ノンバンクカードローンと銀行の違いとは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

銀行カードローンという言葉は、「銀行が取り扱っているカードローン」なんだなと何となく意味が分かりますが、「ノンバンクカードローン」とはどのようなカードローンなのでしょうか。

「ノン」バンクですから、銀行が扱っているのではないということは何となく分かりますが、ハッキリとは分かりません。

そこで今回は、ノンバンクカードローンについての説明を行っていきます。

ノンバンクって一体何?

ノンバンクって一体何?

まずは、「ノンバンク」という言葉の意味について考えていきましょう。

みなさんご存知の通り、「バンク」は「銀行」という意味ですよね。

銀行では、預金の預け入れや為替・融資といった総合的な金融事業を行っており、それぞれの事業を通じて日本の金融を安定的に保つ役割を果たしています。

つまり、銀行が銀行たりえるのは現在銀行が行っている事業をすべて行い続けているから、ということでもあるのです。

これに対して、銀行の機能の中の1つである「融資」に特化した金融機関のことを、「銀行的な事業を行っているが銀行ではない」という意味を込めて、ノンバンクと呼んでいます。

一般的にノンバンクと言えば、消費者金融や信販会社・リース会社などを表すため、一口に「ノンバンク」と言ってもその実態は非常に広範な企業の集合体となるわけです。

ノンバンクカードローン≒消費者金融

しかし、「カードローン」を扱っている「ノンバンク」となると選択肢はほぼ1つとなり、それが消費者金融なのです。

信販会社の中にも一部カードローンを取り扱っているところはありますが、消費者金融と比較すると絶対数が少ないために、一般的にはあまり考慮に入れられないことが多くなっています。

そのため、「ノンバンクカードローン」という言葉は、ほぼほぼ消費者金融を指していると考えて、まず間違いありません。

現在日本でカードローンを取り扱っている主な業種が銀行と消費者金融ですから、銀行カードローンに対してノンバンクカードローンと考えると、覚えやすいかもしれないですね。

関連記事をチェック!

26view

一般の消費者金融の種類と特徴

一般の消費者金融とは、非合法な貸金業者と区別するために使われたり、事業者向けのローンと区別するために使われる言葉ですが、学生ローンや女性ローンとの区別で使われることもあります。 消費者ローンのこのよ...

ノンバンクカードローンの種類

ノンバンクのカードローンは消費者金融が中心ではありますが、信販会社やリース会社などもノンバンクカードローンを取り扱っている会社ではあります。

それぞれについて、概要を簡単に説明しておきましょう。

消費者金融

消費者金融は、個人に対する融資を中心に行っている金融業者です。

無担保無保証で利用できるカードローン・フリーローンを取り扱っているところが多いですが、業者によってはおまとめローン等の他のローンを取り扱っている場合もあります。

プロミス・アコム・アイフルなどが有名だとは思いますが、そういった全国規模で事業を行っている業者だけではなく、特定の地域を拠点として事業を行っている中小の業者も多数存在します。

中小の消費者金融は街金と呼ばれることも多く、街金は闇金と混同されることも多いですが、街金は真っ当に事業を行っている業者なので、しっかりと区別しておいてくださいね。

関連記事をチェック!

870view

消費者金融会社一覧

日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見...

信販会社

信販会社では各種ローンを取り扱っており、その中の1つとしてカードローンを取り扱っているところもあります。

また、信販会社の中にはクレジットカードを取り扱っているところもあるため、クレジットカード会社と信販会社の違いがあいまいになっているという人も多いのではないでしょうか。

今回は消費者金融の話を中心に進めていくので、信販会社について掘り下げた話はしませんが、「信販会社でもカードローンを取り扱ってるところがあるんだな」程度の認識を持っておいていただければOKです。

関連記事をチェック!

110view

信販会社とは?定義と特徴を紹介

「信販系のクレジットカード」という言葉を聞いて「信販系ってなに?「他のカードとどう違うの?」と考えたことがある人も多いのではないでしょうか? 私たちが、クレジットカードを使用する場面では、信販系も他...

