馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

信用情報機関が管理する情報~CRIN,FINEで情報共有~

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

皆さんこんにちは、馬三郎です。

以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。

関連記事をチェック!

【馬三郎と馬太郎が】プロミスに申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回、私はとある事情でお金が必要となりカードローンを利用することにしました。 そこで、特徴的なテレビCMでおなじみの消費者金融プロミスに私と馬太郎が申し込ん...

関連記事をチェック!

【馬三郎が】福邦銀行カードローンに申し込みしてみた

どうも皆さん、馬三郎です。 今回は福邦銀行のカードローン「ベスパスタンダード」に申し込んでみました。 今度こそ審査を通過することはできたのでしょうか。 ベスパスタンダードに申し込んでみた...

自分にはお金を借りるだけの信用がないと言われているのと同じですから、結構ショックでしたね。落ち込んでしまい夜も寝られませんでした。しょうがないのでその分仕事中に寝ています。

在籍年数の短さが審査に落ちた原因なのでしょうか。しかし先日、各個人ごとに信用情報というものがあり、金融機関はそれを審査の判断材料に使用すると知りました。

もしかしたらそこに何か問題があるのかもしれないと思い、信用情報について調べてみました。

信用情報は過去の金融取引の記録

信用情報を簡単に表現すると、主に消費者金融や銀行などの金融機関と過去に行った取引のデータです。

クレジットカード、ローンの契約や支払いなどの情報は金融機関から信用情報機関に登録され、それを別の金融機関は参照することができます。

つまり信用情報機関を通じて情報を共有しているということです。

そして参照した信用情報と、申し込み時に入力した内容をもとにして審査を行います。

私はこの信用情報が審査不通過の理由なのではないかと考えたわけです。

信用情報機関の役割

信用情報機関の役割は個人が銀行や消費者金融業者、及びクレジットカード会社を利用する際の与信判断として情報提供することです。

クレジットヒストリーを見れば申込者の借入状況や、返済状況を照会することができます。

クレジットカードであればショッピングに利用したのかキャッシングに利用したのか、返済に遅れはないか、頻繁に金融機関に対して繰り返し申し込みをしていないかなどが分かります。

金融機関はクレジットヒストリーを参照して、申込者にどの程度信用力があるのか格付けを行います。信用情報に特段悪い情報がなければ金融機関は個人とお金に関する契約をすることになります。

しかし今まで一度も情報を登録されたことのない人は、信用情報機関に照会しても「該当なし」と表示されるだけで、金融機関にとっては審査ができない困った状況になってしまいます。

