馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

他社借入があってもカードローン審査に通る状況

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

金融機関から借り入れを行うことを検討する場合、他社での借り入れが多いと審査落ちになってしまう、という話を聞いたことがある人は多いかもしれません。

他社での借り入れが多いと、必ずしも審査落ちになってしまうというわけではありませんが、他社借り入れが審査に影響を与えるのは事実です。

そこで今回は、他社からの借り入れが審査に与える影響について、説明していきたいと思います。

この記事はこんなかたにオススメです

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 他社借り入れが審査に与える影響を知りたい人
  • 複数の借り入れを抱えながらさらに借り入れを増やしたいと思っている人

他社借り入れが3社以内なら消費者金融に申し込もう

借り入れを行おうと思う場合、その候補は銀行か消費者金融のどちらかになることが多いと思いますが、すでに複数のところから借り入れを行っている場合、銀行から借り入れを行うのは難しいかもしれません。

そのため、他社借り入れが複数(3社以内程度)あるのであれば、消費者金融への申し込みを中心に検討してみるといいでしょう。

属性や信用情報との兼ね合いもあるため、はっきりとしたことは言えませんが、審査通過の可能性は十分あると思います。

借り入れ件数が多くて審査に不安なら「お試し診断」を活用してみよう

大手を中心に、消費者金融では自社ホームページ上で「お試し診断」を行えるところが多くなっています。

借り入れ件数が多くて、本当に審査通過できるかどうか不安だという場合には、実際に申し込みを行う前にまずはお試し診断を利用してみるといいでしょう。

年収・他社借り入れ件数といった基本的な情報を入力するだけで、審査通過可否の目安をある程度把握できるようになっています。

ただし、あくまでも「お試し」なので、お試し診断では「ご融資可能と思われます」と言われたのに、実際に申し込んだら審査落ちになってしまったということも、もちろんありえるでしょう。

お試し診断の結果をどのようにとらえるかについては、自己責任なので注意しておきましょう。

ただし総量規制には注意したい

消費者金融では、総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りられません

他社借り入れ金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借り入れ金額は少ないほうが審査に通りやすくなります。

また、借り入れ金額だけではなく借り入れ件数も重要です。

消費者金融であれば他社借り入れは3社、多めに見ても4社が限度でしょう。

年収400万円で消費者金融にアタックできるラインは、

  • 他社借り入れ3社以内
  • 借り入れ金額100万円

このあたりとなります。

また、銀行カードローンでも自主規制により年収の3分の1以上借りることは難しくなっています。

他社借り入れ件数が1社以内なら銀行カードローンの選択肢もある

すでに他社で借り入れているものの、その件数が1件以内なのであれば、銀行カードローンを利用するという選択肢もあります。

銀行カードローンは、消費者金融と比べると審査が厳しめに行われることが多く、他社借り入れについてもシビアに判断されます。

しかし、1件程度であればそこまで大きな減点要素とはならないため、他社で借り入れていても銀行カードローンを利用できる可能性は十分あります。

他社借り入れ件数が1件以内の人は、消費者金融と銀行カードローンのどちらも検討の候補に入れられるため、非常に幅広い選択ができると言えるでしょう。

低金利で返済しやすいメリットがある

銀行カードローンのメリットは何と言っても、消費者金融に比べると金利が低めに設定されているという点です。

金利は返済負担に直接的に関わってくる要素なので、低ければ低いほうが利用者としてはありがたいことは間違いありません。

銀行カードローンで設定されている金利は、消費者金融の金利より数%ほど低いこともざらにあるので、両者の返済のしやすさには大きな違いがあります。

そのため、銀行カードローンと消費者金融のどちらも利用できるのであれば、銀行カードローンを選んだほうが、返済負担が少なくなる可能性が高いと言えるでしょう。

総量規制対象ではないが借りれる金額は多くても年収の2分の1まで

銀行カードローンには総量規制のように、年収による規制がありませんが、もちろん他社からの借り入れ金額がいくらなのかはしっかりチェックされます。

法律で定められていない分、銀行側が独自に年収による貸付金額の目安を定めており、もし他社からの借り入れが銀行だけの場合は、年収の2分の1が目安となります。

消費者金融の総量規制のように3分の1という絶対的な基準があるわけではありませんが、銀行は自主的に「他社からの借り入れ金額との合計が年収の半分まで」というラインを目安にして融資を行っています。

基本的には、銀行カードローンからでも年収の2分の1を超えると新たな借り入れは厳しくなり、どんなに属性が良い人でも年収と同額が限界となります。

関連記事をチェック!

年収以上の借金!借入が年収を超えた場合借りれる?

今ではどこからお金を借りるにも、収入以上に借金をすることは難しいですね。 しかし、長くローンを利用しているなど、借入したタイミングによっては、年収以上の金額を借りることが出来てしまいます。 ...

