一時的にお金が必要なときに作る方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

日々の生活を送る上では給料日前など、入金前に手持ちのお金が尽きそうということもあるでしょう。

この記事では一時的にお金が必要となる代表的なケースと、一時的にお金を作る方法について解説していきます。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

数日以内にお金を用意する場合

一時的にお金が必要になると言っても、どれぐらいの期間でお金を用意しなければならないかによって、打てる手は変わってきます。

まずは、数日以内にお金を用意する必要がある場合について、説明していきます。

短期バイトで働く

一時的にお金を作る方法としては、「働く」という方法がある意味ではもっとも真っ当な方法です。

稼いだお金は自由に使えますから、一時的にお金を作る方法としては最も望ましい方法の一つといえるでしょう。

この方法について、解説します。

フルタイムで働けば、最低でも6,000円程度は稼げます

働くことのメリットは、働いた時間によりお金をもらうことができることといえます。

就労者への賃金は最低賃金により決まっており、最も低い県でも時給714円となっています。

実際の時給はこれ以上の企業も多いため、8時間働けば最低でも6,000円程度の収入が得られるでしょう。

なお、東京都など最低賃金が高い地域では、8時間で8,000円を超える収入も普通といえます。

さまざまな仕事があります

即日払いや週払いで働くには、引っ越しやイベント、チラシ配布など、さまざまな仕事があります。

仕事の種類が豊富なため、どのようなかたでも短期での仕事に申し込めるでしょう。

また、一時的にお金が必要になる時までに日にちがあれば、週払いで働く選択もできます。

このため、お金が必要になる時期が早めにわかっていると、仕事の選択肢は広がります。

給与の支払い時期は必ず確認を!

お金が必要な時期に向けて働くわけですから、せっかく働いてもその時までに入金されなければ働く意味がありません。

日払いの場合でも、月給者と同じように月末締め翌月25日払いということもあります。

そのため、給与の支払い時期は必ず確認しましょう。

物を売ったり、質屋を活用する

お持ちの品物を売って一時的にお金を作る方法もあります。

また、質屋に預けてお金を借りる方法もありますので、それぞれの方法について説明していきます。

なお買取の依頼や質屋を利用する際には、身分証明書を忘れずに持参下さい。

買取専門店なら、即日現金を手にできます

本や電化製品等の場合は、ブックオフやハードオフ等の買取専門店に持ち込むと、その場で査定を行い値段をつけてくれます。

金券やチケット類の場合は、チケットショップが買取窓口となります。

いずれも買取金額に納得すれば、その場で現金を手にできます。

また、ブランド物や貴金属の場合は精密な査定が必要となりますので、ブランド物や貴金属の買取専門店に持ち込むと良いでしょう。

このようなお店でも、可能な限りその場で査定を行い値段をつけます。

買取金額に納得すれば、その場で現金を受け取ることが可能です。

関連記事をチェック!

160166view

意外と高く売れるもの31選【完全保存版】

「取りあえずお金が必要だから家にあるものを売ってお金に換えたい」と考えたときに、何が高値で取引されているのか、どこなら高値で売れるのか、を知っておくことは非常に重要です。 少しでも多くの...

質屋なら、借りたお金を返済することで預けた物を取り戻せます

3ヶ月以内に返済できる見込みがある場合は、質屋にブランド物等を預け、お金を借りる方法もあります。

質屋の利点は、元金と利息を返済すれば預けた物を取り戻せること、そして返済できなくても預けた物を失うだけで済むことです。

借金なら返済できないと信用情報機関に登録される可能性がありますが、質屋の利用ならばその心配はありません。

関連記事をチェック!

2196view

質屋とは担保を預けてお金を借りるところ

皆さんこんにちは、馬三郎です。 街中を歩いているとたまに質屋の看板を見かけると思います。 改めて思い返すと、結構いろんなところに質屋はありますが、外から私たちが目にするのは、ショーウインドウの中に...

