Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kusanagi/hihin/DocumentRoot/wp-includes/post-template.php on line 284

プロミスの30日間無利息とは?

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

お金を借り入れると利息が発生するということは、多くのかたがご存知だと思います。

しかし金融期間によっては無利息期間を設けているところもあるため、その期間をうまく利用できればお得に借り入れが行える場合もあります。

今回はそんな金融機関の中でも、プロミスの無利息期間について紹介します。

無利息とは?

そもそも無利息とはいったいどういうことでしょうか?

馴染みのない方のために、最初は無利息について説明していきたいと思いますが、無利息とは文字通り利息がないことです。

銀行や金融会社などでお金を借り入れると、借入した金額(元金)より多く返済する必要があるのですが、この多く返済しなければならない金額が利息と呼ばれるものになります。

つまり無利息とは、借り入れた時の元金だけを返済すれば良いということになります。

消費者にとっては、何のリスクもなくお金を借り入れられるので、大変ありがたいですよね。

なぜ無利息にできるの?本当に利息はかからないの?

利息は銀行や金融会社にとって、大切な収入源になります。

特に、貸金業のみを行っている金融会社にとっては、収益の大半が利息になりますので、通常では無利息ということはあり得ません。

会社の収入源なら、無利息はウソじゃない?と思われる方もおられるのではないでしょうか。

確かに、永久に無利息で借り入れを行えるということはあり得ません。

しかし、一定の無利息期間を設けることで、金融会社は新規の顧客を獲得できる可能性が高くなります。

無利息期間が終了した後は、各金融会社が定めた金利によって利息が発生しますので、顧客が増えれば借入機会が増えて、結果的に会社の収益になるという仕組みです。

現在は新規顧客を獲得するために、無利息期間を設けている金融会社が多くなっています。

関連記事をチェック!

546view

無利息でお金を借りる方法は2通り!消費者金融の無利息サービスを比較することが重要

お金を借りるときに気になるのが「金利」です。 金利は高ければ高いほど返済時に発生する利息が増えるため、できるだけ低い金利、極論を言えば無金利でお金を借りたいというのが多くの人の願望でしょう。 そこ...

プロミスの30日間無利息サービスの特徴は?

無利息サービスは金融会社によって条件や特徴が異なりますが、ここではプロミスが取り扱っている30日間無利息サービスの特徴について紹介していきます。

プロミスの30日間無利息サービスは、初回利用者に限られますが読んで字のごとく30日間無利息で利用できるサービスのことです。

ほぼ1ヵ月の間無利息で利用できるというのは、利用者からすれば返済負担を抑えることができて非常にありがたいサービスと言えるでしょう。

無利息期間のスタートはいつ?

初回利用者限定の30日間無利息サービスは、プロミスに限らずアコムやアイフルといった他の大手の消費者金融でも取り扱われているサービスです。

しかし、他の消費者金融での無利息サービスはほとんどが「契約日の翌日から30日間」となっているのに対して、プロミスの無利息サービスは「借入日の翌日から30日間」となっています。

「契約日の翌日から」と「借入日の翌日から」は、一見似ているように思われますが、よくよく考えるとまったく別物であることがお分かりいただけるでしょう。

例えば、契約日から10日後に初回借り入れを行う場合を考えてみましょう。

無利息期間が契約日の翌日からスタートする場合だと、借り入れを行っていない10日間も無利息期間が消費されているので、無利息期間は実質20日になってしまいます。

一方、プロミスのように初回借入日の翌日から無利息期間がスタートする場合は、初回借入日がいつであろうと30日間無駄なく無利息期間を利用することが可能です。

「とりあえず先に契約だけしておいて借り入れは必要になったら行おう」というような形での利用を考えている場合は、プロミスを利用することで無利息期間を最大限に活用することができるでしょう。

無利息期間内は何回でも本当に無利息で借入できる

プロミスの無利息サービスの最大の特徴は、30日間の無利息期間内であれば、何回でも本当に無利息で借り入れできるということです。

どういうことかわかりづらいと思いますので、10万円の借入枠を申請して無利息期間が適用された場合を例に挙げて説明しましょう。

10万円の借入枠がある中で、最初に5万円を借り入れたとします。

結局5万円の借り入れでは足りなかったので、数日後に上乗せして3万円借り入れたとすると、計8万円分を無利息で借り入れることができます。

また、最初に借り入れた5万円を返済した後に再度借り入れる場合も、無利息期間内であれば本当に無利息での借り入れが可能です。

ただし1つ注意しておきたいのは、無利息期間が始まるのは「初回借入日」の翌日からなので、初回借入日以降の借り入れに関しては無利息期間が短くなるということです。

初回借入日以降の借り入れでは、30日間の無利息期間がフルに利用できるわけではありませんので、勘違いしないでくださいね。

無利息期間内だから当然と思われるかもしれませんが、このサービスを行っているのは、大手金融会社でもプロミスだけです。

30日間無利息になる条件は?

