どうしても今すぐ10万円借りたい

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

5万円や10万円が必要という時に銀行口座にはお金が入っていない・・・、そんな状況になったとき皆さんはどうしますか?

それぐらいのお金であれば何とでも対処しようがあると思いますが、いざ調達するとなると意外に苦労してしまう金額であるとも言えます。

10万円程度を調達する場合には、カードローンを利用して即日融資を受けるのが非常に便利な方法でしょう。

今すぐ10万円借りたいならカードローンで借りる

今すぐ10万円借りたいならカードローンで借りる

最も簡単で手早く10万円を借り入れる方法は、カードローンを利用するという方法です。

なぜ10万円を借りる際にカードローンの借り入れが最適なのかというと、カードローンには以下のような特徴があるからです。

  • 融資スピードが早い
  • 無利息でも借りられる
  • 増額もできる

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

消費者金融は最短1時間で借入できる

ただし1つ注意しておかなければならないのは、即日融資を受けられるカードローンは消費者金融が取り扱っているカードローンだけだということです。

カードローンを取り扱っているところとして代表的なのは、消費者金融と銀行であり、少し前までは銀行が取り扱うカードローンでも即日融資を受けることはできました。

しかし、2018年1月に銀行カードローンの審査に対する規制が強化された影響で、銀行カードローンでは実質的に即日融資を行うことができなくなってしまったのです。

そのため、2018年9月現在では即日融資を受けられるのは消費者金融のカードローンのみとなっています。

スピーディーな審査と融資と言えば消費者金融のお家芸でしたがそれは今でも健在で、申し込みから最短1時間程度で借り入れが可能です。

急いでお金を用意しなければならないという人にとって、このスピード感は非常に頼もしく感じられるでしょう。

関連記事をチェック!

165view

【馬太郎が】プロミスを申し込みした

どうも馬太郎です。借入を行う前に、ネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わった18時すぎに自動契約機に向かいました。 自動契約機の流れ プロミスの自動契約機の...

足りなくなっても追加借り入れ可能

カードローンが他の借入方法と異なる点は、カードローンでは追加での借り入れや増額ができることです。

例えば、現時点では10万円しか必要なくても、後で追加のお金が必要になるかもしれません。

そのとき、他の方法では再び借り入れの手続きをしなければならず、そもそも現在の借り入れを返し終わらなければ新たな借り入れができないということがあります。

しかし、カードローンなら限度額内であれば何度でも追加で借り入れができるので、後から追加で必要になった場合でもカードを持って対応ATMに行けばまったく問題ありません。

また、今回は10万円の借り入れで良いからということで限度額を10万円までしか設定していないという人もいるでしょう。

そんな人がもっと高額を借り入れる必要が出た場合でも、カードローンなら契約後でも限度額を増額できます。

そのため、カードローンはとりあえず必要な額で申し込みをしておいても問題ありません。

無駄に高い金額で申し込んだせいでカードが作れない、ということにならないように、最初は必要な限度額にしておきましょう。

当然増額にも審査が行われますので必ず認められるというわけではありませんが、状況に応じて柔軟な使い方ができるのもカードローンならではと言えます。

少額なら無利息でも借入可能

カードローンには無利息期間が設定されているものがあります。

無利息期間のあるカードローン
カードローン無利息期間
アコム契約から30日間
プロミス初回利用から30日間(メールアドレス登録とWEB明細の利用が必須)
レイクALSA契約から30日間or5万円まで180日間

基本的には初回契約日や初回借入日から30日間ですが、レイクALSAでは5万円分の借り入れは180日間無利息で借り入れられる無利息期間を選択することもできます。

このサービスを活用して1ヶ月で返済を終えれば利息はもちろんゼロなので、カードローンなら金利が低い他のローンよりもお得に利用することが可能なのです。

また、借り入れ金額が少ない場合はレイクALSAの5万円まで180日間無利息を利用すると、返済期間が長くても利息を抑えることができます。

関連記事をチェック!

278view

キャッシングの裏ワザ大公開!すぐに使える豆知識

カードローンを利用してキャッシングをする場合には、少しでも借りれる確率を上げたいものですよね? そこで、お金を借りるのに有利になる、知っておくと便利な裏ワザを紹介します。 ぜひ実践してみてください...

借りるならどこがおすすめ?

