専業主婦はみずほ銀行カードローンが借りられなくなりました。無職は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お金が必要になったときの手段として、思いつくのがカードローンです。

しかし、金融機関が融資をするのは基本的に借入本人に収入がある場合で、専業主婦は借り入れが難しいのが現状です。」

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

専業主婦はカードローン審査に通るのが難しい

SAYA160312200I9A3531_TP_V1

カードローンに申し込む前に、理解しておかなければいけないことは、専業主婦はカードローン審査にとおるのが難しいということです。

借り入れのときに重要視されるのは借入本人の返済能力であり、これは金融機関の審査基準のひとつでもあります。

正社員以外にも、派遣社員やアルバイトなどで安定した収入があれば、融資を受けることはできます。

しかし専業主婦は兼業主婦とは違い、本人に収入がないため配偶者の収入のみで生活しています。

したがって、専業主婦は借入本人に返済能力がないとみなされ、審査を通過できない場合が多いのです。

このことから、専業主婦はカードローンを利用することが難しく、配偶者に内緒でお金を借りるには困難なのが現状です。

銀行系カードローンであれば可能性がある

11b2c03b01d4acd48658dc88a60c7dc1_t (2)

専業主婦は全く借り入れができないのかというと、そもそもカードローンを利用しにくいのは法律によって融資額が規制されているためです。

しかし全ての金融機関が融資を規制されているわけではないため、専業主婦が借り入れをするのが不可能というわけではありません。

総量規制によって融資額が規制されている

貸金業者に対して、総量規制という規制があります。

総量規制とは、貸金業者は年収の3分の1までしか融資をしてはいけないと、貸金業法によって規制されています。

そのため、専業主婦がカードローンを利用する場合は、自分自身の収入がないためこの総量規制によって審査を通過することが難しくなっています。

この総量規制によって専業主婦の借入は難しくなっているのです。

総量規制は消費者金融などの貸金業者に適用される法律ですので、専業主婦がカードローンを利用する場合は必然的に銀行カードローンに申し込むことになります。

ただし、何度も説明している通り、専業主婦の場合は銀行カードローンでも借り入れできないと考えてください。

専業主婦が借入を行う場合には、配偶者貸付制度を受け付けている消費者金融に申込んだ方が可能性が高いかもしれません。

関連記事をチェック!

6186view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

みずほ銀行カードローンとは

ダウンロード (33)

みずほ銀行カードローンも同様に専業主婦の借入はできませんが、それ以外の方のためにみずほ銀行カードローンのプランや申し込み方法などについて説明していきます。

みずほ銀行カードローンは、融資限度額が10~800万円で、金利は※年2.0~14.0%に設定されています。

みずほ銀行カードローンの申し込み条件

みずほ銀行カードローンの申込条件は、「安定した収入があること」「年齢が満20歳以上66歳未満であること」「保証会社であるオリコの保証を受けることができること」となっています。

ただし次の条件に該当する場合は、審査に通過することが難しいでしょう。

  • 半年以内に複数のローン、クレジットなどに申し込みをした
  • 5年以内に債務整理もしくは自己破産手続きをした
  • 5年以内に返済を1か月以上滞納した履歴がある」

上記の項目に、当てはまっていないかを、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

申し込みには口座開設が必要

みずほ銀行カードローンを利用する場合、申し込みのときにみずほ銀行の口座開設が必要です。

口座がなくても申し込めると宣伝されていますが、融資を受けるときや返済のときにはみずほ銀行の口座を利用するため、必然的に口座は必要になるのです。

普通預金の口座がなくてもカードローンの申し込みはできますが、同時に申込みをする必要があります。

既に口座を持っている場合は、契約完了後すぐにお金を借りることができます。

そのため、借り入れを急いでいる場合は、先に口座を作っておくことをおすすめします。

また、口座を持っていればWeb完結申し込みを行うことができ、みずほ銀行に来店する必要はありません。

関連記事をチェック!

285view

みずほ銀行カードローン仮審査~申込前に知っておきたい基礎知識

銀行カードローンの場合、まずは「仮審査」をされることが多いです。 そのため、その詳細等を知っておくと、審査への理解が高まります。 そこで今回は、みずほ銀行カードローンの仮審査について徹底解説してい...

