SMBCモビットは銀行系カードローン?消費者金融?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

SMBCモビットは、一般的にはプロミス・アコム・アイフルに次ぐ「準大手」と言われる消費者金融です(大手に含むとする分類もあります)。

しかしまれに、「SMBCモビットは銀行系カードローンだ」という話を耳にすることがありますが、これはいったいどういうことなのでしょうか。

今回は、SMBCモビットという企業の実態について説明していきます。

SMBCモビットは三菱系ではない!

まず結論からお伝えしておきますと、SMBCモビットは「今は」三菱UFJ系列の消費者金融ではありません。

今はと言うのは、昔は確かに三菱系列であった時期があったからなのですが、SMBCモビットの設立(当時の企業名はSMBCモビットではなくモビットでしたが)に関わった企業の資本撤退や子会社化などさまざまな事情を経て、現在では三菱UFJ系列ではなくなっているということです。

では今現在はどこの系列に属しているのか…に関してはわざわざ説明しなくてもお分かりかと思いますが、社名にも用いられている「SMBC」からも明らかなように、SMBCグループの消費者金融になっているんですね。

銀行と同グループの消費者金融は多い

なお、大手消費者金融にはSMBCモビットのように銀行と同じグループに属しているところも多く、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)はSMBCグループに属していますし、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の企業です。

銀行と同じグループに属している消費者金融は、その銀行が取り扱っているカードローン等の保証会社になっていることも多く、たとえばアコムで返済を遅延してしまうようなことがあると、三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックの審査に通過しにくくなる可能性があります。

それぞれの業務面で表立って関与することはあまりありませんが、そのようなつながりがあることは覚えておいたほうがいいかもしれません。

なお、大手と呼ばれる消費者金融の中では唯一アイフルだけが、銀行と同じグループには属さず言わば「独立」した事業経営を行っています。

関連記事をチェック!

290view

大手の消費者金融は銀行系列グループ傘下に属している

消費者金融と銀行はどちらも融資業務を行っている会社ですが、これら2つの業種が同じグループに属している場合もあります。 どの消費者金融がどこの銀行系列グループに属しているかを知ることによって、利用すべ...

SMBCモビットは消費者金融

SMBCモビットは消費者金融

まず最初に、SMBCモビットが消費者金融であるにも関わらず「銀行系カードローン」と言われるかの説明をしておきましょう。

SMBCモビットは業態としては消費者金融ですが、「SMBCグループ」という金融グループに属しているのです。

「三井住友」と聞くと三井住友銀行をイメージする人は多いですよね。

勘違いを防ぐために丁寧な表現をするとSMBCモビットは、「銀行グループに属している消費者金融」と言うことができます。

こう書けばSMBCモビットは銀行系カードローンではないことが分かりますね。

他にもある銀行傘下の消費者金融

他にも銀行グループの傘下にある消費者金融はあります。

例えばプロミスは正式な企業名を「SMBCコンシューマーファイナンス」ということからも分かるように、同じ「SMBCグループ」に属しています。

そしてアコムは、三菱UFJ銀行なども属する「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の傘下企業です。

実は、大手消費者金融のうち2社までもが銀行系列のフィナンシャルグループに属していたんですね。

準大手のSMBCモビットも銀行系列グループに属していることを考えると、どこのグループにも属していないアイフルがむしろ珍しい存在なのだと言えるかもしれません。

アコム・三菱UFJ銀行のように同じグループに属している企業の場合、片方の利用状況がもう片方の利用状況に影響を及ぼすことも考えられます。

過去にアコムで延滞経験があったために、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査に落ちてしまう、というようなことですね。

ですから、利用しようとしている業者がどこかのグループに属していないか、属しているならどこのグループかということを事前に知っておくのは、実は重要なことなのです。

関連記事をチェック!

290view

大手の消費者金融は銀行系列グループ傘下に属している

消費者金融と銀行はどちらも融資業務を行っている会社ですが、これら2つの業種が同じグループに属している場合もあります。 どの消費者金融がどこの銀行系列グループに属しているかを知ることによって、利用すべ...

銀行系かどうかはそんなに大事?

銀行系かどうかはそんなに大事?

