キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

みずほ銀行カードローンの借入金利や利息について

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

みずほ銀行カードローンの魅力は借り入れ金利が低いことと、最高融資限度額が比較的高いことです。

以前まであったカードローンのプランは廃止されています。

メガバンクみずほが発行するカードローンであり、ハイスペックな内容と、どれをとっても一流ですね。

そんなみずほ銀行カードローンの借り入れ金利で、ちょっと気になる情報についてご説明します。

この記事はこんな人にオススメ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • みずほ銀行カードローンでの利息支払いが気になる人
  • みずほ銀行カードローンを利用することの具体的なイメージを持ちたい人
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

みずほ銀行カードローンの金利は契約限度額次第

銀行カードローンの金利の決めかたは、審査結果に応じて決まるケースと、利用限度額に応じて決まるケースの2つが多いですが、みずほ銀行カードローンの金利の決めかたは後者となっています。

審査結果に応じて決まる場合、審査が終わるまではどれくらいの金利が適用されるか分からないため、返済計画が立てづらいと言えます。

たとえば、「適用金利:2.6%~14.0%」というようなカードローンだとすると、2.6%の金利が適用されるのと14.0%の金利が適用されるのでは、返済負担がまったく違いますよね。

一方、みずほ銀行カードローンのように利用限度額に応じて決まる場合は、希望した通りの利用限度額が設定された場合の適用金利が、あらかじめ一定の数値として分かっています。

そのため、申し込み前から具体的な返済計画を立てやすくなっているのが、大きなメリットです。

関連記事をチェック!

みずほ銀行でキャッシングできる限度額はいくらまで?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 最大利用限度額は800万円 みずほ銀行でキャッシングをする場合にはカードローンを契...

公式HPで金利をチェック!

みずほ銀行カードローン金利
みずほ銀行カードローンでの適用金利は、借り入れ限度額に応じて以下のように設定されています。

借り入れ限度額適用金利(実質年率)
10万円以上100万円未満14.0%
100万円以上200万円未満12.0%
200万円以上300万円未満9.0%
300万円以上400万円未満7.0%
400万円以上500万円未満6.0%
500万円以上600万円未満5.0%
600万円以上800万円未満4.5%
800万円2.0%

以上のようにほぼ100万円単位で借り入れ金利が変動し、数字も大変キリが良いですね。

また、適用される金利も銀行カードローンの中ではかなり低い水準の金利なので、利息負担額も軽くなり返済しやすいカードローンとしておすすめしたいですね。

みずほ銀行カードローンの金利を最低水準に下げるには?

みずほ銀行カードローンの借り入れ利息
みずほ銀行カードローンの金利は、「2.0%~14.0%」と表記されますが、利用限度額に応じて適用金利が決まる以上、最低水準の金利で融資を受けられる条件は自ずと決まってきます。

みずほ銀行カードローンの適用金利を低くするための方法について、説明していきましょう。

増額審査を受ける

みずほ銀行カードローンの下限金利である2.0%で融資を受けようと思ったら、利用限度額を800万円にしなければなりませんが、初回申し込みの時点で800万円の利用限度額が設定されることは、まずありません。

そのため、800万円の利用限度額を設定してもらおうと思うと、増額審査を受ける必要があります。

増額審査を受ける場合は、みずほ銀行カードローンのコールセンターに電話をかけて、増額をしたい旨の相談を行えばそれでOKです。

なお、利用限度額の増額には審査が必要なので、必ずしも増額が認められるわけではありませんし、増額できた場合でも希望した通りの利用限度額になるとは限りません。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンの借入限度額を増額する方法

みずほ銀行カードローンの借入限度額は800万円まで、と個人がカードローンで借りるには十分な金額ですね。できるだけ多くの金額を借りたいのであれば消費者金融よりも銀行カードローンが有利です。 ただし...

最低何年カードローンの利用が必要?

800万円の利用限度額を設定してもらうには、かなり厳しい審査を乗り越えなければなりません。

みずほ銀行としても、最大利用限度額を設定するのには大きなリスクを伴いますからね。

増額審査で重要視されるのは、みずほ銀行カードローンの利用実績です。

最低何年間みずほ銀行カードローンを利用していれば、800万円の利用限度額を設定してもらえるかについて、みずほ銀行は明らかにしていません。

審査では、カードローンの利用年数だけでなく、カードローン利用者の属性や信用情報などを総合的に判断しなければならないので、1つの要素だけで審査の通過可否は決定できないからです。

ただ一般的には、カードローンの増額審査に通過するには、少なくとも1年間はそのカードローンの利用実績が必要であるとされています。

属性や信用情報といった要素が、審査通過ラインを十分超えていると仮定すると、みずほ銀行カードローンを1年以上利用したうえで増額申請を行えば、800万円の利用限度額を設定してもらえる可能性があるでしょう。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンで融資を受ける、借入・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はみずほ銀行カードローンについて説明したいと思います。 この記事はこんな方におすすめです 金利の低いカードローンを探している人 みずほ銀行カ...

