おまとめローンとは?やり方や手続きを解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金が何本もあると、毎月の返済も楽ではありません。

毎月返済しなければいけない金額が多いうえに、返済日が月に何回もあるので、常に返済に追われているという人も少なくないのではないでしょうか?

おまとめローンは、毎月返済額の軽減・利息が下がる・返済日が月一回になるといったメリットの多い借り入れです。

しかし、「手続きが面倒」と考えている人も多くいます。

おまとめローンの手続きは難しくありませんし、非対面でおまとめができるローンも存在します。

この記事では、おまとめローンの申し込みから融資の実行・返済までのやり方や手続きについて解説します。

この記事はこんな方におすすめです

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • おまとめローンを利用したいと考えている人
  • おまとめローンの手続きについて知りたい人
執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

そもそもおまとめローンとは?

そもそもおまとめローンとは?

そもそもおまとめローンとは、一体どのような商品なのでしょうか。

盛んに宣伝している銀行や消費者金融業者では、「複数はある借金をおまとめしませんか?」などと、積極的な売り込みを行なっていますね。

簡単にご説明すればおまとめローンとは、2社以上の複数ある借金をひとつにまとめるローンです。

  • 他の業者から融資を受けて借り換えする方法
  • おまとめ専用ローン商品を利用する方法

以上のような方法で、今まで利用していた金融機関に返済することを言います。

複数借り入れがあると1カ月の間に何回か返済日があり、業者ごとに返済金を用意しなければならない、というお金の管理の難しさから逃れることが十分に期待できます。

関連記事をチェック!

476view

おまとめローンの利用はまず相談!無料で電話相談できるはどこ?

借金の件数が増加してくると、約定弁済日が頻繁になったり、返済負担が重くなりすぎていたりして、おまとめローンで1本化したいと思うことがあります。 しかし、おまとめ前には、まず専門家にご相談されるこ...