身内から借りる

一時的にお金を作る方法としては、身内から借りる方法もあります。

この方法について、解説していきます。

身内だから貸せるという現実

お金に困っている人がいる場合、それが他人ならばお金を貸さず、代わりにカードローンの利用や公的機関への相談を促す程度で済むことも多いでしょう。

しかし、身内であればそれで済ませるのも難しいことだと思います。

そのため仕方なくという理由であっても、お金を貸す場合は少なくないと思います。

もっともその場合、借りる際にはこれまでの生活習慣を改め、なるべく節約し、健全な生活基盤を築くように説諭されることもあるかもしれません。

いつ返してくれるか、確認されることもあるでしょう。

これは耳の痛い話ですが、一時的にでもお金が必要なのですから致し方ありません。

友人や知人からの借金は止めましょう

人からお金を借りるのは、身内だけにしておきましょう。

友人や知人からお金を借りてはいけません。

友人や知人の関係にお金が入り込むことで、もし返済できなければお金だけでなく人間関係も一緒に失う危険性があります。

貸した側としてもお金を貸したばかりに、返済の催促をしなければならないのは辛いものです。

そのため一時的にお金が必要な場合でも、友人や知人からは借りないようにしましょう。

関連記事をチェック!

4090view

親や身内から借金をしたときに確定申告で気を付けたいこと【贈与税】

親からお金を借りるときは、確定申告のときに贈与税がかからないように注意しないと、親からの借金が自分への贈与とみなされて税金がかかってしまうのです。 親から借りたお金がなぜ贈与になるのでしょうか?借り...

親や身内から借金をしたときに確定申告で気を付けたいこと【贈与税】

関連記事をチェック!

5058view

金貸して、と友達にいわれる人続出

友人や職場の人からお金貸して、と言われる人は意外と多いです。 当サイトでは100名の「お金貸して」と言われた人にアンケートを取りました。 お金を貸して、と言われた人 お金を貸して、と言わ...

一ヵ月以内にお金を用意する場合

続いては、一ヵ月以内にお金を用意する必要がある場合です。

数日から一ヵ月へと期間が延びた分だけ、選べる選択肢の数も増えています。

在宅ワークで稼ぐ

一ヵ月程度でお金を作るためには、クラウドソーシングサイト等、在宅ワークで稼ぐ方法もあります。

この方法について解説します。

クラウドソーシングサイトで稼ぐ

クラウドソーシングサイトには、様々な仕事が登録されています。

記事の執筆が最も多い仕事ですが、アンケートやインタビューなど、様々な種類の仕事があります。

報酬もさまざまな金額がありますので、あなたの能力と稼ぎたい金額によって、仕事を選ぶことができます。

もちろん必要な金額を得るため、複数の仕事を受注することも可能です。

関連記事をチェック!

2364view

クラウドワークスで副業!20万円以下でも確定申告するの?

2018年は副業元年と言うことで、クラウドソーシングでの副業を始めた人も多いのではないでしょうか。 クラウドソーシングの中でも大規模なクラウドワークスを利用して、副業所得を得ている人...

クラウドワークスで副業!20万円以下でも確定申告するの?
ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイトでもお金を稼ぐことができます。

掲載されている仕事はアンケートや各種サービス申し込み、記事の作成やタイピング等となっています。

中には資料請求等、数日程度の日数で1,000円相当のポイントを受け取れる案件もあります。

関連記事をチェック!

6072view

即換金して即日現金をゲットできるアプリやポイントサイト

手持ちのお金がないときに、即日換金できる手軽な方法があれば便利だと思いませんか? 実は、リスクなく現金に換金する方法は、結構たくさんあるのです。 カードローンなどの借入れではなく、所有するモノを売...

あなたの口座にお金が入金されるタイミングを確認しましょう

在宅ワークで一時的にお金を作る方法は返済の必要もなく、有効な手段の一つです。

大切なことは、お金が必要になる時までに仕事の報酬を確定させ、あなたの口座にお金が入金されていることです。

そのため、仕事をする際は報酬の確定時期と、確定した報酬が入金されるまでの日数を確認しておくことが重要です。

在宅ワークのサイト運営企業によっては、数日で銀行に振り込める場合もありますので、よくチェックしておきましょう。

関連記事をチェック!

4269view

在宅ワークで即日入金は可能?