関連記事をチェック!

カードローン金利はどこが安い?借入金利を徹底比較!

カードローンといえばスピード審査の即日融資というのが定番になっていますが、今では低金利の銀行カードローンの登場によって、金利にも大きな関心が向けられるようになりました。 カードローンは申し込みし...

カードローン金利はどこが安い?借入金利を徹底比較!

実際に利息シミュレーションをしてみよう!

利息の返済シミュレーションを使う

みずほ銀行カードローンでお金を借りた場合にいくらの利息を払うのか、これから申し込む人にとっては気になる情報ですね。

ここで、利息の計算方法を簡単にご紹介しましょう。

利息の計算は、難しいことでも何でもありません。

以下の式を電卓で計算すれば、誰でも簡単に利息が算出できます。

・借り入れ利息=借り入れ残高x年率/365日x利用日数

利息は1ヵ月単位で計算するのではなく、日割り計算になることに注目してみてください。

たとえば、みずほ銀行カードローンで50万円を借りたとしましょう。

上記の計算式に、分かっている数字を代入してみます。

・借り入れ利息=50万円x0.14/365x利用日数

計算式で変わるのはみずほ銀行カードローンで何日お金を利用したのか、その日数だけです。

なお、利用日数は借り入れした翌日から返済日までの期間のことを言います。

◆借り入れ日数5日間
・借り入れ利息=50万円x0.14/365×5
計算結果求められた利息は958円です。

◆借り入れ日数30日間
・借り入れ利息=50万円x0.14/365×30
計算結果求められた利息は5,753円です。

計算式が簡単なだけに、誰でも計算できますね。

もちろん返済していくにしたがって借り入れ残高が少なくなってきますので、50万円を借りて30日間利用しても常に利息が5,753円にはなりません。

借り入れ残高が30万円に減れば、30日間の利用で必要な利息は3,452円となります。

みずほ銀行のホームページ上では、カードローンの返済シミュレーションも行えます。

そういった機能も活用しつつ、返済金額を変えると返済期間や総返済額がどのように変化するかを確認して、自分の納得のいく形で返済を行っていくといいでしょう。

関連記事をチェック!

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」...

関連記事をチェック!

25万円すぐ借りたいけど利息とか返済額はいくら?

25万円今すぐ借りたいなと考えている人にピッタリなのが、アコムやプロミスなどの大手消費者金融です。お金を借りるなら安心して借りたいですよね、大手消費者金融なら安心で安全、プライバシーの保護もばっちりで...

同じ50万円借りる場合の他社比較

金利※年14.0%で50万円を借りる
みずほ銀行カードローンで50万円を借りる場合のことは、なんとなくイメージできつつあると思います。

では同じ50万円を、別の金融機関で借りる場合と比較してみましょう。

アコム

銀行カードローンと同じく、カードローンを取り扱っている金融機関として代表的なのは、消費者金融です。

そんな消費者金融の大手であるアコムで50万円を借り入れることを、考えてみましょう。

アコムの適用金利は3.0%~18.0%ですが、50万円程度の借り入れであれば上限金利である18.0%が適用されるケースが大半です。

みずほ銀行カードローンで50万円を借り入れた場合の、30日間での利息は5,753円でしたが、アコムで50万円を借り入れた場合の30日間での利息は、50万円x0.18/365×30=7,397円です。

金利が4.0%違うと、1ヶ月で発生する金利が1,600円ほど違うことが分かります。

この差は、返済期間が長引けば長引くほど積もり積もって、総返済額に大きな差を与えます。

関連記事をチェック!

アコムで50万円借りると返済が大変?

気軽に利用できることが“売り”の消費者金融アコム。 しかしながら、気軽に借りられるからといって、簡単に返済できるとは限りません。 「アコムで借りたいな。でも、返済できるかな?」と不安に思っ...

プロミス

プロミスも大手消費者金融の一角ですが、プロミスの適用金利は4.5%~17.8%と、上限金利がアコムよりもわずかに低くなっています。

プロミスで50万円を借り入れた場合の30日間での利息は、50万円x0.178/365×30=7,315円となり、アコムと大差ないことが分かります。

みずほ銀行カードローンの金利と比較すると、プロミスとアコムの金利の違いは、返済負担にそこまで大きな影響を与えないことが分かりますね。

関連記事をチェック!

