キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

消費者金融でお金を借りるデメリット・メリット

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

消費者金融でお金を借りると言うと何となくイメージが悪く、「法外な利息を取られる」「怖い取り立てに遭う」などと考えている人も多いのではないでしょうか?

確かに、以前は一部でそのようなことは行われていましたが、今は消費者金融は法律遵守で健全に業務運営を行なっている会社がほとんどです。

消費者金融は銀行のカードローンと公平に比較して、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で借入をした方がよいでしょう。

消費者金融のメリットとデメリットを徹底的に解説していきたいと思います。

この記事はこんな方におすすめです

今回の記事は以下のような人におすすめです。

  • どこからお金を借りたらよいのか悩んでいる方
  • 消費者金融のメリットとデメリットを知りたい方
  • 急いでお金を借りたい方

消費者金融の良い面と悪い面を詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

「消費者金融=闇金」ではありません

消費者金融のことを「法外な利息をとる」「取り立てが怖い」というような違法行為を行うものというイメージをおお持ちの人は数多くいます。

しかし、このような人は消費者金融を闇金と勘違いしています。

消費者金融は、国や都道府県に登録した「登録貸金業者」しか営むことができない業種で、登録を受けるには厳しい審査があります。

また、登録貸金業者は利息や取り立てについて定められている貸金業法という法律上のルールを守る義務があり、法律を守って業務が行われているかどうか金融庁が監督しています。

このため、消費者金融は金利も取り立ても全て法律の範囲内で業務運営をしており、法外な利息を取られることも、怖い取り立てを行うこともありません。

一方、登録貸金業者でもないのに、融資を行う業者を闇金と言い、闇金は国の監督も受けず、貸金業も守らないので、法外な違法金利を設定し、とにかくお金を払わせようと、脅迫的な取り立てを行います。

消費者金融でお金を借りる10個のメリット

消費者金融でお金を借りるメリットは数多くあります。

銀行よりも消費者金融の方が、顧客満足度の向上に力を注いでいます。

そのため、銀行で融資を受けることよりも数多くのメリットが、消費者金融にはあるのです。

消費者金融の主なメリットを10個ご紹介していきたいと思います。

①即日融資に特化している

そもそも消費者金融の審査時間は最短で30分です。

しかも大手消費者金融は日本全国に数多く無人契約機が設置されています。

無人契約機は業者によって多少違うものの、元日を除く毎日22時からくらいまで稼働しています。

インターネットやスマホから申し込むのに締め切り時間が過ぎてしまったと言う場合でも、無人契約機があれば、土日祝日でも申し込みから借り入れまですることができますね。

最短30分で審査が完了し、曜日に関係なく夜まで稼働している無人契約機でカードを受け取ることができるので、大手消費者金融は即日融資に非常に強いのです。

関連記事をチェック!

最短最速でお金を借りるならカードローン!即日融資で借入可能

最短で即日融資可能なカードローンが増えていますが、今日中にお金を借りなければならないというときこそ、申込時間や必要書類などの条件を確認しておきたいですね。いくら急いでいても条件が揃わなければ即日融資を...

②申込方法が豊富

消費者金融は申し込み方法が多彩です。

パソコン、スマホからの申込、電話での申込、無人契約機からの申込など、ありとあらゆるチャネルで申込を行うことができます。

WEBからであれば365日24時間申込を行うことができるので、深夜でも朝方でも非対面でローンの申込ができるという点は大きなメリットと言えるでしょう。

③銀行ほど審査が厳しくない

消費者金融の審査は銀行よりはかなり緩くなっています。

銀行カードローンの最高金利は14%程度と、消費者金融の18%と比較して低い金利になっています。

これに加えて、実質的に銀行カードローンの審査を行なっているのは保証会社で、保証会社に入る保証料収入は、カードローン金利の半分が限度です。

つまり、銀行カードローンはリスク7%程度の人までしか審査に通過することができませんが、消費者金融は金利が高い上に保証会社の保証はつかないので、リスク18%程度まで融資可能です。

消費者金融の方がハイリスクハイリターンとなっているので、銀行よりもだいぶ審査は緩くなっています。

審査が極端緩い場合は闇金の可能性大!

