会社の資金調達方法のメリット・デメリットを徹底解説

執筆者の情報
名前:馬沢結愛
年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

主な資金調達方法

資金調達とは、新たに事業を始める時や会社を経営していく上で必要な資金を調達することをいい、その資金調達の方法には様々なやり方があります。

主な資金調達の方法として「出資」「借入」「補助金・助成金」があり、それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。

ここでは、それぞれの具体的な資金調達方法とメリット・デメリットについて解説していきます。

出資による資金調達

出資による資金調達には「自己資金」「他の会社からの出資受入れ」「社員持株会」が挙げられ、出資による資金調達は主に会社の設立や創業をする際の資金を準備する為に行う資金調達の方法です。

自己資金による資金調達

事業主個人の資産を会社に資本金として差し入れする方法です。会社を設立する際に初めて行う資金調達が自己資金となります。

資金の出所は個人の資産となりますので、出資できる資金には限度がありますが、資本金は比較的自由度が高く、資本金を増やすことや減らすこともできます。

【メリット】
・経営の状況により資本金の増資や減資がしやすい

【デメリット】
・事業主個人の資産の為、限度がある
・会社が倒産した場合に資産を失ってしまう

他の会社からの出資受入れによる資金調達

株式会社の場合に自社の株式を他の会社に譲渡して出資を受入れることによって資金を調達する方法です。

譲渡する会社との関係性が重要となる為今後も協力などを期待することができるが、場合によっては経営権そのものが譲渡先に渡ってしまう危険性もあります。

【メリット】
・譲渡した会社からの支援・協力が見込める

【デメリット】
・譲渡した株式の比率が全体の半数を超えてしまうと経営権まで譲渡となる

社員持株会による資金調達

その会社の社員が資本金を出資することによって資金調達する方法です。

「持株会」ですので、社員による組織の発足と理事の選出が必要となり、規約などの制定も必要となります。

【メリット】
・社員が出資をする為、仕事に対する熱意が強くなる

【デメリット】
・出資している社員が退職する場合に買取しなければならない

借入による資金調達

借入による資金調達の方法として「会社の代表・会社役員などからの借入」「金融機関などからの借入」があります。

会社設立・創業時よりも、会社の事業継続の為の資金調達として主に活用されます。

会社の代表・会社役員などからの借入による資金調達

会社設立時に個人資産を会社に差し入れすることと同じ意味にはなりますが、事業開始後に経営難などの理由から会社の代表・会社役員から資金を借入することによって資金調達する方法です。

会社の代表・役員からだけでなく、代表・役員の家族や親戚からの借入もこの資金調達方法に該当しますし、貸す側との関係性が特に重要となります。

あくまでも借入ですので、決算書には借入の期間により短期借入金か長期借入金のどちらかに「代表者勘定」として記載され、借入金の明細にも記載されます。

しかし、金融機関などからの借入金がある場合や会社経営が厳しいといった状況では個人へ返済するという意味から返済する優先度が低い順位になりやすい傾向があります。

【メリット】
・資金調達までの期間が短い
・借入の条件などを自由に設定することができる

【デメリット】
・他の借入金返済に比べ返済が後回しになりやすい
・貸す側との関係性が崩壊する危険性がある

金融機関などからの借入による資金調達

銀行などの金融機関や日本政策金融公庫などから借入をして資金調達する方法です。

売掛金が入金されるまでの期間に必要となる資金などを借入する「運転資金」や会社で所有・使用する為の建物や機械などを購入するための資金を借入する「設備資金」があります。

運転資金の場合は契約した借入金の使い道を証明しなくても良い場合もありますが、設備資金の場合は使い道の証明(見積書や注文書、支払先への振込が条件)が必要となりますので、調達した資金の使い道が限定的となる場合があります。

また、購入する設備を担保にしたり、会社が所有する不動産を担保に入れなければならなくなり、借入金と担保に入れた不動産の価格によっては代表者個人が所有する不動産までも担保に入れなければならない場合もあります。

