借入金の基本?長期・短期プライムレートを覚えて変動金利の仕組みを知ろう

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

企業は経営をするために、事業を円滑のための資金を確保する必要があります。

そこで、金融機関から借り入れをすることもあります。

そして、返済のときに重要なのが金利です。

金利が変わってしまうと、返済額にも影響があるため注意が必要です。

そこで、変動金利の仕組みを理解して、返済額が変わるリスクに備えましょう。

プライムレートとは

e201224284d23fbdec8789043d059979_t

長期プライムレートとは

長期プライムレートは、長プラと略されることもあります。

1年以上の返済期間の長期にわたって、融資を受けるとき最優遇貸出金利のことです。

これは、金融機関が一流企業に融資するときに使う、最も低く設定されている金利をいいます。

金融機関が一流企業への貸出しの場合は、返済されないリスクが最も低いので、この最も低く設定されているプライムレートを使用します。

なお、企業の経営状態によって、この長期プライムレートに金利が上乗せされます。

また、長期プライムレートは、金融機関の「5年物普通社債」を基準に決定されています。

日本の国債を基準に設定されることになるため、変動が激しいことが特徴となっています。

一般的には、みずほ銀行が発表している長プラが全国の金融機関の基準とされており、日銀のホームページで推移を確認することができます。

変動が激しいだけ借入期間内に金利が変更される可能性が高く、月々の返済額が変わることが多いデメリットがあります。

関連記事をチェック!

3814view

個人の銀行の借入金利の相場はどれくらい?

低金利だと耳にすることの多い銀行の金利ですが、相場はいったいどのくらいなのでしょうか。 また、銀行のローンはどのような種類があるのでしょうか。 今回は、個人が借り入れする際の銀行の金利やローンにつ...

短期プライムレートとは

次に、短期プライムレートの説明をしていきます。

短プラと省略されることもあり、長プラと違うのは1年以内に返済する場合に適用されるレートです。

短プラが適応されるのは、一流企業に限定されているということは、長期プラと同じです。

大きく異なるのは、金融機関ごとに個別のレートが設定されているということです。

また、短期プライムレートは余り変動しませんし、長期プライムレートよりも金利が低く設定されてていることがほとんどです。

これは、返済期間が長くなればなるほど、回収できないリスクが高まることが理由となっています。

変動が少ないことから、月々の返済額にも影響する可能性が少ないことになります。

短プラに関しては、日銀のホームページで、「最高値」「最低値」「最頻値」が公開されています。

最頻値とは、一番多く見られる値のことで、多くの銀行が設定してる短プラを確認するときに用いられます。

なお、金利が余り変動をしないということで、個人のローンでは返済期間は長いものの、住宅ローンでも利用されることが多いです。

銀行融資の金利の決め方

7d91f5ff593f3ef89c5697f0b94419fc_t

短期プライムレート

ここからは、短期プライムレートの決め方を紹介します。

短プラは「融資するための資金を調達するコスト」と、「金融機関の利益になる利ざや(スプレッド)」によって決められます。

例えば、銀行であれば、預金で集めたお金を融資しています。

預金には利息がつきますので、その利息分がコストになります。

普通預金や定期預金など預金の種類によって利息が変わるため、定期預金の割合が多い銀行ではコストが高くなります。

一般に、メガバンクとよばれる都市銀行の方が、地方銀行に比べて短プラは低く設定されています。

メガバンクは地方銀行よりも利用者が多いので、普通預金などで集められる資金が多くなっています。

そのため、預金者に払う利息が少ないためコストも少なくなり、短プラを低く設定できるのです。

スプレッド貸-TIBOR

次に、スプレッド貸とよばれる融資の方法を紹介します。

スプレッド貸の場合でも、金利は「コスト」と「スプレッド」をもとに決めることになります。

そして、「コスト」の部分を算出するために、「TIBOR」を使います。

Tokyo InterBank Offered Rate(東京銀行間取引金利)の略となっており、「タイボー」と読みます。

「1週間」「1か月物」「2か月物」「3か月物」「6か月物」「12か月物」の6種類があり、異なった金利が設定されています。

資金に余裕のない銀行と、余裕のある他の銀行と資金の貸し借りで使われる金利です。

TIBORが12か月物までしかないため、スプレッド貸も最長で12か月の短期借入までとなっています。

このように、銀行間どうしてお金を貸し借りするときに、基準となる金利として用いられています。

関連記事をチェック!

11280view

当座貸越とは?どんなメリットがあるの?

融資の方法は一括融資で毎月返済を行っていく証書貸付や、一括融資で期日一括返済の手形貸付だけではありません。 当座貸越という融資方法もあります。 当座貸越はふだん我々が目にする機会が非常に多い、カー...

大手企業-スプレッド貸

スプレッド貸は短期プライムレートよりも、金利が低く設定されています。

融資を受ける側(がわ)としては、メリットの大きい借入方法となりますが、スプレッド貸を受けるハードルは高く設定されています。

そのため、スプレッド貸を利用できるのは、大手企業がほとんどです。

スプレッド貸の場合は、ほとんどの銀行が1億円以上の融資に限定しています。

なお、スプレッド貸は12か月物までしかないTIBORを基準にしていますので、12か月以内に1億円以上の返済が可能な企業を対象としていることになります。

ハードルが高いスプレッド貸ですが、銀行側から提案された場合には、優良な企業として認められたことのあかしと考えることもできます。

中小企業-短プラ連動融資

低金利というメリットがあるスプレッド貸ですが、ハードルが高く設定されているため、中小企業の場合には、を利用することがほとんどとなります。

短プラ連動融資の場合には、短プラにふたつの要素を加えて金利を決定されます。

ひとつ目の要素は、企業の「貸倒れの可能性」です。

企業の経営状態によって、回収できない可能性が高い場合には、金利を高く設定することで少しでも多くの利息で借入金の分を回収し、貸倒れのときのダメージを軽減しようとします。

ふたつ目の要素は、「返済期間」です。

返済期間が長くなれば、企業業績の悪化の可能性が高まります。

そのため、金利を高く設定することで回収できなかったときの、リスクに備え金利を高く設定することになります。

まとめ

事業を行う上で世話になる金融機関からの借入金ですが、最終的な返済額には金利が大きく関係してきます。

高額の借入金であればあるほど、金利によって返済額の変動も大きくなります。

短期での借入は金利が低く設定され、金利の変動によるリスクも小さくなりますので、最小限の借入金で申し込みをして、返済するのが経営していくときの資金繰りのコツとなります。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談