馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

Visa(ビザ)クレジットカードでお金を借りる

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

visaカードによる借入とは

ダウンロード (4)

Visaカードといえば皆さんもよく知っているクレジットカードですが、基本的には買い物などで現金を出すことなく買ったものなどの代金を支払うことができるカードです。

このクレジットカードを使うことのよって手持ちに現金がない場合やお金がない場合などで買い物などの支払いを遅らせることができ、なおかつポイントが貯まる大変便利なものです。

しかし、visaなどのクレジットカードは買い物などの代金支払いの他にもお金を借りる機能があります。

買い物などの代金支払いの機能のことを「ショッピング機能」というのに対して、お金を借りる機能のことを「キャッシング機能」といい、クレジットカードではそれぞれの利用限度額のことを「枠」と呼びます。

このショッピング枠やキャッシング枠はクレジットカードを申込む際にそれぞれの枠を選択して申込み、審査に通ることによって設定された枠の範囲内でショッピングやキャッシングを利用することができます。

キャッシング枠の注意点

クレジットカードにおいて、ショッピング枠とキャッシング枠をそれぞれ設定することを紹介しましたが、キャッシング枠について注意しなければならないことがあります。

それは、キャッシング枠はショッピング枠の範囲内でしか利用することができないということです。

例えば、ショッピング枠を50万円で契約、キャッシング枠を30万円で契約した場合にショッピングで30万円を利用すると、キャッシングすることができるのは20万円までとなります。

あくまでもショッピング枠の上限までをキャッシングの上限としますので、たとえキャッシング枠が30万円までだとしてもショッピング枠の50万円を超えることができないので、キャッシング枠が20万円となります。

ですので、ショッピング枠を利用している場合にはその利用状況によってはキャッシング枠の上限まで借入することができなくなります。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

クレジットカードのキャッシング枠はいざというときに助かりますね。クレカにはキャッシング枠以外にも枠が存在します。 総利用枠やショッピング枠との関係も知っておかなければならないことです。上手にクレ...

キャッシングの仕方

9506c43c0b18a1c849e78754a741df95_t

実際にvisaカードを使ってキャッシングする際の方法は、2つの方法があります。

銀行など金融機関のATMを利用するまたはコンビニに設置されているATMを利用してキャッシングする方法

銀行やコンビニに設置されているATMは各クレジット会社とも提携をしておりますので、ATMを利用することによってキャッシングすることができます。

電話やインターネットを利用してキャッシングする方法

電話やインターネットでキャッシングの申込みをすると、visaは申し込まれた金額を指定の口座に振り込みをします。

この振込によってキャッシングとなりますが、この方法の場合には基本的に申込みをした日の翌営業日でなければ振込されず、振り込まれる時間も銀行によって違うことがあります。

また、電話やインターネットで申し込みをするキャッシングの振込を利用するためには条件がありますので、あまり一般的とはいえません。

関連記事をチェック!

おすすめキャッシング会社一覧と比較ポイント

キャッシング会社の一覧と特徴をご紹介します。 業界通になる必要はありませんが、選びかたの基準はある程度知っておく必要があります。 キャッシング会社のカテゴリー キャッシング会社を大き...

キャッシングの返済方法

888ea456591855ff6350378ea87a6600_t

キャッシングをするということはお金を借りるということですので、当然返済をしなければなりません。

キャッシングを返済するにはまず、キャッシング時に一括払い返済かリボ払い返済かを選ぶことになります。

一括払い返済とは、借りた金額と利息の合計額を次の請求時に1回で返済する方法のことをいい、リボ払い返済は借りた金額と利息を契約時に決めた金額で分割して返済していく方法のことをいいます。

また、どちらの場合を選択していたとしても、請求によって返済となる前に返済をすることもできます。

この方法は、お金に余裕ができたなどの場合に請求を待たずして返済することができ、ATMを利用することによって返済をすることができます。

クレジットカードのキャッシングは一般的に金利が高いですので、利息の負担を少しでも軽くしたい場合には一括払い返済や請求前に返済してしまうことによって、支払う利息負担を軽減させることができます。

関連記事をチェック!

