キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

借入金利息の複利と単利の違い、知ってますか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借入金を行えば複利や単利のどちらで利息を支払うのか契約書に記載されています。しかし利息の計算で複利と単利ってなに?と言う人も多いのではないでしょうか。

金融機関から借り入れを起こせば毎月決められた金額を支払えば良いため、利息の複利や単利について知らなくても気にする必要はありません。今回は利息にまつわる複利と単利について簡潔にご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

通常の借入金は単利計算

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる場合、利息の計算は通常単利計算で行います。

単利計算とは、簡単に言えば支払わなければならない利息の計算方法が、元金に対して金利をかけたもののことを言います。

なんだ当たり前ではないか、と思うかもしれません。

それも当然です。借入金の利息計算は単利計算で行うため複利計算のことなんて考える必要がないのです。

ですから銀行カードローンや消費者金融からの借入金、及び事業性資金など金融機関から借りる場合は単利計算で行います。

具体的に単利計算の方法を計算式で表してみましょう。

・利息額=元金x金利/365日x利用日数

以上のように利息の計算元となるのはあくまでも元金が対象です。

また利息計算は基本的に日割り計算することが一般的です。

銀行カードローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシングやショッピングのリボ払いの利息計算は利息制限法の上限金利で計算されることが多いですね。

利息制限法を超えて貸付を行い、利息を受け取った場合は超過分につき元金に充当しなければならないことが定められています。

また出資法によって年20.0%以上の金利で貸付することは刑事罰の対象ですから、適当に月割りで利息を計算すれば良いとはなりません。

万が一にでも年20.0%以上で利息を顧客から取ってしまうと、出資法違反で検挙されてしまいます。

関連記事をチェック!

632view

貸付利率とは

ローンの商品説明を読んでいると「貸付利率」という欄があります。そこには例えば18%などの数字が書かれていますが、よく意味が分かっていない人も多いようです。 借入利率は数あるカードローンの商品を比...

単利計算シミュレーション

では単利計算シミュレーションを行ってみましょう。

計算式をもう一度確認してみます。

・利息額=元金x金利/365日x利用日数

仮に消費者金融から、金利年18.0%で50万円を30日借りた場合の利息計算は、上記の計算式にそれぞれの数字を当てはめるだけで簡単に計算することができます。

・利息額=50万円x0.18/365日x30

なお金利年18.0%は小数点に変換した方が計算が簡単です。

今回は0.18としましたが、借入金利が年14.5%なら0.145という具合に変換してください。

また利息は日割り計算であることを説明したように、毎月決まった日に返済したとしても月によって30日や31日、または2月などは28日、うるう年は29日となりますね。

うるう年は1日当たりの利息額を計算するのに365日ではなく366日で割らなければなりません。

まずは「元金x金利/365日」で1日当たりの利息額を計算しお金を借りた利用日数を掛けます。

したがって借入期間が10日なら10日分の利息、15日なら15日分の利息を支払うのが原則です。

関連記事をチェック!

563view

エクセルで借入金の返済額をシュミレーション計算

「いくら返済すれば返し終わるのか分からない」というのが、借金が返済できない理由の一つです。 このページでは、エクセルを使って借入残高や返済金額の計算をする方法を解説します。 計算の方法を読...

住宅ローンやカードローンのリボ払いも全て単利計算

返済方式は元金均等や元利金均等、リボ払いなどそれぞれ違っていたとしても、利息の計算方式は単利計算そのものと変わりがありません。

カードローンの特徴として、返済途中でも利用限度額まで自由に借り入れができることから、もしかしたら利息を二重に支払っているのではないか?と考える人もいるかもしれません。

