キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

カードローン返済方法の代名詞!元利定額方式とは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンの最小返済額を決定する方法はいくつもありますが、最もポピュラーな返済方法が元利定額方式という返済方法です。

「カードローンは毎月の支払いが同額」と当たり前のように考えている人も多いですが、これは多くのカードローンが返済方式として元利定額方式を採用しているからなのです。

元利定額方式は毎月の支払額が一定というメリットがありますが、仕組みをよく理解しておかなければ「利息ばかり支払っている気がする」「元金がなかなか減っていかない」と感じる可能性があります。

元利定額方式とはどのような返済方式で、どのように利息と元金を計算するのか、この記事では元利定額方式の仕組みと注意点や他の返済方法との違いについて徹底的に解説していきます。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

元利定額返済方式を詳しく説明すると

AL007-zunishitesetumei20140722_TP_V1

元利定額返済方式と漢字で表記するとなんだか難しそうに思えますが、実際はシンプルで分かりやすい概念です。

詳しく説明しますが、毎月の返済額が同じということと元金と利息の合計額が定額になるということの2点さえ押さえておけばOKです。

毎月の返済額が一定である

まずは元利定額返済方式のもっとも大きな特徴である「毎月の返済額が同じ」ということについて見ていきましょう。

元利定額返済方式は、名前の通り、毎月の返済額があらかじめ決められている返済方法です。

後でも詳しく説明しますが、毎月の返済額は、カードローンの限度額もしくは利用残高によって決められます

カードローンの返済額によって決められる場合は、例えば限度額が50万円の人なら毎月2万円という風に借入額に関わらず固定されます。

一方、利用残高に応じて返済額が決まるカードローンは、例えば10万円を借り入れると毎月の返済額は1万円という風に決定されるのです。

返済額は利息+元金である

毎月の返済額には、「元利」つまり、元金と利息が含まれています。

毎月の返済額が5万円なら、5万円すべてが元金に充当するわけではなく、一部が元金の返済で残りが利息ということになるのです。

とはいえ、元金と利息の割合は毎月変化します。

毎月少しずつ元金が減り、それに伴って発生する利息が減りますので、最後に近づけば近づくほど毎月の返済額における元金が占める割合が多くなるのです。

元利定額方式と元金定額方式の違い

元利定額返済方式は、元金と利息の合計が定額になる返済方式です。

しかし、元金定額返済方式は元金が定額になる返済方式ですので、元金と利息の合計額は変動し、その結果、毎月の返済額も変動することになります。

カードローンの返済方式として元金定額返済方式が用いられることは滅多にありませんが、クレジットカードのリボ払いでは一般的な返済方法となっています。

関連記事をチェック!

リボ払いとカードローンは何が違うの?

クレジットカードのキャッシング返済はリボ払になることが多いですね。それではカードローンの返済方式はどうなのかと言うと実はリボ払いなんですね。よくリボ払いは損だからカードローンでキャッシングした方が得だ...

元利定額方式は返済計画が立てやすいが返済回数が増える

元利定額返済方式は毎月の返済額が固定されていますので、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

また、カードローンは口座振替を指定しなくてもATMから気軽に返済できることが魅力の1つでもありますが、これは返済方式が元利定額返済方式であるため、毎月の返済額が予め分かっているからでもあるのです。

返済額が毎月変わるなら、今月はいくら入金すれば良いのかと悩んでしまいますよね。

一方、クレジットカードはカードローンとは異なり返済方法は口座振替と決まっています(追加返済は除く)ので、毎月返済額が変更する元金定額返済方式を採用しても大きなトラブルは起こりません

カード会社側が引き落とし金額を変更すれば良いだけの話ですから、利用者は毎月の返済額が分からなくても自動的に滞納せずに返済できるのです。

返済がなかなか終わらないと感じやすい

借入元金が減るスピードは元金定額方式の方が早いため、元利定額返済方式で返済すると元金がなかなか減らずに利息が増え、返済総額と返済期間が多くなってしまうというデメリットがあります。

カードローンを利用すると、「返済は手軽だけれどもなかなか返済が終わらない」と感じるのは、元利定額返済方式を利用しているために元金がなかなか減らず、利息が増えやすいからなのです。

関連記事をチェック!

