キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

おすすめ消費者金融のおまとめローンランキングと審査のポイント

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

複数の業者から借入をしている人や、多額の借金をしている人にとって、おまとめローンは最後の砦と言っても過言ではありません。

しかし、おまとめローンは多くの消費者金融で取り扱っていますので、正直どこに申し込んだら良いかがわかりません。

今回は、そんなお悩みを抱えている方に、おすすめの消費者金融おまとめローンを紹介していきます。

このようなかたにおすすめの情報です

今回ご紹介する記事は、

  • おまとめローンの利用を考えている
  • どこのおまとめローンに申し込んだら良いか迷っている
  • おまとめローンの審査に通るポイントが知りたい

という方におすすめの情報となっています。

執筆者の情報

名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

おまとめローンは複数の債務を一本化できる

ae35aa66eb5c3a6fa97a90e7880e2835_t

ご存知の方も多いとは思いますが、まずはおまとめローンとはどのようなローンなのかということについてお話していきます。

おまとめローンとは、複数の債務を一本化(借り換え)するためのローンです。

このおまとめローンを利用することで、これまで複数あった債務が1つにまとめることができ、さまざまなメリットを受けながら返済でき、完済を目指すことができます。

おまとめローンを利用する4つのメリット

先程もお話しましたが、おまとめローンにはさまざまなメリットがあります。

おまとめローンのメリットを挙げてみますと、

  • 毎月の返済額を減らすことができる
  • 金利を低減できる
  • 返済が月に1回となる
  • 総量規制に関係なく借りられる

という4つがあります。

では、これら4つのメリットについて、これからさらに詳しく解説していきます。

①毎月の返済額を減らすことができる

複数社から借入をしている場合、1社あたりの返済額は少ないのですが、合計すると毎月多くの金額を返済することになります。

ローンは複数で借りるよりも1つで借りた方が返済額は少なくなりますので、おまとめローンで一本化することで毎月の返済額を減らすことができます。

毎月の負担が軽くなると、生活にも余裕が生まれ、返済に対しても前向きになります。

②金利を低減できる

複数社から少しずつ借りると、金利はそれぞれの上限金利が適用されることがほとんどです。

ローンは借入金額が多くなるほど低金利になる傾向がありますので、一本化することで自然と金利も低くなります。

また、消費者金融は利息制限法という法律によって設定できる上限金利が決められており、元本が100万円を超える場合、金利の上限は15%となります。

例えば、A社から50万円、B社から30万円、C社から30万円の借入をしている場合、それぞれの金利は18.0%程度に設定されることが多いです。

しかし、これらの借入をおまとめローンで一本化すると、借入金額が100万円を超えるため金利が15%以下になることが確定します。

③返済手続きが月1回で楽になる

毎月の返済日は各業者によって異なりますので、複数社から借りていると月に何度も返済日があることも珍しくありません。

おまとめローンで一本化をすると、その業者の返済日だけで返済していくことができます。

大手消費者金融の場合は提携ATMから返済できますし、銀行口座からの引き落としで返済もできますので、返済は比較的簡単です。

しかし、中には振込や店頭窓口でしか返済できない業者もあります。

そうなると、返済のために月に何度もATMや店頭に足を運ばなくてはなりません。

返済手続きが月1回になると、その手間が省けますし、振込手数料の負担もなくなります。

④総量規制に関係なく借入が可能

71120a6f3fd74cf81a57ab8060d0d8f9_t

貸金業者である消費者金融は、総量規制により年収の1/3までしか貸付することができません。

しかし、消費者金融でも総量規制の例外となる事由に該当すれば、年収の1/3を超えるものであっても貸付することができます。

総量規制の例外となる事由には数種類ありますが、おまとめローンは「利用者が一方的に有利となる借入」というのに該当します。

おまとめローンは多重債務者の救済を目的にしていますので、たとえ総量規制の上限を超える債務があったとしても、借入は可能です。

関連記事をチェック!

総量規制とは

本文 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 このようなかたにおすすめの情報です 本文 ...

