銀行振込による借入のメリットや手順は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンというと、ATMを利用して借入する方が多いと思いますが、銀行振込による借入も大変便利です。

今回は、カードローンの銀行振込による借入について紹介していきます。

銀行振込による借入とは?

銀行振込による借入とは?

大変便利なカードローンですが、カードローンでお金を借りる方法は2種類あるのをご存知でしょうか?

まず、キャッシュカードで、金融会社の店舗や金融会社の提携しているATMを利用して借入する方法があります。

カードローンと言われると、このATMを利用して借入するイメージが強いと思います。

もう一つの方法が、銀行振込による借入を行う方法です。

銀行振込による借入は、電話やインターネットで、銀行の口座にお金を振り込んでもらう方法になります。

現在は、ほとんどのカードローン会社で銀行振り込みによる借入が可能になっています。

事前に銀行口座の登録など、多少の手続きが必要になりますが、カードローンの用途を広げてくれますので、おススメです。

例えば、公共料金や携帯電話料金の支払いを口座引き落としにしていた場合、入金し忘れることもありますよね。

そんな時に、電話やインターネットで銀行振込を行えば、ATMに入金しに行く必要がありません。

当然、後日返済する必要がありますが、入金する時間がない場合や、急な入金が必要な場合には大変便利です。

銀行振込によるメリット、デメリット

銀行振込によるメリット、デメリット

カードローンの銀行振込による借入は、メリットも多いですが、デメリットもあります。

カードローンの銀行振込による借入を上手に使いこなすには、特徴やメッリト・デメリットを知る必要があります。

ここでは、銀行振込による借入のメリットとデメリットを紹介しますので、銀行振込による借入の特徴をしっかりと掴んでください。

提携ATMを探さなくて良い

まず、メリットですが、上記の項目で紹介したように、借入の際にATMを探す必要がないことです。

インターネットがあれば、その場で登録から借入まで手続きすることも可能です。

振込口座として、料金の引き落としなどで使用している口座を登録しておけば、入金し忘れた場合にも対処できます。

また、キャッシュカードを持ち歩く必要がないというのも魅力的です。

金融会社のキャッシュカードを持ち歩くのに抵抗があるという方もいると思います。

銀行振込は、口座に借入額が振込されるので、振込先に登録してある銀行のキャッシュカードがあれば、問題ありません。

即日振込が受けにくい

次に、デメリットですが、振込先口座の登録が必要になるので、手続きが必要になります。

手続き自体は簡単ですが、銀行振込による借入を行わない場合に比べると、若干手間がかかってしまいます。

最大のデメリットは、時間帯や曜日によって、当日振込ができない場合があることです。

銀行振込には、銀行の営業時間が関係してきます。

銀行間の振込を行ったことがある方はわかると思うのですが、多くの銀行は、3時を過ぎると、振込が翌日になってしまいます。

同様に、銀行振込による借入も、当日振込ができる時間帯が2時前後までの所が多く、土日、祝日に振込手続きを行った場合は、振込が翌営業日になってしまう所が多くなります。

関連記事をチェック!

549view

即日振込とは!気になる注意点は?

お金を早く用意しなければならない時には、申し込んだその日のうちにお金を用意したいと思いますよね。 その時に気になるのが即日振込ができるかということです。 今回は、即日振込に関してご紹介していきます...

銀行振込が可能な時間帯や曜日は?

銀行振込が可能な時間帯や曜日は?

銀行振込による借入のデメリットとして、当日振込可能な時間帯や曜日が決まっていることを紹介しました。

ここでは、主なカードローンの当日振込が可能な時間帯と曜日についての詳細を紹介していきます。

カードローン当日振込可能時間土日、祝日に依頼した場合の振り込み時間
プロミス三井住友銀行
ジャパンネット銀行 以外
0:00~9:00(当日9:30ごろ振込)
9:00~14:50(受付後、約10秒)
翌営業日9:30ごろ
三井住友銀行
ジャパンネット銀行
0:00~24:00(受付後、約10秒)
当日振込可能(受付後、約10秒)
アコムゆうちょ銀行
0:10~9:00(当日正午ごろ)
9:00~14:00(当日17:00まで)
翌営業日9:30ごろ
銀行・信用金庫
0:10~9:00(当日9:30ごろ)
9:00~14:30(受付後1分程度)
翌営業日9:30ごろ
楽天銀行
0:10~23:50(受付から1分程度)
当日振込可能(受付から1分程度)
アイフル9:00~14:10翌営業日(午前中)
SMBCモビット9:00~14:50翌営業日(午前中)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミスやアコムでは、それぞれの指定銀行口座を登録することで、土日、祝日関係なく、24時間当日振込が可能となります。

