アコムをセブンイレブンATMで借入・返済する前に知っておきたいこと

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アコムは近くにないけれど、セブンイレブンなら家の近くにあるという人も多いでしょう。

セブン銀行を利用すれば、アコムでの借入や返済を簡単に行うことが可能です。

ここでは、セブンイレブンでアコムを利用する前に、是非知っておきたいことをまとめました。

セブン銀行ATMは手数料が必要

セブン銀行ATMは手数料が必要
アコムのATMで借入や返済を行うときは手数料が不要ですが、コンビニATMや銀行ATMなどの提携ATMで借入・返済を行うときは、以下の利用手数料が必要になります。

  • 1万円以下の利用:108円
  • 1万円超の利用:216円

100円、200円の支出なら余り気にならないように思えますが、何度も利用していると支払金額が馬鹿にならない額になります。

セブン銀行のメリットとデメリット。普段使いの銀行にオススメ!

手数料は借入額に加算される

セブン銀行ATMでは小銭を投入することができませんので、手数料は借入額に加算され、次回以降の返済に組み込まれます。

返済額が予想よりも増えている場合は、手数料の代金が加算されている可能性があります。

次の記事では、アコムにおける返済方法について詳しく説明しています。

是非チェックしてみてください。

関連記事をチェック!

454view

アコムの返済方法、返済額【分割払いもマスター】

返済日は3パターン アコムには、返済期日が異なる3つの分割返済があります。 35日ごとの分割返済 毎月指定期日の分割返済 口座振替を利用する分割返済 これらの分割返済は、契...

セブンATMの設置台数はアコムの10倍以上

セブンATMの設置台数はアコムの10倍以上

セブンイレブンの店舗数は、2018年9月末時点で約20,600店舗となっています。

一方、アコムのATMは、2018年3月時点で約1,042か所です。

セブンイレブンのすべての店舗にATMが設置されているわけではないとしても、少なく見積もっても、アコムのATMと比べてセブン銀行のATMは、10倍以上の台数があると言えるでしょう。

一部セブンイレブンには、セブン銀行ATMがない可能性もあります。

セブン銀行の公式ホームページには、ATMの設置場所を検索できるページがあるので、セブンイレブンに向かう前に検索しておきましょう。

セブン銀行ATM検索

関連記事をチェック!

セブン銀行のメリットとデメリット。普段使いの銀行にオススメ!

ネット銀行はどこが良いのか比べる場合に、お得に利用できるかという点ですね。特にポイントが貯まるネット銀行ならさらに便利に使えるでしょう。 そこでおすすめしたいのがセブン銀行です。 普段の買い物だけでな...

セブン銀行のメリットとデメリット。普段使いの銀行にオススメ!

セブン銀行ATMなら千円単位でキャッシング

セブン銀行ATMなら千円単位でキャッシング

アコムの最小借入限度額は10,000円ですが、アコム社に問い合わせたところ、一回ごとの最小借入額は1,000円とのことでした。

つまり、アコムATMはもちろん、その他の提携ATMで借りるときも、最低借入額は1,000円となりますので、1,000円だけ、2,000円だけといった借り方もOKです。

細かく借りると無駄な借金が増えない!

例えば、3,000円だけ必要なときに、1万円単位でしか借りられないATMなら、必要もないのに1万円ものお金を借りなくてはならなくなってしまいます。

しかしながら、千円単位で借入可能なATMを使えば、3,000円だけ借りるということも可能なのです。

余分なお金を借りてしまうと、借金が増えるだけでなく利息も増えてしまいますし、無駄遣いをする可能性もありますので、良いことはひとつもありません。

アコムATMやセブン銀行ATMなら千円単位の借入がOKですので、無駄なく細かく借りることができるのです。

ただし、そのせいで借り入れ回数が増えることになると、手数料も多くかかってしまいますので気を付けましょう。

関連記事をチェック!

2845view

アコムの借入&返済!百円、千円単位が可能なATM

全国どこに住んでいる人でも利用できるアコム。 借入や返済に利用できるATMも多く、数あるカードローンの中でも利便性の高さはトップクラスです。 アコムの借入&返済は最低いくらから可能なのか、また、手...

セブン銀行ならほぼ毎日24時間利用可!

セブン銀行ならほぼ毎日24時間利用可!
アコムのATMでも24時間営業可能(すべてのATMに共通して月曜日1:00~5:00は利用不可)なATMはありますが、8:00~22:00しか利用できないATMも多く、夜間や早朝の利用は余り便利とは言えません。

一方、セブン銀行ATMは、設置しているセブンイレブンが24時間営業であるなら、毎週月曜日の1:00~5:00と、毎日23:50~0:10以外はいつでも利用できるのです。

夜間や早朝にお金を借りたいと思ったときは、アコムのATMではなくセブン銀行ATMに行く方がおすすめです。

なお、アコム等の消費者金融から最短時間で融資を受けたい人は、次の記事を参考にタイムスケジュールを立ててください。

関連記事をチェック!