即金性の在宅ワークがあれば、すぐにお金を受け取れるので、お金が早く欲しい人には助かりますよね。 残念ながら、在宅ワークはお金の受け渡しや業務の確認などに時間を取られるため、即金で稼げるものはありませ...

給与を前借りする

一時的にお金が必要な場合、将来受け取る予定の給与を前もって受け取る「給与の前借り」をしたいとお考えのかたもおられるのではないでしょうか。

この点について、解説していきます。

前借りが可能かどうかは企業による

労働基準法24条第2項により、給与は月1回以上、指定した日に支払うことが定められています。

しかし、給与支払日より前に支払うべきとされている場合は、労働基準法25条により出産や結婚、病気や災害等の非常時に限られています。

そのため、一時的にお金が必要な場合に給与の前借りができるかというのは、その会社の裁量によります。

したがって、必ずしも前借りが可能とは限りません。

実際には前借りが難しい会社も多いでしょう。

前借りできるのは、すでに働いた分だけ

給与の前借りができたとしても、受け取れる金額はあなたがすでに働いた分だけの金額となります。

これは労働基準法17条により、将来働くことを条件に先にお金を渡して、後で賃金と相殺することを禁じているためです。

したがって従業員が「間違いなく働くので、先にお金をくれ」と申し出ても、会社は働いた分の金額しか従業員に渡すことはできません。

従業員貸付制度が利用できる場合も

従業員の急な出費に備えるために、従業員貸付制度を設けている会社もあります。

貸付には条件が付けられていることもありますが、給与で受け取れる金額を超える出費が必要な場合は、この制度の利用も検討してください。

関連記事をチェック!

10288view

給料前借は法律違反となる場合があるってご存知ですか?

実際に給料の前借りをしたことがある人はどのくらいいるのでしょうか。 テレビやドラマの世界ではしょっちゅう出てくる給料の前借りですが、実は給料の前借りは労働基準法違反になる場合がある、ということをご存...


関連記事をチェック!

2339view

会社からお金を借りる方法「従業員貸付制度・社内貸付金制度」とは

急にお金が必要になった。 そんな時にまず頭に浮かぶのは、おそらく銀行や消費者金融といった金融機関でしょう。 しかし、お金を貸してくれるのは、金融機関だけではありません。 会社からお金を借りること...

生命保険の契約者貸付を利用

もしあなたが生命保険を契約しているならば、契約者貸付を利用する方法もあります。

この方法について、解説していきます。

簡単な手続きで、お金を借りられます

多くの生命保険には、契約者貸付制度があります。

この制度は、解約返戻金のうち一定の割合の金額まで、契約者に貸し付けることができる制度です。

借りたお金は、所定の利息を含めて返済しなければなりません。

返済が完了せずに保険の満期を迎えた場合、満期保険金から借入金と利息が差し引かれます。

契約者貸付は解約返戻金が担保となりますので審査もなく、簡単な手続きでお金を借りることができます。

保険会社によっては、インターネットやスマートフォンの手続きだけで借り入れできることもあります。

どれだけの金額を借りられるかは保険の状況により異なりますので、契約している保険会社へ確認してください。

配当金があれば、先に使いましょう

契約者貸付が利用できる生命保険ならば、配当金がついている場合も多いと思います。

この配当金は契約者が自由に使えるお金で、もちろん返済は不要です。

そのため、まず配当金を引き出し、足りない分について契約者貸付を利用すると良いでしょう。

関連記事をチェック!

2489view

生命保険でお金を借りる方法、銀行借入よりお得!?

9割以上の方が加入している生命保険ですが、この生命保険でお金を借入できることをご存知でしょうか。 生命保険には、「契約者貸付制度」というものがあり、この制度を利用して生命保険会社から融資を受けること...

