プロミスの30日間無利息とは?

ご存知の方が多いと思いますが、お金を借入すると利息がかかりますよね?しかし、金融会社によっては、無利息期間を設けている会社もあります。

今回は、プロミスの無利息期間について紹介します。

無利息とは?

そもそも無利息とは何か?馴染みのない方のために、最初は無利息について説明していきます。無利息とは、読んで字のごとく、利息が無いことです。

銀行や金融会社などでお金を借入すると、借入した金額(元金)より多く返済する必要があるのですが、この多く返済した金額が利息と呼ばれるものになります。

つまり、無利息とは借入した時の元金だけを返済すれば良いということになります。消費者にとっては、何のリスクもなくお金を借入できるので、大変ありがたいですよね。

なぜ無利息にできるの?本当に利息はかからないの?

利息は銀行や金融会社にとって、大切な収入源になります。

特に、貸金業のみを行っている金融会社にとっては、収益の大半が利息になりますので、通常では無利息ということはあり得ません。

会社の収入源なら、無利息はウソじゃない?と思われる方もいるのではないでしょうか。確かに、永久に無利息というのはあり得ません。

しかし、一定の無利息期間を設けることで、金融会社は新規の顧客を獲得できる可能性が高くなります。

無利息期間が終了した後は、各金融会社が定めた金利によって利息が発生しますので、顧客が増えれば借入機会が増えて、結果的に会社の収益になるという仕組みです。

現在は新規顧客を獲得するために、無利息期間を設けている金融会社が多くなっています。

関連記事をチェック!

無利息キャッシングに違いがあることご存知ですか?

無利息キャッシングを導入しているのは消費者金融業者や銀行などのカードローンです。一定期間利息がかからずお得です。 しかし無利息サービスの内容には業者によって多少異なる部分があります。それを知らな...

プロミスの無利息期間の特徴は?

無利息期間は金融会社によって条件や特徴が異なります。ここでは、本題のプロミス無利息期間の特徴について紹介していきます。

プロミス無利息期間の特徴は、初回利用者は30日間無利息になることです。

初回利用者30日間無利息は、他の大手金融会社でも多く見られますが、ほとんどが契約日の翌日から30日間となっています。

しかし、プロミスの場合は、契約日ではなく借入日の翌日から30日間となっています。契約日と借入日はそこまで違いが無いように感じますが、全然違います。

例えば、契約日から10日後に初回借入を行うとします。無利息期間が契約日からスタートする場合は、実質無利息期間が20日になってしまいます。

一方、プロミスの場合は、初回借入日の翌日からなので、初回借入日がいつであろうと、30日間無駄なく無利息期間を利用することが可能です。

無利息期間内は何回でも無利息で借入できる

プロミス無利息期間の最大の特徴は、30日間の無利息期間内であれば、何回でも無利息で借入できることです。

どういうことかわかり難いと思いますので、10万円の借入枠を申請して、無利息期間が適用された場合を例に挙げて説明します。例えば、最初に5万円借入したとします。

5万円の借入では足りないので、数日後に上乗せして3万円借入したとしても、計8万円分を無利息で借入することができます。

また、最初に借入れた5万円を返済した後に再度借入する場合も、無利息期間内であれば無利息で借入可能です。

注意点ですが、初回借入日の翌日から無利息期間が始まるので、初回借入日以降の借入は無利息期間が短くなることです。

初回借入日以降の借入に30日間の無利息期間が上乗せされるわけではありませんので、勘違いしないでくださいね。

無利息期間内だから当然と思われるかもしれませんが、このサービスを行っているのは、大手金融会社でもプロミスだけです。

無利息期間を利用する条件は?

無利息で借入できる無利息期間は、出来ることなら活用したいと考えますよね。しかし、無利息期間が適用されるには、いくつか条件をクリアしなくてはいけません。

条件をクリアしないと、無利息期間は適用されませんので、注意するようにしてください。条件は、申し込み時点で3つと、借入後に1つです。

申し込み時点での条件は下記の通りです。

  • プロミスに初めて契約する方
  • 申し込み時点でEメールアドレスを登録する
  • 書面の受取方法「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択する

特に、条件2と3は申し込み後に手続きしても無利息期間が適用されませんので、注意してください。

必ず、契約手続きの時に確認してくださいね。借入後に守らなければいけない条件は「返済期日に決められた返済額を返済する」だけです。

当然のことなのですが、万が一返済期日を守れなかったら、無利息サービスが停止になる可能性が高くなりますので、返済期日や返済額は確認するようにしてください。

無利息期間でどのくらい得するの?

プロミス無利息期間の特徴や条件を紹介してきましたが、実際無利息期間を活用するのとしないのでは、どのくらい違いがあるのか気になると思います。

ここでは、無利息期間を活用した場合と、活用しなかった場合を比較していきます。わかりやすくするために、条件として、30万円を30日間借入した場合を考えていきます。

無利息期間を利用しない場合、プロミスで30万円借入した場合は年利が17.8%になります。

利息は「利息=元金×金利×日数÷365」で計算できますので、「300,000×0.178×30÷365≒4,389」となります。

つまり、無利息期間利用すると4,389円得する計算になります。

借入金額が大きくなるほど、得する金額も増えていきますので、是非無利息期間を活用してください。

プロミスは何度でも無利息にできる

無利息期間の適用は、初回借入の方のみと思われていますが、プロミスでは、ポイントサービスを利用することによって、初回の方以外でも無利息期間を利用することができます。

プロミスポイントサービスは、インターネット会員サービスの利用によって、ポイントが付与されますので、インターネット会員になる必要がありますが、大変便利なのでおススメです。

このポイントサービスで700ポイント貯めれば、初回の方以外でも30日間無利息期間が利用できます。

また、700ポイント貯めなくても、ポイントに応じて7日間、15日間の無利息期間の利用やATM手数料の無料などがあります。

必要ポイント無利息期間適用期間
250P7日間
400p15日間
700P30日間

ポイントを貯める方法・ポイント数一覧

ポイントを貯める方法ですが、プロミスインターネット会員になり、サービスを利用するだけです。

利用するインターネット会員サービスによって付与されるポイントが違いますので、ここでは、サービスと付与されるポイントを紹介します。

利用サービス条  件付与ポイント
ポイントサービスに申込初回登録時のみ100P
インターネット会員ログイン毎月初回のみ10P
インターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認ポイント獲得対象のみ5~20P
収入証明書類の提出書類の提出160P
ご返済日お知らせメール毎月月末時点で対象サービスを利用している場合、各サービスにつきポイント付与各1P
取引確認メール
パソコンかケータイによる書面の受取

このように、各サービスの利用によって獲得ポイントが違うので、上手に利用して、無利息期間の適用を目指してみてください。

まとめ:プロミスの無利息期間は使いやすい

無利息期間を設けている金融会社は増えてきましたが、中でもプロミスの30日間の無利息期間は、他に比べて利点が多くあります。

特に、無利息期間中であれば何回でも無利息で借入できるのは、利用者にとって嬉しいサービスです。

また、初回の方のみだけでなく、契約中の方でも無利息期間が利用できるのは、他にはない魅力ではないでしょうか。

関連記事をチェック!

プロミスの借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はプロミスについて説明したいと思います。 ▼郵送物なし!Web完結で内緒に借りたい方は▼ プロミスについて プロミスは、SMBCグループの子会社であ...


関連記事をチェック!

【馬三郎が】プロミスに申し込んでみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回、私はとある事情でお金が必要となりカードローンを利用することにしました。 そこで、特徴的なテレビCMでおなじみの消費者金融プロミスに申し込んでみましたの...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談