無職の専業主婦でも銀行カードローンからキャッシングで借りれる

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

家計を預かる専業主婦であれば誰でも1度は「今月家計がピンチ」という経験があるものです。

また、旦那さんの収入以外にも自分にも自由に使えるお金が欲しいものです。

そんな時にはカードローンがとても便利で、いまやカードローンは専業主婦でも借りることが可能です。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

記事の目次

収入がない専業主婦がどうしてお金を借りられる?

内閣府の統計によると平成25年の共働き世帯数が1,065万世帯であるのに対して、配偶者の一方だけが働くいわゆる専業主婦の世帯は745万世帯となっており、今や夫婦の約60%が共働き世帯です。

そのような中にあって、専業主婦でいることができるのは、配偶者の収入が安定していると推察できるため「専業主婦である」という事実自体が信用力の証明であると言えます。

また、専業主婦家庭において、主に家計を握っているのは主婦である場合が多く、お金を貸しても家計から返済すると見込める場合は、収入のない専業主婦も少額ですがカードローンを借りることができるのです。

ちなみに、主な消費者金融から専業主婦は借入れを行うことができません。

消費者金融などの貸付を規制する法律である貸金業法では、収入のない専業主婦が借入れを行う配偶者貸付には厳しく規制がかかっており、専業主婦が借入れを行うには、

  1. 夫の同意書が必要
  2. 夫の収入確認が必要
  3. 借入限度額は夫婦合わせて夫の年収の3分の1以内の総量規制の範囲内

という条件が定められており、実質的には夫に貸付を行うことと同じことで事務コストだけかかるため、主だった消費者金融は専業主婦への貸付は行っていません。

専業主婦がカードローンを借りるには貸金業法対象外の銀行系カードローンに限られます。

主婦がカードローンで借り入れ審査にパスするには

主婦がカードローンで借り入れ審査にパスするには

主婦が家計を預かるという形態は、日本特有かもしれません。

日本古来からの考えかたである、「男は仕事、女は家庭を守る」が現在も生きている証拠と言えるでしょう。

しかし、近年女性の社会進出が目立つようになり、女性が外で働くことが当たり前となっています。

そうなるとどうしても出てくるのが、お金の問題です。

パート主婦が増えることで勤務先での飲み会などもあるでしょう。

そうなると、お付き合いを避けることがなかなか難しいですね。

「給料前だというのに、飲み会だなんて困ったわ」となったとき、夫に相談するのはちょっと気が引けるものです。

パートで働いて家計を助けているのに、自由に使うことができる「お小遣い」があまりないのが現実でしょう。

家計が赤字になるのは「私のせいだ」と考える女性が多いのは、日本人の特徴でしょうか。

お金が足りないときには、実際何かしらの対策をしなければいけませんね。

主婦がカードローンで借り入れ審査に通ることはできるのか、ちょっと悩んでしまう問題です。

そんな多額でなく5万円10万円でいいと言うなら、カードローンの借り入れ審査に通ることは決して難しいことではないですよ。

主婦だからといって、カードローンの審査に通らないことはありません。

消費者金融や銀行で申し込み対象としているのは、安定した収入がある主婦です。

もちろん年齢も関係しますが、20歳から65歳程度なら大抵の金融機関は申し込みを受付しているはずです。

今回ご紹介するのは、主婦がカードローンで借り入れ審査にパスできるのか、という内容です。

初めて申し込む主婦の参考になるのではないでしょうか。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

関連記事をチェック!

1391view

専業主婦がローンを組める条件

主婦がカードローンを組める条件とは? カードローンを作るときにローン審査がありますが、ローン審査で問題がなければカードローンを作ることは可能です。 銀行や消費者金融業者はそれぞれ信用情報機...

収入があるのかないのか

「主婦のかたがカードローンを利用できるか」を考える際には、ひとつ問題があります。

主婦といっても、収入のあるパート主婦、収入のない専業主婦に分かれることです。

専業主婦だって家事一切をこなしているのに、何も褒美がないというのは寂しい話ですが現実ですね。

そんな悲しい現実が、カードローンを申し込むことができるのか、できないのかに大きく関係してくるのです。

「女性の社会進出を応援」と政府は言っていますが、家庭の事情で仕事に出ることができない女性も少なくないでしょう。

夫から預かった家計費をうまくやり繰りしながら、生活を切り盛りしていくというのは、結構な労力になると思いますよ。

収入があるのか、収入がないのかだけで割り切ることは悲しいことです。

しかしカードローン契約となると、そこが大きなポイントになるわけで、収入証明書を提出できないようでは、カードローンの利用は難しいのが現状です。

消費者金融を利用できないワケ~総量規制~

貸金業法が改正になったのは、2010年6月18日のことです。

改正前までは、専業主婦も消費者金融カードローンに申し込むことは可能でした。

しかし法律が改正された後は一転し、収入のない専業主婦は消費者金融カードローンに申し込むことができなくなっているのが、現状です。

夫が保証人になれば申し込めるカードローンも、カードローンに保証人をつけるということはなかなか難しく、日本貸金業協会でも勧めてはいないようです。

まして、内緒で借りるなんていうことは到底無理です。

貸金業法が改正になったことは、多重債務者を作らないという観点からすれば大きな前進です。

しかしその法律によって、専業主婦が融資対象から除外されることは、ある意味「差別」しているという見方もできます。

関連記事をチェック!

4623view

総量規制超えた!オーバーした場合やギリギリでも借りれる消費者金融

貸金業者は年収の1/3以上貸し付けることができないことになっております。 今回は消費者金融から総量規制をオーバーした借入を可能にすることはできないのか、元審査担当者が業界事情を交えて説明します。 ...

審査で本人確認電話はあるの?

最近では銀行でも消費者金融でも、インターネットから簡単に申し込めるようになっています。

専用アプリを用意してある企業も多く、スマホからも簡単に手続きができるようです。

インターネットのインフラが普及したおかげで、店頭まで行かなくてもカードローンの申し込みができるというのは、大変便利です。

24時間365日、いつでも都合のいい時間帯に申し込みができるわけです。

カードローンに申し込んだ後は審査が行われ、主婦の場合は在籍確認こそないものの、本人確認の電話はかかってきます。

申し込んだ主婦が本人なのか、またはイタズラなのか確認するために行う、重要な作業です。

家族に内緒でカードローンに申し込んだ主婦にとっては、金融業者のオペレーターから電話がかかってくるのは、悩ましい問題です。

本人確認以外にも、申し込んだ内容の確認もあるため、本人確認電話がかかってくることは、避けられないケースが多いです。

ただ、中にはWEB完結で申し込みを完了させられる業者もあります。

どうしても家族に内緒で申し込みしたいという主婦は、WEB完結を導入している業者に申し込むのが安全でしょう。

関連記事をチェック!

61view

プロミスでは本人確認の電話があるの?職場にもかかる?

即日融資やWEB完結申し込みなどで、利便性の高いプロミスでお金を借りようとネットで申し込みをしたら、プロミスから突然電話がかかってきて驚いたという人もいるかもしれません。 プロミスから電話がかかって...

家族に内緒かどうか

家族に内緒で申し込みをしている場合、カードローン会社に事情を説明すれば、本人確認電話をこちらが指定した時間に行うようにしてくれる場合もあります。

カードローン会社としても、利用者に便宜を図ることで契約してもらえる可能性が高まるのであれば、多少の努力は惜しみませんからね。

専業主婦の審査は信用情報だけ

専業主婦がカードローン審査の際に見られる点は大きく言えば個人信用情報の1点しかありません。

カードローン審査の際には年収や勤務先や勤続年数も重要な審査項目ですが、これらすべてがない専業主婦は個人信用情報の照会によってお金を貸しても大丈夫な人かどうか判断するしか審査基準がないのです。

個人信用情報とは、

  • 過去10年以内の自己破産などの官報(国が発行する機関誌で自己破産や個人再生などの情報が公開される)記載情報
  • 過去5年以内の代位弁済(延滞が長期化して保証会社などが返済金を立て替えた)
  • 数ヵ月に及ぶ返済の遅れがあった場合の記録や現在の借入金の状況
  • 過去2年分のクレジットカードや借入金の返済情報

などのお金に関する情報が記録されており、個人信用情報の照会の結果、お金を貸しても問題がないと判断できれば審査通過の可能性は非常に高くなります。

関連記事をチェック!