では、どこのカードローンで借りるのが良いのでしょうか。

金利と無利息期間は返済額に関わってきますので重要な部分です。

 アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
金利(年率)18.0%17.8%
最高限度額800万円500万円
収入証明書原則不要額50万円50万円
無利息期間契約の翌日から30日間初回利用の翌日から30日間※
返済総額107,306円107,395円

※10万円借入、毎月1万円返済、無利息期間利用 ※メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)だけは金利がわずかに低くなっています。

しかし、上述したようにレイクALSAでは無利息期間が2種類用意されており、好きな方が選択できます。

10万円の借り入れでは180日間5万円無利息になるレイクALSAの返済総額が、もっとも安くなります。

もちろん利息だけが判断基準ではありませんので、皆さんが求める条件から自分に合ったカードローンを選びましょう。

少額の借入におすすめなのはレイクALSA

10万円を借りたい人にはレイクALSAをおすすめします。

お金を借りる場合には、やはり支払う利息が少なくなるところを選びたいものです。

レイクALSAなら30日間、5万円分180日間という2種類の無利息期間がありますので、自分の返済可能金額に合わせて無利息期間を選ぶことができます。

特に、少額を利用する場合にはレイクALSAの無利息期間サービスを利用して、利息を抑えましょう。

関連記事をチェック!

7640view

男が体を売りたい時の仕事6選【※注意18禁】

「男でも体を売る仕事ってあるの?」 「やらないけどちょっと興味がある・・・」 そんな人たちのために男が体を売る仕事を見つけてきました。 【ディープ度1】ホスト まず初めに紹介す...

10万円を借りるための年収

10万円を借りるための年収

一般的にカードローンの利用限度額は、初回会員は年収の10%程度に設定されることが多いです。

したがって10万円借りるために必要な年収は100万円となりますがあくまでも一般論です。

雇用形態や審査内容によっては60万円程度の年収でも10万円を借りるのには十分な年収です。

消費者金融はパート収入やアルバイト収入でも借りることができます。

そうなると年収はパートなら100万円から150万円、アルバイトだと60万円から100万円ですよね。

年収100万円あればほぼ確実に10万円を借りることはできるわけです。

しかしアルバイト収入で年収が60万円しかないとして、借入上限額を6万円としたのでは消費者金融も十分な収益を得ることができません。

信用情報や返済能力を見極めた上で、借入上限額の6万円を四捨五入して利用限度額を10万円にするところが多いですね。

他社借入があっても10万円借りれる

すでにカードローンで他社借入があったとしても10万円借りることは可能です。

ただし年収が60万円程度だと、場合によっては10万円借りれないこともあります。

それは他社借入が20万円ある場合です。

もちろん信用情報にキズがついていてブラック状態になっていたのではそもそも借りることはできませんが、そうでない場合、他社借入が年収の1/3あるとそれ以上借りることはできません。

また既に他社借入があって今日中に10万円借りたい場合は、他社カードローンの利用限度額と現在の借入残高の差が10万円あれば銀行やコンビニATMからすぐにお金を借りることができますね。

カードローンの特徴として利用限度額内であればいつでも借入ができ、消費者金融に連絡を入れる必要はありません。

借りるならクレカのキャッシングを使う

現金を使わなくても買い物ができる非常に便利なクレジットカードは、実はキャッシングに使用することもできます。

いくら借り入れできるかというのは契約したときに定めたキャッシング枠で決まっていますので、クレジットカードのマイページで確認してください。

たいていのクレジットカードでは、10万円超のキャッシング枠が設定されていることが多いので、10万円が必要な場合であれば十分重宝すると思いますよ。

ショッピング枠と同じようにクレジットカードの機能の1つなので、特別な申し込みも必要なく利用できるのですが、金利はカードローンと同じく高めに設定されています。

きちんと返済を行えそうかどうかを見越したうえで、利用するようにしましょう。

金利(年率)18.0%
利用可能額カード毎に定められたキャッシング枠
10万円借りるための条件キャッシング枠が10万円以上
返済期間最長3年程度
利用方法クレジットカードを使って対応ATMから借入
借入までの期間即日

10万円は借りやすい金額

10万円は借りやすい金額

初めてカードローンを申し込むのに、最初から30万円や50万円という金額を希望するのは、金融機関側からすると慎重にならざるを得ません。

すでにクレジットカードの利用などある程度返済状況が見える状態なら、きちんと返済してくれるかどうかという判断をすることも難しくはありません。

しかし新社会人など、初めてカードローンを申し込むうえで信用情報機関からデータを取得してみると返済実績が少なく、本当に返済してくれるのかどうか判断に迷うケースがあります。