おまとめローンのメリットとは

おまとめローンのメリットとは

冒頭からちょっと小難しい話になってしまいましたが、安易な気持ちでおまとめローンを組むことは難しいということを言いたかったのです。

おまとめする金額や、おまとめローンの審査に通らないときはどうすればいいのかということも、考えておく必要がありますね。

無理な返済計画を立てても、そのうちに行き詰まってしまうことも珍しいことではありません。

せっかくおまとめローンを組んだのに途中で返済ができない、となるのなら初めから債務整理をしたほうがよかったとならないようにしたいものです。

さて、借金を完済するという高いモチベーションを持っている人へ、おまとめローンのメリットについてご説明していきましょう。

返済日が月に1回で済む

おまとめローンのメリットとは

借金が複数あると、返済日が1カ月の間に何回かあるはずです。

予定表を常に見ているようにしなければ、返済を「うっかり忘れてしまう」ことが起きるものです。

借り入れ先からの連絡で、返済していなかったことに気づくこともありますよね。

おまとめローンのメリットは、なんといっても返済日が月に1回で済むということです。

毎月決まった日に返済するのなら、うっかり忘れてしまうということもなくなるでしょう。

返済スケジュールの管理がしやすくなりますね。

金利が低くなることが期待できる

おまとめローンのメリットとは

複数ある借金をまとめることで、借り入れ金額が大きくなることになるでしょう。

通常金融機関は、借り入れ金額が大きくなれば金利を引き下げる措置を行います。

住宅ローンが参考になると思いますが、1,000万円や2,000万円という借り入れ額で、金利が年15.0%ではとても支払えません。

おまとめローンにも同じようなことが言えます。

ただしまとめる金融機関や、おまとめローンに切り替える商品によっては、それほど変わらない金利になってしまうということもあります。

申し込む前におよそいくらくらいの金利になるのか、しっかり確認しておきましょう。

返済額を抑えることが期待できる

おまとめローンのメリットとは

おまとめローンによって、今まで借り入れ先ごとに返済していたのが1箇所になります。

返済金額には、利息の他に元金分が含まれていますね。

借り入れ先を一本化することで、バラバラに支払っていた元金分がまとまります。

たとえば50万円ずつ4ヵ所から借りていたとすると、返済額はそれぞれ最低でも1万円ずつ、合計4万円となります。

ひとつにまとめれば借り入れ金額は200万円、返済額は2万円から3万円程度になることが一般的なので、これにより毎月の返済額を抑える効果も期待できます。

おまとめローンのデメリットとは

おまとめローンのデメリットとは

おまとめローンは、借金の完済を目指す方法として大変有効な手段となります。

しかし、メリットばかりではないということも知っておきたいですね。

多重債務者と見られてしまう

おまとめローンのデメリットとは

複数借金を抱えている人がおまとめローンに申し込む理由として、「毎月の返済額を低くしたい」ことを上げられるでしょう。

つまり、このままでは返済していくことが難しいというわけです。

そのため借り入れしている件数によっては、「多重債務者」とみられることがあります。

多重債務者は返済能力以上にお金を借りてしまった結果であって、計画性がないと判断される可能性が高いです。

おまとめローンを組む金融機関にとって、多額の金額を契約することはそもそもリスクが高くなってしまいます。

通常、おまとめローンでは保証人や担保は不要としています。

それによって起きてしまう弊害も少なくありません。

思ったよりも金利が下がらない

おまとめローンのデメリットとは

おまとめローンによる借り入れ金利は、金額や申し込む人の審査内容によって異なってきます。

前項ではおまとめローンに申し込む人はリスクが高いと判断されることが多い、ということをご説明したように、リスクが高いというのは審査の一環で決定されてしまいます。

リスクが高いと判断されれば、契約する金融機関も慎重にならざるを得ません。

「もしかしたら貸し倒れになるのではないだろうか」と判断されてしまえば、契約自体締結できないこともあります。

また、契約できたとしても、予想した以上に金利が下がらなかったということも出てくるようです。

短期間での返済を迫られる

おまとめローンのデメリットとは

リスクが高いと判断されてしまうと、おまとめローンを契約したとしても、返済期間を短く設定されてしまうこともあるようです。

おまとめローンのメリットとして、返済期間を長くすることで毎月の負担額を軽減できることが、将来にわたって借金の完済を目指すこともできるわけです。

しかし貸し倒れリスクが高いと判断されれば、できるだけ短期間で返済してもらいたいと思うのが、金融機関の考えかたです。

短期間で多額の借金額を返済するには、毎月の返済額を多くしなければなりませんよね。

そうなってしまうと経済的負担が増えてしまいます。

生活が苦しくなるどころか、おまとめローンによって生活が成り立って行かなくなってしまうということも、出てきてしまいかねません。

おまとめローンを申し込む場合は、毎月いくらの返済になるのかということも前もって相談しておくことが、借金を完済するためには必要なことです。

審査が厳しいこともある

おまとめローンを利用するということは、「すでに複数の借金を抱えている」ということが大前提にあることになります。

借金0の人と、ある程度の借金を抱えている人が審査を受ける場合、後者のほうが審査が厳しくなるのは想像に難くないでしょう。

おまとめローンは複数の借金をまとめるローンではありますが、申し込み者の属性ゆえに審査通過が難しくなる可能性も、考慮しておかなければなりません。

上掲したツイートのように、審査落ちになってしまうと、その後の予定が狂ってしまうことも十分考えられますからね。

関連記事をチェック!

1184view

借金一本化の審査基準とできない理由【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと具体...