申し込み個人の年齢によってはクレジットヒストリーがないこともあります。

その場合カードローンであれば借入申込書に書いてある内容を精査し、本人確認や在籍確認などによって格付けを行わなければなりません。

一般的に30歳に達してもクレジットヒストリーがないと、信用力を判断することができないためカードローン審査などに落ちてしまう原因にもなります。

新社会人など若い年代層であればクレジットヒストリーが全くない状態でも、身元や勤務先などがはっきりしていれば、それほど審査に影響を与えることはありません。

信用情報機関に加入している会員は個人から金融機関に対して申し込みを受ければクレジットヒストリーが形成されるため、必ず変更や新規登録を行います。

個人情報だから登録しないで欲しいと個人が拒否することができません。

信用情報機関の歴史

信用情報機関が設立されたのは1980年に入ってからのことで、それほど歴史が古いわけではありません。

信用情報機関が無かった頃の信用格付けは、金融機関が独自に持っている全顧客データをデータベース化して利用していました。

借入申込者と同じような類型データを抽出して、貸し倒れリスク一定の数式を利用し算出していたのです。

また本人の属性を調べることで信用力を格付けする古典的な方法も多用していたため、職業によって信用力を判断することや、年収を予測することで契約を行いました。

信用力が足りない場合は連帯保証人を立てること、及び不動産などを担保に取る方法で貸付を行っていました。

しかし消費者金融業界やクレジットカード業界の発達に伴い、今までの信用格付け判断方法では不十分となる場面が多く発生するようになってしまいました。

不良債権になった場合、連帯保証人や不動産などの担保があれば比較的容易に債権を回収することは可能でした。

しかし申込者の申告による他社借入額をそのまま信用したために、貸し倒れが多く発生し、金融業界は混乱するに至りました。

そこで初めて信用情報機関の必要性が論じられることになり、客観的に信用力を格付けすることができるように信用情報機関が設立されたのです。

信用情報は3つの機関で管理されている

これらの信用情報は経済産業省が指定する信用情報機関で管理されています。

日本で信用情報を管理している機関は、以下の三つがあります。

  • CIC
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA)

金融機関ごとに利用する機関が違う

金融機関が信用情報を登録、参照すると説明しました。

しかし、金融機関が全ての信用情報機関を利用しているわけではありません。

金融機関によって加盟している信用情報機関が異なります。

延滞などの一部の情報は3機関で共有されていますが、登録や参照できるのは加盟している信用情報機関だけです。

代表的な金融機関がどこの信用情報機関に加盟しているか紹介します。

CICJICCJBA
プロミス
SMBCモビット
アイフル
アコム
新生銀行レイク
みずほ銀行
auじぶん銀行
ソニー銀行

全国銀行個人信用情報センター(JBA)は名前からも分かる通り銀行系が利用し、CICは主に消費者金融系が利用するなど機関ごとに傾向があるようです。

違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事をチェック!

CIC,JICC,全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

業者ごとに加盟する信用情報機関が違う 一部の情報は3つの機関で共有している 加盟している信用情報機関は調べられる 3つの信用情報機関、CIC,JICC,JBA(全...

金融機関が参照するときの手続き

金融機関が私たちの信用情報を参照するという事はわかりましたが、信用情報というのは本来、本人しか見ることができません。

かなりデリケートな個人情報ですから考えてみれば当然の事です。

なぜそれを金融機関が参照できるのかというと、実はローンやクレジットカードなどの申込み時の同意書に「信用情報を参照する」と書いてあるのです。

アコム個人情報の取扱いについて※アコム公式WEBサイトより引用

こちらはアコムの申し込み時に表示される同意書です。

確かに信用情報機関に登録されている情報を利用すると書かれていますね。

ですので、同意書にサインすると申込み者の信用情報を参照することができるのです。

この同意書をもとに金融機関は信用情報機関へ申請をし、信用情報が提供されます。

信用情報の参照方法※CIC公式WEBサイトより引用

何が登録される?

信用情報に登録される情報は大きく分けると以下の種類があります。

  • 申込み
  • 契約
  • 借り入れ
  • 返済
  • 分割払い
  • 債務整理

これらに関することが記録として残るのですが、これだけではよくわからないと思いますのでどんなときに何が登録されるのか、私、馬三郎を例に挙げながら詳しく説明したいと思います。

カードローンに申し込んだら登録される

申込み

利用者の行動信用情報の動き

カードローンの申込み

  • 個人情報(氏名、住所、電話番号など)
  • 申込み内容(商品、金額、支払い回数など)