1130view

信用情報機関はCRINやFINEで情報共有している

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 審査に落ちるということは自分...

判断材料が他にない専業主婦は信用情報を厳しく見られる

専業主婦の審査が個人で所得を得ている人よりも甘いかどうかと言えばそんなことはありません。

審査項目が個人信用情報しかない分、個人信用情報はより厳しく見られます。

例えば、個人信用情報が多少汚れていても1,000万円所得がある人は「返済状況は多少遅れがあるが1,000万円も所得があれば大丈夫だろう」という判断がなされることは往々にしてあります。

しかし、収入がない専業主婦に例えばクレジットカードの支払状況に遅れがあった場合には、

「夫の給料が低いのかもしれない」とか、

「お金の使い方や管理が雑な人なのかもしれない」

といった判断がなされ、収入などによって信用情報のマイナスポイントをフォローすることができないため、審査に通らないということもあります。

審査に落ちたら次審査に通るために何を改善すればいいのか

専業主婦が審査に落ちる原因は個人信用情報に問題があるとしか考えられません。

そのため、審査に落ちたら個人信用情報が改善されるまで待つしか方法がありません。

関連記事をチェック!

5259view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

自己破産などの官報記載情報は消えるまで10年、代位弁済や長期延滞があった場合にはその情報が消えるまで5年、クレジットカードなどの支払い情報は2年分しか蓄積していませんので、当該期間が経過するまで、毎月期日通りに支払いを行っていくことで個人信用情報を改善できます。

関連記事をチェック!

58view

働いても生活が苦しいときはどうしたら良い?節約や対策を解説!

いくら働いても働いても、生活が苦しくてどうしようもできない、このような悩みを抱えている人は日本には数多くいます。 厚生労働省の調査によると、全世帯の50%以上が、生活が苦しいと答えています。 ...

働いても生活が苦しいときはどうしたら良い?節約や対策を解説!

携帯料金滞納で信用情報に傷

また、携帯電話会社などで携帯電話の端末代金を分割契約している人は携帯代金の支払いにも注意が必要です。

端末代金の分割契約はローン契約のような契約ですので、個人信用情報にその支払状況が記録されています。

そのため、毎月電話代金の支払いに遅れがある人はすなわち端末代金のローン契約の支払状況に遅れがあると判断されてしまうため、知らず知らずのうちに個人信用情報に傷がつくという場合があります。

端末代金の分割契約を行っている人は毎月期日通りに携帯電話料金の支払いを行いましょう。

自分の個人信用情報を知りたいという方はCICやJICCなどの信用情報機関は1,000円支払えば情報公開してくれますので、心配な方は調べてみることをおすすめします。

専業主婦が借り入れするなら銀行へ

専業主婦が借入するなら銀行へ

専業主婦が借り入れする場合、消費者金融業者は選べません。

なぜなら、総量規制の計算元となる年収がないからです。

専業主婦がお金を借りたい場合は、銀行へ申し込むことになりますね。

どうして銀行カードローンは収入がなくても申し込むことができるのか、ちょっと不思議ですね。

なぜなら、銀行は総量規制の対象外となっているからです。

総量規制の対象外ということは、年収が関係ありません。

多くの銀行は、専業主婦への貸付を行っています。

ただし多額の融資は無理で、10万円から30万円、多くても50万円までが一般的です。

収入がないのですから、そんなに多くの金額を借りても返済できません。

生活費から少しずつ返済するなら、10万円から30万円くらいがちょうどいいと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

52view

おすすめネット銀行カードローン、初めてのキャッシング

ネット銀行とは、ネット上のみで展開している銀行のことです。 楽天銀行をはじめ、住信SBIネット銀行、セブン銀行多くの銀行が存在します。 ネット銀行も個人消費者向けにカードローンサービスを提供してお...

関連記事をチェック!

418view

専業主婦でもキャッシング可能なクレジットカード

専業主婦は夫の収入の範囲で、家計を上手に管理しなければいけません。 しかし、使用目的を夫に知られず自由にお金を使いたいと考えたり、一時的にお金が不足していたりすることを夫に話せず悩むこともあります。...

配偶者貸付は期待できない

総量規制を導入するときに、収入のない専業主婦への対応として、「配偶者貸付」と言う例外規定を設けました。

配偶者貸付とは、夫婦の収入を合計してその3分の1までを総量規制とするものです。

それなら、収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンで契約できる可能性が残るというわけです。

しかし消費者金融業者では、配偶者貸付を受け付けていないところが大変多いです。

公式サイトを見ても、収入のあるかたを前提として申し込みを受け付けており、専業主婦は申し込みができないとしている業者が多いです。

専業主婦の収入はゼロ、夫の収入が600万円なら、合計金額600万円です。

総量規制に照らし合わせると、200万円まで貸付できることになってしまいます。

また、配偶者貸付を利用するには夫の同意書が必要となるため、手続きが煩雑となり行わないのです。

もちろん、内緒での契約はできません。

配偶者貸付制度があるのに利用しないのは、それぞれの消費者金融業者の考えかたですが、日本貸金業協会でも積極的に配偶者貸付を推進するとも言ってはいません。

せっかくの救済制度も、利用できないのでは全く意味がありませんね。

関連記事をチェック!

246view

配偶者貸付は総量規制対象外

総量規制ができてから、専業主婦はお金を借りにくくなりました。 しかし、配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることを知っているでしょうか。 配偶者貸付とはい...

銀行借り入れ審査とは

銀行カードローンは、収入のない専業主婦でも契約ができることは、ご説明した通りです。

借り入れ金額は少ないものの、申し込むことは可能です。

では、銀行借り入れ審査とはどのようなことをするのでしょうか。

基本的には、信用情報機関に照会し問題があるかどうか確認しますが、重要なのは配偶者に安定した収入があるかどうかです。

夫の勤務先や年収、および勤続年数が大きく関わってきます。

夫に同意書を求めるということはありませんので、内緒で申し込むことも可能ですが、銀行から郵送物が届くこともあって、決してバレないとは言えません。

関連記事をチェック!

1908view

銀行の借り入れ審査に通る基準,条件とは【融資審査員が語る】

他社借入状況の嘘はバレることを知っておこう ローンの申込時には「他社借入金額と件数」と申告する欄がありますが嘘は基本的にバレるものだと考えておきましょう。 審査には誰もが落ちたくないものです。 ...

返済率を計算してみよう

消費者金融カードローンでは、総量規制が利用限度額の目安となっています。

銀行でも返済能力があるかどうかの確認をしますよ。

銀行でチェックするのは返済率であり、返済率とは1年間に支払う返済金額を年収で割ったものです。

住宅ローンやカードローン、自動車ローンやクレジットカードの利用料金など、全て合計した年間の返済額、それにプラスして銀行カードローンの返済額の合計を、計算します。

たとえば年収600万円で、年間120万円支払っているなら、120万円/600万円x100=20%、これが返済率です。

銀行では返済率が40%未満を理想としているようです。

主に住宅ローンに対して返済率を用いることが多いのですが、カードローンでも利用している可能性は十分あります。

申し込む前に返済率がどのくらいあるのか計算し、40%未満であることを確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

3026view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借入する際...