リース会社

リース会社もノンバンクの一種ですが、実際のところカードローンを取り扱っているリース会社はほぼありません。

リース会社でお金を借りる場合は、「事業用の設備投資のお金」を借りるケースが大半だからであり、そういった資金はカードローンでは借り入れられないからです。

そのため、リース会社はノンバンクではありますが、カードローンを利用するということを考える場合には、基本的に選択肢から外しておいてOKです。

ノンバンクカードローンのメリット

ノンバンクカードローンのメリット

ではここからは、ノンバンクカードローンについて色々な側面から考えていきます。

まず最初は、ノンバンクカードローンのメリットに関してです。

即日融資が可能なことが多い

一般的にノンバンクカードローンと言えば「融資までのスピードが速い」というイメージがありますが、まさにその通りで申し込んだその日に融資を受けられる、いわゆる「即日融資」が可能なところが多くなっています。

大手と呼ばれるアコム・プロミス・アイフルを筆頭に、SMBCモビット・ノーローン・レイクALSAやその他の多くの中小業者でも、即日融資が可能な体制を敷いています。

カードローンに申し込んでくる人の中には、緊急の資金需要で申し込んでくる人もいるでしょうから、即日融資が可能というのは大変助かります。

スムーズに手続きが進めば1時間前後で融資を受けられることもあり、その手際の良さには驚かされるばかりです。

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

関連記事をチェック!

218view

即日融資とは

カードローンで即日融資を受けるポイントをご紹介します。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 振込融資とは 振込融...

関連記事をチェック!

40view

非公開: (統合)【即日入金】お金を即日融資受けるなら消費者金融がイイネ!

お金の融資を即日にできるなんて消費者金融ならほぼデフォですよね。何をいまさら、という気もしますがもう一度念のため借入方法をまとめてみましょう。 急にお金が必要になったらどこに申し込めば良いのか、何時...

無利息サービスが利用可能

そして、ノンバンクカードローンの大きな特徴の1つである「無利息サービス」ですが、これも立派なメリットと言えます。

多少の例外を除いてはほぼ「初回利用者」に限られますが、一定の期間(だいたいの業者で30日間)であれば無利息で利用できるため、その期間中に完済できれば利息を支払わなくてもすむのです。

そのため、「給料を前借りしている」のとほぼ同じ感覚で利用できて、大変便利なシステムです。

また、プロミスのようにポイントを貯めて無利息期間と交換できるところや、ノーローンのように毎月1回であれば何度でも無利息期間が利用できるところのように、個性的な無利息サービスを提供している業者もあります。

それぞれの資金の借り入れかた・使いかたに応じて、自身に適した無利息サービスを提供する業者を選ぶといいでしょう。

関連記事をチェック!

24view

プロミスの30日間無利息とは?

お金を借り入れると利息が発生するということは、多くのかたがご存知だと思います。 しかし金融期間によっては無利息期間を設けているところもあるため、その期間をうまく利用できればお得に借り入れが行える場合...

関連記事をチェック!

294view

無利息でお金を借りる方法は2通り!消費者金融の無利息サービスを比較することが重要

お金を借りるときに気になるのが「金利」です。 金利は高ければ高いほど返済時に発生する利息が増えるため、できるだけ低い金利、極論を言えば無金利でお金を借りたいというのが多くの人の願望でしょう。 そこ...