掛け捨ての保険では、契約者貸付は受けられません

契約者貸付は、解約返戻金の一定割合で貸付額が決まります。

そのため、掛け捨ての保険など解約返戻金が無い保険では、契約者貸付を受けることができません。

短期でお金を用意する場合の注意点

急いでお金を用意しなければならない場合、「期日までにお金を用意しなければ」という心配で頭がいっぱいになってしまいがちです。

そのため、判断力が鈍ってしまったり、普段なら行わないようなことを行ってしまったりすることもあります。

短期でお金を用意する場合の注意点を、以下でいくつか挙げていきます。

闇金でお金を借りてはいけない

急いでお金を用意しなければならないときには、「誰でも即日融資可能!」とか、「審査なしで即融資!」というような謳い文句の広告に惹かれてしまうものです。

しかし、そういった広告を出しているのはほぼ確実に闇金なので、絶対に利用してはいけません。

闇金は金融庁に営業認可をもらっていない違法な融資業者であり、貸金業法を守らずに融資を行ってきます。

そのため、金利は法外に高いものですし、返済が遅れた場合は自宅や職場まで容赦なく取り立てにきますし、借主の家族に借金返済を求めることだってあります。

闇金からお金を借りてしまうと、収入の大半を搾り取られてしまい、闇金に返済するために生きているような状態になってしまいますので、闇金には近づかないように注意しましょう。

グレーゾーンの仕事に手を出さない

急いでお金を手に入れられるような仕事の中には、どうしてもグレーゾーンの仕事も混じってきます。

パチンコ店の打ち子だったり、夜逃げを手伝う仕事だったり、最近であればいわゆる「パパ活」などもグレーゾーンの「仕事」と呼べるかもしれません。

しかしこういった仕事には危険が付きまとうことが多いですし、一歩間違うと犯罪に足を踏み入れてしまうこともあります。

どれだけお金が必要だとしても、真っ当な仕事・方法でお金を得るようにしましょう。

クレジットカードの現金化は違法ではないが…

クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を得る、いわゆる「クレジットカードの現金化」は、急いでお金を調達しなければならない場合の選択肢の1つではあります。

また、クレジットカードの現金化は決して違法というわけではありません。

ただ、カード会社の規約では明確に禁止されているので、現金化を行っていることがカード会社にバレてしまった場合は、利用限度額の減額やカードの利用資格停止といった厳しい処分が科されることは避けられません。

現代社会で、クレジットカードが利用できなくなってしまうことがどれほど不便かは、想像に難くないでしょう。

グレーゾーンの仕事同様に、クレジットカードの現金化にも手を出さないのが賢明です。

詐欺に注意!投資で稼ぐのは初心者には難しい

投資の一種であるFXのことを、一攫千金を狙える方法として捉えている人も多いと思います。

ただ、いかんせん投資はお金が減ってしまう可能性もありますし、特にFXの場合はお金が減るだけでなく逆に借金を抱えてしまう可能性もあるため、実行に踏み切れない人も多いでしょう。

そういった投資に踏み切れない人たちをターゲットにして、「確実に儲けられる銘柄がある」などの甘い言葉をささやいて巧みに近づいてくる人がいますが、そういった相手には注意しなければなりません。

投資で「確実に儲けられる」という話を持ってくる人は、ほぼ確実に詐欺師だからです。

「確実に儲けられる手法を知っているのであれば自分たちだけで実行しているはずであり、それを他人に教えることなどない」という当たり前のことを考えれば分かりそうなものですね。

このように、投資初心者をターゲットにした詐欺師は少なからず存在しますし、詐欺師につかまらなかったとしても、投資で稼ぐこと自体が初心者にはかなり難しいことです。

急いでお金を調達したい場合に、投資に頼るのはあまりよい方法ではないでしょう。

リボ払いで借りるのは損になりやすい

短期でお金を用意しなければならない場合、借金に頼ることも多くなりますが、借金の返済方法には注意しておかなければなりません。

借金返済にはいろいろな方法がありますが、その中でも特にリボ払いは、支払わなければならない利息がかさばりがちで、損になりやすいからです。

リボ払いは毎月の支払金額を一定にできる支払い方法なので、家計への負担を抑えやすいというメリットもあるのですが、返済が長期化しそうな場合はあまりおすすめできません。