「必ず審査に通過できる」「審査なしで融資可能」「ブラックOK」このように、極端に審査が甘い表記を行なっている会社は闇金の可能性がかなり高いと考えましょう。

闇金はどこからもお金を借りることができない人に対して、上記のような甘い言葉を使ってなんとかお金を借りさせようとしてきます。

一度借りてしまうと、脅迫的な取り立てによって、違法金利を支払うことになってしまうので、極端に審査が甘い言葉を謳い文句にして勧誘している業者からはお金を借りないようにしてください。

④30日間無利息サービスがある

消費者金融は会員になってから、または最初にお金を借り入れしてから“30日間無利息サービス”を行なっていることが多いです。

実際のところ、大手のほとんどの消費者金融が“30日間無利息サービス”を実施しています。

初めての申し込みで1回限りの限定サービスですが、少しでも金利負担を安くしたいと考えれば利用しない手はありません。

消費者金融の標準金利は年18.0%ですが、お金を借りて1カ月以内に返済すれば実質的な金利は0%です。

たとえ返済期間が2カ月に及んだとしても、借入金利は1ヶ月分ですみますので、利用すれば非常にお得になります。

つまり、あらかじめ返済期間が短期間に決まっているなら、銀行カードローンで借りるよりも低金利でお金を借りることができますね。

このようなサービスは銀行カードローンでは行われていないのでこちらも消費者金融カードローンのメリットと言えるでしょう。

⑤申込み・借入・返済までの流れが分かりやすい

消費者金融は全ての手続きが非常にシンプルです。

  • 申込:WEBや無人契約機で非対面で申込から契約まで完結できる
  • 借入:ATMか振込で希望額がキャッシングできる
  • 返済:口座振替、インターネット返済、ATMのいずれかの方法で返済可能

特に、申込から契約までの流れが、全て非対面で行うことができ、面倒な契約書の記入などもないので、契約手続きが簡素化されているという点が大手消費者金融のメリットです。

⑥申込みできる年齢が幅広い

銀行カードローンの申し込み年齢が55~65歳までとなっているものが多くなっています。

中には60歳以下までの人しか申込ができないローンもあります。

しかし、消費者金融の申し込み年齢は銀行よりも幅広くなっています。

多くの消費者金融では、69歳まで借入申し込みを受け付けているので、「国民年金だけでは生活費が足りない」「冠婚葬祭が急に入ったがお金がない」という人も利用することができます。

⑦パート収入やアルバイト収入でも申込みできる

銀行カードローンも、パート収入やアルバイト収入でも申し込みできると商品説明に書いてある場合もあります。

しかし、審査が厳しい銀行ローンで、パートやアルバイトなどの非正規雇用の方が審査に通過することは簡単ではありません。

銀行カードローンは勤続1年以上の正社員の人に向けた商品設計となっていますので、パートやアルバイトの人が簡単に借りることはできません。

一方、消費者金融は、信用情報に問題なく、総量規制の範囲内であれば、パートやアルバイトの人でも比較的簡単に融資を受けることが可能になっています。

銀行からはお金を借りにくい、パートやアルバイトの方も消費者金融であれば、比較的簡単にお金を借りることができてしまうという点も消費者金融の大きなメリットです。

⑧女性専用窓口がある

働く女性が増えている現代において、女性も男性と同じように急にお金が必要になると言う場面は出てくるものです。

しかし、なんとなく怖いイメージのある消費者金融に女性が相談するのは勇気がいるものではないでしょうか?

そのような女性でも安心して相談ができるように、消費者金融は、レディースローンと称して女性専用窓口を設置していることが多いです。

女性専用窓口に電話をかけて対応するのは、必ず女性のオペレーターですので、消費者金融に対して抵抗感がある女性でも、気軽に申込や相談ができるように配慮してくれています。

このようなサービスは銀行にはないので、この点も消費者金融の気が利いたメリットです。

関連記事をチェック!

女性がお金を借りるならレディースローンでキャッシング

女性がお金を借りるということは悪いことであるかのように捉えられがちですが、今は昔と比べると女性の社会進出も目立ち、女性が輝ける時代となっています。 女性だって働いていれば何かと付き合いもあります...