309view

セブンイレブン(セブン銀行)でプロミスを利用するための全知識

プロミスは利用できるATMが非常に多いため、利便性が高いカードローンです。 利用できるATMには、セブンイレブンの「セブン銀行ATM」も含まれています。 今回はそんなセブン銀行ATMでのプロミスの...

セブン銀行以外で利用できるところは?

アコムの借入を行うときにはセブン銀行を利用することが多いですが、他にも様々なコンビニや銀行ATMで利用できます。

コンビニではローソン銀行ATMやファミリーマートなどに設置されているE-netでの利用や、三菱UFJ銀行、イオン銀行、一部の地方銀行、ネット銀行で利用が可能です。

ここでは、代表的なコンビニ、銀行ATMの手数料や営業時間について紹介します。

手数料

アコムの提携先ATMでの手数料は、セブン銀行以外も一律となっています。

したがって、10,000円までの利用手数料は108円、10,000円以上の利用手数料は216円で共通です。

関連記事をチェック!

181view

アコム振込返済の手数料と提携ATM一覧

アコムは同社のATMだけでなく、提携のATMなどからも振込返済ができてとても便利ですが、手数料がどの位かかっているか知っていますか。 借り入れたお金を返済するときに重要なのが金利と手数料です。 契...

営業時間

気になる営業時間ですが、こちらは提携先ATMによって大きく異なります。

E-netのATMは7時から23時40分まで、ローソン銀行は7時から23時までと深夜から早朝は営業していません。

また、三菱UFJ銀行ATMも8時から21時までとなっているため、営業時間が比較的短いです。

しかし、イオン銀行ATMのみ月曜日以外の毎日、0時10分から23時45分とほぼ24時間利用できます。

夜中や早朝に利用したい場合には、イオン銀行を利用することがおすすめです。

最小取扱単位

最小取扱単位もローソン銀行やE-net、イオン銀行など千円以上からとなっています。

ただし、ATMの設置店舗によっては、最小取扱単位が違っていたり、営業時間が異なったりするため、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

銀行名手数料営業時間最小取扱単位
ローソン銀行10,000円以下:108円
10,001円以上:216円
7:00~23:00千円以上
E-net10,000円以下:108円
10,001円以上:216円
7:00~23:40千円以上
イオン銀行10,000円以下:108円
10,001円以上:216円
0:10~23:45千円以上
三菱UFJ銀行10,000円以下:108円
10,001円以上:216円
8:00~21:00千円以上

セブンイレブンでアコム借入!流れを解説

セブンイレブンのセブン銀行ATMを使って、アコムカードローンを利用する方法を解説します。

アコムローンカードを挿入する

アコムのローンカードを、磁気ストライプがある方を下側にして挿入します。

カードの矢印の向きに注意してください。

「ご出金(借入)」をタッチする

アコムカードであることを読み取ると、画面左上に「アコムの取引」と表示されます。

画面の中央部分には「ご出金(借入)」と「ご入金(返済)」、「出金可能額照会」、「入金可能額照会」の4つの取引内容が表示されますので、「ご出金(借入)」を画面上でタッチしてください。

暗証番号を入力する

4桁の暗証番号を入力するようにと案内が表示されますので、お手元のテンキーを使って入力します。

取引金額を入力する

次に取引金額を入力するようにと案内されたあとに、1万円以上千円単位で必要な金額を入力します。

なお、借入限度額は利用者によって異なります。

上限額が分からない場合は、取引内容を指示する画面まで戻り、「出金可能額照会」を閲覧してから再度「ご出金(借入)」の手順にすすむようにしましょう。

取引内容を確認する

取引金額を入力すると、取引内容確認画面が表示されます。

内容に間違いがなかったら、右下の「確認」の部分をタッチしましょう。

ローンカードと明細書を受け取る

「確認」をタッチすると、ローンカードと明細書が出てきます。

両方忘れずに受け取りましょう。

現金を受け取る

最後に現金が出てきます。

金額に間違いがないか確認して受け取りましょう。

関連記事をチェック!

598view

アコム利用中にコンビニから入金できない場合の原因

アコムで返済するには、手軽に返せるコンビニが便利ですが、もし入金できない場合にはどのような原因があるのでしょうか? この記事では、ほかの返済方法を紹介した上で、コンビニから返済できない理由を解説しま...