おすすめキャッシング会社一覧と比較ポイント

キャッシング会社の一覧と特徴をご紹介します。 業界通になる必要はありませんが、選びかたの基準はある程度知っておく必要があります。 キャッシング会社のカテゴリー キャッシング会社を大き...

キャッシングの金利

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_t (1)

キャッシングの貸付金利はカードのランクにもよりますが、一般的には18.0%であることが多いです。

銀行カードローンの金利がおよそ3%~14%であることからするとキャッシングの18.0%は非常に高い金利といえます。

ですので、キャッシングでお金を借りた場合には多くの利息を支払わなければならないことに注意しながら利用するようにしなければなりません。

利息の計算方法としては以下のような計算方法となり、借りた金額に対して返済日までの日数分が利息となります。

借入金の残高 × 利率(年) × 借りている日数/365 = 返済日までの利息

この計算方法からすると例えば、キャッシングで30万円のお金を借りた場合、30日で4,438円の利息となります。

返済分の金額からこれだけの利息を支払うわけですので、借りた最初のころは借りいれしている部分の返済はあまり減っていきません。

それでも残高が少なってくると利息分が減ってきますので、借りている部分の返済が多くなりますが、すべてを返済するまでには長い期間が必要になります。

関連記事をチェック!

貸付利率とは

ローンの商品説明を読んでいると「貸付利率」という欄があります。そこには例えば18%などの数字が書かれていますが、よく意味が分かっていない人も多いようです。 借入利率は数あるカードローンの商品を比...

キャッシングのメリット・デメリット

328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_t (1)

Visaカードのキャッシングを利用することによって得るメリット

  • コンビニに設置されているATMでいつでも時間を気にすることなくお金を借りることも返済することもできる
  • 海外旅行の際に海外の空港などに設置されているATMで現地の通過を引き出すことができる(これにより両替所で両替するよりも手数料を安くすることができる)
    ※海外のキャッシング枠契約が事前に必要となります

VISAは国際ブランドですから、カードローンと違い日本国内だけでなく海外でもATMからキャッシングができます。

それも日本円ではなくて現地通貨が出てきますから、わざわざ日本で両替しなくても必要最低限のお金だけ持っていけば、後は現地でお金を引き出せば防犯上も優れています。

大抵空港にはATMが設置されていますから、現地に到着したら最低必要限のお金をATMでキャッシングすれば良いわけです。

日本円を国内で現地通貨に両替をすると結構な手数料を取られることがありますよね。

でもクレジットカードで現地通貨を引き出すことができれば、ATM手数料を数百円払うだけですみますのでお得です。

もちろんクレジットカードを紛失しても24時間体制でサポートしていますから、クレジットカードが不正利用されないように止めてしまうこともできます。

サポートセンターの番号はクレジットカード会社によって異なっています。

公式サイトで確認してみてください。

当然のことながらカードローンと同じように、クレジットカードのキャッシングもキャッシング枠内で自由に借り入れができます。

しかし金利のことを考えるとなるべく少額借り入れを心がけると良いでしょう。

ショッピングはクレジットカードのショッピング枠を利用すれば良いわけです。1回払いなら金利手数料はかかりませんからね。

キャッシングを利用することのデメリット

  • ショッピングでは付くポイントがキャッシングでは付かない
  • 金利が高い

VISAでお金を借りるデメリットはやはり金利の高さでしょうか。

しかし10万円キャッシングしたとしても30日間お金を借りた場合の利息は1,479円です。

また利息の計算は日割り計算ですから、今日借りて明日返済すれば利息は29円だけで済みます。

海外でお金を借りるにしても国内でお金を借りるにしても、給料前でどうしてもお金が足りないなとなったときに、銀行やコンビニATMまで行けばすぐにお金を借りることができますよね。

給料までに1週間だけお金を借りたいと言うこともできますので、その場合の利息は10万円借りて345円の利息です。

給料が入ったらATMから10万円を入金しておけば、後はクレジットカードの利用代金と一緒に利息を345円支払うだけでOKです。

ビザでお金を借りるデメリットと言うよりはクレジットカード問題かもしれませんが、カードが届くまでに2週間から3週間程度かかることがあります。

最近になってインターネットからの申し込みによりカード発行まで3営業日と言うカードもありますが、カードローンのように今日中にビザでお金を借りたい人には不向きです。

このように、いつでもコンビニなどで利用することもできるだけでなく、海外へ行ったときでもお得に利用することができる一方で、金利が高くクレジットカードの特徴であるポイントが付かないというデメリットがあります。

関連記事をチェック!

