キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

借金のメリット・デメリット

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金と聞くと何となく、悪いイメージを抱く人が多いでしょう。

お金が返せなくなって破産したなどの聞いたことがあれば、印象が悪くなってもおかしくありません。

しかし、大企業でさえ借金をしており、人によっては借金している方が良いと考えています。

借金は上手に付き合えば、生活を豊かにしてくれるものです。

借金のメリットとデメリットを理解して借金を活用しましょう。

今回は借金のメリットと、デメリットに関して見ていくこととします。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • お金を借りたいと思うが、借金に抵抗がある人
  • 借金の上手な付き合い方が知りたい人

借金をすることのメリット

借金をすることのメリット

借金は悪いイメージが付きまといますが、使い方によっては様々な良い点があります。デメリットを確認する前に、まずは借金をすることで得られるメリットを見ていきましょう。

欲しいものがすぐに手に入る

手持ちに十分なお金がなくても、欲しいものを購入できることが借金のメリットです。

例えば、高価な時計などは、数万円で購入することはできません。

高い時計は必要ないと考える人もいますが、好きな時計を身に付けることで自分のイメージを高めることもできる場合もあるでしょう。

本来であれば節約しながらお金を貯めて購入するものですが、借金をすればすぐに購入できます。

良いものを身に着けることで、毎日を充実した気持ちで過ごすことができるので有意義な借金と考えられるでしょう。

また、マイホームは借金をして、購入することの方が多いでしょう。

家を買えるくらいの貯金が貯まるのは、定年間近となる人がほとんどではないでしょうか。

その頃には、子供は既に社会人として独立しているなど、家族そろって新居を楽しむことはできません。

借金をして家を建てるからこそ、家族団らんという雰囲気も味わえ、子供にも安心した家庭環境を与えることができます。

お金がなくても必要なものが手に入ることは、借金のメリットと言えるでしょう。

返済ができれば信用される

お金を借りる理由は人それぞれですが、借金をしたら必ず返済しなければなりません。

しかも、決められた額を決められて期間、返済日に遅れることなくずっと払い続ける必要があります。

借金をするときには、このくらいの金額なら毎月、遅れることなく払い続けることができると思っていても、返済期間が長くなると途中で収入が変わる可能性もあり、なかなか難しいものです。

しかし、完済することができれば、金融機関からの信頼度が上がります。

金融機関からの信頼を得ることができれば、次に借金を申し込むときは審査に通りやすくなり、金利などでも有利になるでしょう。

適度に借金を使うことで、本当にお金が必要になったときには、金融機関からの信用あるため借りやすいというメリットが生まれます。

関連記事をチェック!

個人が銀行融資で借入するメリットとデメリットを比較!!

借入を考えている方にとって、どこで申し込むべきかは悩みどころです。 借入経験の少ない初心者には、どう比較すれば良いのかも解りにくいですよね。身近な銀行を利用する場合のメリット、デメリットをご説明...

関連記事をチェック!

銀行借入の実績とは?実績作りのメリットとポイント

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 銀行から借入する為の実績作りとは 銀行から借入するときに重要となるのが、借入したい...