他社借り入れ件数が4社以上の多重債務ならおまとめローンがいいかも

他社借り入れ件数が4件以上ともなってくると、銀行カードローンはおろか、消費者金融でも新たに借り入れを行うのが難しくなってきます。

そのため、八方塞がりのように思われるかもしれませんが、他社借り入れ件数が4件以上の場合には、おまとめローンを利用するという選択肢が残されています。

借金の一本化で返済がラクになるメリットがある

おまとめローンを利用すると、複数あった借金が一本化できるので、返済をグッと楽にできるというメリットがあります。

おまとめローンを利用しても、抱えている借金の総額は変わらないため、「返済負担に大きな違いはないのでは?」と思われるかたもいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、ローンは一般的に、借り入れる金額が大きければ大きいほど適用される金利が低くなる傾向にあります。

そのため、同じ金額でも複数のところから分散して借り入れるよりは、1つのところでまとめて借り入れたほうが、適用金利が低くなって返済がラクになる可能性が高いのです。

同じことは月々の返済金額にも当てはまり、おまとめローンを利用することで毎月の返済金額をグッと抑えられるケースも多々あります。

また、複数のローンを利用していると、それぞれの返済日もバラバラなため、いずれかのローンの返済をついうっかり忘れてしまう、というようなことも起きてしまいがちです。

しかし、おまとめローンを利用して借金を一本化することで、返済日を忘れてしまう危険性も低くなるため、結果として返済を遅延してしまうようなことも少なくなるでしょう。

おまとめローンを利用することで、いろいろな側面において返済をラクにできますよ。

おまとめローンの審査に通るには?

上述したように、おまとめローンはすでに多くの借金を抱えているかたにとっての頼みの綱のようなローンですが、すでに多くの借金を抱えているということは、審査に対する不安を抱えているということでもあります。

おまとめローンの審査に通るためには、どのような点に注意しておくべきなのでしょうか。

他社カードローンを毎月しっかり返済すること

とにかく大事なのは返済をしっかり行うことです。

おまとめローンに限らず、一般的にローンでは申し込み者の返済能力をチェックしますが、既存のローン返済も満足に行えていないような人に、「返済能力がある」と判断してくれるような金融機関はありません。

約定返済額ギリギリでもかまわないので、とにかく毎月しっかりと返済を継続しているという実績が、おまとめローンの審査通過のためには非常に重要です。

借り入れ残高が減っていないと悪印象

他社との付き合いが何年位あるかも、審査においては重要なポイントの1つです。

例えば、3年付き合っていて、殆ど残金が減ってないという状況だと厳しいですね。

残金が減っていないということは、「返したら借りる」を繰り替えしているだけであり、金融機関に対して利息を大還元しているだけということを意味しています。

このタイプの人にお金を貸すのは危険という風に、他社借り入れでも意外とこういう細かい所を見られていますよ。

そもそも他社からの借り入れとは

カードローンに申し込む際、他社からの借り入れ状況を記入する欄がありますよね。

初めてのカードローンであれば、マイカーローンやブライダルローンを組んでいない限り、当然0円だと思います。

もしすでに他社のカードローンを利用しているかたの場合は、他社からの借り入れをこの欄に記入しなければなりません。

では、ここにはどういった借り入れを記入すればよいのでしょうか。

申し込み欄に特に注意書きがない場合、他社からの借り入れとして記入しなければならないもの、記入する必要のないものを表にしました。

他社借り入れに記入するもの他社借り入れに記入しないもの
カードローン住宅ローン
フリーローンクレジットカードショッピング枠
自動車ローン奨学金
教育ローン事業性ローン
クレジットカードキャッシング枠携帯電話や家電の分割払い
ブライダルローン親族や知人からの個人的な借り入れ

上表の左側の列に記載されているものが、他社借り入れに記入するものとなります。

住宅ローンや事業性ローン以外のローンは、申し込み時に指示がない限り、基本的にすべて記入しなければなりません。

基本的には、無担保での借り入れが記入しなければならないものとなります。

記入するのは総量規制対象だけでいい場合も

実際には、申し込みをするカードローンが消費者金融のものである場合は、基本的に上の表の他社借り入れに含まれるもののうち、消費者金融や信販会社からの借り入れだけを記入すれば問題ないことがほとんどです。

消費者金融が他社からの借り入れを気にするのは、総量規制をオーバーしていないかどうかを確認するという意味合いが強いため、総量規制対象外の銀行からの借り入れは気にしないこともあるのです。

消費者金融では、他社からの借り入れの記入欄に「銀行からの借り入れは除く」と書かれていることが多いので、多くのかたは消費者金融カードローンからの借り入れだけになるのではないでしょうか。

