キャッシングを利用すると信用情報に傷がつく?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

キャッシングやカードローンの審査に落ちる人は、信用情報に傷があることが原因であると言われます。

金融知識のない人には信用情報と聞いても、どのような情報が当てはまるか分からないことも多いです。

信用情報に登録される情報や傷がつく理由など、詳しい内容を確認していきましょう。

この記事はこんな方におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 信用情報とは何かについて知りたい人
  • 信用情報にキズが付いてしまった場合の対処が知りたい人
  • 信用情報のキズがローンやクレジットカードの申し込みに与える影響が気になる人
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

キャッシングしても信用情報に傷はつかない

キャッシングしても信用情報に傷はつかない

キャッシングで勘違いをしやすいことに、消費者金融や銀行のカードローンを利用しただけで、傷がついてしまうと思っている人がいます。

たしかに、クレジットカードのキャッシングやカードローンの利用情報は信用情報として登録されますが、あくまでもその人の利用履歴が登録されるというだけです。

キャッシングやカードローンの利用をしたからと言って、傷がついてしまうということはありません。

傷がつく場合は信用情報に残る一部の情報だけであり、カードローンやキャッシングを利用しただけでは、信用情報に傷がつくことはないのです。

信用情報ってどんな情報?

金融機関はカードローンやクレジットカードの審査時には、申し込み者が記入した内容や提出した書類以外に、個人信用情報という金融取引に関する情報を確認しています。

この個人信用情報には、どのような内容が含まれているのでしょうか。 具体的に確認していきましょう。

記録されている内容

個人信用情報として登録されている項目は、クレジットカードやカードローンなど、キャッシングを利用した情報が中心です。

たとえば、クレジットカードの申し込みを行った情報や、クレジットカードの契約を行った情報、返済や完済をした情報などが個人信用情報として保管されています。

また、クレジットカードの利用歴などが登録されているため、これまでクレジットカードやカードローンなどキャッシングの利用がないときには、個人信用情報に何も情報が登録されていないこともあります。

登録されている情報は永久に残るわけではなく、情報ごとに決まっている保存期間が過ぎることで消滅するため、長期間キャッシングを利用していない人も、個人信用情報がありません。

関連記事をチェック!

9338view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

信用情報は3つある機関で管理している

信用情報は3つある機関で管理している

キャッシングやカードローンを利用した情報など、金融機関との取引を行った情報は信用情報と言われ、金融機関に取り扱われています。

この信用情報は、取引を行った当該機関が直接集めるのではなく、個人データ保護等の観点から信用情報機関という専門機関が収集や提供を行っているのです。

信用情報機関は3つ存在しており、それぞれ提携先の金融機関が異なっています。

  • KSC

預金業務を行う銀行や信用金庫などの金融機関が利用しています。

  • CIC

信販会社やクレジットカード会社が加入者の大半を占めています。

  • JICC

消費者金融業者やクレジットカード会社が加入しています。

お金を貸出ししている金融機関は、必ず信用情報機関に加入しなければなりません。

また、信用情報機関によっては、加入して会員となる金融機関の業種を制限していることもあります。

たとえば、一部の銀行は3つの信用情報機関に加入していますが、大手消費者金融業者の加盟先はCICとJICCとなっていることが多いです。

関連記事をチェック!

13682view

CIC、JICC、全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

  業者ごとに加盟する信用情報機関が違う 一部の情報は3つの機関で共有している 信用情報機関に登録されている情報は個人で照会できる 日本で「信用情報機関」というと、CIC...

