キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

低所得者がお金を借りる時に注意したいこと

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

低所得者がお金を借りる時に注意したいのは、お金は借りたら利息をつけて返済して行かなければならないものだということです。

お金に困っている低所得者の方は、お金を借りることだけに目が行き、借りた後のことを考えていないことが珍しくありません。

お金を借りた月は借りたお金で何とか生活していくことができるかもしれません。

しかし翌月からは返済だけが残ってしまい、厳しい家計状況をさらに厳しくしてしまう可能性があります。

低所得者がお金を借りる際には、返済していくことのも十分に注意する必要があります。

低所得者がお金を借りる際にはどのようなことに注意をすべきでしょうか?

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営
低所得・低収入でもお金を借りたい人の参考になる記事です

この記事はこんな人におすすめです。

  • 収入が低いけどお金を借りたい
  • 借りた後に注意すべきことについて知りたい
  • 銀行や消費者金融以外の借入方法について知りたい

カードローンの利用者は低所得・低収入が多い?

お金を借りる方法はたくさんあります。

大きく分ければ

  • 民間金融機関から借りる方法
  • 個人的な人間関係から借りる方法
  • 公的機関から借りる方法

◆小口現金を借りる方法

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融
  • クレジットカード会社のキャッシング

◆個人から借りる方法

  • 親や親戚
  • 兄弟
  • 同僚や友人

◆低所得者向け貸付

  • 生活福祉資金
  • 日本政策金融公庫の教育ローン
  • 母子父子寡婦福祉資金

以上のようにざっと並べただけでもお金を借りる方法と言うのは実に多くの種類がありますね。

一般的な社会人がお金を借りるならカードローンかまたはクレジットカード会社のキャッシングを利用しても良いかもしれません。

銀行カードローンなら消費者金融よりも金利が幾分安く設定されており、申し込みから融資実行まで2,3日あれば借りることができます。

最初からクレジットカードを持っているならキャッシング利用枠から借りるのもひとつの方法ですね。

消費者金融の金利は高いと言っても、利息制限法によって上限金利が定められているのですからそれほど心配する必要はありません。

また、消費者金融なら申し込んだその日にお金を借りることができる、即日融資に対応しています。

標準金利は年18.0%で、この金利はクレジットカードのキャッシングの金利とほぼ同じです。

しかし銀行や消費者金融、クレジットカード会社のキャッシングでお金を借りるためには、限度額というものが必要になります。

限度額をあらかじめ持っているならともかく、契約をしていないのであれば、新たに申し込む必要があり、新規の申込をする人にとっては避けて通れないものがあります。

それは審査です。

カードローンやクレジットカードのキャッシングは、審査に通らなければ借りることはできません。

貸付金利が低いほど審査が厳しく、ある一定の年収以上でなければ審査に通らないということも珍しいことではありません。

貸付条件表や商品説明の欄にパート収入やアルバイト収入でも申し込み可能と書いてあったとしても、審査に通るのかどうかはまた違う話で、正社員でも審査に通過できないこともあります。

基本的に年収が低いほどカードローンには通りにくい傾向にあります。

なぜなら、収入が低い人は、返済に回すことができるお金が少ないので、返済能力が劣っていると判断されてしまうからです。

その点、消費者金融の金利は銀行に比べて高めに設定されていることから、商品説明の通りにパート収入やアルバイト収入でも申し込み可能で、しかも銀行のカードローンなどよりは、審査に通りやすいとも言えます。

収入が低く、審査通過に自身がないのであれば、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンに申込をした方が審査に通りやすいとは言えるでしょう。

関連記事をチェック!

消費者金融の利用者層ってどういう人なの?

消費者金融の金利は銀行カードローンに比べて高いですよね。金利が高いことを知りながら消費者金融を利用する利用者層とはどのような属性なのでしょうか。身近に存在している消費者金融の利用実態について調査してみ...

