マル経融資条件と審査落ちしない方法を徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

事業資金を借りたいと考えている社長さんは、マル経融資をご存知でしょうか?

事業資金は何も銀行からしか借りることができないわけではありません。

国の融資機関である日本政策金融公庫でも事業資金の融資を受けることができます。

その中でも、マル経融資は特に低金利の融資として知られています。

資金繰りに頭を悩ませている社長さんは、銀行融資だけでなく、日本政策金融公庫の融資、特に金利のメリットが大きいマル経融資についても理解を深めておいて損はありません。

この記事では、マル経融資の概要と、マル経融資の審査について徹底解説を行います。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

マル経融資とは

そもそもマル経融資とは、どのような融資制度なのでしょうか?

また、日本政策金融公庫の他の融資制度とはどのように異なるのでしょうか?

日本政策金融公庫の融資制度

マル経融資とは、日本政策金融公庫の融資制度の1つです。

日本政策金融公庫は、基本的に無担保・無保証で融資を行っています。

銀行が中小企業向け融資を行う際に使用することが多い、信用保証協会は企業ごとに保証限度額○○万円と保証限度額が決められています。

このため、複数の金融機関に申込を行っても、使用する保証協会は同じですので、信用保証協会の保証限度額を使い切ってしまった時点で、どこの銀行や信用金庫であろうと融資を受けることが難しくなります。

しかし、日本政策金融公庫の融資は無保証ですので、信用保証協会とは関係ありません。

このため、銀行や信用保証協会とは別枠で融資を受けることができるというメリットが日本政策金融公庫の融資には存在します。

この中でも、マル経融資は最も金利が優遇された融資であるといえます。

もちろん、無担保・無保証です。

日本政策金融公庫のメリットを以下にまとめました。

①無担保・無保証

②銀行や信用金庫が使用する信用保証協会の保証限度額とは別枠で融資を受けられる

③公的融資機関であるため金利が低い

商工会議所の推薦が必要

マル経融資は日本政策金融公庫の融資制度の中でも特に金利が優遇された借入です。

通常、日本政策金融公庫の窓口に行けば、様々な融資制度への申込を行うことができます。

しかし、マル経融資はいきなり日本政策金融公庫の窓口にいっても申し込むことは不可能です。

必ず、商工会議所の推薦を得なければなりません。

マル経融資の申込の流れは以下のようになっています。

①事業者が商工会・商工会議所の経営相談員に経営指導を受ける

②事業者が経営相談員に推薦依頼を上げる

③商工会・商工会議所の審査会が審査を行う

④商工会・商工会議所が日本政策金融公庫へ推薦を上げる

⑤日本政策金融公庫が審査を行う

⑥事業者へ融資を行う

つまり、申込の窓口は日本政策金融公庫ではなく、商工会議所になります。

また、経営指導を受けるといっても、1回指導を受けるだけでは指導を受けたことになりません。

原則6か月以上指導を受ける必要があり、日本政策金融公庫だけでなく、商工会議所の審査会の審査も受ける必要があるためマル系融資には時間がかかります。

マル系融資の概要

マル系融資の融資限度額や、金利などはあらかじめ決められたパッケージ商品となっています。

融資制度の概要は以下の通りです。

特に融資対象者については、他の融資制度と異なるため、よく理解しておきましょう。

融資金額

融資金額は2,000万円までとなっています。

少し少額な気もしますが、小規模事業者を融資対象としている制度であるため、実際には数百万円の融資となることが多いようです。

金利

金利は2017年11月現在で1.11%です。

地方自治体の制度資金では、1%半ばから2%半ばの金利であることが一般的ですので、金利的なメリットはかなり大きいといえます。

また、金利は金利情勢によって変動があるため、今後金利は変動する可能性があります。

融資期間

マル経融資の融資期間は、

  • 運転資金7年
  • 設備資金10年

となっています。

融資期間についても、地方自治体の制度資金と同程度の期間が設定されているといえ、平均的な期間でしょう。

必要書類

マル経融資の申込に必要な書類は以下の通りです。

  • 直近3期分の決算書または確定申告書(決算後6ヶ月以上経過の場合は最近の残高試算表)
  • 法人税・事業税・法人住民税の領収書または納税証明書
  • 商業登記簿謄本(法人の場合)
  • 見積書・カタログ等(設備資金の申込の場合)

これらの書類は必ず必要になる書類で、審査の際には日本政策金融公庫指定の書式の事業概況書類などを別に提出する必要があります。

書類については銀行で融資を受ける際と大きくは変わりません。

関連記事をチェック!

