滞納の履歴があるとカードローンやクレジットカードが作れない!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

たとえ長期滞納でなくても短期の滞納の履歴があるだけで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちてしまうことがありますよ。

金融機関にとって契約通りに返済しない人は、悪質な利用者と判断されます。

審査に落ちるのは何も金融事故を起こした人だけではないことを、知っておく必要がありますね。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 滞納をしてしまっている人
  • ローンの審査で滞納の履歴が気になる人
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

滞納履歴は信用情報機関に登録される


Yahoo!知恵袋に、以下のような質問が投稿されていました。

携帯電話の料金を滞納し、3回ほど携帯が止まってしまいました。信用情報はどうなるのでしょうか。
(中略)
自分で引き起こしたことですので、反省しており、今後はそのようなことのないよう致します。
なお、機種代分割となっていましたのでこのような質問をさせていただきました。詳しい方がいらっしゃいましたらご教示願います。

「返済や支払いを滞納すると信用情報に記録される」ということを聞いたことがある人は多いと思いますが、上掲した質問にあるような携帯電話料金の滞納も記録されてしまうのでしょうか。

信用情報機関に登録される滞納履歴に関して、説明していきましょう。

お金に関わる契約内容は全て記録されている

個人信用情報機関はお金に関する契約の内容を記録保存しており、カードローンやクレジットカードに申し込んだ人が、過去にどのような契約を行い、どのように返済してきたのかが記録されています。

もちろん過去の情報だけでなく、現在進行形で借り入れている情報や各種ローンの契約、および返済状況、カードローンの借り入れ件数や金額なども登録されています。

他にも長期滞納や任意整理や自己破産などの債務整理情報も、金融事故情報として信用情報機関に登録されています。

先ほど質問にあった携帯電話の割賦払いに関する情報も、もちろん信用情報機関に登録される類の情報であり、お金に関わる契約内容はすべて記録されていると言っても過言ではありません。

金融機関は信用情報機関から情報を入手する

銀行や消費者金融・クレジットカード会社などは、申し込みを受ければ必ず信用情報機関から申し込み者の個人情報を入手します。

契約するにあたって信用がどのくらいあるのか、契約しても良いのか、お金を貸し出すとしたらいくらまで貸して良いのかなどの、審査の参考にするんですね。

特に住宅ローンのような融資金額が大きなローンの契約では、信用情報に登録されている内容は非常に重要です。

分割払いしている借金の返済状況やクレジットカードの返済状況なども、返済が行われるたびに信用情報機関に登録することが義務付けられていますので、利用履歴は全てまるわかり状態です。

もし返済滞納があったら、その情報も履歴として信用情報機関に登録されてしまうので、審査においてマイナス要因となるでしょう。

関連記事をチェック!

199view

消費者金融の延滞でブラックリストに載る期間は?

根も葉もない噂として消費者金融からお金を借りるとブラックリストに載るとか、1日でも延滞するとブラックリストに載るなどと流れています。しかし消費者金融からお金を借りてブラックリストに載るわけではありませ...

消費者金融の延滞でブラックリストに載る期間は?

長期返済滞納は金融事故情報


一般的に、3カ月以上の長期返済滞納は金融事故情報として信用情報機関に登録され、カードローン審査やクレジットカードの審査では審査落ちの原因になります。

長期滞納返済しても滞納解消すればすぐに情報は消えるのではないか、と考えている人もいるかもしれませんが、残念ながらそう簡単には滞納情報は消えません。

消費者金融が利用する信用情報機関に、日本信用情報機構(JICC)がありますが、JICCでは返済滞納解消から1年でデータは削除されます。

しかし金融事故情報として登録された情報は、他の信用情報機関、たとえば銀行が利用するKSC、クレジットカード会社が利用するCICにも速やかにデータ共有されてしまいます。

たとえJICCの滞納情報が削除されたとしても、KSCやCICでは5年間金融事故情報として登録され続けます。

カードローンの申し込みには関係ないのでは?と考えるかもしれませんが、これまた残念ながら、金融事故情報は3つある信用情報機関すべてにデータ共有されます。

JICCからデータが消えたとしても、KSCやCICから逆流入の形で金融事故情報が戻ってきてしまうのです。

したがって、長期返済滞納によって金融事故情報として登録された以上は、滞納解消をしてから最低でも5年間は残ると覚えておきましょう。

もちろん金融事故情報ですから、カードローン契約やクレジットカードの申し込み、各種ローンの申し込みにおいて審査には不利になります。

とくに無担保無保証の貸付になるカードローン契約や、クレジットカード契約には大きな影響を与えてしまい、審査に落ちる可能性が高くなりますよ。

関連記事をチェック!