信用情報機関の役割とは

信用情報機関の役割とは

信用情報機関の役割は、カードローンなどの申し込み者の信用力の調査を行うために必要なデータを保存し、加入している金融機関から信用情報の照会があれば、情報を提供することです。

したがって、信用情報機関はカードローンなどキャッシングの審査を行うのではなく、信用情報の収集や提供が主になります。

信用情報機関に登録されている個人情報とは、たとえば、申し込み者の本人情報として名前や生年月日、住所や電話番号、勤務先や勤続年数及び年収、運転免許証の番号や保険証の番号などです。

他にも他社借り入れ件数や金額、返済状況などが金融業者ごとにこまかく登録されています。

キャッシングやカードローンの利用で信用情報に傷はつかない

これまで解説したように、キャッシングやカードローンといった金融商品・サービスを利用したり契約したりしただけで、信用取引履歴、つまりクレジットヒストリーに傷がつくことはありません。

単にお金を借りたという情報が、信用取引履歴に残るだけで傷がついてしまうということはありません。

ただし、審査落ちをしたり複数のクレジット会社や消費者金融を利用したりするという目的で何度も申し込みをすると、申し込みブラックという審査に通りにくい状態になるので、気をつけてください。

リボ払いをしても信用情報に傷はつかない

キャッシングリボやショッピングリボ、カードローンの返済にリボ払いを利用していても、それだけで信用取引履歴に傷が残ってしまうということはまったくありません。

そもそもリボ払いとは、クレジットカードやカードローンの返済方法のひとつであるため、基本的に他のキャッシング利用と、情報の内容は変わりがありません。

利用枠の範囲内で適度に利用して、毎月の返済も滞りなく行っていれば、リボ払いであっても信用情報に傷がついてしまうことはないです。

信用情報に傷がついてしまうとは?

信用情報に傷がついてしまうとは?

キャッシングの審査を行うときに、信用情報に傷がついていると審査に通りにくいと言われていますが、信用情報に傷がつくとはどのような状態を指すのでしょうか。

また、キャッシング利用中にどのようなことをすると、信用情報に傷がつくのかも併せて解説していきます。

キャッシングやカードローンでお金を借りていても、利用状況が信用情報機関に登録されるだけで傷にはなりません。

しかし、返済に関するトラブルなどお金を借りるときに影響を与える行為は、信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報につく傷は程度によって、審査に与える影響が異なってきます。

たとえば、キャッシングの返済を滞納した場合、短期間の滞納よりも2か月以上の長期延納をしたときのほうが、審査に与える影響が大きいです。

ただし、金融機関によっては、たとえ小さな傷でも審査に大きく影響を与える可能性がありますので、新たにキャッシングをする場合やカードローンに申し込む場合は、支払期日までに確実に返済しておくことが重要です。

金融事故情報が記録された状態を言う

これまで確認してきたように、キャッシングを利用するだけでは信用情報に傷がつくことはありません。

しかし、返済に関するトラブルなど、いわゆる金融事故を起こしてしまうと、信用情報に金融事故情報が信用情報に傷をつけてしまうことになってしまいます。

金融事故情報が記録されてしまうと、後々のキャッシング利用やローンを組むときに悪影響がでますが、事故情報の内容によって影響する程度が変わってきます。

例として、返済日をうっかり忘れてしまい1日返済日が遅れてしまったとしても、金融事故として登録されますが、審査に大きく影響を与えないことが多いです。

関連記事をチェック!

3865view

信用情報機関にクレジットカードやローンの滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損害金...

金融事故情報とは?

金融事故情報とは?
信用情報で最も重大な傷は、金融事故(異動情報)です。

金融事故があると借り入れ審査に大きな影響を与え、借り入れに関する契約審査に通らないことがあります。

それぞれの金融事故の内容を見ていきましょう。

長期延滞や強制解約

たとえば契約日に借り入れを行ったカードローンを、返済期日に支払うことなく61日が経過してしまうと、長期延滞及び強制解約として、金融事故となってしまいます。

毎月の約定返済日から数えて61日を過ぎると、自動的に金融機関や信用情報機関から長期滞納と認識されてしまうため、利用者に長期滞納と認知された連絡がないこともあります。

金融事故となってしまった場合、その後に返済しても情報自体消えることがありません。

個人信用情報機関によっては、信用情報の保存期間が違います。

しかし、JICCで登録された情報も、金融事故となった時点でCICとKSCにも共有されてしまいます。

CICとKSCでは5年間信用情報機関に登録されますので、一度登録されると長期間影響を受けることとなるのです。

関連記事をチェック!

5021view

借入の返済を延滞中の人注目!滞納中でも借り入れできる!