⑨振込キャッシングができる

消費者金融のきめ細かいサービスは、お金を借りる方法に関しても行き届いています。

初めての借り入れでも、平日14時までに申し込み手続きをすれば、その日のうちに指定した銀行口座にお金を振り込ませてキャッシングすることも可能です。

また、アコムであれば楽天銀行、プロミスであれば三井住友銀行とジャパンネット銀行には365日24時間振込融資を行なってくれます。

休日ても夜間でも自宅にいながらお金を借りることができるのは助かります。

そもそも、銀行カードローンでは、基本的に振込融資を行なっておらず、ATMからのキャッシングがあるので、振込融資があるということ自体、消費者金融のメリットと言えるでしょう。

⑩在籍確認を書類審査で行うことができる

カードローンの申し込み審査において、在籍確認は欠かすことができません。

在籍確認が完了しない限り審査は終了せず、なかなか在籍確認が終わらないと審査落ちになってしまうこともよくあることです。

銀行カードローンは必ず在籍確認を行いますが、この方法は「会社に審査担当者が電話をかける」というのが基本です。

しかし、消費者金融の中でもアコムやアイフルも基本的には電話での確認になります。

しかし、顧客の都合をできる限り聞いてくれる消費者金融ですので、交渉すれば、給与明細、社員証、健康保険証などの書類で在籍確認を行なってくれる場合があります。

また、SMBCモビットには「WEB完結契約」というう契約方法があり、WEB完結契約であれば自動的に書類での在籍確認となり、会社への電話での在籍確認は行いません。

どうしても勤務先に電話されては困ると言う人は、銀行カードローンよりも消費者金融の方が便利ですね。

この点からも、消費者金融は顧客への配慮が徹底しているのです。

消費者金融でお金を借りる5つのデメリット

ここまで数多くの消費者金融のメリットについて説明してきました。

しかし、消費者金融にはデメリットもいくつかあります。

一般的に消費者金融のデメリットと考えられていることの中には、噂だけで事実ではないものもありますし、実際に銀行と比較してデメリットになる部分もあります。

消費者金融の5つのデメリットを詳しく解説していきたいと思います。

①利用が便利な分、借り過ぎてしまう傾向がある

先ほどから述べているように、消費者金融は申込が簡単で、審査も銀行よりも緩くなっています。

つまり、銀行よりもかなり簡単に借りることができてしまうのです。

銀行であれば2本他社借入があるだけでも審査に通過することは難しくなってしまいますが、消費者金融であれば、3本目、4本目くらいの借入であれば、審査に通過できてしまうこともあります。

あまりにも簡単に借りることができるので、借りすぎになり、借金地獄に陥ってしまう人も少なくありません。

簡単に借りることができる消費者金融だからこそ、借入の判断と計画は慎重に行うべきでしょう。

②金利が銀行カードローンに比べて高い

消費者金融の最高金利はプロミスの17.8%を除けば、全て18.0%となっています。

これは利息制限法という法律の10万円以上100万円未満の上限金利ですので、消費者金融は上限金利ギリギリの設定を行なっていると言えます。

一方、銀行カードローンの最高金利が14.5%前後ですので、銀行カードローンよりも消費者金融の金利の方が高くなっています。

銀行カードローンの金利が低めに設定されているのは、後ほど紹介しますが、消費者金融で想定されている顧客層と銀行で想定されているは異なるため、審査が消費者金融の方が緩くなっているためです。

消費者金融は間口を広くして多少年収が少ない人に対しても貸付を行う関係上、どうしても金利を高めに設定しなければリスク管理ができません。

このため、消費者金融で借りた方が、銀行から借りるよりも利息負担は大きくなってしまいます。

50万円以上借り入れると利息も大きく変わる

少額の借入なら、銀行カードローンと消費者金融の金利の差はあまり感じることはありません。

しかし50万円以上の借り入れとなると、金利の差は大きく毎月負担しなければならない利息額も多くなってしまいます。

また、銀行カードローンは借入額が大きくなると、10%を切るような金利が設定されることもあるので、高額になればなるほど、銀行と消費者金融の利息負担額は乖離していき、消費者金融の方がコストは大きくなります。

関連記事をチェック!

貸付利率とは

ローンの商品説明を読んでいると「貸付利率」という欄があります。そこには例えば18%などの数字が書かれていますが、よく意味が分かっていない人も多いようです。 借入利率は数あるカードローンの商品を比...