をカード会社のホームページ等で入力し、申込む

個人情報、申込み内容、日付が登録される

保存期間:6ヶ月

金融機関が信用情報機関から参照し、審査を行う

今まで紹介したように私はプロミスや福邦銀行(フクホー)にスマートフォンでカードローンの申し込みをしました。

実はこの段階ですでに信用情報が登録されていたそうなのです。

申し込み時に入力した氏名や住所等の個人情報、希望額などの申し込み内容が会社を通じて信用情報機関に登録されます。

カードローンだけでなくクレジットカードや自動車ローンも、申込みを行っただけで、その情報が6ヶ月登録されます。

何に申込んだかや、その金額支払い回数の希望も入力した内容はほとんど登録され、参照することができます。

一度に複数の申込みをすると良くないと聞いたことがあるかも知れませんが、申込みをしたことがが他社にわかってしまうという理由があったのです。

そしてこの段階で金融機関は馬三郎の信用情報を加盟している機関に提供申請を行っていたと思われます。

申込み情報はここに記載される

※信用情報票の申込み情報を囲う

※ここからは馬三郎の仮のお話です。

カードローンと契約したら登録される

契約※横浜銀行カードローン契約書より引用

利用者の行動信用情報の動き

カードローンの契約

  • 個人情報(氏名、住所、電話番号等)
  • 契約内容(支払い回数、限度額、契約終了予定日、商品、契約会社等)

といった項目を契約書に記入する

個人情報、契約内容、契約日が登録される

保存期間:解約から5年

無事に審査に通過した私はカードローンの契約を結びました。

もちろんこの時の契約内容も信用情報機関に登録されます。

個人情報の内容は申込み時と変わりありませんが、申込み時が保存期間6ヶ月なのに対し、契約時は解約から5年間保存されます。

契約を行った日付や会社名、限度額等、契約内容に関することが契約を結んだ時点で記録されます。

契約情報はここに記載される

※信用情報票の契約情報を囲う

カードローンから借り入れたら登録される

カードローンから借り入れたら登録される

利用者の行動信用情報の動き

カードローンから借り入れ

  • 口座への振り込み依頼
  • ATMからの引き落とし

等の方法で借り入れを行う

借り入れの日付、金額、残高が登録される

保存期間:解約から5年

カードローンを利用してATMから借り入れを行いました。

このタイミングでも信用情報は登録されます。

いつ、いくら借りたのか、私が現在どこからいくら借りているのかといった情報が解約の5年後まで登録されます。

審査のときにはかなり重視されるところなのではないでしょうか。

借り入れ情報はここに記載される

※信用情報票の借り入れ情報を囲う

カードローンの返済が遅れたら登録される

※私は延滞していません

利用者の行動信用情報の動き

カードローンの返済に遅れた

  • 支払日を忘れた
  • 口座にお金がなかった

などの理由で支払いを延滞した

延滞した日や何を延滞したか登録される

保存期間:解約から5年(JICCでは延滞解消から1年)

支払日を忘れてしまい返済を延滞してしまうという事があった場合、その事実も信用情報に登録されます。

遅れて返した場合はその日が記載されます。

この情報は審査に悪い影響を与えるので記載されることがないように注意しましょう。

万が一遅れてしまったときはできるだけ早めに返すと傷が浅くて済むかもしれません。

延滞情報はここに記載される

※信用情報票の延滞情報を囲う

カードローンに返済したら登録される

利用者の行動信用情報の動き

カードローンに返済

  • カードローンを一部返済した
  • カードローンを完済した
今までの返済金額や日付、完済した日が登録される

保存期間:解約から5年

月々の返済を行うとそのたびに返済金額と日付が返済履歴として信用情報に登録されていきます。

借り入れを完済した場合も支払いが終了した日付が記載されます。

返済をしっかりと当初の計画通りに返済したという事実は信用情報を参照する側からすると大きなポイントなのではないでしょうか。

返済情報はここに記載される

※信用情報票の返済情報を囲う

携帯電話を分割払いで購入すると登録される

携帯購入

利用者の行動信用情報の動き
携帯電話を分割払いで購入

新しい携帯電話の機種代金を分割払いで購入した

支払い状況や年間の支払予定額が登録される

 

保存期間:解約から5年

携帯電話会社が信用情報機関から参照し、審査を行う

今使っているものが古くなったので新しい携帯電話を購入しました。

私もそうなのですが、機種代金が高いので分割払いにしているという人は多いでしょう。

意外な事ですが、携帯電話会社のソフトバンクやau、ドコモも信用情報機関に加盟しているのです。

機種を分割払いで購入するためには審査を通過する必要があり、その際に信用情報を参照します。

そして、分割払いを契約を結ぶと、信用情報には年間支払予定額や支払いの履歴が記録されていきます。

借り入れと同じく、支払いの遅れも記録されますので気を付けてください。

滞納が長引いてしまい、強制的に解約させられると、その事実も信用情報に残ってしまいます。そうなると他社での契約も難しくなるので注意が必要です。

なお馬太郎も二か月連絡で携帯電話の支払いを滞納した経験があります。これが3か月連続となるとブラック認定で5年間はクレカやカードローンの申し込みは厳しかったでしょう。

関連記事をチェック!