金融機関に借入をしたものの延滞してしまった、あるいは借入していること自体を忘れている(または既に完済したと思っている)、延滞していることを理解しているが返済分のお金がどうしても出てこない、様々な事情が...


関連記事をチェック!

7528view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

任意整理や特定調停

法律の専門家に依頼して借金の軽減をしてもらうこと、及び裁判所に直接申し立てて特定調停した事実も、金融事故として長期間登録されます。

任意整理や特定調停の登録される期間は、5年間です。

ただし、個人信用情報機関によっては、登録開始日が任意整理の発生日であるところと、借り入れ完済日であるところと2種類あります。

信用情報に登録される期間は、借金の支払いがあと3年残っているときは、返済を終えてから5年ですから、合計で8年間登録される可能性があるのです。

自己破産や個人再生

借金の返済が行えずに大幅に返済額を減らしてもらう「個人再生」や、返済が完全に不可能なときに利用する「自己破産」は、官報情報と言って、政府が発行する新聞に掲載されます。

個人再生や自己破産を行えば、借金の返済を大幅に楽にできます。 しかし金融機関からは、「また返済に困って自己破産するのでは?」と思われてしまうため、信用情報として残っている間に新たに借り入れを行うことは、ほぼ不可能です。

また、自己破産や個人再生は金融事故の中では保存される期間が長く、最短でも5年間、最長では10年間保存され続けます。

関連記事をチェック!

675view

個人再生とは

個人再生は住宅などの不動産やその他の財産を処分することなく、借金を1/5に減額させる債務整理のひとつです。とくに多額の借金を抱えながら、自己破産したくてもできない人が取る方法で、裁判所によって強制的に...

保証会社による代位弁済など

銀行カードローン等を利用する場合、申し込み条件に必ず「保証会社の保証を受けられること」という条件が挙げられています。 保証会社とは、カードローンのような無担保無保証のローンにおいて、利用者が返済できなくなった場合に、利用者に代わって返済を行ってくれる会社です。 本来の利用者に代わって保証会社が返済を行うことを「代位弁済」と言いますが、代位弁済はそうそう簡単に行われることではありません。 上述したような長期延滞等ののちに、金融機関が緊急的に債権を回収するために行われることなので、代位弁済が行われている時点で、信用情報にキズが付いてしまっていることは免れません。

債権回収

カードローンでは、多少返済が遅れたとしても、しばらくの期間は督促の連絡を行ってくるだけであり、利用者の自主的な返済を待ってくれます。 返済が遅れたから即契約を終了として、残債の一括返済を求めるというようなことはないのです。 しかし、金融機関が返済を待ってくれる期間には、さすがに限度があります。 一定期間、返済や支払いが行われなければ、裁判所を介して債権回収に乗り出してくる可能性があり、そうなってしまうと信用情報にキズが付くことは避けられません。 債権回収の手続きを行う前には、必ずその旨の通知が来ますので、実際に債権回収が行われる前に、何としてでも返済・支払いを行うようにしましょう。

申し込みブラック

信用譲歩上の自己履歴が何もないはずなのに、カードローン等の審査に落ちるという場合は、申し込みブラックになってしまっている可能性があります。 申し込みブラックとは、一度に複数のカードローンに申し込んでしまい、その申し込み情報がすべて信用情報上に登録されてしまっている状態のことです。 複数のカードローンへの申し込み情報があることを金融機関が把握すると、返済能力を疑われてしまい、他の要素に問題がなくとも審査落ちになってしまう場合があるのです。 カードローンに申し込みを行う場合は、できるだけ複数同時申し込みは避けて、1社ずつ申し込みを行うように心がけましょう。

