銀行から借入するメリットとデメリットを比較!!

借入を考えている方にとって、どこで申し込むべきかは悩みどころです。

借入経験の少ない初心者には、どう比較すれば良いのかも解りにくいですよね。身近な銀行を利用する場合のメリット、デメリットをご説明いたします。

執筆者の情報
名前: 芦田春馬
年齢:39歳
性別:男性
職歴: 平成13年に都市銀行に就職。その後、ノンバンクに転職

関連記事をチェック!

銀行借入とは

会社を営んでいる人、個人で事業を営んでいる人は銀行から事業資金を借りることができます 事業資金は個人が車や住宅を購入する時の融資とは異なり、会社の事業に対して行う融資ですので、審査、金利、融資条...


審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.0%~18.0%
最短即日
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<

銀行で借入するメリット

個人にとって借入が必要な時に利用できるのは、銀行だけでなく、消費者金融や、信販会社(クレジットカードのキャッシング)などが考えられます。

特に、親しみがあって、色々と接する機会が多い銀行は最初に思い浮かぶ相手ではないでしょうか。そんな銀行から、借入する場合のメリットをご説明いたします。

やっぱり金利が低いのは銀行!!

銀行からの借入の最大のメリットの1つは金利の低さでしょう。

銀行と、消費者金融で同様に利用できるカードローンを例として比較してみます。

一般的な銀行は、おおよそ15%程度までの金利で借入が可能です。

例えば、三菱UFJ銀行の「バンクイック」の場合、100万円以下の借入で最大14.6%が適用されます。

カードローンの利用限度額が大きくなる(大きな極度を設定してもらえる優良顧客となる)と、金利は低下し、最大極度額の400万円~500万円の場合、1.8~6.0%での借入が可能です(2017年6月1日現在)。

同じ三菱UFJ銀行系列の消費者金融であるアコムの金利を見てみます。

100万円未満の借入の場合、最大で18%となっており、三菱UFJ銀行の方が、3%以上低くなっています。

極度額の最大である800万円でも3%~15%の適用となっており、15%が適用された場合には、銀行が、9%以上も低くなることとなります。

なお、銀行にはカードローン以外にも、資金使途に応じた融資商品があります。

実際の資金使途と合致する商品があれば、更に低金利で借入できる可能性もあります。

関連記事をチェック!

銀行借入の金利はどれくらいが相場?

銀行融資は消費者金融などの融資よりも金利が低いというようなイメージをお持ちの人も多いのではないでしょうか? 一口に銀行融資といっても誰が借りるのか、どのような目的のローンを借りるのかによっても金...

関連記事をチェック!

目的ローンは低金利でお得なローンってご存知ですか?

目的ローンは低金利でお得なローンであるということをご存知でしょうか。銀行カードローンよりも金利は安いですよ。 カードローンの台頭によりすっかり影を潜めてしまった目的別ローンですが、まとまったお金...

借りられる額が大きくなるかも!?

銀行で借入した方が借入できる金額が大きくなる可能性があります。

その理由として、総量規制の影響があげられます。

総量規制というのは、消費者金融などの貸金業者から、個人が無担保で借入できる金額の上限を制限する法律です。

具体的には、年収の3分の1を上限としています。

例えば、年収300万円の方が、消費者金融などの貸金業者から借入する場合、100万円を超えて借入することはできません。

これは、複数の貸金業者に分散しても、合計で計算されるため、上限は増加しません。

一方、銀行は総量規制の対象外です。つまり、前述のような制限を受けません。

もちろん、申込人の状況(ご年収や、勤務年数など)によりますが、総量規制の制限を受けない分、借入可能額は増加する可能性があります。

関連記事をチェック!

総量規制とは

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(仮名) 年齢:55歳 性別:男性 職歴:地域密着の街金を30年近く経営 貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知で...

関連記事をチェック!

総量規制対象外で借りられる銀行系カードローン【自主規制情報も】

総量規制はそもそも、貸金業者が過剰な貸し付けを行うことを規制するものです。 しかし利用者のためになる貸し付けは、例外や除外とされています。代表例を挙げると… 返済専用の「おまとめローン...

取引履歴が有利に働くことも

個人の方では、給与振り込みで特定の銀行を利用していることが多々あります。

そういった給与振り込みなどの取引歴もプラスで評価されます。銀行は、融資審査において、収入の安定性を重要視しています。

そういった収入が続いている口座は信用を得られやすくなります。

また、既に住宅ローンを借りている銀行では、さらに有利な条件でカードローンを利用できるように特典(金利の低下など)を付けていることもあります。

自動融資機能が便利!!

自動融資機能は銀行ならではの機能であって、これを目的に銀行でカードローンを持つ人もいる程です。ご存知無い方も多いと思われますので、機能の概要を説明いたしましょう。

自動融資機能というのは、文字通り、自動で融資してくれる機能です。

例えば、銀行の口座にカードローンの機能を設定しておいた場合、その口座からの引き落とし(公共料金や、クレジットカードの引き落としなど)が、残高不足で落ちないという事態を回避してくれます。

残高不足の時に、カードローンからその金額を自動で融資して、引き落としが出来るように対応してくれるのです。

カードローンの方が、金利が高くてもったいないと思われるかもしれませんが、口座からの引き落としが出来ないと信用を失う可能性があります。

住宅ローンなどでは、他行で借り換えをしようとしても、延滞履歴があると審査で断られることもあります。それほど、延滞をしないことが、個人の信用にとって重要なことなのです。