信用情報機関が管理する情報~CRIN,FINEで情報共有~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 自分にはお金を借りるだけの信...

分割払いの情報はここに記載される

※信用情報票の割賦支払い情報を囲う

債務整理を行うと登録される

利用者の行動信用情報の動き
債務整理

  • 自己破産(三機関全て)
  • 個人再生(JICC,JBAのみ)
  • 任意整理(JICCのみ)
債務整理の有無や発生した日付が登録される

保存期間:5年(JBAは10年)

借金の負担が重い場合、債務整理を行って金額を減らせる場合があります。

債務整理も内容によっては信用情報に登録されます。

4種類の債務整理がありますが、簡単に説明するとそれぞれの内容は以下のようになります。

  • 過払い金請求:払いすぎた利息を返還してもらえる。信用情報には登録されない。
  • 任意整理:債務を減額することができる。JICCのみ登録。
  • 個人再生:家などの財産を保持したまま債務を5分の1程度に減額出来る。JICC、JBAで登録。
  • 自己破産:最低限の財産以外を手放し、債務の支払い義務を免責される。CIC、JICC、JBAで登録。

債務整理情報はここに記載される

※信用情報票の債務整理情報を囲う

信用情報に登録される内容をまとめました

信用情報が登録される行動と情報の内容を説明しました。

紹介したことを以下の表で一つにまとめましたので参考にしてください。

情報の種類項目保存期間
申込みについて
  • 個人情報(氏名、住所、電話番号等)
  • 申込み内容(申込み日、商品、申込み額、支払い回数、申し込み会社等)
6ヶ月
契約について
  • 個人情報(氏名、住所、電話番号等)
  • 契約内容(契約日、商品、支払い回数、限度額、契約終了予定日、契約会社等)
 5年
返済について
  • 過去の入金額や入金日
  • 延滞の有無、延滞したもの、延滞発生日、延滞解消日
  • 支払い終了状況
  • 借り入れ残高
 5年

(JICCは延滞については解消から1年)

 分割払いについて
  • 支払い状況
  • 年間支払予定額
  • 延滞や延滞による強制解約の有無
  • 延滞の発生日
 5年

(JICCは延滞については解消から1年)

 債務整理について
  •  債務整理(個人再生や自己破産等)の有無
  • 債務整理の発生日
 5年

(JBAは10年)

信用情報が共有されるメリット

2010年以前はそれほど盛んにデータ共有がされなかった信用情報機関は、2010年を境にして急速にデータ共有システムを強化しています 。

その理由として、個人がお金の貸し借りに関する契約を申し込んだ場合に、正確に返済能力があるのかどうか確認しなければならないからです。

とくに貸金業法が適用される消費者金融業者とクレジットカード会社に、個人に貸付することができる上限を年収の3分の1までと定めた総量規制が導入されました。

総量規制の導入の背景には貸金業者による過剰貸付の禁止、返済能力の有無の確認があります。

クレジットカード会社はカードローンの他にも、クレジットカードにキャッシング機能が付いているため、与信枠を設定しなければなりません。

与信枠は消費者金融業者で言うところの利用限度額と同じ意味となります。

キャッシング枠を与信するには消費者金融業者でどのくらいカードローンの利用をしているのか確認しなければわかりません。

同じことは消費者金融業者にも言え、利用限度額を決めるにあたってクレジットカードのキャッシング枠がどのくらいあるのかチェックしないとなりません。

万が一にでも総量規制枠を超えて契約をしてしまうと貸金業法違反となってしまい、業者にとっては非常にまずいことになります。

個人の信用力を格付けするために共有される

信用情報データが共有されることによって得ることのできるメリットは、もちろん利用者保護という立場をとってはいるものの、他ならぬ貸金業者に大きく貢献することになります。