③総量規制以上借りることができない

消費者金融の貸付は総量規制対象貸付です。

つまり年収の1/3以上を借りることは基本的にできません。

年収が300万円なら100万円までが借り入れできる上限です。

それに対して、銀行カードローンは総量規制の対象外です。

とはいえ、年収の1/3にとらわれることなく借りることができるのが銀行カードローンのメリットでしたが、最近の銀行カードローン過剰貸付問題が表面化して以来、銀行カードローンも貸付上限額を年収の1/3までとしている銀行が増えています。

したがって、消費者金融が総量規制以上借りられないことは、最近ではあまり消費者金融のデメリットにはなりません。

関連記事をチェック!

総量規制とは

本文 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 このようなかたにおすすめの情報です 本文 ...


関連記事をチェック!

総量規制超えた!オーバーした場合でも借りれる消費者金融

貸金業者は年収の1/3以上貸し付けることができないことになっております。 今回は消費者金融から総量規制をオーバーした借入を可能にすることはできないのか、元審査担当者が業界事情を交えて説明します。...

④専業主婦は借りることができない

消費者金融の貸付は総量規制の対象貸付ですから、収入のない専業主婦は消費者金融からお金を借りることができません。

実際のところ、総量規制には配偶者貸付制度という夫婦の年収を合算した金額を総量規制の計算基とする例外貸付の制度があるのですが、多くの消費者金融は配偶者貸付制度を採用していません。

配偶者貸付には夫の同意と、夫の収入証明書が必要で、夫婦合わせて夫の年収の3分の1までしか借りることができません。

つまり、実質的には夫に融資していることと同じで、消費者金融にとっては事務量だけ増えてしまうことになるためです。

そのため収入のない専業主婦は配偶者の年収を合算することができず、総量規制の額を求められないことになり、消費者金融から借り入れすることができないのです。

関連記事をチェック!

無職の専業主婦でも銀行カードローンからキャッシングで借りれる

家計を預かる専業主婦であれば誰でも1度は「今月家計がピンチ」という経験があるものです。 また、旦那さんの収入以外にも自分にも自由に使えるお金が欲しいものです。 そんな時にはカードローンがと...

⑤住宅ローンなどの審査に通りにくくなる!?

消費者金融から借り入れしていると、住宅ローンや自動車ローンなど銀行のローンの審査に通りにくくなる可能性があります。

消費者金融からお金を借りて返済していると、銀行のローンを返済にも影響するのではないかと銀行側は考えます。

とくに住宅ローンとなると借入金額も大きく、返済期間も長くなることから、銀行は消費者金融を含む他社借入ができるだけ少ない人に融資をしたいと考えているのです。

他社借入が多いとローンは通りにくくなる

消費者金融からお金を借りているから住宅ローンの審査に通らないのではなく、銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングにおいても、他社への返済額が大きいと審査に通りにくくなります。

とにかく消費者金融を含めた他社借入を少なくしておくことが、銀行の住宅ローンや自動車ローンに通るためには必要ですね。

関連記事をチェック!

クレジットカードの審査に他社借入は影響するの?

クレジットカードに申し込もうとすると、入力画面に「他社のお借入れ」という記入欄が出てきますね。ここでいう借入れとは、消費者金融のキャッシング(カードローン)などのことです。 借入れがある...


関連記事をチェック!

カードローン他社借入による住宅ローン審査への影響

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 住宅ローンは一般的な個人が借りるローンとしては最も審査が厳しいローンであると言われていますが...

イメージが悪いことが消費者金融の最大のデメリット

お金を借りるなら安心して借りたいと思うのは誰も同じです。

消費者金融のイメージでなんとなく後ろめたさを感じてしまい、せっかくの消費者金融のメリットを活かすことができないことも少なくありません。

また、「消費者金融はネガティブなもの」と頭ごなしに思い込んでいる一般消費者も多いですよね。

クレジットカードのCMに出ているタレントに対しての好感度は上がっても、消費者金融のCMに出ているタレントについては、「とうとうここまで落ちぶれたか」「なんだかんだ言っても、消費者金融でしょ?」と、冷たい目で見てしまうことも少なくありません。

実はとても良心的な消費者金融

しかし貸金業法が改正されて以来、消費者金融のイメージはガラリと一変しました。

アコムやプロミスはメガバンクグループ企業に属するようになり、銀行さながらのさわやかなイメージや顧客第一主義、及び顧客目線に立った対応は以前の消費者金融の比ではありません。

もちろん法律を遵守した営業を行っているのは言うまでもなく、過剰貸付の禁止や取立行為の規制など、銀行カードローンよりもむしろ消費者金融の方が法令を遵守しているのではないかと思うくらいですよ。

