年利とは

 5.0  (7)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (7)

この記事を評価する

決定

ローンを利用するときに、年利という言葉がよく用いられますが、正しい言葉の意味を知らない場合は事前に理解しておきたいですよね。

また、カードローンを利用するときに、年利や利息が具体的にいくらになるのかも気になりますよね。

ここでは、年利などのローンに関連する用語や、具体的な利率や利息の計算方法を解説していきます。

カードローンの年利とは

年利とは、ローンの利息計算で用いられる割合のことで、1年あたり何%の利子を支払うかを示しています。

年利18.0%と表記されている場合は、借りた金額に対して18%の割合を1年間で支払わなければなりません。

例えば、年利18.0%で100万円借りた場合、年間で18万円の利息が発生します。

実際には月ごとに返済を行い、こんなに簡単に計算はできませんので、詳しい計算方法については後述します。

年利に保証料が含まれるローンもある

実際に販売されているカードローンの中には、保証料も含めて計算するための実質年利というものを使っていることがあります。

例えば、東京スター銀行の公式ホームページには、「年率1.8%~14.6%(保証料を含む)」という表記があります。

この場合、利息と保証料をまとめて計算できるように年利が定められていますので、利息以外の手数料や保証料を負担させられる心配はありません。

カードローンの利息の計算方法

実際にどのように利息を計算するのかを詳しく見ていきましょう。

先ほど説明したように、年利は365日分の利息を計算するための割合です。

しかし、支払は年ではなく月単位で行われることが多いので、返済期日までの日数で計算する必要があります。

具体的には以下の計算式で算出できます。

(利息)=(借入残高)×(年利)÷100÷365×(借りた日数)

例えば、100万円を金利18.0%で30日間借りていた場合の金額は、以下の通りです。

100万円×18÷100÷365×30=14,794円(小数点以下切り捨て)

今回は30日で計算しましたが、月によっては調整して計算しなければなりません。

また、消費者金融のカードローンでは35日ごとの返済などもあるので、適切な日数で算出しましょう。

カードローンの年利は高い?

結論から言ってしまえば、カードローンの年利は高い部類です。

カードローンは使い道が自由なローンで、しかも限度額まで何度でも借入ができるという自由度の高いローンです。

さらに、カードローンは担保を設定する必要がないので、気軽に利用ができる利用者に有利な商品となっています。

このように、自由度が高く、担保も設定されていないので返済不可能になったときのリスクがあるので、金融機関も金利を高く設定して早く貸したお金を回収しようとします。

逆に、自動車ローンなどのように使い道が限定されていて、返済できなくなったときは自動車を売却して返済に充てることができるようなローンは、金利が低めな傾向にあります。

ローン名金利
アコム カードローン3.0~18.0%
千葉銀行 マイカーローン1.30~2.55%

金利は少しでも低い方が返済するときに有利なので、借入目的によっては自動車ローンなどの目的ローンを検討することもおすすめです。

ここでは、カードローンの金利が高いと言われる理由や金利の決定方法について解説します。

初回借入は上限金利の適用が多い

カードローンの金利が高いと言われる原因は、上限金利が適用されてしまう可能性が高いからです。

先ほど登場した東京スター銀行のカードローンのように、実質年利が1.8%~14.6%と幅があります。

少しでも低い金利を適用して欲しいものですが、残念ながら契約してすぐの初回借入は上限金利となるケースがほとんどです。

継続して利用することで、金利が徐々に低くなるケースが多いですが、初回の借入では上限金利になってしまうことを考えておきましょう。

融資額ごとに上限金利が決まっている

カードローンは、借入限度額が大きくなるほど金利が小さくなるように設定されています。

例えば、三菱UFJ銀行のバンクイックでは、借入限度額ごとに細かく金利設定が行われます。

借入限度額金利
10万円以上100万円以下年13.6%~年14.6%
100万円超200万円以下年10.6%~年13.6%
200万円超300万円以下年7.6%~年10.6%
300万円超400万円以下年6.1%~年7.6%
400万円超500万円以下年1.8%~年6.1%