銀行ローンは総量規制の対象外

銀行ローンは総量規制の対象外

キャッシングの商品を取り扱っている機関は、銀行・信用金庫・消費者金融などがあります。金融機関によって商品内容も様々であるため、目的や希望に合った商品を利用することが重要と言えます。

専業主婦がキャッシングを利用する場合においては、利用できる金融機関が限定されてしまいます。上記の金融機関の中で、消費者金融の商品は専業主婦では申し込むことができません。

専業主婦がキャッシングを行う場合は、銀行・信用金庫等(以下、銀行系)の商品を利用することができます。消費者金融と銀行系の大きな違いは、適用される法律が違う点です。

消費者金融は貸金業法が、銀行系は銀行法・信用金庫法が適用されます。消費者金融の貸金業法には総量規制という規制があります。総量規制とは、年収の3分の1以上は融資をしていはいけないという内容のものです。

例えば年収300万円の人の場合、総量規制が対象のキャッシングにおいては100万円が限度となり、100万円以上の融資を受けることができないことになります。消費者金融の商品は、全て総量規制の対象となります。

よって、無収入である専業主婦に対しては、総量規制の計算ができないため、申し込むことができません。一方、銀行系の商品は総量規制の対象外となります。

また、銀行や信用金庫でも消費者金融の商品を取り扱っている場合がありますが、これは消費者金融の商品であっても銀行や信用金庫から申し込むことになるので、総量規制の対象外となります。

基本的は専業主婦は消費者金融の商品を利用できませんが、配偶者貸付を取り扱っている消費者金融に限り、専業主婦でも借入をすることができる場合もあります。

配偶者貸付とは、配偶者の収入を世帯収入と加味して審査を行なう方法です。最大で年収の3分の1まで借りることができます。配偶者貸付の手続きは複雑で、まずは配偶者に同意書を記載してもらう必要があります。

また、配偶者である証明をするため、住民票や戸籍謄本などを準備しなければいけません。全ての消費者金融が配偶者貸付を取り扱っているわけではないので、利用を検討している場合、事前に取り扱いの確認をするとよいでしょう。

消費者金融は借り入れ審査が甘い?

消費者金融は借入審査甘い?
消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べ、借り入れ審査が甘いということを聞きますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

消費者金融カードローンの金利が高いとはいっても、年18.0%が一般的で、銀行カードローンの年15.0%程度と比べて、それほど違いがあるとは思えません。

貸金業法や出資法が改正される前の金利なら、多少審査を甘くしてもリスクを取ることはできたでしょう。

改正直前の上限金利は年29.2%でした。

それが改正後は、年20.0%まで下がってしまいました。

また、年20.0%を適用するには、貸付金額が10万円未満である必要があります。

借り入れ金額が10万円以上100万円未満なら、年18.0%です。

ですから、銀行よりも消費者金融の審査が甘いというのはあまりあてにはなりません。

関連記事をチェック!

4161view

一番お金を借りやすい消費者金融ランキング

借りやすい消費者金融とは、いったいどこなのでしょうか。 大手消費者金融は借りやすい? 大手消費者金融は、銀行と比べて借りやすいとよく言われます。 大手消費者金融では、IR情報として新規貸し付け率...


条件さえクリアすればすぐに貸してくれる

消費者金融は、「融資可」と判断される条件さえクリアしてしまえば、すぐに融資を受けられます。

安定して返済が行える収入があり、信用情報にも問題がなく、利用希望額が総量規制をオーバーしていなければ十分です。

審査通過後は簡単な契約手続きがありますが、それもわずかな時間で終えられてしまうので、すぐに借り入れをしたいときには頼りになりますね。

無事借り入れられた後は、借り入れ残高に注意しながら利用していくようにしましょう。

最短で審査してくれるメリット

上述したように、審査時間が早いというのは、消費者金融カードローンの大きなメリットの1つです。

大手の消費者金融業者なら、審査時間は最短で30分が標準となっています。

申し込み状況によっては、40分から60分かかる場合もあるようですが、決して遅いとは言えません。

また、できるだけ即日融資できるように配慮しているため、申し込む時間帯によっては即日融資に十分対応できるように、企業は一生懸命努力しているようです。

関連記事をチェック!

75view

借入のデメリットに注意

お金を借りようと考えているあなたに、元貸金業者の立場から借入のメリット、デメリットを説明してきます。 担保、保証人不要で借入可能 いざお金が必要な時に自分の信用力だけでお金を借りる事が出来る。...

審査で通らないタイプを解説

消費者金融の審査は決して厳しいわけではありませんが、審査である以上は、落ちてしまう人も一定数います。

消費者金融の審査に通らない人には、どのようなタイプの人がいるか、以下でいくつか挙げていきましょう。

虚偽情報を記載している

よくありがちなパターンですが、審査に通りたい一心で、年収を多く書いたり勤続年数を長く書いたりしてしまう人がいます。

その気持ちは分からないでもありませんが、年収や勤続年数・勤務先といった情報に関しては、後に提出する本人確認書類などですべてチェックされるので、嘘の情報を申告してもすぐにバレてしまいます。

嘘の情報で審査を乗り切ろうとするのは、非常に悪質な行為なので、虚偽情報で申し込みを行っていたことがバレた時点で、当然審査落ちです。

相手は審査のプロですから、なんとか誤魔化して審査を乗り切ろうとしても無駄なことです。

嘘偽りない情報で、申し込みを行うように心がけましょう。

関連記事をチェック!

6758view

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

お金を借りるためには、必ず申し込みと審査が必要になります。 審査に通るかどうかは、その人の信用が非常に重要となり、他社借入は少ないほうが通りやすくなります。 しかし、実際の申し込みをしたときに、他...

他社借り入れや分割支払いを滞納している

カードローン会社は、「融資をした場合にきちんと返済を行ってくれる利用者かどうか」を非常に気にします。

そのため、他社での借り入れの返済や、クレジットカード・携帯電話料金などの分割支払いを滞納している場合は、審査において大きなマイナス要因となります。

返済・支払いを延滞している人が、「遅れずに返済します!」と言ってきても、とてもではないけれど信用できませんからね。

そういった延滞の事実に関しては、黙っていればバレないのでは?と思われるかもしれませんが、返済・支払いに関する情報は、すべて信用情報に登録されています。

審査時には必ず信用情報をチェックするので、結局バレてしまうのです。

返済・支払いの滞納に関する情報は、一度信用情報に登録されてしまうと、最低でも5年間は消えることがありません。

ここ最近で、返済・支払いを滞納したことがある場合は、審査落ちになる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

短期間に多数もしくは同時に数社申し込みをした

カードローンへの「申し込みかた」自体が原因で、審査に落ちてしまうこともあります。

それは、複数のカードローンに同時に申し込みを行ってしまい、いわゆる「申し込みブラック」と呼ばれる状態に陥ってしまった場合です。

申し込み者が複数同時申し込みを行う背景には、いろいろな事情があると思いますが、金融機関では「複数同時申し込み=お金に困っている」というふうに判断します。

お金に困っているということは、融資を行っても返済してもらえないかもしれないと判断されてしまうので、他の属性や信用情報に問題がなくとも、それだけで審査落ちになってしまうんですね。

何らかの事情で複数申し込みを行いたい場合でも、無駄な審査落ちを避けるためにできるだけ1社ずつ申し込みを行うようにしましょう。

過去に金融事故を起こした

債務整理や自己破産などの金融事故情報は、少なくとも5年間、信用情報上に残されることになっています。

金融事故を起こしたのがずいぶん昔で、そのことが信用情報から消えている場合はともかくとして、金融事故起こしてからまだ年数が経っていないと、やはり審査には不利な条件となってしまいますね。

信用情報は、カードローン会社等の金融機関だけではなく契約者本人も確認できるので、自分の信用情報の状態が知りたい場合には、一度開示請求を行ってみてもいいでしょう。

消費者金融でカードローンを作る方法

アルバイト収入がある専業主婦は申し込み可能

専業主婦でアルバイト収入があれば、消費者金融でも年収の1/3までなら申込可能です。

しかし、多くの主婦の人は、扶養の関係で、月収は多くても8万円程度ではないでしょうか(給与収入が年間108万円を超えると、税金の扶養から外れるためです)。

この月収8万円で考えると、消費者金融での借入限度額は32万円となります。

月8万円×12か月=96万円

96万円×1/3=32万円

したがって、扶養を受けている主婦が、どんなに収入を増やしても、借入できる最高金額は30万円程度ということが多いでしょう。

銀行ローンは30万円程度までなら収入証明も必要ありませんので、アルバイト収入のある人は消費者金融を申込むメリットは少ないと言えます。

関連記事をチェック!

1391view

専業主婦がローンを組める条件

主婦がカードローンを組める条件とは? カードローンを作るときにローン審査がありますが、ローン審査で問題がなければカードローンを作ることは可能です。 銀行や消費者金融業者はそれぞれ信用情報機...

収入が全くない専業主婦が消費者金融でカードローンを作る場合

収入がない主婦の人でも、総量規制の対象である消費者金融のカードローンを作ることがでます。

しかし、「妻が、私の年収の1/3まで借入申込する事に同意します」とう同意書と、夫の収入証明書の2点が必要となります。

これは、夫に申込するのがばれる上に、銀行カードローンより条件が良くなるわけでもありません。

むしろそこまでするのであれば、夫名義で申込したほうが、条件は良く借りられる可能性が高いです。

結果的にいうと、アルバイト収入があろうがなかろうが、主婦があえて消費者金融でカードローンを作る必要がないとも言えます。

審査が甘いのはネット銀行?