78view

日本政策金融公庫からの借入れに必要書類として何が必要?

事業をこれから始める、もしく事業を始めたばかりなど、実績がほとんどない状態では銀行からの借入れは困難です。 しかし、日本政策金融公庫は地方そして日本の経済を担っている、中小企業の融資に力をいれている...

マル経融資の融資対象および条件

マル経融資を利用するためには商工会議所や商工会の推薦が必要となる以外にも、満たさなくてはならない条件があります。

<融資の対象>

事業規模商業・サービス業
(常時使用従業員5名以下)

製造業・その他の業種
(常時使用従業員20名以下)


※法人役員、家族従業員、パートタイマーは除く
営業年数最低1年以上、同一会議所または商工会の地区内で事業を営んでいる
納 税期日が到来している所得税、法人税、事業税、住民税、消費税などの税金を完納している
業 種日本政策金融公庫の対象業種
経営指導原則として6ヶ月以上、商工会議所または商工会の経営指導を受けている

次に、借りることができる条件や金利などの条件を紹介していきます。

<融資の条件>

融資限度額2,000万円
返済期間(うち据置期間)運転資金:7年以内(1年以内)

設備資金:10年以内(2年以内)
利率(年)【特利F】1.11%
(平成30年2月9日現在)
担保・保証人不 要

震災関連のマル経概要

東日本大震災や熊本地震に関連の概要について紹介していきます。

<東日本大震災関連>
利用対象者被害証明書等を受け、商工会議所等が策定する小規模事業者再建支援方針に沿って事業を行う商工業者であって、岩手県、宮城県または福島県内に事業所を有し、事業活動を行う方
融資限度額通常の融資額(2,000万円)
+別枠1,000万円
利 率当初3年間:特利F-0.9%
(別枠の1,000万円以内)

4年目以降:特利F
<熊本地震関連>
利用対象者

被害証明書等を受け、商工会議所等が策定する小規模事業者再建支援方針に沿って事業を行う商工業者であって、次のいずれかに該当する方

  • 直接被害を受けられた方熊本県内に事業所を有し、当該事業所が熊本地震により直接被害を受けられた方
  • 間接被害を受けられた方直接被害を受けられた方と一定の取引がある方
融資限度額通常の融資額(2,000万円)
+別枠1,000万円
利 率
  • 直接被害を受けられた方
    当初3年間:特利F-0.9%
    (限度額1,000万円以内)
    4年目以降:特利F
  • 間接被害を受けられた方
    当初3年間:特利F-0.5%
    (限度額1,000万円以内)
    4年目以降:特利F
利子補給の支援制度もある

マル経融資には負担する利子に対して市などが補給してくれる制度があります。

例えば、青森市の場合には平成26年4月1日以降にマル経融資を受けた方について、1回目から12回目までの支払利子(融資額1,000万円以内の額に係わる利子を上限)を補給しています。

通常でも低金利なマル経融資なのですが、地域によってはこのような制度でさらに有利に資金調達することができます。

 