口座を開設せずとも利用可能

銀行カードローンでは、その銀行の口座を開設することが利用の条件になっている場合もありますが、既に他の銀行の口座を持っている場合には、新たに口座開設の手続きを行うのが面倒な場合もあります。

しかしノンバンクでは、「預金」という業務を行っていないため口座開設を行う必要がありません(そもそもできません)。

振込融資を希望する場合でも、自分が今利用している銀行の口座を指定するだけでいいので、取引をしている銀行の種類に関わらず、非常に多くの人が利用できるようになっています。

また、ノンバンクカードローンの中には、特定の銀行口座だと土日でも振込融資が可能といったような、さらに便利なサービスを受けられるところもあります。

それぞれのカードローンの振込融資の取り扱いかたを、よくチェックしておくといいでしょう。

ノンバンクカードローンのデメリット

ノンバンクカードローンのデメリット

続いてはデメリットです。

金利の設定が高めのことが多い

ノンバンクカードローンのデメリットとして一番に挙げられるのは、やはり「金利が高めである」ということです。

借り入れの後には必ず返済が待っている以上、返済負担に大きく関わることになる金利は、カードローンの取捨選択の際に重要なファクターとなります。

利息制限法では、10万円未満の借り入れで20.0%、10万円以上~100万円未満の借り入れで18.0%、100万円以上の借り入れでは15.0%が上限金利として設定されています。

カードローンの適用金利は審査結果次第で決まることが多いですが、この上限金利近くでの借り入れとなることも珍しくありません。

特に返済期間が長期に亘りそうな場合には、ノンバンクカードローンの金利の高さは際立ったデメリットになると言えそうです。

銀行系カードローンの金利水準を具体例で確認してみましょう。

①三菱UFJ銀行「バンクイック」:年率1.8%~年率14.6%
②三井住友銀行:年率4.0%~年率14.5%
③楽天銀行:年率1.9%~年率14.5%

一方、ノンバンクカードローンの具体例としての金利は以下になります。

①アコム:年率3.0%~年率18.0%
②プロミス:年率4.5%~年率17.8%
③アイフル:年率3.0%~年率18.0%

銀行系カードローンの上限金利(年率)が14%台であるのに対して、消費者金融系カードローンの金利は18%前後に設定されています。

そのため、おおよそ3%前後の金利差があることになり、ノンバンクのカードローンの方が高いということが解ります。

関連記事をチェック!

59view

1番低金利の銀行系・消費者金融カードローンでお金を借りたい

カードローンでお金を借りるなら、できるだけ金利が安いところで借りたい、と誰しも考えるはず。 先日金融のプロであるあるAFP認定者などがカードローン会社を一覧にしたこともあり、本日はそちらを参考にしな...

年収の3分の1までしか借りられない

そして人によっては、「総量規制」の存在もデメリットとなりそうです。

総量規制とは、貸金業法という法律で定められている規制で「貸金業者から融資を受ける場合、自身の年収の3分の1までしか融資を受けることができない」という内容です。

消費者金融は貸金業者であるため、消費者金融での借り入れを検討している場合、総量規制の範囲内でしか融資を受けられません。

つまり、申し込み者の年収が300万円だとしたら、本人がどれだけ希望しようとも100万円超の借り入れは行えないのです。

生活費を補う程度の金額を希望している人は問題ありませんが、まとまった金額の融資を受けたい人にとっては、総量規制は大きな壁として立ちはだかることになります。

関連記事をチェック!

1470view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

限度額の設定は低めのことが多い

総量規制うんぬんではなく、そもそもの限度額設定自体が銀行カードローンの限度額設定よりも総じて低めになっているということも、まとまった金額を借り入れたい人にとっては問題点だと言えます。