貸付利率とは

ローンの商品説明を読んでいると「貸付利率」という欄があります。そこには例えば18%などの数字が書かれていますが、よく意味が分かっていない人も多いようです。 借入利率は数あるカードローンの商品を比...

いくらまで借りれるの?

クレジットカードのキャッシング枠で借りることのできる上限額は、クレジットカードの種類や審査の内容によって違ってきます。

クレジットカードのキャッシングは総量規制対象貸付となるために、カード会社が利用者に貸し付けることのできる上限額は年収の1/3までと決まっています。

例えば年収が300万円なら総量規制枠は100万円ですよね。

他にカードローンでお金を借りているとか、クレジットカードでキャッシングしていなければ、最高で100万円まで利用枠をつけることができます。

実際のところはカードローンと同じように、年収の10%程度がキャッシング枠となる場合が多いです。

年収が300万円なら30万円、年収が500万円なら50万円がキャッシング枠の限度額と考えることができます。

もちろん総量規制枠の範囲内で、利用限度額を後から増額することもできますので、審査の内容によって総量規制枠いっぱいまでキャッシング枠がつくこともあります。

ATMで返済するとお得

カードのキャッシングをできるだけお得に利用する方法は、キャッシングで借りた分をATMからできるだけ早めに入金することです。

もちろんショッピング利用分と一緒に返済することもできますが、前項でご説明した通りキャッシングをすれば利息がかかりますよね。

利息は借入日数で日割り計算されますので、利息をできるだけ少なくするためには早く返済することが必要です。

そこでキャッシングで借りた金額をATMから入金しておくことで、借入日数が5日なら5日分の利息、10日なら10日分の利息をショッピング利用分と一緒に支払うだけで良いのです。

ATMでの入金方法はキャッシングする手順と同じで、唯一違うのは操作メニューで「お借入」や「お引出」ではなく、「ご返済」や「お預入」、「ご入金」を選ぶだけです。

サービスは事前申込が必要

クレジットカードのキャッシングサービスは申込めば自動的に利用できるというわけではなく、以下のどちらかの手続きをしておかなければなりません。

  1. カードの申し込み時にキャッシング枠を希望する
  2. 発行済みのクレジットカードにキャッシング枠を追加する

キャッシングサービスを利用することができるクレジットカードは、申込時にキャッシング枠の希望額を申請しますが、ここでキャッシング枠を0円にしてしまうと、そのカードではキャッシングサービスが利用できません。

しかし、「よくわからないから申込の時にはキャッシングサービスを付けていない」という方も安心してください。

カード発行後でもクレジットカード会社に依頼すればキャッシング枠を付けることができます。

また、カード発行時には10万円のキャッシング枠しか付かなかったという方でも、カードの利用実績を積んだ後なら枠の増額が認められる場合もあります。

いずれにしても、キャッシングサービスを利用するにはあらかじめキャッシング枠を設定しておかなければなりません。

カードキャッシングの返済方法

クレジットカードのキャッシングの返済方法は、ショッピング利用分と一緒に口座振替する方法が基本的ですがATM、及び振込による随時返済をすることができます。

しかしキャッシングの利息を考えると、日割り計算で毎日利息がかさんで行きますので、お金に余裕があるときは口座振替で返済するよりも、積極的にATMなどから随時返済することがおすすめです。

また返済方法を分割払いにしていても、臨時収入はボーナスが入った場合には残金を一括返済することも可能です。

ただし一括返済する場合は、日割りで利息を計算しなければならないため、返済する前に必ずクレジットカード会社に電話して申し込みをしましょう。

申し込みをすることによってカード会社の振込先がどこなのか教えてくれますし、利息を含めた金額を計算してくれます。

一括返済する際に理由を尋ねられることがありますが、まとまったお金が入ったので、と答えておけば良いでしょう。

カード会社はもしかしたら他社カードへ切り替えるのではないか、と心配するようです。

引き続きカードキャッシングを利用する予定があるなら、「また利用するかもしれないので、そのときはその時はよろしくお願いします」とフォローしておくとなお印象が良いですよ。