銀行カードローンは、消費者金融の借り入れも銀行からの借り入れもすべて含めて記入しなければなりません。

中にはカードローンの借り入れのみを記入する場合や、住宅ローンは別に記入する欄があったり、表の他社借り入れに記入するものに含まれていても除いて構わない場合もあります。

その際は、記入欄に説明が書いてありますのでそれに従いましょう。

クレジットカードには、普段の買い物に使用するショッピング枠とATMからお金を借り入れるキャッシング枠の2種類があります。

キャッシング枠は他社借り入れに含めますが、ショッピング枠はたとえリボ払いであっても他社借り入れには含めません。

他社借り入れ状況は、審査の判断材料になるのはもちろんですが、消費者金融の場合は総量規制にも関係しますので、間違いなく正確に記入してください。

銀行からの借り入れは総量規制対象外ですが、他社借り入れから除外していいわけではありませんのでご注意ください。

説明がなければすべて記入しよう

他社借り入れの記入欄に特に説明がない場合には、銀行からの借り入れも記入するようにしてください。

確かに、銀行は総量規制の対象外なので記入する必要がない場合もありますが、そうでない場合もあるので注意しましょう。

もし総量規制のためだけに他社借り入れを確認するのであれば、銀行カードローンへの申し込みでは他社借り入れを一切記入する必要がないということになってしまいます。

もし記入する必要のない借り入れを記入したとしても、これから説明する信用情報によって確認してくれますので、そこまで心配する必要はありません。

関連記事をチェック!

総量規制とは

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知ってい...


関連記事をチェック!

他社借入にクレジットカードショッピング枠は入る?

すでにカードローンを利用している人が、他社借入する際に気を付けること、他社借入の審査への影響について説明します。 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(36歳) 職歴:過去7年,地銀の...

他社借り入れがあってカードローンの審査に通る条件を確認しよう

ではここで、他社借り入れがあってもカードローンの審査に通る(通りやすい)条件を、あらためて確認しておきましょう。

借り入れ件数が2社以内である

銀行カードローンは他社借り入れ件数1件以内、消費者金融は他社借り入れ件数3件以内と上述させていただきましたが、消費者金融でも他社借り入れ件数は少なければ少ないほど好印象であることは間違いありません。

そのため、審査に通る可能性を少しでも高めたいのであれば、たとえ消費者金融であっても借り入れ件数は控えめにしておくほうが好ましいでしょう。

可能であれば、申し込み前に他社借り入れを整理するなどして、借り入れ件数を2件以内にした状態で申し込みを行いたいですね。

他社借り入れ返済の滞納がない

各金融機関は、信用情報を確認することで申し込み者の既存ローンの返済状況を確認できますが、その際に他社借り入れの返済を滞納していることがバレてしまえば、審査において大きな減点となります。

返済を滞納している(したことがある)人に対して融資を行った場合、自社に対する返済も行ってくれないのではないかと考えるのが普通ですからね。

2,3日程度の短期の返済滞納であれば、返済を滞納したという事実が信用情報に記録されることはありません。

どうしてもという事情で返済を滞納せざるをえないとしても、せめて2,3日程度にとどめておくようにしましょう。

総量規制内に収まっている

どれだけ属性がよくて信用情報にも問題がなかろうが、消費者金融が総量規制の範囲内でしか融資を行えない以上、「年収の3分の1超」の金額の融資はできません。

そのため、自身が申し込みを希望している金額が、年収の3分の1以内におさまっているかどうかをきっちりと確認しておく必要があります。

また、「年収の3分の1以内」というのは、他社借り入れも含めた金額となります。

そのため、年収が600万円の人がすでに他社で100万円を借り入れている場合、新たに申し込める金額は600万円×1/3-100万円=100万円になるということには、注意しておきましょう。

審査で落ちないように信用情報で注意したい6項目

審査における重要要素としては「属性」と「信用情報」の2つが挙げられます。

このうち「属性」は、年収や勤続年数など、ある意味非常に分かりやすい要素で構成されていますので、どこをどう注意・改善すればいいかが分かりやすと言えます。

それに対して「信用情報」は、ローン等の審査でしかなかなか関わらないものなので、どのように考えればいいか分かりにくいという人も多いでしょう。

そこで、審査で落ちないように信用情報で注意したい項目を、6つ挙げていきます。

①他社借り入れ件数や金額を偽らない

最初に、信用情報を管理している「信用情報機関」について、簡単に説明を行っておきましょう。

信用情報機関は国内に3箇所あり、業種により加入する信用情報機関が決まっています。

他社借入状況はなぜ必ずバレる?

