おまとめローンの返済方法を間違えると損をする

執筆者の情報
名前:馬沢結愛
年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

間違った返済方法で損をする

OOK75_butaretakotonainoni20141221144036_TP_V1

おまとめローンは複数のローンを1つにまとめることによって毎月の返済額や利息の負担を軽くすることで、完済するまでに支払う総額も少なくなります。

しかし、いくら金利が低くなって返済がしやすくなったといっても、返済方法を間違ってしまうと逆に損をしてしまう場合があります。

ですので、返済がしやすくなるというだけでおまとめローンを借りることは危険であり、きちんとした知識を持って借りることによって損をするリスクをなくすことができます。

また、審査の結果などによっては希望する金額や金利で借りることができないということもありますので、このような場合にもきちんと理解をしておけば損をしないでおまとめローンを借りることができます。

おまとめローンのメリット

おまとめローンの間違った返済をしないための方法を紹介していく前にまずはおまとめローンを利用することによって得られるメリットを挙げていきます。

  • 毎月の返済額が少なくなる
  • 利息の負担が軽くなる
  • 総額で支払う金額が少なくなる
  • 借入によって違う返済日が1つになる
  • 借入金残高の把握が簡単になる

このようなメリットが挙げられますが、返済方法によって損をするということはこのようなメリットを上手く活かしていないということによって損をしてしまいます。

関連記事をチェック!

おまとめローンの仕組みとメリット

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 おまとめローンの仕組み おまとめローンとは、複数社から借り入れ...

おまとめローンのデメリット

どんなものでもメリットとデメリットがあるように、おまとめローンにも利用することによってデメリットとなることがあります。

しかし、メリットとは違い借入するとすぐにデメリットが出てくるというものは少なく、契約の仕方や契約後の行動によってはデメリットとなるものがほとんどです。

おまとめローンのデメリットは、

  • 総額で支払う金額がまとめる前よりも多くなる
  • 借金が少なくなった、または無くなったと錯覚を起こす
  • 借入金の総額がまとめる前よりも多くなる

以上のことが挙げられます。

多重債務者は借金に対する抵抗や感覚が鈍くなっていることが多く、毎月の返済額が少なくなると「以前はこのくらいまで返済できていたから」などといって新たに借入をしてしまう人もおり、そのような行動がデメリットに繋がっています。

関連記事をチェック!

おまとめローンのデメリットについて考えたことある?

おまとめローンにはデメリットがある? 借金の完済を目指すおまとめローンはメリットばかりではありません。 ご説明します。 借入金額が大きくなりやすいおまとめローンを選択するには、きちん...

返済期間は必要以上に長くしない

c23ed4d16b2362053ebcfd8a6db6552e_t (1)

おまとめローンで損をする返済方法とは、返済期間を必要以上に長く設定して借りるということです。

おまとめローンは証書貸付という融資形態によって借りることになり、契約するときに借入額や金利、返済期間を決めて契約するローンです。

契約時に決めた内容は基本的に途中で変更することはできず、完済するまで契約した内容のまま返済していくことになります。

そうなるといくら金利が低くなったとしても総額で支払う金額が多くなってしまうことがありますので、総額で支払う金額まで考えたうえで返済期間を決めなければなりません。

関連記事をチェック!

おまとめローンで絶対にしてはいけないこと

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借金がなくなったと勘違いしない おまとめローンは複数のカードロ...

損をする返済期間の計算例

返済期間を必要以上に長くしてしまえばどのくらいの損をしてしまうのかというのを実際に計算していきます。

【計算例】

  • A社、B社、C社からそれぞれ100万円の総額300万円借入
  • 3社とも金利17%、毎月返済額の合計6万円
  • おまとめローン300万円、金利14%

まずはまとめる前の3社のカードローンを毎月の返済のみで返済したとすると完済するまでには7年4ヶ月(88回)かかり、総額では5,255,392円支払います。

次におまとめローンの返済期間を6年4ヶ月(76回)、7年4ヶ月(88回)、10年(120回)の3パターンで計算していきます。

返済期間6年4ヶ月
(76回)
7年4ヶ月
(88回)
10年
(120回)
毎月返済額59,741円54,645円46,579円
支払総額4,540,372円4,814,937円5,589,585円
毎月返済額の差-259円-5,355円13,421円
支払総額の差-715,020円-440,455円334,193円