一般的に考えれば、信用情報に金融事故情報など悪い情報がなければ簡単に審査に通ると思いがちです。

ところが審査というものは今までの、または現在利用しているクレジットカードやカードローンの支払い状況に基づいて判断するものです。

全く返済履歴のないホワイト状態だと、審査するためのデータが少なすぎです。

また勤続年数が1年未満では、安定継続して返済できるのか不安と感じてしまいます。

金融機関は確実に返済してくれる人に対してお金を貸したいと思うのは当然のことですが、そのためにはある程度、他社の返済実績があることがどうしても審査には欠かすことができません。

しかし、そういった事情があり返済の確からしさが不確定な人に対してであっても、10万円程度であれば融資を行ってもいいと考える金融機関は少なくありません。

万が一返済が滞るようなことになってしまっても、10万円程度であれば金融機関にとってもそこまで痛手ではありませんし、通常通り返済を行ってくれればそれでOKです。

金融機関にとって、多少のリスクを取ってでも融資を行ってもかまわないと考えられる金額、それが10万円ぐらいだと考えられるんですね。

関連記事をチェック!

3928view

一番お金を借りやすい消費者金融ランキング

借りやすい消費者金融とは、いったいどこなのでしょうか。 大手消費者金融は借りやすい? 大手消費者金融は、銀行と比べて借りやすいとよく言われます。 大手消費者金融では、IR情報として新規貸し付け率...

関連記事をチェック!

563view

即100万円が手に入る方法はこの4つ【すぐ稼ぐ方法】

「即100万円手に入る方法!」と聞いて、「もしかして怪しい話?」と感じたあなた。素晴らしいです。 これからもその感性を大切に生きて行って下さい!世の中、すぐに大金が手に入るなんていうことは、まずあり...

10万円だと審査に通りやすい

10万円だと審査に通りやすい

全く初めてカードローンに申し込む人に対しては、審査が厳しくなる傾向にあります。

ところが10万円または10万円未満の金額であれば、比較的金融機関も審査が甘くなると言う事実があります。

それは新社会人やパート主婦でも貸付金額が10万円程度なら、1カ月の給料で十分に返済できるくらいの金額となるからです。

貸す側にとってもローリスクでお金を貸すことができるんですね。

信用情報機関に借入実績を作るには誰でも最初が肝心です。

しっかりした実績を作るには少額の金額から始めるのが有効です。

まずは借入実績をしっかり作り、遅れることなく返済して行くことで「きちんと返済できる人だ」と判断されるようになります。

10万円未満の貸付は消費者金融にとって魅力的

10万円だと審査に通りやすい
金利は、融資を受ける人にとっては返済負担が重くなる厄介な存在ですが、融資を行う側からすると直接的な利益となるものなので、できるだけ高い金利で融資を行いたいというのが本音でしょう。

このことを踏まえて、ここまで名前が挙がってきたような大手の消費者金融ではなく、中小の消費者金融業者の立場に立って考えてみましょう。

大手消費者金融業者ではたとえ10万円未満でも年18.0%以下の金利で融資を受けられますが、比較的規模の小さい消費者金融業者は利息制限法に則って貸出金利を決めていることが多いです。

利息制限法では融資金額が10万円以上の場合の上限金利は18.0%ですが、融資金額が10万円未満の場合は金利20.0%まで設定することが可能であり、この2%の違いが重要なのです。

10万円の融資に対しては18.0%の金利しか設定できませんが、9万9,999円になった瞬間に20.0%の金利を設定することができるようになるわけですからね。

大手の消費者金融業者は最近審査が厳しくなっており、借り入れを申し込んだ人のうち審査に通るのは2人に1人という状況です。

初めてカードローンに申し込む人や審査に通過できるかどうか不安を持っている人は、最初に申し込むカードローン先を中小の消費者金融業者にしてしまうのも悪くはありません。

あなたが10万円のお金を借りたいと思っても、1円を減らし9万9,999円を借りるようにすれば、消費者金融としても審査に通すメリットが大きくなるわけですからね。

関連記事をチェック!

2653view

貸付利率とは~決め方や利息の計算方法~

ローンの商品説明を読んでいると「貸付利率」という欄があります。そこには例えば18%などの数字が書かれていますが、よく意味が分かっていない人も多いようです。 借入利率は数あるカードローンの商品を比較す...