自分の評価を上げることができる

借金の返済をするために、収支のバランスを考えるなど様々なことを考えるようになります。

また、結婚式などが重なって出費が多く、家計が苦しくてもしっかりとした生活を送らなければなりません。

つらい生活を切り抜けることで、精神的にもタフになるでしょう。

判断力や精神力を鍛えることによって、周囲からの評価を上げることができます。

例えば、仕事上のトラブルで困っている人を、鍛えた判断力を使って助けることができるでしょう。

また、困っている人の気持ちも理解できるため、ミスをした同僚にも優しく接するなど、多くの点で評価を上げられるでしょう。

資産を増やすことができる

時間を掛けてお金を貯めることも大切ですが、地道に貯めるには相当な時間を必要とするでしょう。

しかし、借金をした方がより効率よく、資産を増やせる可能性があります。

例えば、パソコンを買うために何か月間かお金を貯めて買う場合と、先に借金をして買う場合を比べてみましょう。

パソコンを持っていなかった人が、ゲームをするなどの娯楽のために、パソコンを買ってもあまり意味はありません。

しかし、パソコンをいち早く必要な情報を手に入れるために利用すれば、仕事上でもメリットが大きいと言えるでしょう。

また、先にパソコンを買って、副業をするなどして収入を増やすことができれば、借金の金利以上のお金を手に入れることができます。

貯金をしている数か月間が、無駄にならないことがメリットと言えるでしょう。

なお、資格取得のためにスクールに通うなど、教育に掛けるお金などでも同じことが言えます。

独学で学習するよりも早く知識を身に付けられるので、自己投資のために借金することを検討しても良いでしょう。

事業の危機を乗り越えられる

中小企業の経営者にとっては、言わば会社の体力を表す資本金が重要です。

経営状況が悪くなると、資本金が少なくなり仕入れや、広告のための資金調達が難しくなってしまいます。

そのまま放置してしまうと、いつかは企業破産に陥ってしまう可能性は、十分に考えられるでしょう。

また、順調に売上げがあっても、取引企業からの入金が遅れるなどで、一時的に資金繰りがうまくいかなくなることもあります。

いずれのケースでも、借金をうまく活用すれば、危機的な状況を切り抜けられるでしょう。

気を付けないといけないデメリット

気を付けないといけないデメリット

さて、ここまで借金のメリットに関してみてきましたが、ここからは借金のデメリットに関して見ていきましょう。

メリットばかりを見て、デメリットを知らなければ失うものの方が多くなってしまいます。

利子を払う分損をする

借金をすれば、返済のときに利子を払う必要があります。

現金で支払ったり、クレジットカードの一括払いに比べたりすると、利子の分だけ支払った金額が大きくなってしまいます。

金利が高ければ高いほど、返済期間が長ければ長いほど、利子は大きくなっていきます。

少しでも利子を減らすためには、必要最低限の金額だけを借りて、できる限り早く返すことを心がけるようにしましょう。

利子の負担が大きくなれば、借金のメリット以上にデメリットが大きくなってしまいます。

また、金利が変わる可能性があります。

金利が低くなる分には、問題がありません。

しかし、金利が高くなると、返済金額も大きくなってしまいます。

金利の上がり具合によっては、生活費を圧迫することも考えら得るため、できるだけ短期間で返済するようにしましょう。

関連記事をチェック!

元金とは?利息と返済方式による元金の減り方の違い

「借金」と聞いて皆さんはどんなイメージを持たれますか?一言で「借金」と言っても住宅ローンや車のローン、急な入用で少しだけ必要になったなどいろいろ事情はありますよね。 しかし、「借金」をするとつい...

精神的なストレス

借金の返済が長期間になるほど、大きな精神的ストレスを感じてしまいます。

例えば、住宅ローン等を考えるとイメージしやすいでしょう。

一般的に住宅ローンは30年など、返済期間が長くなってしまいます。

返済を続けなければならない以上は、仕事が嫌になっても簡単に転職することはできません。

また、自分を含め家族の病気の治療で支出が多くなっても、返済をやめることはできません。

子供の成長に合わせて家計も変化するため、住宅ローンの返済が重くのしかかる時期もあるでしょう。

収入が増えていれば支出が増えても対応できる可能性はありますが、場合によっては節約が必要となるかも知れません。

節約のために趣味や娯楽を我慢しなければならなくなった場合は、大きなストレスを抱えてしまうでしょう。

節約しても家計が苦しいと感じ、ついにはうつ病になってしまう可能性もあるようです。

関連記事をチェック!

借金苦労話から見えてくる教訓は深い

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 嘘をついて借金をした後ろめたさ 借金時のプロフィール:26から30歳、男、借金総額...

債務整理をする危険性がある

お金を借りるときは十分に返済可能な金額だったとしても、思いがけないことが原因で借金の返済ができなくなることもあります。

例えば、返済期間中に事故や病気で働けなくなる場合や、リストラで収入がなくなる場合などが考えられます。

自分ではコントロールできない理由で、生活が大きく変わる可能性は誰にでもあるでしょう。

もし、これ以上は借金の返済が難しい場合には、債務整理を検討する必要があります。

債務整理には、任意整理や特定調停など様々な種類があります。

任意整理と特定調停は金融機関と、話合いをすることで金利分の支払いをカットするという点では同じです。

しかし、任意整理は裁判所を通さずに行い、弁護士や司法書士に依頼することが一般的ですが、特定調停は裁判所を間挟んで自分で話合いをするという違いがあります。

なお、債務整理は法律で認められている権利であるため、悪いことではありません。

しかし、お金を貸した金融機関からすると、借金を踏み倒されたことと実態は変わりません。

実は、債務整理をしたとことは、信用情報機関に少なくとも5年は登録されます。

全ての金融機関は審査を行うときに、信用情報機関に登録されている情報を参照しなければなりません。

つまり、借金を完済できなかった過去がばれてしまうため、債務整理してからは借金ができなくなるのです。

必要なときにお金を借りられなくなる可能性があることは、大きなデメリットと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

自己破産とは

自己破産とは、借金がある人が裁判所に申し立てをすることで、その人の借金をゼロにするという制度です。 我が国は資本主義を採用しています。そして、資本主義社会においては全ての人は経済的リスクを背負い...

