おすすめネットキャッシングランキング

申込みスピードや早い事や、即日融資が出来るなどメリットが多い「ネットキャッシング」

今回はそんなネットキャッシングに焦点をあてて、その特徴や注意点をお伝えしていきます。

さらにネットキャッシングのランキングをチェックするうえで、どのような視点でネットキャッシング選びをすればいいのか…と言う点についても、いくつかの情報をお届けしたいと思います。

ネットキャッシングとは?

一言で“ネットキャッシング”といっても、申込み面・借入れ面など、実はいくつかの意味があります。

そもそもネットキャッシングとはどういう意味を指すのか?簡単におさらいしておきます。

①ネットでの申し込み

カードローンを申し込む際には、主に「店頭」「郵送」「自動契約機」そして「公式WEB」という四つの申込み方法がありますが、「ネットキャッシング」とは、主にスマホやPCなどからカードローンを申し込む行為そのものを指す事があります。

②ネット銀行のカードローン

インターネット専業銀行のカードローンを利用する場合も、総じて“ネットキャッシング”と言われます。

インターネット専業銀行とは、実店舗を持たずに全ての取引をネット上で済ませる銀行の事を指しますが、代表的な銀行としては「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「イオン銀行」などがあります。

③WEBで借入れをする事

カードローン利用中に公式WEBから振込みキャッシングなどを利用する場合も、“ネットキャッシング”と呼びます。

ネットで振込み依頼をする場合の注意点などについても、この後詳しく触れたいと思います。

金利等、ネットキャッシング比較条件

ネットで申し込めるカードローンから、自分に合ったものを選ぶ場合、ついついネット上のランキングデータを参考にしてしまいますが、非常に迷ってしまうのが現状だと思います。

ここからは、カードローンを選ぶ場合、どのようなポイントで選ぶのが良いのか?

また、それらの条件面から、ランキング上位に来ているカードローンについても、お伝えしていきたいと思います。

審査スピード

ネットで申し込めるカードローンを選ぶ場合、重要なのは「審査スピード」です。

概ね大手消費者金融カードローン(プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビット)などの審査時間は最短30分となっていますから、どのカードローンの審査時間も大体同じと考えていいでしょう。(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

ただ、審査にはWEB上で入力された情報の確認や、信用情報機関への照会などに加えて、「職場への在籍確認」も必要になる事を忘れてはいけません。

その為、WEBでカードローンを申し込む場合でも、勤務先の会社が営業していて電話がつながりやすい時間に申し込むのがポイントです。

在籍確認が取れない場合、審査が長引いたり、最悪の場合は審査保留となってしまいますので、注意しましょう。

限度額と金利

次の条件…「限度額」や「金利」についても、非常に重要なポイントです。

以下はネットで申し込める消費者金融系カードローン、そして銀行系カードローンのランキングとなりますので、是非参考になさってください。

消費者金融カードローンランキング
カードローン名限度額金 利
アコム1~800万円3.0~18.0%
SMBCモビット1~800万円3.0~18.0%
プロミス1~500万円4.5~17.8%
ノーローン1~300万円4.9~18.0%
ネット銀行カードローンランキング
カードローン名限度額金 利
住信SBIネット銀行MR.カードローン
(プレミアムコース)
10~1,200万円1.59~7.99%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング10~1,000万円2.5~18.0%
イオン銀行カードローン BIG10~800万円3.8~13.8%
楽天銀行スーパーローン10~800万円1.9~14.5%
じぶん銀行じぶんローン10~800万円2.2~17.5%
オリックス銀行カードローン最高800万円1.7~17.8%
銀行カードローンランキング
カードローン名限度額金 利
東京スター銀行スターカードローン10~1,000万円1.8~14.6%
りそなプレミアムカードローン50~800万円3.5~12.475%
みずほ銀行カードローン10~800万円※年2.0~14.0%
三井住友銀行カードローン10~800万円4.0~14.5%
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック10~500万円1.8~14.6%

尚、カードローンの公式WEBなどで謳われている「最高800万円まで融資可能!」などと言う言葉は、あくまで「最大限度額」という意味である事を忘れないようにしておきましょう。

カードローンの契約当初は、信用実績がない為、いくら年収が高くても最高限度額までの借入れは出来ないケースがほとんどです。

利便性

カードローンの選びのポイントは、金利や限度額だけではありません。どれだけ利便性が高いか?という観点からも見ていく必要があります。

いくら金利が低くても手数料がかかったり、借入れに非常に手間がかかるようなカードローンは、できれば避けたいものです。

手数料

意外と無視できないのが、この手数料です。

例えば、消費者金融のアコムカードローンでは、コンビニATMなどの提携ATMで、借入れや返済をした場合には、1万円以下の取引で108円・1万円を超える取引で216円の手数料がかかります。

216円の手数料…と聞くと、たいした金額でないように思いますが、金利18%のカードローンで考えると、約15,000円の借入れをした場合の1ヶ月の利息に相当しますので、できるだけ手数料は抑えたいものです。

その点、レイクなら提携ATMでも手数料は一切かかりません。

随時返済

毎月の返済指定日以外にも、自由に随時返済が出来るカードローンかどうか?という点も重要です。

ほとんどは、カードや振込みにより随時返済が行えますが、中にはカードの発行がないカードローンもある為、出先で思いついたらすぐ返済…という事が出来ないカードローンもあります。

(詳しくはこの後触れます)

カード発行

カードローンの中には、専用カードの発行があるものとないものがあります。カード発行がないカードローンは、一般的に“カードレス契約”と呼ばれます。

カードレス契約の場合、自宅にカードが届かない為“家族にバレにくい”というメリットがある一方で、借入れや返済等の取引を全てネット上で行う必要が出てきます。

その為、ネット環境がないところやスマホがつながりにくい場所などがある場合は、すぐに決済できなかったりと、少々面倒なことになる可能性もあります。

関連記事をチェック!