関連記事をチェック!

13935view

男が今すぐ短期間でお金を稼ぐ方法は犯罪以外にもある

「しまった、お金があと少ししかない・・・困った・・・」 こんなとき、男性の皆さんはどうされますか?女性の方なら、水商売やチャットレディなどという方法がありますが、男性ですとそうはいきません。 しか...

審査に通りやすい理由は利息収入にあった

金利が年18.0%になるのか、年20.0%になるのかで利息にはどのくらいの差が生まれるのか計算すれば、審査に通りやすくなる理由も見えてくるのではないでしょうか。

筆者計算によると次のような計算結果になります。なお利息計算は30日計算で行います。

  • 借入金額9万9,999円の利息1,643円
  • 借入金額10万円の利息1,479円

以上のように、たった1円違うだけで利息収入がこんなにも違ってきます。

一括返済するのであれば気になる金額ではありませんが、毎月リボ払いで返済するようになると年間トータル額は無視できません。

中小の消費者金融業者も、利用してくれるお客さんがいなければ商売が成り立ちませんよね。

薄利多売とまでは言わないまでも、小口の利用者が多ければ、1件あたりのリスクを少なくできて、金利を年20.0%まで設定できるというのは大変魅力的なのです。

携帯電話料金の滞納は信用情報にキズをつけてしまう

カードローンに申し込むのは初めてでも、携帯電話の利用料金の支払いを延滞してしまうと信用情報にキズがついてしまいますので注意が必要ですね。

携帯電話料金には携帯端末の分割支払い分も含まれています。

電話料金を滞納するということは分割払いも滞納することと同じ意味となってしまいます。

延滞する期間によっては金融事故となる場合もありますので、初めてカードローンに申し込んで10万円を借りるとしても審査に通ることは難しくなります。

関連記事をチェック!

4288view

【え、驚愕..】審査が通りやすい・受かりやすいカードローンは存在した、審査不安な人必見

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になるでしょう。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その...


借りるときに必要な書類

借りるときに必要な書類

大手消費者金融業者に申し込む場合でも、中小の消費者金融業者に申し込む場合でも最低限必要な書類というものがあります。

それは本人を確認できる書類です。具体例を以下にあげましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

など
一般的に大変有効とされているのは運転免許証です。

運転免許証には免許証番号が書いてありますよね。

免許証番号は例え苗字が変わったとしても影響を受けることはなく、運転免許証を失効しない限りその番号は永遠に使われ続けます。

他の書類でも本人確認をすることはできますが、金融機関が最も必要とするのは運転免許証です。

旧姓で金融事故を起こしているのか確認するためにも、運転免許証の番号があれば追跡調査できるため大変ありがたい本人確認書類です。

そのため、確実に審査に通るには運転免許証を用意しておくのが一番ですね。

ただし気を付けなければならないのは、住所変更をしていないと本人確認書類としての価値が下がってしまうことです。

引っ越しなどにより住所が変わったなら、運転免許証の住所もしっかり変更しておきましょう。

最悪住所の変更が間に合わない場合は、運転免許証の他に現住所を証明できる住民票などを添付すると、運転免許証の利用価値があがります。

収入証明書が必要となる場合がある

また、状況によっては収入証明書の提出が必要になる場合があります。

消費者金融で融資を受ける際に収入証明書の提出が必要になるのは、以下のような場合です。

  • 借入希望金額が50万円を超える場合
  • 他社借入金額との合計が100万円を超える場合

1つめの条件だけを見れば、10万円の借り入れであれば収入証明書は必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、10万円の借り入れであっても2つめの条件に引っかかる可能性はあるでしょう。

たとえばすでに他社で95万円の借り入れがあったとすると、今回10万円の融資申し込みを行うことで、他社借入金額との合計が100万円を超えてしまいますからね。

ここで注意しておきたいのは、この「他社借入」が指すのがカードローンやクレジットカードのキャッシング枠だった場合、「他社借入金額」は借入残高ではなく利用限度額になるということです。

利用限度額が80万円のカードローンを利用していて現在の借入残高が50万円だった場合、他社借入金額は50万円ではなく80万円となります。

カードローンは、利用限度額の範囲内であればいつでも借り入れを行える特徴を持っているため、現在の借入残高が50万円であってもいつ借入残高が80万円になるかは分かりませんからね。

そのため、他社で借り入れを行っている人は、借入残高ではなく利用限度額に注目したうえで収入証明書の提出が必要かどうかを判断しましょう。。

収入証明書類として利用できるのは、給与明細書や源泉徴収票、納税通知書や確定申告書(自営業者の人)といった書類です。

給与明細書は基本的に直近2カ月分が必要となることが多く、ボーナス時の賞与明細書を必要とする業者もありますので、各公式サイトで確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

487view

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に...