◆全国銀行個人信用情報センター

略称でKSCと呼ばれている信用情報機関です。

加盟している業者は信用情報センターの名前の通り、銀行を中心とした金融機関となります。

◆株式会社シー・アイ・シー

一般的にはCICと呼ばれることが多いです。

加盟している会社は、信販会社・およびクレジットカード会社が多くを占めています。

近年、貸金業者もCICに加盟するところが増えています。

◆株式会社日本信用情報機構

略称はJICCです。

正規の貸金業者なら、必ず加盟しなければならない信用情報機関となります。

そのため、加盟している会社の多くは消費者金融業者で占められています。

クレジットカード会社も、キャッシングを行っている部分は貸金業法が適用されることから、クレジットカード会社の加盟数も増加傾向にあります。

貸金業法改正以前は、各信用情報機関が持っている個人データは、加入している業者のみ閲覧が可能でした。

しかし、法改正以降は総量規制が定められたことから、3つある信用情報機関同士でデータの共有を行なっています。

これを総合交流ネットワークといい、自主的に信用機関同士が情報交流するCRINという情報交換システムと、貸金業法に基づくデータの共有としてFINEと言われる情報交流が用いられています。

情報交換されるデータは、金融事故情報以外に、誰がどこからいくらお金を借りているのかの情報も共有され、総量規制の額を求めています。

銀行カードローンに申し込んだのに、クレジットカードのキャッシング残高や消費者金融カードローンの利用額が分かってしまうのは、以上のようなデータの共有を信用情報機関同士で行っているからです。

カードローンの契約をしようと思って、借り入れ申し込み書に嘘の借り入れ件数や総借り入れ額を記入したとしても、他社借り入れ状況がすぐにバレてしまうのはこのためです。

他社借り入れ件数や金額は、正直に申告することを心がけましょう。

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

お金を借りるためには、必ず申し込みと審査が必要になります。 審査に通るかどうかは、その人の信用が非常に重要となり、他社借入は少ないほうが通りやすくなります。 この時に、実際よりも他社借入を...


関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。 しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 ...

②携帯電話料金をしっかり支払う

携帯電話の料金を分割払いで支払っている場合、その支払い状況も信用情報に記録されますので、毎月しっかり払っていないとカードローンの審査に落ちてしまいます。

携帯電話料金の延滞が原因で審査に落ちるケースは意外と多いです。

上のツイートにもあるように、携帯電話料金の支払いを滞納してしまうと、信用情報にキズが付くということを知らない人は意外と多いと思います。

思わぬところでカードローンの審査に落ちてしまう原因を作ってしまわないように、携帯電話料金の支払いは滞納しないようにしたいですね。

③利用が銀行カードローンだけ(信用がある)

銀行系カードローンの審査では、消費者金融からの借り入れを下に見る傾向にあります。

銀行の審査担当者は「消費者金融からお金を借りるくらいだから、よほどお金に困っているのだろう」と見なす傾向にあるようです。

このため、銀行系カードローンに申し込む際に、消費者金融からの借り入れがなく、銀行系カードローンの借り入れが1本程度で返済に遅れがない状況であれば、審査に通過できる可能性は高くなります。

消費者金融のカードローン審査では、銀行系カードローンの借り入れはそれほど気にしません。

銀行系カードローンだけの借り入れが12本で返済の遅れがないのであれば、消費者金融から借りることができる可能性は比較的高いと言えるでしょう。

④借金返済に滞りがない

既存の他社から借り入れの返済に遅れがあるのは、審査上最も悪い情報です。

審査担当者は、「他社の返済が遅れているのだから自社の返済も遅れるかもしれない」と思うためです。

多重債務であってもなくても、他社から借り入れで返済に遅れがある場合には、審査には確実にマイナスとなります。

関連記事をチェック!

クレジットカードの遅延・延滞は信用情報機関に登録

クレジットカードを延滞した場合、信用情報機関に影響はあるのでしょうか? また、信用情報機関に影響があるとしたら、何日からでしょうか? 遅延の記録が載る明確な基準は無い 筆者はクレジットカード...

⑤年収(収入)が多い

他社から借り入れが多少あっても、勤務先が上場企業であったり、公務員の場合には審査に通過できる可能性は高いと言えるでしょう。

多重債務者がもっとも警戒されることは、既存の借金を返済するために新たな借金を作るということを繰り返していき、新たに借り入れができなくなった時点で、それまでの借金の返済が詰んでしまうということです。

借金の返済を借金で行うということは、資金繰りの中でも最も借金が膨れ上がるパターンであるため、多重債務者は審査に通りにくいのです。

しかしながら、ボーナスや退職金が多い公務員や上場企業の会社員は、毎月の返済で苦しくなっても、ボーナスや退職金で一括返済を行える可能性が高いと言えます。

そのため、他社から多少の借り入れがあっても返済に問題ないと言えるため、収入が多く属性がいい人は審査に通過しやすい傾向にあるようです。

関連記事をチェック!

借入における必要年収の基準

消費者金融や銀行から借入するにはある程度の年収がなければできないのでしょうか。 もしそうならどれだけの年収があれば希望額を借りられるのでしょう。 今回は借り入れのための必要年収について説明...