おまとめローンを選ぶ際の4つの注意点

おまとめローンは多重債務者の救済を目的としているだけあって、メリットが多いです。

ですが、デメリットがまったくないというわけではありません。

おまとめローンを利用する際には、

  • 審査が厳しい
  • 返済総額が増える可能性がある
  • 思っているよりも金利が下がらない
  • 追加の借入が難しい

という4つのことに注意しなければなりません。

①審査が通常のカードローンよりも厳しい

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_t

おまとめローンを利用する場合も、通常のカードローンと同じように審査があります。

信用がない、または信用が低い場合、おまとめローンの審査に通過できず、債務を一本化することができません。

おまとめローンは、それまで複数の業者でリスク分散されていたものを1社がすべて肩代わりするようなものです。

つまり、1社が抱えるリスクが多くなることで、どうしても審査は厳しくなってしまいます。

カードローンは比較的審査に通りやすいローンなのですが、それを一本化するためのおまとめローン審査は比べ物にならないほど厳しいです。

関連記事をチェック!

決定版!おまとめローンの審査に通らない原因はコレだ!

どうしておまとめローンの審査に落ちるのか。 原因がわからなければ何度申し込んでもダメです。しっかり説明します。 おまとめローンは借金を完済する方法として、自分にとって有利な商品のはずです。...

②返済総額が増える可能性がある

おまとめローンは毎月の返済額や返済総額の軽減効果に期待できます。

しかし、契約の仕方によっては、逆に返済総額が多くなってしまう可能性があります。

返済総額がおまとめ前よりも多くなってしまう原因となるのが、返済期間です。

ローンの返済期間を長くすることで、毎月の返済額は少なくなりますが、元金の減りは遅くなり、金利がかかる期間も長くなります。

具体的な例を挙げてみますと、以下のようになります。

借入条件返済期間
(返済回数)
返済総額
【3社からの借入】

  • 借入総額:120万円
  • 金利:すべて18%
5年
(60回)
1,828,326円
【おまとめローン】

  • 借入額:120万円
  • 金利:15%
7年
(84回)
1,945,112円
返済総額の差116,786円

このように、いくらおまとめローンによって金利を低減できたとしても、返済期間を長くしすぎれば、おまとめ前よりも返済総額が多くなってしまう可能性があります。

③金利が期待するほど下がらない可能性がある

消費者金融のおまとめローンは、金利を審査によって決定するのが一般的です。

そのため、申し込みの段階ではどんな金利が適用されるかがわからず、審査結果が出た段階で知ることになります。

申込者の信用によっては非常に低金利となることもありますが、期待していた金利よりも高くなる場合もあります。

また、借入総額が100万円以下の場合は、おまとめするローンと同等の金利となる可能性もあります。

金利の低減はおまとめローンのメリットなのですが、審査によって金利が決まる以上は、過度な期待は禁物です。

④追加の借り入れが難しくなる

おまとめローンは、一本化した債務を返済していくための商品ですので、カードローンのように途中で追加の借入をすることはできません。

追加で借入したい場合は、おまとめローンではなくカードローンで借りることになります。

おまとめローン利用中に、新たなカードローンを借りることは可能なのですが、審査に通るのは至難の業です。

また、総量規制の例外は規制の借入額にカウントするが、例外的に超えることを認めています。

つまり、新たなカードローンの審査時点で、おまとめろーんの残高が総量規制の上限を超えていれば、審査に通ることはないということです。

理論上はおまとめローン利用中の追加借入は可能なのですが、実際は非常に難しいです。

おまとめローンの審査に通過するための条件とは?

厳しいおまとめローン審査に通るためには、それ相応の条件を満たす必要があります。

では、その条件とはどのようなものなのでしょうか?