そんなことはまずないことです。

利息計算はコンピューターによって自動的に計算されているため、そもそものプログラムに間違いがない限り単利計算で行われているはずです。

借入金の複利計算とは

借入金の複利計算の方法はちょっとだけ単利計算と違った部分があります。まずは計算式をご覧ください。

・利息額=(元金+利息)x金利/365日x利用日数

今度は1日あたりの利息を計算するのに元金と利息を加算した金額に金利を掛けていますね。

このように利息に対して利息がかかるのが複利計算です。

通常の借り入れではありえない計算で方式ですね。

ではどのような場合に複利計算になってしまうのかと言うと、返済期日までに借入金の返済を行わなかった場合です。

例えば金融機関から借入を行い、返済期日に5日遅れてしまった場合、返済期日の翌日から5日分の遅延損害金を支払うことになります。

日割り計算で求められた1カ月分の利息を5,000円としましょう。なお借入残高はわかりやすく50万円としましょう。

以上の計算例で上記の計算式にそれぞれ数字を当てはめると次のようになります。

・利息額=(50万円+5,000円)x賠償額の金利/365×5

賠償額の金利とは遅延損害金の金利のことで、銀行カードローンや消費者金融カードローンの場合金利は年20.0%に設定されていることが多いですね。

また返済期日に遅れてしまうと期限の利益を失います。

期限の利益とは借主が不利にならないように、借入金の返済を返済期日までしなくても良いと定めたものです。

しかし1回でも返済期日に遅れてしまうと、その時点で期限の利益を失うことになります。

期限の利益を失ってしまうのは契約約款上、借入残金の一括返済をしなければならないのです。

しかも適用される金利は約定金利ではなく、遅延損害金の賠償額の金利になってしまうことが、より一層借入金の返済を厳しいものにしてしまいます。

関連記事をチェック!

179view

借金返済の複利計算とは【ローン利用前に確認】

借入返済の利息を計算する方法には単利計算と複利計算があります。 定期預金の金利の計算方法である複利計算は知っていても、借金の利息まで複利計算で算出できるとは驚きです。 単利計算なら借入額に...

複利計算の利息は法律の制限を受ける

心配する必要はありません。

民法や貸金業法では複利計算を禁止してはいませんが、複利計算の利息は利息制限法や出資法の制限を受けます。

複利計算によって求められた利息額が利息制限法を超える場合、並びに出資法を超えることは許されていません。

消費者金融の標準金利である年18.0%は利息制限法の上限金利ですね。

10万円以上100万円未満の借入に適用される金利はあくまでも年18.0%と決まっています。

仮に消費者金融で借入し複利計算で利息を支払わなければならないとなると、加算された利息分だけ利息制限法の金利をオーバーしてしまいます。

場合によっては出資法の金利を上回ってしまうこともあるかもしれません。

よって返済期日までに支払わなかったとしても、よほど悪質でない限り一括請求されることもなければ、顧客に対して期限の利益を再び与えているのが通例となっています。

遅延損害金額は出資法適用外

なお返済遅れて複利計算が適用されるのは、よほど借入金利が低い場合と考えていいでしょう。

消費者金融で複利計算を行うのは法律に違反する可能性が高いです。

その代わり遅延損害金はあくまでも貸金業者に対する損害賠償の支払いです。

よって総支払利息額が出資法の適用を受けることはありません。

関連記事をチェック!

25view

消費者金融の上限金利は2つの法律で決まってる?【昔より大幅低下】

上限金利を定めた法律には、ふたつあるということをご存じでしたでしょうか。 それぞれ定められた上限金利は個人間融資なのか、営業目的の貸付なのかによって適用が異なります。 また法律によって上限金利を超...

一般的な遅延損害金の求め方

返済期日までに間に合わなくて5日遅れた場合の利息の計算は、まず単利計算によって1カ月分相当額の利息を求め、返済に遅れた日数分だけ遅延損害金を別に計算します。

具体例を挙げれば、1カ月分の利息が5,000円、5日遅れた遅延損害金の利息が500円なら合計で5,500円を返済すれば良いわけです。

利息の計算が別々になりますから、複利計算で利息を支払わなければならないということはありませんね。

なお遅延損害金の金利は約定金利の1.46倍まで有効とされているものの、出資法によって年20.0%を超えてはいけないと定められています。

関連記事をチェック!

1806view

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は必ず知っておいた方が良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

関連記事をチェック!

44view

利息制限法とは

利息制限法はお金の貸し借りについてお金を借りた側が不利にならないように上限金利を定め、お金の借主の利益を害することないように定められた法律です。 各種ローン契約やカードローン契約でお金を借りれば必ず...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-04-26 08:32:48

    こんにちは。飛雄馬です。

    貸付元金が100万円以上になっていますから、金利は最高でも13.2%くらいですよね。そうしないと年利15%の利息制限法違反になってしまいます。複利計算は1年ですかね。

    それで計算すると、
    1年目の利息は310,200円(合計2,630,200円)
    2年目の利息は351,146円(合計2,981,346円)
    3年目の利息は397,497円(合計3,378,843円)
    4年目の利息は449,966円(合計3,828,809円)
    5年目の利息は509,361円(合計4,338,170円)
    6年目の利息は576,596円(合計4,914,766円)
    7年目の利息は652,706円(合計5,567,472円)
    8年目の利息は738,863円(合計6,306,335円)

    ですから1,000万円にはほど遠いです。なお計算が間違いしていたら申し訳ありません。

  2. 鳴川さん|2019-04-25 08:49:10

    はじめまして、元金235万円を貸し付けして
    8年放置されたままで複利計算すると
    8年後元金は一千万を超えますか?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談