返済期間が長期化しそうなときは、リボ払い以外の方法で返済するようにしましょう。

短期でお金が必要なときにはカードローンで借りるのもおすすめ

一時的にお金を作る方法としては、カードローンも思いつきやすい方法ではないでしょうか。

この方法について解説していきます。

短期の借り入れは無利息キャッシングサービスを利用しよう

消費者金融の一社であるノーローンでは、借り入れ残高が無い状態で借り入れをすると、その翌日から7日間は無利息になります。

しかも完済したら、その翌月以降も同様に7日間無利息の対象となります。

給料日までの7日間を過ごすお金が必要という場合など、一時的にお金を作る方法の一つといえるでしょう。

レイクは、自動契約コーナーで申し込めばそのままカード発行も可能です。

また初回の利用時に限れば、多くの主要なカードローン事業者は、借り入れ日の翌日から30日間無利息のサービスを提供しています。

一時的にお金が必要な場合は短期間の借り入れとなりますので、無利息期間があると大変助かります。

数日だけの借り入れもOK

カードローンの返済は口座引き落としも選べますが、まとまったお金の入金があれば、コンビニや金融機関のATM等からいつでも返済できます。

数日だけの利用など、一時的な利用にも対応していることも、カードローンのメリットといえます。

借り入れ日数が少ないほど利息も少なくなることもメリットです。

審査は最短30分程度で完了する

カードローンの中には、最短30分で審査が完了するカードローンもあります。

急にお金が必要になった場合でも、すぐに審査が終わって借り入れができますので、大変便利です。

一時的にお金が必要なかたにも対応した金融商品といえます。

もちろんあくまでも「最短30分」というだけであり、必ずしも30分で審査が終わるわけではないことには、注意しておいてください。

おすすめの無利息サービス一覧

先ほど、多くの主要なカードローン事業者では無利息サービスを提供しているとお伝えしましたが、無利息サービスを提供している金融機関とその内容を、以下に表でまとめてみました。

金融機関無利息サービス内容
プロミス初回借り入れ日の翌日から30日間無利息
アコム初回契約日の翌日から30日間無利息
アイフル初回契約日の翌日から30日間無利息
レイクALSA

以下の2つの無利息サービスのうち好きなほうを選んで利用可能

①初回契約日の翌日から30日間無利息

②利用限度額200万円以内であれば、借り入れ金額のうち5万円までは初回契約日の翌日から180日間無利息

ノーローン

借り入れ残高が無い状態で借り入れをすると、その翌日から7日間は無利息

月末までに借り入れを完済していれば翌月には再び同条件で無利息サービスが利用可能

ジャパンネット銀行初回借り入れ日の翌日から30日間無利息

「大手消費者金融」と呼ばれるところであれば、大半で無利息サービスが利用できます。

銀行カードローンでは無利息サービスを行っているところは少ないですが、ネット銀行であるジャパンネット銀行が取り扱っているものであれば、無利息サービスが利用可能です。

早めに返済できるメドが立っているのであれば、こういった無利息サービスが利用できる金融機関からお金を借りることで、返済負担を少しでも軽くできます。

無利息サービスの比較ポイント

無利息サービスを利用できる金融機関を複数選べる場合、どこの金融機関からお金を借りればいいかで悩んでしまうこともあるかもしれません。

無利息サービスを比較する場合のポイントは、主に2つです。

まず1つは、「無利息で利用できる期間」です。

大半の無利息サービスでは、「30日間」という期間が無利息期間として設定されていますが、レイクALSAやノーローンのように30日間以外の無利息期間を設けているところもあります。

特にレイクALSAでは最長180日間も無利息で利用できるので、利用条件を満たせる場合は、積極的に利用を検討するといいでしょう。

そしてもう1つは、「いつから無利息で利用できるか」ということです。

無利息サービスがスタートするのは、「初回契約日の翌日」と「初回借り入れ日の翌日」のどちらかです(ノーローンを除く)。

契約したその日に借り入れを行うのであれば、どちらの場合でも無利息期間は変わりません。

しかし、契約して数日してから借り入れを行う場合、初回契約日の翌日から無利息サービスがスタートしてしまう金融機関では、無利息期間を数日間無駄にしてしまうことになります。

契約日と借り入れ日が異なる場合は、プロミスやジャパンネット銀行のように、初回借り入れ日の翌日から無利息期間がスタートするところを利用するのがおすすめです。

消費者金融以外から借りるならどこがおすすめ?

