借金の一本化ができるおすすめのおまとめローン会社【口コミランキング】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンは借入本数が多くなればなるほど返済額が多くなります。

借入本数が多いがために借金地獄に陥ってしまう人も多くいます。

複数の借金は一本化を行うことがよいとされていますが、一本化はどのような会社で行えばよいでしょうか?

また、一本化の審査に落ちてしまっても、借金から解放される方法もあります。

借金の返済に追い込まれたら債務整理という方法もあるためです。

一本化を行うための具体的な方法と債務整理の概要、それぞれのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

このようなかたにおすすめの情報です

この記事は以下のような人におすすめの内容になっています。

  • 複数の借金の返済に悩んでいる人
  • 借金をまとめたい人
  • 銀行と消費者金融どちらでまとめるか悩んでいる人

借金のおまとめと債務整理について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

借金を一本化するのと債務整理はどちらがいいのか?

借金を一本化して返済していくのと、債務整理をして借金の返済から解放されるのではどちらがよいのでしょうか?

まずは、おまとめローンと、債務整理の違いを理解しておきましょう。

どちらにもメリットとデメリットがある

債務整理とおまとめのどちらがよいのかということを一概に言うことはできません。

おまとめと債務整理はメリットとデメリットが完全に相反しているからです。

おまとめローンはブラックにはなりませんが、借金は1円も減りません。

また、債務整理は借金がゼロになったり減額されることがありますが、信用情報はブラックになります。

このように、おまとめと債務整理はメリットとデメリットが対極の関係になるので、自分がどのように借金の返済を楽にしたいのかということによって、取るべき方法は異なるのです。

用語解説:おまとめローン

銀行にも消費者金融と同様におまとめ専用のおまとめローンという商品があります。

おまとめローンとは、他社からの複数の借入をまとめるため専用のローンで、基本的におまとめに使う以外は1円も借りたお金を使うことはできません。

借りた後は返済をしていくだけの、他債務の返済専用のローンとなっています。

関連記事をチェック!

1656view

おまとめローンとは?やり方や手続きを解説

借金が何本もあると、毎月の返済も楽ではありません。 毎月返済しなければいけない金額が多いうえに、返済日が月に何回もあるので、常に返済に追われているという人も少なくないのではないでしょうか? おまと...

債務整理5つの方法

一口に債務整理と言っても、方法はいくつかあり、大きく分けると以下の5つの方法があります。

自己破産資産も借金も完全に0にする方法
個人再生住宅などの資産を残し、借金を5分の1程度に減額した上で3年〜5年で返済していく方法
任意整理債権者と返済方法の見直しや借金の減額などを交渉する方法
特定調停裁判所が仲介し、債権者と債務者が返済計画の見直しなどを交渉する方法
過払金請求 グレーゾーン金利にて払いすぎた利息を取り戻す交渉

弁護士や司法書士などに、債務整理の相談をすると、最初に過払金があるかどうかのチェックを行い、過払金があれば返還請求を行い、取り戻すことができた過払金で借金を返済することができるのであれば、ここで債務整理の手続きは終了します。

次に、任意整理によって債権者と話し合いを行い、返済計画が、返済可能なものになるのであれば、ここで債務整理は終了です。

任意整理によっても解決しない場合には、裁判所に間に入ってもらい特定調停を行いますが、特定調停には裁判所は強制力がないため解決できないこともあります。

解決できない場合には、個人再生の手続きを行い、裁判所が個人再生を認められば、借金が減額されるのでここで債務整理終了です。

裁判所が個人再生を認めてくれない場合には、最終的に自己破産という流れになります。

したがって、基本的に債務整理の流れは以下のように行われます。

  1. 過払金請求
  2. 任意整理
  3. 特定調停
  4. 個人再生
  5. 自己破産

どこかで債務整理ができた場合には、そこで手続きはストップしますし、どの段階でも債務整理ができない場合には自己破産に至るしかなくなってしまいます。

借金一本化のメリット

借金の一本化には以下の4つのメリットがあります。

  • 返済額の低減
  • 金利が下がる可能性
  • 返済日の統一
  • 多重債務からの脱却

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

月々の返済額の低減

カードローンは借入本数が多ければ多いほど毎月返済額が多くなります。

例えば以下のように3本のカードローンを借りている人がいるとします。
①利用残高30万円、毎月返済額6,000円
②利用残高100万円、毎月返済額15,000円
③利用残高70万円、毎月返済額14,000円
①+②+③利用残高200万円、毎月返済額35,000円となります。

この3本の借入金を一本化した場合には、カードローンによって異なるものの、毎月返済額が25,000円~30,000円程度となることが一般的です。

カードローンは利用残高に応じて毎月の最低返済額が決まっているため、本数を減らせば毎月の返済額も減少することができるというメリットがあります。

関連記事をチェック!

2400view

借り換えカードローンで借りる

借り換えローンのメリットは 支払先が固定されるので、精神的に楽になれる 低金利での借り換えとなり、月々の返済額が減る という部分になります。 借り換えを行う場合、資金用途を「借...

1本の金額が増えれば金利も下がる場合もある

ローンの上限金利は利息制限法という法律によって以下のように決められています。

  • 10万円未満:20.0%
  • 10万円以上100万円未満:18.0%
  • 100万円以上:15.0%

多くの消費者金融で上限金利が18%となっているのはこのためです。

逆に複数の借金を一般化して100万円以上となる場合には確実に金利は15%以下になるということです。

カードローンの金利設定は金額が大きくなるにつれて金利が低くなっていきます。

少額高金利のカードローンを集めて金額が大きくなれば一本化後の金利は一本化前の金利よりも低くなることが多くなります。

返済日の統一で支払いがラクに

複数のローンを借りていると当然ながら本数の数だけ返済日が存在することになります。

4本の借入があれば毎月4回返済日が存在することになります。

毎月何回も返済日があると、1か月の間中返済に追われているような気分になりますし、返済日も忘れがちです。

一本化を行えば当然ながら返済日は毎月1回しかありませんので、返済に追われる回数も減り、返済忘れのリスクも少なくなるというメリットもあります。

多重債務からの脱却で信用力向上

一般的に4本を超える借入を行うのは銀行系カードローンも消費者金融カードローンも難しくなるといわれています。

審査の際には他社借入が何本あるかを個人信用情報から照会しています。

この際にすでに3本を超える借入がある人へは、融資を行ったことによって4本を超えてしまうため審査に通過するのは困難になります。

一本化を行うことによって多重債務者ではなくなるため、それだけで信用力は向上してクレジットカードや借入金の審査には通過しやすくなります。

借金一本化のデメリット

一本化には以上4つのメリットがありますが、デメリットもありますので注意しましょう。

主なデメリットとして

  • 支払期間が伸びる
  • 利息の負担が増える

という2点を挙げることができます。

返済期間が延びる

借金を一本化することで生活苦から抜け出すことができる、というのは本人の努力次第の面が強くなります。

借金を一本化するだけで幸せになるとは限らないです。

その理由は主に以下のようになります。

  • 長期間の返済となる

借金の一本化は金額が大きくなってしまうことが当然ですね。

金額が大きくなるということは、それだけ返済期間が長くなるということも意味しています。

5年から10年という長い年月をかけて借金を返済していくのですから、それ相応の覚悟が必要となります。

  • 返済額が減るとは限らない

借金の一本化のメリットとして「返済額を減らすことができる」という期待を持ってしまいます。

確かに返済期間を長くすることで、毎月の返済額を減らすことができるとも言えますが、借金の一本化を希望している人は多重債務者であり、金融機関は貸し倒れリスクの高い顧客と見てしまいます。