審査が甘いのはネット銀行?
銀行カードローンでも、ネット銀行だと比較的審査は甘めになっているようです。

だからといって、消費者金融と同じように誰でも借りられるわけではありません。

必ず信用情報機関に個人情報を照会しますので、信用情報にキズがあったのでは借りることはできません。

なぜネット銀行の審査が比較的甘いのかと言うと、上限金利が消費者金融並みになっていることが多いからです。

専業主婦が借りることができたとしても、30万円程度だと、カードローン金利の上限金利が適用されることが多いです。

ネット銀行も競争が激しく、顧客獲得のためにキャンペーンを行っていることもありますので、タイミングを合わせるとスムーズに申し込みができますね。

専業主婦でも申し込みが可能なネット銀行カードローンの情報を、以下に表でまとめておきますので、参考にしてみてください。

銀行カードローン金利(実質年率)利用限度額
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%~800万円
イオン銀行カードローン3.8%~13.8%10万円~800万円
ジャパンネット銀行カードローン2.5%~18.0%~1,000万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10万円~800万円
セブン銀行カードローン15.0%10万円~500万円

なお、表で記載した利用限度額に関しては、あくまでもそれぞれのカードローン本来のものですが、専業主婦が利用する場合には独自の利用限度額設定となることがあります。

実際に借り入れを検討する場合は、それぞれのカードローンの商品詳細などで、専業主婦が利用する場合の上限金額を確認するようにしてくださいね。

金利で選ぶなら銀行カードローン

金利で選ぶなら銀行カードローン

カードローンの金利は、高いよりも低いほうが返済するにもラクですし、経済的負担も少なくて済みます。

銀行カードローンの金利は年15.0%未満であることが多く、ソニー銀行カードローンやイオン銀行カードローンのように、年13%台の低い金利で契約できるところもあります。

消費者金融カードローンの金利が年18.0%であることを考えれば、十分低い金利ですね。

先ほど、専業主婦が利用できるネット銀行カードローンを、5つほど表形式でご紹介しましたが、今度は一般的な銀行が取り扱うカードローンで、専業主婦が利用できるものをご紹介しましょう。

銀行カードローン金利(実質年率)利用限度額
横浜銀行カードローン1.9%~14.6%10万円~1,000万円
筑波銀行つくばカードローン4.8%~14.6%10万円~500万円
群馬銀行ナイスサポートカード2.8%~14.5%1万円~800万円
中国銀行カードローン コ・レ・カ4.8%~14.5%10万円~500万円
岩手銀行カードローン エルパス1.8%~14.6%10万円~1,000万円

みずほ銀行カードローンのような、メガバンクが取り扱っているカードローンを利用できないのは残念ですが、地方銀行を中心に、専業主婦が利用可能なカードローンを取り扱っている銀行は多数あります。

ネット銀行カードローンでも触れたように、専業主婦が利用する場合には独自の利用限度額設定となることがあるので、その点には注意しておいてくださいね。

関連記事をチェック!

503view

お金を借りる場所ならどこが安心?オススメの上手に借金する方法【安心の銀行・貸金業者】

お金の悩みは誰もが持っていることですね。どのみち借金をするなら、少しでも貴方にとってお得なカードローン会社から借入したほうがいいでしょう。まずは消費者金融と銀行カードローンの特徴の違いを並べてみました...

銀行カードローンでも金利が高い商品も

銀行カードローン商品でも、消費者金融並みの商品もありますので、申し込む前には公式サイトをよく確認しておきましょう。

中には、年17%台の金利が適用されるケースがあるものもあり、銀行カードローンだからといって低金利とは限らないことには、気をつけておく必要があります。

無登録業者には気をつけよう

無登録業者には気をつけよう
絶対契約してはいけないのは、無登録業者です。

無登録業者は、貸金業法を遵守することはまずありません。

したがって金利も高くなり、一度契約してしまうと返済することはほとんど不可能となることが多いです。

インターネットでも、堂々と広告を出している無登録業者がありますね。

いかにも爽やかなイメージで、安心して契約できそうな言葉遣い、そして低金利であることを誘い文句として、申し込み者を待ち構えています。

正規の登録業者は、必ず登録番号を記載することが義務付けられています。

無登録業者も、登録業者のように番号を載せていることがありますが その番号を鵜呑みにして信じないようにしましょう。

登録番号が本物かどうかは、金融庁のサイトで確認できます。

以下に金融庁の検索サイトをリンクしておきますので、無登録業者かどうか登録番号を入れてみましょう。

金融庁 検索ページ

即ちヤミ金からは借りないように

「無登録業者」と言われてもイマイチ分からないかもしれませんが、より端的な言いかたをすれば「ヤミ金」のことです。

ヤミ金がどれだけ恐ろしいかについては、ヤミ金をテーマにした漫画やドラマ・映画などで、疑似体験できます。

そういった作品には、多少誇張表現があることは否めませんが、実際にヤミ金を利用してしまうと、それに近い経験をすることは間違いありません。

ネット上には、ヤミ金を利用してしまった人の体験談なども多数ありますので、そういったものを他山の石としながら、ヤミ金から借り入れることだけは、何としてでも避けるようにしましょう。

早めに電話相談をする

万が一、無登録業者と知らず契約してしまった場合は、早めに警察に相談するか、消費生活センターや日本貸金業協会、弁護士や司法書士などに相談しましょう。

無登録業者と契約した場合、その契約は無効となることが多く、早め早めに対策をとることが重要です。

最も簡単なのは、警察の防犯課や生活安全課などです。

消費生活センターや日本貸金業協会へ相談しても、結局は地元の警察署で相談して下さいと言われてしまう可能性があります。

それなら、最初から警察に相談したほうが早いです。

弁護士や司法書士などに相談すると、相談料がかかることもあり、相談料も決して安い金額とは言えません。

解決するまでの報酬として、数万円から十数万円かかることもあります。

関連記事をチェック!

422view

日本貸金業協会一覧と悪徳業者の検索の仕方

お金を借りようとしている業者が正規金融業者が悪質金融業者か、を見極める方法の1つとして『金融庁に貸金業者に登録がされているか』を調べることができます。 しかし、ここに登録されていたら、安心できる...

専業主婦でもカードローンに申込むのは簡単

専業主婦がカードローンを借りるには電話やインターネットなどで、ローンへ申し込みを行い、審査通過後に郵送や自動契約機でカードを受け取るだけの簡単な手続きです。

発行されたカードを使用して銀行やコンビニATMから限度額の範囲内で自由に借入れを行うことが可能です。

専業主婦は勤務先も年収もないため審査箇所が少なく、審査の回答は非常に早く終わります。

限度額はどれくらい?

限度額はどれくらい?

専業主婦は夫に安定した収入があることを条件として、銀行のカードローンを利用することができます。

ただ一般的に、専業主婦の借入限度額は低く10~50万円程度です。多くは30万円という限度額が多いです。

専業主婦がキャッシングを希望する理由は、多くは生活費の不足分を賄うためであるため、限度額は低めに設定されていることが多くなっています。

夫に内緒で借りるには

カードローン審査の際は審査担当から本人確認と審査結果の連絡で、最低でも2回電話がありますが、この電話は個人の携帯電話にかかってきますので、夫がいないところで電話をするとよいでしょう。

最も夫にばれるタイミングはカードの受け取り時です。

封筒からはカードローンであるということは分かりませんが、夫がカードを受け取って封筒を開けてしまった場合は夫にばれる可能性もあります。

できるだけ自分しかいない時間に配達してくれと時間指定をすれば当該時間に届くように配慮してくれる会社もあるようです。

また、三菱UFJ銀行のカードローンは専業主婦が借りることができますが、当該銀行は自動契約機からカードを発行することができ郵送物が全くありませんので、この方法が最も夫にばれない方法であると言えます。

関連記事をチェック!

