馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

他社借入があっても消費者金融や銀行系カードローン審査に通る?

他社からの借入が審査に与える影響を説明します。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

総量規制は絶対

消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません

他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が審査に通ります。

また、借入金額だけではなく借入件数も重要です。消費者金融であれば他社借入は3社、多めに見ても4社が限度でしょう。

年収400万円で消費者金融にアタック出来るラインは、

  • 他社借入3社以内
  • 借入金額100万円

このあたりとなります。

また、銀行カードローンでも自主規制により年収の3分の1以上借りることはできません。

消費者金融は駆け込み寺

銀行に否決されて消費者金融の審査に通ったケースはいくらでもあります。銀行で借りている金額が重要です。

当然、消費者金融でも銀行からの借入は気にします。

年収に合ったお金を貸す分には問題はありませんが、年収以上のお金を貸すのはかなりの問題になってきます。

消費者金融から見ても、銀行は言ってみればライバルですし、貸し倒れをするのは嫌です。「この人は銀行からいくら借りているのか」は必ずチェックします。

しかし、大体銀行に否決されて消費者金融へ駆け込んで来る時点で、銀行系で借りている可能性は低いか、借りていても少額です。

そういった意味では銀行カードローンの影響は少ないと言えます。

最短即日融資!審査通る?カードローン【web完結】

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

今のカードローンを毎月しっかり返済

他社への申込を考えている方のために他社借入審査において重要なものを説明します。

とにかく大事なのは返済をしっかり行うことです。これが出来ない人は他のどんな金貸しからも正規業者では借りる事は不可能ですね。返済実績が1番重要です。

借入残高が減っていないと悪印象

他社との付き合いが何年位あるかも重要になってきます。

例えば、3年付き合っていて、殆ど残金が減ってないという状況だと厳しいですね。

残金が減っていないということは、「返したら借りる」を繰り替えしているだけだからです。

利息を大還元していますね。

このタイプの人にお金を貸すのは危険という風に、他社借入でも意外とこういう細かい所を見ています。

おまとめしてすぐに借りるのは×

おまとめローンとは何とも響きのいい物ですが、実際は返す会社が1社になり金利が若干良くなる程度です。

金利が物凄く下がるイメージを皆さんお持ちですが、それは間違った認識です。

銀行や金額によりますが、銀行カードローンの一般的な金利は14.5%。おまとめローンにすると10%を少し切る位です。

せっかくおまとめローンで借入先を1社にした訳ですから、そこからお金を再びかりるのは愚策だと思います。

おまとめの方が審査に通りやすい

おまとめローンは完済、他社借入ならまだ使う事を目的にしていますので、単純に比較をするのは難しいですが、同じ借金総額なら、おまとめローンの方が審査に通りやすいでしょう。

理由は返済に重点を置いていると考えられるからです。

金利負担を軽減!審査通る?借り換えカードローン

借り換えを行う場合、資金用途を「借り換え」と申告する必要があります。利用目的に借り換えの記載がない場合、申込完了後に必ず電話で「借り換えしたい」旨を伝えましょう
カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

馬太郎は他社からの借入審査に通った

このサイトの管理人の馬太郎は過去に以下のようにカードローンの審査結果が出ています。

それぞれの申込で馬太郎が審査に通過した理由、落ちた理由を解説します。

申込年月申込先結果
2016年4月三菱UFJフィナンシャルグループ アコム 限度額30万円で審査通過
2016年7月 SMBCモビット 審査落ち
2016年7月 じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 限度額100万円で審査通過
2016年7月 レイクALSA 限度額30万円で審査通過
2016年7月 三井住友銀行カードローン 審査落ち(プロミスを紹介)
2016年7月 プロミス(←三井住友銀行からの提案) 限度額100万円で審査通過
2016年7月 ジャパンネット銀行(キャッシング付き口座) 限度額50万円で審査通過

①三菱UFJフィナンシャルグループ アコム

これは初めてのカードローン申込であり、この時点では他社借入はありません。

ここは問題なく、借りる事が出来るラインですので借入に成功しました。

限度額は50万円でもいいかなとは思います。

②SMBCモビット

続いてSMBCモビットの否決ですが、ここはアコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)・SMBCモビット・三菱UFJ銀行の三角関係が裏にあります。