返済が一括の場合がある

「カードを使ってATMからお金を借りる」という説明を読むと、カードローンと同じものという気がしますね。

クレジットカードのキャッシングサービスとカードローンの違いは返済の回数です。

カードローンはどこの会社で利用したとしても、借入金を毎月少しずつ返済していくという利用方法です。

一方クレジットカードのキャッシュングサービスでは、借入した翌月にまとめて支払わなければならないというものがあります。

そのため、高額の借り入れをしてしまうと返済が出来ないということになりますので注意しましょう。

金利が知らないうちに大きくなっている危険性があるカードローンとはまた違った意味でクレジットカードのキャッシングサービスは気を付けなければなりません。

キャッシングサービス利用時の注意点

キャッシングサービスを利用するときには気を付けておかなければならないことがいくつかありますので紹介しておきましょう。

キャッシングサービスも信用情報に登録される

クレジットカードやローンを利用すると信用情報に利用歴が登録されますが、キャッシングサービスを利用した場合もそのことが信用情報に登録されるのです。

そのため、もしキャッシングサービスの返済が遅れた場合にはその後のローンやクレジットカードの申込に影響するかもしれませんので気を付けましょう。

キャッシングサービスは総量規制対象

クレジットカードのショッピング利用は総量規制の対象とはなっていませんので、年収による法的な制限なく利用することができます。

しかし、クレジットカードのキャッシングサービスは総量規制の対象となっていますので、年収の3分の1までしか利用することができませんし、年収の3分の1以上のキャッシング枠が付くことはありません。

ですので、クレジットカードを申し込む際にキャッシングサービス付きで申込んでも、総量規制の影響で希望額より少なく設定されることがあります。

関連記事をチェック!

信用情報機関が管理する情報~CRIN,FINEで情報共有~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 自分にはお金を借りるだけの信...

関連記事をチェック!

クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1まで?停止解除する方法は?

借り入れは年収の3分の1までしかできないということを聞いたことがあるかもしれません。 確かにカードローンやフリーローンなどのローン商品には、借入金額が年収の3分の1に制限されるものがたくさんあり...

リボ払いする時の注意点

リボ払いとは返済回数を指定することなく、毎月の返済額に利息を加算して支払っていく方法です。

またカードローンのようにキャッシング利用枠限度内で、返済途中でも追加借入することができるなど、返済方式としては便利な方法です。

毎月の返済額はコースがあり、5,000円コース、1万円コース、2万円コースのようにカード会社で設定している場合が多いです。

しかしたとえ月々の支払いが2万円コースでも、支払金額以上にお金を借りてしまうとキャッシング残高が増えてしまい、いつのまにかキャッシング枠利用限度額いっぱいになってしまうこともあります。

リボ払いは毎月の返済が一定額のため、返済計画が立てやすい反面、利用残高が増えてもそれほど返済額が変わらないため、現在キャッシングの残高がいくらあるのか感覚が麻痺してしまう可能性があるのです。

毎月きちんと支払っているのにキャッシング残高が減らないどころか、どんどんキャッシング残高が増えていってしまうこ怖さもあります。

リボ払いをするとポイント5倍とか、ポイント10倍などいかにもリボ払いをするとお得なようにキャンペーンをカード会社が行なっています。

ポイント欲しさにわざわざリボ払いにする必要はありません。ポイントよりも支払う利息の額の方が多くなるからですね。

カード会社はできるだけ利益を出そうと様々な仕掛けをしてきますが、利息がいくらなのか、それに対してポイントはどのくらいつくのかしっかり調べ、誘惑に引っかからないように注意しましょう。