無利息期間が利用できる消費者金融は、返済負担を抑えたい場合には有力な選択肢になります。

ただ、消費者金融にあまりよくないイメージを持っている人も少なからずいるため、できれば消費者金融以外から借り入れを行いたいと考えるケースもあるでしょう。

消費者金融以外では、上述したようにジャパンネット銀行が初回利用者限定の無利息期間を設けているので、ジャパンネット銀行を利用するのがおすすめです。

すでにジャパンネット銀行の無利息期間を利用してしまっている場合は、無利息期間を利用することは難しいので、純粋に適用金利が低いところから借り入れを行うといいでしょう。

カードローンの金利をチェックする際は、下限金利ではなく上限金利をチェックすることがポイントです。

「できるだけ低い金利で借り入れたい…」という気持ちから、ついつい下限金利に目がいってしまいがちですが、初めて契約する人が下限金利を適用されることはまずありません。

借り入れる金額にもよりますが、どちらかと言えば上限金利寄りの金利が適用されるケースが大半なので、上限金利が低いところを選ぶのが理にかなっています。

大手銀行が取り扱うものであれば、みずほ銀行カードローン(上限金利14.0%)や三井住友銀行カードローン・楽天銀行スーパーローン(上限金利14.5%)などが、おすすめと言えます。

地方銀行が取り扱うカードローンの中には、さらに低い金利で借り入れられるものもありますので、お住まいの地域周辺の地方銀行が取り扱うカードローンも調べてみましょう。

数ヵ月以上かかる場合は公的融資で借りるのもおすすめ

一時的にお金を作る方法は、国の制度としても用意されています。

比較的短い日数で借りられる、「緊急小口資金」について解説します。

10万円までの範囲で必要額を借りられる

緊急小口資金は、緊急かつ一時的にお金が必要となる場合に無利子で貸し付けを行う制度で、最高貸付金額は10万円となっています。

貸付の3ヶ月後から返済が始まり、返済開始後12ヶ月以内での完済が必要です。

貸付には最短でも5営業日程度が必要です。

相談及び申し込み先は、地域の社会福祉協議会です。

貸付には、収入額や返済の見通しがあるか等の審査があります。

その中でも、一時的にお金が必要ということが審査の通過には必須です。

貸付対象理由には、医療費や介護費の支払い、初回給与支給までのつなぎ資金といったものがあげられています。

借り入れにはいくつかの条件がある

緊急小口資金は、あくまでも貸付です。

そのため、貸したお金が借金を増やすだけの結果としないようにするため、無収入や借金が多いかたなどは貸付の対象外となります。

利用者には資金面以外のメリットも

緊急小口資金で貸付を受けたかたは、「生活困窮者自立支援制度における自立相談支援事業」の利用が必要となります。

このため、完済まで社会福祉協議会による相談・支援を受けるとともに、自治体の自立相談支援機関による生活支援や就労支援を受け、生活の再建をめざすことになります。

もしも、返済に行き詰ったときには?

借金の返済に行き詰ったときにまず考えなければならないのは、努力次第で行き詰っている状況を打破できるかどうかです。

支出を抑えて返済に回せるお金を増やしたり、短期バイトで働くことでお金を得たりできるようであれば、努力して何とか返済を継続していきましょう。

収入に対する返済の割合があまりにも多く、少しぐらい収入を増やしたりする程度では焼け石に水だという場合には、根本的な対策を考えなければなりません。

おまとめローンを利用して借金を一本化することで、適用金利を引き下げて毎月の返済金額を抑えるのも1つの対策です。

また、債務整理を行って借金完済までの道筋を付けるのも、1つの対策と言えるでしょう。

借金返済の状況に応じて取るべき対策は変わるので、自分が置かれている状況を客観的に判断しつつ、必要であれば弁護士などの専門家のかたに相談したうえで、対処しなければなりません。

一時的にお金が必要な場合とは?