携帯電話代の延滞なども関わってくる

ここまで挙げてきた金融事故情報に関しては、人によっては一切無縁であるものも多々あります。 しかし、現代社会で生きる多くの人が関係のある事故情報が、意外なところに潜んでいます。 それが、「携帯電話代の支払い延滞」です。 最近の携帯電話は、本体価格が非常に高騰しているので、端末代金を一括で支払うのではなく、分割支払いにして毎月の利用料と一緒に支払っている人が多いと思います。 「自分がすでに利用しているものの代金を分割で支払っていく」というのは、ローンの考えかた・支払いかたとまったく同じなので、これも信用情報に登録される情報となります。 つまり、携帯電話代の支払いを延滞してしまうと、信用情報にキズが付いてしまうことになるんですね。 そういったことを自覚せずに、軽い気持ちで支払いを遅らせてしまう人もいると思いますが、それが原因で後々ローンを組めなかったりクレジットカードを発行できなかったりすると、泣くに泣けません。 毎月の携帯電話代は、必ず期日までに支払うようにしてくださいね。

信用情報に傷がつくとどうなる?

信用情報に傷がつくとどうなる?

キャッシング利用中に金融事故を起こすことが、信用情報に傷がつく原因となることが分かりました。

それでは、信用情報に傷がつくと、具体的にどのような場面で問題が起こってしまうのでしょうか。

ここでは、信用情報に傷がついたときに起こる影響について、解説していきます。

ローン審査に通らなくなる

信用情報に傷がついても、審査するのは金融機関ですから、金融機関によっては審査に影響を及ぼさない可能性もあります。

しかし、一般的には金融事故が登録されている間は、借り入れに関する契約は審査に通らないことがほとんどです。

住宅ローンはもちろんのこと、オートローンやクレジットカード等の申し込みや更新も、できなくなってしまいます。

また、携帯電話の分割払いも金融機関を挟んでいるため、審査に通らないことがあります。

日常生活に大きく影響を与えてしまうため、金融事故を起こさないように注意してください。

信用情報の記録情報は自分で確認できる

信用情報に傷がついてしまった場合や、利用情報が更新されたとしても、そのたびに個人信用情報機関や金融機関から連絡が来るわけではありません。

しかし、キャッシング審査に通るために、現在の自分の個人信用情報にどのような情報が載っているかを、事前に把握しておきたいでしょう。

このようなときには、個人信用情報機関に情報開示の請求を行うことで、自分の個人信用情報に何が記載されているのかを、確認できます。

情報開示請求

個人信用情報機関に信用情報の確認を行うことを、情報開示請求と言います。

情報開示請求は誰でも行うことができますが、請求に当たって手数料が必要となるので気をつけてください。

また、個人信用情報機関によって、開示した情報の受け取りかたが異なりますが、郵送での受取りを希望する場合には1~2週間ほど必要なので、時間に余裕を持って申し込みをしましょう。

先ほども紹介しましたが、個人信用情報機関は日本に3社あるため、申し込みをする金融機関が提携している個人信用情報機関に、開示請求をする必要があります。

銀行系のローンを利用するときにはKSCに、消費者金融であればJICCやCICが提携していることが多いため、事前に確認してください。

関連記事をチェック!

3860view

【馬太郎はブラックリスト?】JICCの信用情報を開示する方法と見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 最初に、JICCへの開示申請は以下の...

キャッシングの履歴は何年で消えるの?

キャッシングの履歴や個人信用情報についた傷の情報は、時間経過でのみ消すことが可能です。

キャッシングの履歴が消えるまでの時間は、保管されている情報によって変わります。

個人信用情報機関によっても、登録されている期間が変わりますが、目安として以下の表に記載されている間、保管されます。

個人信用情報内容保存期間
申し込み情報半年~1年
返済の情報5年
長期間の滞納
(2か月以上)
1~5年
債務整理5~10年

債務整理や長期滞納などの金融事故の情報も、消えるまで長期間が必要ですが、時間経過で情報が消滅します。

解約しないと信用情報は消えない

個人信用情報は時間経過で消えますが、情報によっては消えるまでの時間が異なります。

また、クレジットカードやカードローンは完済を行ったとしても、解約を行わなければ個人信用情報に契約情報が残り続けるため、審査のときに契約の確認をされてしまいます。

住宅ローンやマイカーローンを組むときには、キャッシングと契約している情報があると不利になりやすいため、事前に解約することがおすすめです。

関連記事をチェック!