すぐ借りたい人がハマりやすい罠

10万円を借り入れたい場合、カードローンが非常に便利であることは間違いありません。

しかし便利だからと言って、「カードローンを利用すれば大丈夫だろう」と安易に考えてしまうのはいささか危険なところもあります。

10万円という金額は、工夫と努力と節制次第で生み出すことができなくもない金額です。

これが100万円とか200万円となれば、さすがに何らかの借り入れ等を利用しなければすぐに調達することは難しいでしょう。

しかし、カードローンの便利さにあぐらをかいて、なんでもかんでも思考停止で「カードローンを利用しよう」と考えるようになってしまうと、臨機応変な対応力が損なわれてしまいます。

そうなると、カードローンの利用限度額がいっぱいになってしまった場合や、新たに別のところで借り入れを行うことができないような場合に、にっちもさっちもいかなくなってしまうでしょう。

いろいろと試行錯誤するなかの1つの選択肢としてカードローンを利用することは問題ありませんが、自分で何とかできる範囲の金額であればカードローンを利用せずに対処することも重要ですよ。

注意したい返済額と返済方式

すぐ借りたい人がハマりやすい罠

実際にカードローンを利用して借り入れを行ったとしましょう。

そうするとお金が必要な事態は乗り切ることができると思いますが、当然のことながらその後返済を行わなければなりません。

金融機関にもよりますが、10万円の金額を借りると毎月の返済額は少ないところで月々2,000円から、多い所でも月々4,000円からとなることが一般的です。

給料がまだ安い新社会人やパート主婦などにとっては、月々2,000円の支払いでいいなら御の字と考える人も少なくないようです。

ところが月々2,000円の支払いで返済期間が長くなってしまうことに気がつくことなく契約してしまうと、思わぬ落とし穴が待っています。

10万円を金利年18.0%で借りた場合、利息額はすでに計算してあるように1,479円です。

返済額が2,000円ということは大部分が利息ということが分かりますね。元金に充当されるのはわずか521円です。

正式な計算方法ではありませんが、10万円を521円で割ってみると192回返済しなければ借金を完済できないことがわかります。

実際の計算では返済によって借入残高が減ることで利息額が安くなり、次第に元金充当分が増えてくるため、192回返済ということはありません。

しかし返済シミュレーションをしてみれば返済回数は120回を超えることになります。

また、返済方式にもいろいろな方式がありますが、特にリボルビング払い(リボ払い)と呼ばれる方式で返済を行う場合には注意が必要です。

リボ払いは借入金額に関わらず毎月一定金額の返済を行っていく方式で、毎月の返済金額が変わらないという点は非常に魅力的でもあります。

しかし、借入金額が増えても一定の金額の返済ということは、返済金額のうち利息分の支払いがどんどん増えていくということを意味しており、返済しても返済しても一向に元金が減らないとう事態を生み出すことにもなるのです。