銀行は専業主婦への融資に気をつけている

3a4ac148bbdfbd17a686099c84929019_t

過去には銀行では専業主婦への融資を行っているところがありました。

しかし、2017年3月から「銀行でも総量規制に準ずる取扱いをする」と、銀行側で自主規制を行っています。

返済能力がない専業主婦がお金を借りにくい仕組みになっているのは、借金によって人生が変わってしまう人を出さないためでもあります。

あくまでも借り入れは最終手段であることを忘れずに、まずは家族と相談してから利用することを検討してください。

無職での利用はできない

それでは、無職でもみずほ銀行カードローンの借入が可能かどうかを紹介していきます。

結論を先に言ってしまうと、無職でみずほ銀行カードローンを利用することは不可能です。

まず、みずほ銀行カードローンの利用条件には、「安定かつ継続した収入の見込める人」という条件がありますので、無職の人は、この条件を満たすことができません。

また、みずほ銀行カードローンのインターネット申込フォームを見ればわかるのですが、勤務先を記入する欄があります。

勤務先の記入は必須となって、空白だと次に進めませんので、無職の場合は申込自体できないことになります。

どうしても申込をしてみたいという人は、郵送で申込を行えば、勤務先を空白にして申込することは可能だと思います。

ですが、申込内容の不備で、確実に審査で落ちてしまいますのでオススメはできません。

専業主婦はどうなの?

無職の人がみずほ銀行カードローンを利用できないのは理解できたかと思います。

ですが、同じ無職でも専業主婦はどうなの?と疑問に思う人もいるかと思います。

残念ながら、みずほ銀行カードローンは、専業主婦の借入はできない可能性が高くなります。

と言うのも、インターネットの申込フォームには、雇用形態を入力する欄がありませんので、専業主婦の場合も勤務先を入力しなくては先に進むことができません。

また、みずほ銀行カードローンの公式ページでも、専業主婦の利用に関しては触れていませんので、専業主婦が借入するのは難しいでしょう。

関連記事をチェック!

197view

専業主婦はみずほ銀行カードローンが借りられなくなりました。無職は?

お金が必要になったときの手段として、思いつくのがカードローンです。 しかし、金融機関が融資をするのは基本的に借入本人に収入がある場合で、専業主婦は借り入れが難しいのが現状です。」 執筆者の...

借入には仕事に就いていることが最低条件

みずほ銀行カードローンを利用するには、何かしらの仕事に就いていることが最低条件となります。

ですので、雇用形態に関しては正社員でなくても良いので、まずは仕事を見つけて欲しいと思います。

ただ、職に就いたからといって、絶対に借入できるということではないので、覚えておいてください。

就職後すぐに申込を行うと、勤続年数が短くなってしまいますので、審査に通過できない可能性もあります。

とは言え、職に就いていなければ、みずほ銀行カードローンの申込すらできませんので、まずは職に就くことから始めてみてください。

嘘をついて申し込むのはNG

無職の状態ではみずほ銀行カードローンを利用できないからと言って、嘘の情報で申込を行うのは絶対に止めてください。

と言うのも、嘘の申込情報は、審査の段階で確実にバレてしまい、審査に通過することはできません。

また、嘘がバレた場合は、審査に落ちるだけでなく、その後もみずほ銀行カードローンを利用することができなくなる可能性もありますので、リスクが大きくなります。

仮に嘘がバレずに借入を行えたとしても、後々嘘がバレた場合は、一括返済などの措置をとられてしまう可能性が高いです。

最悪、詐欺罪で訴えられてしまうことも考えられますので、申込内容は正確に記入するようにしてください。

みずほ銀行でブラックだと借りれない理由


みずほ銀行が加盟会員となっている信用情報機関は、銀行や信金など銀行業務を行っている金融機関が加盟している、全国銀行個人信用情報センター(略称KSC)です。

一方で、消費者金融やクレジットカード会社が加盟している信用情報機関は、日本信用情報機構(JICC)やCICです。

それぞれ業務の形態によって、加盟している信用情報機関が異なります。

それなら、JICCやCICで金融事故を起こしてブラックになったとしても、みずほ銀行が利用しているKSCまで情報が伝わらないのではないか、みずほ銀行で借りれるのではないか、と考えてしまう人も少なくありません。

もちろんみずほ銀行はカードローンに申し込みがあれば、必ず信用情報機関から個人信用情報を入手し、契約するかどうか審査を行います。

審査の結果契約できる、契約できないを判断し、契約できるとすればいくらまで貸しても良いのかの材料とします。

前述の通り信用情報機関がそれぞれ別々にあるなら、たとえば消費者金融でブラックになっても、みずほ銀行にバレることはないだろうと考えてしまうのも無理はありません。

しかし、それぞれ単独で機能している信用情報機関は、相互データ交流システムCRINによって、KSC、JICC、CICでは金融事故を中心として情報の共有を行なっているのです。

相互データ交流システムによってデータ共有されてしまうため、どこかの信用情報機関に金融事故が登録されブラックになってしまうと、即時にKSCにも情報が伝わります。

関連記事をチェック!