クレジット会社はリボ払いが1番儲かる

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 クレジット会社の収入源は4つ 最近のクレジット会社はリボ払いを積極的に勧めて来てい...

元金定額方式は返済当初の利息負担が大きい

元金定額返済方式は、返済当初は毎月の返済額に含まれる利息額が多くなりがちです。

これは元金定額返済方式に限ったことではなく、元利定額返済方式も返済当初は毎月の返済額に含まれる利息額は多くなります。

しかしながら、元金定額返済方式は毎月元金を同額ずつ返済しているため、借入額(=元金)は回を重ねるごとに順調に減っていきますが、元利定額返済方式では返済する元金の減り方が遅いため、借入額がなかなか減らないことになってしまいます。

返済計画表を見るときは、返済額に含まれる利息額に注目するとお得なのかどうかが分かりにくくなりますので、支払う総利息額と総返済額に注目してお得かどうか判断するようにしてください。

元利定額方式はリボ払いの返済方式に使われる

元利定額返済方式は、リボ払いの計算方法として使われます。

クレジットカードやカードローンの支払いでよく利用されるリボ払いですが、元利定額返済方式はただでさえ元金定額返済方式よりも利息が高くなってしまう方式なのに、リボ払いは毎月一定額しか返済しない(借金が多くても返済額はそのまま)ために二重の意味で元金が減りにくくなってしまうのです。

つまり、リボ払いかつ元利定額返済方式は非常に利息が高くなる返済方式でもありますので、返済内容をよく理解した上で利用するようにしてください。

リボ払い元利定額と元金定額コース!利息が少ないのはどっち?

10万円(年利18.0%)を12ヶ月で返済するときの毎月の返済額と総利息額を、元金定額返済方式と元利定額返済方式に分けて表にしてみました。

なお、この表では返済回数を固定して比較しましたので、返済回数はどちらの返済方式でも同じということになっています。

しかし、毎月の返済金額を同程度に固定すると元利定額返済方式の方が返済期間が長くなりますので、返済期間を固定しても返済額を固定しても、元利定額返済方式の方が元金定額返済方式よりも多くの利息を支払うことになると言えます。

返済額元利定額返済方式元金定額返済方式
初回(内、元金+利息額)9,168円(7,668円+1,500円)9,833円(8,333円+1,500円)
2回目(内、元金+利息額)9,168円(7,783円+1,385円)9,708円(8,333円+1,375円)
3回目(内、元金+利息額)9,168円(7,930円+1,238円)9,583円(8,333円+1,250円)
4回目(内、元金+利息額)9,168円(8,018円+1,150円)9,458円(8,333円+1,125円)
5回目(内、元金+利息額)9,168円(8,139円+1,029円)9,333円(8,333円+1,000円)
6回目(内、元金+利息額)9,168円(8,261円+907円)9,208円(8,333円+875円)
7回目(内、元金+利息額)9,168円(8,385円+783円)9,083円(8,333円+750円)
8回目(内、元金+利息額)9,168円(8,510円+658円)8,958円(8,333円+625円)
9回目(内、元金+利息額)9,168円(8,638円+530円)8,833円(8,333円+500円)
10回目(内、元金+利息額)9,168円(8,768円+400円)9,708円(8,333円+375円)
11回目(内、元金+利息額)9,168円(8,899円+269円)8,583円(8,333円+250円)
12回目(内、元金+利息額)9,166円(9,031円+135円)8,462円(8,337円+125円)
総返済額(総利息額)110,016円(10,016円)109,750円(9,750円)

元利定額スライド方式ってなに?

元利定額スライド方式という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

残高スライド方式に元利定額返済方式が組み合わさった返済方法で、ほとんどのカードローンの返済に利用されています。

残高スライドってどういう意味?