おまとめローンで借金問題が解決するのか

ローンをまとめることで問題解決か

2社以上の借り入れがあると、借り入れ金額によっては毎月返済する金額もバカになりません。

複数借り入れしている人にとって、おまとめローンとは非常に魅力的な商品と思えてきます。

返済先が1ヵ所になれば1ヵ月に1回だけの返済で済むので、これだけでもずいぶん借金の管理がしやすくなります。

しかし、ローンをまとめたとしても借金問題が解決したことにはなりません。

単に借金をまとめただけですから、それを1ヵ所に集中させたところで、借金している総額が減ることは決してありません。

4カ所から50万円ずつ借金をしていて、それをひとつにまとめる。

そうすると、借り入れ先は1ヵ所になりますが、借金の金額は合計で200万円のままで何も変わりませんよね。

債務整理とは違い、借金が減るということはありませんので、おまとめローンを組む場合はしっかりと内容を知ることが重要となります。

審査に通ったからといって安心しない

おまとめローンは、銀行や消費者金融業者などで利用できます。

しかしながら、申し込みさえすれば誰でもおまとめローンを契約できるとは限りません。

借金をまとめるには、それなりの審査というものがあります。

通常のカードローン審査に比べそれほどの違いはないとしても、複数ある借金をまとめればかなり多額の金額となることが推測できます。

50万円のカードローン審査と、200万円のおまとめローン審査では、当然のことながら審査の厳しさが違います。

返済能力があるのかどうか、おまとめローンを提供する金融機関にとってはとても重要な作業となります。

たとえおまとめローンの審査に通ったとしても、前項でご説明してあるように、根本的な借金問題の解決にはなっていません。

審査に通った嬉しさから、お金を派手に使ってしまうことのないように注意しましょう。

借金を完済するモチベーションを維持することが大切

多額となる借金を完済するには、今まで以上に長期間の返済となってしまうでしょう。

おまとめローンの返済期間は、長くて10年から14年程度となっていることが多いのはそのためです。

ひと口に10年と言っても、「10年ひと昔」の言葉のように、時代の流れが変わってきます。

おまとめローンを組んだときは生活が順調だとしても、10年という長い月日の間には様々な変化が起きても不思議ではありません。

例えば次のようなことがありますね。

  • 家族が増えた(減った)
  • 引っ越しをした
  • お葬式があった
  • 会社が倒産した
  • 会社をリストラされてしまった
  • 病気や事故で入院してしまった

以上のようなイベント以外にも、実にいろんな出来事が起きる可能性があります。

おまとめローンとは、長期間の返済であることは既にご説明してある通りです。

一寸先は闇、とまでは言いませんが、将来何が起きるのか分からないのが当然です。

人の気持ちが変化することも、不思議ではありません。

おまとめローンを組む場合は、「借金を完済するぞ!」のような高いモチベーションを保ち続けることがとても大切になってきます。

途中でくじけないように、計画を立てながら返済するようにしましょう。

関連記事をチェック!

3033view

借金を返せない、なんとかしたい人必見!一気に早く借金を返す方法

借金を返済する方法にコツなんてあるの?確かに魔法のように「借金をなくしてしまう」ということはできません。 しかしこのまま返済していっても、いずれ破綻してしまうと判断できるなら、何らかの方法を考えなけ...

ローンをまとめる方法は主に2つ

おまとめローンのデメリットとは

ローンをまとめる方法は銀行で行う方法と、消費者金融業者で行う方法の2つが代表的となります。

銀行で行う場合は銀行カードローンを使って借金額相当を借り入れし、他社へ返済することになります。

銀行でおまとめする場合は、住宅ローンを除いた借り入れのほとんどが対象となり、利便性が非常に高いと言えるでしょう。

申し込む場合はお金の使い道として、「他社での借り入れ返済のため」と書くことが必要ですね。

そうしないと他社の借り入れが複数あるのに、また借金するの? と不審がられることもあります。

「今回申し込むのは借り換えのためです」のような説明を先にしておくと、手続きもスムーズに行くでしょう。

消費者金融でおまとめする

消費者金融業者のおまとめ商品

もうひとつの方法に、消費者金融業者でおまとめ専用ローンを組む方法があります。

本来消費者金融業者は、総量規制の範囲を超えて利用者と契約できません。

総量規制とは、個人が借りることができる金額の上限を年収の1/3までと定めたものです。

銀行はそもそも総量規制の対象外ですので、年収の1/3を超えた金額のおまとめも可能ですが、消費者金融業者で総量規制を超えて契約できないのは、おまとめローンを組む上に置いては不利な条件となります。

しかしおまとめローンは、総量規制の例外貸付として認められています。

それでも上限額は300万円までとしているところが多いようですね。

ただ、300万円あれば通常のおまとめなら十分な金額と言えますので、あまり心配することはないでしょう。

関連記事をチェック!

647view

 プロミス借り換え,おまとめローンで借金一本化!

借入件数が膨らんでしまった借金は、返済の手間暇も増加させ、さらに毎月の返済額も大きく、かなりの負担になります。 借金を一本化することにより、これらの負担が減少し、完済に向けて返済しやすくなります。 ...