極甘審査ファイナンスは危険

クレジットカードのキャッシングサービスは利用するために審査が行われます。

審査に通過できない人はキャッシングを行うことができませんので、中々審査に通らない人は何とか審査通過できる業者の情報を知りたいと思っているでしょう。

業者によって審査難易度は異なりますので、審査が甘いところを探す事自体は問題ないのですが、中には絶対に利用してはいけない業者もあります。

金融業者の広告では審査の甘さをアピールする言葉を使用することは禁止されており、広告以外の多くの部分で違法な営業を行っています。

「極甘審査ファイナンス」などはキャッシングカードを使わずに借入できる業者ですが、利用してはいけない代表例でもあります。

枠をつけると審査に落ちることもある

今までご説明してきた通り、カードのキャッシングは総量規制対象となるため、他社カードローンを利用している場合は借金額が年収の1/3を超えないように注意しなければなりません。

クレジットカードは欲しいけれども総量規制の関係で審査に不安がある人は、できるだけキャッシング枠を少なく申請するか、思い切ってキャッシング枠を0円にするのも良い方法です。

他社カードローンの契約がありながらクレジットカードのキャッシング枠を希望すると、相当お金に困っているのではないか、多重債務状態になりつつあるのではないかと警戒されてしまいます。

クレジットカード会社にしても、資金繰りに苦しい状態なのにキャッシング枠をつけるのは貸し倒れリスクが高くなってしまい、場合によってはクレジットカード自体の審査に落ちる場合もあるのです。

海外でも利用できる

クレジットカードのキャッシングの利便性の良さは、海外でもキャッシングを利用できることです。

海外旅行する際に、日本国内で事前に現地通貨に両替することが多いと思いますが、両替手数料は意外に高く、しかも多額の金額を両替するのは防犯的に見ても危険ですね。

多額の金額を持ち歩いてうろうろするのは、犯罪者の格好の標的となってしまいます。

そこでクレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、現地の空港やATMで必要な金額だけを用意することができますね。

カードのキャッシングによってその日の為替レートで借入できるため、円高が進んでいるようならさらにお得に借りることが可能です。

海外のATM手数料は日本円で数百円程度かかりますが、安全面を優先させるならカードキャッシングした方が現金を持ち歩くよりはより安全です。

ただし人通りの少ない場所でのATM利用や、夜間帯及び早朝の利用はできるだけ避けましょう。

道路に面しているATMの場合は、周りを警戒しながら素早く操作を行い、引き出した現金をすぐにバッグにしまうなど手早く行うようにしてください。

カードキャッシングができない?

クレジットカードのショッピングは利用できるのに、なぜかカードキャッシングだけができなくなってしまう場合があります。

その理由は単純です。キャッシング利用枠を使い果たしたからですね。

当然ながらクレジットカードの支払期限に遅れれば、クレジットカードそのものが使えなくなりますので、キャッシングだけ利用できないとはなりません。

安易にリボ払いでキャッシングしてしまうと、知らず知らずのうちにキャッシング利用枠いっぱいまで借りてしまう状態に陥ることがあるのです。

どうしてもお金が必要なのにキャッシングできない、となった場合にショッピング枠の現金化をしてはいけません。

クレジットカードの会員規約によって換金目的のカードの利用が禁止されており、カード会社にバレてしまうとカードの強制解約と、利用金額の一括返済を求められてしまいます。

カードの強制解約は信用情報機関CICに金融事故として登録され、最低でも2年間はブラック扱いされてしまい、他のクレジットカードを持っていても利用できなくなる可能性が高いです。

借入残高がいくらあるのか、キャッシング枠があといくら残っているのか常に確認しておくことが必要ですね。

返済できないとどうなるの?

クレジットカードのキャッシングが返済できないということは、同時にショッピング利用分の返済ができないことと同じです。

クレジットカードのショッピング利用分とキャッシング利用分は一緒に請求され、ショッピング利用分だけ支払うことはできません。

なぜなら冒頭でもご説明してある通り、クレジットカードのキャッシング機能はショッピングの付帯機能のため、ショッピングの主契約がなければキャッシングを利用することができないからです。