利用残高に応じて定額返済額が固定されているローンを「残高スライド」と言います。

現在、ほとんどのカードローンは残高スライド元利定額返済方式が採用されていますので、カードローンからの借入額が大きくなればなるほど毎月の返済額も増えるようになっているのです。

例えば楽天スーパーローンは残高スライド元利定額返済方式が採用されており、以下のように毎月の返済額が決まります。

残高スライド元利定額返済方式の例:楽天銀行スーパーローン
  • 10万円以内:2千円
  • 10万円超30万円以内:5千円
  • 30万円超50万円以内:1万円
  • 50万円超100万円以内:1万5千円
  • 100万円超150万円以内:2万円
  • 150万円超200万円以内:3万円
  • 200万円超250万円以内:3万5千円
  • 250万円超350万円以内:4万円
  • 350万円超400万円以内:4万5千円
  • 400万円超500万円以内:5万円
  • 500万円超600万円以内:6万円
  • 600万円超700万円以内:8万円
  • 700万円超800万円以内:10万円

関連記事をチェック!

楽天銀行スーパーローンは無利息サービスではなくポイントでお得感! 

昨今、無利息サービスによるカードローンが人気ですが、楽天銀行スーパーローンでは、楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンをやっています。 今回は、楽天銀行スーパーローンとはどのようなローンなの...

楽天銀行スーパーローンは無利息サービスではなくポイントでお得感! 

一方、残高スライドでない定額返済方式は、限度額に応じて返済額が固定さています。

例えば、セブン銀行カードローンなどは残高スライドではない定額元利返済方式で、毎月の返済額は以下の通りに固定されています。

残高スライドではない元利定額返済方式の例:セブン銀行カードローン
  • 限度額10万円:5,000円
  • 限度額30万円または50万円:10,000円
  • 限度額70万円または100万円:15,000円

関連記事をチェック!

セブン銀行のキャッシングの使い勝手はいい?

セブン銀行は、セブンイレブンをはじめとしてイトーヨーカドーやそごうなど色々な商業施設にATMを設置しているため、非常に利用しやすい金融機関の1つです。 そんなセブン銀行では、他の銀行と同じように...

元利定額方式の計算方法

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_t

カードローンにおいては、残高スライド元利定額返済方式が一般的です。

残高スライド方式のルールは各カードローンによって異なりますので、元利定額返済方式の計算方法さえ覚えれば、大抵のカードローンの返済ルールが分かるということになります。

10万円を金利15%(年)で借り、毎月の返済額が5,000円のときの元利定額返済方式の計算方法について見ていきましょう。

①:利息を計算する

まずは1ヶ月で生じる利息を計算します。

1ヶ月を30日とすると、利息は次の式から1,233円と求められます。

  • 100,000円×15%÷365日×30日=1,233円

②:元金充当額を求める

1回目の支払いでは、利息は1,233円含まれていることが分かりました。

毎月の支払額は5,000円ですので、元金は3,767円減ったと計算できます。

  • 5,000円-1,233円=3,767円

③:借入残高を計算する

1回返済したことで、借りたお金が減っているはずです。

最初は10万円借りましたが、1回で元金を3,767円返済しましたので、借入残高は96,233円と計算できます。

  • 100,000円-3,767円=96,233円

④:2回目の利息を求める

2回目の返済では、借入残高96,233円に対して発生した利息を払うことになります。

1回目の返済から2回目の返済までの日数が30日だとすると、2回目に支払う利息は1,186円となることが分かります。

  • 96,233円×15%÷365日×30日=1,186円

⑤:2回目の元金充当額も求めておこう

2回目の元金充当額は以下の式から3,814円となります。

月を追うごとに返済額における元金充当額が増えていきますので、返済後半に近づくと利息が急激に減ります。

元利定額返済方式では毎月の返済額は同じですが、元金が毎月変わるため、支払いの内訳が大きく変わるのです。

  • 5,000円-1,186円=3,814円

ATM返済は手数料に注意

消費者金融のカードローンなどは返済と借入を提携ATMで行うと、1万円以下108円、1万円超216円のATM利用手数料が発生することが一般的です。

例えば、10万円超の借入(金利15%)をATMで行い手数料216円が発生し、5,000円の約定返済をATMから108円の手数料を発生させて行った場合を考えてみましょう。

手数料の合計は324円になりますよね。

手数料が増えると元金が減りにくくなる!