おススメは24時間振込可能なプロミスやアコム

プロミスとアコムでは、条件を満たせば基本的に24時間いつでも振込可能になります。

条件は、プロミス、アコムが指定する銀行口座を振込口座として登録することです。

プロミスの振込キャッシング(瞬フリ)は、「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座を振込口座として登録すれば、24時間365日振込可能になります。

さらに、指定口座を登録すれば、振込受付から10秒で銀行口座に振込まれるという特徴もあり、振込時間の短さも人気の高い理由になっています。

また、アコムは、「楽天銀行」の口座を振込口座として登録すれば、ほぼ24時間365日振込可能になります。

正確に言えば、アコムの場合は楽天銀行への振込可能時間が「0:10~23:50」なので、24時間ではないのですが、他のカードローン(プロミスを除く)に比べると使いやすくおススメです。

注意点ですが、基本的には24時間振込可能ですが、メンテナンスの時間帯や元旦は、全てのサービスが利用できないので、振込ができない場合もあります。

カードローンメンテナンス時間
プロミス三井住友銀行
毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00
ジャパンネット銀行
毎週月曜日0:00~7:00
アコム毎週月曜日 1:00 〜 5:00

関連記事をチェック!

41226view

銀行振込の即日入金は何時まで?

相手の口座に急いで入金したくても、時間帯によってはすぐに送金されないことがあります。 例えばネットオークションで出品者にすぐ送金したいとき、カードローンの返済日が迫っているときなど、銀行で振り込んだ...

銀行振込による借入方法と手順

銀行振込による借入方法と手順

カードローンで銀行振込による借入の方法について紹介していきます。

手続きや申し込み方法は、カードローン会社によって若干異なりますが、基本的な流れはほとんど同じです。

  • カードローンに申し込む
  • インターネットで会員ページにログインする
  • 振込先口座を登録する
  • 借入手続きを行う

振込口座の登録まではインターネットで行う必要がありますが、口座登録が完了すれば、ほとんどのカードローン会社は、電話での受付も可能になります。

プロミスの場合の銀行振込までの流れ

人気の高いプロミスの銀行振込による借入までの流れを例として紹介します。

  1. 店舗または無人契約機やWEBからプロミスのカードローンへ申し込みをします。
  2. プロミスのホームページから会員ページにログインを行います。
    ※ログイン方法は、キャッシュカードとWeb-IDを選択できるので、既にキャッシュカードを持っているという方は、カード番号と暗証番号でログインが可能です。
    ※Web-IDを持っている方は、Web-IDとパスワードを入力してください。
  3. 振込口座の登録を行います。
    ※口座登録は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すると、24時間365日利用可能です(メンテナンス時間、元旦を除く)。
  4. 銀行振込による借入受付を行う。
  5. 最短10秒で振込完了

以上で振込手続きが完了となります。

プロミスへの登録をインターネットで行う方は、店舗に足を運ぶことなく、自宅や出先で、登録から借入まで可能ですよ。

まとめ:銀行振込を上手に活用する

カードローンの銀行振込による借入についてまとめました。

カードローンは、キャッシュカードで借入するだけでなく、銀行振込も可能です。

上手に活用すれば、公共料金などの口座引き落としによる支払いや急な引き落としにも対応できます。

また、プロミスやアコムは、指定の口座を持っていれば、24時間振込可能です。

プロミスやアコムの指定口座を持っている方は、登録のみしておけば、いざという時に便利かもしれませんね。

カードローンは、使い方ひとつで生活を豊かにしてくれる便利なツールだと思いますので、使い過ぎに気を付けて、上手に活用してください。

関連記事をチェック!

274view

【今日中に】振込キャッシングの条件を知って即日借入

カードローンでお金を借りるのにATMまで行かなくても借りることができる振込キャッシングをご存知ですか? ただし振込キャッシングを利用するには条件があります。条件を知っておかないと急にお金が必要になっ...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談