審査の内容によって違いも出てくるでしょう。

しかし貸し倒れリスクが高いと判断されれば、できるだけ短期間に返済してもらいたいと思うのは当然です。

そのため借金を一本化したからといって返済額が確実に減るということはありません。

返済額が少なくなれば生活にゆとりができる。

そうすれば借金苦から抜け出すことができるのではないかという期待も、場合によってはかなわないこともあります。

  • そもそも借金額が減ることはない

借金の一本化をしたとしても、複数ある借金をまとめるだけですから、そもそもの借金額が減るということはありません。

利用希望する人の中には「おまとめローンを組めば借金額も減るのではないか」と思い違いをしている人もいるようです。

借金額が減るわけではありませんので借金から抜け出すことはできません。

借金の一本化をしても借金額は減ることはありませんので、ここのところはとくに注意したい点です。

  • 金利が下がるとも限らない

前項の説明では、銀行で借金の一本化をすれば金利が下がることが期待できることをご説明しましたが、あくまでもそれは「期待できる」ことであって必ず金利が下がるということは保証できません。

しかしこれもまとめる借金の種類によっては金利が確実に下がることもあります。

それは今現在借りているカードローンの金利が年18.0%で、まとめる借金の額が100万円以上になれば利息制限法により金利が年15.0%に自動的に引き下がります。

銀行で借金を一本化するなら上限金利がいくらなのか確認しておくことが大切になります。

支払利息が増えることも

また、借金をおまとめて支払期間が延びたことによって、結果として利息の負担額が大きくなってしまうという点もデメリットです。

複数の借入金の中にはあと少しで返済が終了するものも含まれていることもあります。

例えば金利18%のローン30万円があと3年間で終了する場合の総利息負担額は90,456円です。

このローンを含む借入金の一本化を行い、金利15%で8年後に完済する計画の場合、30万円部分の利息支払額は216,864円となります。

たとえ金利が下がって毎月返済額が少なくなったとしても、結果的に期間の延長を行ったことになるため、利息負担額は倍以上となってしまいます。

このように、一本化を行ったことによって期間が延長となってしまうこともある場合には注意が必要です。

期間が短いローンは一本化には含めず、そのまま返済していくなどといった細かい計算を行ってから一本化を行うようにしましょう。

関連記事をチェック!

549view

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びようもあ...

関連記事をチェック!

366view

おまとめローンで絶対にしてはいけないこと

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借金がなくなったと勘違いしない おまとめローンは複数のカードローンを1つにまとめることで毎月の...

債務整理のメリット

次い債務整理のメリットです。

債務整理には以下の2つのメリットがあります。

  • 借金の減額
  • 財産を残したまま借金を減額できることがある

これらのメリットについて具体的に解説していきたいと思います。

借金を減らすことができる

債務整理では、返済計画の見直し以外に方法に成功すれば借金が減額できます。

本来であれば借りたお金は返済するのが当たり前ですが、債務整理に成功すれば、借金そのものを減額することができるのが最大のメリットでしょう。

マイホームなどの財産を残すこともできる

さらに、自己破産以外の債務整理であれば、資産を残すことができます。

マイホームやマイカーなどの生活に必要な資産を残したまま、借金が減額でき、返済に苦しむこともなくなるというのは、間違いなく債務整理の大きなメリットです。

債務整理のデメリット

「借金を減額できる」というのは債務整理の非常に大きなメリットですが、そのようなメリットをリスクなしに得ることはできません。

債務整理には「ブラックになる」という決定的なリスクがあるので、最後の最後まで債務整理を行わないのです。

5年以上ローンが組んだり借金ができない

債務整理を行うと、信用情報にはその旨が記録されます。

この情報は債務整理の対象となった借金を完済してから5年間は信用情報に記録され、いわゆるブラックという状態になってしまいます。

ブラックになってしまうと、どこかからお金を借りたり、クレジットカードを作ったりすることができないばかりか、モノやサービスの分割契約が不可能になってしまいますので、スマホの分割払やエステなどの分割も不可能です。

さらに、保証会社がついたアパートの契約も不可能になってしまい、生活には著しく支障をきたすことになってしまいます。

また、自己破産や個人再生は10年間信用情報に記録され、官報という国のお知らせに記録されるので、闇金などから怪しい勧誘がひっきりなしに届くこともありますよ。

借金を減額するということにはこのような社会的なペナルティが待っているため、リスクも覚悟した上で債務整理をするかどうか検討すべきでしょう。

どちらを選ぶべきかは現状での収入で返済可能かどうか

借金のおまとめと債務整理、どちらを選択するのかは、今の収入で返済できるかどうかを考えましょう。

返済額が年収の2割を超えるなら債務整理を

おまとめをして、おまとめ後の返済額が年収の2割を超えるのであれば、その借金を返済していくことは非常に厳しいと考えられます。

持ち家に住んでおり、家賃や住宅ローンがないのであれば、収入の2割の返済も可能かもしれません。

しかし、家賃や住宅ローンなどの住居費用とは別に、収入の2割を借金返済に持って行かれてしまっては生活は困難です。

このような場合には、借金そのものを減額した方が無難ですので、債務整理を検討した方がよいかもしれません。

手取りベースで返済計画を立てよう

返済計画を立てる時には、額面収入ではなく、手取りの収入で返済計画を立ててください。

ローンの審査は額面年収で行うため、同じように額面年収で返済計画を立てる人も少なくありませんが、大切なのは「実際にいくら収入があり、そこからいくら返済に回すことができるのか」ということです。

手取りベースで無理なく返済できるような計画を立て、無理そうなら債務整理を検討すべきかもしれませんね。

早めに専門家に相談すべき理由

借金額の大きさによって毎月の返済額を用意できない、という「債務超過」状態になっているなら弁護士や司法書士など法律の専門家に相談してみましょう。

無理な返済計画を立てて借金を一本化したとしても、生活費に余裕がなければ返済していくことはできませんし、金融機関の審査に通ることもないでしょう。

債務整理は借金の軽減を行うには非常に効果的です。

方法はいくつかあり法律の専門家に相談することで適切にアドバイスを受けることが可能です。

場合によっては「自己破産」という選択もしなければならないかもしれません。

自己破産は究極的な債務整理と言っていいでしょう。

アナタの持っている財産を投げ出す代わりに借金が全てチャラになるのですから、借金苦から抜け出すには借金の一本化をするよりも効果的です。

なおアナタの持っている財産が20万円未満なら、その財産を投げ出す必要はありません。

ただし財産的価値のあるもの、例えば住宅や自動車、生命保険の返戻金、預貯金などが20万円以上あると、超えた部分は債権者へ返済しなければなりません。

このように、専門家に相談することはメリットがありますが、その相談は早めにすべきと言われています。

それには以下の2つの理由があります。

過払い金の請求をスムーズに行うため

早めに相談することで、過払金の調査や請求を早くから実施することができます。

先ほど説明したように、債務整理のスタートは過払金請求から始まります。

過払金によって返還されてくるお金を控除した借金がいくら残るのかによって、その後の対応は変わってきますので、最終的には個人再生などに至るとしても、スタートは早い方が、その後の債務整理の手続きも早くなります。

なお、過払金が請求できるのは、完済後10年以内ですので、この10年を経過しないためにも、過払金の調査に着手するのは早いに越したことはないのです。

利息はどんどん増えていくから

ローンの利息は日割りで発生しています。

返済できないと、ここに遅延損害金という借入金利よりも高い利率の罰金が加算されています。

時間が経てば経つほど、利息が増えていくので、現在「どうしようか」と悩んでいる時間だけお金の無駄になってしまうのです。

不要な利息を少しでも払わないためにも相談と行動は早い方がよいのです。

関連記事をチェック!

476view

おまとめローンの利用はまず相談!無料で電話相談できるはどこ?