ここでは、おまとめローンの審査に通過するために必要な条件を紹介していきます。

①勤続年数の長さ

ローン審査において勤続年数というのは、安定した収入を継続できるのかを見極める材料となります。

今では1つの会社にこだわらず、転職をして自分に合った仕事や会社を探すことが普通となっています。

転職をする場合、ほとんどの人は収入が減ります。

もし、おまとめローンを借りた人が転職によって収入が減ってしまったとしたら、返済が滞ってしまう可能性もあります。

業者はこれを危惧しており、現在の仕事を辞めてしまう可能性がある人には融資したくありません。

では、どのくらい勤続年数があると、仕事を辞めてしまう可能性がないと判断されるのかといいますと、目安は「1年」です。

もし、転職をしたばかりで勤続年数が1年未満だという人は、しばらくおまとめローンの申し込みは控え、勤続年数が1年以上となってから申し込むことで審査通過しやすくなります。

②年収の高さ

借りたお金を返済していくことができる能力のことを「返済能力」といいます。

当然ですが、年収が高い人ほど月に充てられる返済額は多くなりますので、返済能力が高いと判断されます。

返済能力は高いほど審査に有利となりますので、年収が高い人ほど審査通過しやすいです。

③クレジットカードや他社返済の遅延は絶対にダメ

おまとめローンでも、年収や勤続年数は重要な審査項目となりますが、これよりも重要なのが返済実績です。

返済実績とは、借入の返済やクレジットカードの支払いをどのように行われてきたのかという過去の実績です。

返済をきちんとしてきた人というのは、返済に対する意識が高く、まとめることによってさらに安定した返済が見込めます。

対して、返済が遅れがちになっているという人は、返済に対する意識が低い、または返済が遅れるだけ収支のバランスが崩れていると判断されます。

たとえおまとめローンによって返済額を少なくできても、延滞する不安は拭いきれません。

おまとめローン審査に落ちる人の多くは、クレジットカードや他社返済の遅延が原因となっていることからも、支払いや返済は絶対に遅れないようにしなければなりません。

④おまとめの金額が多いことは不利

おまとめローンは、借入総額が年収の3分の1以上でも申し込みを行うことはできます。

しかし、ローン審査では金額が多いほど不利になります。

当然、おまとめローンも同じであり、まとめるために必要な金額が多くなるほど審査通過は難しくなります。

ただ、申込金額が多いというだけで審査落ちすることは少ないですので、諦める必要はありません。

大事なのは、高額な債務をきちんと返済しているという実績ですので、諦めずにチャレンジしましょう。

【消費者金融】おすすめのおまとめローン3選

おまとめローンは、さまざまな消費者金融が取り扱っていますので、迷ってしまうでしょう。

ここでは、おまとめローン選ぶに悩んでいる方のために、おすすめのおまとめローンを3つ紹介していきます。

1.アイフル「おまとめMAX」

アイフルには2種類のおまとめローンがあり、「おまとめMAX」はアイフルを利用中または過去に利用したことがある人が申し込むことができます。

最大の特徴は、銀行ローンやクレジットカードのショッピング枠利用分もおまとめできることです。

最大金利が17.5%と高めに設定されていますが、審査は比較的柔軟に対応してくれますので、審査の通りやすさを重視したい人に向いています。

また、最高融資額が高いため、高額な資金にも対応できます。

口コミを見ても、借り換え対象範囲の広さで評価が高いです。

2.アイフル「かりかえMAX」

アイフルの「かりかえMAX」は、はじめてアイフルを利用する人が申し込めるおまとめローンです。

それ以外の特徴・貸付条件に違いはなく、アイフルを利用していない人専用の商品なため、資金使途は他社借入金の借り換えのみとなっています。

「かりかえMAX」の口コミを見ても、やはり借り換え対象範囲の広さに対して評価が高いです。

3.プロミス「おまとめローン」

プロミスの「おまとめローン」は、最高融資額が300万円で、おまとめの対象も他の貸金業者からの借入金だけに限定されます。

そのため、一見すると商品性が他のおまとめローンよりも劣っていると思ってしまいますが、下限金利に魅力があります。

プロミス「おまとめローン」の下限金利は6.3%であり、比較的少ない金額でも低金利になりやすいですので、金利を重視しておまとめローンを選びたい人に向いています。