プロミスの借金50万!利息をお得に返済する方法と融資条件まとめ

プロミスの借金が50万円。 年利17.8%が適用されている場合、口座振替だけで返済していると4年10ヶ月もかかり、プロミスへの返済総額は746,160円にもなってしまいます。 利息だけでも...

無利息サービスを活用する

しかし、アコムやプロミスには、みずほ銀行カードローンにはない大きなメリットがあります。

それは、「無利息サービス」の存在です。

アコムでは、初回契約者限定で、30日間無利息で利用できるサービスを取り扱っています。

プロミスのサービスはさらに優れており、初回契約時ももちろんですが、プロミス会員サービスで貯められるポイントを利用することでも、ポイントに応じて7日間・15日間・30日間の無利息サービスが利用できます。

たとえばこの無利息期間中に、借り入れた50万円のうち30万円を返済できたとすると、利息は残り20万円に対してしか発生しなくなるので、返済負担をグッと抑えられるのです。

このような無利息サービスは、アイフルやレイクALSAといった大手消費者金融でも取り扱っているので、消費者金融で借り入れを行う場合は、無利息サービスをいかに活用するかが、大きなカギを握るでしょう。

関連記事をチェック!

プロミスの30日間無利息とは?

お金を借り入れると利息が発生するということは、多くのかたがご存知だと思います。 しかし金融期間によっては無利息期間を設けているところもあるため、その期間をうまく利用できればお得に借り入れが行える...

補足:みずほ銀行カードローンのメリット

最後に補足的にはなりますが、みずほ銀行カードローンのメリットを、いくつかお伝えしておきましょう。

ATM利用手数料

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行のATMで利用する場合はもちろんATM利用手数料無料で利用できます。

それに加えてコンビニATMの時間外手数料も、月4回までは無料となるので、回数を決めて利用すれば無駄な手数料の支払いを避けられます。

ATM利用手数料は、継続的にカードローンを利用する場合に地味に重荷となるのですが、それが無料になるのは利用者としては非常にありがたいですね。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンの借入&返済ができるコンビニATMはどこ?

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行ATM以外にも「コンビニATM」でも利用可能です。 しかし、「どのコンビニATMで利用できるのか?」、「どんなサービスが利用可能か?」、「利用時間はいつか?」...

WEB完結

みずほ銀行カードローンでは、WEB完結での申し込みが可能です。

来店せずに申し込みから契約までを行えるので、みずほ銀行の窓口営業時間内に店舗に足を運べない人でも、カードローンの契約ができます。

自分の都合のいい時間に手続きを進められるので、忙しい人でも安心の申し込み方法です。

住宅ローン利用で最大優遇金利▲0.5%

みずほ銀行で住宅ローンを利用している人は、カードローンの適用金利を0.5%優遇してもらえます。

そのため、100万円未満の借り入れでは13.5%、800万円の借り入れでは1.5%という、非常に低い金利での借り入れが可能になります。

特に利用限度額が大きくなるほど、適用金利が下がることの恩恵は大きくなるので、まとまった金額を借り入れたい人にとっては見逃せない特典と言えるでしょう。

この優遇特典のおかげで、みずほ銀行で住宅ローンを利用している人がカードローンを検討する場合、選択肢はみずほ銀行カードローン一択になると言っても、過言ではありません。

関連記事をチェック!

みずほ銀行のカードローンは自営業者でも借入できる?

限度額の範囲内で何度でも借入できるカードローンは便利な商品です。 カードローンを利用したいという自営業者の方も多いのですが、自営業者は審査に不利と言われます。 みずほ銀行のカードローンを自...

みずほ銀行カードローンを検討している人にアドバイス

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンらしい低金利に大きめに設定された利用限度額と、非常に使いやすいカードローンです。

住宅ローンを利用している場合は金利が引き下げられるので、さらに優遇された条件での借り入れが可能です。

水準以上のスペックを有したカードローンであることは間違いないので、カードローンを検討している場合には、ぜひみずほ銀行カードローンを選んでみてください。

実際に借り入れを行う場合には、事前に返済計画を立てて、無理のない返済を行えるように心がけましょう。

手持ちのお金に余裕があれば、一括返済を行うなどして、返済負担を減らすように心がけることも重要ですよ。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンの口コミ~実際に利用した人の評価は?

「みずほ銀行カードローン」は、メガバンクのひとつである「みずほ銀行」が発行するカードローンです。 そんなみずほ銀行カードローンを利用している人の、評価はどうなのでしょうか? 今回、みずほ銀...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談