キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

どうなる?借金50万円の返済

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「50万円の返済」というキーワードを聞いて、みなさんは「すぐに返せそう…」、「返済は辛そうだな」など、人によっては、様々なイメージを持たれると思います。

そこで今回は、実際に50万円を借りた場合の、利息、返済期間、そして1日でも早く返済するコツなどをご紹介します。

50万円借りた時の毎月の利息は?

50万円借りた時の毎月の利息は?

まず、50万円借りた時の利息について、その返済方法も含めて簡単にお伝えしていきましょう。

実は簡単!カードローン返済の仕組み

カードローンの商品概要書などを細かく見ていくと、その返済方法のところには「残高スライド定額リボルビング方式」や、「残高スライド定率リボルビング方式」など、なにやらややこしい言葉が並んでいます。

一見難しそうな、これらの言葉ですが、一つ一つのキーワードを分解して解釈すると、とても簡単です。

ここからは、消費者金融や銀行カードローンで主に適用される、これら二つの返済方法について、わかりやすくご紹介していきましょう。

残高スライド定額リボルビング方式

まず、残高スライド定額リボルビング方式という返済方法からです。

この返済方法は、一見難しそうに見えますが、この言葉を「残高スライド」と、「定額リボルビング」という二つのキーワードに切って考えると、簡単にお分かりいただけると思います。

  • 残高スライド:毎月の借入残高にスライドして、最少返済金額が変わる仕組みの事。

例えば、借入残高が30万円の時の毎月の最少返済額は5,000円だが、50万円借りた場合の毎月の最少返済額は、1万円になるといいった具合です。

  • 定額リボルビング:これは、毎月決まった額を返済する方式の事を指します。クレジットカードのショッピングをリボ払いにするのも、同じ理屈です。

つまり、残高スライド定額リボルビング方式での返済は、「毎月の借入残高に応じて、毎月一定額を返済して下さい」という返済方法になります。

毎月の最少返済金額については、カードローンの商品概要書に記載されていますので、一度確認してみる事をお勧めします。

残高スライド定率リボルビング方式

次に、残高スライド定率リボルビング方式についてです。

こちらも、この言葉を二つに割って考えて見ます。

  • 残高スライド:上記でご紹介した内容と同じです。毎月の借入残高により、最少返済額が変わってきます。
  • 定率リボルビング方式:これは、毎月の借入れ残高に、ある一定の率をかけて最少返済額が決まりますよ、という意味になります。

先で触れた「定額リボルビング」は、借入れ残高の枠(1万円~30万円未満・30万円以上~100万円未満など)により、最少返済額の定額が変動していきますが、この定率リボルビング方式は、毎月の残高に一定率がかけられるので、毎月の最少返済額が少し変動する、という事になります。

例えば大手消費者金融A社の場合、金利18%で借りた場合の定率は、借入残高が1万円~30万円の場合は4.2%、30万円超~100万円未満の場合は、3%となります。

したがって、例えば50万円借りている場合の最少返済額は、50万円×3%=15,000円で、60万円を借りた場合は、60万円×3%=18,000円という事になります。

もちろん、この最少返済額の中には、元金と利息が含まれています。

関連記事をチェック!

160view

借入の返済方法の種類

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入返済方法とは 銀行などから融資を受けるときに、その融資の返済方法についてあらかじめ契約書におい...

実際の利息を計算してみよう

ここまでで、主なカードローンの返済方式については、ご理解いただけたでしょうか?

次に、カードローンの利息計算方法についてもご紹介していきます。

利息についても、難しく考える必要はありません。

以下の計算式に当てはめるだけです。

利息計算式:借入残高×借入利率÷365日×借入日数

例えば、実質年率18%のカードローンで、50万円を30日間借りている場合の利息を計算してみましょう。

50万円×18%÷365×30=利息「7,397円」となります。

したがって、先でご紹介した「残高スライド定率リボルビング方式」で50万円借りている場合の、毎月の最少返済額は15,000円でしたから、この場合利息には7,397円が充当され、元本返済には7,603円が充当されるという事になります。

関連記事をチェック!