ところで、利用しようとしているカードローンが銀行系か消費者金融系かということはそれほど重要なことなのでしょうか。

どちらも同じカードローンなのですから、利用にあたってはそこまで大きな違いはないような気がします。

この疑問に関して先に結論からお答えしておくと、商品特性に大きな違いはないものの、ある一点において非常に大きな違いがあるのです。

その一点とは「総量規制の影響を受けるか受けないか」ということです。

総量規制とは「貸金業者が申し込み者に対して融資を行う場合の融資金額の上限は、申し込み者の年収の3分の1とする」という規制のことで、貸金業者の過剰な融資を抑制するために設けられました。

そしてこの「貸金業者」には消費者金融は含まれますが、銀行は含まれないのです。

つまり、銀行系カードローンでは自身の年収の3分の1以上の借り入れも可能ですが、消費者金融系カードローンではそれは不可能ということになります。

少額の借り入れであれば問題ないですが、大きな金額の借り入れを検討している場合にはこの総量規制の存在は両者を分ける明確な壁となります。

ですから、あるカードローンが銀行系なのかそうでないのかということは正しく把握しておくべきなのです。

関連記事をチェック!

220view

SMBCモビットで年収の3分の1を超える借入はできる?【総量規制対象外?】

SMBCモビット。 名前からも分かりますように、明らかにSMBCグループの会社です。 そんなSMBCモビットなら、年収の3分の1を超える借入はできるのでしょうか? SMBCモビットについて知って...

関連記事をチェック!

202view

SMBCモビットはブラック、申し込みブラックでも借りれる噂は本当?

大手消費者金融のSMBCモビットでブラックでも借りれるとの噂がありますが本当なのでしょうか。中小消費者金融ならブラックの人でも審査対象とするとなっていても、さすがにメガバンクのSMBCグループのSMB...

SMBCモビットはブラック、申し込みブラックでも借りれる噂は本当?

SMBCグループであるメリットは?

では、SMBCモビットがSMBCグループに属していることで、どのようなメリットを享受しているかについて考えていきましょう。

ATMの利用手数料が無料

SMBCモビットは自社ATMを所有していないため、ローンカードを利用する際は提携金融機関のATMを利用することになりますが、ほとんどのATMでは利用手数料が必要になります。

そんな中で唯一、三井住友銀行のATMを利用する場合だけは、ATMの利用手数料無料で借り入れや返済を行うことができます。

これはまさに、同グループに属しているが故の恩恵と言うことができるでしょう。

三井住友銀行内のローン契約機が利用可能

三井住友銀行では、「三井住友銀行カードローン」というカードローンを取り扱っており、三井住友銀行の店舗内にカードローンの契約やローンカードの発行を行うことができるローン契約機を設置しています。

この三井住友銀行のローン契約機で、SMBCモビットの申し込み・契約やローンカードの受け取りができるようになっているんですね。

SMBCモビットは自社でローン申込機を設置してもいるので、それらも合わせて考えると、ローン契約の利便性はかなり高いと言えるでしょう。

対外的なイメージがいい

率直に申し上げて、世間の人の消費者金融に対するイメージは好意的なものではない場合が多いと言えます。

そのため、消費者金融を利用していることが周囲にバレてしまうと、「なんでそんなところでお金を…」的なことを言われることも少なくありません。

そんな中で、「SMBC」を冠してSMBCグループであることをアピールするのは対外的に大きなメリットと言えます。

銀行のイメージと言えば、消費者金融とはある意味真逆で「お堅い」「しっかりしている」というようなものが大半です。

そんな好意的なイメージを持たれている銀行の系列企業であるということは、消費者金融に対してネガティブなイメージを持っている人に対しても、プラスに働くのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

249view

SMBCモビットは銀行系カードローン?消費者金融?

SMBCモビットは、一般的にはプロミス・アコム・アイフルに次ぐ「準大手」と言われる消費者金融です(大手に含むとする分類もあります)。 しかしまれに、「SMBCモビットは銀行系カードローンだ」という話...

関連記事をチェック!

89view

専業主婦はSMBCモビットで借り入れできる?

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融であり、テレビCMで名前を聞くことも多いため、利用を検討している人も多いのではないでしょうか。 そんな利用検討者の中には専業主婦の人もいるかと思いますが...