口コミを見てみると、毎月の返済額が万単位で減り、思っていたよりも負担軽減効果が多かったというようなものもあります。

審査が不安なら中小消費者金融も検討しよう

大手消費者金融の審査は、どこも同じような審査システムであり、スコアリングを重視します。

そのため、大手1社に断られると、他の大手でも同じような結果になることが多いです。

おまとめローンは審査通過できなければ利用できませんので、審査に不安がある人は中小消費者金融も検討してみましょう。

中小消費者金融の審査は、現状の返済能力はもちろん、将来性も見てくれます。

こうした独自の基準によって、大手では審査通過できない人にも積極的に貸付しています。

ただ、闇雲に申し込みをしてしまうと「申込ブラック」になってしまう可能性もありますので注意しなければなりません。

では、ここからおすすめの中小消費者金融おまとめローンを3つ紹介していきます。

フクホー「借換えローン」

フクホーは、大阪に本社を置く老舗の消費者金融です。

このフクホーのおまとめローンが「借換えローン」です。

貸付対象者20歳以上の安定的な収入と返済能力を有する方
資金使途貸金業者債務の借換え
融資額5万円~200万円
金利7.3%~20.0%
返済期間
(返済回数)
最長10年
(2回~120回)
担保・保証人不要

貸付条件はこのようになっており、融資額は200万円と少ないですが、審査によっては7.3%で借りられる可能性もあります。

ライフティ「おまとめローン」

ライフティは、東京に本社を置く消費者金融です。

貸付対象者20歳~69歳の安定して収入のある方
資金使途他社借換え
融資額300万円まで
金利8.0%~18.0%
返済期間
(返済回数)
最長10年
(120回)
担保・保証人不要

貸付条件はこのようになっており、融資額はプロミスと同じ300万円までとなっていますが、金利は高めです。

しかし、柔軟な審査はおまとめローンでも健在であり、口コミにも「大手はどこもダメだったけど、ライフティでは借りれた」というものもあります。

アロー「借換ローン」

アローは、愛知県に本社を置く消費者金融であり、「借換ローン」という商品名でおまとめローンを取り扱っています。

資金使途貸金業者債務の借換え
融資額200万円まで
金利15.00%~19.94%
返済期間
(返済回数)
最長15年
(2回~180回)
担保・保証人原則不要

貸付条件はこのようになっており、下限金利でも15%と高いのですが、返済期間が他のおまとめローンよりも長いのが特徴です。

口コミを見てみると、「債務整理していても3件をまとめることができました」というように、柔軟な審査に対するものが多くあります。

各社おまとめローンを比較してみた

1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_t (1)

それぞれの消費者金融が提供するおまとめローンには、融資額や金利に違いがあります。

その違いを一覧表で比較してみました。

消費者金融名融資額適用金利返済期間
アコム1万円~300万円7.7%~18.0%最長13年7ヶ月
アイフル1万円~800万円かりかえMAX
12.0%~17.5%
おまとめMAX
12.0%~15.0%
最長10年
プロミス最高300万円6.3%~17.8%最長10年
フクホー5万円~200万円貸付金額に応じて決定
5万円~10万円未満
7.30%~20.00%
10万円~100万円未満
7.30%~18.00%
100万円~200万円
7.30%~15.00%
最長10年
ライフティ最高300万円8.0%~18.0%最長10年
アロー最高200万円15.00%~19.94%最長15年

比較してみると、大手消費者金融のおまとめローンの方が高額融資・低金利となっていることがわかります。

しかし、中小消費者金融もそれぞれの特色を活かしたおまとめローンを取り扱っており、中には大手と遜色ない条件で貸付しているところもあります。

関連記事をチェック!

キャッシングアローで借入,返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はアロー「フリープラン」について説明したいと思います。 アロー「フリープラン」について ※アロー公式WEBサイトより引用 株式会社アロー...

関連記事をチェック!

アイフルのおまとめMAXとかりかえMAXはどう違う?

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。...

おまとめしたくてもできないローンもある?

