誰にお金を借りる?

お金に困った時に考えるのが誰から借りるのか、どこから借りるのかと言う借入先ですね。借入先の選択は慎重に考えなければなりません。

いくら借りるのか、借入目的は何なのかによっても誰から借りるのか借入先を選ぶためには必要な条件です。借入金額ごとに最適な借入相手先をご説明しましょう。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

誰からお金を借りるのか

困った時に誰からお金を借りるのか重要な課題ですね。

お金を貸してくれる業者はたくさんあります。

しかし借入する金額によっては業者では貸してくれない場合もありますし、借り入れするには審査に通らなければなりません。

申し込み手続きが面倒だな、審査に通るのか不安だな、という人もいるでしょうし、そもそも金融機関からお金を借りることに対して嫌悪感を抱いている人も少なくないでしょう。

銀行はともかく消費者金融となると借りにくい印象は否めません。

あなたにとってどこからお金を借りるのが最適なのか、簡潔にご説明していきたいと思います。

借入金額で分かれる借入先

いくらお金を借りるのかによって個人から借りるのか、金融機関から借りるのか自ずと決まってきます。

消費者金融の最低貸付額は1万円からです。

また銀行カードローンの多くは10万円を最低融資限度額としているところが多いです。

つまり、1万円未満の借入は金融機関を利用することができないということでもありますね。

一度カードローンの審査に通ってしまえば、金融機関によって1,000円単位で借入することも可能ですが、初回申し込みで1万円未満の借入希望金額では貸してもらうことはできません。

もちろん銀行カードローンでお金を借りる場合は、10万円未満だと申し込んでも審査にさえかけてもらうことができません。

誰から借りるかを考える前に、いくらお金が必要なのかによって借入先が変わってくるということをまず認識しておきましょう。

関連記事をチェック!

金融機関から借入先・業者を上手に選ぶ方法

このページでは、カードローンに、それぞれどういった違いがあるのかを説明します。 カードローンについてだんだんわかってきたからそろそろカードローンを申し込もうと思ってい方や、いったいどのカードロー...

1万円未満は誰から借りる?

必要なお金が1万円未満だと借入先は個人が対象です。

借入先の候補として第一にあげることができるのはやはり親でしょうね。

社会人にもなって親からお金を借りるのはちょっと恥ずかしい、と思うかもしれません。

確かに給料をもらっていながら親にお金を借りるのは世間体的に問題がありそうです。

逆に考えれば親から借りることが恥ずかしいということを経験上学ぶことで、二度と借金はするまいと誓うこともできますね。

次の借入先候補としてなるのが親戚や兄弟でしょう。でも親に内緒で親戚からお金を借りる罪悪感は計り知れないものがありますね。

親戚にしてもどうして親から借りないの?と不思議に思うことでしょう。親戚を頼るのはやめておいた方が良さそうです。

兄弟からお金を借りる。これは結構ありそうですね。年上の兄弟から借りるならなおのこと借りやすい候補としてあげることができるでしょう。

関連記事をチェック!

親からお金を借りる方法【非課税にするにはどうすれば?】

結婚式を挙げるためのお金が足りない、失業や転職で生活がピンチとなると、まずは親に相談するという方が多いと思います。 親から借りれば、金融機関で借りるときのように高い金利を取られる心配もなく、返済...

関連記事をチェック!

個人でお金を借りる方法

個人でお金を借りる方法には同僚や友人から借りる方法や親や親戚から借りる方法、その他にも個人間融資掲示板で借りる方法があります。 親や親戚からお金を借りる方法はトラブルになる原因が少ないとしても、...

恋人から借りるのは賛否両論?

次に恋人から借りるというのは賛否両論がありそうですね。

女性が男性から借りるのと男性が女性から借りるのではちょっと意味合いが変わってきそうです。

女性が男性から借りるなら、男として当然という感じを受けますが、男性が女性から借りるのは、ヒモ男のような感じがしてあまり良い印象ではありません。

男性なら友人からは借りたくない気持ちがある

今度は友人から借りるケースを考えてみましょう。

友人から借りるのは1万円未満なら借りやすい金額とも言えますが、お金に困っているということを友人に知られるのはメンツが立ちません。

はっきり言ってカッコ悪いですよね。

それに一度お金を借りてしまうとしばらくの間、あの時お金かしてやったよね、と言われ続けることになるでしょう。

友人関係にひびが入るほどの金額でありませんので、信頼関係を失うことはないとしても男性であればなおのこと男友達からお金を借りるのは優劣を決めるようで、嫌な感じがしますよね。

関連記事をチェック!

お金貸して、と友人に言う際の注意点

もしあなたが「お金貸して」と友人に言われたらどうしますか? 1円たりともお金の貸し借りをしないと決めている人以外は、とりあえずいくら貸して欲しいのか確認するでしょう。 それが100円や200円、1...

10万円未満なら誰から借りる?