初回契約時は、取引実績がないので、高額な借入限度額では契約できないケースが多いでしょう。

もしも、高額な借入限度額を設定したい場合は、返済期日に遅れることなく利用を続けて、金融機関からの信用を得る必要があります。

ローンの借入金は「複利」で膨れ上がる

ローンの借入金は「複利」で膨れ上がる
金利の計算方法には、単利と複利の2種類があり、複利の場合、返済期間が長期間になると支払額が膨れ上がる可能性があります。

基本的に銀行や消費者金融からお金を借りた場合、利息計算は単利で行なわれますが、当事者間の合意があれば複利が適用されますので、契約内容を確認しておく必要があります。

複利とは、利息に対して利息がかかることをいいます。

つまり、返済期間が2年以上になったときは、翌年の利息は、(借入元金+利息)×(年利)となります。

お金の貸し借り以外でも定期預金の年利や投資の利回りの計算にも複利が適用されるので、預金や投資など長期的資産運用行う人はどのようなものか知っておく必要があります。

計算例をあげながら説明していきます。

関連記事をチェック!

3382view

借金返済の複利計算とは【ローン利用前に確認】

借入返済の利息を計算する方法には単利計算と複利計算があります。 定期預金の金利の計算方法である複利計算は知っていても、借金の利息まで複利計算で算出できるのですが、この一見面倒にも感じられる金利の計算...

複利の計算シミュレーション

例えば、100万円を年利10%で借りた場合、1年目の利息は以下の通りで10万円です。

100万円×10÷100=10万円

複利の場合、1年目の利息が計算に含まれるので、2年目の計算式は以下の通りです。

(100万円+10万円)×10÷100=11万円

したがって、複利計算の場合は2年目以降の金額が高くなってしまう点には注意が必要です。

しかし、1年目に借金の完済ができれば単利と変わらないので、利息で損をしたくない場合には早期返済をおすすめします。

年利に似ている言葉と意味は?

どの金融機関からお金を借りようかと悩んで、あれこれ公式サイトの内容やパンフレットなどを見ていると、年利以外にも様々な用語を目にすると思います。

ここでは、ローン利用時にわかりにくい専門用語について紹介しますので、言葉の意味に迷ったときの参考にしてください。

年率

年率とは、1年を単位にして割合を示すときに使う言葉で、ローン以外の分野でも使われます。

ローンでは「1年間の借入金に発生する利息の割合」の意味として使われ、年率と単体で使われることは少なく「実質年率」という表記で見かけます。

ローンで年率を使うときには、年利と同じ使われ方をされるので、細かく区別しなくても問題ありません。

なお、実質年率も記事内で紹介した実質年利と同じ内容で用いられます。

利率

利率とは、支払われる利息の元金に対する割合を指し、年利や月利などを含む言葉となっています。

例えば、「マイカーローンの利率は年利8%です」のように用いられます。

利率という表現だけでは、年利かどうか判断できないので、期間の確認をしっかりと行う必要があるでしょう。

「月利」とは1ヶ月単位の利率

年利が1年だったように、月利は1ヶ月間で利息を計算するための割合を示しています。

月利で利率が表示されている場合、年利と比べるとかなり数字が小さいので、勘違いしないように注意が必要です。

例えば、質屋は月利を使っているので、利率だけ見ると3%などと表記されていて、消費者金融などよりもお得に感じるかもしれません。

しかし、月利3%を年利に換算すると36%となるので、カードローンの上限金利よりもはるかに高金利であることがわかります。

月利と年利の区別をしっかりしないと、損をしてしまうので十分に注意してください。

まとめ

年利とは、返済しないで1年間お金を借りていたときに発生する利息の割合です。

ただし、カードローンの支払は月ごとなので、毎月の日数に応じて計算する必要があります。

なお、年利と年率は同じ言葉だと思ってもあまり問題はありませんが、月利と年利は期間が違うので注意が必要です。

一般的な金融機関では、年利以外の利率を設定することはありませんが、質屋や個人間での借金では月利などが用いられる可能性があります。

利率が小さいと思って契約したら、月利だったせいで利息が高額になってしまうなどのミスを起こさないようにしてください。

 5.0  (7)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (7)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-12-25 09:48:14

    こんにちは。
    返済金額を少なくすればその分返済期間が延びます。
    利息計算は常に借入残高に年率をかける方法です。
    当サイト内に「借入利息の計算方法」https://hihin.net/?p=11323
    をご覧ください。

  2. 渡辺幸子さん|2018-12-24 02:09:58

    三年の約束で毎月の支払額を支払えなくて、支払額を変更した場合は、単利の場合?どうなっていくのですか?残金に対してまた年利が計算しなおしていくのですか?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談