就職への影響が懸念される

学生の間に借金をしていると、就職するときに不利に働くと聞いたことがあるかも知れません。

しかし、特別な場合を除いて、借金が就職に影響することはないと言えます。

個人の借金の額を会社の人事部が調べることはありませんし、そもそも個人の借金を調べることはできません。

信用情報機関には借金の金額が登録されていますが、金融機関が審査をする場合や、本人が情報の開示を請求しなければ調べることは不可能です。

ただし、就職に借金が全く影響ないかと言えば、そうとも言い切れません。

過去に借金の返済が2か月以上も滞っていたり、債務整理をしていたりする場合には、金融事故を起こしたことになります。

いわゆるブラックリスト入りしたことになり、一定期間は新規でローンに申し込んでも審査に通過できません、

せっかく就職が決まったとしても、引っ越しに掛かる費用を準備できなければ出勤することは困難です。

親族に頼れる人がいない場合には、新生活の準備を整えることができずに、せっかくの採用を断ることになるでしょう。

また、就職活動をしていると面接で、「借金はありますか?」と質問されることもあるようです。

借金があると答えると悪い印象を与えるのではと心配になりますが、面接では噓を吐かない方が良いでしょう。

なお、奨学金も借金となりますが、奨学金が原因で不採用になる可能性は少ないと考えられます。

奨学金を借りている場合には、面接官にはっきりと伝えると良いでしょう。

関連記事をチェック!

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよ...

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は時効期間が経つまで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬...

お金を借りるときの注意点

お金を借りるときの注意点

借金のメリットとデメリットを見てきましたが、できればメリットを生かしてデメリットを小さくしたいと思いませんか。

ここからは、お金を借りるときのデメリットを、少なくするための注意点を紹介します。

とても重要な内容となるので、しっかりと目を通してください。

冷静な判断をする

借金をすべきかどうかは、冷静な判断を下す必要があります。

今までは大丈夫だったからというような、経験に頼りきった判断をしてはいけません。

病気や事故などで、急に経済状況が変わってしまうことがあります。

また、どうしも欲しいものがあるから借金をしようなど、感情論に走ることも避ける必要があるでしょう。

衝動買いなどの浪費癖のせいで、多重債務に陥る人もいます。

借金をする必要があるかどうかの判断が難しい場合には、第三者に相談するなどして冷静な判断を下すことがおすすめです。

過度な借り入れは危険

お金を借りる際に足りなかったら困ると考える気持ちはわかりますが、過度な借金をすると毎月の返済額だけでなく利子の支払いも高額となります。

生活を豊かにするために借金を利用するつもりが、毎月の返済金額で生活費を圧迫してしまっては本末転倒です。

全く貯蓄ができないほどに返済金額が膨らんでしまうと、突然の出費に対応することができません。

冠婚葬祭のために新たに借金を重ねることになりかねませんので、借金はできるだけ少なくしなければなりません。

もし、必要に迫られて借金を増やしてしまった場合には、早急に返済計画を見直しましょう。

おまとめローンの利用や、金利の低いローンに借り換えるなどで毎月の返済額を減らすこともおすすめです。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

何となく借りるはやめよう

お金がないけど、何となくぜい沢をしたいから借金をするとか、今お金がないから取りあえず借りるという安易な発想をするのはやめましょう。

どうしても仕事に必要な道具をそろえるなど、借金をする明確な目的がある場合には良いのですが、無計画に何となくお金を借りることは、金利分の支払いで損をしているだけです。

借金をすることに慣れると際限なくお金を借りるようになり、最終的には多重債務に陥ってしまいます。

借金をして好きなものを手に入れても、借金を返すためにリサイクルショップで売却することになってしまうでしょう。

借金をする前に、本当に借金をする必要があるかを考える習慣を付けましょう。

■借金嫌いは日本人の特徴?借金は悪いことなのか検証

借金するのは計画的に!

借金と返済は切り離すことはできません。

多少の誤差が生じても返済できるように、余裕のある返済計画を立てるようにしましょう。

必要なときにはちゅうちょなく借りる

借金が必要なときは、思い切って借りましょう。

無駄遣いをしているわけではないので、ちゅうちょする必要はありません。

借金の申し込みをしてから、審査や契約などで時間が掛かりますので、迷っている間に融資が間に合わない可能性も出てきます。

特に中小企業の経営者は、迅速な経営判断が求められるでしょう。

事業規模を拡大するための設備資金を借りる場合など、本当に必要だと判断した場合にはちゅうちょする必要はありません。

金融機関の審査もあるので、無謀な事業計画だと判断された場合には審査落ちとなります。

思い切って融資の申し込みをしましょう。

借金がある場合は返済を!

いくら必要に迫られている借金とはいえ、完済せずに借金を繰り返すことはおすすめできません。

借金が膨れ上がると利子の支払いばかりで、なかなか元金が減らなくなってしまいます。何らかの事情により収入が減ってしまうと、返済が滞ってしまいブラックリストに載ることになるでしょう。

新規で借り入れができなくなり、不便な生活を送ることになりかねません。

経営者が借金の返済ができなくなった場合には、同時に事業を続けることができなってしまうでしょう。

収入を失うことになるので、しっかりとした返済計画を立てた上で借金と付き合わなければなりません。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/

まとめ

借金にはメリットもデメリットもあります。

借金に悪いイメージを持っている人もいますが、優良企業も戦略として借金をしています。

計画的な借金の利用を心がければ、多くのメリットを受けることができるでしょう。

ただし、借金と返済はセットで考える必要があります。

毎月の返済で生活が苦しくならないように、注意しなければなりません。

また、返済が長期化するほど、病気などのリスクが高まります。

最小限の金額を借りて、できるだけ早く返済することを目指すようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談