大手であればアコムで最大800万円、プロミスで最大500万円といったようにそれなりの限度額設定となっています。

ただ、中小の業者の場合には200万円や100万円、中には最大融資限度額が50万円という設定のところも多々あります。

大手でまとまった金額が借り入れられるなら、大手で借り入れればいいのではないかと思われるかもしれませんが、色々な事情で中小でしか融資を受けられない人もいるのです。

そういった人たちにとって、希望している時に希望している金額を借り入れられない可能性が高いというのは、非常に残念なことです。

それぞれの借入可能額(上限)を具体例であげてみます。

①三菱UFJ銀行「バンクイック」:500万円
②三井住友銀行:800万円
③楽天銀行:800万円
④住信SBIネット銀行:1,200万円

次に、ノンバンクのカードローンは以下となります。

①アコム:800万円
②プロミス:500万円
③アイフル:800万円

銀行系カードローンの中には、住信SBIネット銀行のように、1,200万円という大きな限度額もあります。

しかし、その他を比べれば、銀行・ノンバンクともに、限度額は800万円を上限とするところが多く、大きな差は無いように見られます。

但し、実際の借入可能額は審査結果が大きく影響するため、商品内容の上限額だけで判断するのは難しいところです。

関連記事をチェック!

48view

非公開: (統合)カードローンはどこが「一番」借りれる!?

カードローンを選ぶ際には、色々な判断基準があります。 一番たくさんの金額を借り入れられるカードローンはどこか…一番審査に通りやすいカードローンはどこか…など、人によって重視するポイントは異なるでしょ...

銀行カードローンの特徴

ノンバンクカードローンと銀行カードローンは、何かにつけ比較される対象となります。

今回はノンバンクカードローン中心の説明ではありますが、銀行カードローンの特徴についても、簡単に触れておきましょう。

銀行カードローンの最大の特徴は、何と言っても低めに設定された金利です。

ノンバンクカードローンの場合、上限金利が18.0%近くになることが多いですが、銀行カードローンの上限金利は基本的に15.0%以下です。

金利が返済負担を大きく左右することを考えると、金利の低さは銀行カードローンを選ぶ大きな要素となるでしょう。

また、最大融資限度額が大きめに設定されているのも、銀行カードローンの特徴です。

先ほど、大手消費者金融の中には800万円や500万円という、比較的大きめな限度額設定を行っているところがあることはお伝えしましたが、銀行カードローンはその上を行きます。

ジャパンネット銀行の「ネットキャッシング」の最大融資限度額は1,000万円ですし、住信SBIネット銀行ミスターカードローンのプレミアムコースでは、最大1,200万円もの借り入れが可能です。

実際に適用される限度額は審査によって決まるとは言え、それだけまとまった金額を借り入れられる可能性があるというのは、特筆すべきポイントですね。

ただし、「低めに設定された金利」「余裕を持った利用限度額」と融資条件が非常に優遇されている分、審査通過難易度は高めに設定されています。

銀行カードローンの審査に通過できる自信がなければ、ノンバンクカードローンに申し込むのが無難かもしれませんね。

ノンバンクローンと銀行カードローンの比較一覧

金利や限度額など、カードローンにおいて重要な要素で、ノンバンクカードローンと銀行カードローンを比較してみましょう。

 ノンバンクカードローン銀行カードローン
金利比較的高め比較的低め
利用限度額比較的小さめ比較的大きめ
利用使途の制限原則自由
(事業性資金は除く)
原則自由
(事業性資金は除く)
審査基準属性・信用情報を用いる
比較的緩め
属性・信用情報を用いる
比較的厳しめ

各ノンバンクカードローン・銀行カードローンによって融資条件の詳細が異なるため、「比較的」という表現を用いることにはなってしまいましたが、おおまかに上表のような傾向にあります。

保証会社などの兼ね合いもありますので、ノンバンクカードローンの審査に落ちた人が銀行カードローンの審査には通るということも、十分ありえます。

ノンバンクカードローンと銀行カードローンのどちらを選ぶべきか悩んだ場合の、1つの参考としていただくといいでしょう。

ノンバンクカードローンを選ぶべき人

ノンバンクカードローンを選ぶべき人

では、ここまでのメリットやデメリットの話を踏まえて、ノンバンクカードローンを選ぶべき人はどのような人なのかについて、考えていきましょう。

審査に通過することが最優先な人

まずは、「審査に通過して借り入れを行う」ということが最優先事項であるという人です。

金利の高さと審査の通過しやすさは、ある程度比例する関係にあります。

そのため、金利が高いという側面はノンバンクカードローンのデメリットなのですが、それと裏表の関係にある「審査の難易度が低い可能性が高い」という側面は、ノンバンクカードローンのメリットとなりえるのです。

「可能性が高い」というような回りくどい言いかたをしていますが、実際の審査難易度に関してはそれぞれの業者から公式な発表があるわけではないので、あくまで推測的な表現となってしまうのです。

返済負担などはいったん置いておいて、「確実に借り入れること」を重要視している場合では、ノンバンクカードローンを検討候補とするといいでしょう。

関連記事をチェック!