マル系融資の審査

マル経融資の審査概要は以下の通りです。

基本的には、他の融資制度と同じように、決算書の内容から、成長性、安全性、必要資金か否かなどの審査を行いますが、マル経融資独特の審査基準も存在します。

商工会議所の推薦が絶対条件

マル経融資は商工会議所の推薦が絶対に必要になります。

原則6か月以上の経営指導を受けて、経営改善に真剣に取り組んでおり、返済に問題がないと判断されれば推薦を得ることができます。

経営指導と聞くと、堅苦しいイメージを持つ方も少なくないかと思いますが、経営指導は全く難しくありません。

2か月に1回程度、経営指導員が会社を訪問し「業況はどうですか?」などと尋ねる程度のものです。

原則6か月ですが、早い場合には4か月程度で推薦をくれる場合もあるようです。

業績と今後の予測

日本政策金融公庫にも審査は存在します。

業況と今後の予測を記述して提出し、返済に問題がないと判断されれば審査には通過できます。

基本的に、商工会議所の審査会で1度審査を経ているため、日本政策金融公庫の審査自体はそれほど厳しいものではないようです。

推薦があればハードルは低い

マル経融資がなぜ金利が他の融資制度と比較して低いかといえば、他の融資制度との金利差分は国から税金で毎年下りてきているためです。

年間40億円ほどマル経融資の利息補助の予算が下りてきているといわれています。

このため、商工会議所も日本政策金融公庫もこの40億円を使い切ってしまわないと翌年から予算が削られてしまう可能性が高くなります。

したがって、商工会議所にはマル経融資のノルマが存在するといわれています。

つまり、商工会議所にとってもマル経融資は融資したい商品なのです。

よほど業況がめちゃくちゃで返済するための利益がないという会社はともかくとして、毎月の返済ができる程度の資金繰りができている会社であれば、実態としてマル経融資の推薦を受けることはそれほど難しくないといえます。

また、日本政策金融公庫も商工会議所の推薦さえあれば、マル経融資の融資に応じてくれる可能性は非常に高いといえます。

関連記事をチェック!

256view

日本政策金融公庫が借りやすいという評判は本当!?

事業性資金の融資を相談するにあたって、よく銀行と比較される日本政策金融公庫ですが、銀行よりも借りやすいという話も耳に入ってきます。 果たしてその話は本当なのか、詳しく解説しますので一緒に学んでいきま...

日本政策金融公庫が借りやすいという評判は本当!?

マル経融資の審査に落ちる原因

マル経融資の審査に落ちてしまう原因にはさまざまな要因がありますが、まずは商工会議所や商工会の推薦を受けることができるのかが重要となります。

商工会議所や商工会の推薦は、経営指導を受けたうえで返済能力があるのか、つまり指導を受けたことで経営が改善してきているのかということが重要です。

また、実際の審査は日本政策金融公庫が行いますので、経営状況や計画書などの提出書類を詳細に作成し、それをきちんと説明することができるのかということも重要となります。

マル経融資の審査に通ることができなかった人の多くは計画書などの数値に対する根拠資料の準備不足や説明不足によるものです。

特に経費に係わる部分は審査で厳しくチェックされる部分なのですが、この部分を曖昧な数値で作成している事業者が多いです。

マル経融資を受ける中小企業や個人事業主は、経営改善を行っていますので事業内容はそれほどよくありません。

それを制度融資で支援することが目的ですので、返済能力があり、且つ計画がしっかりと立てられている人でなければ審査に落ちてしまいます。

面談時の印象が悪くても審査に落ちる

融資を申し込む場合には商工会議所や商工会、日本政策金融公庫の担当者と面談をすることになります。

ここでは資金使途に対する必要性や計画書などを事細かく聞かれることになります。

ここで必要となる金額の妥当性をきちんと伝えることができなかったり、計画書などの詳細を説明することができなければ担当者の印象は悪くなります。

支援を目的としている制度において、事業者の印象が悪ければ融資をしたいと思いませんし、きちんとした計画や現状を把握していない事業者には融資することはできません。

審査をする人も人間ですので、こういった印象も審査に影響が出てしまうということを覚えておかなければなりません。

関連記事をチェック!

849view

銀行融資の面接で気をつけることは?面談時の服装にも注意

経営者が銀行で事業融資を受けるときは、必ず担当者との面談があります。 カードローンの申込がインターネットでできる時代に、なぜ面談が必要なのでしょうか。 事業融資は個人ローンとは違う側面をも...

マル経融資の審査に通るための方法

マル経融資の審査に落ちてしまう原因を解説したところで、今度は審査に通るための方法について解説していきます。

審査に通る方法を簡単に言いますと、審査に落ちてしまうような原因を作ることなく書類の作成や面談をすることです。

ですので、提出する書類は根拠のある数値などを詳細に記載し、根拠となった資料も合わせて提出するようにしましょう。

提出の書類は少ない方が楽なのですが、根拠を示すことができなければ融資を受けることはできませんので、こういった書類は必ず提出するようにしなければなりません。

さらに、書類だけでは詳細に説明することができませんので、補足などは言葉で説明します。

言葉でも説明することでより詳細に伝えることができますし、きちんと計画などを把握していると担当者に印象付けることができます。

担当者に熱意を伝えて応援してもらう

事業者の印象を最も良くするためには、事業に対する熱意を担当者に伝えることです。

事業への熱意は立てた計画をしっかりと遂行していくためには必要不可欠なものであり、こういった事業者は返済に対する意識も高いです。

このようなことは担当者もわかっていることですので、熱意のある事業者には積極的に融資を行います。

また、熱意のある事業者であれば経営指導を受けている段階で事業が改善していることも多いですので、このようなことも合わせて担当者に伝えることができれば、比較的簡単に推薦や融資を受けることができるはずです。

関連記事をチェック!