三菱UFJ銀行のATMも利用可能

SMBCモビットは、かつて三菱UFJ系列でありながら今はそうではなくなってしまったということで、「もしかすると三菱UFJ銀行のATMでは利用できないのでは?」と心配される人がいるかもしれませんが、三菱UFJ銀行のATMでも問題なく利用することができます。

むしろかつて同じグループに属していたからか、利便性に関しては他の提携金融機関のATMを利用する場合よりも上回っているかもしれないぐらいです。

SMBCモビットは、利用するATMによって1,000円単位で借り入れを行えるか10,000円単位で借り入れを行えるかが異なっているのですが、三菱UFJ銀行のATMでは1,000円単位で借り入れを行えるようになっているため、少しだけ借り入れたいというときにも非常に便利です。

また、ATM利用時にその場で利用明細を発行してくれる数少ないATMの1つでもあるので、SMBCモビットの利用明細が自宅に郵送されてくるのは避けたいという場合には、三菱UFJ銀行のATMを利用するといいでしょう。

三井住友銀行のATMとは異なり利用時にATM手数料が必要になってはしまいますが、その点を除けばSMBCモビットで借り入れ・返済を行う際に、もっとも使い勝手のいいATMの1つであると言っても過言ではないと思いますよ。

SMBCモビットと他社消費者金融の比較

SMBCモビットと他社消費者金融の比較

次に、SMBCモビットのカードローンと、他社消費者金融のカードローンとを比較してみることにします。

金利や限度額

まずスペック面から比較をしてみたいと思います。

SMBCモビットのカードローンのスペックは、金利が実質年率で3.0%~18.0%、そして限度額については最高800万円までということになっています。

一方アコムは金利が3.0%~18.0%、そして限度額も最高800万円までとなっていますので、SMBCモビットの条件と全く同じです。

また、プロミスについては、金利は実質年率で4.5%~17.8%、最高限度額は500万円迄と、上記2社とは異なった条件となります。

上限金利で考えれば、プロミスは大手消費者金融の中では最も低い金利が設定されています。

ATM手数料などの利便性

次にATM手数料などの利便性からも比較してみたいと思います。

SMBCモビットには「モビット専用のATM」というものはなく、三井住友銀行やプロミス、また三菱UFJ銀行のATMを提携ATMとして利用することになります。

その為、利用できるATMの台数としてはとても多いのですが、残念なことに三井住友銀行以外のATMでは利用手数料がかかってしまいます。

(1万円までの借入・返済で108円、1万円を超える借入・返済で216円の手数料が必要。)

一方、アコムやプロミスには自社のATMがあり、それらのATMを使えば、借入も返済も手数料無料で利用することができます。

さらに、プロミスに限って言えば三井住友銀行のATMも手数料無料で使うことができます。

また、銀行カードローンにはなりますが、レイクALSAについてもCMなのでおなじみの通りコンビニのATMを無料で利用することができます。

またレイクALSAには自社の店舗もありますので、ATMの利便性という意味ではレイクALSAが最も高いと言えるかもしれません。

SMBCモビットのメリットは?

SMBCモビットのメリットは?

SMBCモビットが消費者金融であると分かったところで、SMBCモビットのメリットについて考えていきましょう。

即日融資が可能

SMBCモビットは消費者金融なので、即日融資が可能です。

急にお金を調達しなければならないような事態に陥ってしまい、今日中に借り入れを行いたいというような場合には、SMBCモビットの融資完了までのスピードは非常に頼りになります。

消費者金融は総じて審査・融資完了までのスピードが早いところが多いですが、SMBCモビットはその中でもかなり早い部類に含まれるため、何よりも融資スピードを重視したいという場合には優先的に利用を検討するといいでしょう。

関連記事をチェック!

88view

SMBCモビットで即日融資,即日振込できるのは何時まで?

スピーディに対応してくれるカードローン業者はたくさんありますが、その中でも特にスピードに定評があるのが全国規模に営業を展開している大手消費者金融のカードローンです。 大手消費者金融の「SMBCモビッ...

SMBCモビットで即日融資,即日振込できるのは何時まで?

Web完結を利用すれば電話連絡なし

SMBCモビットには申し込み~契約までのすべてがオンライン上で完結する、Web完結申し込みという方法があります。

「すべて」がオンライン上で完結すると聞いたときに、「じゃぁ在籍確認はどうなるの?」と思われたかたもいらっしゃるかもしれませんが、実はこの方法を利用すれば電話連絡なしで審査を終えてしまうことができるのです。

電話連絡は審査における重要な工程の1つではありますが、勤務先に電話をかけられるためできれば回避したいと思っている人が多いのも事実です。

SMBCモビットのWeb完結申し込みではそんな在籍確認を、申告した通りの企業に在籍していることが証明できる書類(保険証や給与明細など)の提出でもって代えてくれるため、電話連絡なしで借り入れを行いたいと思っている人にとっては打ってつけと言えるでしょう。

最大で800万円という限度額設定

SMBCモビットでは、消費者金融としてはかなり大きめとなる800万円という限度額を設定しています。

消費者金融や銀行カードローンでの借り入れを検討している人の中で、実際に800万円を借り入れようという人はあまり多くないと思いますが、それだけの設定をしてくれていれば安心して借り入れを行うことができますよね。

最初は少しの金額で借り入れを行うとしても、利用していくうちに少しずつ利用限度額を増額していきたいということもあると思いますが、その際の限度額上限は高いに越したことはありませんからね。

関連記事をチェック!