例えばクレジットカード利用料金の支払い滞納や、カードの強制解約は信用格付けにおいてとても重要な情報です。

当然JICCに登録されている既存借入額や金融事故情報は、銀行やクレジットカード会社にとっても必要な情報です。

もちろん多重債務者をこれ以上作らないためにもCRINやFINEと言われる相互データ交流システムが必要です。

しかし金融業者が金融事故を起こした人と契約しないように、貸し倒れリスクを少なくするというのがデータ共有の大きな目的です。

個人信用情報機関の「CRIN」とは?

一般的には、クレジットカード会社、消費者金融はCIC、JICC、銀行、信用金庫などはKSCに加盟しており、審査の際には、加盟している信用情報機関に照会をかけます。

「以前、消費者金融Aで何度か延滞をしたことがある。でも、銀行のフリーローンであれば、審査には関係ないよね?」

筆者が銀行代理業に勤務している時、実際に申し込みした人から言われたことです。現在、国内にある3社の信用情報機関は、情報を共有しあっています。

具体的には、審査の肝となりうる個人の借入件数、借入金額、返済状況(遅延有無)、自己破産歴、債務整理歴などの情報となります。

3社の信用情報機関が情報を共有しあっている状態を、「CRIN」と呼んでいます。

「CRIN」の仕組みがある為、他金融機関で借入をしたり、延滞があった場合は、信用情報機関を通じて、情報が共有されます。

「CRIN」により共有される情報は、以下の通りです。

  • 個人を特定する情報(住所、連絡先、生年月日)
  • 延滞情報
  • 破産、債務整理歴

※平成27年1月以降、KSCでは自社のデータベースで持っている延滞記録をCRIN上で提供しなくなったようです。

特に消費者金融、クレジットカード会社での延滞記録は、必ず3社の信用情報機関で共有されます。

「A消費者金融での延滞記録はC銀行の審査では分からないだろう・・」とはなりません。

どのようなことでも支払い遅れがないようにしたいものです。

「FINE」とは?

意外に知られてはいないかもしれませんが、「CRIN」とは別に、CIC、JICCでは「FINE」というネットワークを通じて個人情報を共有しあっています。

貸金業者は、この「FINE」では、個人を特定する情報(氏名、住所、生年月日)、延滞情報以外に「借入残高」の情報を共有しています。

2社で借入残高の情報を共有しあうことで、貸金業法で定められている「総量規制」(貸金業者より年収の3分の1以上の借入を制限する法律)を順守しております。

例えば、「現在、年収300万円ある。JICCに加盟している消費者金融A社からは100万円借りている。」という人がいたとします。

では、CICのみに加盟しているBクレジットカード会社に申し込みをして、キャッシング機能付きのクレジットカードの審査が通るか?と言ったら、まず通らないでしょう。

もし、Bクレジットカード会社のクレジットカードが欲しいというのであれば、キャッシング機能を外すしかありません。

現在、貸金業法では、ショッピング枠に関する制約は一切無い為、キャッシング残高が貸金業法の総量規制に抵触していたとしても、審査に通る可能性があります。

総量規制に抵触している人がクレジットカードを作りたいというのであれば、是非とも押さえておきたい知識です。

虚偽の申告は必ずバレる

とくにカードローンについてご説明すると、カードローンに申し込む際に必ず同意文書に同意しなければ手続きを進めることはできません。

その同意文書は信用情報機関にデータを照会、共有すること、データがなければ新規にデータを登録することを同意する旨が基本にできています。

冒頭でご説明したように、信用情報機関にデータを登録しないで欲しいという申し込みがあったとしても、既に同意していますので必ず個人情報の照会及び新規登録がされてしまいます。