借金の件数が増加してくると、約定弁済日が頻繁になったり、返済負担が重くなりすぎていたりして、おまとめローンで1本化したいと思うことがあります。 しかし、おまとめ前には、まず専門家にご相談されるこ...

おまとめローンの審査はキャッシングより厳しいのか?

実際におまとめをすると決めたとしても、おまとめをするためには審査に通過しなければなりません。

おまとめローンの審査は、キャッシングをする時の審査よりも厳しいのでしょうか?

キャッシングより高額融資になるため厳しい

おまとめローンは、既存債務の合計額によるものの、基本的には複数のローンをまとめるものですので、ある程度高額借入になることが一般的です。

数十万円程度のキャッシングよりも審査は確実に厳しくなるということは覚悟しておきましょう。

また、延滞を起こしてしまうと審査に通過することは非常に難しくなり、期日通りに返済ができている方が審査通過の可能性は高くなります。

やはり、おまとめローンの申込も、借金返済に首が回らなくなるまで待つよりも、延滞が発生する前に早く申込をした方がよいでしょう。

申し込み内容の審査とスコアリング審査の2段階行われる

おまとめローンにも保証会社がついています。

保証会社は、信用情報や勤務先、年収、勤続年数、まとめるローンの件数や総額や返済状況などを点数化するスコアリング審査という審査を行います。

仮審査に通過すると、本人確認書類、収入証明書、在籍確認などから申込内容に間違いがないかという審査を行い、全てに問題がなければおまとめローンの審査に通過することができます。

難易度の違いこそあれ、基本的な審査の流れ、カードローンの審査と同じになっています。

関連記事をチェック!

628view

おまとめローンの審査にかかる時間や日数や期間はどのくらい?

ローンの本数が多いと、返済金額が多くなり大変です。 そんな時はおまとめを行うのが最も効率的な方法ですが、「おまとめを検討したいけど、時間や手間がかかりめんどくさそう」と思っている人も多いのではないで...

おまとめローンの審査に通る3つのコツ

借金の一本化は消費者金融業者でも行うことができます。

総量規制によって年収の1/3までしか契約できない消費者金融業者でも、借金の一本化を行うおまとめローンを契約することは特別に許可されています。

ただし条件として以下のことを満たしていないと契約することができません。

  • 毎月の支払い額が軽減
  • 将来にわたって借入金額の減少が期待できる
  • 一本化する前よりも借金の総支払金額を減額できる

要は顧客が借金の一本化などをまとめローンをすることにより、支払条件などが有利になることが必要です。

そのため金利の低い銀行貸付などをおまとめすることは難しいことになります。

銀行カードローンを利用している人にとっては、消費者金融業者で借金を一本化するメリットはないと言っても過言ではありません。

審査に通過するためには、以下の3つのポイントだけは最低限押さえておきましょう。

①審査項目を正しく記入する

申込内容の間違いには十分注意してください。

申込内容を間違えてしまい、「虚偽の申込をした」と判断されてしまったら、審査に落とされてしまうこともあります。

このようなことがないように、申込時には収入証明書などを手元に用意して正確な内容を申告するようにしましょう。

②最小限の金額で融資を申し込む

申込金額が大きすぎると審査に落とされてしまう可能性が高くなります。

高額借入の方が審査難易度が上がってしまうためです。

おまとめローンに申し込む金額は必要最小限として、あと少しで完済できる借金は、おまとめせず、どうしてもまとめる必要のあるローンだけをまとめることができる金額だけを申し込むようにしてください。

③クレジットカードや他社返済の遅延をしない

信用情報には過去24ヶ月分のクレカや他社借入の返済履歴が記録されています。

当たり前ですが、ここで遅れが多い人は審査でかなり不利になってしまいますので、できる限り、期日通りの返済を継続した状態でおまとめローンに申し込みをした方が審査に通りやすくなります。

また、現在延滞中という人はまず審査には通過できませんので、「今月は期日通りに払うことができるか分からない」という人は、返済期限が到来して、延滞になる前におまとめローンに申し込むようにしてください。

関連記事をチェック!

545view

おまとめローンの審査に落ちた..通らない理由は?

借入本数が複数あると返済が大変です。 そのため、返済を楽にする最後の手段としておまとめを利用する人や検討している人も多いのではないでしょうか? ローンをひとつにまとめるためには審査が必要ですが、お...

おまとめローンにまつわる8つの「ウソ」「ホント」

おまとめローンに関して、様々な情報が流れていますが、これらの情報は真実もあれば間違ったものもあります。

おまとめローンにまつわる8つのウソとホントについて詳しく解説していきたいと思います。

①審査に有利な年齢がある

審査に有利なのは年齢というよりも、「継続的に収入があるかどうか」ということが重要になります。

30代〜40代くらいの働き盛りの年齢は、簡単には仕事をやめることができない年齢ですので「継続的に収入がある」と判断されて一般論としては審査で有利になります。

一方、20代は離職率が高い世代ですので、勤続年数が短い人は審査で不利になることがあります。

50代は長くは勤務することはできませんが、数年後に退職金の入金が見込まれます。

ある程度退職金の入金が見込める上場企業会社員や公務員などであれば、退職金での一括返済を見込むことができるので、審査に通過しやすいと言えます。

60歳をすぎると、収入に継続性が見込めないので、年金などの少ない収入で問題なく返済することができる程度の金額までしか借入は難しいでしょう。

このように、単純に年齢ではなく、収入の継続性を年齢で測っており、年齢が若くても高齢でも返済に問題がないと判断されれば審査に通過することができる可能性があるでしょう。

②勤続年数は長いほうが審査に有利

勤続年数は長い方が審査で有利になります。

勤続年数が長い人の方が、その後も継続して勤務して、安定した収入を得ることができる可能性が高く、勤続年数が短い人の方が離職率が低いので収入の安定性が判断できずに審査では不利になってしまいます。

一般的には勤続年数1年未満は審査で不利になり、3年以上あれば審査で勤続年数が問題になり落とされてしまうことは無くなります。

③職業によって審査に有利不利がある

あります。

公務員や上場企業会社員は、給与水準が高く、離職率も低いので審査で有利になります。

一方、自営業者や家族経営の法人役員などは事業規模が小さく、収入が不安定ですので審査では不利になります。

④健康保険も重要

組合保険証の人が審査では最も有利です。

自社で健康保険組合を持つことができる会社は規模がそれなりに大きい会社と判断されるので審査では有利です。

一方、国民健康保険証の人は、自営業者や事業規模が非常に小さい個人事業主の従業員ですので、勤務先が小規模かつ不安定と見なされ審査では不利になります。

⑤賃貸よりも持ち家が有利

持ち家の方が審査で有利になります。

持ち家の人は、いざ返済が滞っても資産を差し押さえて回収に充てることができるということと、返済に困窮しても大切な持ち家を放置して逃げてしまう可能性が低いためです。

一方、賃貸住宅に住んでいる人は返済に困窮したら逃げてしまう可能性が高いので審査では持ち家よりは不利になります。

⑥携帯電話より固定電話が有利

携帯も固定もどちらもあった方が有利です。

携帯電話がない人は督促ができないので、審査で不利になります。

一方、固定電話がない人も、生活の基盤がしっかりとできていないという判断になり、稀に審査で不利になることがあります。

今は、固定電話がなく、携帯だけを持っている人が多く、貸主側としてもすぐに本人と連絡がつく携帯電話があった方が安心ですので、携帯電話がない人の方が審査で不利になります。