1万円以上10万円未満だと借入先は個人にプラスして消費者金融が候補として上がりますね。

もちろんクレジットカードを持っていれば、クレジットカードのキャッシングを利用して借りることも借入先として候補になります。

さすがに金額が10万円に近くなればなるほど親兄弟、親戚からお金を借りるのは難しいと言わざるを得ません。

ひょっこり実家に顔を出して、10万円貸してくれない?と言ってすぐに財布から10万円を取り出せる親はなかなかいませんよね。

恋人から10万円借りれる?

恋人同士でも冒頭でご説明したように、男性が女性から借りるのと女性が男性から借りるのでは借金の受け止め方が変わってきます。

男が女性からお金を借りるのは、やはりヒモ男と認定されるか、または経済力のない男と認定されてしまい、今後の付き合い方に少なからず影響を与えることでしょう。

逆に女性から10万円貸して欲しいと言われたら、男の気持ちとしては甲斐性があることを見せつけるためにも見栄を張ってでも貸す可能性が高いですね。

ちょっと待ってね、とコンビニATMに走りクレジットカードでキャッシングしてくることでしょう。

友人からは借りれない

金額がさすがに10万円に近くなると友人からはますます借りることは無理です。

1万円未満なら信頼関係にひびが入ることがないとしても、10万円となると金の切れ目が縁の切れ目となりそうです。

まして友人が財布の中に常に10万円近くのお金を入れているとは想像することができません。

関連記事をチェック!

友達から上手にお金を借りる方法

友達からお金を借りるには業者から借りる以上に細心の注意を払わねばなりません。業者は仕事として割り切ることができますが友達は業者ではありません。 ヘタをすると友人関係にひびが入り、それがもとでトラ...

関連記事をチェック!

どうしても10万円借りたい【カードローンで借りる必要ない?】

5万円や10万円が必要なのに銀行口座にはお金が入っていない・・・、そんな状況になったとき皆さんはどうしますか? カードローンの利用 最も簡単で手早く10万円を借入する方法はカードローン...

10万円借りるなら金融機関

10万円を借りようと考えるならカードローンで借りるかクレジットカードのキャッシングで借りた方が、自己解決することができて誰にも迷惑をかけることがありません。

最も早く借りるならクレジットカードのキャッシングですね。

なおカードローンの申し込みはインターネットやスマホですることができますから、申し込みするのに面倒な手続きはありません。

審査時間も最短で30分、融資実行まで最短で60分で済ますことが可能な時代です。

金利が安いのは銀行カードローンですが、10万円程度の借り入れならそれほど金利の差は気になることはありません。

それよりも審査に通るかどうかが分かれ目になります。

関連記事をチェック!

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その...

関連記事をチェック!

10万円を借りたい人が注意したいこと

10万円が必要になって今すぐ借りたいケースは新社会人なら起こりやすいことでしょう。貯金もない状態なのに困りますね。 しかし10万円という金額は比較的借りやすい金額です。初めてカードローンを利用す...

銀行カードローンで借入する

銀行カードローンは金利が消費者金融に比べて低く設定されています。

そのため借入審査は厳しくなり、アルバイト収入やパート収入でも申し込みすることができたとしても審査に通るかどうかはまた別の話です。

確実に銀行カードローンの審査に通るためには、少なくても年収は250万円以上、できれば300万円以上は欲しいところですね。

もちろん勤続年数も1年以上、できれば3年以上あった方が審査に有利に働くでしょう。

また既存借入額が年収の1/3近くにあると借入審査に落ちてしまう確率が高くなります。

関連記事をチェック!

銀行融資の審査基準はどうなっているの?

融資実行までの時間をじっくりともてるのならば、断然低金利の公的融資がおススメですが、事業を行っているとそんな悠長なことを言ってはいられない事態に直面することは少なくありません。 そんな時に頭に浮...

関連記事をチェック!

銀行カードローンの借入限度額は年収で決まる?

「お金が必要になったけれども手持ちがない」「金利は安く借入限度額は高く」となるとやはり考え付くのが銀行カードローンです。 しかし実際自分がいくらまで借入可能なのかをあらかじめ分かっていないと、申...

消費者金融で借入する

消費者金融は銀行カードローンに比べて金利が高めに設定されている分だけ、審査はやや甘い部類に入ります。

パート収入アルバイト収入でも審査に通ることができ、最低年収として60万円以上あれば10万円程度の金額なら借りることが可能です。

しかし消費者金融の貸付は総量規制の対象となりますので、既存借入がある場合年収の1/3以上は借りることができません。

年収が300万円なら100万円まで、年収が400万円なら130万円までが借入上限となることに注意しましょう。

関連記事をチェック!

借り入れしやすい消費者金融

カードローンでお金を借りるとき、どこの消費者金融を選べばよいのでしょうか。 皆さんはできるだけ借り入れしやすい消費者金融を探していると思います。 大手消費者金融の審査通過率 借り入れしや...

関連記事をチェック!

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

金融機関から借金をするときは、金融機関が判断する貸付金額の他にも法律によって規制がかかることがあります。 これは貸金業法という法律の中の総量規制によるものです。 法律によって借入が規制され...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談