消費者金融は低所得者でも借りれるカードローン

銀行カードローンに申し込む場合は、少なくても年収200万円以上が必要になります。

さらに、できれば正社員、又は準社員など安定継続して収入を得ることが審査に通るためには必要です。

一方、消費者金融は、年収60万円から100万円あれば、パート主婦やアルバイト学生でもお金を借りることができる可能性は低くありません。

しかし消費者金融の公式サイトを見ても商品種類説明に、低所得者向けカードローンと言うのはありませんよね。

低所得者だからといって金利を優遇するとか、返済期間を長くするということはありません。

年収が多くても少なくても標準借入金利は年18.0%、30万円程度の借入だと毎月の返済額は約1万1,000円です。

収入が少ないんだから毎月5,000円に負けてくれないか、 何て言う虫の良い話はありません。

そうなってくると低所得者なのに、消費者金融からお金を借りても返済できるのか?という心配をする人が多いことでしょう。

毎月の家計収支状況が黒字で、少ないながらも貯金をしていくことができるくらいの低所得者なら、何も消費者金融でお金を借りる必要はないはずです。

お金を借りるのは預金がなく、今月のうちに支払わなければ電気が止められてしまう、とか水道が止められてしまう、またはガスが止められてしまうという緊急事態の場合が多いのではないでしょうか?

日本人サラリーマンの平均給与は、400万円程度と言われています。

しかし、カードローンの利用構成比率を見ると年収が300万円未満の人が約過半数を占めています。

つまり、消費者金融からお金を借りる人は比較的低所得者であることが多く、毎月の返済に余裕がない人の方が多いということが分かります。

低所得者で消費者金融からお金を借りていけないのは、毎月の生活費が赤字である人、及び赤字にならなくてもプラスマイナスゼロの人です。

毎月の生活費にさえこと欠いてしまう人が消費者金融から借りてはいけません。いずれ多重債務者の仲間入りとなってしまうことでしょう。

では低所得者がお金を借りるにはどのような方法が一番いいのでしょうか。

収入が低い人でも作れるクレジットカードがある?

低所得者は、収入の安定している正社員と比べて、クレジットカードを作ることも難しくなります。

先ほども説明したように、低所得者がクレジットカードを作るのであれば、パート収入アルバイト収入でも申し込み可能としており、実際に審査に通過している実績がある消費者金融が向いています。

アコムにはACマスターカードという国際ブランドにMasterCardがついているクレジットカードがあります。

当然即日審査で作ることも不可能ではありません。

一般のクレジットカード会社はパート収入やアルバイト収入では審査に通りにくく、せっかく申し込んでも審査に通らないことにはお金を借りることができません。

信用情報になにかキズがついていなければ、年収60万円から100万円程度でも十分に審査に通るだけの資格を持っています。

非正規雇用者が全体労働者数の1/3を占めている現代では 、年収300万円はむしろ良い方で年収200万円前後で働いている人も少なくありません。

年収が低ければ急にお金が必要になったら取り崩す貯金もなく、また親や親戚、兄弟並びに友人や同僚からお金を借りてしまうのは審査がない分だけラクに感じるかもしれませんね。

でもラクと感じるのはあなただけで、お金を貸して欲しいと言われた親や親戚、兄弟並びに友人や同僚は困ったことになったな、と考えているかもしれませんよ。

金の切れ目が縁の切れ目とならないように、親はともかくそれ以外の個人からお金を借りることだけはやめておきましょう。

家族や友人からお金を安易に借りるということはおすすめできません。

まずは、自分でお金をやりくりするということが大切になります。

まずいことになった、このままでは生活費が間に合わないかもしれないと分かったら、お金を借りることよりもクレジットカードで買い物をして、生活費を賄うという方法があります。

クレジットカードを作りたいと考えた場合、まずは消費者金融のアコムに申し込んでみてはいかがでしょうか。

関連記事をチェック!

消費者金融会社一覧

日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける...

関連記事をチェック!

消費者金融アコムのクレジットカードの使い心地は?

消費者金融アコムがクレジットカードを発行しているのはご存じですか?ACマスターカードと言って国際ブランドMasterCardが提携しています。 普通クレジットカードの発行と言うと申し込んでも数日...

収入が低い人が賢く借りる方法

収入が低い人がカードローンを無理なく借りるには、どのような点に配慮すべきでしょうか?

できる限り少額を返済していくか、できる限り短い期間で返済するようにして、家計への圧迫を少なくする努力が必要です。

少ない金額(10万円以下)を借りて返済額を最低返済額にする

カードローンは借入残高が大きいほど、毎月の返済額は大きくなります。

このため、できる限り少ない金額を借りて、毎月の返済額を最低返済額とすることが大切です。

ただでさえ、所得が少ないのに、毎月の返済額が家計を圧迫してしまったら、今度は返済そのものが大変になってしまうので、毎月の返済額は無理のない範囲で行うということを心がけてください。