クレジットカードの支払い期限に遅れると、まずクレジットカード自体の利用が停止されます。

当然クレジットカード会社から督促請求の連絡が来ますので、電話連絡が入ったらいつなら返済できるのかはっきりとした支払期日を伝えましょう。

また口座振替できなかった旨の連絡とコンビニ収納可能な請求書が同封されてくる場合もあります。支払期限が決まっていますので必ずそれまでに支払うようにしてください。

クレジットカードの支払いを滞納したまま放置してしまうと、支払期日から3カ月を過ぎてしまった場合は長期返済滞として金融事故が信用情報機関に登録されてしまいます。

一度登録されてしまうと、滞納した金額を支払っても最低5年間は金融事故情報が残り、ブラック扱いされることになります。

金融事故情報は他の信用情報機関にもすぐにデータが行き渡り、カードローンの利用が止まることや、他のクレジットカードの利用もできなくなります。

さらに金融事故情報は重大な情報として、お金に関する契約もできなくなってしまう可能性が高いです。住宅ローンや自動車ローン、各種ショッピングローンの審査にも大きな影響を与えてしまいますので支払いに遅れた、と気づいたらすぐにカード会社に電話して入金しましょう。

カードローンは申込から最短60分

クレジットカードを持っていないと申し込んでからカードが届くまでお金を借りることができません。

カード会社によっては即日審査、翌日カード発行と言うところもありますが、一般的には申し込んでからカードが届くまでに2週間程度かかることが多いです。

その点カードローンは即日お金を借りることに特化しているため、申し込んだその日のうちにお金を借りることができる場合もあります。

とくに大手消費者金融だと平日14時までの申し込みでも、カードがなくても振込キャッシングを利用すればその日のうちにお金を借りることだって可能です。

万が一平日14時までに間に合わなかった場合や、お金が必要になったのが土日だった場合でも20時までに申し込みを完了させ、無人契約機からローンカードを発行させれば併設してあるATMからお金を借りることも、コンビニATMからお金を借りることもできます。

基本的に大手消費者金融なら審査時間は最短で30分、審査に通った後の手続きを含めても最短60分もあればお金を借りることが可能です。

申し込み方法もインターネットやスマホから、または携帯によって申し込むことができるため、パソコンを持っていなくても、また外出先からでも借り入れ申し込みができるのは大変便利ですね。

関連記事をチェック!

最短最速でお金を借りるならカードローン!即日融資で借入可能

最短で即日融資可能なカードローンが増えていますが、今日中にお金を借りなければならないというときこそ、申込時間や必要書類などの条件を確認しておきたいですね。いくら急いでいても条件が揃わなければ即日融資を...


関連記事をチェック!

即日発行できる銀行系カードローンってあるの?

銀行カードローンは審査が厳しく、融資を受けるまでに時間がかかるという印象がある人も多いのではないでしょうか。 たしかにそういう傾向はありますが、かならずしも審査が厳しく、融資までに時間がかかるわ...

借入金利の比較

クレジットカードのキャッシングの借り入れ金利は一般的なカードで年18.0%、ゴールドカードだと年15.0%の金利です。

一方カードローンの金利は消費者金融だと年18.0%、銀行カードローンだと年14.5%が標準的な金利です。

どちらで借りた方がお得なのか、お金を借りる上で金利比較は欠かせませんね。でも上記のようにクレジットカードの一般カードを消費者金融に見立てると金利は同じです。

ゴールドカードの金利は銀行カードローンの金利とほぼ同じです。

以上のようにカードローンで借りる借入金利とクレジットカードのキャッシングの金利を比較しても、金利の差は考えなくても良いとなりますね。

関連記事をチェック!

金利とはなに?利息とは違うのかわかりやすく解説

お金を借りているなら知っておきたい金利とは一体何なのか、のこと。金利の仕組みや利息の計算など知らなくても毎月きちんと支払えば良いのではないか。 しかし金利の仕組みや利息のことをきちんと理解してい...

利用できるコンビニATM

カードローンやクレジットカードキャッシングで利用できるコンビニにもこれといった差はありません。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サークルKやデイリーヤマザキ、スリーエフなど利用できないコンビニATMはほとんどありません。

利用できる時間もコンビニが営業している時間であれば24時間借り入れ可能ですから、地元のコンビニから借り入れすることもできれば、旅行先或いは出張先でもカードさえ差し込めば簡単に借り入れすることができます。

お金を借りることを目的としているなら、カードローンでお金を借りてもクレジットカードのキャッシングでお金を借りても利便性は変わりがありませんね。

ATM手数料はどちらが有利?