306view

今すぐ誰にもバレずに内緒で借金する方法

お金が必要なときには、借り入れを行うのが非常に便利な方法です。 しかし借り入れを行うと、どうしても人にバレてしまうという危険性が付きまといますよね。 人によっては、お金を用意できないことで被るデメ...


申込時に注意しておくこと

専業主婦がキャッシングの申込を行なう場合、配偶者の氏名や勤務先・年収等を申告する必要があります。ですが、申込内容を確認するために配偶者へ連絡が入ることは、ありません。

専業主婦の場合は、自宅の固定電話もしくは本人の携帯電話へ本人確認の電話があります。ここで注意しなければいけないことは、本人確認の電話先を携帯電話に指定することです。

固定電話にすると、万が一、配偶者がいるときに電話がかかったり配偶者が電話を取った場合、借入を知られてしまう可能性があります。申込の際に、連絡は携帯電話へと指定しておきましょう。

併せて、利用後にも注意しなければいけない点もあります。それは、毎月の返済を遅延しないことです。毎月の返済が遅延すると、携帯電話に督促の電話がかかったり、自宅へ督促状が届く場合があります。

督促状の封筒には金融機関名が書かれているため、家族にキャッシングがばれてしまう恐れがあります。

旦那に確認の電話はかかるの?

上記記載の通り、配偶者へ確認の電話がかかることは、ありません。たとえ家族内であっても個人情報のプライバシーは、しっかりと守られております。

関連記事をチェック!

1053view

専業主婦でも来店不要で即日お金を借りる【審査甘いところはある?】

パート収入のある主婦や専業主婦の方も、急にお金が必要になる時ってありますよね。 しかし、収入が低いパートの方や本人に収入のない専業主婦が借りることができるローンは限られていますし、審査も正社員とは異...

主婦の借入が夫にばれた例

専業主婦がカードローンを借りる場合、夫の勤務先への在籍確認をしないため、基本的に夫にばれることはありません。

しかし、まったく夫にばれないということではありません。在籍確認が原因ではなく、他の理由で借入が夫にばれてしまうこともあるのです。
これは、ちょっとした注意をすれば防げることですのでご参考ください。

カードの郵送でばれる

主婦が銀行カードローンの審査に通れば、カードが郵送されてきます。
この郵便でばれてしまう可能性があります。

消費者金融のローンカードは、無人機でその場で受け取れますが、銀行のローンカードは原則書き留めの郵便で受け取ることになります。

これは、キャッシュカードと同じ「転送不要」郵便であるため、例えば実家に転送してもらうということは不可能で、必ず夫と同居している「住民票に記載された」住所に届きます。

もし夫がいるときに郵便が届き、その郵便物に対して「その郵便物はなに?見せて?」と言われ、うまくごまかし切れずに銀行カードローンの借入がばれてしまうということはあり得るでしょう。

これを防ぐには、以下の方法で対応できます。

・ローンカードを銀行の窓口で受け取る

自宅に届かず、銀行の窓口でローンカードを受け取ることができれば、トラブルを回避することができます。ただし銀行によって対応の有無があるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

・郵便の到着を見計らう

「何日の何時ごろに発送した」という情報は銀行から教えてもらえます。書留郵便は追跡することができます。発送日から逆算して到着するころに、夫に出かけてもらうように促してみましょう。

関連記事をチェック!

1053view

専業主婦でも来店不要で即日お金を借りる【審査甘いところはある?】

パート収入のある主婦や専業主婦の方も、急にお金が必要になる時ってありますよね。 しかし、収入が低いパートの方や本人に収入のない専業主婦が借りることができるローンは限られていますし、審査も正社員とは異...

返済が遅れたときにばれる

カードローンの返済が遅れたら、銀行から返済を促すための督促状が自宅に送られてきます。

督促状は「返済がないのでまた入金してください」といった柔らかな文章のものから、何回も遅れた人に「貴殿による返済がなされておりません。つきましては」といった硬い文章のものがあります。

いずれにしろ、返済が遅れたにも関わらず、「督促状を送らないで!」というわけにはいきません。
「督促状」が送られてこないように、以下の対処方法を実践しましょう。

・返済を遅らせない

カードローンは毎月に入金する日(返済予定日)が決まってます。返済日には確実に返済するようにしましょう。

万が一返済額が用意できないのなら、入金日前(返済予定日前)にカードローンで返済額分を出金しておき、これを返済用として入金(返済)します。

利息分残高が増えてしまいますが、これで一ヶ月はしのげます。ただし借入枠が残っている場合にしか、この方法は利用できません。

・返済が遅れることを銀行の担当者に連絡しておく

返済を遅らせないのが一番ですが、どうしても用意できない場合はあらかじめ銀行へ一報の電話を入れましょう。

「何月何日までに入金する」と約束できるのなら、督促状を送るのを待ってもらえる可能性があります。

関連記事をチェック!

20view

カードローンがバレるポイント

カードローンがバレるポイントと、ポイントごとの対策を表にまとめました。  バレやすいポイント 対策 本人確認の電話 携帯電話番号を登録 在籍確認 「...

専業主婦が夫のカードローンで借入するのはOK?

基本的にカードローンは本人名義のものは本人しか使用できないというのが原則ですが、夫が承知の上で妻が借入れを行っている場合も少なくありません。

銀行とすれば実際には夫婦のどちらが使用しているのかは知る由もないため、夫名義のカードローンを妻が使用している状況には見て見ぬふりをしているので問題はありませんが、ごくまれに夫が知らないところで妻が夫名義のカードローンで借入れを行い、その後離婚に至るというケースがあります。

離婚後、裁判になるケースも

そのような場合に、離婚後夫は自分の知らない借金が自分に残ってしまうということになり、裁判になってしまうケースがあります。

トラブル防止のためにも夫名義のカードローンを妻が使用する場合には夫が借入れの事実も残高も承知したうえで、使用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

2661view

主婦を狙った副業詐欺|危険なバイト5選【え・・ダマサレタ?】

主婦でもお金を楽して稼ぎたい。 最近、そんな主婦たちを狙った副業詐欺が増えてきています。 今日は5つの危険な副業を見ていきます。 インスタグラムの副業詐欺 まず初めに紹介するのは、イン...

カードローンがダメだった場合はこんな方法も

銀行のカードローンの審査に通らなかった人には、どんな選択肢が残されているでしょうか。

消費者金融の中では、ベルーナレディースなどは専業主婦にも貸付を行っています。

他にも…

  1. クレジットカードのキャッシング
  2. 保険の契約者貸付
  3. 定期預金の自動貸付

等を検討してみましょう。保険や定期預金は契約を担保として借りられるので、審査も不要で、当然個人信用情報も無関係です。

関連記事をチェック!

3691view

急な出費に定期預金の引き出しは可能?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 急な出費のときどのように準備する? 急な出費によってお金が必要となった場合にはどの...

利用するならレディースローンがおすすめ

利用するならレディースローンがおすすめ

レディースローンのある銀行は?

女性専用のカードローン商品がある銀行や消費者金融もあり、女性が利用しやすい状況となっています。

しかし消費者金融はやはり総量規制のために収入のない専業主婦には貸すことができません。

したがって専業主婦がレディースローンを利用するのであれば、やはり銀行となります。

レディースローンは一般的なカードローンとサービスはほぼ同じです。

レディースローン自体は消費者金融での取扱いが多く、銀行では数が限られています。

口コミをみてみると、銀行の場合はレディースローンでなく、カードローンを利用する方がいいともいわれています。

つまりサービスは同じでも、提出する書類が本人確認書類だけで基本的にいいので、わざわざレディースローンのある銀行を選ばなくてもよいということのようです。

しかしレディースローンならではのサービスもあるので、レディースローンを扱う銀行を利用できる人は、検討してみてもよいでしょう。

関連記事をチェック!

81view

女性のための即日融資!女性専用カードローンで安心して秘密の借入!

旅行やエステ、学費、子どものお稽古ごとなど、次から次へと支出は続きます。 今すぐお金が必要なときは、融資スピードの速いカードローンがベストな選択になりますが、カードローンに対して「少しハードルが高い...

レディースローンを利用するメリット

レディースローンを利用するメリットとは、スタッフが全員女性であることです。

借入をするときに、女性が対応をしてくれるとあらかじめ分かっていれば、ハードルも低くなり申込みをしやすくなるのではないでしょうか。

相手が男性では緊張してしまったり、また申し込みをためらったりする人も多くいます。

その点、スタッフが全員女性であることはとても利用しやすいでしょう。

なぜ無職でも銀行は借入可能?