132view

誰でも確実に審査が通るキャッシングは存在する?

急な出費でお金が必要なのに、既に契約中のカードローンは限度額まで借りてしまっていることもあります。 しかし、他社のカードローンに申し込んでも、審査に通るか不安になってしまいます。 誰でも審査に通る...

初回利用者で短期で完済できそうな人

続いては、初回利用者でなおかつ短期間で完済できそうな人です。

つまり、ノンバンクカードローンの大きな特徴の1つである「初回利用者限定の無利息期間」を利用できる人ということです。

無利息での返済というのは、ノンバンクカードローン以外ではほとんど見かけませんが、返済負担を抑える最高のサービスですので、利用できる人であれば利用しない手はありません。

また、無利息期間に完済しなければならないわけではなく、無利息期間中に返済したものに関しては利息が発生しないということなので、完済に近い金額を返済できるようであれば同様にオススメです。

50万円を借り入れたとして無利息期間中に40万円の返済を終えることができれば、利息が発生するのは10万円分だけになり、返済負担がグッと抑えられますからね。

関連記事をチェック!

34view

短期融資におすすめの金貸!~消費者金融か銀行か~

給料日前やボーナス前にどうしてもお金が必要になってしまったときなど、短期間だけ融資を受けたいということもありますよね。 今回は、そんな短期融資におすすめの金貸しといえばどこか、具体的に例を挙げてご紹...

土日に即日融資を希望している人

最後は、土日に即日融資を希望している人です。

最近では銀行カードローンでも土日に審査を行ってくれるところが増えてきましたが、銀行カードローンでは土日に融資を受けられるところはあまりありません。

その一方でノンバンクカードローンであれば、自動契約機等を利用することでローンカードを当日中に発行でき、そのローンカードを利用して即日融資を受けられるのです。

土日は多くの人が仕事が休みでしょうから、お金を使う機会も自然と増えると思います。

そんな土日にお金がピンチになり即日融資を受けたいという人は、ノンバンクカードローンを利用しましょう。

関連記事をチェック!

168view

土日休日即日融資可能なカードローンや街金

急な出費というのは平日に限ったことではありません。土日や祝日でもお金を借りたいとなることも多いですよね。 しかし金融機関は土日祝日が休みです。 だとするとカードローンでお金を借りるのはちょっと無理...

関連記事をチェック!

229view

土曜日でも日曜日でも無審査で即日融資できる金融業者って?

土曜日や日曜日に急きょお金が必要になることもあります。 そんなときに無審査で即日融資できる、金融業者はあるのでしょうか? 今回は、そもそも無審査での融資は可能なのか、土曜日や日曜日にも即日融資可能...

銀行カードローンを選ぶべき人

銀行カードローンを選ぶべき人

では逆にノンバンクカードローンの比較対象として、銀行カードローンを選ぶべき人はどのような人かについても、考えていきましょう。

その銀行と既に何らかの取引がある人

銀行ではカードローン以外にも多くのローンを取り扱っていますし、預金や為替の業務も行っています。

もしあなたが、カードローンを申し込もうとしている銀行で、既に何らかの取引を行っているのであれば、それはチャンスかもしれません。

銀行では利用者に関する情報をまとめて管理しているため、その情報が審査の通過可否や適用金利の決定に対して、プラスの影響を与える可能性があるからです。

もちろん銀行との取引がどのように影響を与えたのか、そもそも本当に影響を与えたのかということを我々が知る術はありませんが、少しでもプラスになる可能性を見過ごす手はないのではないでしょうか。