カードローンの返済方式を確認してリボ払いである場合には、随時返済等も活用しながら、できるだけ早く元金を減らしていくことを意識しておいたほうがいいでしょう。

多重債務者になりやすい返済額

先ほど返済回数120回ということに触れましたが、120回ということは10年かけて返済を行うということですよね。

少額の10万円借り入れに対して10年間も返済しなければならないというのは、たとえ2,000円の返済だとしても「やれやれ」感が漂います。

いつまでたっても借金を完済できない状況がずっと続いていくわけですね。

少しでも早く借金を完済したいというのなら、返済金額を多く設定することです。

毎月4,000円の返済なら33回程度で借金を完済できますよ。

初心者はリボ払いの怖さを知らない

返済金額は2倍になりますが長期返済はリボ払い地獄の入り口と言われており、多重債務者への第一歩とも言われています。

なぜなら10万円を借りていても追加で融資を受けたいとなれば、新たにカードローンの申し込みをすることになりますね。

今まで1社からの借り入れだったのが2社借り入れとなるわけです。

返済先が2箇所になる上に、それぞれ返済していかなければならない状況です。

返済するお金が間に合わなければ、借り入れ先が次第に3社、4社へと増えていくのは自然の流れです。

10万円の借り入れは、できるだけ早期に返済してしまいましょう。

借金を完済してしまえば利用実績は十分に残ります。

次にお金が必要になったときにも審査に通りやすくなり、借入額も必要に応じて増やすこともできますね。

借りても1年以内に返済する

借りても1年以内に返済する

毎月2,000円の返済額なら楽勝、という考えは捨てましょう。

すでに説明させていただいているように、長期返済は借金地獄への入り口に立ったと思わなければなりません。

10万円の借り入れならできれば1年程度で返済してしまうのが、多重債務者にならないための必須条件となります。

単純計算で金利年18.0%、10万円を借りて1年で返済するなら月々の返済額は1万円程度です。

また、途中で臨時収入やボーナスが入った際に一括で返済してしまえば、1年かからずとも完済してしまうことができるでしょう。

可能な限り短期で返済することが、後々あなたのためになるのです。

誰だって多重債務者に陥ることを最初から想定しているわけではありませんが、リボ払いはあなたの心の隙を突いてきます。

毎月返済額が少なければ経済的にラクだ、新社会人となったばかりなのだから月々の返済をできるだけ抑えたい、と考えても不思議ではありません。

例え返済額を少なく抑えてしまったとしても、ボーナスが入ったときに一括返済できるくらいの計画性を持つことが重要となるのは、言うまでもありません。

10万円程度、1年で返済できないようでは借金を行う資格などないという強い気持ちを持つことも、重要になると思いますよ。

10万円を借りたい人のQ&A

ご紹介しました通り、10万円を借りる方法はたくさんあります。

しかし、いざ借りようとなると、「無職だけど本当に借りられるのだろうか」「消費者金融以外の場所は利用できないのか」といった疑問が次々と浮かんでくるかもしれませんね。

10万円を借りる人が疑問に思いがちな事柄と、その答えをまとめました。

Q1:消費者金融以外の業者でも借りられますか?

もちろん、消費者金融以外の業者でも借りられます。

銀行や信用金庫などの金融機関のローンに申し込めば、10万円の融資を得られることもありますし、オリコなどの信販会社が提供しているカードローンでも10万円の融資は可能です。

ただし、銀行や信用金庫は、消費者金融よりも審査に通過しづらい傾向にあります。

消費者金融の審査に落ちてから金融機関の審査を受けるのではなく、金融機関の審査に落ちてから消費者金融を検討する方が良いでしょう。

Q2:闇金で借りるのはアリですか?闇金以外にも注意すべき業者はありますか?

闇金とは、違法な貸し付けを実施する業者です。

法律で定められているよりも高金利で貸し付けをしたり、大声で騒ぎ立てるなどの違法な取立てを実施したりすることもあります。

「審査不要でお金を貸します」などといかにも簡単に借りられそうなフレーズで勧誘する業者は、間違いなく闇金です。

絶対に関わらないようにしましょう。

闇金以外にも、「コピペするだけで1日10万円」という風に、スマホで簡単にお金が入るとアピールしている業者も、関わって得なことはありません。

お金は正規の業者で借りること、借りるのが嫌な人は働いて稼ぐこと、この2つが大切なのです。

関連記事をチェック!

1504view

10万円を闇金(ソフト闇金)から借りたいですか?

信用情報が悪くて10万円でさえ消費者金融から借りられない人が増えていると言います。そうなると借入先として行き着く先は闇金、またはソフト闇金となるわけです。闇金は借りるのは怖いけれども、ソフト闇金なら大...

Q3:無職でも借りられる業者はありますか?

無職であっても、収入があれば消費者金融からお金を借りることができます。

不動産収入や年金収入などがある人は、消費者金融からの借入を検討してみましょう。

ただし、業者によっては「年金収入だけの人には貸さない」「勤務先がない人には貸さない」といった貸付ルールを設けていることがあります。

ご自身が申込先の貸付ルールに合うかどうか分からないときは、申込フォームに記入する前に、かならず申込先に電話をかけて直接尋ねてください

銀行は無職でも貸付OKのことが多い

なお、総量規制が適用されない銀行や信用金庫のローンでは、無職でも借りられるところが多数存在します。

例えば大分銀行の「マイ・パートナープラス」は、無職の人でも最大100万円の融資を受けられます。

お近くの地銀ローンや信金ローンに、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事をチェック!