結論的に言えば、携帯も固定電話もどちらも持っていた方が審査には有利になるでしょう。

⑦借り入れ件数より借入額をチェックする

どちらもチェックします。

借入件数は「多重債務でないかどうか」という視点でチェックします。

借入額については「年収に対してどの程度の借入があるのか」という視点でチェックします。

借入件数がが多くても借入額が多くても審査では不利になりますので、どちらの方が審査で有利か不利かということはありません。

⑧ブラックリストはばれる

必ずバレます。

信用情報には自己破産や債務整理や長期延滞と言った金融事故情報は5年〜10年間記録されています。

審査では信用情報に必ず照会を行なっていますので、ブラックとなってしまった人は、審査で必ずバレてしまい、まずおまとめローンの審査に通過することは不可能です。

同じように他社借入についても全て信用情報に記録されていますので、申し込みの際に借入額や借入件数を過少申告することは絶対にやめましょう。

銀行おまとめローンおすすめランキング

銀 行商品名最高融資額金 利特 徴
住信SBIネット銀行ミスターカードローン(プレミアムコース)1,200万円1.59%~7.99%所定の条件を満たすことにより最大で0.6%金利引き下げ
三菱UFJ銀行バンクイック500万円1.8%~14.6%無人契約機「テレビ窓口」でカード発行まで可能
りそな銀行りそなカードローン800万円3.5%~12.475%住宅ローンを利用中であれば0.5%金利引き下げ
イオン銀行イオン銀行カードローン800万円3.8%~13.8%口座振替請求等による自動支払で残高が不足している場合の自動融資機能有

おまとめローンはフリーローンやカードローンと比べると融資額が大きいため、銀行はより一層審査を厳しくし、消極的な姿勢で対峙しています。

そのため、おまとめローンを扱わない銀行も増えてきています。

とはいえ、すべてのおまとめローンがなくなったわけではなく、地方銀行や一部の都市銀行、ネット銀行ではまだまだおまとめローンを提供しています。

その中でも特に口コミが良く、比較的申込み基準も緩やかなおまとめローンをおすすめ順に見ていきましょう。

方向性を変えなかったイオン銀行

イオンモールや駅構内などでよく見かけるイオン銀行では、大手銀行がおまとめローンの貸付けを自粛している中、今まで通りのスタイルを貫き、おまとめを必要とする人々におまとめローンを提供しています。

なお、イオン銀行では「おまとめローン」という名称でおまとめローンを提供しているのではありません。

おまとめにも利用できるカードローンとフリーローンを提供しており、契約者各自が自己判断でおまとめローンとして利用することができるのです。

カードローンであれば、限度額内ならばいつでも追加融資可能ですので、おまとめとして利用しながら必要に応じて新たにお金を借りることができます。

一方、フリーローンは追加融資の場合には都度審査が発生するため、現在以上に借金を増やしたくない人には適した融資方法と言えるでしょう。

カードローンの金利は年3.8%~13.8%、フリーローンの金利は年3.5~13.5%ですので、メガバンクや地方銀行のカードローンと比べても低金利な点も魅力です。

口コミ

カードローンだけでなく、他のローンも金利が低く設定されています

例えば住宅ローンは変動金利で年0.47%(2019年2月時点)ですので、借り換え手数料を支払っても借り換える方がお得になる人も多いでしょう。

トータルでイオン銀行を利用する人も少なくありません。

生命保険やiDeCoなど、将来の不安を軽減するさまざまな商品を提供しています。

イオン銀行のカードローンでは、不定期にお得なキャンペーンを実施しています。

一定期間低金利が適用されたり、イオンモール等で利用できるポイントが付与されたりしますので、急いでまとめる必要のない方は、キャンペーンが始まってから申し込むのも良いですね。

関連記事をチェック!

1403view

イオン銀行カードローンで借り換え,おまとめ。口コミのおすすめは?

イオン銀行のカードローンは、上限金利が13.8%となっていますので、「借り換えにも検討したい」という方も多いのではないでしょうか? そこで、今回はこのカードローンのスペックをおさらいし、借り換えに適...

東京スター銀行

東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」は、最大1,000万円までの金額を適用金利(年率) 12.5%で借入できるおまとめローン商品です。

金利は一律12.5%ですので、年12.5%を超える金利で借りている方は、現在と同じ金額を毎月返済すれば総利息額を減らすことができます。

融資上限額も1,000万円と大きいですので、多額の借金がある人も活用できますね。

また、スターワン乗り換えローンはおまとめローンとしての専用商品ですから、追加借入ができないという点も嬉しいポイントです。

カードローンをおまとめローンとして利用すると安易に追加借入をして借金額を増やしてしまうこともありますので、意志が弱いと自覚している方は追加借入不可のおまとめ専用のローンを利用するようにしてください。

口コミ

東京スター銀行はおまとめローンの老舗のようですね。

多重債務に悩むおまとめローン申込者たちの扱いに慣れているはずですので、安心して審査から融資までお任せすることができますね。

私の場合、8月23日にインターネットで申し込み、仮審査合格の書類が8月30日到着、8月31日送り返す。
その後、9月3日に、追加書類送付依頼、同日夜FAXにて送付、その後5日に審査結果がでました。
多分、審査OKであれば、2・3日中には連絡があると思います。

私の場合、収入が200万前半で、申請額が100万超なので、不安でいっぱいでした。
でも、このまとめローンに申し込んだおかげで、借金返済の腹が据わりましたよ。

出典:ヤフー知恵袋

申し込みから融資実行までに2週間ほどかかるようですね。

銀行のおまとめローンは慎重に審査が実施されますから、2週間程度で平均的と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

1322view

東京スター銀行おまとめローンに申込みたい!気になる口コミや在籍確認は?

複数の借入先がある場合には、銀行のおまとめローンを活用すると、借金をひとつにまとめられ、毎月の返済額を押さえることができます。 また、返済日もまとまるので管理がしやすいというメリットもあります。 ...

バンクイック

カードローンはおまとめ専用のローンではないため、どうしても融資額が少なくなってしまうという欠点があります。

そのため、すべての借金をまとめられないケースも出てくるでしょう。

しかしながら、カードロ―ンは審査がスピーディに実施されるため、なるべくすぐに多重債務から逃れたい方にはおすすめです。

三菱UFJ銀行のバンクイックは銀行内に自動契約コーナーが常設されており、消費者金融カードローンのようにスピーディかつ手軽に申し込むことができます

年利は1.8%~14.6%、最大500万円まで借入可能ですので、現在の借金よりも低金利の場合は申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

なお、バンクイックは、借入金額(限度額)に応じた金利設定となっており、100万円以下の場合で13.6~14.6%、100万円超、200万円以下で10.6%~13.6%の範囲内となります。

口コミ

おまとめローンではありませんので、銀行のローン商品だと言っても、そこまで厳しい審査にはならないようですね。

とはいえ、適用金利は消費者金融カードローンよりも低いですので、銀行のおまとめローンが無理そうなときは、消費者金融のおまとめローンの代わりに申し込んでみてはいかがでしょうか

バンクイックには自動契約コーナーがあり、しかもテレビなどでも頻繁に宣伝していますので、なんとなく消費者金融カードローン的なイメージがあるかもしれません。

しかし、三菱UFJ銀行のれっきとしたカードローンですので、他の銀行カードローンと同じく時間をかけた慎重審査が実施されます。

審査結果が早く出る場合でも即日融資は不可能ですので、今日中に融資が必要な方は消費者金融カードローンを検討してください。

関連記事をチェック!

318view

三菱UFJ銀行バンクイックのおまとめローンで借金一本化

借金が複数件に膨らんで、返済負担や手間暇が辛くなったと言うかたには、借金の一本化がおすすめです。 その際、「低金利」で利用できる可能性のある三菱UFJ銀行の「カードローン」は魅力的です。 三菱UF...

