クレジットカードでお金の作り方は何がある?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードは本来、現金が手元にないときや額が大きい商品を購入するとき、分割で購入したいときに、現金の代わりに利用するものです。

ですが、使い方によってはクレジットカードでお金を作ることもできます。

どのような方法があるのか見ていきましょう。

キャッシング枠でお金を作る!

キャッシング枠でお金を作る!

クレジットカードには、ショッピングの際に利用できるショッピング枠とATMで現金を引き出す際に利用できるキャッシング枠があります。

このキャッシング枠は、消費者金融や銀行のカードローンと同じように利用することができます。

つまり、キャッシング枠内の金額までなら、何度でも引き出すことができるのです!

キャッシング枠の確認方法

お手持ちのクレジットカードの明細書を見て下さい。

利用限度額として、ショッピング枠とキャッシング枠が記載されているはずです。

ショッピング枠50万円・キャッシング枠30万円と記載されているならば、30万円まではキャッシングすることができるのです。

クレジットカードの明細書がない場合は、ウェブ明細を確認するか、クレジットカード会社に電話で問い合わせて確認して下さいね。

利用限度額における注意点

ショッピング枠50万円・キャッシング枠30万円と記載されているときは、ショッピングに50万円とキャッシングに30万円の合計80万円まで利用できるというわけではありません。

利用できる総額は50万円で、50万円の中でのショッピング利用が50万円、キャッシング利用が30万円なのです。

つまり、ショッピング枠で既に40万円使っている人なら、残りの利用額は10万円ですので、キャッシングは最大10万円しか使えません。

キャッシングの方法

クレジットカードに記載されているマーク(VISAやマスター、アメックス等)のあるATMに、クレジットカードを挿入します。

「キャッシング利用」(ATMによっては異なる文言のこともあります)と記載されたボタンをクリックし、キャッシングしたい金額(1万円単位であることが多いです)と暗証番号を入力して確定させます。

ほとんどのATMにおいて利用手数料が108~216円かかりますので、翌月のキャッシング返済時に返済額と合わせて支払います。

カードローンとの違い

利用限度額まで何度でも借入可能なキャッシング枠。

カードローンとまったく同じ仕組みのように思えますが、以下の点で異なります。

尚、次の記事でも、カードローンとクレジットカードの違いについて詳細に説明しています。

関連記事をチェック!

50view

クレジットカードのキャッシングと消費者金融の9つの違いとは

銀行などの金融機関以外のところからカードローンを借りる場合の主な借入先は、クレジットカードのキャッシングと消費者金融が挙げられます。 では、クレジットカードのキャッシング消費者金融のカードローン...

利用限度額が頻繁に変わる

消費者金融等のカードローンは、利用状況に合わせて限度額が増えることもあります。

一般的には、6ヶ月~1年スパンで限度額が変更されますので、限度額を増やしたい人は滞納することなくしっかりと返済しましょう。

一方、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠をどれだけ使ったかによって限度額が変わりますので、毎日ショッピング利用する人ならキャッシング枠の限度額も毎日変わります。

任意返済が難しいことが多い

ほとんどの銀行や大手消費者金融のカードローンでは、毎月の定期的な返済以外にも、任意のタイミングで返済することができます。

少し余裕があるときに、自社ATMもしくは提携ATMで簡単に入金返済することも可能なのです。

一方、クレジットカードでもATMで随時返済可能な業者もありますが、大半のクレジットカードでは、カード会社に任意返済をしたい旨を電話連絡し、指定された口座に振込返済(手数料はカード利用者が負担する)するという手順を踏まなくてはいけません。

気軽に借入・返済できるのはカードローンの方だと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

294view

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に...

クレジットカードを発行してお金作る

クレジットカードを発行してお金作る

さまざまなタスクをこなすと換金性のあるポイントがもらえる「ポイントサイト」や「自己アフィリエイトサイト」。

タスクの中には「特定のクレジットカードを発行する」というものもあり、指定された画面からクレジットカードを申し込み、承認されてクレジットカードが発行されると、3千円~2万円相当のポイントがもらえます。

ただし、すぐにポイントが現金になるわけではありません。

タスクに申し込んでからポイントが現金として口座入金されるまでに、1週間~2ヶ月ほどかかることもあります。

ポイントサイトと自己アフィリエイトサイトについては、次の記事も参考にしてくださいね。

関連記事をチェック!