6574view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

みずほ銀行カードローンの保証会社でも審査する


みずほ銀行カードローンの保証会社は、クレジットカード会社で有名なオリエントコーポレーション(通称オリコ)で、保証会社はカードローン審査にも関わってきます。

オリコが加盟している信用情報機関は、JICCとCICです。

たとえみずほ銀行が、KSCに情報提供されているブラック情報を見逃したとしても、保証会社のオリコまでブラック情報に気がつかないことはありません。

何らかのシステムトラブルでJICC、CICとKSCへの情報共有がうまく取れなくても、保証会社であるオリコはJICCとCICから直接個人信用情報を取得すれば、ブラックであることがすぐにわかってしまいます。

みずほ銀行によるKSCからの個人信用情報の取得、並びにオリコのJICC、CICからの個人信用情報の取得の2段階で審査が行われるため、二重チェックによってブラック情報がそのまま素通りすることはありえないですね。

関連記事をチェック!

573view

銀行カードローン契約でオリコが保証会社になっている際の注意点

銀行カードローンの契約には必ず、「保証会社の保証を受けることができる方が貸付対象」という条件があります。 そしてみずほ銀行などの銀行は、オリコが保証会社になっている場合があります。 銀行の保証会社は...

ブラックかもしれないけどなぜ借りれないの?


みずほ銀行に限ることなく、金融機関でお金を借りるには、ブラック情報があったのでは審査に通ることは期待できません。

各信用情報機関に登録されている個人信用情報には、お金の契約に関する一切の情報が登録されています。

現在または過去の取引状況がどうなのか、カードローンやクレジットカードに限らず各種ローンの契約についても、契約内容や利用状況・返済状況の履歴が登録されています。

銀行カードローンも、必ず信用情報機関から個人信用情報を取得し、借り入れ申し込み希望者の信用がどのくらいあるのか、また返済状況がどうなのかによって契約するかどうかの判断に利用しています。

個人信用情報にブラック情報があると、金融機関から見ればお金を貸してもきちんと返済しない人、返済能力がない人と判断されてしまい、審査に落ちてしまうのです。

返済期日までにきちんと支払わない人は金銭感覚がルーズで、たとえお金を貸してもきちんと返済してくれることはできないだろう、と考えます。

みずほ銀行だってお金を貸した以上は、真面目に支払ってくれなければ金銭トラブルに発展してしまいますので、できるだけリスクを避けたいと思うのは当然ですよね。

みずほ銀行で借りれないブラックとはどういう人?

ブラックとは、信用情報機関に登録されている個人信用情報に次の情報が加えられている人です。

・3カ月以上の長期滞納
・債務整理した人
・カードの強制解約

大まかに分類すれば、以上3つの条件に当てはまる人ですね。

お金を借りて3カ月以上長期滞納する人は金銭管理ができていない、お金を借りても返済できない状態です。

もちろんお金を借りても借金を返済できないで、裁判所による特定調停や自己破産、個人再生した人もそうです。

弁護士・司法書士といった法律の専門家に依頼して行う、任意整理や自己破産や個人再生の手続きを行った人は、返済能力がないからこそ借金を整理するために手続きを行ったはずですね。

以上のどの方法をとってみても、お金を貸しても大丈夫かな、お金を貸すにはリスクが高すぎるとなる人ばかりです。

借金が返せないなら債務整理すればいいや、と考える人はお金を借りた以上は返済しなければならない意識に欠けていると見なされても、無理はありませんね。

一度でも金融事故を起こした人は、借金が返せない場合の逃げ道を知っていることになりますので、みずほ銀行としても再び貸し倒れになってしまうのではないかと、契約することに慎重になるわけです。

関連記事をチェック!