借入以外の操作方法も解説

セブン銀行のATMでは、借入以外の手続を行うこともできます。

そこで、セブン銀行でのアコムの返済や、残高チェックなどの操作方法を解説します。

返済

アコムの返済を行う場合も、基本的には借入と同じ操作方法です。

カード挿入後の選択画面で入金を選択後に、紙幣を投入する流れとなります。

ただし、注意点としてアコムのクレジットカードを利用している場合には、入金の選択後にカードローンとショッピングの選択画面が写ります。

カードローンの返済を行いたい場合には、間違えずにカードローンを選択してください。

残高チェック

カード挿入後のメニュー画面で、「出金可能額照会」を選択することで借入可能残高を確認できます。

借入時に二度手間にならないよう、最初に出金可能額を確認しておくと良いでしょう。

一括返済

一括返済も入金で借入額を入れて行うことが可能です。

始めに、「入金可能額照会」で現在の借入金額を確認後、入金を選択して紙幣を投入してください。

ただし、ATMで一括返済を行った場合、千円未満の端数の支払を行えません。残った返済額は無利息残高となり、利息の支払は発生しませんが、完済しているわけではないため、他社でローンを組む場合には悪影響になる恐れがあります。

もしも、完済目的で一括返済をするのであれば、ATMではなく振込で返済を行うことをおすすめします。

関連記事をチェック!

107view

アコム利用中でもセブン銀行カードローンで借りれる?

セブン銀行のカードローンを契約するには、ある一定の基準を満たしてアコムの保証が受けられることが条件となっています。 今回はアコムを利用中でもセブン銀行カードローンは利用できるかについて調べました。 ...

関連記事をチェック!

118view

セブン銀行のキャッシングの使い勝手はいい?

セブン銀行は、セブンイレブンをはじめとしてイトーヨーカドーやそごうなど色々な商業施設にATMを設置しているため、非常に利用しやすい金融機関のひとつです。 そんなセブン銀行では、他の銀行と同じようにキ...

セブンイレブンのATMを利用するときの注意点

セブンイレブンのATMは営業時間も長く、設置店舗も多いため非常に便利ですが、利用時に注意しておきたいポイントも幾つかあります。

例えば、営業時間以外に利用できない時間帯があることや、利用額に上限があることなどです。

ここでは、注意点を大きく4つに分けて説明します。

システムメンテナンスなどで使えないときがある

セブンイレブンのATMは、いつでも0:10~23:50の間であれば、利用できることがメリットですが、一部利用できない時間帯や期間があります。

まず、毎週月曜日の1:00~5:00まではメンテナンス時間のため利用できません。

また、システムメンテナンスなど特別な事情がある場合にも、臨時で利用できないこともあります。

さらに、年末年始やゴールデンウィークなどの長期休暇中も、通常とは営業時間を変更している可能性があるため注意が必要です。

利用明細書が発行される

セブンイレブンのATMを利用した場合、利用明細書はATMから必ず、発行されるようになっています。

預金の引き落としと違って、受け取らないという選択肢はないため気を付けてください。

また、ATMでの借入や返済の場合には、利用明細書が郵送で送られることはないため、なくさずに大切に保管しておきましょう。

関連記事をチェック!

332view

アコムの利用明細書を完全解説!カードローン利用のたしなみ

アコムから借り入れを行っている場合、計画的に利用している人ほど、利用明細書をしっかりと確認しているようです。 利用明細書には今後の返済プランを立てる上で参考となる重要な情報が記載されていますので、す...

一日の引き出し額、振込額が決まっている

セブンイレブンのATMで引き落としを行う場合、1日の最大引き出し額や振込額が決まっていることにも注意をしなければなりません。

セブン銀行ATMでは、1日の利用上限の借入は50万円まで、返済は200万円までとなっています。

また、1回あたり50万円までの利用しかできないため、51万円以上の利用は分割する必要があります。

関連記事をチェック!

253view

アコムの借入場所と現金引き出し方法!引き出せないときはどうする?

アコムのカードローンに契約したとしても、すぐに現金が手に入るわけではありません。 アコムの現金引き出し方法と引き出せる場所・時間、そして、引き出せないときはどうすべきかについてまとめました。 ...

手数料がかかってしまう

セブンイレブンのATMは手数料がかかってしまうことも、重要な注意点と言えます。

手数料の支払は、借入、返済どちらでも必要となってしまうため、1回の利用で最低でも2回は支払う必要があります。

例えば、1万円以上の返済を5回にわたっておこなった場合、借入時も併せて6回の手数料を支払う必要があります。

6回分の手数料となると、1,296円となり利息と併せると馬鹿にならない金額です。

長期間にわたって返済を行う場合には、手数料の金額にも十分注意しなければなりません。

セブン銀行のメリットとデメリット。普段使いの銀行にオススメ!

セブンイレブンATMよりもお得なのは?


