キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

1週間以内にお金を借りられる所

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お金が必要になるときというのは、急ぎであることが一般的です。

それも1週間以内に限定されることが多いですね。

急にお金が必要だと言われても、そんなのは無理だから次の給料まで待ってくれ、と行かない場合もあるでしょう。

そんな場合に備えて、なんとか1週間以内にお金を借りられる所を考えてみましょう。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

1週間だけお金を借りるならノーローンが最適!

手持ちのお金がないためお金を借りなければならないとしても、その後すぐにお金が入る予定があって、返済はすぐできるという人もいるでしょう。

そんな「1週間だけお金を借りたい」というような人におすすめなのは、ノーローンです。

ノーローンでは、「借り入れてから1週間以内であれば何度でも無利息で利用可能」というサービスを取り扱っています。

そのため、たとえば給料日を1週間後に控えたタイミングで急にお金が必要になったとしても、ノーローンで借り入れた後に給料を利用して1週間以内に返済を行えれば、利息なしで返済できるのです。

毎月給料日直前にお金がなくなる人にとっては、非常に頼りになるサービスではないでしょうか。

ただし、ノーローンの無利息サービスは、前月末までにそれまでの借り入れを完済していなければ利用できません。

毎月定期的に利用しようと考えている場合は、返済が月をまたがないように十分注意しておきましょう。

ノーローンの申し込み方法について

ノーローンの申し込み方法は、インターネット経由・新生銀行カードローンレイクの自動契約コーナー・専用フリーダイヤルの3つあります。

申し込み方法が違うことで審査の通過率に影響が出るわけではないので、お好きな方法で申し込むといいでしょう。

自動契約機やフリーダイヤルの受付時間外であればインターネット経由で申し込むといいでしょうし、契約後そのままローンカードを受け取りたければ、自動契約機を利用するといいでしょう。

オペレーターのかたにいろいろ話を聞いたり説明を受けたりしつつ、利用するかどうかを決めたいのであれば、フリーダイヤルに電話をかけるといいですね。

1週間だけお金を借りることはできる?

上述したノーローンは消費者金融ですが、お金を借りられる金融機関は消費者金融以外にも、銀行・信用金庫・クレジットカード会社など、たくさんあります。

しかし金融商品によっては、審査までにある程度の期間を要する場合も多いですね。

とくに銀行や信用金庫などが商品化している目的ローンは、金額によっては決裁が下りるまでに2週間や3週間、ヘタをすると4週間ほどかかってしまうことがあります。

急にお金が必要だとしてもクレジットカードを申し込んでいたのでは、審査そのものは早くても、カードが送られてくるまでに1週間以上かかることが一般的です。

カードローンなら即日融資できるのではないかと思っても、銀行カードローンは即日融資に対応していないため、実際にお金を借りられるのは1週間を超えてしまうことも珍しくありません。

1週間以内にお金を借りるには、それなりの対策が必要というものです。

1週間以内にお金を借りる方法

1週間以内にお金を借りる方法として最も便利なのは、やはりカードローンです。

基本的にカードローンはスピード融資が求められ、商品によっては申し込んだその日のうちにお金を借りられる即日融資も実現しています。

ただし、どこのカードローンでも1週間以内にお金を借りられるとは限りません。

ある程度金融機関を絞らないと、必要なタイミングまでにお金が間に合わない事態に陥ってしまいます。

1週間以内にお金を借りる方法としておすすめなのは、即日融資を大きく宣伝している金融機関から借りることです。

即日審査と即日融資は、まったく別のものです。

審査自体はインターネットの高速化、及び審査システムのスピード化によって、最短で30分で借り入れ可能かどうかが判定できます。

しかし審査に通ったとしても、融資実行までに数日かかるのでは、本当に1週間以内にお金を借りられるのかどうか、ちょっと不安が残りますね。

なるべく最速でお金を借りられる金融機関のご紹介は順を追って行いますが、まずは短期間の借り入れ申し込み方法として、以下のような方法を覚えておきましょう。

・インターネットやスマホからの申し込み
・無人契約機からの申し込み
・インターネットと無人契約機の併用

以上の方法で申し込めば、かなりの確率で1週間以内の借り入れが実現できそうです。

ところが、金融機関によっては無人契約機を持っていないところもあります。

インターネットやスマホから申し込んだ場合は、振込キャッシングに対応している金融機関を選ぶようにしましょう。

なぜなら、ローンカードが郵送されてくるまでには日数がかかってしまうからです。

ローンカードは本人限定郵便で送られてくるため、申し込み本人が受け取らなければなりません。

郵送物は、たいてい日中に届きますよね。

仕事から帰ってきてから不在者票が入っていたのでは、集配局まで取りに行かなければなりません。

お金を必要とする期間が1週間と限定されている場合は、どうしても不安が残ってしまいます。

ギリギリセーフというのはあまり精神的によくありませんよね。

当然ながらメールオーダー方式の契約方法では、契約書の郵送に時間がかかってしまい、とてもではありませんが1週間以内の借り入れはできませんよ。

たとえ1週間と期間が区切られていても、余裕を持った申し込み方法および金融機関を選択したいものです。

関連記事をチェック!

即日融資とは

カードローンで即日融資を受けるポイントをご紹介します。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 振込融資とは 振込融...