30日間無利息で借り入れできる無利息サービスは、できることなら活用したいと考えるのは当然のことですよね。

しかし、無利息サービスを利用するためには、いくつか条件をクリアしなくてはいけません。

条件をクリアしないと、無利息サービスは利用できませんので、注意するようにしてください。

条件は、申し込み時点で3つと、借り入れ後に1つです。

申し込み時点での条件は下記の通りです。

  • プロミスと初めて契約する
  • 申し込み時点でEメールアドレスを登録する
  • 書面の受取方法「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択する

特に、2つめと3つめの条件は申し込み後に手続きしても無利息期間が適用されませんので、注意してくださいね。

借り入れ後に守らなければいけない条件は、「返済期日までに決められた返済額以上の金額を返済する」ということだけです。

返済期日や返済額はきちんと守るようにしましょう。

無利息期間でどのくらい得するの?

プロミスの無利息サービスの特徴や条件を紹介してきましたが、実際無利息期間を活用するのとしないのでは、どのくらい違いがあるのかは気になるところです。

ここでは、無利息期間を活用した場合と、活用しなかった場合を比較していきます。

わかりやすくするために、条件として、30万円を30日間借り入れた場合を考えていきましょう。

無利息期間を利用しない場合、プロミスで30万円借入した場合は年利が17.8%になります(審査結果にもよりますがほぼこの金利になります)。

利息は「利息=元金×金利×日数÷365」で計算できますので、30日間で発生する金利は「300,000×0.178×30÷365≒4,389」となります。

つまり、無利息期間を利用すると4,389円得する計算になります。

借入金額が大きくなるほど、得する金額も増えていきますので、是非無利息期間を活用してください。

関連記事をチェック!

211view

カードローン借入金利と利息の計算方法

お金を借り入れすれば利息が掛かる、知ってはいても計算方法となるとあやふやになる人は多いです。 金利と利息の関係です。 知らなくても言われた通りに支払っていれば問題はありませんが、お金を借りる前にい...

プロミスポイントで何度でも無利息にできる

無利息期間が適用されるのは初回借入の方のみと思われていますが、プロミスではポイントサービスを利用することによって、初回借り入れの方以外でも無利息期間を利用することができます。

プロミスポイントサービスは、インターネット会員サービスの利用によってポイントが付与されますので、インターネット会員になる必要がありますが、大変便利なのでおススメです。

このポイントサービスで700ポイント貯めれば、初回の方以外でも30日間の無利息期間が利用できます。

また、700ポイント貯めなくても、ポイントに応じて7日間、15日間の無利息期間を利用することも可能です。

必要ポイント無利息期間適用期間
250P7日間
400p15日間
700P30日間

無利息の他にATM手数料も無料にできる

ポイントサービスで貯めたポイントを消費することで利用できるのは、無利息期間だけではありません。

提携ATMでプロミスの借り入れや返済を行う場合のATM利用手数料を、一定期間無料にすることも可能です。

必要ポイントは40ポイントで、ATM利用手数料無料期間は「申し込み日から翌月末日まで」なので、月頭に利用することで丸々2ヵ月提携ATMを手数料無料で利用することができます。

ATM手数料無料のサービスを利用するために必要なポイントは、無利息期間を利用するために必要なポイントよりもかなり少なくなっています。

どちらのサービスのほうが上、とかそういったことはありませんが、貯まっているポイントと相談して適宜ATM手数料無料のサービスを利用してみてもいいですね。

関連記事をチェック!

142view

プロミスの提携銀行でお得に借り入れ・返済しよう!【おすすめは三井住友銀行】

プロミスは業界大手という安心感に加えて、消費者にうれしいサービスが豊富です。 カードローンをお得に利用するなら金利だけでなく、手数料無料で使える提携銀行の多さも注目しましょう。 また、提携銀行の多...