⑥そもそも他社借り入れ件数が少ない

前述したように、他重債務者でないことは、審査に通過しやすくなるための1つの条件になります。

消費者金融でも銀行系カードローンでも、他社から借り入れが多いということは、審査上何もプラスにはなりません。

そのため、属性がそれほどよくない人の場合には、他社からの借り入れは1本程度に留めておいたほうが、新規借り入れの際には影響が少なくて済むようです。

関連記事をチェック!

他社借入件数とは

消費者金融カードローンに申し込むときに考えてしまうのが、他社の借入件数をどこまで書けばいいのか、審査に影響しないのか、ですよね。 そもそも他社借入には何が含まれるのか 他社借入は審査に...


関連記事をチェック!

他社借入件数が4件以上でもキャッシングは可能?

他社借入件数が4社ある。債務不履行一歩手前ではないですか?急にお金が必要になったら5社目に申し込むのは危険です。 借金を借金して返すことくらい無駄なことはありません。借金は一向に減らず永遠に借金...

他社からの借り入れ以外にも審査落ちの原因が

他社からの借り入れは審査に大きく影響を及ぼしますが、他にもこんなことが原因で審査に落ちることがあります。

30歳でスーパーホワイトは怪しい

30歳を過ぎて初めてカードローンを作ろうとした時に、今まで1度もカードローンを利用した事がない人が、何故か否決になってしまうというシーンがたびたび見られます。

これは過去に金融履歴が一切ないスーパーホワイトと呼ばれる人は、「自己破産などしたのではないか?」と思わず勘ぐられるからです。

(自己破産などの債務整理を行うと、5~7年程度で過去の金融履歴が全くの白紙になります。すなわちスーパーホワイトと同じ状態なのです)

スーパーホワイトな人からすると、とばっちりもいいとこです。しかし、このようなことが起こる可能性があるということは覚えておきましょう。

こういったツイートにもあるように、クレジットカードはできるだけ20代のうちに少なくとも1枚は作っておいて、スーパーホワイトになってしまうのを避けることをオススメします。

参考情報!他社借り入れがあっても審査に通った体験談

このサイトの管理人の馬太郎は、過去に以下のようにカードローンの審査結果が出ています。

それぞれの申し込みで馬太郎が審査に通過した理由、落ちた理由を解説します。

申し込み年月申し込み先結果
2016年4月三菱UFJフィナンシャルグループ アコム 限度額30万円で審査通過
2016年7月 SMBCモビット 審査落ち
2016年7月 じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 限度額100万円で審査通過
2016年7月 レイクALSA 限度額30万円で審査通過
2016年7月 三井住友銀行カードローン 審査落ち(プロミスを紹介)
2016年7月 プロミス(←三井住友銀行からの提案) 限度額100万円で審査通過
2016年7月 ジャパンネット銀行(キャッシング付き口座) 限度額50万円で審査通過

①三菱UFJフィナンシャルグループ アコム

これは初めてのカードローン申し込みであり、この時点では他社借り入れはありません。

ここは問題なく借りる事ができるラインでしたので、借り入れに成功しました。

限度額は50万円でもいいかなとは思います。

②SMBCモビット

続いてSMBCモビットの否決ですが、ここはアコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)・SMBCモビット・三菱UFJ銀行の三角関係が裏にあります。

その為、アコムで30万円の限度額で契約してまだ数カ月しかたっていないため、見送りになったと考えるのが妥当だと言えます。

③じぶん銀行

じぶん銀行100万円。

ここは何の制約もありませんから、100万円満額借りる事に成功しています。

ここまでは、特におかしな点はありません。

④レイクALSA

レイクALSAでは30万円借りられましたが、仮に限度額いっぱいまで使用していると、この辺りでだんだん借りているかたがアップアップになってきます。

⑤三井住友銀行→⑥プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

最大の焦点は、三井住友銀行で否決になってからプロミスを紹介した部分です。

三井住友銀行がプロミスを紹介することはよくある話なのですが、プロミスが100万円貸した点に疑問点が残ります。

限度額100万円で契約するのであれば、恐らく三井住友銀行でも融資はできたと思います。

しかし、プロミスを紹介すれば、同じ金額でも利息を多く取れます。

その為、三井住友銀行では否決となりプロミスでは100万円借りるのに成功したのでしょう。

⑦ジャパンネット銀行

最後のジャパネット銀行は、銀行カードローンの利用限度額の合計はじぶん銀行と新生銀行で130万円です。

銀行枠ならまだ少し余裕があったため、50万円をギリギリ借りられました。

上手く銀行と消費者金融をばらけて借りたので、今回は310万円の限度額まで契約できましたが、かなり危険です。

すべて利用した場合は、年収400万円で借り入れ310万円ですので、返済がこの先思いやられます。

全部消費者金融や銀行だったら、こんな無茶苦茶な借りかたはできません。

借り入れ件数を増やすより増額を狙う手もある

他社借り入れが難しいなら、今利用しているカードローンの増枠を狙うのもいいでしょう。

増枠はすでに取引している金融会社で行われるため、返済実績がよいと増枠が認められやすいです。

増枠審査の場合には毎月の返済額を確認し、約定返済額よりも多めに返済しているかという部分もチェックされます。

普段からしっかり返済している人は、他社借り入れ審査より増枠を行ったほうがいいでしょう。

関連記事をチェック!