できるだけ金利を抑えたい人

できるだけ金利を抑えて借り入れを行いたい人も、銀行カードローンを利用すべきだと言えます。

銀行カードローンはノンバンクカードローンと比較すると、総じて低めの金利設定となっているため、金利を抑えて返済負担を和らげたいという人にはうってつけのカードローンです。

実際に適用される金利は審査によって決定されるため、金利幅の中で上限に近いほうの金利が適用になってしまう可能性も考えられます。

そうだとしても、そもそもの上限設定が低い銀行カードローンのほうが有利であることに、変わりはありません。

属性や信用情報が優秀な人の場合は、適用金利も低めとなる可能性が高いので、さらにオススメです。

関連記事をチェック!

247view

借金の金利の相場を知っておこう

借金をすれば必ず金利がかかります。親や友達など個人間融資であれば無利息ということもあるでしょうが、金融機関からお金を借りれば必ず利息が必要です。 利息は金利によって計算することができます。また金利に...

大きな金額の借り入れを希望する人

銀行カードローンの特徴は金利の低さだけではなく、最大融資限度額の大きさにもあります。

先ほど少し触れたように、住信SBIネット銀行が取り扱っているミスターカードローンでは、審査の結果プレミアムコースが利用できれば、最大で1,200万円もの借り入れが行えます。

その他にも、東京スター銀行や横浜銀行のカードローンでは最大で1,000万円の借り入れが可能と、ノンバンクカードローンを上回る最大融資限度額設定となっています。

銀行カードローンは総量規制の影響も受けないため、とにかく大きな金額の借り入れを希望しているという場合には、銀行カードローンに軍配が上がりそうですね。

ただし、最大融資限度額はあくまで「この金額まで借り入れられる可能性がある」というだけで、審査結果に応じてそれぞれの人に見合った限度額が設定されることには、注意しておかなければなりません。

関連記事をチェック!

116view

住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」~即日融資可能?~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」について説明したいと思います。 ミスターカードローン4つの特徴 1:ネット銀行ならではの低金利 ミ...

なぜ金利が高いのか?