このような計算となり、まとめる前と同等の返済額の場合、完済までの期間を同じとした場合にはどちらもかなりお得にます。

返済期間を10年とした場合には返済額は大幅に少なくなりますが、30万円以上も多く支払うことになります。

この計算結果からみても、毎月の返済額だけで返済期間を決めることは危険であるといえます。

関連記事をチェック!

おまとめローンの返済が10年の場合、利息はどう増える?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 返済期間の最長は10年が多い おまとめローンを返済していくため...

金利1%違うだけでも効果がある

3e45f463edd6e6ae742f9cf18e5fa648_t

まとめる前のローンとおまとめローンの金利に1%でも差があればそれだけでおまとめローンのメリットはあります。

先ほどの計算例のように借入金の総額が300万円ある場合、金利を17%と16%として30日で計算すると、17%で41,917円となり、16%では39,452円となります。

もちろんこの利息は借入当初にかかり、返済が進んで借入残高が少なくなるにつれて利息は少なくなってきますが、当初の金利負担で考えても30日で2,465円違います。

1年間にすると3万円弱の金利負担が少なくなりますので、金利差が1%でもある場合にはまとめた方が得になるといえます。

デメリットを理解したうえで借りる

5bbdc48c6d123d48eb3c842d9ed92be1_t

ここまではメリットのみを求める方法を紹介してきましたが、人によっては収入などの関係からとにかく毎月の負担を軽くしたいという人もいると思います。

たしかにまとめる前の返済額と同じ金額でおまとめローンの返済をするとなると、返済している間に急な出費に対応することが難しくなってしまうこともあります。

それまではカードローンであれば枠さえ残っていればいつでも借りることができましたが、おまとめローンは期間中の追加借入はすることができません。

こうなってしまうと新たにカードローンを契約したり、場合によってはヤミ金から借りるなどで結局借入総額を増やしてしまう場合もあります。

少し余裕を持って返済していくということも返済していくうえでは大事なことですので、返済額を優先した期間であってもきちんと総額で損をするということを理解していれば問題ありません。

要するに、何も考えずに借りることが問題であり、メリットとデメリットをよく理解して借りることが重要なのです。

繰上返済で金利負担を軽くする

おまとめローンは返済に特化したローンでありますので、返済の方法は「約定(返済」「繰上返済」「一括返済」の3つあります。

約定返済は決められた日に一定の金額を返済する方法で、一括返済は借入残高すべてを1度に返済してしまうという返済方法です。

繰上返済は借入残高の一部を返済することであり、お金に余裕があるときに返済することによって早く完済することができますし、その分の金利負担を軽くさせることができます。

返済期間を長くして毎月の返済額を軽くしている場合に余裕ができたら繰上返済をすることによってそのまま返済しているのでは支払総額が多くなってしまうデメリットを少なくさせることができます。

関連記事をチェック!

おまとめローンの返済方法を間違えると損をする

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 間違った返済方法で損をする おまとめローンは複数のローンを1つ...

おまとめローンの返済期間は短い方が得をする

目先の月返済額が低いというだけで、返済回数を増やすのは結果的に借金総額がおまとめする前と変わらないか、若しくは増えてしまいます。

せっかく金利を引き下げるのであれば、返済回数もできる限り短くして、早期完済を目指した方がお得だといえます。

契約期間10年以上に設定している金融機関は少ない

「返済期間が長くなるとまとめる意味がない」と幾らいわれても、やはり毎月の返済金額を少しでも押さえたい人や、先々のことを考えて万事に備えたいため最長の返済プランでローンを組んでおきたいという人もいるでしょう。

