1万円の借入を行う場合の注意点とは!?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

急きょ飲み会に呼ばれたけど手持ちが心もとない…欲しい服があるけど財布の中身がすっからかん…誰しもそんな経験があるのではないでしょうか。

そんな時に、1万円ぐらいのお金を借り入れられたら非常に便利ですよね。

そこで今回は1万円の借入を行うための方法や、その際の注意点に関して説明していきます。

1万円から利用できる業者を選ぼう!

急きょ借り入れを行えると言えば、やはり消費者金融や銀行のキャッシングサービス・カードローンが頼りになる存在です。

申し込みから審査・契約を経て実際に融資を受けるまで、最短1時間ほどで終わってしまうスピーディーさが魅力です。

しかしこれらのサービスを利用する際には、1つ注意しなければならないことがあります。

それは、サービスによっては最低融資金額が10万円~になっている場合があるということです。

1万円借り入れようと思ったのに契約が10万円からだったから仕方なく10万円で契約した、というのでもお金を借りて急場をしのぐという目的自体は達成できますが、必要以上に借りすぎることは得てしてよくない結果につながりかねません。

まだこれだけ借りることができるなら…と余分に借りてしまい、返済の際にしたくもない苦労をしたくはないですよね(筆者の体験に基づいています)。

ですので、申し込みをする前にホームページなどで最低融資金額を確認して、1万円~となっているサービスを利用するのが賢明だと言えます。

手数料がかからないATMを利用

そして、手数料がかからないATMを利用するというのは借入金額が1万円かどうかに関わらず気を付けておきたいことですが、借入金額が小さければ小さいほど手数料には注意しておきたいものです。

あくまで人間心理的な問題なのですが「10万円を借りるときに手数料として110円を支払う」のと「1万円を借りるときに手数料として110円を支払う」のでは、どちらのほうが「損をした感じ」が強いかというと圧倒的に後者だからです。

もちろん手数料として支払っている金額はどちらも110円なので金額には変わりないはずなのですが、得た効用とそこで発生した費用のバランスの関係で1万円を借り入れるときのほうが損をしてしまっている感覚に陥ってしまうのです。

どうせ利用するなら気持ちよく利用したい…そう考えるのはみな同じのはずですから、少額での借り入れの時こそ手数料がかからないATMを利用するようにしましょう。

急いでいるならクレジットカードも◎

場合によっては、一分一秒を争うほど早くお金が必要な場合もあります。

お店の営業時間がもう終わってしまう、限定商品が残り1個だ…といったようなときは、消費者金融や銀行カードローンに申し込んで審査結果を待っているわずかな時間でもじれったく感じるものです。

そういった時には消費者金融や銀行のキャッシングサービスを利用するのではなく、クレジットカードのキャッシング機能を利用するのがオススメです。

クレジットカードには、普段ショッピングで利用する際に使う「ショッピング枠」と呼ばれる機能の他に、キャッシングが利用できる「キャッシング枠」という機能が付いています。

この機能はクレジットカードを所有してさえいればいつでも利用できます。

ですから、「お金が必要だ!」となった時でもすぐに最寄りのコンビニのATM端末にクレジットカードを挿入することで、キャッシングを利用することが可能です。

ただし、このキャッシング枠で利用できる金額はショッピング枠の金額と合算で計算されるので、今月既にショッピングでクレジットカードを限度額ギリギリまで利用してしまっているというような場合には、キャッシングで利用できる残高が残っていない可能性もあります。

不安であれば、まずはATM端末で利用可能残高を確認してみるといいでしょう。

オススメのキャッシングサービス

では、数あるキャッシングサービスの中から、オススメのサービスを2つご紹介しましょう。

レイク

まず1つ目はレイクです。

レイクは銀行が取り扱っているカードローンにしては珍しく初回無利息期間が設定されており、その期間も他のサービスとは異なる設定になっています。

他社の場合、大抵は「初回利用時(契約時)から30日間無利息」というような設定になっていますが、レイクは「初回契約翌日から60日間」「限度額200万円までの借り入れであれば、そのうち5万円までは180日間無利息」という異なる無利息期間も提供しているのです。

つまり1万円を借り入れる場合であれば、最長で半年間は無利息で利用できるということになりますから、返済時の負担はほぼないも同然なのです。

返済期限をきっちり覚えておいて、60日間の間にしっかり返済できる人であれば通常のサービスで問題ありませんが、ついつい期限を忘れがちだという人はレイクのサービスを利用するといいでしょう。

何しろ期間は半年もありますから、つい忘れていたとしてもいつの日にか思い出すことができるでしょう。

関連記事をチェック!

3571view

【馬太郎が】新生銀行カードローンレイクで申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回はレイクALSAに融資の申し込みをしてみました。 新生銀行カードローン レイクもテレビCMを多く流していますのでほとんどの方はご存知だと思います。 「レ・レ・レイ...


ノーローン

2つ目はノーローンです。
ノーローンが設けている無利息サービスは、「一週間であれば何度でも無利息期間が利用可能」という他のサービスにはない特徴を持っています。

そのため、「ちょっとした金額を借り入れたい」という経験をこれまでに何度か経験してきた人には特にオススメです。

他のキャッシングサービスを利用した場合、無利息で利用できるのは初回利用時だけですから、繰り返し利用してしまうと必ず利息が発生してしまいます。

その点ノーローンであれば、1週間以内に返済しさえすれば何度でも無利息で借り入れることができるため、繰り返し利用した時の負担の差は歴然です。

給料日直前でお金がピンチな時に借り入れて、給料が入ればすぐに返済するというようなスタイルであれば、給料を前借りするような感覚で利用することが可能です。

無利息期間が再び利用できるようになるのは、借り入れた金額を完済し終わった翌月以降になるというような制約はあるものの、きちんと返済を行いさえしていれば毎月無利息期間を利用することができます。

まとめ

以上、1万円の借入を行うための方法やその際の注意点に関しての説明でした。

ちょっとした金額を借り入れたいときには、様々な選択肢があるのでどれをどのように利用すればいいのか悩んでしまいますよね。

最後に少し触れたオススメのサービスも検討してもらいながら、うまくピンチを乗り切ってくださいね。

関連記事をチェック!

30865view

今すぐ即日即金で5,10万円必要な人が稼ぐ方法

この記事を読んでいる人は、すぐにでもお金が欲しいと考えてたどり着いたと思います。 即金で支払いが発生するときに、手元にお金がないということは大なり小なりほとんどの人が経験することで、この記事を書いて...

※レイクALSAの60日間無利息は、初めてお申し込み頂いた方、Webで申込いただきご契約額が1~200万円の方限定。30日間無利息、180日間無利息と併用不可。無利息期間経過後は通常金利適用。

※レイクALSA借入条件●極度額/1万円~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●必要書類/運転免許証※収入証明(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)●要審査

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談