消費者金融にはおまとめローン専用商品がある

大手消費者金融業者を中心に、おまとめローン専用商品を用意していますね。

銀行でまとめることの違いは、銀行はカードローンで借り換えすることにより借金をおまとめする方法です。

それに対して消費者金融業者のおまとめ専用ローン商品は、カードローン方式ではなく証書貸付によるおまとめとなることです。

証書貸付は契約の都度、契約書(借用書)を作成し、返済が終わるまでは追加で融資を受けられません。

また、消費者金融業者でまとめることのできない借金もありますので注意が必要です。

明確に銀行カードローンは対象外としている業者もありますが、他にもおまとめできない借り入れが存在することも確かです。

たとえば次のような借り入れです。

  • クレジットカードのショッピング利用料金
  • 銀行カードローン
  • 銀行フリーローン
  • 銀行目的別ローン

簡単に言えば、消費者金融業者でおまとめできない借り入れは、銀行を中心とした金利の低い借り入れが該当します。

おまとめしようとする借金の中に、銀行からの借り入れが含まれているかどうか確認しておきましょう。

銀行に比べて審査が比較的緩やかである

借り入れが消費者金融カードローンのみの場合なら、消費者金融業者でのおまとめはできないことではありません。

少なくとも以下のようなメリットが期待できます。

  • 返済先が1ヵ所になる
  • まとめる金額が100万円以上なら金利は年15.0%以下
  • 借金を完済するまで借り入れができない

消費者金融業者でおまとめする場合は、追加借り入れができませんので、「最後まで借金を完済する」決意を持つには有効ですね。

他にも、銀行でおまとめするよりも審査が比較的ゆるやかであるということもメリットです。

おまとめする金額にもよりますが、パート主婦やアルバイトの人でも申し込みが可能となっています。

関連記事をチェック!

1137view

パート主婦でもOK「おまとめローン」賢く選べば負担減!

複数の借入れがあって返済するのが大変な主婦が最近増えていると言います。 そのため、おまとめローンを利用する主婦の方も多くなっており、これからおまとめローンの利用を考えている人もいるのではないでしょう...