その為、アコムで30万円の限度額で契約してまだ数カ月しかたっていないため、見送りになったと考えるのが妥当だと言えます。

③じぶん銀行

じぶん銀行100万円。

ここは何の制約もありませんから、100万円満額借りる事に成功しています。

ここまでは特におかしな点はありません。

④レイクALSA

レイクは銀行カードローンであり、消費者金融ではないので、30万円貸してくれています。

仮に限度額いっぱいまで使用していると、この辺りでだんだん借りている方がアップアップになってきます。

⑤三井住友銀行→⑥プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

最大の焦点は三井住友銀行で否決してプロミスを紹介した部分です。

三井住友銀行がプロミスを紹介する事はよくある話なのですが、プロミスが100万円貸した点に疑問点が残ります。

限度額100万円で契約するのであれば、恐らく三井住友銀行でも融資することは出来たと思います。

しかし、プロミスを紹介すれば、同じ金額でも利息を多く取れます。

その為、三井住友銀行では否決となりプロミスでは100万円借りるのに成功したのでしょう。

⑦ジャパンネット銀行

最後のジャパネット銀行は、銀行カードローンの利用限度額の合計はじぶん銀行と新生銀行で130万円です。

銀行枠ならまだ少し余裕があったため50万円をギリギリ借りる事が出来ました。

上手く銀行と消費者金融をばらけて借りたので、今回は310万円の限度額まで契約することが出来ましたが、かなり危険です。

すべて利用した場合は、年収400万円で借入310万円ですので、返済がこの先思いやられます。

全部消費者金融や銀行だったら、こんな無茶苦茶な借り方は出来ません。

他社からの借入以外にも審査落ちの原因が

他社からの借入は審査に大きく影響を及ぼしますが、他にもこんなことが原因で審査に落ちることがあります。

30歳でスーパーホワイトは怪しい

30歳を過ぎて初めてカードローンを作ろうとした時に、今まで1度もカードローンをした事がない人が、何故か否決になるシーンが見られます。

これは過去に金融履歴が一切ないスーパーホワイトと呼ばれる人は、「自己破産などしたのではないか?」と思わず勘ぐられるからです。

(自己破産などの債務整理を行うと、5~7年程度で過去の金融履歴が全くの白紙になります。すなわちスーパーホワイトと同じ状態なのです)

スーパーホワイトな人からすると、とばっちりもいいとこです。しかし、このようなことが起こる可能性があるということは覚えておきましょう。

携帯電話料金をしっかり支払う

携帯電話の料金も信用情報に記録されますので、毎月しっかり払っていないとカードローンの審査に落ちてしまいます。

携帯電話料金の延滞が原因で審査に落ちるケースは意外と多いです。

他には年収が極端に低い方はもちろん、転職した直後の場合は本人が気づかない原因としてよく起こりうるパターンです。

毎月多めに返済して増枠を狙おう

他社借入が難しいなら、今利用しているカードローンの増枠を狙うのもいいでしょう。

増枠はすでに取引している金融会社で行われるため、返済実績がよいと増枠が認められやすいです。

増枠審査の場合には毎月の返済額を確認し、約定返済額よりも多めに返済しているかという部分もチェックされます。

普段からしっかり返済している人は、他社借入審査より増枠を行ったほうがいいでしょう。

関連記事をチェック!

銀行,消費者金融カードローンの増額審査に通るコツは?

使っているうちにカードローンの利用限度額を増額したいということも出てきますよね。そんなときは増額審査を受けましょう。 カードローンの利用限度額は申し込み当初は少なく設定されることが一般的です。継...

他社借入状況はなぜ必ずバレる?

お金を借りるには銀行や消費者金融業者のカードローン、クレジットカード会社のキャッシングなどがあります。信用情報機関は国内に3箇所あります。

それぞれの業種により加入する信用情報機関が決まっています。以下に例を上げましょう。

◆全国銀行個人信用情報センター

略称でKSCやJBAと呼ばれている信用情報機関です。加入している業者は信用情報センターの名前の通り、銀行を中心とした金融機関となります。

◆株式会社シー・アイ・シー

一般的にはCICと呼ばれることが多いです。信販会社、及びクレジットカード会社が多くを占めています。近年貸金業者もCICに加入するところが増えています。

◆株式会社日本信用情報機構

略称はJICCです。正規の貸金業者なら必ず加入しなければならない信用情報機関となります。そのため加入者の多くは消費者金融業者で占められています。クレジットカード会社もキャッシングを行っている部分は貸金業法が適用される事から、クレジットカード会社の加入数も増加傾向にあります。