2822view

CICやJICCの信用情報からブラックリストの記録を消す方法は存在する?

「私、ブラックリストに載っているからクレジットカードが作れないんだよね。」 某クレジットカード会社の営業時代に、筆者がよく聞いた言葉です。 ブラックリストとは、正確にはどのようなものなのでしょうか...

住宅ローンの審査はキャッシング中だと通らない?

住宅ローンの申し込みをするときに、キャッシングの情報が残っていると審査に通らないという情報が、ネット上で見受けられます。

住宅ローンに申し込む前には、キャッシングを解約しておく必要があるのでしょうか。 住宅ローンとキャッシングの関係性について、解説していきます。

審査で重要なポイント

住宅ローンを取り扱う会社が重要視するポイントとして、申し込み者から長期間にわたる支払を滞りなく行ってもらえるかが、大切になります。

住宅ローンの返済は、35年以上の長期間にわたり高額な返済が必要です。

したがって、以前にキャッシング利用で延滞を行うなど、返済にトラブルを起こしていると、住宅ローンの審査に悪影響がでます。

完済をしていても、延滞情報が個人信用情報に残っていると、住宅ローンの金融機関に悪い影響があるので気をつけてください。

キャッシングを利用していても、計画的に返済をして延滞をしていなければ、住宅ローンに影響がありません。

ただし、収入から見てあきらかに使い過ぎているなどのときは、生活費が足りていないと見なされて、住宅ローンの審査に通りにくくなります。

年収に対して年間いくら借金返済をしているか

返済トラブルなどの信用情報以外にも、キャッシング利用額が高額である場合には、住宅ローンの審査落ちをする可能性が高いです。

キャッシングの返済が高額で、毎月の返済が大きいときには、住宅ローンの審査時に「住宅ローンの返済ができないのでは」と判断されてしまいます。

住宅ローンの契約時には、契約者の年収を基準にしてローンの金額を設定します。

したがって、キャッシングの返済が残っている場合、この金額分だけ住宅ローンの金額を減らさなければなりません。

キャッシングの完済まで残りわずかな金額である場合には、住宅ローン会社によっては大きく影響を与えないこともありますが、できる限りキャッシングの返済を終わらせてから、住宅ローンを申し込みましょう。

クレジットカードはキャッシング中だと通らない?

クレジットカードの審査でも個人信用情報の確認をされ、キャッシングなどの利用状況のチェックが行われます。

キャッシング利用中のときには、クレジットカードの審査に通りにくいのでしょうか。

クレジットカードの審査とキャッシングの関係性について、解説していきます。

ショッピング枠は関係がない

クレジットカードの利用は、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類に分けることができます。

実は、このふたつの利用方法は対象となる法律が異なるため、審査も別々で行われることが多いです。

ショッピング枠は、カードローンなどのキャッシング枠とは直接的な関係性がないため、キャッシングを利用していても大きく審査に影響をすることはありません。

ただし、キャッシングの利用中に金融事故などのトラブルを起こしているときには、例外として審査に影響を与えます。

キャッシング枠は 年収の1/3を超えると審査に通らない

クレジットカードのキャッシング枠に関しては、カードローンなどのキャッシングと同じように扱われるため、キャッシングの利用金額が総量規制を上回る場合には利用ができません。

貸金業法の総量規制では、「申し込み者の年収に対して、3分の1以上の借り入れができない」とされています。

したがって、クレジットカード申し込み前に年収の3分の1の借り入れがある場合や、キャッシング枠と併せて3分の1を超える場合には、審査落ちとなります。

また、銀行やクレジット枠の利用金額も直接的には影響がありませんが、2018年以降個人向けの融資を抑制する規制がすすんでおり、高額な借り入れは審査落ちとなりやすいため気をつけてください。

関連記事をチェック!

4997view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

まとめ

キャッシングの利用や契約内容は、必ず個人信用情報として個人信用情報機関に登録されます。

ただし、個人信用情報に金融事故の情報が残っていると、ローンやキャッシングの審査時に不利となり審査落ちをする可能性があるため、滞納や債務整理はおすすめできません。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談