初めて消費者金融からお金を借りるなら、全国的に有名なアコムやプロミスなどを利用すれば安心してお金を借りることができますね。

消費者金融の取り立てが厳しいのは昔の話

消費者金融でお金を借りると取り立てが厳しいのではないか、1日でも返済に遅れると怖いお兄さんが取り立てに来るのではないかと思っている人も少なくありません。

しかし消費者金融のイメージは既にご説明のように一変しています。

たとえ返済期日に遅れたとしても矢の催促のように執拗な取り立てをすることはありません。

法律を遵守し、法律にしたがった手順を踏んで督促を行います。

相手を怖がらせるような言動や、多人数で自宅に押しかけることは法律違反です。

正規の消費者金融は法を順守する!

正規の消費者金融業者であれば法律を無視するようなことはしません。

借金を支払わなければ親兄弟にまで取り立てに来るのではないかという心配は無用ですよ。

家族に対してさえ請求行為を行ってはいけないのですから、徹底した法律遵守を行っている消費者金融はお金を借りる相手先として信頼を置くことができますね。

関連記事をチェック!

借金取りって怖いお兄さんが取り立てに来るの?

借金している人にとって最も怖いのが、返済に遅れると怖い借金取りのお兄さんが自宅まで来るのだろうかということですね。 借金返すまでは帰らないよと 自宅に居座ることや、勤務先まで取り立てに来るのでは...

消費者金融の利用がおすすめな人

一般的な感覚で言うと、消費者金融でお金を借りる人は銀行カードローンの審査に通らない人、というイメージを持っている人が多いですよね。

確かに銀行カードローンは審査が厳しいのに対して、消費者金融は審査が比較的甘いと言うのは事実です。

しかし、そもそも銀行カードローンが求める顧客層と消費者金融が求める顧客層には違うという点を忘れてはいけません。

どちらかと言うと銀行カードローンはサラリーマン、それも正社員や準社員をターゲットにしているのに対して、消費者金融はパート収入やアルバイト収入でも申し込むことができるように間口を広くして幅広い顧客層をターゲットにしています。

①すぐにお金が必要な人

誰だって急にお金が必要になることはありますし、家族に内緒でお金を借りたいと思っている人も多いに違いありません。

お金が必要な緊急事態に即日融資に特化しているのが消費者金融です。

銀行カードローンはさすがに申し込んだその日のうちにお金を借りるということは不可能だからです。

消費者金融でお金を借りる人はダメな人ではなく、お金を効率よく使う人です。

消費者金融の良さを知らずに銀行カードローンを利用している人は、逆に言えば損な使い方をしている人ですね。

②利用が初めての人

初めてお金を借りる人は、消費者金融の審査に通過しやすいですし、初めての利用であれば、ほとんどの大手消費者金融で無利息期間が適用されます。

消費者金融は複数のローンを借りている人でも審査に通過することができる場合がありますが、そのような人には借入はおすすめできません。

むしろ、初めてカードローンを利用するという人は、消費者金融の即日融資、無利息期間という特徴をうまく活用することができる人ですので、おすすめです。

③銀行で融資を断られた人

先ほどご説明したように、消費者金融の審査基準は銀行の審査基準よりも緩くなっています。

このため、銀行で融資を断られても消費者金融であれば審査に通過することができる可能性があります。

そもそも、消費者金融の金利設定が高いのは、銀行ではカバーできないリスクを拾うためですので、消費者金融はそもそもの商品設計が銀行で融資を断られた人向けにできているとも言えるのです。

銀行で融資を断られたといって資金調達を諦めるのではなく、安心安全な消費者金融への申込を検討してみてはいかがでしょう。

関連記事をチェック!

お金を借りる人の特徴を100人に聞いてみた結果…

こんにちは、馬太郎です。 先日お金を貸して、と言われたことがある人100人にアンケートし、好評でした。 今回は、お金を貸してといわれた人たちに、お金を貸してほしいと言ってきた人の特...

消費者金融のメリット・デメリットに関するQ&A

消費者金融についてのよくある疑問についてまとめてみました。

①銀行カードローンの方がおすすめな人ってどんな人ですか?