345view

SMBCモビットの限度額増額申し込みは電話とアプリで【口コミも分析】

SMBCモビットは利用限度額まで借入をしてしまうと、それ以上の金額は借りられません。 しかし、SMBCモビットに申し込むことで、利用限度額を増額することは可能です。 ただしSMBCモビットの増額は...

SMBCモビットの限度額増額申し込みは電話とアプリで【口コミも分析】

SMBCモビットのデメリットは?

SMBCモビットのメリットは?

では続いて、SMBCモビットのデメリットとしてはどのようなことが考えられるでしょうか。

定期的な収入がなければ利用不可

SMBCモビットは消費者金融なので、貸金業法の中の総量規制という規制の範囲内で融資を行わなければなりません。

そのため、定期的な収入がない人はSMBCモビットを利用することができません。

たとえば専業主婦のかたが、家計のやりくりをする際にちょっとお金が足りないからカードローンに頼ろうと思ったとしても、定期的な収入がないためSMBCモビットを利用することはできません。

また、申し込み者の収入次第では借り入れを希望している金額を借り入れられないというケースも考えられます。

関連記事をチェック!

89view

専業主婦はSMBCモビットで借り入れできる?

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融であり、テレビCMで名前を聞くことも多いため、利用を検討している人も多いのではないでしょうか。 そんな利用検討者の中には専業主婦の人もいるかと思いますが...

無利息期間の設定がない

多くの消費者金融が取り扱っている便利なサービスとして、一定期間は無利息で利用できるというサービスが挙げられますが、SMBCモビットではそのようなサービスを取り扱っていません。

そもそもの金利設定で銀行カードローンに水をあけられていることの多い消費者金融にとって、無利息サービスは返済負担を少しでも抑えられて利用者にアピールできる絶好のサービスなのですが、SMBCモビットにはそういった観点での強みはありません。

借り入れ経験が豊富な人であれば、「消費者金融=無利息期間」というようなイメージを抱いているかもしれませんが、SMBCモビットを利用する場合にはその考えを改めておかなければなりません。

ATMで手数料が必要なことが多い

SMBCモビットで借り入れを行う方法には、ローンカードを利用してATMで借り入れを行う方法と口座への振り込みで借り入れを行う方法の2つがありますが、SMBCモビットでは自社ATMの設置を行っていません。

そのため、ATMで借り入れを行う場合は提携ATMを利用する形になるのですが、自社ATMではないためATMの利用手数料を負担しなければならないケースが多いのです。

SMBCモビットでも、同じ金融グループに属している三井住友銀行のATMであれば手数料無料で利用することが可能なのですが、それ以外のATMでは手数料が発生してしまいます。

自社ATMはもちろん提携ATMでも利用手数料が無料なカードローンも多くある中で、利用手数料無料で借り入れを行える手段が限られているのは、大きなデメリットととらえられても仕方ありませんね。

関連記事をチェック!

1716view

SMBCモビットで千円単位でキャッシングする方法。ATMと振込の注意点

借金を増やさない最大のコツは、必要以上の金額を借りないということです。 10万円だけが必要なのに「もしかしたらいつかお金が足りなくなるかもしれないし・・・」と12万円借りてしまう、3,000円だ...

SMBCモビットで千円単位でキャッシングする方法。ATMと振込の注意点

まとめ

以上、SMBCモビットという企業の実態について説明を行ってきました。

SMBCモビットが消費者金融であること、それにも関わらず銀行系カードローンと勘違いされやすいことの理由はお分かりいただけたと思います。

メリットもデメリットもどちらも抱えているため、万人に対してオススメできるというわけではありませんが、うまくハマる人にはハマると言えます。

今回の説明を踏まえて自分にはSMBCモビットが合っているなと思われた方は、ぜひ利用を検討してみてくださいね。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談