したがって借入申込書に他社借入件数や他社借入額を少なく書いても、信用情報機関に照会することでバレてしまいます。

総量規制枠を超えるギリギリでのカードローンの申し込みで、他社借入額を少なく書いてしまいたい気持ちは分からないではありませんが、結局バレてしまうことですから必ず正直に申告しましょう。

仮に総量規制枠を超えなかった場合でも、虚偽の申告をしてしまうのは社会的信用を失うことにもなってしまい、審査の段階では非常に不利です。

勤続年数が短いと審査に不利になるからといって、水増しして書くのも同じようにバレてしまいます。

無職なのに以前勤めていた勤務先を書いたとしても、在籍確認によって勤務していないことがわかってしまいますので、その場しのぎの嘘をついても意味がありません。

関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。 しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 ...

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

カードローンを申し込む際、他社からの借入状況を申告する必要があります。残念ながら他社借入の嘘は必ずバレます。 なぜ他社借入の嘘がバレるのか、また、バレた時のペナルティを説明していきます。 ...

現在の信用情報システムの確立

現在のような信用情報機関ネットワークが確立されたのは、2010年の貸金業法改正と同じ時期です。

1980年代に設立された信用情報機関は金融機関や都道府県単位で設置され、銀行や消費者金融業者、クレジットカード会社がそれぞれスタンドアローンで利用していました。

銀行は銀行の信用情報機関、消費者金融業者は消費者金融業者の信用情報機関、クレジットカード会社はクレジットカードの信用情報機関をバラバラに立ち上げていたため、横のつながりが全くありません。

たとえクレジットカードで金融事故を起こしたとしても、その情報は銀行や消費者金融業者に提供されることはありません。

同じように消費者金融業者で滞納したとしても、その情報は他の業種にデータ共有されることはなく、また既存借入金額についても双方向で共有することがありません。

カードローンの利用者に他社借入があったとしても「なし」としてしまうと、そのまま通ってしまったのも事実です。

しかしそれではより正確な信用力の格付けを行うことができないという理由から、現在のように信用情報機関を3つに分けてそれぞれデータ共有行うようになったのです。

FINEとCRINで知っておきたいポイント

FINEとCRINで知っておきたいポイント

ここまでFINEとCRINでも共有されない情報があるということを話ししました。

そこで、利用者にとってどのような、メリットがあるのかについて知っておきましょう。

債務整理をしてもカードがつくれる?

自己破産をして5年がたった人は、クレジットカードやカードローンを組める可能性があります。

それは、自己破産といった債務整理の履歴は、FINEやCRINでは共有されないからです。

また、自己破産の履歴が抹消される期間は、KSC(全国銀行個人信用情報センター)では10年、日本信用情報機構(JICC)シー・アイ・シー(CIC)では5年となります。

このように、個人信用情報機関に登録されている情報と、FINEやCRINで共有される情報の内容の違いを押さえておくことで、今後の借入が有利になる可能性があります。

全ての金融機関が照会するわけではない

FINEとCRINは全ての情報機関が照会するわけではありません。

それは、FINEは貸金業者を対象としたネットワークですし、CRINは銀行も対象としつつも法律的な加入義務がないネットワークだからです。

また、金融機関はこれらのネットワークに照会するときに、手数料を払わなければなりません。

したがって、個人信用情報機関同士で全ての情報が、共有されるわけではないことを覚えておきましょう。

まとめ

今回信用情報について調べてみましたが、借り入れや返済だけではなく、申し込みや携帯電話の購入なども登録されるのは意外でした。

信用情報が何なのかある程度わかりましたので、少し不安ですが自分の信用情報に問題があるのかないのか、実際に開示してみて確認しようと思います。

皆さんの中にも確認してみたいという方がいらっしゃるかもしれません。

次回は開示申請の手続き方法を紹介しますのでご覧ください。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】JICCの信用情報を開示してみた!見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 最初に、JICCへの開示...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    1

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談