720view

非公開: (統合)お金がない!ポイントサイトでお金を稼ぐ方法

お金がないと、つい、検索してしまいませんか? 「お金を稼ぐ」「カンタン 収入」等、適当な言葉でグーグル検索やヤフー検索をした方も多いことでしょう。 お金や副業関連で検索すると、かならず上位に上がっ...


関連記事をチェック!

234view

自己アフィリエイトで即日即金は不可。2か月後の入金。

即金を得る手段として、自己アフィリエイトがいい、とネット上に出回っておりますが、実際自己アフィリエイトで即現金が手に入ることはあり得ません。 最短でも1ヶ月、通常だと2ヶ月は入金までに時間がかか...

危険度大!ショッピング枠現金化

危険度大!ショッピング枠現金化

キャッシング枠を利用してお金を作る方法もポイントサイト等を利用してお金を作る方法も、いずれも合法ですので、必要に応じて利用することができるでしょう。

ですが、これから紹介する「ショッピング枠現金化」は非合法な方法ですので、オススメすることはできません。

一応、手法だけ紹介しておきます。

現金化業者を利用する

「現金化」で検索すると、数多くの現金化業者がヒットします。

現金化業者を使ってお金を作る方法は次の通りになります。

クレジットカードでギフトカードやブランドバッグなど購入します。

現金化業者に購入した商品を売ります。

商品の代金として、購入額の6~8割の金額を口座に振り込んでもらいます。

流れだけを見れば、特に違法性は感じないかもしれません。

ですが、クレジットカードはそもそも現金化目的で使用してはいけないという決まりがあり、また、クレジットカードで購入したものはその代金の支払いが終わるまでは売却してはいけないという決まりもありますので、間違いなく違法性がある方法だと言えるのです。

次の記事も参考にしてください。

関連記事をチェック!

134view

JCBカードのキャッシング枠でお金を借りる方法

ある程度まとまった金額を急に用意しなければならないときに、JCBカードがあるとすぐにお金を準備することができます。 お金を借りるならカードローンも選択肢にあがりますが、申し込む時間や審査に通る必要が...

質屋やチケットショップ、オークションで売る

現金化業者を利用しなくても、ショッピング枠を現金に換えることができます。

クレジットカードで購入したブランドバッグや新幹線の回数券などの現金価値が高いものを、質屋やチケットショップ、オークションサイトなどで自分で売却するのです。

とはいえ、これも厳密には合法の方法ではありません。

先程述べました通り、クレジットカードで購入したものは代金の支払い(翌月~翌々月)が終わるまでは売却してはいけませんので、現金化業者を通さなくてもアウトなのです。

現金化していることがバレると、突然クレジットカードが利用できなくなってしまうこともありますよ。

関連記事をチェック!

38642view

意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

お金がないとき、最も手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日の内にお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不...

現金化のメリット・デメリットとは?

では、自分で行う場合・業者を通す場合のどちらもまとめて、「クレジットカードの現金化」という行為のメリット・デメリットについて説明していきましょう。

クレジットカード現金化のメリット

まずメリットに関しては、審査の必要がないということが挙げられます。

カードローンの場合は、審査に通過できずに資金が調達できないという懸念がありますが、現金化の場合はすでに所有しているクレジットカードを利用するためそのような心配はありません。

はたから見れば「お金を借りている」というのが分かりにくいのもメリットだと言えるでしょう。

クレジットカードを利用して購入した商品をそのまま買取専門店に売る、という一連の行為を全て見届けられてしまえばバレてしまいますが、現実的に考えてそのような心配は必要ありません。

また、カードローン等を利用して借り入れを行う場合は、信用情報に「借り入れをした」という履歴が残ってしまいますが、現金化の場合は「クレジットカードを利用して商品を購入した」ということしか分かりません。

「借り入れをした」という記録が残ること自体がデメリットなわけではありませんが、信用情報のきれいさを気にする人からすると重要なポイントかもしれませんね。

関連記事をチェック!

589view

現金がない時でもクレカショッピング枠の現金化はアウト

「しまった!電車を乗り越したのに手持ちの現金がない!」「財布を落として公共料金払えない!」 そんな時、どうすれば良いのでしょうか? 今回は各シーンごとの対処法をまとめましたので、是非参考にしてくだ...