少ない金額(10万円以下)を借りて短期間で返済する

少ない金額を借りて、できる限り早く一括返済するということも重要です。

特に、大手消費者金融には無利息期間があるため、数万円程度の少額がどうしても足りない時に、必要最小限だけ借りて、無利息期間の間に返済してしまうという方法が最も賢いカードローンの利用方法です。

低所得なら国(自治体)からお金を借りる方法もある

低所得者が民間の金融機関を利用してお金を借りて一番厄介なのが利息です。

利息は金利が高ければ多くなりますので、金利が低ければ低いほど負担しなければならない利息額は少なくなります。

もちろん返済期間も短いよりは長めに設定してくれた方が収入が少ない人にとっては計画を立てやすいですよね。

つまり、低所得者にとっては、できる限り金利が低く、長い期間で返済することができるローンが向いていると言えます。

そのときに利用したいのが、公的機関からお金を借りるということです。

つまり、冒頭でご説明したような、生活福祉資金貸付制度や、母子父子寡婦福祉資金貸付制度、日本政策金融公庫の教育ローンなどを利用することです。

金利は貸付制度によって多少違うものの年1.5%から2%前半くらいです。

返済しなければならない期間も比較的長めに設定されており、返済期間10年や20年という貸付商品も用意してあります。

もちろんのことながら、いくら金利が低い公的機関の貸付でも、借りたお金は利息をつけて返済しなければなりません。

しかし金利が低ければ同じ10万円を消費者金融で借りるのと、生活福祉資金で借りるのでは大きな違いがあります。

消費者金融なら10万円を借りて30日後には約1,400円を支払わなければなりません。

生活福祉資金では連帯保証人がいれば無利息、連帯保証人がいなくても金利は年1.5%ですから単純計算で140円程度が利息です。

どのみちお金を借りるなら、国や地方自治体が用意している低所得者向け貸付制度を利用してみてはいかがでしょうか。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、厚生労働省の低所得者向けの融資制度で、都道府県の社会福祉協議会を通して行われる融資です。

貸付対象になるのは、以下のいずれかに該当する世帯になります。

低所得者世帯必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
障害者世帯身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
高齢者世帯65歳以上の高齢者の属する世帯

簡単に言えば、障害者か高齢者がいる世帯以外は、所得の低さを原因としてお金を借りることができない、住民税非課税程度の低所得の世帯だけになります。

生活福祉資金制度は、生活支援費、住宅入居費、福祉費などの様々な融資制度がありますが、主な融資を以下のようにまとめてみました。

資金の種類対象者融資額金利融資機関
生活支援費生活再建までの間に必要な生活費用(二人以上)月20万円以内
(単身)  月15万円以内
保証人あり
無利子
保証人なし
年1.5%
10年以内
住宅入居費敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用40万円以内保証人あり
無利子
保証人なし
年1.5%
10年以内
福祉費
  • 生業を営むために必要な経費
  • 技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
  • 住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
  • 福祉用具等の購入に必要な経費等
580万円保証人あり
無利子
保証人なし
年1.5%
20年以内
緊急小口資金緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用10万円無利子12ヶ月以内

ご覧のように、銀行の融資などど比べてかなり有利な条件で借りることができます。

詳しくは、お住いの社会福祉協議会へ問い合わせてみましょう。

関連記事をチェック!

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

一生懸命働いているのにもかかわらず低収入のために、銀行カードローンや消費者金融で借りられない人がいます。生活費で足りない部分はとりあえずお金を借りて解決しようと考えるのが普通ですね。 しかし低収...

緊急小口資金なら10万円無利息で借りれる

上記のように、緊急小口資金であれば、連帯保証人不要で10万円まで借りることが可能です。

緊急でお金が必要。でもどこからもお金を借りることができないという住民税非課税世帯の人は、緊急小口資金の相談をお住いの地域の社会福祉協議会へ相談してみましょう。

母子父子寡婦福祉資金貸付制度

母子父子寡婦福祉資金貸付制度も厚生労働省が担当し、全国の地方自治体が窓口となる融資制度です。

母子家庭、父子家庭の生活などに必要な資金を低金利で融資を行っています。

主な制度としては以下のようなものがあります。

融資制度対象者融資金額金利返済期間
生活資金母子家庭の母
父子家庭の父又は児童
寡婦
合計240万円を限度に月額103,000円まで保証人あり:無利子
保証人なし:年1.0%
(技能習得)20年以内
(医療又は介護)5年以内
(生活安定貸付)8年以内
(失業) 5年以内
住宅資金母子家庭の母
父子家庭の父
寡婦
150万円保証人あり:無利子
保証人なし:年1.0%
6年以内
就学支援資金母子家庭の母が扶養する児童
父子家庭の父が扶養する児童
父母のない児童
寡婦が扶養する子
小学校:40,600円
中学校:47,400円
国公立高:160,000円
修業施設:100,000円
私立高校:420,000円
国公立大学・短大等:380,000円
私立大学・短大等:590,000円
無利子就学:20年以内
修業:5年以内
結婚資金母子家庭の母
父子家庭の父
寡婦
30万円保証人あり:無利子
保証人なし:年1.0%
5年以内