15357view

CIC、JICC、全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

  業者ごとに加盟する信用情報機関が違う 一部の情報は3つの機関で共有している 信用情報機関に登録されている情報は個人で照会できる 日本で「信用情報機関」というと、CIC...


関連記事をチェック!

8529view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

長期返済滞納が金融事故情報となるまで


当然ながらカードローンの支払いやクレジットカードの支払い、および各種ローンの支払いにおいて返済滞納となったら、必ず契約者に対して金融機関から連絡が来ます。

しかし、連絡が来ても一向に返済しないなど放置してしまうと、電話連絡やメールでの連絡だけでは済まなくなり、督促状の発行や催告書の発行を手順を踏んで行われてしまいます。

当然返済滞納すれば、カードローンの利用やクレジットカードの利用は停止されてしまいます。

停止されたらすぐに返済すれば、再び借り入れやショッピングをすることができますが、無視し続けてしまうと前項でご説明したように、金融事故情報として信用情報機関に登録されてしまいます。

返済滞納が金融事故情報になるまで3カ月も猶予があるのですから、金融機関からメールや電話で返済に遅れている旨の連絡があったら、絶対無視してはいけません。

どうしても返済できない場合はいつなら返済できるのか、今度の給料が入ったら返済できるとか、ボーナスが入ったら返済できるなど、1カ月を超えない範囲で支払い期限を延長してもらいましょう。

ただし支払い延長してもらってもカードの利用を停止されてしまいますし、返済に遅れた分だけ延滞金を支払わなければならないなど、デメリットは続きます。

関連記事をチェック!

4108view

信用情報機関にクレジットカードやローンの滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損害金...

強制解約や利用停止になった場合のリスク

カードローンやクレジットカードの支払い・返済を長期間滞納したままだと、利用停止処分を経て強制解約されてしまう可能性もあります。

利用停止の段階であれば、まだ信用情報に事故情報が登録されない可能性もありますが、強制解約までいってしまうと確実に信用情報に登録されてしまいます。

また、利用停止の場合はきちんと支払い・返済を行って再び利用できる状態にしてもらえれば、引き続き利用できますが、強制解約の場合はそうはいきません。

強制解約されてしまった金融機関に、もう一度同じ金融商品の申し込みを行ったところで審査に通らないであろうことは、想像に難くないですよね。

かと言って他の金融機関に申し込みを行おうとしたところで、信用情報に強制解約の情報が登録されている以上、他の金融機関でも審査通過は難しいでしょう。

利用停止も強制解約もそれぞれでリスクはありますが、強制解約になってしまった場合のリスクのほうが圧倒的に大きいので、強制解約までには至らないようにしたいですね。

短期間の返済滞納履歴も審査に関わる


たとえ長期返済滞納とならなくても、短期間の返済滞納でもしっかり履歴として信用情報機関に残ります。

返済期日から1日でも遅れ、他の金融機関がカードローンの申し込みなどで信用情報機関にアクセスすれば、「この人はまだ支払っていない」とバレてしまいます。

返済期日通りに支払わない人は信用を置くことができないとして、カードローン等の審査に影響を与えるのは必至ですし、保険契約の場合は保険料の設定が高めになってしまう可能性があります。

借り入れの契約や各種ローンの契約は、文字通り契約ですから、契約を守らない人から借り入れの申し込みやローンの申し込みがあっても、「また返済滞納するのではないか」との烙印を押されてしまいます。

そんな人とは契約したいとは思いませんよね。

3カ月以上の長期滞納をしなければ良いというわけではありません。

金融機関によっては、1年に3回以上返済滞納した場合に金融事故として登録することがあります。

これは他の金融機関に対して、「この人と契約しても期日通りに返済してくれませんよ」と注意喚起をしているわけですね。

関連記事をチェック!