1239view

マル経融資条件と審査落ちしない方法を徹底解説

事業資金を借りたいと考えている社長さんは、マル経融資をご存知でしょうか? 事業資金は何も銀行からしか借りることができないわけではありません。 国の融資機関である日本政策金融公庫でも事業資金の融資を...

マル経融資利用の流れ

マル経融資とは、申込めばすぐに審査が行われ、誰でも利用できるわけではありません。

所定の条件をクリアした事業者でないとマル経融資を利用することはできません。

また、その条件をクリアするためにはそれなりに時間もかかります。

ただし、時間さえかければそれほど条件をクリアすること自体は難しくないでしょう。

以下、マル経融資を利用するための条件について詳しく解説していきます。

まずは商工会議所へ相談

マル経融資とは、日本政策金融公庫が中小事業者に対して行う融資です。

しかし、マル経融資は日本政策金融公庫へ申し込みを行っても申し込みは受け付けてもらうことはできません。

マル経融資の申し込みの窓口は地域の商工会議所や商工会になります。

マル経融資は、商工会議所経由でないとお金を借りることができない特殊なローンです。

そのため、マル経融資の借入を検討している事業者の方はまずは商工会議所や商工会へ相談に行くようにしましょう。

経営相談員の経営指導を受ける

マル経融資を受けるには、商工会議所の経営指導員の経営指導を受ける必要があります。

そのため、商工会議所へ相談に行ったところで、すぐにマル経営融資を借りることができるわけではありませんし、必ずマル経融資を借りることができるわけではありません。

経営指導を受け、商工会議所から推薦状をもらうということが融資の条件になります。

経営指導の内容は?

「経営指導」と聞くと、難しい課題や、ハードルの高い経営改善を求められるのでは?と考えてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、商工会議所の経営指導の内容は、全くもって難しいことはありません。

1ヶ月〜2ヶ月に1度程度会社へ訪問する、経営指導員と会社の業況などについて話しをしていく程度の内容が経営指導になります。

具体的な数値目標を示される銀行などの経営改善などとは全く異なるため、気軽に経営指導を受けることができます。

6ヶ月の指導期間が必要

そして、マル経融資のための推薦状をもらうためには原則的に6ヶ月以上の経営指導を受ける必要があります。

そのため、マル経融資は「お金が必要」というタイミングで借りることは難しい融資なのです。

場合によっては4ヶ月程度で推薦が得られることもあるようですが、いずれにせよすぐにお金を借りるということはできません。

商工会議所から推薦を受ける

商工会議所の経営指導員から必要な指導を受けた後は、商工会議所から推薦を得ることができます。

この推薦が日本政策金融公庫へ上がると、晴れてマル経融資を借りることができるようになるのです。

日本政策金融公庫が融資

繰り返しになりますが、マル経融資は窓口になるのは商工会議所ですが、融資をするのは日本政策金融公庫です。

①商工会議所へ申し込み
②商工会議所の経営指導員の経営指導を原則6ヶ月以上受ける
③商工会議所から推薦を得る
④日本政策金融公庫から融資を受ける

という流れでお金を借りることができるのがマル経融資です。

推薦を受ける条件は厳しい?

通常の事業資金の審査では、決算書の内容からその会社の安全性や成長性などを判断してお金を貸しても大丈夫な企業かどうかを判断します。

しかし、マル経融資だけは審査のプロセスが全く異なる融資です。

マル経融資の審査の材料は商工会議所からの推薦を得ることができるかどうかです。

そのため、お金を借りることができるかどうかは、商工会議所の推薦に左右されるのです。

商工会議所の推薦を得ることは難しいのでしょうか?

結論的に言えば全く難しくありません。

そもそも経営指導の内容自体が難しいものではありませんので、所定の期間経営指導を受けている事業者であればかなり高い確率で推薦を得ることができます。

ある意味、誰でも借りることができると言っても過言ではないのがマル経融資なのです。

マル経融資の金利はどのくらい低い?