カードローンの増額審査に通るコツは?

使っているうちにカードローンの利用限度額を増額したいということも出てきますよね。そんなときは増額審査を受けましょう。 カードローンの利用限度額は申し込み当初は少なく設定されることが一般的です。継...

他社借り入れがあっても審査に影響がない借金

ここまで、他社借り入れはできるだけ少ないほうがいいというトーンで話を進めてきています。

しかし、他社借り入れであっても、審査にはあまり影響がない借金というのもあるのです。

住宅ローン,自動車ローンは審査影響なし

カードローンの審査の際に、住宅ローンや自動車ローンの借り入れがあっても、カードローン審査そのものにはそれほど影響しません。

カードローン審査において最も影響を受けるのは、カードローンやフリーローンのように、無担保でお金の使い道が決まっていないローンです。

住宅ローンには担保がありますし、自動車ローンは無担保ですが対価となる自動車を購入しています。

このようなローンの場合には、たとえ返済が滞ったとしても自動車を売却してローンの返済に充当できるため、銀行にとってリスクが低いためと言われています。

カードローン審査の際に影響を与える借り入れは、銀行や消費者金融からの使い道自由なカードローンやフリーローンです。

おまとめローンの豆知識

おまとめローンは、カードローンやフリーローンなどと比較すると少々特殊なローンです。

そこで、おまとめローンに関する豆知識をいくつかお伝えさせていただきましょう。

おまとめしてすぐに借りるのは×

おまとめローンとは何とも響きのいいものですが、実際は返す会社が1社になり金利が若干良くなる程度です。

金利が物凄く下がるイメージを皆さんお持ちですが、それは間違った認識です。

銀行や金額によりますが、銀行カードローンの一般的な金利は14.5%。おまとめローンにすると10%を少し切る位です。

せっかくおまとめローンで借り入れ先を1社にした訳ですから、そこからお金を再び借りるのは愚策だと思います。

おまとめのほうが審査に通りやすい

おまとめローンは完済、他社借り入れならまだ使う事を目的にしていますので、単純に比較をするのは難しいですが、同じ借金総額なら、おまとめローンのほうが審査に通りやすいでしょう。

理由は返済に重点を置いていると考えられるからです。

審査通る?借り換えカードローン2社

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

しつこいですが借り入れ状況で嘘をついても無駄

他社借り入れ状況というのは、皆さんが申し込み時に申請した金額を鵜呑みにしているのではなく、借り入れ状況などが記録された信用情報を照会して、しっかり確認しているのです。

信用情報を見れば、他社からの借り入れ状況を把握できますので、属性をよく見せようと思って虚偽申告をしても、心証が最悪になるだけであり逆効果です。

万が一、契約時に虚偽申告がバレなかったとしても、もし審査通過後に嘘がバレた場合は、その場で一括返済を求められることがありますので気を付けてください。

わざわざ申告させるのは、借り入れている金額や社数を自分で把握しているかどうか、正直な人間かどうかを試すためなのです。

関連記事をチェック!

信用情報機関が管理する情報~CRIN,FINEで情報共有~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 審査に落ちるということは自分...


関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。 しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 ...

おまとめローンの審査で落ちやすい原因はコレ

多重債務に陥った人が、借金を一本化するおまとめローンを利用するケースが最近目立っています。

ところが、おまとめローンの審査は既存借り入れ状況によって大きく左右され、場合によっては審査に落ちてしまうことも珍しいことではありません。

なぜなら、おまとめローンの利用を検討する人は、複数借り入れによって返済が困難になった人が多いからです。

返済が困難になってしまうということは、他社借り入れ状況が既に悪化している可能性が高く、支払期日までに返済をしていない、いわゆる返済滞納となってしまっていることも珍しくありません。

返済滞納が1件でもあると、おまとめローンの審査で落ちてしまいます。

また複数借り入れをしているということは、回し返済を行なっていることが一般的です。

借金を借金で返す自転車操業を繰り返しているのか、信用情報機関からデータを取得すれば一目瞭然で分かってしまいます。

もちろん、年収の1/3以上を超えた借金額でもまとめることができるおまとめローンですが、金融機関にとってはリスクの高い顧客と考えるわけです。

おまとめローンの審査に通るには、他社借り入れ額が順調に減っていなければなりません。

他社借り入れがあると審査に落ちる?各種ローンとの関連は?