クレジットカード現金化のデメリット

続いて現金化のデメリットですが、一般的に借り入れを行う場合には「金利」というものが設定されますが、現金化ではその金利に相当する換金率が非常に悪くなっています。

と言ってもピンと来にくいと思うので、具体的に数字を用いて説明していきましょう。

業者によって換金率は異なりますが、平均的だと思われるのは80%~90%程度ですので、80%と90%でそれぞれ金利を計算すると以下のようになります。

換金率 90%:月利 11.1% → 年利 11.1% × 12 = 133.3%

換金率 80%:月利 25% → 年利 25% × 12 = 300%

ちなみにショッピング枠を50万円分消費すると仮定すると、換金率90%だと45万円を受け取ることになり、換金率80%だと40万円を受け取ることになります。

一般的なカードローンの上限金利は、利息制限法により年利18.0%(10万円以上~100万円未満の借り入れの場合)と定められているので、現金化の金利がいかに高いかがお分かりになるでしょう。

また、業者を通さない場合はこれよりもさらに換金率が下がる(つまり実質的な金利が上がる)ことも考えられます。

緊急にお金を得る方法として頼りになるのは間違いありませんが、他に選択肢がある状況であれば現金化以外を利用したほうが返済の負担は楽かもしれません。

また、クレジットカードの現金化自体がグレーゾーンに足を突っ込んでいるという問題もありますが、これは後ほど詳しく説明します。

業者を通す場合は、クレジットカードの利用履歴などから個人情報が流出してしまう可能性もあるので、そういったところをしっかりしている業者にお願いするのがいいでしょう。

生活が苦しいからクレジットカードキャッシングは危険

一番注意すべきはカードの利用停止!

先ほど、クレジットカードの現金化はグレーゾーンに足を突っ込んでいる行為だとお伝えしましたが、そもそもクレジットカード会社の規約で「換金目的での商品の購入」は禁止されているのです。

直接お金を借り入れるわけではないにせよ多重債務を助長する行為であるため、クレジットカード会社が独自に禁止していることなのですが、この「換金目的での商品の購入」の線引きが非常にあいまいなのです。

「自分で利用しようと思って購入したけど結果的に使わなくなった。しかし返品ができないため、少しでもお金を取り戻そうと買取専門店で売った。」のと、「換金目的で購入して買取専門店で売った。」のでは、実際に行われた行為としては全く同じですよね。

そのため、クレジットカードの使用履歴を見ただけでは「これは換金目的での購入、これは違う」といったことを判別するのは非常に難しいのです。

しかし、クレジットカード会社としても規約に違反しているかもしれない事態をただ手をこまねいて見ているわけにはいきません。

「換金性の高い商品の大量購入」や「換金性の高い商品の定期的な購入」など、クレジットカードの現金化と思しき履歴を見つけたら、そのクレジットカードの利用資格を停止するような対処を行っているのです。

あくまで自己責任で

一度利用資格が停止してしまった場合、そのクレジットカードを再度利用できるようにするには非常に手間がかかりますし、クレジットカード会社にも事情を説明する必要があります。

しかし、本当に現金化をしていたのであれば事情を説明しようがないため、結果としてそのクレジットカードは諦めるほかなくなります。

じゃぁ別のクレジットカードを再度発行すればいいやと思われるかもしれませんが、クレジットカードが利用停止になったという情報は当然信用情報に登録されるため、新たにクレジットカードを発行できるかどうかも怪しいところです。

クレジットカードの現金化は背に腹は代えられない状況では確かに便利な方法ですが、同時にデメリットもかなり大きいため、あくまで自己責任で行うようにしてくださいね。

クレジットカードにも支払えないものがあった!

信用してもらえる使い方をしよう

信用してもらえる使い方をしよう

クレジットカードはその名の通り信用(credit)で成り立っているカードです。

信用を失ってしまうと、クレジットカードの利用権利も失ってしまうことになりかねません。

カード会社から信用してもらえるような使い方をするようにしてくださいね。

クレジットカードにおける信用とは何かという問題については、次の記事を参考にしてください。

関連記事をチェック!

551view

クレジットカードの遅延・延滞は信用情報機関に登録

クレジットカードを延滞した場合、信用情報機関に影響はあるのでしょうか? また、信用情報機関に影響があるとしたら、何日からでしょうか? 遅延の記録が載る明確な基準は無い 筆者はクレジットカード会社...


関連記事をチェック!

258view

クレジットカード会社が加盟する信用情報機関とは

クレジットカード会社が加盟している信用情報機関はどこなのかご存知でしょうか。CICだけに加入しているわけではありません。 クレジットカードに申し込んできた人の信用格付けを正確に行うために信用情報機関...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. (即日融資)2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談