通常コンビニATMからお金を借りればATM手数料がかかります。

ATM手数料は取引する金額によってちょっとだけ違いがあります。

・取引金額1万円以下:手数料108円
・取引金額1万円超:手数料216円

以上の金額はカードローンもクレジットカードキャッシングも同じです。

ただし銀行カードローンはATM手数料が無料となることが多く、頻繁にコンビニATMを利用してお金を借りることや返済することを利用しているなら、銀行カードローンはお得です。

なお消費者金融のATM手数料は無料になることはなく、上記のATM手数料がかかってしまいます。

クレジットカードのキャッシングでもほとんどの場合手数料がかかってしまうことがあって、消費者金融と使い勝手は同じですね。

それでもカード会社によってはATM手数料が無料になるところもありますので、どうしてもATM手数料が気になると言う場合は、カード会社の公式サイトで確認するようにしてください。

しかしクレジットカードのキャッシングでATM手数料が無料になるカード会社は少数派であることは間違いありません。

30日間無利息サービスを利用する

大手消費者金融は30日間無利息サービスを行なっています。

これも初回会員限定で一回だけのサービスではありますが、クレジットカードが手元になく、どうしても今日中にお金が必要と言う場合はかなり有効です。

申し込んだその日のうちにお金を借りることができるだけではなく、お金を借りても30日以内に返済すれば利息がかからないのです。

また30日以内であれば何回でもお金の出し入れができるのも魅力的ですね。

最初に5万円を借りて1週間後に5万円を返済すればまず利息はかかりません。

1週間後にまた5万円必要となって1週間で返済すればまたまた利息はかかりません。

たとえお金を借りて返済期間が2カ月になったとしても、負担しなければならない利息は1カ月分です。

例えば10万円を借りて2カ月で返済したとすると、クレジットカードのキャッシングなら2カ月合計で3,008円利息を負担しなければなりません。

ところが30日間無利息サービスを利用できる消費者金融からお金を借りれば、1,479円の利息負担だけで良いのです。

金利に換算すれば単純計算で年9.0%暗いですね。銀行カードローンで借りるよりも、クレジットカードのキャッシングで借りるよりも安い金利で借りることができるのです。

関連記事をチェック!

30日間無利息サービスのカードローンでお得に借りる

金融機関からお金を借りると利息が発生します。 今回は30日間無利息サービスによって利息をお得に利用する方法を紹介します。 30日間無利息サービスなら金利0% 商品によって異なりますが、カード...

まとめ

お金の出入りがわかりにくく嫌いな人も多いクレジットカードですが、最近では多くの場所で利用することができますので、社会人であれば1人最低でも1枚持っているといってもいいほど普及しています。

その持っているクレジットカードにキャッシングの機能が付いているカードを1枚でも持っておくことで、急な出費などによってお金が必要になった場合でも安心してお金を準備することができます。

キャッシングすることによって金利が高いなどのデメリットもありますが、使い方によっては非常に便利でメリットのある機能といえます。

しかし、中にはショッピング枠の現金化といったキャッシング枠を契約していないカードでもお金を借りることができるなどといったカード会社が定める規定の違反となる行為が行われていることも事実です。

キャッシングはお金を借りるということですので、不正なことはせずにきちんと契約した枠内で借りて返済していくということが絶対条件です。

きちんとルールを守り、活用するからこそ本来のクレジットカードにある利便性の高さというものを活かしていけるものです。

関連記事をチェック!

クレジットカードの審査に他社借入は影響するの?

クレジットカードに申し込もうとすると、入力画面に「他社のお借入れ」という記入欄が出てきますね。ここでいう借入れとは、消費者金融のキャッシング(カードローン)などのことです。 借入れがある...


関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングと消費者金融の9つの違いとは

銀行などの金融機関以外のところからカードローンを借りる場合の主な借入先は、クレジットカードのキャッシングと消費者金融が挙げられます。 では、クレジットカードのキャッシング消費者金融のカードローン...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談