ここまでで、セブンイレブンATMでアコムを利用する場合の概要や、メリットなどについて理解できたかと思いますが、幾つか注意点やデメリットがあることも紹介しました。

そこで、セブンイレブンATMなどで発生する手数料など、一切発生させずにアコムの取引をする方法について、幾つか紹介していきます。

借り入れ

まず「借り入れ」のときに、できるだけ手数料をかけない方法です。

振込キャッシング

アコムで借り入れをする場合に手数料をかけたくないなら、「振込キャッシングを利用する」という方法が最も適切です。

振込キャッシングなら、通常かかる銀行振込手数料を、アコムが負担してくれますので、利用者は手数料無料で利用できます。

ただし、振り込んでもらった銀行から引き出す場合の手数料がかかると損をしてしまいますので、手数料無料の銀行へ振り込んでもらうようにしてください。

また、アコムの場合は楽天銀行の口座を持っていると、24時間365日瞬時に振り込んでもらうことも可能です。

※楽天銀行以外の口座振込(ゆうちょ銀行は除く)は、平日の14:30までが当日の振込入金の締切り時間

アコムの自社ATM

また、アコムの自社店舗でのATMで借り入れした場合も手数料はかかりません。

ただし、ATM取扱い可能時間については、24時間可能なATMと、夜中は取り扱いできないATMがありますので、詳しくはアコムのHPで確認することをおすすめします。

返済

二つ目は返済時に手数料をかけないやり方を説明します。

インターネット返済

アコムで返済をする場合に、以下の銀行口座を持っていて、インターネットバンキングが利用できる状態なら、アコムの「インターネット返済」が利用できます。

さらに、このインターネット返済についても手数料は一切かかりません。

給料の振込に使っている口座で、インターネットバンキングを利用できる場合、入出金に関して手数料を払う必要がないため、非常におすすめです。

<インターネット返済が可能な銀行口座>

三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行等。

その他の銀行については、下記参考サイトにて確認してください。

◆アコム公式サイト:「インターネットバンキング可能金融機関(銀行・信用組合)」

振込返済

また、上記のインターネット返済以外でも、振込手数料が無料の銀行なら、アコムの返済用の口座に直接振り込むことで、手数料無料で返済することが可能です。

例えば筆者の場合も、じぶん銀行のATM手数料が使える回数までは、アコムへの返済に使ったりもしています。

関連記事をチェック!

90view

アコムの返済は口座引き落としが吉!

アコムには、多彩な返済方法があります。 しかし、絶対的におすすめの返済方法は“口座引き落とし”です。 口座引き落としを選ぶべき理由、そして、返済額が借入残高に反映されるタイミングについて解...

コンビニ手数料がかからないローン

ここまでは主にアコムの情報を紹介してきましたが、ここからはアコム以外の他社カードローンでの手数料についても紹介していきます。

アコム以外ならレイクが断然有利

以下がアコム以外のカードローンを、利用する場合の「ATM手数料」の一覧です。

これを見ると一目瞭然ですが、「レイク」がコンビニATM手数料無料となっていますので、圧倒的に有利であることが分かります。

カードローン名ATM手数料
レイク自社ATM、全国のコンビニATM・提携銀行ATM手数料無料
プロミス自社ATM、三井住友銀行のATMは手数料無料。その他提携銀行やコンビニATMは手数料がかかる。ただし、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末を利用して返済する場合は手数料無料
SMBCモビット三井住友銀行のATMは手数料無料。その他提携銀行やコンビニATMは手数料がかかる。
アイフル自社ATMは無料。提携ATMは手数料がかかる。

ATM利用回数は極力減らそう

tsuchimoto0I9A6570_TP_V
近くのセブンイレブンでお金が借りられるということは、非常に便利なことですが、借入のたびに手数料がかかっていることを常に心にとどめてください。

例えば、1か月に3回15,000円ずつ、セブン銀行ATM経由で借り入れるなら、648円もの手数料がかかってしまいます。

これは、45,000円を、金利18%で1か月借りたときの利息にほぼ匹敵します。

はっきり言って無駄なお金なのですから、利用するのは1か月に多くても2回までに制限するようにしてください。

また、アコムのATMもセブンイレブンと比較すると少ないですが、十分な設置台数のため、家や職場の近くにある可能性が高いです。

最寄りにアコムATMがないか検索してみてください。

まとめ

アコムは全国のセブンイレブンのATMで返済や借入ができるため、急な出費や返済をうっかり忘れていた場合に利用しやすいです。

しかし、ATMばかり利用していると、手数料の金額がかさんでしまうため、思わぬ出費につながってしまいます。

セブン銀行のATMは緊急時の返済や借入として、基本的には手数料のかからない方法をとりましょう。

セブン銀行で小銭の入出金は可能?唯一小銭が取り扱いできる方法とは

関連記事をチェック!

341view

アコムをファミマで利用する方法と注意点

アコムを利用する方法として、コンビニのATMを使う方法があります。 アコムが利用できるコンビニのATMにはセブン銀行のATM、ローソンATM、イーネットのATMがあります。 今回は、コンビニのファ...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談