貸金業法改正以前は、各信用情報機関が持っている個人データは加入している業者のみ閲覧することが可能でした。しかし法改正以降は総量規制が定められたことから、3つある信用情報機関同士でデータの共有を行なっています。

これを総合交流ネットワークといい、自主的に信用機関同士が情報交流するCRINという情報交換システムと、貸金業法に基づくデータの共有としてFINEと言われる情報交流が用いられています。

情報交換されるデータは金融事故情報以外に、誰がどこからいくらお金を借りているのかの情報も共有され、総量規制の額を求めています。

従って銀行カードローンに申し込んだのに、クレジットカードのキャッシング残高や消費者金融カードローンの利用額がわかってしまうのは、以上のようなデータの共有を信用情報機関同士行っていることが理由となっています。

カードローンの契約をしようと思って、借入申込書に嘘の借入件数や総借入額を記入したとしても、他社借入状況がすぐにバレてしまうのはこのためです。

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

カードローンを申し込む際、他社からの借入状況を申告する必要があります。残念ながら他社借入の嘘は必ずバレます。 なぜ他社借入の嘘がバレるのか、また、バレた時のペナルティを説明していきます。 他社...


関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 それでも...

他社から借り入れがどのような状況なら審査に通るのか

まず、最初の条件として多重債務者でないということが挙げられます。

多重債務者の定義は、銀行や消費者金融によって異なりますが、審査に厳しい銀行であれば3件以上の借入は多重債務者であると見做される傾向にあるようです。

消費者金融では、4本以上の借入があると多重債務者と見做される傾向にあります。

また、既存の借入金の返済状況がよくない場合には審査に通過しにくい傾向にあります。

多重債務者であっても返済に遅れがなければ公務員や一部上場企業の従業員などのように属性が良好な人であれば審査に通過することもあります。

筆者が銀行員時代にすでに5本程度の借入がある公務員に貸付を行うことができたという経験があります。

関連記事をチェック!

消費者金融2社目、3社目の借金の審査基準【金貸しが語る複数借入】

筆者は長年貸金業を営んできました。その経験を踏まえ2社目以降申し込む際の注意点なども合わせてご説明したいと思います。 その他にも複数契約できなかった場合の対処法についてもまとめてみたいと思います...


関連記事をチェック!

他社での借入状況が審査に与える影響

カードローンやクレジットカードを新しく作りたいけど、審査が心配だという人も多いのではないでしょうか。 他社からの借入があると審査に影響を及ぼしてしまうことがあります。今回は主にカードローンについ...

利用が銀行カードローンだけ

銀行系カードローンの審査では、消費者金融からの借入を下に見る傾向にあります。

銀行の審査担当者は「消費者金融からお金を借りるくらいだから、よほどお金に困っているのだろう」と見做す傾向にあるようです。

このため、銀行系カードローンに申し込み時の他社から借り入れでは消費者金融からの借入がなく、銀行系カードローンの借入が1本程度で、返済に遅れがない状況であれば審査に通過できる可能性は高くなります。

消費者金融のカードローン審査では、銀行系カードローンの借入はそれほど気にしません。

銀行系カードローンだけの借り入れが12本で返済の遅れがないのであれば、消費者金融から借りることができる可能性は比較的高いと言えるでしょう。

借金返済に滞りがない

既存の他社から借り入れの返済に遅れがあるのは、審査上最も悪い情報です。

審査担当者は「他社の返済が遅れているのだから自社の返済も遅れるかもしれない」と思うためです。

多重債務であってもなくても他社から借り入れで返済に遅れがある場合には審査には確実にマイナスとなります。


関連記事をチェック!

クレジットカードの遅延・延滞は信用情報機関に登録

クレジットカードを延滞した場合、信用情報機関に影響はあるのでしょうか? また、信用情報機関に影響があるとしたら、何日からでしょうか? 遅延の記録が載る明確な基準は無い 筆者はクレジットカード...

年収(収入)が多い

他社から借り入れが多少あっても、勤務先が上場企業であったり、公務員の場合には審査に通過できる可能性は高いと言えるでしょう。

多重債務者が最も懸念されることは、1本目が限度額に達したため2本目の借入を行い、1本目の返済を2本目のカードローンを使って行い、やがて2本目が限度額に達すると、3本目のカードローンで12本目の返済を行い、3本目が限度額が達した時点で、123本目の返済ができなくなるということです。

借金の返済を借金で行うということは、資金繰りの中でも最も借金が膨れ上がるパターンであるため、多重債務者は審査に通りにくいのです。

しかしながら、ボーナスや退職金が多い公務員や上場企業の会社員は、毎月の返済で苦しくなっても、ボーナスや退職金で一括返済を行うことができるため、多少の他社から借り入れがあっても返済に問題ないと言えるため、収入が多く属性がいい人は審査に通過しやすい傾向にあるようです。

関連記事をチェック!