11183view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

ブラックだと勝手に判断してしまう場合もある


ブラックとは、信用情報機関に登録されている個人信用情報に金融事故情報が載っている人です。

カードローン利用者で、自分はブラックではないかと考えている人のなかには、実はブラックではない場合も少なくありません。

ブラックになる要件については既に説明した通りですが、それ以外でもたとえば年収が低すぎるとか、パート収入やアルバイト収入しかないからブラックだと思われているのではないかなどと、考えてしまうようです。

たとえば、他の銀行カードローンに申し込んだら審査に落ちてしまったので、ブラックだったに違いないと考えてしまう人もいるでしょう。

もしくは、消費者金融からすでにお金を借りているから、おそらくブラック扱いされてしまうのではないか、など自分の勝手な思い込みでブラックだと決めつけている人も多いようですね。

しかし、銀行カードローンの審査に落ちたことや消費者金融からお金を借りているというだけで、ブラック扱いされることはありません。

そもそもブラックでは、消費者金融からお金を借りることもまずできませんからね。

みずほ銀行の審査に落ちたらブラックとは限らない


みずほ銀行に申し込んで審査に落ちたらブラック、とはなりません。

たとえ審査に落ちてしまっても、審査に落ちた理由がブラックだったから、と決めつけるのは早いです。

審査に落ちた理由は、もしかしたら他社借り入れが多すぎることや、勤続年数が短い、申し込み情報に虚偽の申請があった、などいろいろあります。

もしブラックかどうか気になるなら、KSC、JICC、CICにそれぞれ個人信用情報開示請求を行いましょう。

公式サイトに情報開示請求の手続きが書いてありますので、手順に従って申し込めば自分がブラックになっているかどうか調べられますよ。

関連記事をチェック!

4792view

【馬太郎はブラックリスト?】JICCの信用情報を開示する方法と見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 最初に、JICCへの開示申請は以下の...

ブラックでもお金を借りる方法とは

ブラックになってしまうと、金融機関からお金を借りるのは非常に厳しいと言わざるを得ません。

しかし、ブラックでも借りれる金融機関は本当に存在しないのでしょうか。

ブラックの人がお金を借りるための方法について、考えていきましょう。

申し込みブラックなら借りれるところもある

普通のブラックの人だと、金融機関からお金を借りるのは厳しい場合が多いですが、申し込みブラックの人であれば、お金を借りれる可能性はあります。

こう聞くと「申し込みブラックでも借りれる銀行があるのか!」と思われてしまうかもしれませんが、さすがに審査が厳しめの銀行カードローンでは、申し込みブラックの人が借り入れを行うのは厳しいです。

ただ、申し込みブラックでも借りれる消費者金融であれば、ないわけではありません。

大手消費者金融は、銀行カードローンほどではありませんが審査が厳しめなので、借り入れは厳しいですが、中小の消費者金融であれば現在の収入次第では十分借り入れ可能です。

申し込みブラックになると「お金がピンチなのでは?」と推測されてしまうため、融資を受けにくいだけであって、そこさえクリアできれば十分融資対象になりえますからね。

申し込みブラックの人は、中小の消費者金融を中心に借り入れ先を検討してみるといいでしょう。

誰でも借りれるカードローンはない

ただ、申し込みブラックの人は中小の消費者金融だと借りられる「可能性がある」だけであって、「絶対に借りられる」というわけではありません。

融資を受けたいと考えている場合は、「超ブラックでも借りられる」とか「極甘審査ファイナンス」のような都合のいいことを考えてしまいがちですが、絶対に誰でも借りれるカードローンというものは存在しません。

カードローン会社は、金利によって発生する利息を上乗せしたうえで利用者から返済を行ってもらって、初めて利益を得られます。

返済能力のない人にまで融資を行っていたら、借金の踏み倒しが横行して、消費者金融業者等の金融機関はすぐにつぶれてしまうでしょう。

「融資を行う相手は返済能力がある人に限る」という大前提がある時点で、誰にでも融資を行うというような(利用者にとって)都合のいい金融機関やカードローンは存在しないということを、肝に銘じておきましょう。

まとめ

みずほ銀行カードローンも他行と同様、専業主婦は借り入れが難しいカードローンです。

借金にはリスクがあることを理解しておく必要があり、金融機関側が自主規制をしているので、借り入れる人も本当に借りることは必要なのかを考えてから利用しましょう。

配偶者貸付制度を利用する場合も、夫の同意が必要なので、専業主婦が内緒で借入するのは難しいでしょう。

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げ、引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)