マル経融資は金利が低いと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

実際にマル経融資の金利は他のローンと比較して低いと言えるでしょう。

マル経融資はあらかじめ金利や融資限度額や返済期間が決められたパッケージ商品です。

マル経融資はパッケージ商品としては非常に金利が低く、優良企業が銀行からプロパー資金を借りた時並の低い金利で融資を受けることが可能です。

金利的にメリットが非常に大きなローンですので、運転資金を借りておきたいという事業者の方は利用を検討すべきローンであることは間違いありません。

また、マル経融資は日本政策金融公庫の融資ですので保証料もかからないという特徴もあります。

金利は1.11%

マル経融資の金利は2018年8月現在で1.11%となっています。

まずはマル経融資の商品概要をチェックしていきましょう。

融資限度額:2,000万円
返済期間:運転資金7年、設備資金10年
金利:1.11%
担保保証人不要

仮にマル経融資を200万円借りて、5年間で返済していった場合の利息負担額は総額で56,400円です。

5年間200万円も借りて利息負担は総額でたったの56,400円ですので、利息の負担は非常に少ないと言えるでしょう。

1.11%は他のローンと比較して低い

1.11%は他のローンと比較しても低い金利だと言えるでしょう。

日本政策金融公庫の普通貸付の金利は2.06%~2.65%です。

その他の日本政策金融公庫の資金の金利も1%半ばから2%台というのがほとんどですので、マル経融資の1.11%という金利は他の日本政策金融公庫の融資と比較して圧倒的に低い金利ということは間違いありません。

制度資金よりも低い金利になる

中小企業が低金利で借りることができる融資として、銀行と自治体と信用保証協会が連携して商品内容を決めている制度資金があります。

制度資金も金利が低いですが、マル経融資は制度資金よりも金利的なメリットは大きいと言えます。

例えば東京都のポピュラーな制度資金である小口資金は1.9%~2.5%です。

売上減少企業に対して行う経営セーフは1.5%~2.2%となっているため、マル経融資は制度資金を借りるよりも金利が低いというメリットがあります。

保証料もかからない

銀行から信用保証協会の保証をつけて融資を受ける場合には、信用保証協会へ保証料を支払う必要があります。

しかし、マル経融資は日本政策金融公庫の融資ですので、保証料もかかりません。

金利が低いことに加えて、保証料も発生しないため、この点からもマル経融資は事業者の負担が非常に少ない有効な資金調達の方法であると言えるでしょう。

まとめ

マル経融資とは、商工会議所の推薦を得た事業者だけに特別の低金利で日本政策金融公庫が融資を行う制度です。

金利が他の融資制度よりも圧倒的に低いという点が大きな魅力ですが、商工会議所の推薦を得るためには、原則6か月以上の経営指導を商工会議所の経営指導員から受ける必要があります。

そのため、急な売上の減少や取引先との資金ギャップを埋めるための資金として利用することは不可能です。

そもそも、従業員20名以上の小規模事業者だけが融資の対象ですので、借りることができる金額は数百万円が限度というのが実態のようです。

少額融資かつ融資までに半年程度の時間がかかるという点で、運転資金としての利用場面はそれほど多くなさそうです。

むしろ、売上規模拡大のための設備投資の計画がある事業者は、投資半年くらい前に商工会議所へ相談に行き、マル経融資を受けるために経営指導を受けるという方法の方が利用場面は多いかもしれません。

いずれにせよマル経融資の金利は他の融資と比較してかなりの低金利となっていますので、ぜひ活用したいところです。

関連記事をチェック!

1634view

日本政策金融公庫の融資審査基準は本当に甘い!?

日本政策金融公庫とは 日本政策金融公庫とは、中小企業や個人事業主の資金繰りを助けるために、国が設置した財務省所管の特殊会社です。 国の所管ですので、銀行などから融資を受けられなくなった中小事業...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-02-11 10:41:17

    こんにちは。
    不動産はありますか?
    あるなら担保融資ができますね。
    事業資金を借りることを前提に、日本政策金融公庫に申し込んでみましょう。

  2. 吉川由紀浩さん|2019-02-08 18:41:56

    個人事業主になりたくて退職しました。
    当てにしていた退職金も娘の就職時期と重なり
    ほとんど使い切ってしまいましま

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談