宮崎太陽銀行カードローン
「太陽カードローン」
10.0~14.6%
300万円

原則不要
宮崎太陽銀行カードローン
「カードローンWITH」
7.0~14.5%
500万円

300万円
宮崎太陽銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
7.0%
300万円

150万円
宮崎太陽銀行カードローン
「太陽パワーカードローン」
 サイト工事中 
鹿児島銀行カードローン
「かぎんカードローンS」
1.9%~14.5%
1,000万円
1週間から10日程度
300万円
鹿児島銀行カードローン
「かぎんカードローン」
4.5~14.5%
500万円
1週間から10日程度
300万円
南日本銀行カードローン
「ミナミネット カードローンWAZZECA」
2.8~14.5%
1000万円
1週間から10日程度
300万円
琉球銀行カードローン
「しあわせのカードローン」
7.0%~13.5%
500万円
1週間から10日程度
300万円
沖縄銀行カードローン
「チェキット」
14.6%
200万円
1週間から10日程度
200万円
沖縄海邦銀行カードローン
「ハッピーカードローンsmart」
7.5~13.5%
500万円

300万円
沖縄海邦銀行カードローン
「カードローン200」
10.5~13.5%
200万円

100万円
沖縄海邦銀行カードローン
「カードローンs」
14.6%
30万円

沖縄海邦銀行カードローン
「アイカードくじらくん」
14.6%
200万円

100万円

その他

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
ゆうちょ銀行カードローン
「したく」
7.0~14.9%
500万円
1週間から10日程度
不要

ビジネスローン一覧

カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
ビジネクスト 株式会社
「ビジネスローン」
8.0~18.0%
1000万円

必要
ビジネスパートナー
「スモールビジネスローン」
9.98~18.0%
500万円
最短翌日
オーナーズ セレクト カード申込終了 
オリコ
「CREST for Biz」
6.0~18.0%
300万円

オリックス・クレジット株式会社
「ORIX CLUB CARD」
6.0~17.8%
500万円
最短60分
所得税の確定申告書が必要
MRF
「オーダーメイドプラン」
6.0~15.0%
3億円

セゾンファンデックス
「VIPローンカード 事業コース」
6.5~17.8%
500万円

三鷹産業
「ビジネスローン」
6.0~18.0%
1000万円

日本保証
「ビジネスローン エール500」
9.8~18.0%
500万円

プロミス
「自営業者カードローン」
6.3~17.8%
300万円
最短即日
確定申告書
アコム
「ビジネスサポートカードローン」
12.0~18.0%
300万円
最短即日
確定申告書
アイフル
「事業サポートプラン」
6.0~18.0%
500万円

確定申告書
エスワイシー
「ビジネスローン」
7.5~15.0%
1億円

まとめ:カードローン会社は利用目的で選ぶ

カードローン会社は非常にたくさんあるので、カードローンを選ぶ際は漫然と選ぶのではなく利用目的をきちんと意識して選ぶことが重要です。

大前提として審査に通過できるところを選ばなければなりませんが、融資スピード・金利・利用限度額・自身の信用力および返済能力など、いろいろな条件を考慮に入れて考える必要があります。

審査通過のことを最優先で考えるのであれば、パートやアルバイトの収入でも借り入れを行うことができる消費者金融のカードローンは、審査に通りやすいカードローンとしてオススメですよ。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-02-22 08:27:26

    こんにちは。
    20年前の自己破産情報(いわいるブラック情報)は10年前に消えています。ですから信用情報上では金融事故歴なしと考えてよいです。しかし、それでも借りれないとすると、ほかの要因があるはずです。
    ・総量規制オーバーの借金
    ・他社返済状況が悪い
    ・過払い金請求して借金が残っている
    ・保証会社に代位弁済をしてもらった
    ・クレカ払いの遅延
    ・自己破産後に任意整理など債務整理を行った
    などなど、原因はいろいろありますね。
    もちろん、あなたの年齢や収入商況(勤務先)にも審査に落ちる要因があるかもしれません。
    なんらかの原因で審査に通らないなら、たの金融会社でも駄目でしょう。まして30万円の大金です。
    しかし、自己破産後、一回も審査を受けたことがないなら、自己破産の対象となった金融機関を除いて申し込んではいかがでしょうか。

  2. 名無しの権兵衛はしよさん|2019-02-21 21:56:05

    初めまして、二十年前に自己破産してお金が借りれません。息子が癌になり抗がん剤後2回受ければ手術出来る大きさになります。何処か30万貸して頂けるところは無いでしょうか。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談