ここまで、一時的にお金が必要になった場合の対処法を考えてきましたが、そもそも一時的にお金が必要となるケースとは、どのような場合なのでしょうか。

代表的なケースをいくつか挙げていきます。

冠婚葬祭への出席

冠婚葬祭の行事へ出席する場合は、一時的ですが数万円程度のお金が必要となります。

特に葬儀の場合は突然やって来ますから、一時的にお金が必要となる代表的なケースといえるでしょう。

病気や事故に遭った場合

病気や事故に遭って病院で入院治療を受けた場合、生命保険や損害保険から保険金が支払われる場合も多いでしょう。

病院へ治療費を支払ってから保険金を支払う前までの間、生活するためのお金が足りないというかたもおられるのではないでしょうか。

特に入院期間が長いほど、お金の余裕は少なくなります。

このような場合も、一時的にお金が必要となる主要なケースといえます。

給料日までのつなぎ資金として

就職後最初に給与をもらうまでの期間は、働いているがお金はもらえていない期間です。

給料日前日が最もお金が少なくなる時期となるでしょう。

会社によっては月末締め翌月25日払いということもあり、この場合は入社から2ヶ月近くたってから給与がもらえる場合もあります。

入社日から給料が入るまで、最大で2ヶ月近くをどう乗り切るかも重要なポイントとなります。

急な金欠に陥らないための心構え

一時的にお金が必要になってしまってから考えても手遅れではあるのですが、常日頃から心構えを行っておけば、お金が足りなくて困るような事態にはならなかったかもしれません。

次回への教訓とすべく、急な金欠に陥らないための心構えについて考えていきましょう。

何はなくともまず貯金

普通、急にお金がなくなった場合というのは、それまでの貯金でどうにか対処するものです。

それができないということは、貯金に対する意識が低く十分な量の貯金を行えていないのでしょう。

「備えあれば患いなし」ということわざもあるように、日ごろから準備をして備えておけば、多少のハプニング程度では動じなくなるものです。

今まであまり貯金をしてこなかった人に、いきなり「貯金をしろ」と言ってもなかなかしんどいでしょうから、まずはたとえば「毎日100円」程度の簡単な貯金から始めていくといいでしょう。

無理なく継続できていけるようであれば少しずつ金額を上げていくことで、気づけばそれなりのお金が自然と貯まっているはずです。

臨時の財布を作っておく

普段使っているお財布とは別のお財布を作っておくと、いざという時の対応力にも幅が出ます。

ここで言う「お財布」とは文字通りの意味ではなく、「普段は使わずにただお金を貯めていくだけのシステム」だと思ってもらうと分かりやすいでしょう。

ここでオススメなのが、ポイントサイトやアンケートサイトなどを利用して、普段からコツコツとポイントを貯めておくということです。

そういったサイトで貯められるポイントはそのままでは利用できませんが、現金や商品券などへの変換が可能です。

つまり、そのままでは使いようがないため浪費することがありませんが、いざという時には現金として引き出せるという、臨時のお財布としては理想的な存在となるのです。

登録しただけではポイントは貯まりませんから、空き時間などをうまく活用してコツコツとポイントを貯めていくといいでしょう。

関連記事をチェック!

6072view

即換金して即日現金をゲットできるアプリやポイントサイト

手持ちのお金がないときに、即日換金できる手軽な方法があれば便利だと思いませんか? 実は、リスクなく現金に換金する方法は、結構たくさんあるのです。 カードローンなどの借入れではなく、所有するモノを売...

お金のことを考えるくせをつける

考えなしに「楽しそうだから」「みんなが参加しているから」というような理由でお金を使ってしまう人は、金欠になりがちです。

お金を使う前に、「今これだけお金を払っても給料日まで持つか?」「今回これを買う必要はあるか?」などのように考えるくせをつけることで、浪費を減らすようにすることが大事かもしれません。

もちろん実践したからと言って、すぐに効果が出るわけではありません。

ただこういったものは、長い時間をかけて心と体に刷り込ませていく必要があるため、結果が出ていない間も辛抱強く行い続けることで、将来的に金欠になるリスクを少しでも下げることにつながりますよ。

本当にお金に困ったらどうする?

一時的にでもお金に困った時には、どうすればいいと思いますか?