消費者金融のおまとめローンでまとめられる債務は、貸金業者からの借入が一般的です。

アイフルのように、銀行ローンやクレジットカードのショッピング枠利用分までおまとめの対象としているのは珍しいです。

複数社から借りている人は、クレジットカードのショッピング枠でリボ払いを利用している人も多いですし、銀行カードローンからも借入している人も多いです。

もちろん、貸金業者の債務だけでもまとめることができれば、金利や毎月返済額の低減に期待できます。

しかし、同じく毎月の返済が必要な銀行ローンやクレジットカードのショッピングリボもまとめることができなければ、完全な「おまとめ」にはなりません。

消費者金融のおまとめローンを利用する場合は、基本的に貸金業者の債務だけしかまとめられないと割り切るか、アイフルや銀行のおまとめローンのようにほとんどの債務をまとめられる商品を利用しましょう。

おまとめローンについてのQ&A

ここで、おまとめローンについて皆さんが疑問に感じていることにお答えしていきたいと思います。

Q1.借金総額が総量規制を超えていたら審査に落ちてしまいますか?

A.それだけで審査に落ちることはありません

おまとめローンは、総量規制の上限を超えていても借りられる商品です。

そのため、通常のカードローンやキャッシングのように、すでに総量規制を超えているという理由だけで審査落ちすることはありません。

ただ、借金総額が総量規制の上限を超えている場合、毎月の返済額も高額になっているはずです。

もし、現状で借金の返済に支障が出ており、延滞しながら返済しているという場合には、それが原因で審査落ちする可能性はあります。

高額な借入が必要というのも審査では不利になってしまいますが、それよりも返済実績が重要となります。

総量規制の上限を超える借入をしていても、返済実績が良好であれば審査通過できる可能性は十分にありますので、申し込む前から諦める必要はありません。

Q2.大手銀行のショッピングカードやクレジットカードのショッピング枠もおまとめできますか?

A.アイフルのおまとめローンならまとめることができます

消費者金融のおまとめローンは、貸金業者債務(借入)の借り換えを対象にしていることがほとんどです。

銀行のショッピングカードやクレジットカードのショッピング枠は、債務であることに変わりありませんが、お金を借りているわけではありませんので、おまとめローンでは対象外となります。

しかし、アイフルではショッピング利用分も借り換えの対象としていますので、おまとめローンで他社借入だけでなく、ショッピング枠も一緒にまとめることができます。

また、銀行のおまとめローンもショッピング枠を借り換え対象としていることが多いですので、そちらを利用してもまとめることができます。

銀行のショッピングカードやクレジットカードのショッピング枠もおまとめしたい場合、利用できるおまとめローンは限定されてしまいますが、絶対にできないというわけではありません。

Q3.「東京スター銀行」「じぶん銀行」「西日本シティ銀行」「三井住友銀行」のおまとめローンの金利を教えてください

A.各銀行のおまとめローン金利は以下のとおりです
東京スター銀行じぶん銀行西日本シティ銀行三井住友銀行
12.5%1.7%~12.5%4.5%~15.0%4.0%~14.5%

三井住友銀行には専用のおまとめローンはありませんので、ここでは通常のカードローン金利を表示しています。

比較してみると、じぶん銀行が一番低金利なのですが、auユーザーだけがこの金利で借りられますので、ハードルは高いです。

西日本シティ銀行も、下限金利は低いのですが、審査によって金利が決まりますので、上限金利が適用されてしまう可能性もあります。

それぞれで金利に違いがありますが、金利の決定方法にも違いがありますので、表面上の金利だけで比較しないようにしましょう。

Q4.審査に落ちた場合、保証会社が同じ金融会社は申し込まないほうがいいですか?

A.別の会社が保証するおまとめローンに申し込むことをおすすめします

消費者金融の中には、銀行ローンを保証している会社もあります。

こうした銀行ローンは、保証会社が主に審査をしています。

つまり、別のおまとめローンに申し込んでいても、同じ会社に審査を依頼していることになりますので、審査通過できる可能性は低いです。

消費者金融と銀行それぞれのおまとめローンに申し込む場合、保証会社がどこなのかが非常に重要であり、一度審査落ちしたことがある会社が関係している場合は申し込みしないことをおすすめします。

Q5.おまとめローンには年収ごとの上限額がありますか?

A.おまとめローンに年収ごとの上限はありません

おまとめローンは、総量規制の例外となりますので、規制の上限を超える借入も可能な商品です。

従って、年収によって借りられる金額が決まっているわけではありません。

ただし、おまとめローンで決められている借入上限は、借り換え対象の総額までとなっておりますので、おまとめ以外の資金を借りることはできません。

Q6.最低返済額の計算はどうやってやればいいでしょうか?