申し込み条件が緩いのはりそな銀行ローン

りそな銀行も都市銀行のひとつですが、「りそなフリーローン」と「りそなカードローン」の申込み条件は他銀行と比べると条件が緩やかと言えます。

継続安定した収入があればパートやアルバイトでも利用可能ですので、正社員でない人も申し込むことが可能です。

りそなフリーローンの金利は年3.5~12.475%で融資上限額は800万円、りそなフリーローンの金利は年6.0~14.0%、融資上限額は500万円です。

追加借入をしたい方は、「りそなカードローン」を選択することも検討できますね。

ただしフリーローンとカードローンはいずれも「健全な消費資金」に使用しなくてはいけませんので、おまとめローンとしては使用が困難です。

口コミ

フリーローンについて教えてください。
以前りそな銀行のフリーローンにネット審査しました。
こちらはアルバイトや主婦の方も借りられるということで主婦でアルバイトをやっている私にはちょう どよかったです。

出典:ヤフー知恵袋

公式サイトでもアルバイトやパート勤務でも融資可能という点が強調されていますので、正社員以外の人にとって特に魅力的な商品となっているようです。

審査に通ったという口コミも多かったので、「借入れするならば銀行がいい」という人にとっては見逃せない銀行ローンのひとつです。

フリーローンランキング

順 位銀 行商品名最高融資額金 利特 徴
1位住信SBIネット銀行ミスターフリーローン1,000万円変動金利
年4.775~12.000%
所定の条件を満たすことにより最大1.0%金利引き下げ
2位イオン銀行イオン銀行フリーローン700万円固定金利
年3.8~13.5%
インターネット限定商品
3位三井住友銀行フリーローン(無担保型)300万円変動金利
年5.975%
住宅ローン利用中の場合3.0%金利引き下げ
4位三菱UFJ銀行ネットDE多目的ローン300万円変動金利
年5.475%
インターネット限定商品
5位みずほ銀行みずほ銀行多目的ローン 300万円変動金利
年5.875%
固定金利
年6.650%
●みずほ銀行で証書貸付利用中または過去に利用していた場合0.1%金利引き下げ
●住宅ローン利用者専用の多目的ローンあり
6位りそな銀行りそなフリーローン500万円固定金利
年6.0~14.0%
住宅ローンを利用していると適用金利から0.5%引き下げ

「最高融資額」「金利」「金利引き下げの有・無」を基準に、ランキング表示をしました。

フリーローンはカードローンと比べると、申し込み時に必要となる書類が多く、借り換えしたものは解約することを条件とする銀行もあります。

しかし、返済のみに専念することができますので、カードローンよりも短期間で完済することができます

金利は低いが審査が厳しい!

銀行のおまとめローンは、消費者金融よりも金利が低く、限度額も高めに設定されていることが多いです。

そのため、借金総額が大きい人ほど、おまとめローンを利用することで支払利息を減らす効果が期待できます。

しかし、低金利で高額融資をしているが故に、審査がどうしても厳しいものとなってしまいます。

おまとめローンは、借金をまとめるという目的であるために、そこまで借金が増えた人に対して高額の融資をするということに銀行もリスクを背負わなければなりません

安定性のある職業で年収もそれなりに高く、延滞を1度もせずに現在も支払いを続けている人であれば審査に通る可能性は十分ありますが、安定性のある職業であっても、現在の借入で何度も支払いを延滞している場合は審査に通らない可能性が高くなります

低金利で借入できるという点は魅力的ですが、自分が審査に通る可能性があるかどうかをよく見極めてから申込みをしましょう。

銀行カードローンをおまとめローンとして利用できない?

おまとめローンの利用方法として、銀行のカードローンをおまとめに利用するという方法が以前は主流でした。

しかし、2017年以降、銀行カードローンの過剰融資による問題によって、銀行の自主規制が始まって融資額が低く抑えられるようになったため、銀行カードローンをおまとめに利用するという方法は実質難しくなってきています。

そのため、現在おまとめローンとして利用できるのは、銀行のおまとめ専用ローンか消費者金融のおまとめ専用ローン、また銀行や信用組合などのフリーローンなどとなっています。

消費者金融おまとめローンランキング

消費者金融商品名最高融資額金 利特 徴
アコム借り換え専用ローン300万円年7.7~18.0%最長13年7ヶ月の返済が可能
ライフティ貸金業法に基づくおまとめローン300万円年8.0~18.0%インターネットからの申し込み限定
アイフルおまとめMAX800万円年12.0~15.0%アイフルを利用中または過去に利用していた人限定
アイフルかりかえMAX800万円年12.0~17.5%初めてアイフルを利用する人限定
プロミスおまとめローン300万円年6.3~17.8%実際に契約できる金額は借り換え対象とした契約額の範囲内でプロミスが決定した金額となる
フクホー貸金業法に基づく借換えローン200万円年7.30~20.00%融資額に応じて上限金利が変化
アロー貸金業法に基づく借換ローン200万円年15.00~19.94%最長15年の返済が可能

消費者金融のカードローンは総量規制の適用内ですので、年収の3分の1を超える融資を受けることは不可能です。

しかし、消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外となりますので、総借金額が年収の3分の1を超えているときでも審査にさえ通れば融資を受けることができます。

金利も通常のキャッシングと比べると低めの設定になっていることが多いため、現在同じ消費者金融から既に借入れを行っていても、おまとめローンに変更するだけで適用金利や利息を減らせることが多いです

ショッピングリボも対象!アイフルおまとめMAX

銀行カードローンは大抵のローンをまとめられますが、消費者金融のおまとめローンは「銀行ローン」や「クレジットカードの支払い」をまとめられないことが多いです。

しかし、消費者金融アイフルのおまとめMAXでは、銀行カードローンもクレジットカードの支払いもまとめの対象になっていますので、幅広いローン商品をまとめることが可能です。

もちろん返済専用のローンになりますので、追加融資ができず、返済だけに集中できるのも嬉しいポイントと言えますね。

また、金利の低さも注目すべきポイントです。

表中の他の消費者金融のおまとめローン金利の中でも最も低い年15.0%が上限金利となっていますので、現在年18.0%の消費者金融ローンを利用しているならば、おまとめMAXでまとめると金利も利息も減らすことができますよ。

口コミ

おすすめはアイフルのかりかえMAXまたはおまとめMAX、

オリックスVIPあたりがいいのでは?

現在金利17~18%なら、おまとめ120万の審査に通れば15%くらいには下がりそうですよ。

出典:ヤフー知恵袋

最高でも年15.0%が適用されますので、現在の金利が年17~18%ならお得になりますね。

しかし、適用金利が低いからといって毎月の返済額を少なくしてしまうと、返済期間が長引き、返って総利息額が高くなってしまうことがあります。

おまとめローンを利用するときは、できるだけおまとめする前よりも毎月の返済額を減らさないようにしてください。

アイフルから電話があり、返済専用ローンで金利14%のものに切り替えないかて言われました。
他社での借入れも肩代わり返済が可能とのこと。

出典:ヤフー知恵袋

アイフルユーザーには、直接おまとめMAXの勧誘が届くことがあるんですね。

審査通過が困難な人には勧誘の電話がかかってくることはありませんから、お誘いされているタイミングでおまとめMAXに申し込む方が良いでしょう。

関連記事をチェック!

619view

アイフルのおまとめローン、おまとめMAXとかりかえMAXとでは条件や審査はどう違う?

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。 ...