正社員で他社借入がない人です。銀行カードローンは、勤続1年以上の正社員でないと審査に通過することが難しい傾向にあります。

また、銀行カードローンは他社借入に対して厳しい目線で審査を行うので、他社借入が1件でもあると、審査に通過することができない場合もあります。

つまり、勤続1年以上ある正社員で、他社借入が1件もない人であれば、金利の低い銀行カードローン審査に通過できる可能性があります。

ただし、銀行カードローンは融資までに1週間から10日程度の時間がかかってしまうことがありますので、時間的に余裕がない人は、いくら他社借入がなく、勤続1年以上の正社員でも銀行カードローンは不向きです。

②審査が緩めな消費者金融でお金を借りる人って銀行カードローンの審査に落ちた人ばっかりですか?

消費者金融でお金を借りる人は、銀行カードローンの審査を受けたら落ちてしまう顧客なのかと言うと、絶対にそうだと断言することはできません。消費者金融には消費者金融なりの良さがあり、消費者金融の利用方法によっては銀行カードローンよりも低金利でお金を借りることができることもあります。

消費者金融でお金を借りる人なんてお金にだらしがない人だ、と決めつけるのはちょっと早いですよね。

銀行カードローン審査に落ちていなくても、即日融資や無利息期間を希望して最初から消費者金融に申し込む人も存在します。

③消費者金融で一番人気がある業者を教えてください

アコムです。アコムは、日本一の規模を誇る消費者金融で、国内最大のメガバンク三菱UFJ銀行傘下でもあります。

ただし、プロミスとモビットは同じSMBCグループですので、両者を合算すると、アコムの規模を上回ります。

いずれにせよ、メガバンク傘下の安心できる大手消費者金融が人気となっています。

④消費者金融でお金を借りると就職活動に響きますか?

全く響きません。就職活動の際には、信用情報を照会するわけではないので、消費者金融から借入があるかどうかなどということは全くわかりませんので、就職活動には無関係です。

ただし、就職後に借りたお金を返さないと、給料を差し押さえられることがあります。

こうなってしまうと、会社に裁判所から連絡が行くので、会社に「消費者金融からの借入があり、返済でトラブルを起こしている」ということがバレることになります。

普通に返済している限りは、就職活動にも会社員生活にも全く影響はありませんし、知られることもありません。

⑤サラ金って何ですか?

サラ金とは「サラリーマン金融」の略称で、つまりは消費者金融のことです。サラ金という言葉について、悪いイメージが多いですが、実はサラ金は、貸金業法を守った合法の業者で、闇金とは全く異なります。

借りやすいので、サラ金の借りすぎによって、生活破綻してしまう人が多いので、悪いイメージありますが、計画的に利用すれば、便利に使用することができますよ。

⑥CMなどでよく聞く「過払い金請求」のメリットやデメリットを教えてください

2010年の改正貸金業法完全施行までは、ほとんどの消費者金融が、出資法の上限金利である29.2%以下で融資を行なっていました。本来、融資の際の金利は利息制限法(10万円未満20%、10万円以上100万円未満18.0%、100万円以上15.0%)と決められていましたが、ほとんどの業者は利息制限法の金利以上、出資法の金利以下で融資をしており、この金利帯のことを「グレーゾーン金利」と言います。

過払金とは、このグレーゾーン金利にて支払った利息のことを言い、完済から10年以内であれば取り戻すことができます。

メリットとしては、払い過ぎた利息で場合によっては数百万円取り戻すことができるという点にあります。

デメリットは、請求すれば必ず取り戻すことができるわけではなく、実務的には消費者金融との交渉になるので、素人が交渉しても取り戻すことが難しいので、弁護士などのプロに手数料を払って依頼しなければならないという点でしょう。

メリットとデメリットを把握して消費者金融から賢く借りましょう!

消費者金融でお金を借りて返済地獄や借金地獄に陥る人はお金に対してルーズな人です。

たとえ銀行カードローンでお金を借りたとしても同じことになることでしょう。

消費者金融の賢い借り方は少額短期の借入です。

10万円の借り入れなら1カ月あたりの利息負担は1,479円です。

もちろん利息は日割り計算ですので、10万円を借りて1週間で返済すれば支払う利息は345円だけです。

どうしてもお金に困ったときだけ必要最低限のお金を消費者金融から借り、お金に都合がついたらさっさと返済してしまうのが消費者金融の賢い借り方なのです。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

      皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

    2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談