一口に「ローン」と言っても、金融機関では多種多様なローンを取り扱っています。

他社借り入れがある場合に、各種ローンの審査に落ちてしまいやすいかどうかを、見ていきましょう。

教育ローン

カードローンやクレジットのキャッシングなど、他社借り入れがある状態で教育ローンに申し込んでも、審査に通るのか不安に思う人も多いことでしょう。

銀行の教育ローンを利用する場合や、日本学生支援機構の奨学金を借りる場合も、必ず信用情報機関から他社借り入れ状況や金融事故がないかどうか調査されます。

しかし、他社借り入れがあるからと言って、教育ローンの審査に通りにくくなるということはありません。

ただし気をつけなければならないのは、返済の遅れがないか、ということです。

他社借り入れ状況が悪いのでは、審査に良い影響を与えません。

1、2回返済しては利用限度額まですぐに借りてしまうのは、家計収支状況が悪いということを示しています。

比較的金利の高いカードローンで借金をしているのでは、教育ローンを申し込んでお金を借りても返済できるのか、と金融機関は考えるのです。

つまり、教育ローンの審査に通るには家計収支に余裕があり、ローンの返済を十分に行うことができるくらいの経済力がなければならないということです。

なお金融機関によっては、他社借り入れ状況が多少悪いとしても、連帯保証人をつけることを条件に借り入れできる場合があります。

住宅ローン

以前は、他社借り入れがあると住宅ローン審査に通らないと言われた時期もありましたが、現在では他社借り入れ状況についてはそこまで厳しい条件は敷いていません。

もちろん、他社借り入れ状況が悪いのでは住宅ローンの審査には通りませんので、ここでは返済に遅れることなく支払っていることを条件にご説明します。

住宅ローンは借り入れをしてしまうと、少なくても20年から35年と長期間にわたって返済しなければなりません。

そこで銀行が注目するのが、返済負担率です。

返済負担率とは、1年間に支払う他社借り入れの返済額と住宅ローンの返済額を合計したものを、年収で割った割合のことを言います。

年収500万円として考えてみましょう。

  • クレジットカード:年間48万円
  • カードローン:年間36万円
  • オートローン:年間48万円
  • 住宅ローン(予定):年間96万円

年間総支払額を年収で割ってみると、返済負担率は45.6%です。

銀行が考える、住宅ローンの審査基準である返済負担率は、25%から高くてもせいぜい30%までです。

返済負担率が45.6%では、審査に通ることはありません。

クレジットカードとカードローンの支払いを取り除けば、返済負担率を30%以内に収めることができそうですね。

自動車ローン

自動車ローンは、総量規制の除外貸付となるため他社借り入れがあり、年収の1/3相当の借金があったとしても気にする必要はありません。

他社借り入れがあったからといって、自動車ローンの審査が特別厳しくなるということはないからです。

ただし、自動車ローンの返済も借金返済と変わることがないわけですから、返済能力が劣っていると判断された場合は少なからず影響を与えてしまいます。

なお、自動車ローンの審査に重要なポイントとしては、主に以下のような点が挙げられます。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 他社借り入れ状況

自動車ローンの審査に通るには、他社借り入れ状況がどうなのか、すでに完済した分を含めて期日に遅れることなく返済していたのか、ということがチェックされることは間違いありません。

利用実績が豊富にあり、真面目に返済している人ほど審査に通りやすいと言えるでしょう。

なお自動車ローンは、銀行などの金融機関からお金を借りる目的ローンと、ディーラーが用意するディーラーローンの2種類があります。

とくに注意したいのは、金融機関からお金を借りる自動車ローンです。

銀行はなにしろ返済能力の点を重要視してきますから、 場合によっては連帯保証人を要求される場合も多いです。

クレジットカード

クレジットカードの審査と他社借り入れ状況は、切っても切れない縁があります。

なぜならクレジットカードには、ショッピング枠利用分の他に、キャッシング枠利用分が含まれているからです。

キャッシング利用分は総量規制対象貸付ですから、消費者金融のカードローンと大きく被ってしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠に与信される金額は、他社借り入れがあれば必ず総量規制の範囲内に納めなければなりません。

もちろん審査においても、カードローン借り入れ状況が悪ければ、審査に通ることはまずありません。

したがってクレジットカードの審査は、カードローンの審査とほとんど同じと言っても良いでしょう。

カードローンの借金を全額返済しゼロになったとしても、解約しない限りいつ借り入れされるか分かりません。

クレジットカードの審査に通る可能性を高めたければ、借金がゼロになっているカードローンがあれば、躊躇することなく解約してしまうことです。

仮にショッピングのみにクレジットカードを使うのであれば、キャッシング枠を不要にしてしまうのもひとつの方法です。

その代わり、きちんとローン関係の支払いを滞納することなく支払っていることが条件ですね。

借り入れ審査のQ&A

ここでは、借り入れ審査に関するよくある質問についてご説明していきたいと思います。

奨学金は借り入れ審査に影響する?