ここまで説明してきたように、方法はいくつかありますが、借りることを考えるのは最後の手段としておくのがいいですね。

お金に困った時には、これまでに挙げてきた方法を検討してから、最終的にどうしてもお金を用意できない場合に、借りるようにするといいですよ。

番外編:カードローンはどう選ぶ?

一時的にお金を借りる方法として、カードローンを選ぶときにどこを選べばいいのでしょうか?

最後に、カードローンを選ぶ方法に関して説明します。

申し込み先は申し込み者によって変える

カードローンを利用するには、安定した収入があることが第一条件になります。

消費者金融系のカードローンを利用するときには、申し込み者自体に安定した収入があることが必要です。

銀行系のカードローンを利用する場合には、必ずしも申し込み者に安定した収入がある必要はありません。

専業主婦の場合には、配偶者に安定した収入があれば申し込むことができるサービスもあります。

ですので、自分で働いていて安定した収入がある場合には両方のカードローン、専業主婦の場合には、銀行系のカードローンの利用を考えるといいですね。

関連記事をチェック!

9492view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは、申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申し込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借り入...

借りることができるタイミングが最優先

一時的にお金が必要になったからこそ、お金を借りることになるのですから、借りることができるタイミングが大切です。

いつまでにお金を用意すればいいのかをよく考えてください。

今すぐにでも必要なのか、まだ2~3日であれば待つことができるのかをよく考えてみてください。

もし、今すぐにでも必要という場合には、審査も短く借り入れができるまでの時間が短い傾向がある消費者金融系のカードローンを使えばいいですね。

用意するまでに時間がかかってもいい場合には、銀行系のカードローンを申し込んでもいいですね。

金利が安いところで借りる

お金を借りた後には、必ず返済をしないといけません。

返済するときには、金利分を払わないといけませんので、出費を抑えるために金利が低いところを選ぶようにします。

金利だけを見ると、銀行系のカードローンのほうが安く設定されています。

借りられるタイミングが合うようであれば、銀行系のカードローンを選ぶといいですね。

もし、用意しなければならない時までの時間を一か月以上伸ばせるのであれば、ろうきんのカードローンも候補に加えて検討するといいですね。

借り入れるまでの時間で選択できるカードローンの中で、金利が安いものを選ぶといいですね。

借りやすさと返しやすさも重要

借りるタイミングが合って、金利も低いところを選んだあとは、借りやすさと返しやすさを検討します。

借りることができる場所や返すことができる場所や方法が少ないと、利用するのに手間がかかってしまって不便です。

もし、複数の選択肢がある場合には、借りやすさと返しやすさを目安にするといいですね。

ATMを使う場合には、コンビニATMやゆうちょ銀行のATMが使えるところを選ぶと便利に使えます。

振り込みなどの方法を選ぶ場合には、振込手数料がかからないところを選ぶといいですね。

関連記事をチェック!

2942view

おすすめカードローン会社ランキング!一覧で徹底比較

カードローンでお金を借りたいときに、どこでお金を借りればいいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか? カードローンの選び方は、審査の難易度や融資までのスピードなど様々です。 このページ...

まとめ

今回は、一時的にお金が必要な事態になった場合に、一時的にお金を作る方法について説明してきました。

一時的にお金が必要となるケースはさまざまなケースがありますが、一時的にお金を作る方法についても多彩な手段があります。

カードローンでの借り入れはよく知られた方法です。

その中でも、条件を満たせば一定期間無利息という事業者もありますので、このようなプランは、一時的にお金が必要なかたに向いています。

なによりも利息を払わなくて良いのは大きな魅力ですから、返済の見込みがある場合は活用を検討して頂ければと思います。

また、短期で働く方法や在宅ワークで稼ぐ方法は、用意したお金を返済する必要がない点で優れています。

その他、不用品を売ったり質屋に預ける、生命保険の契約者貸付を利用する方法も、比較的利用しやすい方法といえるでしょう。

一時的にお金が必要な時期までの日数が長いほど、お金を用意するための選択肢は広がります。

そのためにも、お金が必要と分かった時点で早めに行動することが、良い結果を生むことにつながるでしょう。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談