A.各業者が定める計算式で計算しましょう

残高スライド返済などの返済方式でよく見られるのが「最低返済額」です。

この最低返済額の計算方法は、各業者によって異なりますので、利用する業者の計算式を確認しましょう。

ただし、おまとめローンは証書貸付という融資形態で貸付するものであり、毎月の返済額は一定となります。

そのため、最低返済額という概念はなく、契約時に取り決めした金額を返済していくことになります。

なお、銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合は、最低返済額が関係することもありますので、計算方法をしっかりと把握しておく必要があります。

Q7.ブラックリストに入っていますがおまとめローンは申し込めますか?

A.申し込むことはできますが、審査通過は難しいです

たとえブラックリストに入っている人でも、おまとめローンに申し込むことは可能です。

ですが、「申し込める」と「借りられる」は別の意味です。

中小消費者金融であれば、もしかすると審査通過できるかもしれませんが、銀行や大手消費者金融ではまず借りられないでしょう。

Q8.おまとめローンで借り入れたお金を借金返済に充てずに使っても大丈夫でしょうか?

A.借金返済以外に使用した場合、契約違反となります

おまとめローンは、既存の借入を一本化する商品です。

そのため、貸し付けた資金が目的の通りに使われたのかを確認するため、返済した明細や解約した際の書類を融資後に求めてきます。

また、別の資金に利用されないために、振込を条件とするおまとめローンもあります。

これをかいくぐり、別の資金に使う事は至難の業であり、もしも別の資金に利用できたとしても、バレれば契約違反となって一括返済を求められてしまいます。

おまとめローンで借りた資金を違う目的のために使うことは考えず、きちんと返済していくことを考えていくようにしましょう。

違法業者を利用するのは絶対に避けよう

中小消費者金融であれば、金融事故情報など審査落ちをしやすい特徴の人でも、おまとめローンを利用できる可能性があります。

しかし、中小消費者金融のなかに違法業者が紛れ込んでいることもあります。

また、違法業者が中小消費者金融になりすまして営業しているケースもありますので、知らず知らずのうちに違法業者から借りていたということもあります。

中小消費者金融を利用する場合は、日本貸金業協会の登録業者検索や金融庁の違法業者検索を活用し、絶対に違法業者を利用することがないようにしましょう。

豆知識:なぜ消費者金融のおまとめローンは総量規制対象外なのか

消費者金融で借入を検討するときに、問題となるのが総量規制です。

カードローンの借入時には、総量規制を気にしながら借入を行いますが、おまとめローンも総量規制を気にしなければならないのでしょうか?

例外で総量規制対象外

消費者金融からの借入は、総量規制によって年収の3分の1以上行うことはできません。

しかし、おまとめローンは貸金業法で総量規制の例外となりますので、年収の3分の1以上の金額でも借入が可能です。

専用のおまとめ商品は総量規制の影響を受けることはありませんので、安心して利用できます。

銀行からは借りられるのか?

消費者金融のおまとめローンを利用中でも、銀行からお金を借りることは可能です。

しかし、審査の際にはおまとめローンの残高や返済実績も見られることになります。

おまとめローンを延滞しながら返済している場合は、銀行ローンの審査に通ることは難しいです。

また、銀行のおまとめローンを利用中に、消費者金融から借りることも可能です。

消費者金融は総量規制の総額を重視して審査しますので、銀行おまとめローン利用中でも比較的通りやすいのですが、返済実績などに問題があれば審査落ちしてしまいます。

まとめ

消費者金融のおまとめローンは、それぞれ特徴が異なります。

その中から、金利・審査の通りやすさ・安心感・人気などから、いかに自分に合ったおまとめローンを選ぶかが重要となります。

ですが、審査に通らなければおまとめローンを借りることはできません。

申し込みをする前に、もう1度自分の置かれている状況や返済実績はどうだったかを確認するようにしましょう。

安易な申し込みはせず、計画的な利用を心がけるようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

      皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

    2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談