長期返済が可能となる

消費者金融業者は、おまとめローンの返済期間が10年以上でも契約できる場合もあります。

長期返済ができるということは、毎月の返済額の負担を減らすのには効果的です。

まして途中で追加の借り入れができないとなれば、手元に少しでもお金を置いておきたいですよね。

毎月の返済額が少なくなれば金銭的に余裕ができ、預貯金などお金を蓄えておくこともできるでしょう。

急な出費のときには借り入れできませんので、預貯金があるということは心強い味方となるでしょう。

銀行カードローンでおまとめする

銀行カードローンでおまとめする

銀行カードローンでおまとめする方法は、既にご説明してあるように他社への返済を目的として、銀行カードローンを申し込むことになります。

銀行なら、フリーローンを使っておまとめできないこともありません。

ただ、申し込みがインターネットからできること、銀行まで行かなくても手続きができることもあり、カードローンを利用しての借り換えでおまとめする人が多くなっています。

銀行ならではの安心感がある

おまとめすることによって、借り入れ金額が大きくなります。

契約する側にとっては、大きな金額を借りるというのは何かと不安がつきまとうものです。

その点おまとめ先が銀行だというのは、安心感や信頼感が大きく、将来にわたっても返済金額を増やされるという心配もありません。

安心して返済していくことができるというのは、精神的に負担がかかりませんよね。

計画通りに借金の完済を目指すのには、銀行は非常に安心でしょう。

カードローンのため途中借り入れができる

これは、メリットと言えるかどうか判断が難しい場合もあります。

カードローンの特性から見ると利用限度額が設定され、利用限度額内であればお金の出し入れが自由という特徴を持っています。

銀行カードローンを利用したおまとめローンは、利用限度額の多いカードローンと変わりはありません。

そのため、返済途中でも利用枠ができれば借り入れられてしまいます。

申し込んだ当初は借金を完済するまで頑張るぞ!だったはずなのに、返済していく期間が長くなるにつれ「慣れ」が生じてしまいます。

借金の完済まであと2年、となると 「もう2年で返済が終わる」のように感じてしまうようですね。

その安心感が、心を揺さぶる原因となることもあるようです。

急な出費ができた、どうしても欲しい商品があるなど、ちょっとだけなら借りてもいいか?あと2年だし、などと心に緩みが生まれてしまうわけです。

せっかくあと2年で借金が完済できるというのに、新たに借りてしまっては当初の計画通りに完済できなくなってしまいます。

おまとめローンで失敗しないために…

失敗したくないおまとめローンとは

複数ある借金を債務整理という方法ではなく、おまとめローンを選択してアナタにとって、途中で挫折したくはありませんよね。

ここでは、おまとめローンで失敗しないための方法について、ご紹介しましょう。

まとめる借金の金利を調べること

銀行でおまとめローンを組むにしても、消費者金融業者でおまとめローンを組むにしても考えなければならないのは、まとめる借金の金利を調べることです。

わざわざ低金利の借金をまとめることはちょっともったいないですね。

まとめる前の金利が年8.0%、まとめた後の金利が年10.0%では総支払金額が増えてしまいます。

消費者金融業者でまとめるにはこのようなことはありませんが、銀行カードローンを利用してまとめてしまうと、図らずもこのような間違いを犯してしまいがちです。

フリーローンの金利は意外に低い

銀行の貸付商品として、ブライダルローンや旅行資金など目的が決まっているローンや、事業性資金以外なら使い道自由というローンにフリーローンがあります。

カードローンに比べて利用できる金額が300万円程度と低いのが難点となりますが、無担保で無保証のフリーローンの金利は意外に低いものです。

  • 無担保型フリーローン:金利5.975%
  • 返済期間10年以内

この金利で返済期間が10年なのであれば、おまとめローンにも使えるくらいです。

この商品を銀行カードローンでおまとめしてしまうと、金利が10%から12%くらいになってしまうこともあります。

自動車ローンの金利も結構低い

自動車をローンで購入するときには、ディーラーローンを使うことや、クレジットカード会社のオートローンを使うことが多いと思います。

もちろん銀行でも、マイカーローンを利用して自動車購入のための目的別ローンを組むこともできます。

マイカーローンの金利も意外に低いものです。

  • マイカーローン:金利年4.475%

このような低金利の商品までおまとめしてしまうのは、もったいないですよね。

銀行カードローンでおまとめローンを組んでしまえば、2倍以上の金利となることが目に見えています。

クレジットカードのショッピングリボの金利を調べる

クレジットカードでショッピングした場合の利用料金の支払い方法に、リボ払いがありますね。

リボ払いの金利はどのくらいかご存知ですか?

クレジットカード会社によって多少の差異はあるものの、平均して年14.6%前後となっていることが多いです。

もちろんクレジットカードのショッピング利用料金も、銀行カードローンを利用しておまとめできます。

おまとめローンの金利のほうがクレジットカードのリボ払いの金利よりも低いのなら、まとめることによって支払額を軽減できますね。

借金をおまとめする場合は、おまとめするそれぞれの金利がどのくらいになっているのか確認するとともに、何がおまとめできて、何がおまとめできないのか、借金の種類も事前に確認しておきましょう。

銀行カードローンは住宅ローン以外ならおまとめできることが多く、消費者金融業者では銀行による貸付やクレジットカードのショッピング利用料金などはまとめられません。

まとめることによって契約金利が上がってしまったのでは、総量規制の例外とは認められないからです。

関連記事をチェック!

366view

おまとめローンで絶対にしてはいけないこと

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借金がなくなったと勘違いしない おまとめローンは複数のカードローンを1つにまとめることで毎月の...

おまとめローンで成功するには

おまとめローンで成功するには

おまとめローンを確実に成功させるには、秘訣があります。

消費者金融業者のおまとめ専用ローンなら、業者のほうで相手方へ弁済してくれるのですが、銀行カードローンを利用して借り換えした場合は、アナタ自身が相手先へ弁済しなければなりません。

人というのは欲深い生き物です。

せっかく銀行カードローンで借り入れできたのだから、10万円くらいなら使ってもいいか、などとつい考えてしまうのです。

銀行カードローンではおまとめに必要な金額のみ融資してくれるはずですから、たとえ1万円でも使ってしまうと、他社へ返済できなくなる可能性が高くなってしまいます。

1万円くらいならなんとかなるとしても、仮に200万円借り入れしてそのうち50万円も使ってしまうと、1社返済できなくなり、おまとめする前よりも借金額が増えてしまいますよね。

ギャンブルで儲ければ50万円が100万円になるかもしれない、そうすれば50万円浮いてくるじゃないか?