審査の速さで定評!プロミス

プロミスおまとめローンもアイフルのおまとめMAXと同じく返済のみの商品になります。

ただし、まとめることができる範囲は消費者金融からの借入れ、クレジットカードによる無担保での借入れに限られますので、クレジットカードのショッピング枠のリボ払いや銀行カードローンは含まれません。

インターネット受付はしておらず店頭若しくは自動契約機での申込みになりますが、条件によっては即日融資も可能ですので、早くおまとめしたい方にもおすすめです。

口コミ

プロミス→50万
アコム→50万
アコムマスターカード→35万

プロミスからおまとめしませんかとの電話がありおまとめしたいと考えています。

出典:ヤフー知恵袋

プロミス側が135万円なら貸せると判断したわけですから、審査通過の可能性は十分にあると考えられます。

細々としたローンは、まとめてすっきりとしておきたいですよね。

プロミスのおまとめローンってどうですか?現在モビットの方で借入金80万あり、新しくプロミスの方で契約できたところ、プロミス側からおまとめローンを薦められたのですが、メリット、デメリットを教えて下さい。

出典:ヤフー知恵袋

こちらの方もプロミスからおまとめのお誘いがあったようですね。

プロミスでまとめられない借金(銀行カードローンやショッピングのリボ払い東)が多額のとき以外は、おまとめしておく方が良いでしょう。

関連記事をチェック!

647view

 プロミス借り換え,おまとめローンで借金一本化!

借入件数が膨らんでしまった借金は、返済の手間暇も増加させ、さらに毎月の返済額も大きく、かなりの負担になります。 借金を一本化することにより、これらの負担が減少し、完済に向けて返済しやすくなります。 ...

銀行系消費者金融ってなに?銀行ではないの?

消費者金融の中には、「銀行系消費者金融」と呼ばれる業者があります。

この銀行系消費者金融とは、銀行が属するフィナンシャルグループの一員である消費者金融のことです。

かつて、消費者金融は「サラ金」と呼ばれていました。

サラ金と呼ばれていた頃は、高金利での貸出しに厳しい取立てで批判も多く、2010年の貸金業法の改正によって過払い金請求の支払いが発生し、経営が大幅に悪化していく業者が非常に多かったのです。

一方、銀行は、業務拡大のために個人向け融資に力を入れようとしていました。

そこで、消費者金融のノウハウが欲しかった銀行総量規制による経営悪化の脱却とサラ金のイメージ払拭を目指す消費者金融が手を組み、お互いのウィークポイントを補うために提携するようになったのです。

現在では大手消費者金融のアコム、プロミス、SMBCモビットが銀行の傘下に入り、銀行系消費者金融と呼ばれています。

消費者金融銀行グループ
プロミス
(SMBCコンシューマーファイナンス)
SMBCグループ
アコム三菱UFJフィナンシャルグループ
SMBCモビットSMBCグループ

金利が低いのは銀行、審査に甘いのは消費者金融?

金利が低いのは銀行です。

消費者金融のおまとめローンは金利が利息制限法上の上限金利に設定されていることが多く、15~18%というのが相場です。

一方、銀行のおまとめローンは10%〜15%程度となっており、ろうきんなどでおまとめろ行うと5%を切ることもあり、金利的には絶対に銀行のおまとめローンの方がメリットがあります。

ただし、金利が低いということは審査が厳しいということでもあり、銀行のおまとめローンの審査には一定以上の所得がある正社員でないと審査に通過することが難しいなどの様々なハードルがあります。

消費者金融のおまとめローンは、消費者金融などの貸金業者からの借入しかまとめることができないので、消費者金融からの借入が複数本あっても審査に通過できることもありますし、パートやアルバイトの人でも、問題なく返済できている債務であればおまとめできる可能性があります。

まさに「金利が低いのは銀行で、審査が甘いのは消費者金融」ということができるでしょう。

複数申し込みに気を付けよう

審査に通過することができるかどうか心配という気持ちは誰にでもありますが、審査落ちを避けるために、複数のローンに申し込みをするということはやめた方がよいでしょう。

複数申し込みをしても、必ずどちらか一方の審査では、複数申し込みをしたということがバレてしまい、複数申し込みがバレてしまうと、審査にはかなり不利になります。

また、その申し込みの情報は以後半年〜1年間信用情報に記録され、そのほかの審査でも不利になってしまいます。

複数申し込みをしてもよいことは1つもありませんので、複数申し込みはやめておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

271view

おまとめローンを複数申し込みするメリットってあるの?

おまとめローンに申込みしようと考えたとき、1社だけでは審査に落ちたときが心配だからまとめて複数の金融機関へ申込みしたいと考える人もいるでしょう。 複数に申し込むとどうなってしまうのかきになるのですが...

おまとめローンの審査は決算月や年度末が狙い目?

おまとめローンの審査は、決算月や年度末が狙い目という話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、実際にこの話は本当なのでしょうか?

確かに決算月や年度末は銀行や消費者金融が融資量を確保したい時期ですので、若干ですが、審査の通過率が上がるということはあります。

しかし、他のタイミングでダメだった人が、年度末や決算月であれば審査に通過することができるかと言えばそのようなことはありません。

審査に通過しやすいタイミングを狙うよりも、クレジットカードなどの支払いを期日通りに行うなどして、審査に通過しやすい自分を作ってから申し込みをした方が懸命です。

審査に通ったらすぐに他社借り入れを完済しよう

審査に通過したら、すぐに他社借入を完済し、カードローンの契約は解約するようにしてください。

おまとめローンや借り換え目的で借りたカードローンで最も怖いのは、借りたお金を借金返済以外の目的に使ってしまうことと、借り換えによって完済して枠の空いたカードローンから再び借金をしてしまうことです。