日本学生支援機構が貸付している貸与型の奨学金の借り入れは、カードローンを含めた他のローンに影響することはありません。

もちろん総量規制対象外の貸付です。

奨学金を借り入れした事実はKSCに登録されますが、JICCやCICにデータ共有されることがありませんので、消費者金融やクレジットカード会社は知るすべがないのです。

ただし奨学金の支払いを3カ月以上滞納した場合は金融事故としてKSCに登録され、金融事故情報はその他の信用情報機関にもデータ共有されてしまいます。

真面目に奨学金を支払っている限り、自動車ローンなども含めたローン契約に支障をきたすことありません。

リボ払いは借り入れ審査に影響する?

クレジットカードのショッピング利用代金のリボ払いは総量規制の対象外となるため、各種ローンの審査に特別深刻な影響を与えるということはありません。

支払い残高が年収の1/3に含まれることはありませんので、カードローンなどでお金を借りるにしても返済を滞納しない限り神経質になる必要はありません。

リボ払いは、今やショッピング利用代金の支払い方法として認知されていることも考えれば、リボ払いがローンの審査に影響を与えてしまったのでは、多くの人がローンを組めなくなってしまいますね。

家族の借り入れ状況は審査に影響する?

結論から言えば、家族の借り入れ状況は借り入れ本人の審査に影響することはありません。

確かに、銀行や消費者金融・クレジットカード会社などの金融機関は、途上与信としておよそ3カ月ごとに信用情報機関からデータを取得することが義務付けられています。

しかし、借り入れ者本人からローンの申し込みがあったとしても、本人の家族が誰なのか金融機関は知ることができません。

たとえ知ることができたとしても、本人の同意なくして勝手に信用情報機関からデータを取得することは禁止されています。

極端な話、夫がブラックだったとしても、連帯保証人になっていない限り妻や子供の借り入れ申し込み審査に影響することはないのです。

銀行借り入れは借り入れ審査に影響する?

申し込む金融機関によって異なります。

銀行借り入れ状況はKSCに登録されますが、消費者金融やクレジットカード会社が利用するJICCとCICには データ共有されません。

登録されるとすれば、銀行カードローンなどの保証会社が消費者金融やクレジットカード会社になっている場合に、保証契約としてJICCとCICに情報が登録されます。

もちろん、銀行借り入れは総量規制の対象外ですから、年収の1/3に含まれることもありません。

ただし、銀行カードローンに申し込む場合は、借り入れ事実が分かってしまいます。

借り入れる金額が年収の1/3以上になる場合は、自主規制として審査に影響を及ぼす可能性も否定できません。

まとめ

まとめ
他社借り入れ件数

大手消費者金融なら他社借り入れ件数は4社
銀行カードローンは他社借り入れ件数は3社が限界
4件以上の借り入れは、中小消費者金融かおまとめローンを検討する

他社借り入れ金額

他社借り入れ金額が年収の1/3を超えている場合、銀行カードローン
なお、年収の1/2を超える場合は、借り入れはほぼ厳しい。債務整理を行うのが良い。

カードローンの増枠

返済をしっかり行っている場合、他社借り入れを行うより、増枠を狙うのもよい。

返済をまず第一に考えよう

基本的なことを書きますが、お金を借りる時にまずは返済の事を考えないとお先真っ暗です。

これは、逆算をしてお金を借りろ、ということです。

50万円借りたら、次の月から3万円ずつ返済など、お金を借りる前に計画を立てられる人は非常に強いです。

逆に計画ができない人は、お金を借りるのには向いていません。

借金は依存性が非常に高いものですので、借りて返してを繰り返す人が多いのが特徴です。

できれば借金をしないにこした事はないのですが、人生の中でどうしてもお金が足りないときというのは、誰しもが経験するものです。

審査のない金融会社は要注意で、正規業者で審査がない会社などありません。

「審査がない=闇金」であり、甘い話には必ず罠があります。

ご注意ください。

この記事の執筆者

小川 馬吉
1977年東京生まれ、上智大卒。
大学時代は英文学科を専攻。
卒業後は翻訳家の仕事を一時は目指すが、刺激の強い仕事も体験してみたいと、某大手消費者金融に就職し、都内・某店舗に研修後配属される。
貸付業務で対面与信の能力に優れ、絶対に危ないお客さんにはお金を貸さない頑固な性格を持つ。
裁判業務にも精通しており、霞が関までの通勤定期を会社から渡されていたほど。
多い時は週5日裁判所に通う事も。
消費者金融問題全般に強く、現在はフリーライターとして、金銭問題の諸問題に対応している。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談