馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

借入残高とは残っている借金の金額

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借入残高とは何なのか分からないままお金を借りていると大変な事になりますよ。突然の借入停止や審査にも大きく関わってくることです。

支払わなければならない利息は借入残高と比例し、返済するにしたがって借入残高が少なくなれば利息額も少なくなります。ちゃんと分かっているようで分かっていない借入残高とは何なのかわかりやすく解説します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

借入残高とは

借入残高とは簡単に言えば前回返済した金額から、今日までの利息を合計したものを言います。

つまり借金があといくら残っているのか、その金額が借入残高です。

金融機関によっては借入残高のことを、差引残高や、お借入残高、差引元本残高などと言う場合もあります。

借入残高を知ることによって、あといくら返済すれば借金を完済することができるのか、または次回支払う利息の金額はいくらなのかを計算することもできます。

お金を借り入れしている人は、常に借入残高がいくらになっているのか確認する習慣を身につけておくと、いざというときに役に立ちますよ。

借入残高は何で確認するか

借金返済をATMから行なっていれば、必ず取引明細書が発行されますよね。

取引明細書に書いてある内容は主に次の項目です。

・前回借入残高
・今回の入金額
・利息充当額
・元本充当額
・借入残高

金融機関によって多少違うかもしれませんが、取引明細書は領収書としての機能も持っているため、最低必要な項目として記載しなければならない項目が定められています。

そして必ず書いてあるのが借入残高です。

なお口座振替によって借金返済をしている場合は取引明細書が自宅に郵送されてきます。

内緒でお金を借りるっている人にとっては非常に困った問題ですね。

領収書が自宅に送られてくるのは困ると言う場合は、借入申し込みの段階で、領収書は「パソコン画面によって確認する」ことを了承していると、電磁交付よって確認したことになり領収書が自宅に送られてくることはありません。

その場合借入残高が分からない、となりますよね。

借入残高を知るためには会員サイトにログインすること、であといくら借金が残っているのか確認することができますよ。

金融機関によっては会員サイトにログインすると借金完済までのスケジュールを見ることもできます。

あと何回支払えば借入残高が0になるのか、その日にちはいつなのか知っておくと借金を返済するためのモチベーションを高く持ち続ける効果も期待できますね。

銀行などの借入残高は元金

借入残高の表示方法と表現しましたが、実際には利息の計算方法と利息の付け方によって表示されている残高が借入金の元金のみを表示しているものと元利金(借入元金+利息)を表示しているものとにわかれるということです。

銀行や消費者金融など大多数のところでは、借入残高の表示は借入金の元金のみの表示となっています。

これは、毎月かかる利息を借入残高に金利を乗じてその日数分に対して計算した利息を返済するという方法をとっているためで、計算式としてはこのようになります。

  • 借入残高(円) × 年金利(%) × 借入日数/365 = 毎月の利息(円)
  • 毎月の返済額(円) = 元金返済額(円) + 毎月の利息(円)

このような利息の計算方法となりますので、返済していくと返済額は一定でも元金の返済は徐々に多くなっていき、利息の返済は徐々に少なくなっていきますので、一定の返済額による元金と利息の割合が変わってきます。

信販会社などの借入残高は元利金

クルマを購入した際などに利用するクルマ屋が取り扱うローンなどでは、借入金に金利と返済年数を乗じて出した利息の総額を借入金にプラスし、その合計を返済回数で割るという計算をしますので、借入残高は元金と利息の合計となります。

  • 借入金(円) × 金利(%) × 返済回数(回) = 利息の総額
  • 借入金(円) + 利息の総額(円) = 元利金総額(円)
  • 元利金総額(円) ÷ 返済回数 = 毎月の返済額(円)

このような利息の計算方法となりますので、毎月の返済額が変わらないだけでなく元金と利息の毎月の返済割合も変わらないということになります。

信販会社すべてがこの計算方法を使用しているわけではありませんが、この方法では同じ金額を借入したとしても利息の総額は多くなりますし、当然として総返済額も多くなってしまいます。

カードローンはATM等で残高確認

銀行や消費者金融のカードローンの借入残高を確認する方法としては、ATM、窓口、電話、インターネットを利用することによって確認することができます。

ATMでの借入残高確認方法としては、カードローンの通帳がある場合にはその通帳を記帳することによって確認することができます。

通帳がなくカードのみのカードローンの場合には、残高照会することによって確認することができますし、利用の都度発行される「ご利用明細」を見ることによっても確認することができます。

電話での確認方法では、銀行などに電話することによって確認することができますが、電話の場合は本人確認の関係から登録されている電話番号に折り返しの電話をすることによって確認となりますので、少し時間がかかってしまいます。

インターネットでの確認方法では、サイト上であらかじめ決めたIDとパスワードを入力して残高確認する手順を踏むことによって確認することができます。

クレジットカードのショッピング残高は借入残高?