借入における必要年収の基準

消費者金融や銀行から借入するにはある程度の年収がなければできないのでしょうか。 もしそうならどれだけの年収があれば希望額を借りられるのでしょう。 今回は借り入れのための必要年収について説明...

他社借入件数が少ない

前述したように、他重債務者でないことは許容される他社から借り入れの1つの条件になります。

消費者金融でも銀行系カードローンでも他社から借り入れが多いということは審査上何もプラスにはなりません。

そのため、属性がそれほどよくない人の場合には、他社から借り入れは1本程度に留めておいたほうが新規借入の際には影響が少なくて済むようです。

関連記事をチェック!

他社借入件数とは

消費者金融カードローンに申し込むときに考えてしまうのが、他社の借入件数をどこまで書けばいいのか、審査に影響しないのか、ですよね。 そもそも他社借入には何が含まれるのか 他社借入は審査に...


関連記事をチェック!

他社借入件数が4件以上でもキャッシングは可能?

他社借入件数が4社ある。債務不履行一歩手前ではないですか?急にお金が必要になったら5社目に申し込むのは危険です。 借金を借金して返すことくらい無駄なことはありません。借金は一向に減らず永遠に借金...

住宅ローン,自動車ローンは審査影響なし

カードローンの審査の際に、住宅ローンや自動車ローンの借入があっても、カードローン審査そのものにはそれほど影響しません。

カードローン審査において最も影響を受けるのは、カードローンやフリーローンのように無担保でお金の使い道が決まっていないローンです。

住宅ローンには担保がありますし、自動車ローンは無担保ですが対価となる自動車を購入しています。

このようなローンの場合にはたとえ返済が滞ったとしても自動車を売却してローンの返済に充当することができるため、銀行にとってリスクが低いためと言われています。

カードローン審査の際に影響を与える借入は銀行や消費者金融からの使い道自由なカードローンやフリーローンです。

まとめ


他社借入件数

大手消費者金融なら他社借入件数は4社
銀行カードローンは他社借入件数は3社が限界
4件以上の借入は、中小消費者金融かおまとめローンを検討する

他社借入金額

他社借入金額が年収の1/3を超えている場合、銀行カードローン
なお、年収の1/2を超える場合は、借入はほぼ厳しい。債務整理を行うのが良い。

カードローンの増枠

返済をしっかり行っている場合、他社借入を行うより、増枠を狙うのもよい。

返済をまず第一に考えよう

基本的なことを書きますが、お金を借りる時に先ずは返済の事を考えないとお先真っ暗です。これは逆算をしてお金を借りろ、ということです。

50万円借りたら、次の月から3万円ずつ返済など、お金を借りる前に計画を立てられる人は非常に強いです。逆に計画が出来ない人はお金を借りるのには向いていません。

借金は依存性が非常に高いものですので、借りて返してを繰り返す人が多いのが特徴です。

出来れば借金をしないにこした事はないのですが、人生の中でどうしてもお金が足りない時は誰しもが経験します。

審査のない金融会社は要注意です。正規業者で審査がない会社などありません。審査がない=闇金です。甘い話には必ず罠があります。ご注意ください。

この記事の執筆者

小川 馬吉
1977年東京生まれ、上智大卒。
大学時代は英文学科を専攻。
卒業後は翻訳家の仕事を一時は目指すが、刺激の強い仕事も体験してみたいと、某大手消費者金融に就職し、都内・某店舗に研修後配属される。
貸付業務で対面与信の能力に優れ、絶対に危ないお客さんにはお金を貸さない頑固な性格を持つ。
裁判業務にも精通しており、霞が関までの通勤定期を会社から渡されていたほど。
多い時は週5日裁判所に通う事も。
消費者金融問題全般に強く、現在はフリーライターとして、金銭問題の諸問題に対応している。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

コメントを投稿できます!

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 【大至急】明日までにお金が必要!

      理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

    2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

      どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

    3. 消費者金融会社一覧

      日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

    4. 2社目,3社目キャッシングOK!他社借入ありでも借りれるカードローン 

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    5. どうしても100万円借りたい!借りる方法【消費者金融と銀行の金利比較】

      早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談