【メリット】
・安い金利で借入することができる
・返済実績を作ることによって次回以降の借入がしやすくなる
・信用保証協会の制度融資によって低金利で借入することができ、地方自治体が支払利息や保証料の全部または一部を負担(利子補給)してくれる
・運転資金の使い道は契約時に明示すれば比較的自由に使うことができる

【デメリット】
・資金調達までの期間が長い
・審査によっては借入することができない
・担保設定をしている場合、返済できなくなれば金融機関に会社の資産を取り上げられてしまう
・信用保証協会付融資の場合、金利負担の他に保証料の負担がある
・設備資金の場合借入金の使い道は限定的となり、本当にそのための資金となったかを証明する必要がある

関連記事をチェック!

事業資金調達は目的に応じて借入先が決まる!

中小零細企業にとって、事業性資金の調達をどのようにするか、とても大事な問題になります。 そして、資金使途(お金の使い道)によって、公的資金の援助を受けることもできるため、現金だけに頼らずに金融機...

関連記事をチェック!

運転資金の借入を正しく行おう

会社の運転には資金が必要です。会社の運転のためには光熱費、人件費、仕入れ等支払わなければならない資金はたくさんあります。 会社活動においてはお金の出入りは必要不可欠です。お金が手元にないと、会社...

補助金・助成金による資金調達

国や地方公自治体などが事業を営むまたはこれから事業を開始する会社を支援することを目的とした様々な補助金・助成金の制度を活用することによって資金調達する方法です。

補助金・助成金は申請することによって受取ることができますが、申請する為にはまず受取りたい補助金・助成金の条件に合致していなければならず、補助金・助成金の出所は公的資金になりますので審査があります。

しかし、ほとんどの場合はその補助金・助成金の条件に合致していれば受取ることができる為、審査で落されるということはよほどのことがない限りないと言えます。

補助金・助成金は国や地方自治体が会社を支援することを目的としている為、借入金とは違い返済するということはなく、受取った後は自由に資金を使うことができます。

【メリット】
・返済をしなくても良い
・条件さえ合致すればほぼ受取ることができる

【デメリット】
・条件が合致しなければ申請することができない

関連記事をチェック!

開業資金が足りない!国からお金を借りる方法【起業したい人必見】

近年は終身雇用制の崩壊にともない、公務員でもなければ「雇用社員=食いはぐれがない」という絶対の安心感が持てる業種は本当に少なくなってきました。 そして、それの呼応するように多くなってきたのが開業...

まとめ

会社の資金調達方法にはさまざまな方法がありますが、会社の状況などによりその調達方法は変わってきます。

一番は返済の必要がなく条件が合致していれば受取ることができる補助金・助成金を活用することが良いですので、まずはどんな補助金・助成金があるかをチェックすることをおすすめします。

金融機関からの借入は、利息負担や保証料の負担、担保設定など一見するとデメリットが多いように感じますが、取引を長くしていることや一度借入をして返済の実績を少しずつ積み重ねていくことができれば、多少会社経営が傾いたとしても助けてもらえる可能性があります。

また、信用保証協会の制度融資や日本政策金融公庫制度融資など、メリットが得られる制度も活用しながら資金調達する時の会社の状況によって、今どのような資金調達が一番メリットになるかを考える必要があります。

関連記事をチェック!

銀行から融資を受ける際の信用保証協会とは

企業や個人事業主が銀行から融資を受けるときには、基本的に信用保証協会の保証付きになります。 もちろん、不動産担保融資や信用貸しなどもありますが、手軽さからいえば信用保証協会融資になります。そこで...

関連記事をチェック!

日本政策金融公庫の融資審査基準

日本政策金融公庫とは 日本政策金融公庫とは、中小企業や個人事業主の資金繰りを助けるために、国が設置した財務省所管の特殊会社です。 国の所管ですので、銀行などから融資を受けられなくなった...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【携帯キャッシュバック復活?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 最近、すっかり見かけなくなった携帯・スマホのキャッシュバックに関する情報も・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・