銀行は無職の人に誰でも貸付を行うわけではありません。夫に安定した収入がある無職の主婦(専業主婦)への貸付を行っています。

消費者金融も専業主婦への貸付を行っていないわけではありません。専業主婦が消費者金融から借入を行う場合には、夫の収入証明書と夫の同意が必要になります。

借入限度額も夫婦合わせて夫の年収の3分の1以内(総量規制)と決められています。

事務手続きが煩雑であるため、大手の消費者金融での取り扱いがないだけで、専業主婦への貸付を行っている消費者金融も存在します。いずれにせよ、無職でお金を借りることができるのは、生計を一にする配偶者に収入がある場合のみです。

関連記事をチェック!

70view

レイクALSAは専業主婦でも利用可能?

レイクALSAは、「レディースレイク」などのサービスも用意しています。 そのため、レイクALSAで借り入れを行おうかと考えている専業主婦のかたも多いのではないでしょうか。 そこで今回は、レイクAL...

即日借入はできる?

即日借入の為には、審査がスピーディに行われる必要があります。しかしながら、2018年1月からは、銀行カードローンの審査を取り巻く環境が変わりました。

申し込み者が反社会的勢力ではないかを警察庁のデータベースに問い合わせる必要が生じ、照会結果が翌日以降となるとこから即日審査、即日融資が不可となっています。

それでも専業主婦の方は、勤務先がある人よりも審査が早く済む傾向にあります。

審査は2段階

カードローン審査は大まかにわけて以下の2段階の審査があります。

  1. 個人信用情報の照会と、申込時に申告した情報をコンピューターで点数化(仮審査)
  2. 仮審査通過後に勤務先へ審査担当者が電話をかけて勤務の実態を確認する在籍確認(本審査)

専業主婦には勤務先がありません。このため、審査は上記の①に通過すればその後は書類の確認作業だけになります。

①のスコアリング審査はメガバンクなどではコンピューターによって瞬時に行っているため時間はかかりません。

審査の際も最も時間がかかるのは唯一といっていいほど人間の手で行う勤務先への在籍確認ですが、専業主婦の場合この審査を行う必要がありません。

関連記事をチェック!

54view

妊婦の即金ビジネスは危険!お金が必要な時の対処法

妊娠中は収入が減ってしまいます。 産前産後休業中は給与所得が3分の2以下に落ちてしまいますし、妊娠経過が思わしくない人は働けない日がさらに増えてしまいます。 収入が落ちてくると「なんとかお金を稼が...

即日融資を受けるために気をつけること

専業主婦でも即日借入できる商品は存在します。即日借入を申し込む方法は、インターネットが主流となっています。インターネットが普及している今日、携帯電話やパソコンから手軽に融資を申し込むことができます。

また、融資審査の回答も即日で携帯電話やパソコンのメールへ連絡が来るので、非常に手軽に手続きを済ませることができます。ここで注意しなければいけないことは、「申込内容を間違えない」ということです。

申込内容が事実と違うと、融資審査に悪い影響を及ぼします。氏名や住所・生年月日等は間違えるはずのない情報です。これらに間違いがあると、全く違う人物に対して融資審査が行なわれることになります。

携帯電話やパソコンから申し込む場合は、文字の打ち間違えなどに注意する必要があります。また、融資審査を通りやすくするために虚偽の内容を申告することもご法度です。

例えば、ローンがあるにも関わらずローンなしと申告したり、過去に返済の延滞があるにも関わらず過去に延滞なしと申告したりしてはいけません。

金融機関では、融資審査においてこれらの情報が間違っていないか、個人信用情報センターに問い合わせを行ないます。個人信用情報センターでは個人の借入状況を照会することができます。

もし、これらの内容で虚偽が発覚した場合、当然融資審査を通ることができず、また今後の申込においても断られる場合があります。

更に、虚偽の内容で融資を受けることができたとしても、後日虚偽の内容が発覚した場合、現在利用している融資額を全額一括請求されます。支払いができない場合は、融資事故となり、更に大きなデメリットがでてきます。

申込においても、落ち着いて真面目に手続きを進めることが重要と言えます。

即日借入可能な金融機関を徹底比較

即日融資可能な代表的な金融機関は、ソニー銀行の「カードローン」です。

それぞれメリットと注意しなければいけない点があるので、以下にて説明していきます。ソニー銀行カードローンの金利は13.8%で、借入最高額が50万円となっております。

メリットは、金利が13.8%という点で、専業主婦が利用できるカードローンの中では一番低利です。また、借入限度額が50万円まで可能となっております(実際に利用できる借入限度額は、融資審査にて決まります)。

注意しなければいけないことは、初回の融資は振込で行なわれるため、15時前までに融資審査等を通過し、融資実行・振込の手続きを済ませておかなければいけません。

15時とは、金融機関がその日のうちに振込を受付してくれる最終の時間です。逆算すると、午前の早いうちには申込を済ませておかなければいけないことになります。

独身時代にブラックだった場合、銀行カードローンはつくれるの?

「独身のときに携帯電話を強制解約させられたけど、そのときは旧姓だったし、住所も変わっているから分からないんじゃない?」という主婦の人もいるのではないでしょうか。

そういう人が銀行カードローンに通るかといえば、おそらく通らないでしょう。

銀行では個人信用情報を照会する際に、「下の名前」と「生年月日」が同じ人の事故歴が見つかったら、住民票や戸籍謄本の提示を求めるからです。

そして住民票の旧住所が合致したり、戸籍謄本上の旧姓が合致したりすると審査はダメということになります。

例えば名前が一般的なもので、住所の変更も北海道から沖縄といった、遠方への変更であれば、もしかすると「たまたまかな」と審査を通る可能性があるかもしれません。

しかし、基本的には「信用情報の事故歴は、苗字が変わろうが住所が変わろうが銀行にはわかる」と思っておいた方がよいでしょう。

関連記事をチェック!

3228view

結婚して名字変わったらローン組めるって本当?

名前や苗字が変わると過去に金融事故を起こしてもローンを組めるという話は本当なのでしょうか?気になりますね。 事故情報が信用情報機関に登録されてしまうと最低でも5年から8年、内容によっては10年ほ...

夫がブラックだと借入できないの?

主婦が銀行カードローンを申込む場合、自身に収入がないため申込書には夫の名前や年収を記入することになります。

このとき、もし自分ではなく、夫に金融事故歴がある場合は借入できるのでしょうか。

夫から「個人情報の提供」の同意をもらっていないため、個人信用情報機関で金融事故歴などを調べることはできません。

もし勝手に銀行が調べたとしたら、いついつ調べたという記録が残ってしまうため、違法性のあることを銀行は絶対しません。

だた申込した銀行や、グループ傘下である消費者金融やクレジット会社に、夫の事故情報が残っている可能性があります。

自社が保有している個人情報は、信用情報機関のように5年たったら消えるというものではないため、銀行としては、夫に事故歴があるのを知ったからには、やはりその配偶者の妻には融資することはできなくなります。

関連記事をチェック!

766view

旦那名義でお金を借りる方法なんてできる?

専業主婦は無収入だから消費者金融で借りれない。それなら旦那名義でお金を借りる方法はないのかなど探しているのですか?それとも自分の名義ではブラックで借りれないから旦那名義で借りたいのですか? どちらに...

夫が自営業だと銀行カードローンの審査に影響するの?

収入のない専業主婦が銀行カードローンを申込む際には夫の勤務先を記入することは何度も説明してきましたが、もし夫の仕事が自営業だった場合、審査に影響はああるのでしょうか?