詳しくは下記に解説してありますが、生活費だけでなく、結婚や就学の際に必要になる資金を借りることも可能です。

いくらまで借りることができるの ?

公的な融資制度はいくらまで借りることができるのでしょうか?

融資限度額はそれぞれの融資制度に設定された限度額までとなります。

しかし、全員が上記の金額まで借りることができるわけではありません。

基本的に融資限度額は必要と認められる金額です。

生活費が毎月5万円の支援が必要と判断されれば、5万円しか借りることはできません。

家計の状況に応じてケースバイケースというところでしょう。

多く借りても後から返済が待っていますので、できる限り必要最小限で借りることをおすすめします。

連帯保証人と利息は

公的な融資制度は連帯保証人がなくても借りることはできます。

しかし、ほとんどの融資制度で連帯保証人を用意すれば、金利は無利息になる、とてもお得な制度です。

また、連帯保証人を用意することができなかったとしても、金利は1.0%か1.5%という超低金利な融資になります。

10万円借りたとしても、利息は1年間で1,000円から1,500円程度ですので、連帯保証人になってくれる知り合いや親族がいないという人は、連帯保証人なしでもそれほど大きな負担にはならないでしょう。

相談窓口はどこ?

素晴らしい低所得者向け貸付制度があっても相談しないことには誰も教えてはくれません。

まずは市区町村役場の福祉課に行って相談してみましょう。

福祉課で相談できれば話をそのまま進めることも出来ますし、新たに相談窓口を紹介される場合もあります。

窓口は地方自治体によって異なりますので、まずは、役所へ問い合わせを行うようにしましょう。

借入申込の流れ

公的期間の借入申込の流れは民間の金融機関のように、インターネットで簡単申し込みというわけにはいきません。

借入する制度にしたがって必要な書類を用意し、書類審査を行い、融資決定がされてからようやくあなたの口座に振り込まれることになります。

概ね申し込みから融資実行までの期間は1カ月から2カ月ほどかかります。

なるべくスムーズに審査に通るためには、地区の民生委員と事前に相談することです。

民生委員が間に入ってくれれば必要な書類をうっかり忘れてしまうということもないですよね。

また民生委員の推薦を受けることができれば、融資実行までの期間も多少短くすることが出来るでしょう。

低所得者の定義はあるの?

低所得者とする定義は地方自治体によって考え方が多少異なり一律ではありません。

地方自治体が低所得者と認定するには、世帯自体に住民税が課税されない非課税世帯でなければなりません。

非課税世帯とは年収換算で100万円程度、同居者がいる場合は一人当たり30数万円を加算することができます。

なお低所得者であるということの算出方法は、計算式を含めてあなたが住んでいる役場で直接尋ねてみましょう。

もちろんクリアしなければならない条件は所得金額だけではなく、以下のように基準を満たす必要があります。

  • 多重債務者になっていない
  • 住居がはっきりしている
  • 仕事をきちんとしている

基本的に、公的機関から融資を受けるためには、所得の他にも以上のような条件を満たす必要があります。

細かい条件は制度によっても異なりますので、この点も地方自治体に問い合わせて、確認をするようにしましょう。

まとめ

低所得者は、銀行や消費者金融で借りることができないわけではありません。

しかし、少ない所得の中で、金利の高い銀行カードローンや消費者金融カードローンを返済していくのは大変です。

また、家計が赤字の状態で高金利のローンを借りることは決しておすすめできません。

住民税非課税世帯のような低所得の世帯の方は、民間の金融機関で高い金利を払うよりも公的な融資制度を利用しましょう。

公的な融資制度は営利目的ではなく、低所得者の生活を支援するために行われていますので、民間のローンでは考えられないほどの超低金利でお金を借りることができます。

詳しくは、地方自治体の窓口か社会福祉協議会へ相談するようにしてください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談