170view

大分銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

大分銀行のフリーローン 大分銀行は、大分県大分市に本店を置く地方銀行です。 この大分銀行には、 マイ・パートナープラス 住まいるワイドローン 大分銀行ビジネスオーナーローン ...

Q4:返済中に追加でお金を借りると、利息はどうなりますか?早く返せばその分、利息は減りますか?

カードローンは、借入限度額までなら、いつでも追加借り入れが可能です。

最初に10万円を借りて、翌月以降に5万円を追加で借り入れるなら、15万円から返済額の中の元金相当額を除いた金額に対して、利息が発生します

もちろん、利息は借入期間に対して発生しますので、早く返せばその分、利息は減ります。

ただし、中小消費者の中には、最初に月々の返済額と返済期間を定めてしまうスタイルの貸付を実施していることがあります。

この場合は、最初に「予定返済期間に発生する利息」を計算して、返済額に上乗せしますので、途中で一括返済しても利息総額は減らせません。

Q5:10万円借りたときの毎月の返済額の目安はどの程度ですか?

返済額は借入業者によっても異なりますし、どの程度の期間で完済したいのかによっても異なります。

大手消費者金融で10万円を借りたときの最低返済額を紹介しますので、参考にしてください。

なお、ほとんどの業者において、最低返済額は決まっていますが、最高返済額は決まっていません

できるだけ多めに返済して、なるべく早く完済するようにしてくださいね。

消費者金融10万円を借りたときの最低返済額
プロミス4,000円
アイフル4,000円
アコム2,000~5,000円(融資限度額が大きいほど最低返済額が小さくなる)
SMBCモビット4,000円

Q6:未成年でもお金を貸してくれる業者はありますか?未成年OKの業者は闇金ですか?

未成年でも18歳以上なら、借りられる業者はあります。

例えば、学生ローンは、学生証があれば18歳以上でも借りられるところが多いです。

また、自動車を担保として自動車購入資金を借りるディーラーローンは、未成年でもOKなケースが多いです。

もちろん、学生ローンもディーラーローンも闇金ではありませんので、安心して借りられますよ。

関連記事をチェック!

5316view

18,19歳の未成年でも即日融資で借りれる学生ローンは4社!

学生ローンは、高校卒業して進学した学生さんにとって、ちょっとお金が足りないなというときは役に立ちますね。 しかしほとんどの学生ローンは、未成年では借りれません。 ところがこれからご紹介する学生ロー...

気になるときは正規業者か確認しよう

ただし、「学生証さえ提出すれば審査不要でお金を貸します」といった業者は、闇金である可能性が濃厚ですので、貸金業者登録番号をチェックして、正規の業者か確認してから申し込むようにしてくださいね。

次の記事で正規業者か簡単にチェックする方法を紹介していますので、騙されて大損する前に、かならず確認してください。

関連記事をチェック!

305view

貸金業者登録番号とは?【世界一分かりやすい解説】

あり得ないほどの高金利や嫌がらせとしか思えないほどの厳しい取立行為で知られる「闇金」。 闇金との関わりを避けるためにも、貸金業者を利用するときは「貸金業者登録番号」をかならず確認しなくてはならないと...

即日借りるには

即日借りるには

急に10万円が必要になり即日借りたいとなったときには、無人契約機を設置してある消費者金融業者に申し込むことで対応できます。

消費者金融業者は昔からスピード審査・スピード融資には定評があるので、急いで融資を受けたいという場合には非常に頼りになる存在です。

インターネットやスマホから申し込むこともでき、審査にかかる時間は最短で30分、かかったとしても60分もあれば審査に通過したのか連絡が入ります。

めでたく審査合格となれば、平日ならあなたの持っている銀行口座へ振込融資という形でお金を借りることができます。

大手消費者金融業者であれば遅くても14時までには申し込みを完了させておけば安心ですね。

万が一振込融資を受けるための時間に間に合わなかった場合でも、無人契約機で契約することが可能です。

すでにパソコンやスマホから申し込みを済ませてあるなら、ローンカードを無人契約機で発行してもらうことでATMからお金を引き出すことができます。

無人契約機は22時まで営業しているところが多いですが、その日のうちに確実に10万円を借りたいとなれば、遅くとも21時までには無人契約機で申し込みを済ませておきましょう。

無人契約機は土日祝日でも営業していますので、振込融資に間に合わない場合でも即日契約することが可能です。

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談