10300view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

返済滞納履歴になるローン契約


すでにご説明の通りですが、信用情報機関に登録される滞納の履歴は、カードローンの滞納だけではありません。

クレジットカードの支払いや、自動車ローン・ショッピングローン・目的ローン・奨学金など、お金に絡む契約は全て情報として登録されます。

意外に盲点になるのが、携帯端末機器代を含んだ携帯電話料金の支払いですね。

携帯端末機器代は一括払いで支払えば、電話料金を滞納しても信用情報機関に何も登録はされません。

しかし、携帯端末機器代を携帯電話料金の中に含めて分割で支払っている場合は、ショッピングローンで家電製品などを買ったのと同じです。

端末機器代を分割しているのは携帯電話会社ではなく、携帯電話会社と提携している割賦販売業者です。

割賦販売業者は、信用情報機関のCICに加盟しています。

クレジットカードを新規に申し込む場合は、必ずCICの個人信用情報を取得しますし、キャッシングをする場合はJICCの個人信用情報を取得します。

携帯電話料金を滞納して履歴がCICに残ってしまえば、少なくともクレジットカードの契約や各種ローンの契約審査には、不利となってしまいますね。

携帯電話の契約は、各種ローンの契約の中でも最も審査が甘いと言われています。

しかしCICに登録されている滞納の履歴があると、携帯電話さえ契約できなくなることにもなってしまいます。

たかが携帯電話料金と、バカにしてはいけませんね。

もちろんカードローンの返済滞納履歴もJICCに登録されますので、カードローン会社が定期的に行う途上与信によって滞納履歴があまりにもある場合は、カードローンの利用が停止されてしまうこともあるのです。

何しろ信用情報機関の情報は、加盟している金融機関ならどの金融機関でも見ることができ、審査を行う上で必要な情報なのです。

たとえ短期滞納だとしても、繰り返してしまうと金融事故情報となってしまうことがありますので、必ず契約通りに返済期日までに返済することを忘れてはいけませんね。

関連記事をチェック!

4297view

【馬太郎はブラックリスト?】JICCの信用情報を開示する方法と見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 最初に、JICCへの開示申請は以下の...

奨学金の滞納が増えている


ニュースでも時折取り上げられているように、奨学金の滞納が増えているようですね。

奨学金は銀行や消費者金融のように取り立てが厳しくなく、つい返済滞納をしてしまいます。

しかし、奨学金も返済滞納を繰り返してしまえば金融事故情報として登録されてしまい、金融機関から警戒されてしまいます。

もちろん長期返済滞納は、即金融事故です。

そうなったらどうですか?

カードローンでお金を借りることはできないし、クレジットカードも作れない、自動車も現金で買わなければならないなど、不便な生活を強いられてしまいますよね。

カードローンでお金を借りたこともないしクレジットカードも使ったことはない、としても奨学金の返済を滞納しただけで、アナタはブラック認定されてしまうのです。

奨学金の滞納履歴は、銀行が使用する信用情報機関KSCに登録されてしまいますので、銀行からの借り入れは一切できなくなってしまいますね。

もちろん銀行だけではなく、消費者金融やクレジットカード会社にもデータが共有されてしまい、お金が絡む契約は全てできなくなってしまう恐れもあります。

関連記事をチェック!

41828view

ブラックでも借りれる消費者金融ランキング【誰でもOK?】

「ブラックの自分でも借してくれる消費者金融はどこかにないかな」そんな風にお困りの皆さん、ようこそ。 「中小消費者金融が借りやすいらしいけど、数が多すぎてどこ借りればいいのかよくわからない…」そんな悩...