こうなってしまうと、おまとめや借り換えローンを借りる前よりも借りた後の方が借金が増えてしまい、むしろ生活は圧迫されれることになってしまいます。

このようなことがないように、審査に通過したらすぐに他社借入を完済し、カードローンは解約することを徹底してください。

審査に落ちたら債務整理を検討しよう

複数のローンの返済に首が回らなくなりおまとめローンの審査に落ちてしまったら、債務整理を検討するのも方法です。

  • いくら節約しても借金を返済することができない
  • おまとめローンの審査にも通らない
  • そもそも借金の一本化ができない

審査に通らないことには借金をまとめたくても一本化することはできません。

一本化できなければ複数あるローンの返済を続けなければなりませんね。

しかし返済するお金がないとなれば、最終的な判断として債務整理という方法がアナタを救ってくれるかもしれません。

銀行で一本化するメリット

銀行で一本化するメリット

おまとめローンは、銀行や、消費者金融で借入することができます。

では、銀行と、消費者金融のどちらから借入するのが、望ましいのかを考えてみましょう。

そのために、おまとめローンを銀行で借入するメリットとデメリットで整理してみます。

金利が減少する可能性が高い

銀行のおまとめローンで一本化するメリットは金利です。

総じて、銀行のおまとめローンの方が、消費者金融で借入できるおまとめローンに比べて、借入金利は低くなる可能性が高くなります。

おまとめローンにとっての金利の大切さは前述の通りです。

少しでも低い金利で借入できる可能性の高い、銀行のおまとめローンで借入するメリットは大きいと言えます。

銀行借入の安心感

借金する際に心配なのは、返済できなかった時の催促や取り立ての「怖さ」です。

特に、複数の借金を抱えてしまっている方にとって、その不安は少なくないでしょう。

こんな時、取り立てや、催促に対する安心感は、銀行のおまとめローンを活用する方が、大きいと言えるでしょう。

通常、銀行は評判や、ブランド価値といったものを重視します。

そのため、返済に関する督促においても、「違法」と見られかねない行為は行いません。

いざという時にも、銀行のおまとめローンで借入しておく方が、安心感があるというメリットがあります。

銀行で一本化するデメリット

銀行で一本化するデメリット

逆に、おまとめローンを銀行で借入することに対するデメリットもあります。

通常、消費者金融に比べて、銀行の方が、「審査基準」は厳しく、審査に通りにくいという点がデメリットになります。

おまとめローンを借入する方は、少なくとも2件以上の借金がある方です。

3件以上の借金を負っている方も少なくありません。

銀行では、2~3件以上の借金があり、返済負担が重くなっている方を「多重債務者」と呼び、融資に「消極的」な相手となります。

また「おまとめローン」自体を取り扱っていない銀行もあります。

おまとめローンを取り扱っている銀行でも、「年収」や、「雇用形態(正社員、契約社員、派遣社員など)」で、借入申込できる方に条件を設けていることが少なくありません。

そのため、カードローンと比べても、おまとめローンの審査基準は、かなり厳しくなっています。

審査基準が厳しいということが、銀行のおまとめローンのデメリットとなります。

借金返済一本化するなら銀行で

借金返済一本化するなら銀行で

仮に借金返済を一本化することで生活にゆとりができるというなら、こんな嬉しいことはありませんね。

一般的に借金を一本化するメリットは次のことがあります。

  • 金利を低くすることができる
  • 毎月の返済額を少なくすることができる
  • 借金の完済を目指すことができる

借金を一本化することで以上のようなメリットを得ることができます。

しかしよくそのメリットをご覧ください。

すべてが「できる」で終わっていますよね。

つまり借金を一本化したからといって必ずメリットを受けることができるとは限らないのです。

メリットを享受できるかどうかはアナタ次第と言ってもいいでしょう。

前項でご説明してあるように、アナタの性格を直さなければたとえ借金を一本化したとしても「できる」を実現できるとは保証されません。

でも自己反省をして借金完済のために全力を尽くす、という強い意志があるのなら借金をまとめることで「できる」が「する」に近づきます。

もし借金を一本化するなら銀行を利用するようにしましょう。

銀行で借金を一本化するメリットは少なくても、金利を低くすることが期待できる、ことにあります。

金利が低くなれば利息が安くなります。

利息が安くなれば今までと同じ返済額でも、借入残金に充当される分が増えるため早期の借金完済が可能となります。

審査通る?借り換えカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

消費者金融のおまとめローン

アコムやアイフル、プロミスなどの消費者金融には他債務の一本化に使用することができるおまとめローンという商品が存在します。

消費者金融のおまとめローンは、他社への返済をあなたの名義で代行してくれます。

つまり立替払いのイメージです。

その立替分をアコムやアイフル、プロミスなどへ毎月、地道に返済していくという方式をとります。

おまとめで融資を受けても、他の用途に使えないのはこのためです。

浪費癖のある人にとっては、ある意味メリットかもしれません。

金利は高いが審査は早い

消費者金融のおまとめローンは多くの場合、法定金利ぎりぎりの高金利(18%)である場合がほとんどです。

銀行のおまとめローンと比べると、金利はどうしても目についてしまいます。

しかしその分、銀行よりも審査は甘い傾向にあり、なおかつスピーディに行われます。

総量規制対象外

消費者金融からの借入はすべての貸金業者からの総額で年収の3分の1を超えることができないという総量規制という法的な決まりがあります。

しかし、おまとめローンにはこの総量規制の適用はありません。

おまとめは複数の借入金を一本化して消費者にとってメリットとなるローンですので、総量規制対象外で年収の3分の1を超える借入も可能となっています。

関連記事をチェック!

608view

おまとめローンは総量規制対象外!借り換えにもおすすめ金融機関

手軽に借りることができるカードローンに甘え、ついつい複数の金融機関で借りてしまって返済に困った時、助けになるのが「おまとめローン」です。 おまとめローンによって、毎月の返済が格段に楽になる可能性もあ...

おまとめ対象は貸金業者の借入のみ

消費者金融のおまとめローンは貸金業法という法律に基づいて厳格に商品設計が管理されているローンです。

このため、おまとめ以外には1円も使用することができませんし、おまとめの対象となるローンも貸金業者からの借入金のみで、銀行などの金融機関からの借入金を一本化することはできません。

消費者金融などの会社からの借入金が多く、銀行のおまとめ審査に通過できない人は、消費者金融の貸金業法に基づくおまとめローンの利用を検討しましょう。

関連記事をチェック!

2261view

消費者金融会社一覧

日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見...

最後の手段不動産担保ローン

おまとめローンの審査にもカードローンの審査にも通過できない人が一本化を行う方法として不動産担保ローンという方法があります。

不動産担保ローンとはその名の通り、本人もしくは本人の家族が所有する不動産を担保として、担保となる不動産評価額の一定範囲内で融資を受けることができるというものです。

不動産担保ローンは評価額未満しか融資を行わないため、銀行にとっては仮に返済が履行されなくても損失が出ないような設計になっています。

審査も担保がある分、比較的甘いというのが不動産担保ローンの特徴です。

使い道も自由であるため、おまとめやその他の用途に使用することができます。

担保を必要とするフリーローンのようなイメージです。

このため、おまとめの最後の手段として使用されることがよくあります。

不動産担保ローンを取り扱う代表的な金融機関として楽天銀行や東京スター銀行があります。

カードローンやおまとめローンやフリーローンの審査に通過できず、どうしても一本化したいという不動産をお持ちの方はこの方法でも一本化を行うことができます。

激甘審査ファイナンスは返済に苦労する

極甘審査ファイナンスのように、審査の通りやすさをアピールしている金融業者が稀にあります。

利用者が審査が甘かったということは問題ありませんが、金融業者自身が審査が甘いというのは違法な行為ですので、正規の業者ではあり得ないことです。

つまり、極甘審査ファイナンスでお金を貸してくれる業者や闇金の可能性が非常に高いのです。

もし極甘審査ファイナンスでカードローンの一本化を行ったとしても消費者金融の上限金利(10万円~100万円未満の場合は年率18.0%)よりも高くなってしまい、総返済額が高額になってしまいます。

一本化すれば気分的には楽になるかもしれませんが、実際には返済に苦労することになります。

また、少しでも支払いが遅れると、自宅や職場になどにまで及ぶ厳しい取り立ても予想されます。

結果的に支払いを楽にするためにも極甘審査ファイナンスでは一本化しないようにしましょう。

消費者金融の借り入れに関するQ&A

消費者金融からの借入に関してよくある質問をまとめてみました。

車代で50万円借入れしていますが新たに借りられる?

車の購入資金は総量規制対象外です。このため、この50万円は総量規制の枠の対象外ですので、新たな借入ができる可能性があります、

ただし、総量規制対象外となるのは、車の購入をディーラーローンなど車の購入専用のローンを使用して借りた場合のみで、消費者金融カードローンを利用して車の購入資金を借りた場合には、その借入は総量規制の対象となるので、他のカードローン審査などに悪影響して、新たに借入ができなくなってしまう可能性があります。

闇金ではないおすすめ会社はどこ?

貸金業者として登録している中小の消費者金融です。消費者金融はアコムやプロミスなどの大手の消費者金融ばかりではありません。

日本にはあまり名前を知られていない中小の消費者金融が無数にあり、そのような業者に申し込みをするのは、大手の審査に落ちた人ですので、中小の消費者金融は大手に落ちても審査に通過することができる可能性があります。

名前を聞いたことがない業者を闇金かどうか見極めるためには、金融庁へ確認することです。

貸金業者は国や都道府県に登録する必要があり、登録している業者は金融庁や都道府県に業務を監督されているので基本的には安全です。

金融庁ホームページには、登録貸金業者を検索することができる「登録貸金業者検索サービス」というものがありますので、そちらで検索してから、自分にお金を貸してくれそうな中小の消費者金融へ相談してみてください。

完済後の過払い請求だとブラックリストに載ることはない?

過払金請求は、信用情報には金融事故情報として記録されます。しかし、その情報があるからと言って、審査で「過去に金融事故を起こした人」というブラックの扱いにはなりませんので、基本的には審査でマイナスになることはないでしょう。

クレジットカード、自動車ローン消費者金融の借り入れを一本化したら住宅ローンは借りられる?