1週間以内にお金を借りられる所

1週間以内にお金を借りられる金融機関でも、ローンカードを郵送されるまで待っていたのでは間に合わないことがあります。

そこで、できるだけ時間に余裕を持ち、1週間以内とは言わずできれば申し込んだその日のうち、または翌日中に借りられる金融機関をご紹介しましょう。

即日融資に特化した消費者金融

融資を急いでいる場合に利用したいのは消費者金融、特におすすめなのは以下に挙げるような大手消費者金融です。

・アコム
・SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
・アイフル
・SMBCモビット
・レイクALSA
・ノーローン

以上の大手消費者金融なら、上手くいけば申し込んだその日のうちにお金を工面できます。

万が一申し込み時間に間に合わないとしても、翌日にはお金を借りられるでしょう。

平日14時までの申し込みなら、その日のうちに指定する銀行口座にお金を振り込んでもらえますよ。

しかし、締め切り時間に間に合わなかったとか土日が重なってしまったという場合は、振り込みキャッシングは利用できませんね。

大手消費者金融がおすすめなのは、無人契約機を持っているという強みです。

無人契約機なら、元日を除く毎日借り入れ申し込みを受け付けており、審査から融資実行まで最短で60分もあれば借り入れが完了します。

無人契約機の稼働時間は、22時までになっているところが多いですので、仕事帰りなどでも契約手続きを済ませられるでしょう。

22時までに申し込みを完了させれば、翌日にはローンカードを発行させるだけです。

申し込んだその日のうちに借り入れしておきたいなら、審査時間のことを考え21時までには無人契約機ブース内に入店しておきましょう。

もちろん、ローンカードの郵送を待つ必要はありません。

審査に通ったらローンカードは無人契約機から自動的に発行され、併設されているATMやコンビニATMから借り入れられます。

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

関連記事をチェック!

自動契約機で即日融資を受けるための方法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 即日融資に無人契約機は必要不可欠 即日融資を受けるうえで、必要不可欠なのが「無人契...


関連記事をチェック!

即日融資を受けるための条件!申し込みの流れと注意点

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 違法な業者には申し込まない 冠婚葬祭や家電製品の故障、急な飲み会の誘いなど、誰でも...

銀行カードローンは即日融資には対応していない

カードローンの利用を考える際には、消費者金融と一緒に銀行カードローンを検討する人も多いと思いますが、残念ながら銀行カードローンは即日融資には対応していません。

以前までは銀行カードローンの中にも、即日融資が可能なところがいくつかありました。

しかし、2018年1月に銀行カードローンの審査に対する規制が強化された影響で、銀行カードローンでは審査結果の即日回答ができなくなってしまったのです。

そのため必然的に、即日融資もできなくなってしまったんですね。

規制が強化されたことを知らずに、銀行カードローンではいまだに即日融資ができると思っている人も多いかもしれません。

しかし、融資を急いでいる際にはその認識のずれが致命傷になりかねないので、十分注意してくださいね。

7日分の利息の計算方法

借り入れを行った後は必ず返済を行わなければなりませんが、返済で気になるのは利息ですよね。

1週間(=7日)で発生する利息は、どれくらいの金額になるかを具体的に計算してみましょう。

利息は「借り入れ残高×金利×経過日数÷365」という式で計算されるので、金利18.0%で20万円を借り入れた場合、1週間後に発生している金利は、20万円×0.18×7÷365≒690円となります。

借り入れた20万円という金額から見れば、690円ぐらいは誤差ともいえるでしょう。

借り入れた金額や金利によって、1週間で発生する利息は変わってきますが、1週間以内にきちんと返済できるメドがあれば、利息はそこまで気にしなくてもいいかもしれませんね。

短期の借り入れなら30日間無利息キャンペーンを実施しているところが狙い目

冒頭で、「1週間以内であれば何度でも無利息で利用可能」というノーローンの無利息サービスを紹介しましたが、ノーローン以外にも無利息サービスを取り扱っているところはいくつかあります。

ただし、ノーローンの無利息サービスは非常に特殊なサービスで、他の金融機関で取り扱われている無利息サービスは、「初回契約日(or初回利用日)から30日間は無利息で利用可能」という内容が大半です。

ノーローンのように何度も利用可能というわけではありませんが、その代わりに無利息期間が約1ヵ月と長めに設定されています。

1週間以内の返済は無理そうだが、1ヵ月以内に完済できる予定だという場合には、こういった無利息サービスを利用することで、利息の上乗せなしでの返済が可能です。

30日間の無利息サービスを取り扱っているのは、アコム・プロミス・アイフル・レイクALSAといった大手消費者金融が中心です。

短期の借り入れの場合は、大手消費者金融を中心に検討することで、返済負担を軽減できるでしょう。

なお、30日間に完済できない場合でも、無利息期間中にできる限りの返済を終えておくことをおすすめします。

無利息期間が終われば、その時点での借り入れ残高に対して利息が発生し始めるので、借り入れ残高をできるだけ少なくしておくことで、実質的な適用金利をグッと引き下げられますよ。

何度でも無利息で借りる方法はある?

毎月定期的に金欠になるような人は、初回利用に限定された30日間の無利息サービスではなく、ノーローンのように何度でも無利息で借りられる方法をお探しかもしれません。

しかし消費者金融や銀行カードローンの中で、ノーローンのような無利息サービスを取り扱っているところは、残念ながら今のところ存在しません。

金融機関が融資を行う場合、利息を支払ってもらうことで利益が発生しているわけですから、何度でも無利息で借りられるようなところがほぼ存在しないのは仕方のないことでしょう。

親に頭を下げてお願いすれば、何度か無利息でお金を借りられるかもしれませんが、繰り返しになると親も呆れたり怒ったりしてしまいます。

何度でも無利息でお金を借りられる方法を探すよりも、そもそもお金を借りなくて済むような方法を考えるほうが、建設的かもしれませんね。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談