結論から言えば、会社員はなく自営業だったとしても、審査に影響はありません。

極端な話になりますが、例えばある人の夫は超一流企業に勤めていて、年収も1,000万円だったとします。一方で、夫の仕事が赤字の自営業だという専業主婦がいたとします。

実はどちらも、主婦として借入できるのは30万円程度になります。つまり、夫の職種は関係ないわけです。どんな形であれ、夫に安定した収入さえあれば、審査上は問題ありません。

もし審査に落ちてしまったときは、それは夫の職業や収入が原因ということではなく、別の、例えば信用情報や他の要因を疑った方がよいでしょう。

将来夫が住宅ローンを組むときの影響

今、住宅ローンは保証人を取らないことが一般的ですので、妻がカードローンを借りていても、夫の単独名義で借入れを行う場合や妻が保証人とならない場合は、住宅ローンの審査担当は妻にカードローンの借入れがあるということすら分かりません。

ただし、妻名義の土地に家を建てるような場合には妻も保証人にならないといけない場合がありますので、そのような際にあまりにも多くの借入れがあったり返済状況に問題がある場合には「保証能力なし」と見做され、住宅ローンを借りられない場合が考えられます。

とは言っても普通に少額のカードローンを利用して、期日通り返済を行っていれば、夫の住宅ローン審査には全く影響ないですし、妻が連帯債務者にも保証人にもならない場合にはたとえブラックでも夫の住宅ローン審査には全く影響しません。

関連記事をチェック!

229view

口コミで評判な専業主婦のキャッシングとは?~収入なしでも大丈夫?~

生活費や交際費を家計から賄うことができない場合もありますよね? そんな時に、専業主婦でもキャッシングを利用している人が増えています。 しかし、専業主婦がお金を借りるには、少々高いハードルを越えなく...


関連記事をチェック!

591view

生活費を銀行でお金を借りるのはあり?【主婦必見】

日々の生活で生活費が足りないという状況は、比較的経験している人も多いでしょう。 そして、一時的にお金が足りないときに、相談できる人がいなければ困ってしまいます。 今月はどうしてもお金が足りないとい...

配偶者貸付が利用できる金融機関に申込みをする

配偶者貸付が利用できる金融機関に申込みをする

もし配偶者の同意を得られるのであれば、配偶者貸付を利用できる消費者金融や信販会社のキャッシングを利用することができます。

貸金業は総量規制によって、借入総額が年収の3分の1以上の融資をしないことが、法律で決められています。

また2017年より銀行も総量規制に準ずる対応をするようになってきました。

そのため収入のない専業主婦は収入の計算ができません。

したがい配偶者の収入が必要となります。

配偶者貸付とは収入のない専業主婦とその配偶者の年収を合わせて、借入れをすることをいいます。

その合わせた年収の3分の1まで借りることができるものです。

例えば妻の収入が30万円で配偶者の収入が420万円とすると、ふたりで450万円なので借りることができる金額は150万円となります。

もし他に借り入れをしている場合は、150万円からいま抱えている借入残高を引いたものが、借入可能額となります。

専業主婦の場合は、妻の収入が0円、配偶者の収入が300万円となれば、借り入れられる額は100万円となり、他社借入がある場合はそこから引いた残高が、借入可能額となるわけです。

なお配偶者貸付を利用するときに必要な書類は、「配偶者の同意書」「住民票」「本人確認書類」です。

専業主婦が借りる場合は配偶者の同意が必要?

先に話した理由により、カードローンは保証人が基本的に必要ありませんが、やはり銀行側も気になるのが収入面です。

お金を借りる以上は、返済を行っていく必要があるのですが、本当に返済できるのかが不透明なので、専業主婦の場合には配偶者からの同意書の提出を依頼される場合もあります。

配偶者からの同意書について、順番に確認していきましょう。

銀行カードローンを借りる場合

銀行カードローンを借りる場合は、基本的に配偶者の同意書は必要ありません。

しかし、数は余り多くないのですが、同意書が必要な銀行もあります。

その場合は配偶者の、直筆サインをもらう必要があります。

配偶者に内緒で借りたいという主婦が多いため、なかなか言い出せない家庭も出てくるでしょう。

もし同意書を用意するのが困難な場合は、同意者が不要なほかの銀行に申込みをするのもひとつの方法です。

配偶者貸付制度を利用する場合

消費者金融の配偶者貸付制度を利用する場合は、配偶者の同意書を必ず用意しなければなりません。

そのため、家族に内緒で借りたい専業主婦には、ハードルが高いものとなっています。

同意書のほか住民票や、配偶者の収入証明書なども必要となるため、配偶者に用意してもらえるか事前によく話合いをする必要があります。

関連記事をチェック!

246view

配偶者貸付は総量規制対象外

総量規制ができてから、専業主婦はお金を借りにくくなりました。 しかし、配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることを知っているでしょうか。 配偶者貸付とはい...

関連記事をチェック!

1606view

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

配偶者貸付制度を利用すると配偶者は連帯保証人になる?

消費者金融の「配偶者貸付制度」を利用する場合は、配偶者の同意書が必要です。

しかし「同意するのは構わないけれども何かしら影響があると困る」と、難色を示す配偶者も少なくはありません。

同意したからといって何か影響があるのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

同意者と保証人は異なる

配偶者貸付けの同意書を提出した場合、配偶者は飽くまで「申込みや契約に対して同意した」というだけになりますので、今後は万が一返済がとどこおったとしても配偶者に請求が入るようなことはありません。

また、配偶者の個人信用情報機関に、妻がする借金が加算されて記載されるようなこともありませんので安心してください。

「同意書の提出=保証人」でないため、実生活においても何かしら影響を与える可能性は低いといえるでしょう。

今後住宅ローンを組む予定だけども大丈夫なのか

仮に配偶者貸付制度の利用に同意したとしても、配偶者自身の情報に影響することはありません。

しかし住宅ローンを借りるよきに、妻との共有名義にしてしまうと妻の個人信用情報を確認されますので、場合によってはそのことが原因で審査に通らないことも考えられます。

そのため住宅ローンを借りる場合には、夫婦共有名義ではなく配偶者の単独名義で申込みを行った方が安心です。

そもそも専業主婦の場合は収入がある訳ではありませんので、夫婦収入を合算したり共有名義にしたりする意味がほとんどありません。

関連記事をチェック!

1434view

消費者金融で借りるとローンが組めない? 【借金もダメ?】

消費者金融を利用すると銀行のローンが利用できないというイメージを持っている人も多いいのではないでしょうか? しかし、消費者金融の利用が必ずしも審査が不利になるというわけではありません。 それは銀行...

パート収入がある主婦は借り入れ可能

パート収入がある主婦借入は可能

パート収入がある主婦なら、銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも、契約は可能でしょう。

貸付条件は、安定継続した収入があることであり、パート収入、アルバイト収入もその範囲に入ります。

借り入れできる金額は総量規制の関係で、年収の1/3までとなる消費者金融カードローン、総量規制と関係のない銀行カードローンのどちらでも、申し込みができるでしょう。

収入があるのかないのかによって、随分変わってきますね。

関連記事をチェック!

1053view

専業主婦でも来店不要で即日お金を借りる【審査甘いところはある?】

パート収入のある主婦や専業主婦の方も、急にお金が必要になる時ってありますよね。 しかし、収入が低いパートの方や本人に収入のない専業主婦が借りることができるローンは限られていますし、審査も正社員とは異...

インターネットで申し込みができる

カードローンの特徴として、インターネットで申し込みができることが挙げられます。

店頭まで行って契約する必要がなく、こちらの都合のいい時間に申し込めるのは大変便利です。

銀行カードローンや消費者金融カードローンのどちらも、インターネットやスマホ・電話で申し込めます。

銀行カードローンの中には、ローン専用カードがないと借り入れできないものもあるため、申し込む際には公式サイトをよく確認しましょう。

振込融資に対応している銀行もありますよ。

メガバンクが取り扱うカードローンはもちろんですが、地方銀行のカードローンでも、たとえばスルガ銀行や横浜銀行が有名ですね。

銀行借り入れの条件は?

銀行カードローンの借り入れ条件は、消費者金融カードローンと大きく違う点はあまりありません。

収入を得ているパート主婦なら、審査の内容によって借り入れ限度額が決まります。

希望額と異なることもありますが、返済能力という観点から、収入が低いと大きな金額を借りることは難しいでしょう。

また銀行によっては、借り入れする銀行に口座がないとダメという場合や、返済方法が口座振替のみ、ということもあります。

消費者金融カードローンのように、ATMから返済できるかどうかも、確認しておきましょう。

銀行の借り入れ審査は厳しい?