滞納の履歴はどのくらい残る

返済や支払い滞納の情報が信用情報機関に登録されている間は、金融関係の契約において不利になるということは、滞納の履歴がどれくらいの期間残るかが重要ということでもあります。

滞納の履歴が残る期間について、説明していきましょう。

信用情報機関によっても期間は異なる

日本にはCIC・JICC・KSCという3つの信用情報機関がありますが、信用情報機関によって事故情報が登録される期間は異なります。

しかし先ほどお伝えしたように、それぞれの信用情報機関では情報を相互に共有しているので、1つの信用情報機関の登録期間が終わったからと言って安心するわけにはいきません。

事故情報が登録される原因によっても登録される期間が異なるので、それぞれの情報において最も長く登録される期間を、覚えておいたほうがいいでしょう。

実際の記録内容と記録期間

では、事故情報が記録される原因とそれぞれの信用情報機関での記録期間を見ていきましょう。

 CICJICCKSC
3ヵ月以上長期延滞5年5年5年
代位弁済記載なし5年5年
債務整理
(自己破産を除く)
5年5年5年
自己破産7年5年10年

この場合、たとえば自己破産で事故情報が記録される場合、JICCでは5年、CICでは7年、KSCでは10年間その情報が記録されることになります。

しかし、相互に情報をやり取りしていることを鑑みると、自己破産してしまった場合は10年間は新たに金融関係の契約情報を更新するのは難しいと、考えておくべきでしょう。

個人の信用情報をチェックする方法

信用情報を管理しているそれぞれの信用情報機関では、情報開示請求を行った個人に対して、個人信用情報開示報告書を提示しています。

各信用情報機関で自分の信用情報をチェックするための方法を、見ていきましょう。

CIC

CICでは、インターネット経由・郵送・窓口で情報開示請求を行えます。

インターネット経由で請求を行えば開示結果がすぐに分かるので、自分の信用情報の状態を急いで知りたい場合は、インターネット経由で開示請求を行うのがおすすめです。

インターネット経由・郵送で開示請求を行う場合の手数料は1,000円ですが、窓口で開示請求を行う場合の手数料は500円です。

CICの窓口は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡にしかありませんが、窓口に直接行ける場合には、窓口で請求を行ってもいいでしょう。

自分の信用情報をチェックしてみることで、思わぬ発見があるかもしれません。

JICC

JICCでは、スマートフォン・郵送・窓口で情報開示請求が行えます。

インターネット経由で情報開示請求を行う場合、専用のアプリをダウンロードしなければならないため、パソコンでは情報開示請求が行えません。

スマートフォン・郵送で開示請求を行う場合の手数料が1,000円で、窓口で開示請求を行う場合の手数料が500円なのは、CICと同じですね。

ただし、JICCの窓口は東京と大阪にしかないため、窓口で開示請求を行える人はCICよりも少ないでしょう。

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の情報開示請求の方法は、郵送による申し込みのみで、手数料は1,000円です。

全国銀行個人信用情報センターは東京に事務所の窓口を構えていますが、事務所に足を運んでも情報開示は行ってもらえません。

審査が不安だけど緊急でお金が必要なら・・・

クレジットカードの支払いを滞納してしまいそうな場合は、カードローンなどを利用して緊急で融資を受けるのも1つの手です。

しかし、カードローンに申し込んだところで審査落ちになってお金を借りられなければ、何の意味もありません。

属性や信用情報が不安で、大手消費者金融や銀行カードローンに申し込んでも審査通過できるかどうか分からないという場合は、中小の消費者金融を検討してみましょう。

中小消費者金融は、大手消費者金融や銀行カードローンと比べると審査基準が緩めなので、属性等に不安を抱えている人でも審査に通過できる可能性が十分あります。

融資条件はそこまで優れているわけではない場合が多いですが、どんな条件での融資であれ、必要な時にお金が借りられるというのは、非常に助かることです。

お金を借りて無事支払いを行った後は、できるだけ速やかに返済を行えるようにしましょう。

滞納の履歴は百害あって一利なし


たとえどんな小さなローン契約でも、必ず信用情報機関に登録されているということを覚えておいてください。

そして絶対に、返済滞納はしないようにしてください。

カードローンでお金を借りることができないだけではなく、携帯電話も契約できないとなってしまったら、生活不便この上ないですよね。

カードローン会社やクレジットカード会社のグループ企業にアパートの保証会社があったら、金融事故情報は共有されてしまいアパートの契約にも影響してきますよ。

アパートも借りることができない、となったらそれこそ最大の危機ですよね。

返済滞納は生活が不便になるだけではなく、何もメリットがないことを十分に承知しておいてください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)