654view

貸付利率とは

ローンの商品説明を読んでいると「貸付利率」という欄があります。そこには例えば18%などの数字が書かれていますが、よく意味が分かっていない人も多いようです。 借入利率は数あるカードローンの商品を比...

注意したい「最少返済額」とは?

注意したい「最少返済額」とは?

ここまで、何度か出てきた「最少返済額」についても、その意味や注意点を詳しく解説していきたいと思います。

まず、最少返済額とはどういう意味なのか?についてです。

最少返済額と約定返済額

最少返済額とは、その名の通り「毎月最低この金額だけは返済してくださいね」という意味の金額になります。つまり、その金額を返済できないと「延滞扱い」という事になります。

カードローンの決め事の中では、この最少返済額は「約定返済額」とも言います。

約定とは「やくじょう」と読み、毎月の返済額について、カードローン会社と利用者とが約束した「毎月の返済額」の事を指します。

したがって、この約定返済額、つまり最少返済額の返済を守れなかった場合、約束違反という事になりますから、延滞扱いとなり延滞利息などを徴収される事になります。

関連記事をチェック!

444view

約定返済とは

約定返済とは一体何なのかご存知でしょうか。カードローンなど金融機関からお金を借りる契約を結ぶ際に必ず書いてある用語です。 なんとなく借金を毎月返済している人も多いことでしょう。しかし返済の方法を...

最少返済額だけの返済で大丈夫?

以上で解説した「最少返済額」についてですが、毎月カードローンの返済をする際には、必ずATMに「あなたの最少返済金額は○○円です」というようなメッセージが出る為、殆どの方はその金額だけ返済して毎月の返済を終えてしまいます。

しかし、この「最少…」という言葉に甘えて、指定された金額だけ返済していては、一向に返済が終わらないのも事実です。

実はここが消費者金融の儲けのカラクリになっています。消費者金融は、1円でも多く、そして1日でも長く、優良顧客にお金を借りてもらう事によって、利益を出す仕組みになっています。

つまり、サクッと借りてサクッと返済されたら、あまり旨みがないのです。

最少返済額は、あくまで毎月の最低返済額と理解し、実際にはそれ以上の返済をしていくように心がけましょう。

このあたりの事については、次の項でも詳しく触れていきます。

関連記事をチェック!

13view

月々の返済額が少ないカードローンを比較

カードローンでお金を借りる際、返済計画が気になりますよね。 一般的に金利が低いところで借りるのが良いとされますが、それもケースバイケースです。 金利は通常、「年率」という表示がされます。 ...

50万円を一日でも早く返済するコツ

50万円を一日でも早く返済するコツ

毎月の返済は、最少返済額「以上」の返済を心がける、という点はおわかり頂けたかと思います。

では、実際にはどのように最少返済額以上の返済をすれば良いのでしょうか?

随時返済・臨時返済を利用する

殆どのカードローンは、毎月の返済期日が必ず決まっています。

しかし、特に返済期日にこだわらなくても、いつでも返済できるカードローンが殆どです。その返済期日を待たずに、お金に余裕のある時に返済を行う事を、随時返済・臨時返済と言います。