銀行の借り入れ審査は、厳しいと言われています。

貸出金利が消費者金融カードローンよりも低いため、できるだけ貸し倒れを防ぎたいのが理由のひとつです。

また、他社借り入れ件数がある場合、年収によっては審査が通らないこともあるため、銀行の審査は厳しいと言われる要因ともなっているようです。

悪徳業者を見分ける時の注意点

専業主婦でも銀行カードローンを借りることはできます。

しかし「自分には収入がないから、申し込みをしてもどうせ審査で落ちるだろう」と思い込んで、悪徳金融業者のような非正規の業者から借入してしまいうケースも見られます。

お金がない主婦に付け込む悪徳業者も多く、トラブルに巻き込まれないためにも、そういった業者を見分けるための「悪徳業者の特徴」を紹介していきます。

・固定電話がない

連絡先が携帯電話のみで固定電話の番号がないという場合は、悪徳業者の可能性が高くなります。いわゆる「090金融」というもので、闇金の一種と考えた方がよいでしょう。

・固定電話があっても携帯電話に転送される

固定電話の番号にかけてみたものの、携帯電話に転送されるような場合は、悪徳業者かもしれません。しっかりした金融業者であれば、窓口対応の職員がいます。

掛けた電話が転送されているかどうかは、基本的に分かりません。

ただ転送電話には、例えば転送時に発せられる機械音や不自然な音、あるいは電話に出るまでのタイムラグの長さ、さらには相手が出た後の会話中のノイズや受け答え方など、いろいろな特徴があります。

少しでも不自然な印象を受けたら、怪しいと疑った方がよいでしょう。

・電話対応が不自然

電話をかけた際に相手の応対がフレンドリーな場合があります。「あつ、もしもし?」など、明らかにビジネス電話に慣れしていないケースです。

金融機関は一企業として、電話対応を含めた接客マナーを教育してます。

・主婦でも高額の融資が可能だと持ちかける

主婦が借入できる融資額の上限は、銀行カードローンであればほとんどが30万円です。それ以上の融資が可能だと持ち掛けてくる業者は信用しない方がよいでしょう。

・金利が異様に高い

現在、法律で決められている金利の上限は20%です。それを越える金利の場合、間違いなく悪徳業者です。

・金利が異様に低い

高すぎる金利だけでなく、低すぎる金利も疑った方がよいでしょう。
主婦が銀行カードローンを申込む場合、金利の相場は15%~18%です。

闇金の手口のひとつとして、初めは低金利で勧誘し、あとで高金利を要求されることがあります。

・手数料を取る

設定金利は適正であっても、「手数料」という別の名目で取る業者もあります。

200円の印紙代や、1,000円程度の事務手数料は、銀行でも可能性としてありえますが、数万円の手数料を請求されるような場合は、悪質業者である可能性が高いです。

関連記事をチェック!

420view

金貸しの登録番号,電話番号でわかる闇金業者とは~本当に実在する?~

金貸しを生業としないのであれば登録番号は必要ではありません。しかし反復継続して他人にお金を貸す場合は登録番号が必要です。 登録番号の見方を知っていると、正規の貸金業者かそれとも闇金業者なのか見分ける...

悪徳業者の種類

主婦が初めてお金を借りるときに、契約しようとしている金融業者の良し悪しは、なかなか判別つきづらいでしょう。

被害に合わないためにも悪徳業者の種類を知っておきましょう。

・闇金

よく消費者金融と闇金を混同されてますが、消費者金融は貸金業法の許可を得ている正式な業者です。

これに対して、闇金は許可をもたないいわゆる「モグリ」の業者で、金利に関しても、法律で定められた20%の上限を超えています。

・紹介屋

「主婦でも銀行カードローンを申込める」という情報を知らない主婦に、「主婦でも借入できる銀行を紹介してあげる」といって、紹介料を取る業者を紹介やといいます。

もちろん紹介するといって口利きをするわけでなく、銀行の連絡先を教えるだけです。

・整理屋

「今ある借金の整理をしてあげます」といって手数料を取る業者を整理屋といいます。

借金の整理は弁護士資格をもった人でないとできません。明らかに違法となるので注意しましょう。

・クレジットカード現金化業者

某フリマサイトで有名になりましたが、例えば10万円の現金を、11万円でクレジットカードのショッピング決済をし、現金を手に入れる方法です。

クレジットカードのショッピング枠を現金化するのは規約違反となります。
また金利に換算すると、100%を超える場合もありますので、絶対にやめましょう。

・買取屋

こちらもクレジットカード決済を利用したものです。

例えば中身の入ってない箱や、ネットの画像データといった、「何の価値のないもの」を、10万円でクレジット決済します。そして、わざと返品依頼をさせ、9万円をキャッシュバックで振り込む、といったものです。

収入がなく、夫の収入のみで生活している主婦がお金を借りようとした場合、そこに上手い話はありません。

低金利や偽りの情報に踊らされないように注意すると共に、もし被害にあってしまったらすぐに警察へ相談するようにしましょう。

また、最近はよく弁護士のCMで「過払い金請求」という言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか。

これは法定金利以上の金利を支払っていた場合、払い過ぎた金利分、いわyる「過払い金」を返還してもらえる可能性があるというものです。

もし心当たりがあるのであれば、一度相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事をチェック!

249view

危ない消費者金融の誘いの手口と見分け方

貸してくれる消費者金融がなかなか見つからないと、どこでもいいから借りたいという気になりますが、そんな焦りを待ち構えているのが危ない消費者金融です。 危ない消費者金融の手口と、関わらないための見分けか...

年金受給者にオススメ!年金担保貸付

収入がない専業主婦でも、年金をもらっている人は、「年金担保貸付」の申し込みができます。

こちらは福祉医療機構という機関が取り扱いしている、年金を担保に融資を受ける制度で、何十万かまとまった金額を借入し、その返済は、将来受け取る年金から天引きされます。

国民年金か厚生年金は問いませんが、夫の年金や、両親の年金では申込できません。
窓口は銀行になっているので、取引先の銀行に「年金を担保に借入したい」と言えば手続きしてくれるでしょう。

年金担保貸付のメリットは主婦自身や夫の収入が全くなくても申込でき、また金利も3%程度と低めに設定されています。

逆にデメリットはあるのかというと、支払いが年金から天引きされるため、将来の生活費が減る可能性があります。

また銀行にはいい顔されないかもしれません。なぜかというと、金利収入は福祉医療機構に入るため、銀行は手間がかかるのに何の得もありません。そのため、自社のカードローンを薦められるかもしれません。

なお年金担保貸付は、銀行窓口でしか手続きができません。もし自宅に訪問したセールスマンが年金担保貸付を勧めてきたら、仲介手数料を取る悪徳業者である可能性が高いので注意しましょう。

福祉医療機構 HP

関連記事をチェック!

1473view

年金担保でお金を借りる方法。即日融資は不可

年金のみで生活している人にとって、急な出費は困った問題です。 お金に困ったときにはカードローンから借りるという方法もありますが、収入が年金のみでは、審査に通りにくいものです。 審査に通っても度々カ...

まとめ

消費者金融のカードローンでも、夫の同意書や収入証明書などがあれば専業主婦でも借入はできますが、手続きが増えるために、消費者金融はほとんど対応してくれません。

そのため専業主婦は銀行カードローンを利用することになるのですが、信用情報のわずかな傷が通常よりも審査に大きく影響してしまうので、自分の過去の金融歴には注意しましょう。

もし銀行カードローンが利用できなかった場合に、専業主婦でも借りられるカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用するといいでしょう。

関連記事をチェック!

1658view

専業主婦でも借りられるカードローン

専業主婦は配偶者に安定した収入がある場合のみ、銀行カードローンから借り入れすることができます。 また、パート、アルバイトを経験した後、パート・アルバイト向けカードローンにて申込することも可能です...

関連記事をチェック!

246view

配偶者貸付は総量規制対象外

総量規制ができてから、専業主婦はお金を借りにくくなりました。 しかし、配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることを知っているでしょうか。 配偶者貸付とはい...

この記事の執筆者

手塚竜馬(仮名)
1982年生まれ33歳
成蹊大学卒業後、地方銀行へ就職。
個人、法人への営業担当として8年勤務し、預金業務、融資業務を行い、住宅ローン、自動車ローン、フリーローン、カードローン、事業性ローンなどを7年行う。
保険業務、投資信託販売業務なども多数取り扱いを行う。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)