これから長年にわたって借金を返済していくというのに、初めからこのような調子では完済はおぼつきませんよ。

おまとめローンの目的をハッキリとさせよう

おまとめローンの目的をハッキリと

なぜおまとめローンを組むことに決めたのか、目的をはっきりさせることも成功させるには重要となります。

初志貫徹を確実に遂行するには、「欲しがりません、勝つまでは」のようなスローガンが必要ですね。

おまとめローンの目的として上げられるのは、主に次の2つの項目となります。

毎月の返済額を低くしたいのか

債務整理をせずになんとか借金を減らしたい、そのためにおまとめローンを組むのだというのであれば、毎月の返済額を少なくすることが重要となります。

前項で、金利の低い商品をおまとめすることはもったいないことをご説明しましたが、いくら金利の低い商品でも、支払件数が多ければ毎月の返済額を減らすことはできません。

この商品は金利が低いからおまとめローンから外そう、ということをしていると結局まとめることができたのは、金利が比較的高い消費者金融カードローンのみということにもなってしまいます。

返済額を少なく抑えるには、できるだけ借り入れ件数を少なくすることです。

借り入れ件数を1件にすれば、毎月の返済額を低く抑えることが十分に期待できます。

それがたとえ金利の低い商品だとしても、返済できないことには借金は減らすことができません。

どうしても毎月の返済額を減らしたいことを重点に置きたいのなら、たとえ金利の低い商品でも、まとめることは決して無駄ではありません。

総支払金額を少なくしたいのか

もうひとつの考えかたとして、利息が安くなることにより借金の総支払金額を低く抑えるという考えかたがあります。

総支払金額を少なくしたいのであれば、低金利の商品をおまとめすることはおすすめできません。

銀行カードローンの金利よりも明らかに低い商品は、おまとめローンから外しましょう。

また、総支払金額を少なくするのであれば、返済期間は短いほうが有利です。

臨時収入やボーナスが入ったときは自主的に元金分を減らすなど、任意返済することが返済期間を短くする方法としては効果的です。

それがたとえ1万円や2万円の金額だとしても、回数を多くすれば「塵も積もれば山となる」効果が出てきます。

生活に影響を与えるような返済の仕方は無理がかかってしまい、お金が急に必要になったとき困ってしまいます。

ある程度貯金をしながら、急にお金が入るようになった緊急事態に備えておき、なおかつ臨時収入が入ったならおまとめローンの返済に当てるようにしましょう

まとめる前に確認!

申込の前に

おまとめローンは、誰が申し込んでも必ずメリットが出る借り入れではありませんし、誰でも審査に通過できるわけではありません。

カードローン審査と同じように、「信用情報」「勤務先」「年収」といった情報からスコアリングによる審査が行われます。

加えて、毎月の返済に遅れがないことや、おまとめによってメリットがあると判断されないと、おまとめローンの審査には通過できませんし、そもそもおまとめを行う意味すらありません。

申し込みを行う前に、おまとめ後の毎月返済額や既存借り入れ金の返済に遅れがないかを、まずはチェックする必要があります。

関連記事をチェック!

76view

信用情報はおまとめローンの審査にどう影響する?

借入先が複数ある場合には、返済日も返済金額も異なるので、件数が増えるたびに管理しにくくなってきます。 そこで検討するのは「おまとめローン」ですが、おまとめローンと言っても、審査は必ず行われます。 ...

おまとめ後の返済額をチェック

例えば以下の3本の借金があると考えましょう。

①Aローン、残高50万円、毎月1万円返済

②Bローン、残高100万円、毎月1.5万円返済

③Cローン、残高150万円、毎月2万円返済

合計残高300万円、毎月4.5万円返済

この3本の借り入れをおまとめした場合には、10年返済、金利14%:毎月返済額46,580円となりますので、金利14%ではメリットが出ないことになります。

金利10%で考えてみましょう。

10年返済、金利10%:毎月返済額39,645円、金利10%の場合では5,000円強のメリットが出ることになります。

このように、同じ商品に申し込んでもおまとめローンはメリットが出る場合と出ない場合があります。

毎月返済額が少ないカードローンを借りている場合には、おまとめを行っても毎月返済額がむしろ増えてしまうこともあります。

おまとめを検討する場合には、自分が今借りている借金とおまとめ後の毎月返済額の比較を行い、メリットが出る場合のみ、申し込みを行ったほうがよいでしょう。

難しい計算が分からない場合には、店頭窓口に行けば、簡単にシミュレーションを行ってくれます。

返済に遅れがないことをチェック

おまとめを検討している借金の返済に遅れがないかどうかを、おまとめ前にチェックしておきましょう。

基本的に、おまとめを行う借金の返済に遅れがある場合には、おまとめローンの審査には通りません。

現在返済に遅れている借金をおまとめしたからといって、遅れなく返済ができるとは思えないためです。

おまとめローンを利用することで、現在の借り入れ金の返済額よりも毎月の支払いが楽になります。

現在の借り入れ金の返済に遅れがないからこそ、おまとめを行うことによって毎月返済は今より楽になるから、おまとめ後も返済に遅れることはないだろうと判断されて、初めて審査に通過できるのです。