完済までの期間を出来るだけ短くするには、ボーナス時など、財布に余裕のある時には、使ってしまわずに、是非1円でも臨時返済にまわすようにして下さい。

そうする事で、元本がどんどん減っていき、返済期間も短くなっていきます。

ただ、臨時返済を行ったときには、必ず次回の返済期日がどうなっているか?という事を確認するようにしましょう。

例えば、毎月月末が返済期日のカードローンの場合、その手前の19日に臨時返済を行ったとしても、次回返済はもう一度月末に行わないといけないケースがあります。

「臨時返済をしたから、次の返済は来月だ…」といって、のん気に構えていると、延滞扱いになっていた…という事もあり得ますので、充分注意したいところです。

尚、臨時返済を行う方法ですが、一般的にはATMを利用する方法、振込みにて返済する方法などがあります。

返済時のATM手数料に注意

臨時返済の際に注意したいポイントがもう一つあります。

それは、返済時にATMの手数料がかかる場合がある、という点です。

これは、カードローンの種類や利用するATMにもよるのですが、返済額によっては108円や216円など、手数料を取られるケースが出てきます。

いくら1円でも多く返済したいからといって、1,000円を臨時返済して、108円のATM手数料を取られたなら、逆に損をしている事にもなりかねません。

ATMと同様、振込み返済についても、手数料が無料かどうかを、事前に確認してから返済するようにしましょう。

■知らないと大変なことにも!?借金返済にかかる手数料って?

もし返せなくなった時どうする?

もし返せなくなった時どうする?

ここまでで、50万円を借りた場合の返済方法や、利息の計算方法、そして1日でも早く完済するコツなどをご紹介してきました。

しかし、長い人生、カードローンを利用している途中で、仕事を失ったり病気をしたりと、様々なアクシデントがつきものです。

突然「カードローンの返済が出来なくなった!」というケースも出てきます。

では、そんな時はどんな対処方法があるのでしょうか?

返済に遅れそうな時、まずは連絡を!

返済が厳しいときに、最も注意すべき事。

それは、利用しているカードローン会社へ「すぐに連絡を入れておく」という事です。

連絡を入れたからといって、延滞扱いは免れませんが、カードローン会社が最も嫌がる事は「利用者と連絡がつかなくなる事」です。

もし、返済が滞って連絡もせずに放置していると、カードローン会社の心象も悪くなりますし、3ヶ月程度延滞してしまうと、すぐに督促状などが送られてくるケースもあります。

カードローンの契約と言えども、所詮「人と人が絡む契約ごと」です。

心配なことや、アクシデントなどは、事前に相談する事を忘れないようにしましょう。

場合によっては、毎月の返済額の減額について相談に乗ってくれたりするケースもあります。

どうしても返済が無理なら弁護士へ

それでも返済が厳しい場合…。

その場合は、弁護士に相談する事をお勧めします。

弁護士に依頼するメリットには以下の点があります。

関連記事をチェック!

32view

【借金苦からの脱出】弁護士や公的機関に相談してみよう!

借金した理由はともかく返済できずに借金苦に苦しむのはツラいですね。借金苦の問題はひとりで抱えているよりも、金融問題に詳しい弁護士に相談しましょう。リボ払いはカードローンの利便性であると同時に、なかなか...

本人宛の取立てがストップする

弁護士に正式に債務整理を依頼した後は、弁護士事務所からカードローン会社へ「受任通知」といって、「利用者から返済額の整理について、委託を受けましたよ」という通知が発送されます。

その通知を受け取ったカードローン会社は、法律上、本人への取立てが出来ないことになっており、その後は弁護士とカードローン会社の話し合いに移行していきます。

また、債務整理の方法が確定するまでは、それまで行っていた返済もストップする事ができますので、その間に弁護士費用を貯金しておく事も可能です。

返済額を減らすことが出来る

債務整理の方法はいくつかあり、「任意整理」や「自己破産」、そして「個人再生」などの方法を取るケースが殆どです。

例えば、任意整理などを行った場合には、将来発生し得る利息をカットして、元本を返済していく方法で話し合いが決着する事が殆どですので、結果的には総返済額は少なくなります。

ただ、債務整理をする場合には、信用情報機関といって「カードローン利用者の情報データバンク」に、事故情報として登録されてしまう為、その情報が残っている間(任意整理などは5年間等)は、新たにカードローンの契約や、クレジットカードの契約が出来ないなどのデメリットもあります。

関連記事をチェック!

426view

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

まとめ

いかがでしたか?50万円と聞くと、おおよそ月給の1ヶ月~2か月分といったところでしょうか。

すぐに返せる人もいれば、50万円を返済するのに、2年~3年もかかってしまう人もいます。

借りるのは一瞬ですが、返済には相当な時間を要する、という事をよく考えて、賢くカードローンを利用したいものですね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談