審査をしてみないと分かりません。ただし、複数の借入金がある状態よりも、借入金が1件だけの方が審査ではマイナスにはなりませんので、一本化した後の方が審査に通過しやすくはなるでしょう。

ただし、一本化後すぐに申込をしても審査通過は難しいでしょう、

一本化してから1年程度は遅れなく返済をしている状態を継続してから住宅ローンに申し込みをしてください。

事業用資金を借りるならおすすめのビジネスカードは?

即日融資のカードです。そもそも消費者金融などの貸金業者から事業資金を借りるということ自体、あまりおすすめはできません。

銀行の事業資金であれば1%台で借りることができるのに、貸金業者からの事業資金の借入は15%〜18%程度の高金利が適用されるため、利息負担は膨大ですし、貸金業者から事業資金を借りているということが銀行に知られてしまうだけで、会社の評価は下落してしまいます。

このため、貸金業者から事業資金を借りた方がよいケースというのは急ぎでお金が必要な時だけに限られます。

銀行の事業資金融資は早くても1週間程度の時間がかかるのに対して、貸金業者のビジネスローンは即日融資も可能です。

どうせ貸金業者からお金を借りるのであれば、できる限り早くお金を借りることができる即日融資対応のローンを借りて、できる限り早く返済するようにしてください。

パチンコ借金苦ならやめようよ

パチンコ借金苦ならやめようよ

借金苦の原因がパチンコや競馬・競輪などのギャンブルなら一刻も早くやめることですね。

ギャンブルは儲かると言う考えを捨てましょう。

一時的に儲かったとしても年間トータルすれば確実に負けているはずです。

もしギャンブルで儲かるのであれば、それを運営している会社や団体は経営を続けて行くことができません。

人件費や必要経費も当然かかってきます。

それにプラスして利益も出さなければならないのですから、ギャンブルは運営する側が儲かるシステムになっていると理解することも必要です。

ギャンブルをやめることで生活から抜け出すことができるなら、借金の一本化をすることもなく至って簡単な方法でしょう?

とは言え、ギャンブル依存症は医学的には脳の病気とされていますので、どうしてもやめることができない人は、専門医に相談してカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

生活苦からの借金では難しい

生活苦からの借金では難しい

現在生活苦になっているアナタにとって、借金を一本化することが貧乏生活から抜け出す最善の策とは限らないこともありますよ。

生活苦からの脱出は何も借金の一本化だけではありません。

インターネットの広告や企業の宣伝だけで「生活苦から脱出する」と判断するのはちょっと早いかもしれません。

毎月いくらお金が残るか計算すること

借金を一本化しても返済するお金がなければ、審査に通ることも難しいとなりますね。

借金の一本化は契約する金額も大きくなるため、金融機関としても返済能力があるかどうか厳しく調べます。

信用情報機関にデータを照会するだけではなく、毎月の家計費はどのくらいかかっているのか、少なくても過去3カ月分の収支決算を提出することを求められることもあります。

収支決算とは、収入から生活費や必要経費、借金の返済額など、毎月決まって支出する金額を差し引いたものがいくら残るのかを計算するものです。

おまとめローンを組んでも、収入から支出を引いて毎月の返済額を捻出することができなければ、どう転んでも返済していくことはできません。

最低でも借金を一本化したあとの返済額以上の金額が残らなければ、金融機関はOKしないでしょう。

借金苦から脱出する方法

借金苦から脱出する方法

借金苦から脱出する方法は借金の一本化だけではありません。

借金の一本化のデメリットには次のようなことも含まれているからです。

  • 毎月の返済額が変わらない
  • 金利もそれほど安くならない
  • 返済期間が長期間になる

返済額が今のままでほとんど変わりがなく、まして返済期間が長くなってしまうとそのうちに借金の返済に疲れてしまいます。

精神的疲労や肉体的疲労も当然負担に感じてくるでしょう。

一本化しても生活が改善しないような場合には、債務整理なども視野に入れて弁護士や司法書士と相談してみることをおすすめします。

関連記事をチェック!

2499view

お金がなくて生活できない!借金苦から脱出する方法と対策

皆さん、「お金がない…」という経験はありますか? このような経験がある人は、奮発しすぎてお金が無くなってしまったり、ものを衝動買いしてしまったりなど原因は様々だと思いますが、行き過ぎてしまうと「生活...

借金苦で離婚しないために

借金苦で離婚しないために

借金の返済からくる精神的ストレスや肉体的ストレスは、家庭に及ぼす影響も大きくなります。

些細なことで夫婦喧嘩することも増えてくるかもしれません。

そうなってくると次第に家庭内の人間関係が悪くなり、最悪「離婚」ということも出てくるでしょう。

たとえ離婚したからといって借金苦から逃げることはできません。

逃げることができるとすれば借金の名義が夫であって妻ではないなら、妻は借金苦から抜け出すこともできますね。

ギャンブル癖が治らない夫、浪費家の夫でおまとめローンの返済額も支払っていけいけないようであれば離婚もやむなし、となってきますね。

借金の返済に困窮してしまうと、壊れてしまうので経済的な環境だけでなく、家庭環境も壊れてしまうことがあります。

このようなことがないようで、一本化や債務整理などの方法によって、早期に問題の解決を図った方がよいのです。

借金が一本化できないのはなぜ?

消費者金融で一本化できるのは、貸金業者からの借り入れに限定されます。

銀行カードローンは低金利ゆえに、消費者金融で借り換えるとむしろ金利が上がってしまう可能性があるからです。

また審査では信用情報の照会が行われますので、以下のような問題がある場合は、審査に落ちてしまいます。

  • 金融事故
  • 延滞中
  • 借入件数が多い
  • 申し込みブラック

金融事故や申し込みブラックについては、一定の期間をおいて申し込みしなおすのが得策です。

詳しくは関連記事を御覧ください。

一本化ができないのは、そもそもローンの利用条件を満たしていないか、信用情報などに何かしらの問題があり、審査に通過することができないかのいずれかです。

時間をかけて審査に通過しやすい自分を作って行くこともできますが、そのような時間的な余裕がないほど経済的に追い込まれているのであれば、債務整理などを検討した方がよいでしょう。


※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

まとめ

複数の借金返済に悩んでいると、家計が破綻し家庭環境もうまく行かず、そのようなストレスから仕事に支障をきたしてしまう可能性もあります。

どうしても返済ができない場合には、銀行や消費者金融でのおまとめを検討しましょう。

しかし、借金の一本化には審査があり、審査に通過することができない場合には借金をまとめることはできません。

そのような場合には、債務整理という方法も用意されています。

債務整理を行えば、信用情報はブラックにはなりますが、いずれかの方法で確実に借金苦から免れることはできます。

借金の返済に苦しむ人には、何かしらの救済策があります。

複数の借金返済に悩んだら、一本化か債務整理などんいずれかの方法で早めに対応をすることをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-02-26 08:37:42

    こんにちは。
    借金で自殺なんてばかばかしいですよ。
    そんなに困っているなら債務整理しましょう。
    財産が20万円未満なら自己破産も選択肢ですね。
    自分で手続きすれば1万数千円で済みます。
    借金をチャラにしてリスタートするのも悪くないです。
    金融事故歴は10年で消えます。
    まずは裁判所に行って書類もらい、書類がそろったら申し立てです。
    受付されれば、書類をコピーして債権者に郵送すれば取り立ても止まります。もちろん裁判に訴えられることも強制執行されることもありません。
    将来を捨てないでくださいね。

  2. 村崎順一さん|2019-02-24 17:14:47

    お金二コマって銅賞も、ありません。食事も、とったり、取らなかったりの毎日です。自殺も考えています。もう本当に嫌になります。助けてください。仕事も、手に着きません。