手数料は、借入や返済の都度現金で支払うのではありません。

返済する度に清算されるというルールになっているのですが、手数料は元金の返済よりも優先されるため、手数料が発生する分だけ借入残高が減らなくなってしまいます

例えば、先程と同じく10万円を年利15%で借りて毎月5,000円の元利定額返済方式で返済するとしましょう。

利息は以下の式から1,233円と計算できます。

  • 100,000円×15%÷365日×30日=1,233円

手数料の支払いは元金の支払いよりも優先して行われるため、元金の支払額は以下のようになります。

  • 5,000円-(利息)1,233円-(手数料)324円=3,443円

先程のシミュレーションでは手数料がなかったために1回の返済で3,767円の元金が減りましたが、今回は手数料を支払ったために元金は3,443円しか減りませんでした。

手数料を支払う回数が増えるとさらに元金の減りは悪くなりますので、1回ごとの利息は増え、総利息額も増えてしまいます。

アコムの返済シミュレーション

同じ残高スライド元利定額返済方式を採用していても、金利や残高スライドのルールが変わると総利息額や返済期間が変わります。

アコムの公式サイトで公開されている返済シミュレーションを使って、30万円を上限金利(年18.0%)で返済した場合をチェックしてみました。

アコムは毎月払いと35日払いがありますが、ここでは毎月払いで計算しています。

借入金額適用金利毎月の最低返済額返済回数総利息額総返済額
アコム300,000円18.0%8,000円56回140,765円440,765円

関連記事をチェック!

アコムの返済額を減額するには?

アコムの返済額を減額して支払うことが可能です。急な出費で今月はどうしてもお金が間に合わないと言うときは、返済滞納するよりは利息のみ返済でもしておけば延滞金が発生することはありません。 ではどうす...

プロミスの返済シュミレーション

アコムと同じ条件で、プロミスの公式サイトで公開されている返済シミュレーションを使ってチェックしてみました。

プロミスでは上限金利が17.8%となっていますので、年17.8%の金利で計算しています。

プロミスではアコムと比べて毎月の最低返済額が高く設定されていますので、返済回数が少なくなり、総利息額・総返済額もアコムよりも50,000円ほども減ります。

借入金額適用金利毎月の最低返済額返済回数総利息額総返済額
プロミス300,000円17.8%11,000円36回89,345円389,345円

関連記事をチェック!

プロミスは返済中に借り入れ可能

プロミスでは返済中に借り入れすることを追加融資と言います。すでにプロミスの審査に通り利用している人なら審査することなく利用限度額の範囲内で、返済途中でも借入が可能です。 なお返済中に借り入れする...

プロミスは返済中に借り入れ可能

まとめ

元利定額方式とは、カードローンの返済方式の中では最もポピュラーな返済方式です。

毎月の返済額が一定であるため家計やお小遣いのやりくりがしやすい返済方法ですが、借入元金が減りにくく、「カードローンの残高がなかなか減少しない」という悩みを抱える原因にもなります。

また、金利の高いカードローンを選択すると、定額返済額の中に占める利息の割合が大きくなり、元金の減りがさらに遅くなってしまいます。

しかし、元利定額返済方式でも、毎月の返済額を増やせば元金が早く減り、結果として返済期間も総利息額も縮小することが可能です。

毎月、最低返済額だけを返済するのではなく、任意返済を実行して早めに元金を減らすようにしましょう。

それに加えて、無駄な手数料が発生しないように無料で利用できるATMと時間帯を選ぶことも大切ですよ。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

      皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

    2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談