前述の通り、銀行とノンバンクのカードローンを比較した場合、ノンバンクの金利が高いのが大きな特徴となります。

それでは、なぜ、ノンバンクのカードローンは金利が高いのでしょうか。

リスクの高い融資も行う

一般的に、銀行カードローンに比べて、ノンバンクの方が、審査には通りやすいと言って良いでしょう。

銀行カードローンは金利が低いため、審査に問題なく通る方は銀行から借入した方が得になりますので、ノンバンクを利用する人は少なくなります。

そのため、ノンバンクのカードローンに申込される方は、銀行の審査に落ちた方や、急ぎで借入する必要があり、銀行だと間に合わないという方が多くなります。

つまり、ノンバンクは銀行に比べて、リスクの高い融資が多くなってしまう分、融資後の回収に問題があるケースも多くなってしまいます。

そういった損失も含めて金利を設定する必要があるため、ノンバンクの借入金利は高くなると考えられます。

調達金利が高い

ノンバンク自体の資金調達にも理由があると考えられます。

銀行、ノンバンクともに、貸付を行うには原資となる資金を調達する必要があります。

銀行の場合は、資金調達の1つとして、個人や企業からの預金を受け入れしています。

三菱UFJ銀行を例とすると、2018年10月現在の普通預金の金利は0.001%(年利)となっていますので、かなりコストの低い調達と言えるでしょう。

加えて、銀行は信用力が高く、社債などで資金調達するとしても、非常に低い金利で借入できます。

一方、ノンバンクは預金を受け入れできませんので、銀行から借入するなどの方法が必要ですが、銀行と違い、調達金利は高くなってしまいます。

銀行と、ノンバンクでは、調達金利自体にも差があるため、ノンバンクの金利は高くなってしまうと言えます。

おすすめのノンバンクカードローン

では最後に、おすすめのノンバンクカードローンを紹介しておきましょう。

SMBCモビット

まずはSMBCモビットです。

SMBCモビットでは「WEB完結」の申し込み方法が利用でき、申し込みから契約までのすべての手続きを、インターネット上で完結させられます。

カードローンの利用を周囲に知られたくない人や、仕事が忙しくて自動契約機の営業時間に間に合わないような人には、特におすすめです。

ただし、後述するプロミスやアコムにあるような無利息期間サービスを取り扱っていない点には、注意しておく必要があるでしょう。

最後に、SMBCモビットのカードローンの商品スペックをまとめておきましょう。

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
対象者満20歳以上69歳以下のかた
安定した収入のあるかた
使用目的自由
(事業性資金は除く)
融資限度額1万円~800万円
返済日毎月5日or15日or25日or末日
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人原則不要

関連記事をチェック!

124view

SMBCモビットのメリットデメリットを徹底的に分析!

SMBC モビットは2018年オリコン顧客満足度ランキングノンバンク部門で2年連続NO.1を受賞しています。自動契約機は三井住友銀行のローン契約機も利用できるため、ますます顧客数を伸ばしているといい...

プロミス

続いては、大手消費者金融の一角を占めるプロミスです。

プロミスでは自社で自動契約機を設置しているのはもちろんのこと、三井住友銀行内に設置されているローン契約機でも、プロミスの契約が行えます。

インターネットからの申し込みも可能で、審査結果もスピーディーに分かるので、非常に即日融資を受けやすい環境が整えられていると言えるでしょう。

初回利用者限定で30日間無利息のサービスも行っているので、無利息サービス期間中に返済できれば、利息の上乗せなしでの完済も可能です。

プロミスのカードローンの商品スペックは、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
4.5%~17.8%
対象者満20歳以上69歳以下のかた
安定した収入と返済能力を有するかた
使用目的生計費に限る
(ただし個人事業主のかたは、生計費および事業費に限る)
融資限度額~500万円
返済日毎月5日or15日or25日or末日
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人原則不要

関連記事をチェック!

312view

プロミスの借入方法・返済方法~審査・返済日返済額・延滞まで~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は大手消費者金融であるプロミスについてご説明したいと思います。 消費者金融と言うとなんとなくイメージが悪いと感じる人も多いかもしれませんが、プロミスは金利が他の...

アコム

最後にアコムですが、アコムも「むじんくん」と呼ばれる自動契約機を全国に多数設置しているため、即日融資を受けやすい消費者金融の1つです。

プロミス同様に、初回利用者限定の無利息サービスが利用できるのもありがたいですね。

アコムとプロミスのどちらでも無利息期間サービスが利用できる人は、どちらの自動契約機が家や職場の近くにあるかで、利用するところを決めてしまってもいいかもしれません。

アコムのカードローンの商品スペックは、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
対象者満20歳以上のかた
安定した収入と返済能力を有するかた
使用目的自由
(事業性資金は除く)
融資限度額1万円~800万円
返済日毎月指定の返済期日or35日ごと
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人原則不要

関連記事をチェック!

101view

アコム審査は簡単で誰でも借りれるの?

アコムは誰でも借りれるのか。 正社員でなくてもパートやアルバイト、学生でもアコムから借りることができるのか。 アコムに初めて申し込む人にとっては気になるポイントです。 消費者金融大手のアコムだか...

まとめ

以上、ノンバンクカードローンについての説明を中心に行ってきました。

ノンバンクカードローンよりも消費者金融と言われたほうがピンとくる人が多いと思いますが、銀行カードローンと並んで、お金がピンチの時には頼りになる存在です。

ノンバンクカードローンと銀行カードローン、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握した上で、自分にとって最も適したものを利用したいですね。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談