カードローンでカードなし?カードレスとは

カードレスとは文字通り、カードがない、ということです。後述しますが、現在ではデビットカードとカードローンで、カードレスなるカードが存在しております。 カードの存在を家族や周りに知られたくない方、...

即日融資できるネットキャッシング

ネットキャッシング選びの次のポイントは、「即日融資・即日借入れ」ができるかどうか?です。

申し込んだその日に借入れができるかどうか?という点も重要なのですが、今回は「24時間いつでも借入れができるかどうか?」という点に絞って、いくつかのカードローンをご紹介したいと思います。

カードローンの利便性は、「いざという時に本当に頼りになるかどうか?」で決まります。

即日融資が利用できると言っても、振込み入金が翌日以降になったりすると、急ぎでお金が必要な場合には、本当に困ることになります。

消費者金融カードローン編

消費者金融カードローンの場合、ATMでの借入れか振込みキャッシングを利用する事となりますが、ATMの場合は利用時間に制限があったり、振込みの場合でも平日15時までという締め切り時間があるのが普通です。

しかし、プロミスの瞬フリを利用すれば、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持つ事で、24時間瞬時に振り込んでもらう事が可能です。

またアコムでも楽天銀行の口座を持つことで、24時間振込み対応をしてもらえます。

関連記事をチェック!

【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるとい...


関連記事をチェック!

アコムカードローン

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はアコムカードローンについて説明したいと思います。 ▼融資残高、口座数ともに業界№1.みんなに人気▼ アコムカードローンについて アコムは、三菱UF...

銀行カードローン編

銀行系カードローンの場合でも、基本的には平日の15時までに振込み手続きを行わないと、実際の入金は翌営業日となってしまいます。

しかし、楽天銀行カードローンやジャパンネット銀行カードローンなどについては、指定の銀行口座を持っておく事で、24時間振込み対応をしてもらえますので、いざという時にはとても便利です。(但し銀行メンテナンス時間は振込み不可)

じぶん銀行も、すでに契約が完了している人はその日のうちに振り込みを受けることができます。

関連記事をチェック!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は楽天銀行カードローン「スーパーローン」について説明したいと思います。 楽天銀行カードローン「スーパーローン」について 楽天銀行は、楽天株式会社が10...


関連記事をチェック!

【馬太郎が】新生銀行カードローンレイクで借入してみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回はレイクALSAに融資の申し込みをしてみました。 新生銀行カードローン レイクもテレビCMを多く流していますのでほとんどの方はご存知だと思います。 「レ・...

ネットキャッシング 3つの注意点

最後に、ネットキャッシングの「申込み」「借入れ」について、いくつかの注意点についてもお伝えしておきたいと思います。

申込時の注意点

ネットキャッシングでカードローンを申し込む場合は、対面での申込みとは異なり、誤った入力であっても申込み入力が完了すると、一旦は申込み手続きに進んでしまいます。

しかし、申込み内容に誤りがあったりすると、結局審査途中で確認の電話が入ったり、再入力をする必要が出てきたりして、申込みに時間がかかってしまいます。

特に勤務先の設立年月日や従業員数など、事前に確認しておかないといけないデータもありますので、事前に準備して正確に入力する事を心がけましょう。

借入れ時の注意点

ネットで借入れする場合にも注意が必要です。一つ目は先ほども触れた「振込み依頼時間」です。振込み締め切りは基本的に“平日15時まで”という点を忘れないようにしておきましょう。

また、スマホなどで借入れ金額を入力する際にも、金額入力を誤らないようにする事も重要です。

借り過ぎにも注意

ネットキャッシングはスマホやPCで手軽に出来てしまう為、ついつい「お金を借りている」という意識が薄れがちです。

その為、ついつい収入を超えて過剰な借入れをしてしまう、というリスクがあります。常に借入れ残高を確認しつつ、返済計画を考えながら利用する事が重要です。

まとめ

ネットキャッシングは、時間や人の目を気にする事なく、スピーディーに借入れができ、とても便利です。

一方でこの記事でもお伝えした通り、ついつい借りすぎてしまったり、手数料や振込み時間など大切なポイントを忘れてしまったりすると、すぐにお金が用意できなかったり後で損をしたりというリスクがある事も否めません。

今回の記事を参考に、是非計画的にカードローンを利用したいものですね。

関連記事をチェック!

WEB完結キャッシングで簡単ローン申込!

カードローンのキャッシングはもはやWEB完結の時代です。急にお金が必要になった、しかし家族にバレるのはまずいという人には最適です。 申し込み方法はWEBフォームに必要事項を記入するだけ、という簡...


※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談