厳密に言えばクレジットカードのショッピング残高も借入残高です。

現金で決済していない以上、たとえ1回払いだとしても、支払が終わらなければ購入した商品は売却することができません。

もちろんショッピング利用分を分割払いやリボ払いにすれば、明らかに借金の性質を帯びてきます。

しかしカードローンに申し込む際に記入する他社借入件数や他社借入金額に、クレジットカードのショッピング利用分については記入する必要はありません。

なぜならクレジットカードのショッピングご利用代金は総量規制に含まれないからです。

総量規制に含まれないからと言って借金ではないとはなりませんので、利用している本人はカードローンなどの借金と同じように管理しておくことが大事です。。

住宅ローン等は返済予定表で確認

住宅ローンや自動車ローンなどにおける残高確認の方法では、返済予定表や窓口によって確認することができます。

返済予定表とは、ローンの契約時に銀行などから必ず渡されるもので、第1回目の返済からすべてを返済するまでを表にしたものです。

返済予定表には毎月の返済日(返済日が休日の場合には翌営業日の日)や元金返済額、利息返済額、借入残高などの詳細が記載されていますので、借入残高を確認する場合には確認した日までに返済が終わっている欄を見ることによって確認することができます。

窓口で確認する場合には、窓口の担当者に聞くことによって確認することができますし、住宅ローンであれば年末調整を受けるための住宅ローン専用の残高証明書を見ることによっても確認することができます。

また、年末調整のとき以外でも随時窓口にて残高証明書を発行してもらうことができますが、随時の残高証明書の場合にはいくつか注意点があります。

随時発行の残高証明書はわかりにくい

銀行の窓口に行くことによっていつでも残高証明書を発行してもらうことができますが、発行してもらうためには銀行所定の手数料を支払わなければなりません。

また、住宅ローンと自動車ローンなど複数のローン(カードローンを除く)で借入している場合には、発行された残高証明書を見るだけではどのローンの残高なのかがわかりにくいもので発行されます。

というのも、残高証明書の表示のされ方が住宅ローンなどの商品名で記載されているわけではなく、証書貸付の番号が記載されているからです。

証書貸付の番号とは、借入の契約ごとに割り振られている契約を特定するための番号であり、銀行ではこの番号によって契約の管理をしています。

この番号を利用者が確認するためには、契約書や返済予定表に記載されているもので確認できますので、残高証明書を発行してもらった後に契約書などで番号を確認してその借入残高が何のローンなのかがわかります。

申込書で記入する借入残高の書き方

クレジットカードなどを申込む際に記入することになる「他社ローンの有無」や「他社ローンの件数・金額」にはどのような借入の借入残高を記入すればいいのかわからなくなることがあると思います。

この際に記入する他社ローンの「他社」というものには、銀行からの借入を含む場合と含まない場合があり、それは申込をするクレジット会社によって違いますので、わからない場合には問い合わせした方が確実です。

ほとんどの場合は銀行からの借入は含まないというクレジット会社が多く、主に総量規制などの規制の関係から消費者金融や他のクレジットカードのキャッシングを記入する対象としています。

クレジットカードの申込みの際に記入する「他社ローンの件数・金額」は、消費者ローンや他のクレジットカードのキャッシングで借入している件数と借入残高を記入することになります。

借入残高は信用情報機関にも登録されている

借入残高は取引明細書の発行や会員サイトのログインによる確認以外にも、金融機関が加盟している信用情報機関にもしっかり登録されています。

銀行貸付による借入は総量規制の対象とはなりませんが、消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングは年収の1/3以を上契約することが許されていません。

借入残高をきちんと把握していないと、年収の1/3を超えて借入申し込みをしても審査に落とされてしまう可能性が高いです。

新規にカードローンに申し込む場合でも、他社借入金額との借入金額が100万円を超えた場合は収入証明書を提出しなければならないなど、借入残高の役割は非常に大きいのです。

また最悪な状況として、万が一借入残高が年収の1/3を超えてしまった場合は突然の借入停止措置を取られる場合もありますよ。

借金を抱えている人は現在の借入残高がいくらあるのか、ということを常に頭の中に入れておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

自分の信用情報を調べる方法~ブラックになる条件とは~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談