ポイントを貯める方法・ポイント数一覧

ポイントを貯める方法ですが、プロミスインターネット会員になり、サービスを利用するだけです。

利用するインターネット会員サービスによって付与されるポイントが違いますので、ここでは、サービスと付与されるポイントを紹介します。

利用サービス条  件付与ポイント
ポイントサービスに申込初回登録時のみ100P
インターネット会員ログイン毎月初回のみ10P
インターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認ポイント獲得対象のみ5~20P
収入証明書類の提出書類の提出160P
ご返済日お知らせメール毎月月末時点で対象サービスを利用している場合、各サービスにつきポイント付与各1P
取引確認メール
パソコンかケータイによる書面の受取

このように、各サービスの利用によって獲得ポイントが違うので、上手に利用して、無利息期間やATM利用手数料無料の適用を目指してみてください。

100ポイント以上のまとまったポイントを獲得できるのは、「プロミスポイントサービスへの申し込み」と「収入証明書類の提出」の2つだけとなっています。

それ以外のサービス利用ではなかなかまとまったポイントを貯めることは難しいので、無利息期間やATM利用手数料無料は、ここぞというときまで取っておくというのもありかもしれませんね。

無利息サービスの注意点

最後に、無利息サービスを利用する場合に注意しておきたい点を挙げていきましょう。

多くの人が勘違いしやすいことではあるのですが、「30日間無利息で利用可能」ということは「30日間は返済しなくてもよい」ということではありません。

そのため、無利息期間中であってもその間に返済期日がやってきた場合には、返済を行わなければならないのです。

無利息期間中に返済期日がやってくるかどうかは、初回借入日が何日かと毎月の返済期日を何日に設定したかによって決まります。

たとえば、毎月の返済期日を5日に設定した場合、初回借入日が1日~19日の場合は初回返済期日は「借入日の翌月の返済期日」となります。

一方、同じく毎月の返済期日が5日の場合でも、初回借入日が20日~末日の場合の初回返済期日は「借入日の翌々月の返済期日」となっています。

これに当てはめると、初回借入日が8月18日の場合は初回返済期日が9月5日になるので、無利息期間に返済期日がやってくることになります。

一方、初回借入日が8月20日の場合は初回返済期日が10月5日になるので、無利息期間中に返済期日はやってきません。

プロミスでは毎月の返済期日を5日以外に15日・25日・末日に設定できますが、それぞれの場合の初回借入日と初回返済期日の関係は、きちんと確認しておくようにしましょう。

返済期日を守ること

返済期日を守るということは、借り入れを行っている以上は当たり前のことではあるのですが、無利息サービスを利用している間は特に注意しておきたいと言えます。

なぜなら、無利息サービスを利用している間に返済を遅延してしまうと、その瞬間に無利息サービスの利用が終了してしまうからです。

また、返済を遅延してしまった場合は当然ペナルティとして、遅延損害金も支払わなければならないことになります。

正しく利用していれば無利息で利用できたところを、返済を遅延することで通常の利息に加えて遅延損害金も支払わなければならないとなれば、泣きっ面に蜂どころの騒ぎではありません。

無利息サービスの恩恵をきちんと受けられるように、返済期日の前にアラームを設定するなどの対処を行って、返済期日を厳守することを心がけましょうね。

まとめ:プロミスの無利息期間は使いやすい

無利息期間を設けている金融会社は増えてきましたが、プロミスの無利息サービスは「初回契約日の翌日からではなく初回借入日の翌日から」「ポイントサービスで利用することも可能」と、他に比べて利点が多くあります。

特に、無利息期間中であれば何回でも無利息で借り入れができるのは、利用者にとって嬉しいサービスです。

利用者の意識次第で、他の消費者金融よりも賢く利用できるのがプロミスのサービスだと言えそうですね。

関連記事をチェック!

486view

プロミスの借入方法・返済方法~審査・返済日返済額・延滞まで~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は大手消費者金融であるプロミスについてご説明したいと思います。 消費者金融と言うとなんとなくイメージが悪いと感じる人も多いかもしれませんが、プロミスは金利が他の...


関連記事をチェック!

1592view

【馬三郎と馬太郎が】プロミスにWEB申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回、私はとある事情でお金が必要となりカードローンを利用することにしました。 そこで、特徴的なテレビCMでおなじみの消費者金融プロミスに私と馬太郎が申し込んでみまし...

【馬三郎と馬太郎が】プロミスにWEB申し込みしてみた

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談