このため、おまとめローンを申し込む前に、そもそも現在の借り入れ金がおまとめを行うことに適しているかということを、検討する必要があります。

【申し込み方法】

インターネットや窓口で申込

おまとめローンは、インターネットや窓口などの様々な方法で気軽に申し込めます。

インターネットなら24時間気軽に申し込めますし、窓口であれば毎月の返済額がどのくらい軽減できるのか、利息負担は得になるか損になるかなどといったこともシミュレーションしてくれるというメリットがあります。

インターネット申し込みなら非対面

ほとんどのおまとめローンは、インターネットから申し込みを行えます。

インターネット申し込みは、24時間356日受付を行っています。

申し込み内容は、借り入れ希望額・個人情報・勤務先情報等の内容を入力するだけですので、非常に簡単です。

また、ローンによっては既存借り入れ金の明細を入力する欄があります。

この情報は後から信用情報の照会によって照合しますので、正確に記述するようにしましょう。

おまとめは面談がおすすめ

筆者はおまとめを行うのであれば、絶対に面談によって申し込むことをおすすめします。

面談での申し込みは、借り換え後のシミュレーションを行ってくれるというメリットがあります。

また、借り換え手続きは他のローンよりも複雑ですし、自分で行わないといけない手続きもあります。

このため、面談によって不明点と融資実行前と実行後の手続きを聞いて、事前にメリットや手続きについて確認しておくことが重要だからです。

銀行窓口に行く時間のある人は、窓口に行って申し込みを行ったほうが、その後の手続きに間違いがないでしょう。

【仮審査通過後】

仮審査通過後

おまとめローンは、他のローンと同じように、仮審査と本審査に分かれています。

仮審査通過後は、必要書類の提出と、既存債務の返済用口座の登録や届け出を行わなければなりません。

必要書類の提出

おまとめローンでも、運転免許証などの本人確認資料の提出が必要になります。

また、ほとんどのおまとめローンには、前年度年収200万円以上というような収入に関する基準が設けられているため、収入証明書の提出も必要になります。

また、ローンによっては、おまとめを行う借り入れ金の明細の提出を求められる場合もあります。

これらの書類は窓口でも提出できますし、インターネット上からのアップロードも可能です。

関連記事をチェック!

3616view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

借り入れ金返済用口座の提出・登録

おまとめローンは、おまとめ専用のローンです。

そのため、借りたお金は必ず、既存借り入れ金の返済に使用しなければなりません。

基本的には、おまとめローンを実行する銀行が既存借り入れ金の返済金を、返済先の銀行に振込を行うため、おまとめローンの融資金は自分では動かすことができないような仕組みになっています。

このため、融資実行前に既存借り入れ金の返済用口座をインターネット上に登録したり、銀行窓口に提出したりしなければなりません。

契約書の締結

必要書類の提出や口座の届け出に問題がない場合には、本審査通過となります。

本審査通過後は契約書を締結しますが、契約書の締結は郵送や窓口にて行うのが一般的です。

基本的におまとめローンでは、WEB完結のような契約方法はありません。

自書捺印したうえでの契約となります。

既存の借り入れ先に返済の連絡

おまとめローンは、融資が確定したら融資実行前にやらなければならない手続きがあります。

具体的には、既存借り入れ金を借りている銀行に「返済する」という旨を連絡するということと、カードローンであれば枠の解約手続きをしたいという旨を連絡する必要があります。