そういった、うっかりミスによる信用の悪化を防いでくれる機能となります。

返済が楽に出来る

銀行のカードローンの場合、返済も非常に楽にできます。カードローン申込時に設定しておいた返済用口座から、引き落としによる返済が可能です。

例えば、給料が入ったら返済するという借入であれば、返済用口座を、給料振込口座に設定しておくことで、入金忘れによる延滞を防止することも出来ます。

なんと言ってもブランドによる安心感

ドラマや映画などで見て、貸金業者からの取り立てに怖いというイメージを持たれている方もいるでしょう。

実際には法律で規制されており、違反すると貸金業者への罰則などもあるため、大手でそういった取り立てが行われる危険性は低いと思われます。

但し、過去には「武富士」などの大手消費者金融が、違法取り立てで取り上げられたこともあり、やはり不安は残ります。

銀行のメリットとして、こういった危険性が最も低い相手であることがあげられます。

銀行は、ブランドや、信用を非常に重要視しているため、違法な行為を行う可能性は極めて低くなります。

仮に、返済が出来ずに延滞となった場合でも、返済方法について相談すれば、ある程度相談にも乗ってもらえるでしょう。

さらに、延滞が続いても無理な取り立ては行わず、法律にしたがった督促が行われることになります。

関連記事をチェック!

お金借りたいときに安心なカードローン会社ってどこ?

お金を借りたいなら安心して信頼できるカードローン会社を選びたいものです。個人情報を提供するのですから当然ですよね。 お金を借りるのですから金利や審査も気になりますが、金利が安いからといって飛びつ...

銀行で借入するデメリット

もちろん、銀行での借入はメリットばかりではありません。デメリットもあります。こちらもしっかりと理解して、銀行借入の特色を掴みましょう。

やはり審査は厳しくなります!!

大きなデメリットとして、審査の厳しさがあります。銀行での借入金利が低いというのは、銀行がリスクの高い融資を極力行わず、貸し倒れとなる危険性を低くしていることの裏返しでもあります。

そのため、審査は消費者金融に比べて、厳しくなる可能性が高くなります。

但し、審査のポイントとなる「安定的な収入」があれば、借入できる可能性は十分あります。

安定的な収入とは、ある程度の期間の勤務年数(最低1年以上)があって、一定の収入が継続されている状況を指します。

正社員として、一定期間勤務している方には、問題となりにくい項目であると考えられます(他からの借入が多い方などは別として)。

関連記事をチェック!

個人が銀行融資の審査を受ける際の審査基準【元銀行員が語る】

銀行の融資を受けるためには、「厳しい」審査に通過しなければいけません。 「厳しい」審査と思っている人が多いでしょうが、実はポイントさえ押さえて生活を心掛けていれば、意外にすんなりとお金を借りるこ...

関連記事をチェック!

借り入れ審査が通る基準とは【銀行融資審査員が語る】

銀行カードローンの審査基準 銀行カードローンの審査で重要なのは以下の五項目です。 勤続年数(長い方が有利) 雇用形態(正社員が有利) 家族構成(所帯持ちが有利) ...

審査に時間がかかることも!?

消費者金融の場合、申込から即日での融資を行っていることもあります。個人向け融資に注力している消費者金融ならではの対応とも言えます。

銀行では、事前にカードローンの極度額を持っていれば別ですが、あらたにカードローンを作る場合や、その他の借入を申込するのであれば、審査に時間が要することがあります。

時間的に余裕を持って、申込む場合は問題になりませんが、急な用途で借入が必要となる時には対応できないことがあります。

関連記事をチェック!

銀行融資の審査期間はどうなっているの?

低金利で長期返済という好条件の融資を望むのであれば公的融資に限ります。しかし、公的融資は実行までに早くても1ヶ月から1ヶ月半、長くなれば2~3ヶ月もの長い期間を必要とします。 条件はいいものの、...

関連記事をチェック!

個人銀行融資の流れ、審査期間は?

銀行から金を借りたいけど、審査って面倒なの?どのくらいの時間がかかるの?と疑問に感じたことがある人も少なくないのではないでしょうか? 銀行審査にかかる時間や手間はローンの種類によって様々です。銀...

口座に記録が残る

銀行で借入すると、その銀行の口座を作って、口座への入金による方法が取られることがあります。

借入したことを家族などに知られたくないということもありますので、その場合、通帳の記録から見られてしまう危険性も出てきます。

関連記事をチェック!

家族にバレないキャッシング【バレるパターンを学習しよう】

カードローンでのキャッシングを決意したら、即刻動きたいですよね。でも、同居している家族に知られたくない場合、どうすれば良いのでしょうか。 カードローン自体はやむをえなくても、余計な心配をかけたく...

関連記事をチェック!

郵送なしのカードローンでも家族にバレる!?

カードローンを利用するとき、「郵送なしでキャッシングしたい」と考えている人が多いようです。 カードローンで郵送されるのは主にローンカード、契約書、利用明細書の3点です。 果たしてこれらの郵...

まとめ

やはり、銀行借入はメリットが多く、利用できるなら銀行で借りる方が望ましいと考えられます。

審査に通りそうな方(収入が安定している)の場合、時間的な余裕を持って申込したり、そもそも、年会費や手数料の掛からないタイプのカードローンを予備的に持っておくことで、有利に利用することが出来ます。

関連記事をチェック!

個人が銀行融資を受けるメリット・デメリット

お金を借りる方法として銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受ける方法と、消費者金融などのノンバンクから融資を受ける方法が代表的です。 「相談するならまずは銀行」と考えている人も多いようですが、...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談