住宅ローンでも返済期間として最長35年はあるので、カードローンやおまとめローンでも10年以上の契約があっても不思議ではないのです。

しかし、実はおまとめローンやカードローンの最長返済を、6年~10年以内で設定している金融機関が多数を占めます。

融資金額が大きいのに、最長返済期間を短くしている理由のひとつに金利があげられます。

比較した住宅ローンの金利はどんなに高くても、10%以上の金利設定をしている銀行は現在ではありません。

住宅ローンは平均3.0%の金利で35年かけて支払っていくのに、金利平均10%前後もあるおまとめローンの金利を35年もかけて支払うのは、非現実的な話であるという理由が大きくなっています。

10年以上の契約期間を設けているのは3社のみ

10年以上の契約期間を設けている金融機関はないのかというと、実は存在はします。

しかし数は少なく、今回紹介するのは3社とします。

  • アコムの借り換え専用ローン(最長13年7か月、金利7.7%~18.0%)
  • プロミスおまとめローン(最長10年、金利6.3%~17.8%)
  • オリックス・クレジットのオリックスVIPローンカード(最長20年、金利1.7%~16.8%)

※オリックスカードレスカードVIP(最長20年、金利1.7%~16.8%)

特にオリックスカードの最低金利は1.7%と非常に低金利ですので、この金利で最長20年の契約をすれば確かに毎月の返済金額を抑えることは可能でしょう。

しかし新規申込者は信用力の問題などもあり、最初から低金利の契約という可能性はほぼありません。

カードローンとおまとめローンどちらが早く完済できるのか

結論からいうと、カードローンを複数社から借りているよりも、おまとめローンの方が早く完済します。

そもそもおまとめローンとカードローンの違いは、枠内追加融資が可能かどうかという点です。

おまとめローンは飽くまで返済を目的としているので、追加融資を一切受けることができません。

しかし、カードローンはどのような使い道であっても、規制されることはないので枠内追加融資も可能です。

幾ら金利が低くてもお金が足りなくなった都度に追加融資ができるのであれば、結果的に返済総額は高くなってしまいます。

しかし、おまとめローンは返済しかできませんので、借金が膨らむといった心配がありません。

おまとめローンの返済金額はどの程度変わるのか

おまとめローンでまとめた方が金利は低くなり、返済金額も少なくなるのが最大の魅力ですが、具体的に幾らの差額が出るのでしょうか。

具体的にどの程度返済金額は下がるのか

具体的な数字をあげて見ていきましょう。

例として先ほどと同じ条件(融資金額300万円、返済回数76回)で、金利18.0%と金利14.0%ではどの程度変わるのか計算をしました。

【金利18.0%の場合】…月の返済額66,424円 返済総額5,048,253円

【金利14.0%の場合】…月の返済額59,742円 返済総額4,540,388円

月の返済額の差額は6,682円となり返済総額の差額が507,865円と、50万円以上も差が生じます。

とても大きな差が出ることが分かるでしょう。

返済金額は金利に左右される

数%の金利でも返済金額に大きな影響を与えますので、おまとめローンを検討するときには、どうしても金利が低い金融機関に魅力を感じてしまいます。

しかし、新規契約者に初回から最低金利を適用する、金融機関はありません。

そのため最低金利で申込先を安易に決めるのではなく、まずは自身の借金総額を把握し、全額まとめた場合の融資金額で金利を確認していきましょう。

回数そして金利が現在よりも負担が少ないことが分かれば、その金融機関には申し込む価値があります。

無駄に申込先を増やすと、申込みブラック扱いとなり審査にとおりにくくなりますので、申込先は慎重に検討してください。

まとめ

おまとめローンは返済方法を間違ってしまえば思わぬ損をしてしまう可能性があります。

それはメリットとデメリットをきちんと理解していないがために起こることであり、おまとめローンの申し込み前に理解していればきちんとした契約ができます。

きちんとした契約といっても、その基準はあくまでもその人の状況に合っているかが重要となります。

いかに自分に合った内容で借りることができるのか、それによってどのようなメリットとデメリットがあるのかをきちんと把握し、支払いが多くなってしまう場合でも期間中に繰上返済などで利息負担を軽くさせましょう。

おまとめローンを借りる場合にはきちんとした返済計画を立てたうえで申し込みするようにしましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談