【融資実行】

融資実行

上記の手続きが滞りなく終了すると、融資が実行されます。

銀行が振込

おまとめローンが実行されると、融資金は既存借り入れ金の返済用口座に自動的に振り込まれます。

先ほども述べましたが、おまとめローンは自分で融資金に触ることはできません。

既存借り入れ金の返済手続き

返済用口座におまとめローンの融資金が振り込まれたら、既存借り入れ金の返済手続きを行う必要があります。

銀行によっては窓口に行かなければならない場合もありますし、インターネットバンキングから返済ができる場合もあります。

また、カードローンの場合には枠の解約手続きも行いましょう。

おまとめローンによっては、既存借り入れ金を完済したという証明書や、カードローンの枠を解約したという証明書の提出が必要になります。

この書類が既存借り入れ先の金融機関から交付されたら、おまとめローンを借りた銀行に窓口や郵送やインターネット上から提出を行う必要があります。

毎月返済

既存借り入れ金を完済・解約した後は、おまとめローンを毎月返済していくだけになります。

なお、複数の借り入れ金がある人よりも借り入れ金が1本だけという人のほうが、同じ金額でも審査には有利になります。

ここでおまとめローンの返済に遅れてしまったら、せっかくおまとめを行っても、その後住宅ローンや自動車ローンを借りようとした際に審査に不利になってしまうため、返済には遅れがないようにしましょう。

おまとめローンを利用した詐欺に注意しよう

おまとめ詐欺には注意しよう

複数借金があって返済するのが大変だなあ、と考えていたら偶然にもダイレクトメールや電話がかかってくることがあります。

その内容はもちろん、「借金のおまとめローン」です。

それもたとえば金利が年3%という低金利なのであれば、思わず申し込みたくなってしまいますね。

しかし、実際のところそのような低金利は、銀行カードローンでは実現することが難しいです。

嬉しさのあまり、ハガキに書いてある電話番号に電話したり、電話での勧誘に乗ったりしないように注意しましょう。

もしかしたら、「おまとめ詐欺」かもしれませんよ。

保証料や手数料をだまし取られてしまう

アナタが複数の借金を抱えているということをどうして相手が知っているのか、不思議ですよね。

しかし、人間というのは一度舞い上がってしまうと「儲かった!」と感じてしまうもので、そうなると歯止めがききません。

どうすれば低金利でおまとめできるのか、相手の話に耳を傾けてしまいます。

「それでは保証料として10万円ご用意できますでしょうか?」
「おまとめローンの手数料として5万円ほどかかりますがよろしいでしょうか?」

これは詐欺ですよ。

アナタが複数借金していることを、知っているはずがありません。

おまとめローンを契約する前に、保証料や手数料を取ることはありません。

そのような詐欺グループは、保証料や手数料だけをまんまと騙しとって、おまとめローンを組んでくれることはありません。

騙されたと思ったときにはもう遅いので、騙されないように気をつけたいですね。

おまとめローンよりも債務整理をしたほうがいいケースもある!?

おまとめローンはあくまでも借金を一ヵ所にまとめるだけであり、借金の額自体を減らしてくれるものではありません。

人によっては、毎月の返済金額を減らしたり適用金利を少し引き下げたりしてもらうだけでは、焼け石に水だということもあるでしょう。

そのような場合は、おまとめローンの利用よりも債務整理を検討したほうがいいケースもありえます。

債務整理は弁護士や行政書士に相談

債務整理には、任意整理・特定調・個人再生・自己破産といろいろな方法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

抱えている借金の金額や件数・置かれている状態などによって、どの債務整理を行うべきかは変わってくるので、債務整理を行う場合は一人で決断せずに、弁護士や行政書士のかたに相談するようにしましょう。

債務整理の手助けをした経験が豊富な弁護士や行政書士のかたであれば、きっと最適な選択肢を選んでくれるでしょう。

債務整理の種類によっては、裁判所を介した手続きになることもありますが、債務整理の手続きがうまくいけば借金返済がグッと楽になります。

辛いことやしんどいこともあると思いますが、ここが踏ん張りどころだと思って、頑張ってくださいね。

まとめ

おまとめローンの手続きは、自分で既存借り入れ金の返済を行わなければならないため、この手続き分だけが他のローンよりも手間になりますが、その他の点はカードローンなどと変わりありません。

おまとめローンの手続きは面倒なように見えるかもしれませんが、実際のところそれほど面倒ではありません。

むしろ、おまとめ前に、おまとめによってどれだけのメリットを出すことができるかをシミュレーションすることのほうが、重要になります。

この点が分からない人は、まずは銀行窓口に行って、シミュレーションを出してもらうことからスタートしてください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談